• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2006年03月30日

その手柄は誰のものか・中編 ~トヨタ2000GTの野崎喩~

その手柄は誰のものか・中編 ~トヨタ2000GTの野崎喩~ (承前)
 1996年8月2日号のmonoマガジンに、級数の小さな細かい活字でビッシリと5ページにわたってトヨタ2000GTに関する記事が掲載されている。当時の関係者複数にあたった、とても興味深い内容の記事だ。

 2000GTはトヨタとヤマハのジョイント・ベンチャーで開発されたのだけれども、ヤマハではトヨタに事業提携を持ちかけるよりも前に日産と組んで、こちらもやはり2000GTと言う名前の車を開発しかかっていた。
 日産との事業は、2輪の売り上げが落ち込んだところに新規エンジン開発にも失敗して苦境に立たされたヤマハ発動機救済の意味もあってか、銀行が仲立ちして実現したものらしい。しかし会社上層部同士が仲たがいをして提携関係は破局、日産とヤマハが組んでの『2000GT』は生まれ出ることはなかった。

 そういう「トヨタ2000GT前夜」があったことから、記者は「トヨタ2000GTの企画は、ヤマハがお蔵入りになった『日産2000GT』案を元にトヨタに売り込んだのではないか」と考え、これを2000GTの設計・試作責任者だった安川力氏ににぶつけている。安川氏はヤマハの人だ。
 彼の答えは「いや、それはないでしょう。企画が全然違いますからね」と簡潔明瞭だった。

 まあ、時代が昭和30年代だったにしても、別の会社と組んで仕掛かっていた商品企画を、そこと競合関係にある企業に持ちかけるなんて仁義に悖ることをする会社だったならば、ヤマハ発動機は信用を失ったことだろう。

 ではトヨタ2000GTはどうやって生まれたのか。安川氏の話は続く。
 1950年代のトヨタに、河野二郎と言う人がいた。数年前に亡くなったが、日本のモーター・スポーツ草創期にトヨタのレース部門を統括していた人物だ。この人が、本格的なGTカーを熱烈に作りたがっていた。
 また、野崎喩氏はコロナHT(1600GT)を手がけたあと、こちらももっと本格的なスポーツ・カーを作りたいと思っていた。歯車が噛みあい企画骨子を煮詰めていたところに、ヤマハ発動機の川上社長(当時)からトヨタに対し、業務提携が持ちかけられる。昭和39年ごろのことだそうだ。トヨタ2000GTの開発は、こうして実作業段階へと進む。

 トヨタからこのジョイント・ベンチャーに関わったのは河野氏、野崎氏ほかエンジンや艤装の高木英匡氏、足回りを担当した山崎進一氏の計4名。開発を取り仕切る河野氏以下の4名は、ヤマハの工場に駐在して「’65年のモーターショーに試作車を展示せよ」との社命を果たすべく開発にいそしむ。それにしても「試作車」だ。コンセプトではない。

 テスト・ドライバーとしてトヨタから参加していた細谷四方洋(しほみ)氏は取材に対し、彼自身も製図器具を持って野崎デザイナーのアシストをしたことを明かしている。ドライバーが、設計を!?いやいや、さすが昭和30年代。少数精鋭の「やれることなら何でもやる集団」が、熱情に突き動かされるままキグチコヘイの「死ンデモ喇叭ヲ離シマセンデシタ」的な開発に突っ走ったことが伺われる。

 スーパーCG33号(奇しくもmonoマガジンと同じ1996年の刊だ)には、野崎氏の手記が載っている。
それによるとトヨタ2000GTのデザインは、氏がアメリカ・GMのデザイン・センターで研修を行っていたころに思いつき、ずっと暖めていたアイディアが基になっているのだそうで、その頃のスケッチの図版も見ることができる。
 余談ながら野崎氏によると米国のデザイン手法は、アイディア・スケッチをもとにまず側面図を描き、それを実寸大まで拡大してから立体モデルの作成に入る手順を踏む由。日本の自動車メーカーもそれに倣ったということだが、野崎氏は「その弊害によるものか、日米の自動車は立体としての抑揚に乏しくなってしまった」と言う趣旨のことを述べている。言われてみれば「そりゃそーだ」という話だ。
(この項さらに続く)
ブログ一覧 | 日本の車 | 日記
Posted at 2006/03/31 02:31:57

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

=͟͟͞͞♥ 愛車とまったりぃ ...
みぽりん♪さん

気になる車・・・(^^)574
よっさん63さん

四川の壁 ・・・ ベルノ店のライン ...
P.N.「32乗り」さん

残念 スーパー耐久最終戦IN岡山
galaxy2015さん

【チャリンコ通信】中の人、横十間川 ...
シュアラスターさん

「TOYOTA GAZOO Rac ...
TAKUMIモーターオイルさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「そろそろ寝ないとなー。あした、絶対仕事が面倒くさいことになるの確定だから。」
何シテル?   09/17 23:51
曲面の綺麗な旧い車が好き、エレガンスのある車が好き。そんなこんなでユーノス500に乗りつづけ、もう……何年だ?  気がつけば屋根のない車まで併有。いつまで乗り...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/11 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

Automotive Design 
カテゴリ:新しい車関連
2003/08/09 00:21:12
 
All The Web 
カテゴリ:便利
2002/12/27 14:03:26
 
Hubble Space Telescope Public Pictures 
カテゴリ:科学・文化・芸術
2002/11/08 15:59:43
 

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
2005年10月、発作的に衝動買いしてしまいました。 いい車だなぁと思ってはいたものの所 ...
マツダ ユーノス500 マツダ ユーノス500
気が付けばデビューはもう19年前。 最新の車とは比べるべくもありません。 ガタガタゴトゴ ...
マツダ ランティス マツダ ランティス
俄かオーナー経験は僅か3週間で終わりましたが、とてもいい車です。 代車だったので、コンデ ...
マツダ アテンザ マツダ アテンザ
例によって例のごとく、借り物の車での「パートタイム・オーナー」です。レンタルしたのは10 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.