• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

もんちっち_♂のブログ一覧

2009年05月23日 イイね!

ひひょうの会 新型レガシィ その1 アウトバック2.5i Lパッケージ

ひひょうの会 新型レガシィ その1 アウトバック2.5i Lパッケージひひょうの会新型レガシィの試乗を通常の1店舗だけでなく2店舗ハシゴして来ました。

1店目:平塚市内
レガシィツーリングワゴン、B4、アウトバック3台勢ぞろい。
※アウトバックの画像は撮り忘れました。
今回試乗車として乗ったのは、アウトバック2.5iLパッケージなんですが、初めて試乗車を撮り忘れました。面目ない。

まずはB4の外観舐めまわし…いや見まわしから。







基本的に水平基調のスタイリングですが、サイドウィンドウのグラフィックは先代まで特徴のあったサッシュレスドアを止め、クウォーターガラスを廃したおかげで、ごく一般的なセダンデザインになりましたね。どことなくV36スカイラインっぽい。斜め後ろから見るとレクサスGSのテール廻りに近い構成ですね。
全体的に抑揚がなく、ベターっとした印象。フェンダーもフレア調で存在感を示しているものの、日本仕様は北米仕様と違って全幅が狭いためフェンダーの存在感もどことなく希薄に感じますね。この点、全幅が北米仕様と同じアウトバックの方がフェンダーの存在感がありますね。
先代までのサイズの制約があった方が凝縮感があり、塊としてまとまっていましたが、解放されたとたんだらけた印象がしますね。大沢親分に喝ッでも注入された方が引き締まるかも。



ヘッドランプは先代のようにプロジェクターランプを採用していますが、バンパー側にライトの球体がかかった先代に比べ、外側にくさびを入れて上方へライトを伸ばしたデザインになっています。日産車のようにL型の形状にしたかったようでいて、折れ曲がっているわけでなく、シャープでもないので、どことなく曖昧な感じがしますね。実車はそれほどでもないですが、写真で見ると結構鈍く見えます。



ツーリングワゴンの外観。ボディカラーがブラック系のため引き締まって見える分良いのですが、先代のようにサイドウィンドウがサッシュレスでブラックアウトされていた頃に比べると、メッキモールやCピラーのカラード化それとウィンドウグラフィックのデザイン自体を大幅に変えてしまったため少々ごてついていますね。賑やかでゴージャスと言えばゴージャスですが、レガシィならではの独自性は消えうせ、アコードワゴンやアテンザワゴンとあまり変わらなくなりましたね。



インテリアへ。最近のスバル車と共通するセンターコンソールのレイアウトを取っていますね。時計や温度計を表示するディスプレイもエクシーガやインプレッサと同じ位置にあるし、オーディオ、エアコンの位置もそれほど変わらない。かと言って共通部品を使っているようにも思えない。ごくごくオーソドックスなもので、これまた特徴はない。目を引くのは、ステアリングのデザイン。まるで日産のZかと思ってしまったほど、センターパッドのデザインは丸くなっている。それにステアリングサイドのスイッチが配置されている部分が、異様に目立つ。お決まりのアルミ調の加飾処理ですが、全体的なトーンが落ち着いている分目立つし、木目調のパネルを選ぶとバランスが悪いですね。
それよりも、いくらオーディオレス仕様とはいえ、オーディオスペースの中をそのままにしてハーネスをむき出しにしておくのはいかがかと…こんな試乗車初めてです。



ステアリングに続き、これまた目立つシフトノブ。ガンダムっぽい操縦桿ですね。シフトノブに続き、ミッション、エンジンの制御をドライバーが望む状態に制御できるSIドライブのダイアルスイッチがあり、全車標準装備。CVT車でもスポーツ走行ができるし、さらなる省燃費走行もできるようになっています。



一番進化した場所で、唯一褒められるのがリアシート。とにかくホイールベースを伸ばした効果は絶大で、足元は十分広い。しかもシートの座面長も長くなっているのでゆったりと座れる。先代まではちょっときつかった。これは褒めてつかわします。

