• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

アライグマのアライのブログ一覧

2021年05月05日 イイね!

岐阜・関の上之保温泉にて露天風呂と味噌カツを愉しむ

岐阜・関の上之保温泉にて露天風呂と味噌カツを愉しむ前回のブログは昨日23時過ぎに公開予定でしたが、ブログ作成に時間がかかりまして本日0時過ぎの公開となりましたが、昨日のブログ扱いとしまして、本日2度目のブログ公開に踏み切りました。

今回より岐阜・関のRVパークにて車中泊の様子を公開しようと思いますが、車中泊本編は次回のブログにて公開予定とし、今回はタイトルの通りRVパークを運営してます上之保温泉にて露天風呂と夕飯で味噌カツを愉しんだ様子をお送りしたいと思います。



岐阜・八百津の三勝屋を後にしまして、上之保温泉のRVパークに13時過ぎに到着しましたが、詳しい道順は次回ブログの車中泊本編で話そうと思います。

チェックインしまして予約しました区画に駐車し、荷室を居住スペースに設営してから、17時過ぎまで車内で昼寝してましたが、到着時は曇り空でしたが、夕方になり雨が強くなって来たので、早目に風呂と夕飯を済ませる為に、区画の第2駐車場から受付した温泉や食堂のある第1駐車場に移動する事にしました。



RVパーク内の移動する事30秒ほどで第1駐車場に到着しました。



チェックインの受付をしました温泉施設の受付に再びやって来まして…



券売機で大人入浴券1枚600円とタオル200円を購入しました。



男湯に向かい、ロッカーで服を脱いで全裸になり温泉の様子を撮影する為、スマホとタオルを持ってまずは…



身体を洗う為に内風呂に行き、身体を洗いました。



入浴している他の客を避ける様に上手く湯舟を撮影出来ましたが、車内で昼寝してた事もあり、冷えた身体をすっかり温まる事が出来ました。



温泉と言う事で気になるのは泉質や効能ですが… 公式HPからの調べによると…

☆泉質☆
単純温泉(低張性弱アルカリ性低温泉)
☆効能☆
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進

と調べでは書かれてまして、温泉の出ている辺りに移動しますとより一層身体が温まりました。



続きまして楽しみにしてました露天風呂に移動しましたが、やはり人気があるみたいで多くの人が入浴を愉しまれてましたが…



撮影出来るタイミングを見計らって他の入浴客が写らないように露天風呂の様子を撮影する事が出来ました。

やはり露天風呂は解放感があり、頭寒足熱が出来て温泉に浸かってると気持ち良くて最高でした。



思う存分露天風呂を愉しんだ後は上がりまして服を着まして、ほほえみの湯を後にしました。



温泉の後… 夕飯を愉しむ為に温泉に隣接してます御食事処ほほえみに入店する事にしました。



何を愉しもうか悩みましたが、みそかつ定食を選びました。



店内はウッディーな雰囲気でしたが…



眺望の良かったこちらのカウンター席に座る事にしました。



セルフサービスでコップに水を淹れまして…



食堂のおばちゃんにみそかつの食券を渡すと代わりに1番の札を頂きました。



食券を渡しに行く時に美味しそうなパックの五目御飯を目撃しましたので…



車中泊時の夜食用に券売機で五目御飯(大)とおつまみのフライドポテトを追加購入しました。



みそかつが運ばれて来る前に先に夜食の2品が袋に入って運ばれて来ましたので…



中身を確認の為に、袋から夜食2品を取り出してみました。



見るからに旨そうなみそかつが運ばれて来ましたが、赤だしの味噌汁、たくあん、ポテトサラダが付いてました。



窓の外の山あいの眺望を愉しみながら早速みそかつの味わいを愉しむ事にしました。



豚カツを甘味噌とカラシを付けまして…



口の中に運んだその味わいはサクサクの衣の歯触りと肉の旨味が甘味噌のコクとカラシの辛みが絶妙な感じで絡み合い1切れ目から美味しく頂く事が出来ました。



みそかつの旨さの余韻が残る中、ご飯がいつも以上に美味しく愉しむ事が出来ました。



赤だしの味噌汁は一見何の変哲もない見た目でしたが、口の中に運び込みますとダシの香りが凄く良くて美味しかったです。



人参の千切りをウサギの気持ちになって考えつつ愉しみながら…



2切れ目のカツは味噌を絡めずにカツ本来の旨さを堪能しましたが、味わいはサクサクの歯触り感が更にまして、肉の旨味が口いっぱいに満遍なく広がる感じで美味しかったです。



カツの旨味の余韻を残しつつ、いつもの如くご飯の上にたくあんをのせて愉しみますと安定の美味しさでした。



ヒンヤリと冷感のあるポテトサラダで口直ししまして…



再びカツをみそかつとして堪能してみますと、サクサクの歯触り、カツの肉の旨味、味噌のコクが三位一体となって口の中に広がる感じで口の中が至福のひと時を迎える事が出来ました。



