• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

mintgのブログ一覧

2018年11月17日 イイね!

激撮 スカイラインの巻

激撮 スカイラインの巻はい、みなさんごきげんよう^^

年末も近づく11月中旬。
朝晩の冷え込みも晩秋らしく、寒くなってきましたよ。
東京でも朝の最低気温が8.6℃と今シーズン1番の冷え込みを今週は記録したけど、これから日に日に更に気温も下がってくるんだろうなぁ
と思うと夏大好きおっちゃんの私からしたら憂鬱なシーズン。
ほんと粋がってアロハで過ごしているけど、真冬はやっぱり寒いっすからね苦笑
今月は28日に1泊で秋田出張が入ってるけどもうその時期の秋田、十和田湖のほとりは寒いですよねぇ
まだ11月だからコートは出してないけど、コートなしでも大丈夫かしら?

さて、今日のブログネタは1日にして珍しくR32,R33,R34のスカイライン、しかも素のモデルを激撮したので、スカイラインの巻です。
前回はポ~シェの激撮できたけど、ポ~シェと言えばスカイラインは64年の日本グランプリでの因縁、そして32Rを開発するときは944ターボを徹底的に研究したという、何かと縁のあるクルマ同士。
というわけで、ってことでもないけど、たまたまポ~シェの次にスカイラインという縁になっちゃいましたね。

トップ画像は素モデルの32の2ドアクーペ。2LのGTSかな。
2000ccと言えども、GTS-tだとたしか215psくらいああったと思うから、5ナンバーでは最強モデルだったでしょ、たしか。
サンマルの鉄仮面RSターボCがグロス205psで最強だったのを7thスカイラインのGTS-Rがネット210psだったはずだから、限定バージョンのGTS-Rを標準モデルのGTS-tが超えてきちゃったわけですからね。
まぁ、そうは言っても32と言えば280psのGT-Rがその注目を集めていたので、2000ccクラスだと、ちょっと影になっていたけどね。
デビューが89年で93年まで現役だったわけですから、アラサー選手。
これからもまだまだがんばって欲しいものです。

そしてこちらは33スカイライン


32に比べて大きなボディになってしまったのが残念だったかな。
32、33,34の3モデルのGT-Rでも33がちょっと人気が落ちたかな?

そしてGT-Rはガンダムチックなイケイケなスタイルで人気を博した34スカイラインも素モデルはけっこう見なくなっちゃいましたけどね。


と32,33,34と素モデルを1日にして激撮出来たという貴重な日でしたが、今日はこれだけでに収まらず、こんなスカイラインを激撮。




練馬55の箱スカがいたんですよ!
信号待ちで並んで挨拶したら46年だって。
それは46年乗っているのか、昭和46年製なのか?

もう白髪で見た目でもお爺さんというドライバーだったけど、これしかないんだって話していた。
いやいやこれしかないって、凄いことですよ。
孫の送り迎えもしてるし、現役バリバリなワンオーナーカー。
って話してるときにずっとにこやかな顔で嬉しそうに話してくれてた、かなりクルマ好きなおじいちゃん。
ミント号を見て、アメリカ車だね、って言うからいえいえドイツですって話したら、「あっ、そうそうドイツだね」だって。

27年のミント号はまだまだ足許にも及ばないね。

とスカイラインなお話でした。

でも、ここにケンメリ、ジャパンはいなくてもせめてサンマル、サンイチのスカイラインを一緒に入れたかったなぁ

と最後にお断りいたしておきますが、私はけっしてスカイライン党ではありませんよ笑
サンマルのニューマンスカイラインが幅を利かせていた頃は対抗してピアッツァターボで何度も鉄仮面に挑んでいたくらいですから。
たしかに117クーペから乗り換えるときにスカイラインGTターボを考えましたけど、やっぱりピアッツァにしてよかったな、って思ったほどですからね。
でも、鉄仮面のRSターボは今でもカッコイイしちょっと欲しいと思っちゃいますけどね。
高過ぎてとてもぢゃないけど、手が出せませんが^^;

さて今日の1曲は11月も後半にさしかかるとクリスマスソングが街に流れてきますから、ちょっと早いけど杉山清貴さんの【最後のHoly Night】


それではみなさん次のブログまでごきげんよう^^

明日は毎年の恒例になってしまった感じですが、愛知は刈谷までバレーボール観戦で遠征しま~っす。
今季初観戦、日立リヴァーレの勝利を見てきま~っす^^
Posted at 2018/11/17 21:39:53 | コメント(4) | トラックバック(0) | 激撮シリーズ | 日記
2018年11月11日 イイね!

