• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

かわねこのブログ一覧

2021年02月28日 イイね!

今季最後(たぶん)の冬ラリー観戦

今季最後(たぶん)の冬ラリー観戦 先月のブリザードラリーに引き続き、先週開催されたエンドレスラリーも観戦することにしました。
 ほんとーは、この時期確定なんちゃらなので、のんきに遊んでいる場合ではなかったのですが、ちょっとがんばってみたら先が見えたので、日曜1日くらいは大丈夫な余裕ができました。

 てなことで、今回も早朝の日勝峠を越えて千歳へ。

 先月と違って、気温が上がってきたこのところ、凍結した路盤の上にうっすら雪が載った状態で、うかつに遊ぼうと踏み込むと、けっこうやばそうだったので、おとなしくのんびり向かいました。

 おそらくはコースの状況も同様だったとみえて、けっこう難しそうなコンディションだったようです。

 先月はカートコースで観戦したので、今回はダートコースに陣取ります。
 ちなみにカートコースとダートコースはすぐ隣なので、移動するとその間にSSが進行してしまうため、観戦するならどちらか一択になってしまいます。


 バビントンさん号。昨年は真っ白だったのに、見事なレプ車になっていたので、最初わかりませんでした。コドラ席の方がなぜかスバルの制服を着用しているのは、仕様ですが。(笑

 今回はクローズドクラスに、学生らしき一団がエントリーしていました。
 そのためエントリー台数が総勢41台と盛況です。

 中には近頃とんと見かけることが減ったBD5レガシィセダンなんかも。


 コースは先行ゼッケンの4WDターボ車が掘ることもあって、あちこちけっこうな穴が点在しています。
 なんかサファリっぽくて、観ている方は楽しかったけど。(笑

 かつてはそれこそ日付が変わるまで続いていたという、文字通り伝説のエンドレスラリーですが、昨今はふつうに進行して、日暮れ前に終了するようになったとか。そんな平和な…というわけでもなく、こんな難しいコンディションなので、「5分友の会」入会車が多数出現。意外やそこそこ荒れた展開となりました。






 コース中盤の「リーダーポケット」(謎)も4WDターボ車が強引に出口を作ったので、後半はみんな出てくるようになりましたが、バンパー破損車も多数出現。


 今回は1台しかエントリーしていませんでしたが、コースを強引にショートカットできるジムニーは、ここでもやっぱり強い。(笑
 

 表彰会場には、「シンコーさん」のメモリアルギャラリーが設けられていました。
 ちょっと、いやかなり探したのですが、残念ながら参戦中の画像は見つからず。

 これでかわねこ的にはウインター観戦シーズンは、終了(なはず)です。

 次戦は5/2の北海道・夏のラリー。(4/25にはダートラ地区戦もありますが)それまでしばらくは春休みです。
 みなさん、会場でまたお目にかかりましょう。
Posted at 2021/02/28 22:42:21 | コメント(2) | トラックバック(0) | RALLY | クルマ
2021年02月06日 イイね!

ブリザードラリー2021観戦してきました

ブリザードラリー2021観戦してきました って、すでにもう先週の話なんですが。
 
 そんなわけで、今回は公式にも観戦OKとなったので、ひさびさにてこてこと千歳まで出向いてみました。
 
 新千歳モーターランドに行くのは、実に1年ぶり。まともにラリー観戦をするのもまた、1年ぶりです。長かった…。


 今回はこれまでと違い、パドック付近への車両乗り入れはできず、入り口前に駐車して歩いて入場となります。観戦には受付で検温と専用アプリの登録も必要。それでもオフィシャルの手間が増える、観戦OKの体制を作ってくれたオーガナイザーには、感謝ですね。


 パドックに並ぶラリーカーを見ると、ああ、ラリーに来たなあ、と実感。


 久野っち&おうがさん、GUTSさん、てらまこさんらに会うのも1年ぶり。


 たくろーさんは、今回名人と組んでの参戦。
 ここのチームは相変わらず落書きが好きですね。(笑


 SS1はバイクコースからスタート。すぐにSS2のカートコースに進行するので、移動すると観戦が間に合わなくなるため、カートコースに張り付くことにしました。
 バイクコースの方を見ると、意外?にもかなりのギャラリーが。やっぱりみんな、ラリーを待っていたんですね。^^

 今回の大会は千歳市の広報にも載ったとかで、家族連れも来ていました。オフィシャルが、ラリー観戦が初めてらしい若い方に、アイテナリについて丁寧に説明していたのが、印象的でした。