そして試乗へ…
平塚と言えば、下水処理場を1周する河川敷サーキット。
ここでレガシィ初のCVTを試しました。
ここからは突如画像なし、箇条書きでレポートします。

・エンジンはとにかく静か。トルクフルってわけではなく、スムースな印象が強い。以前のようにスバルの水平対向エンジンにありがちなボコボコいっていた共鳴音もなく、非常に普通になりましたね。
・CVTは完全にスムースかと思っていたのですが、加速時に若干ワンテンポ遅れる場面がありましたね。これはごく稀で、普通に走らせる分には現れることはないと思いますが…
・マニュアルモードを使用する際、すべてステアリングのパドルスイッチでの操作になりますが、Aポジションに入れたままでもこのパドルでの変速が可能。マニュアルモードでポジションを固定するときだけシフトノブをAからMにして固定変速が可能になっています。
・ハンドリングは穏やか。ボディが大きくなったから鈍い印象はなく、重量もそれほど増えていないので重ったるい印象もないですが、歴代レガシィが持っていた俊敏でスポーティなものでもなかったです。
・シートポジションが高くなって視点が高くなり、より遠方を眺めてストレスが少なく運転できる環境ですね。残念なのは、エクシーガに乗った時にも感じたのですが、妙に天井と頭が開き過ぎていて、頭上が逆に落ち着かない印象があります。
・シートはスバルが宣伝する低反発クッションの採用で乗り心地はいいです。なんとなくですが、これなら長距離でもいいかと…クッションの山の部分が結構張り出していて、僕には気持ち良かったです。

ざっとその1アウトバックに試乗したレガシィのレポートでした。

レガシィもアメリカ市場が好況の時に開発してしまったため、随分と大きく、ある意味まともになったのですが、レガシィ、あるいはスバルのコアなファンに対して少々ブーイングが出そうな雰囲気のFMCですね。
レガシィの販売を支えるのは一般的な人なのか、それともコアなユーザーなのか、わかりづらいところですが…
もしスバルが100万台規模の生産メーカーでなければ、コアなところを追求してプレミアム感を訴求すればいいのですが、それでは商売がなりたたないことを承知でFMCをしたのでしょう。
でもスバルはもう少し独自のメカニズムと商品性をセンス良くデザインとして表現でき、調整できる人が仕切ってモデルチェンジできれば、スバルらしさもありながら、新しいユーザーへの訴求も図れるのではないかと思うのですが…
このあと、2軒目のスバルへ行って試乗前に他のスバル車を長々と見る時間があったのですが、その点はレガシィ同様思わずにはいられませんでしたね。
Posted at 2009/05/25 20:33:49 | コメント(1) | トラックバック(0) | ひひょうの会 | 日記
2009年05月04日 イイね!

GWもひひょうの会 アルファロメオ Mito

GW後半の中日、いかがお過ごしでしょうか?
さすがに寝GWってのも辛く、NHKで朝から再放送されていたドラマ「ハゲタカ」を見終わった後、部屋の片づけをしながら思い立ち、ぶらり行ってきました。

本当は買い物目的で出かけたのですが、帰り際環八を通りすがっていたところ、アルファロメオのディーラーでMitoに遭遇してしまい、立ち寄ってしまったのでした。まさにMitoにMitoれてしまったのでした。



本日お世話になったアルファロメオ田園調布。
もうかれこれ何年お世話になっていることやら…幸いにも同じ担当者に遭遇していないからここまで買わずにやってこれました。(ディーラーにとっては災いなお客でしょうが…)



8Cコンペティオーネに続く新アルファマスク。コンパクトカーにしては随分押しの強いマスクだこと。アルファのように伝統とブランドがあるからできることであって、国産でこういうことをやると大概失敗しますね。
スバルがR1や先代インプレッサでやった初期のスプレットスウィンググリルはブランド力とデザインの差がありすぎましたし…





テールのデザインも8Cのモチーフを取り入れ、前後とも関連付けのある絞り込んだデザインです。
ただし、前後のデザインは絞り込んでいますが、サイドグラフィックはやや緩慢に見えますね。フレア調のフェンダーにシャープさがないし、サイドドアとウィンドウの間隔が思ったより開いているのでちょっとボテッとしている。
それでもカッコ良さは、頭抜けています。



インテリアは、コクピット周りのカーボン調のデザインが目を引きますが、全体的に質感が高まっています。159の大味っぽいセンターコンソールに比べ、凝縮感があっていいですね。
それに2DINサイズのオーディオ・モニターが入るようになっているので、AVのカスタマイズ性が高まっているのもいいですね。
メーター周りはアルファとしての約束のようなデザインでやや古典的なのに、ステアリングはちょっと近代的。まぁエクステリアが古典的なデザインだから、古典的な部分がインテリアであってもいいですが、視認性を考えるともう少しメーター周りが先進的でもよかったような気がします。