二度見(笑

二度見(笑はい、みなさんごきげんよう^^

11月11日、俗にいうポッキーの日ですかね。
でも、ポッキーの日と言ってしまうと、ポッキーの先輩であるはずのプリッツの立場はどうなんだ!!
って思ってしまう人も多いかと思います。

今週の週末は9日に封切された映画、ボヘミアン・ラプソディを昨日の土曜日に見にいってきました。

この映画は9月にカメラを止めるなを見たときに、予告のポスターを見ていたので、楽しみにしていたので、封切当日は金曜日だから無理だったとしてもその翌日、すぐに見に行ってきましたよ。
今となっては伝説のロックバンドと言われるクィーン、そのリードヴォーカルのフレディ・マーキュリーを中心に描いた作品は自分としてはかなり泣かされた映画でした。
フレディがエイズに侵され45才という若さで亡くなったことは知ってますが、それまでの人生は世界的なロックバンドのメンバーとして栄光に満ちた人生を送っていたのかと思っていたところ、その栄光の舞台の裏で激しい孤独感に支配された人生を送っていたのか、垣間見ることができいろんな意味で感動出来る映画でしたよ。
それと演じる役者さんたちが、フレディだけでなく、ブライアン・メイ、ロジャー・テイラー、ジョン・ディーコンそれぞれが特徴をよく掴んでいて、ほんとクィーンを見ているように錯覚するほど似ていて、よくこんな似た演者を見つけてきたな、とこれまた感心。
ボヘミアン・ラブソディがヒットしたのが私が中学2年のときだったはずですが、あの頃、ラジオの深夜放送で聞いたこの曲に、海外ではこんな凄い曲を歌うグループがあるんだと、思い知らされた1曲でしたよ。

それにしてもいつも見に行くシネコンですが、普段は封切直後でもそんな客席が満席に埋まるようなことはなかったけど、この映画は8割近く席が埋まっていてさすがクィーンの人気は衰えてないなと思ったけどはやり観客のほとんどがシニア世代、中には80代ではないかと見える超シニアの方もちらほら。
クィーンがヒットした70年代の大人だった人たちがきっと待ち望んでいた映画だったのでしょうね。

さて、映画の話はこれくらいにしてトップ画像の718ケイマンS
信号待ちで並んだときに、水平対向4気筒ターボの迫力あるサウンドを聞いたときに、思わず「いい音してるね」と声掛けたんですよ。
そしたらオーナーがこちらを二度見して、「珍しいですね」だってさ。
そりゃね、普通であれば1年に1度見ることがあるか、ないかの968ですから、ポ~シェの中でも極端にマイナーなクルマですからね。
下手したらケイマンの若い世代のオーナーはポ~シェと知らない人もいるかも?笑

ケイマンとくれば兄弟車のボクスターも激撮しなきゃと見つけたのは残念ながら718ボクスターではなくて、981ボクスターSですが、、、



964カレラ2乗りの友人がメンテナンスで出してる間に、986ですがボクスターを代車に借りたらしいけど、ボクスターがめちゃくちゃ運転しやすいって言ってましたね。
ただ、代車で借りてる間にオープンにすることが出来なかったと言っていたのには笑えますけどね。

ポ~シェの激撮ということで、991のGT3



私の先輩の996GTエディションもこれと同じ黄色ですが、911のスタイリングは黄色がよく似合うと思いますが、日本の国民性を考えると無難な色が選ばれると思いますが、最近はこういった思い切ったカラーもけっこう選ばれているんですね。

そしてこちらは久々に空冷の993.


34の二桁ナンバー、ワンオーナーの匂いもしますが、どうでしょうかね?

今日は久しぶりにポ~シェ特集のブログになっちゃいましたね。

さて、今日の1曲はボヘミアン・ラブソディだとあまりにも芸がないので、クィーンはクィーンでも【キラークィーン】


それではみなさん次のブログまでごきげんよう^^

Posted at 2018/11/11 22:14:14 | コメント(5) | トラックバック(0) | 激撮シリーズ | 日記
2018年11月03日 イイね!