 カートコースは昨年のように、コースの反対側には入れず、ピット2階からのみですが、ここは昨年から雪避けのネットが張られてしまい、撮影には不向きです。なので、ネットがないピットと事務所を繋ぐ渡り廊下に陣取っての撮影となりました。
 もっとも、手前のスタート直後と、中盤のS字コーナーしか見えず、あまり迫力がないのが難点ですが、贅沢は言えません。

 コース上の様子はコチラ



 前日の積雪で、雪はありましたが、その下は氷とあって例によってかなりコースは滑るらしく、あちこちで雪とお友達になっていたようです。

 中には、マフラーを落としてしまう競技車も。



 われらがみん友チーム(?)も攻めた結果の勲章が。


 ゆきかぜをサービスする雪風さんの図。(笑

 そんなこんなで、ひさびさにラリー成分を補給して、帰途へ就きます。


 で、道中もひさびさの圧雪路の感触を愉しみましたが。

 千歳は晴天でしたが、日高からは風が強まり地吹雪に。


 幸い地吹雪は峠だけで、十勝は平和でした。^^;


 雪を愉しんだ代償がこれ。(笑
 もちろんこの後ガッチリ落として、洗車したのは言うまでもありません。

 ラリーを観戦できたのはもちろんでしたが、ひさびさにみんなに会えたのが嬉しかったことです。



Posted at 2021/02/06 22:35:56 | コメント(2) | トラックバック(0) | RALLY | クルマ
2021年01月03日 イイね!

走り初め

走り初め だらだらごろごろ、なーんにもしない、正しい寝正月も3日目突入。
 ゆっくりのんびりして、観たいビデオも(ぜんぶではないけれど)おおよそ観たし、やっぱりごろごろばっかりなのに飽きてきまして。^^;

 ちょうど足りなくなってきた食材の買い出しもあり、3日にしてエスクの出動をかけます。

 今朝はマイナス20℃近くまで冷え込んだ十勝。それだけに空は快晴。てなことで、近所のスーパーに行くだけではもったいないので、ちょっと気ままにドライブに出かけました。


 天気が良いので、外気温はマイナス4℃。とは言え、これでも暖かい方ですが、車外に出てみると、風が強いので体感温度はもっと低い感じ。


 北の高台ならば、大雪連峰が拝めるはず…と行ってみるも、雲がかかって見られず。


 しかし、諦めきれずにもうしばらく走ってみると、雲の切れ間から、はじっこは見えました。


 さらに西に目を向けると、日髙山脈が、頭頂は雲に覆われているものの、いくぶん姿を見せています。
 てことは、山の向こうは天気悪いんだろうなあ。


 それにしても。
 この風景、とても1月とは思えません。どう見ても晩秋。
 帯広では、積雪初日を迎えないままの年越しは、観測史上初めてのことだそうです。
 ふだんの生活は楽でいいのですが、農業をはじめとする、様々な影響が懸念されます。
 天気予報では、7日から少し降る予報になっていますが、どうなることやら。これまでのぶん、いっぺんにどっと降るのだけは勘弁して欲しいものです。^^;


 帰り道の峠では、日陰にちょっとだけ圧雪路が残っていました。


 せっかくなので、神社に寄って初詣。
 買い出しをして帰投しましたが、やっぱりエスクでのんびり走るのは楽しいなあ。

 やっぱり朝からロングランをかけても良かったかな、と、ちょっぴり後悔も。(笑

 




Posted at 2021/01/03 22:01:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | 季節の便り | 日記
2021年01月02日 イイね!

かれんだー

かれんだー 世間一般的な、正しい「寝正月」を過ごしているかわねこです。
 てなことで、ヒマなんで珍しく(ぇ)ブログを書いています。

 大晦日の夕方以降、もーほんとに何もせず、ただひたすらにだーらだーらして、食事も買ってきたものor基地内在庫処分の餅を焼いたりで、極力動かないようにして、おうち生活を満喫ちう。

 暖かい部屋+動かない、なので、さしてお腹も空かず、食事時間がどんどんズレてくるという罠。(笑

 かつての野営年越しですと、相対的に寒いので、常になにか(主に甘モノ)を食い続けて(呑めるヒトはちびちび飲み続けますが、かわねこは下戸なので食ってます)いても、カロリー消費しておなかが空くのですが、基地ではさしてお腹も空かず、せっかく堪能しようと思って買い込んだ駄菓子も、あまり食べていません。^^;