6MTのみの設定。それとDNAと呼ばれるシステムのスイッチ。後ほど試乗記の方で説明いたします。



トランクルームは、270リッターの容量があるそうです。奥行きは少ないですが、幅、深さはかなりあります。
室内は147より狭いのは当然ですが、外観のサイズからすれば適切な広さ。ドライビングに集中するにはちょうどいい室内空間ですし、僕のようなちょっとファットボーイズには適切なシートだったので結構気に入りましたね。



ではテストドライブへ…
コースは環八を流す、そして街中のすれ違い、小周りを試すものでした。
ざっと箇条書きに試乗記をまとめました。
●取り回しは良好。スレ違いでも気を使わない。後方視界も悪くはない。ただしドアミラーの形状と、曲率がきつくて、ミラーの調節をうまくしてやらないと見にくいです。
●6MTは、147と比べて縦方向のストロークが大きい。変速時の入りは良好でした。
●1.4リッターのターボエンジンはかなりトルクフル。先日試乗したVWゴルフよりもスポーティでしたね。これだけ低速からトルクがあると扱いやすいし、いざという時の出足もなかなかなものです。
●先ほど紹介したDNAシステムについて。これはアルファ独自のエンジン、ミッション、トラクションコントロールを総合的に制御するシステムですが、Dを選択するとダイナミックでスポーティ走行主体のモードになります。このモードとNのノーマルモードでははっきりとした出足の違いがありました。とにかくレスポンスがよくなります。最後にAモードはオールウェザーモードで、悪天候時にトラクションコントロールの制御がスリップをしにくい用に安全に働くそうです。今回Aモードは試さず…
●静粛性や、振動面は特に問題ない。というより、小気味よく走らせたので、気にしなかったというのが正解かも…

久しぶりにアルファロメオの新車を試しましたが、なかなか走らせると面白いし、かちっと決まるアルファでしたね。気持がよかったです。
147なんかもサイズはいいですが、セレスピードだとクラッチがないぶん楽かと思いきや、変速のタイミングが合わなかったりすると気持ち良くないし、159は予想以上に横方向に大きくて、156のような小気味よさはなく、大味な面がある。
やはりアルファには、Mitoのようなコンパクトさがちょうどいいかもしれません。
それに1.4リッターながら、2.0リッターを遥かに超えたトルクフルなエンジンが良かったですね。高速で飛ばすにしても、街中で小気味よく走らせるにしても思った以上の走りができそうです。
価格はなかなかいい線ついてきていますが、ボディカラーがレッド、ブラック、ホワイトしかないのが痛すぎる。
今後、グレーや、ブルーあたりが出そろったら考えてもいいかも…
いや、いや、今日郵送された自動車税の納付書を見ると、そんな邪な考えは醒めてしまいました。
Posted at 2009/05/04 22:53:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | ひひょうの会 | 日記

プロフィール

「マツダクラシックオートモビルミュージアムフライ Vol.6 http://cvw.jp/b/174658/40978917/
何シテル?   01/13 22:41
いすゞビークロスオーナー&ファンクラブ【VehiSQUARE(ビースクエア)】の世話人にして、国内導入が見送られたいすゞ最後のSUV「AXIOM(アクシオム)」...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2009/5 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

お友達

・いすゞSUV、特にビークロス、アクシオムに興味のある方。
・クルマについて幅広く論じることが好きな方。
・新車情報、旧車のレアな情報をお持ちの方。
・クルマを作っておられる方、作ってみたいと本気で思っておられる方。
43 人のお友達がいます
柵ぽん@らーど漬け柵ぽん@らーど漬け * T.BASET.BASE *みんカラ公認
黄の7号黄の7号 * KUTSUKUTSU *
夏がだ~い好き夏がだ~い好き 徳小寺 無恒徳小寺 無恒

ファン

24 人のファンがいます

愛車一覧

いすゞ その他 いすゞ その他
いすゞ最後の北米SIA生産SUVアクシオム。 最上級グレードXS4WD。 デザインは、ビ ...
アルファロメオ MiTo アルファロメオ MiTo
初代相棒ビークロスをお蔵入りにさせて、7年ぶりの新車をテイクアウトしました。 3代目相棒 ...
いすゞ ビークロス いすゞ ビークロス
初の愛車いすゞビークロス。 1997年5月発注、9月納車。 初 期:レッドロックマイカ、 ...
いすゞ ビークロス いすゞ ビークロス
グレード:175リミテッドエディション072/175 ボディカラー:アイアングレーメタリ ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.