激撮 英国車

激撮 英国車はい、みなさんごきげんよう^^

あっという間に11月に突入しちゃいましたよ。
今年もあと2ヶ月切っちゃってなんだかんだすぐに年の瀬がやってきちゃいますよ。
東北青森ではもう積雪もあったとか。
いやですねぇ、冬がやってくるなんて。
旧車にはシーズンの冬でも寒いのが嫌いな私ですからね。
まだ東京は最低気温が二桁あるので朝のウォーキングもがんばっていられるけど、これが1℃とか氷点下となると朝5時に布団を抜け出して歩こうって気になりませんからね苦笑
それに寒さだけでなく、日の出も遅くなって、夜のように暗い時間にあるくのも気持ちが萎えてきちゃいますよ。
今はまだ日の出前だけど、朝焼けが見える時間だからいいけどねぇ


とこんな空の時間に朝のウォーキングしてます。

季節の話はおいといて、今回もなかなか素敵なクルマの激撮できましたよ。
トップ画像のMGAですが、ナンバーから予測するに1957年製かな
もう還暦過ぎ、61才のおじいちゃんですよ。
って、私が子供の頃は還暦60才というとものすごくおじいちゃんに見えたけど、最近の60才ってみんな元気で若々しいよね。
まぁ、自分もアラ還、あと3年で還暦になっちゃうけどさ笑
それにしてもこのMGA、還暦過ぎには見えない若々しいボディ。
塗装もやりなおしているのかな?
バンパーやグリルのメッキもホイールもピッカピカですからね
オーナーの愛情が並大抵なものではないでしょうね。
1957年のMGAとなると、1500ccのOHVモデルだと思うけど、翌年の58年には1600ccのDOHCエンジンが追加されてるので、どちらのほうがモテているんですかね?
クラシカルなOHVエンジンか、よりスポーティーなDOHCなのか。
1500ccモデルだとブレーキもまだドラムで1600ccとDOHCモデルだと前輪はソリッドのディスクブレーキが奢られているんですって。
1950年代後半にはもうディスクブレーキが採用されていたってさすが当時の自動車先進国。

そしてこちらも英国を代表する1台



5300ccを超えるV12ににもなると、オーバーヘッドのカムシャフトが1本だってな~んも問題ないでしょ。
めちゃくちゃいい音を残して走っていったけど、ほんとカムが1本だろうが2本だろうか関係ないよな、って思わせるクルマですよね。
前期のXJ-Sのほうがテールランプも趣あっていいよね。
後期のXJSも決して悪いわけではないけど、XJ-Sのほうがやっぱりいいよねぇ

オープンに乗りたいと思ってる私ですが、欲しいと言っているのが、マセラティ・スパイダーザガートやフェラーリモンディアルカブリオレとかですが、いやいやジャグワァのXJ-Sも捨てたもんぢゃないですよね。
いや優雅過ぎて運転席に座ってしまうと気後れしちゃいそうですが、エレガントさで言うとオープンモデルでは抜きんでていますよ。
まさに貴婦人ですもん。

もう現代では英国資本の英国車メーカーはなくなってしまったけど、真の英国車としてのこの2台、愛車党にはたまらないだろうなぁ

さて今日の1曲は英国にちなんでかぐや姫の【アビーロードの街】
って歌の内容は青山通りだけど笑


それではみなさん次のブログまでごきげんよう^^
Posted at 2018/11/03 20:15:06 | コメント(5) | トラックバック(0) | 激撮シリーズ | 日記
2018年10月27日 イイね!

激撮 ベンツに乗るなら

激撮 ベンツに乗るならはい、みなさんごきげんよう^^

10月も最後の土曜日。
今日から日本シリーズも始まって、今年の野球シーズンも締め括りですよ。
ほんと齢を重ねるごとに時間の速さについていけませんわ。
なんか最近は仕事の1週間もあっという間ですよ。
このままあっという間に還暦まで突っ走っていっちゃいそうです。

とそんな年齢になるといつまでもスポーツカーだけでなく、落ち着いたセダンでも乗っておくかな、なんて思ったりもしますが、もしベンツのセダンを所有するとするなら、コレかな。
とトップ画像のW108/109なんて乗ってみたいものです。
これの300SEL6.3なんて言ったらもう涙がチョチョギレちゃいますよね笑

セダンよりはワゴン?
ワゴンだったらS123あたりでまったりとドライブ?
S123は人気モノですよね、76年デビューで最後が85年ですから、もう30年以上前のモデルだというのに、けっこう元気に走ってる姿を見るモデルですよね。
家族旅行の大荷物もな~んも問題ないから長距離走るなら最適。
なんといってもメルセデスですから信頼性も高いしね。
って30年前でも?