 そんな今日のお昼(代わり)はシュトーレン。


 実はこれ、友人のお店でつくられているもので、1年かけて仕込みをするため、1月中に予約をしておかないと食べられないという逸品。昨今は遠征時のお土産にしていましたが、今年はひとりでゆっくり堪能しています。
 さすがの深く、濃い味わいなので、一気にたくさんは食べられず、薄く切って少しずつちびちび食べるのがオツ。^^

 で、唐突ですが、今年のカレンダー。

 例年だとリビングのメインはラリホのカレンダーですが、今年は残念ながら製作されず。(公式WEBに1枚もののデータはアップされていますが)
 そこで今年はJSDFのにしました。これ、取引先でなにかからみがあるらしく、ここ何年か「かわねこさん、こういうの好きでしょ」といただいているものです。趣味性はもとより、2ヶ月表示に加え、ひと月分は切り取って翌月表示も可能な実用性の高さで、センターを確保しました。


 続いては、ラリプラ付録のWRCカレンダー。例年ですと、寝室に飾っていますが、ホントに寝る時しか行かない部屋なので、今年はリビングの2枚目に。

 ラリプラらしく、WRCと全日本戦のスケジュールが入っていますが、今年はこのスケジュール通り開催されることを、切に祈ります。


 で、昨年のお気に入りだったのは、某雑誌の付録に付いていた、Gr4時代のラリーカレンダー。
 往年の日産が大活躍していた時代の、熱い走りが伝わる写真で、11、12月はかわねこフェイバリット・ラリーカーの1台、240RSとあって、年が明けてももう少し飾ろうかな、などと思っていましたらば。
 なんとこのカレンダー、来月分まであるという、変則的な構成でした。

 しかも写真は、これまたフェイバリットなPA10ではないですか!当然続投決定です。

 最後はこれも例年おなじみの、ラリプラ名物ニャオキ先生のWRCカレンダー。
 実用性はいまひとつですが、そんなことはどうでも良くなる渾身の写真が毎月代わりで壁を飾る、ポスターのようなカレンダーです。これはラリプラメンバーなので、毎年末に送られてきます。

 ところが昨年は当然、コロナの影響で、取材ができなかったわけですが。

 なんと蔵出しの、2000年代名シーンの集大成!
 今月はいきなりSX4WRCと、かわねこホイホイな1枚です。^^

 というわけで実は。
 これらラリー関係カレンダーは、リビングの壁一面に3枚貼っています。(笑
 そこしか張る場所がなかったのと、いずれも甲乙付けがたく、やっぱりいつも目に付くところに張っておきたかったので。

 いいんです。好きなんだから。^^;




 







Posted at 2021/01/02 16:22:07 | コメント(4) | トラックバック(0) | 戯れ言 | 日記
2021年01月01日 イイね!

あけましておめでとうございます

alt

こんなかわねこですが
どうぞ本年もよろしくお願いいたします。
Posted at 2021/01/01 11:07:53 | コメント(2) | トラックバック(0) | 季節の便り | 日記

プロフィール

「@れいぽんさん さすが唐津マイスターのヌタさんですね。それにラリースクール出身の大竹君がJN-3でぶっちぎっているとか、急遽マシンがヤリスからヴィッツになった明治さんと水原さんが意外に接戦だったりと、今回は見所たっぷりですね。^^」
何シテル?   04/10 20:39
オートバイとクルマと、野遊びが大好きな「おやぢ」です。(^^ゞ 北海道のど田舎に住んでいます。どれくらい田舎かと言うと、地域で乗っている車種を言えば、...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/4 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

To all the GRANDVITARA users 
カテゴリ:ESCUDO
2013/04/25 00:50:33
 
TREK FIELD 
カテゴリ:震災支援
2011/04/27 21:50:38
 
SSER ORGANISATION 
カテゴリ:震災支援
2011/04/10 23:28:28
 

愛車一覧

スズキ エスクード スズキ エスクード
外遊びの相棒として、約20年乗ったD21テラノの後継機として、2012年8月4日より就航 ...
カワサキ スーパーシェルパ シェルパくん (カワサキ スーパーシェルパ)
街乗りから林道散歩、ツーリングまでなんでもそつなくこなす、オールラウンダーな相棒です。 ...
カワサキ KSR-II ちびくろ (カワサキ KSR-II)
1991年にわがやへ来て以来、林道探索に活躍。現在はそのコンパクトさと2ストの加速力で、 ...
スズキ スイフト スズキ スイフト
2004年ラリージャパン。SSスタートポイントで、イグニス・スーパー1600を見たのが始 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.