日本のセダンだと

バブルの象徴、Y31シーマも懐かしいですよ。
88年デビューですからね、ほんとバブリーな時代真っ只中。
国産車で500万円超えって驚いたものですし、3ナンバー専用モデルって、センチュリー、プレジデントなどのモデルは別にして、国産初でしょ、シーマ現象なる言葉まで登場しちゃいましたもんね。

となんだかんだ言っても、やっぱり自分にはセダン系は似合わないだろうな
こんなクルマなら似合うかも?


なんせMTですよ!



今シーズンのスーツを1着作りました。
あと何年現役で働くかわからないけど、年寄りにしてどうかなとちょっと裏地を洒落てみたけどね。



さすがに仕事にはアロハはないもんね笑

って、話はコロコロ変わるけど、今日のランチは地元のお店で


カレーライスと餃子で550円ですよ!
しかもこのカレーが高校の学食で食べていたような懐かしくて美味しいカレーですよ。

さて、今日の1曲は秋らしく、岩崎宏美さんの【思秋期】


それではみなさん、次のブログまでごきげんよう^^

Posted at 2018/10/27 22:41:55 | コメント(5) | トラックバック(0) | 激撮シリーズ | 日記
2018年10月21日 イイね!

年1恒例 蓼科ツーリング

年1恒例 蓼科ツーリングはい、みなさんごきげんよう^^


毎年恒例になっている蓼科ツーリング、今年は昨日の土曜日に行ってきました。
週間天気予報では土曜日から天気も晴れマークに変わって、長野も晴れ/曇りで去年は雨に祟られて、ほとんど走ることが出来ずにランチオフ会のような企画になってしまいましたが、今年は大丈夫、走れるぜ!って思っていたのですが、金曜日の天気予報では、東京も名古屋も晴れマークだったのに、長野が曇り/雨マーク。
おいおい、まぢかよ~、メンバーの中に雨男がいる?
って去年、今年と参加してるのは3人、果たして誰が雨男?
ま、ま、まさか自分??
でも、多分、雨は午後からだろうと、予測して午前中に美ヶ原までビーナスラインを走って、昼過ぎには蓼科に下ってランチして解散なら大丈夫だろうと思ったんですけどね。

朝、中央高速はこんな青空、この分なら大丈夫だろうと思うでしょ。


でも、笹子トンネルを抜けると空は一転曇り空。
釈迦堂PAで東京組の3台が集結


昨日は中央高速も朝6時からかなりな混雑で、行楽シーズンの週末は紅葉狩りに出掛ける人も多いんでしょうね。
釈迦堂を出発するとこんどはまた青空に変わって、この日の天気を予測していそうな感じです。
途中、ポ~シェが沢山走ってて、ポ~シェってこんなに多いの?



さらに走っていくと、目の前には八ヶ岳の勇姿が。


これなら大丈夫、って思うよね。

諏訪ICまでひとっ走りして、集合場所のドライブインのパーキングへ。
おっ、赤いフェラーリ348が止まってる~


どうやら、オーナーは女性のようだぞ、と眺めていたら、同じく348が2台。
どうやら348のオフ会もあったようです。


そうこうしているうちに名古屋と神戸からの参加メンバーが到着
ムッシュ先輩、お久しぶり~、ってアルファ939スパイダーはお初ですね^^


Gucciさんも何年ぶり?そしてルビーストーン968も前オーナーの時以来なのでもう7~8年ぶりかしら?
ミントグリーンと並べましたね!


全員が揃うまで、これは当たり前だよね笑



エスプリのこの姿は初めてみるかも~
たしかに整備するのは大変そう


この時、諏訪は青空ですが、やはり天気も心配なので、ご挨拶してさっそく出発。




白樺湖畔のいつもの駐車場でトイレ休憩。



白樺湖は曇り空、しかも寒いッ!!


ここでも先を急ぎます。
ビーナスラインを走っていると、白樺湖で曇っていたのに、また青空が見えてきたり、どうもめまぐるしく天気が変わるなぁ


途中、ちょっとしたハプニングでエスプリがいなーい、というのでコースを外れて待てる場所で到着を待っていたり。


しばしの休憩になりましたが、その間にこんなクルマが・・・



ビーナスラインにはこんなクルマがものすご~く似合いますよね、楽しそうだな~

エスプリも到着して揃ったとこで頂上を目指して出発。
ここから標高300mほどだから、このまま天気は持つかな?と思っていたら、美ヶ原の手前でこんな霧が。


雨は大丈夫だったけど、美ヶ原の駐車場は霧の中~


ここからの北アルプスのパノラマを期待したのに、まったく見えませんしかも極寒ですから、ここにいてても仕方ないので、ランチのために一気に蓼科まで下ります。



おっ、ルノーキャトルとアルファロメオスパイダーヴェローチェだ!


蓼科の林間コース
ところどころ真っ赤に染まった紅葉も見られたけど、まだちょっと早いかな



アルファロメオのツーリングですれ違ったけど、このビンテージはなんだっけ?
蓼科に下りてきたら雨も降り始めたけど、オープンは大丈夫?
オープン乗りのムッシュ先輩は走ってるときはほとんど濡れないけど、このビンテージなオープンに乗る人は雨なんかまったく気にもしないでしょう、ですって。
あー、やっぱりオープン欲しくなっちゃうよねぇ




ランチのお店、蓼科switchbackに到着
なんとお店に入ると、去年もいらっしゃいましたよね、って覚えてくれててびっくり!!
多分、人物は覚えてないけど、クルマは覚えていたんでしょうけどね笑



いただいたランチ、私は24ヶ月熟成生ハムと高原レタスのマルゲリータ


他の皆さんはというと、このサイズでお腹は足りました?





ここで食事tのあとは珈琲をいただき2時間ほど食事とおしゃべりを楽しみ。3時に解散です。


途中、フレンチブルーミーティングに参加されるであろう、フランス車と沢山すれ違ったけど、サンクターボⅡ、21ターボなど残念ながら激撮出来ず2CVだけ。


2CVは朝の中央高速でも会ったんだけどこの赤い2CVは蓼科でもすれ違いました。


最後は中央高速の激しい渋滞、そして滝のような雨の中で締めくくり。
ほんと変化に富んだ天気のツーリングでした。


本日の走行距離は540kmでした


最後に蓼科ツーリング参加のクルマたち





平均年齢ほぼ還暦のおっさんずツーリングでした。

あ~、こんな長いブログって迷惑だよねぇ、どうもごめんなさい^^;

さて、今日の1曲はシャネルズの【街角トワイライト】
これも青春の思い出の1曲だったりします笑


それではみなさん次のブログまでごきげんよう^^
Posted at 2018/10/21 10:42:27 | コメント(8) | トラックバック(0) | オフ会ネタ | 日記

プロフィール

「もう一度、アルファに会いたい、一緒に散歩したい、遊びたい」
何シテル?   09/08 21:02
89年に944s2で念願のポルシェデビュー。 92年5月に968に乗り換えて無事、26年を超えました。 ワンオーナーの旧車乗りを目指して、朽ち果てるまでミン...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

ももクロライブと1085万円 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/09 07:01:00

お友達

Cafe mintRへようこそ^^ 冷たいアイスオーレでも飲んでクルマ談義に花でも咲かせましせんか?
ただし、いきなりのお誘いはお断りさせていただいています。
また友達でいる必要性を感じられなくなったら断りなしで削除することもありますので、あしからず。
139 人のお友達がいます
Guccio-GucciGuccio-Gucci * 鉄仮面鉄仮面 *
コーダイコーダイ * ケンジ911ケンジ911
たいよう968たいよう968 grandistgrandist

ファン

68 人のファンがいます

愛車一覧

ポルシェ 968 ミント号 (ポルシェ 968)
とある掲示板で968オーナーとの交流を始めて 年1度の968PARTYというイベントと、 ...
その他 ルイガノ ルイガノRHC (その他 ルイガノ)
スポーツカー好きな自分ですが、これが一番スポーツしてる! って思える車・・・ぢゃなくて自 ...
いすゞ 117クーペ いすゞ 117クーペ
117クーペXC 初めて自分で買った車です。 4年落ちの中古だったけど、当時は117に憧 ...
ポルシェ 944 ポルシェ 944
944S2 初めてのポルシェです。 3L DOHCのビックフォアエンジンに驚き!! 国 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.