ダシの香りが良い赤だしの味噌汁を飲んで愉しんだ後…



少し箸休めする為に水を飲んで一息付けました。



カツ丼みたいにご飯では断面にする意味は無いのですが… いつもの食レポの癖でご飯の断面写真を撮影したり…



半分ほど食べ進めた様子を撮影しました。



箸休め終了後はカツ本来の味わいを愉しむ為に味噌は付けずに愉しみまして…



カツの旨さの余韻をおかずに愉しむご飯の味わいは格別でした。



ご飯を愉しんだ後は必然と味噌汁を飲みたくなったので味わいを愉しんだり…



キャベツの千切りを牛の如く喰らいつつ、口直ししました。



サッパリしたポテトサラダも美味しかったですが…



カツの旨さの余韻が残って無くてご飯の上にたくあんのせて愉しむだけでもご飯が旨ければ美味しいものだとしみじみと思ったりしました。



最初に赤だしの味噌汁を完食致しまして…



次にポテトサラダを完食致しました。



カツとご飯の旨さのラリーが少し続きまして…



先にご飯を完食致しました。



みそかつ完食前の最後の1切れのみそかつは名残り惜しいですがよく味わいながら愉しむ事にしまして…



みそかつ定食の全てを完食致しました。



食券制の先払いでしたので夜食の入った袋を持って御食事処ほほえみを後にしまして…



温泉ゃ食堂のある第1駐車場を後にしまして車中泊区画のある第2駐車場に移動しました。

次回車中泊本編に続く…

※あとがき※
今回は5月1日(土)に岐阜・関のRVパークにて車中泊した様子の夕方の温泉と夕飯に特化してお送りしました。

次回の車中泊ブログ本編では八百津のレトロ食堂を後にして八百津のファミマにて朝食や夜食買い出ししてから、岐阜・関のRVパークチェックインして区画内で寝室の設営し、車中泊をして寝室の撤収しチェックアウトまでの様子をお送りしたいと思います。

今回のRVパークでは私が原因で或るアクシデントが発生しまして、楽しみにしてた車内の朝食の調理が出来なくなりましたが、原因は八百津のファミマでの或るものを買い忘れた事が原因で自宅から持参すれば防止出来ましたが、車中泊本編で併せてお話ししようと思います。

今回も最後までブログを読んで頂きありがとうございました。
Posted at 2021/05/05 20:48:48 | コメント(1) | トラックバック(0) | グルメ/料理
2021年05月04日 イイね!

美濃太田駅前のホテル宿泊と八百津のレトロ食堂にてパーコーとカツ丼を愉しむ

美濃太田駅前のホテル宿泊と八百津のレトロ食堂にてパーコーとカツ丼を愉しむ5月3日から1泊2日で豊橋のみん友さんとプチオフ会で渥美半島ツーリングと豊川のレトロ食堂に立ち寄りましたが、その様子は少し先になりますが公開しようと思います。

今回は前回の岐阜・坂祝の五代目食堂を後にしまして、美濃加茂市の美濃太田駅前のホテルに宿泊した様子と5月1日の昼に岐阜・八百津のレトロ食堂に立ち寄りパーコーとカツ丼を愉しんだ様子をお送りしたいと思います。



岐阜・坂祝の五代目食堂を後にしまして、美濃加茂市のJR美濃太田駅前のホテルに宿泊する為に駐車場に向かいますが、ホテルの目の前の道を通って駅前ロータリーの東側に駐車場はありました。



シティホテル美濃加茂は第一駐車場と少し東側の所に第二駐車場がありますが、満車かと思われてたホテルに近い第一駐車場がガラガラに空いてましたので…



第一駐車場の入口付近に駐車する事が出来ましたので、駐車しましてホテルの入口に向かいました。



フロントは2階にあるようなのでチェックインしましてじゃらんで予約しましたダブルベッドルーム1泊素泊まりで税込み5000円を支払い部屋に向かいました。



部屋に到着しまして…



早速、窓側付近の部屋の様子を撮影しました。



部屋の窓からの眺めですが、高層階の部屋でしたのでJR美濃太田駅の様子が一望出来ましたがこの日は生憎の雨でした。



岐阜・坂祝の五代目食堂に立ち寄る前に岐阜・鵜沼のファミマでホテルで食べる夜食と翌朝の朝食を買い込んでましたが、机の上に夜食と朝食全て並べてみました。



夜食を愉しんだり、ゴロゴロしながら過ごしてましたが23時過ぎに就寝しまして…



翌朝は7時過ぎに起床しましたが、窓の外を眺めると晴れていました。



朝食は練乳パンとピーナッツパンと豚汁とほうじ茶でしたが、それ以外は夜食で全て完食致しました。



10時前にチェックアウト致しまして…



シティホテル美濃加茂の駐車場を後にしまして… 美濃加茂から国道21号線を御嵩に向かいまして御嵩から八百津に続く県道83号線を走行しまして長いトンネルを抜けた後、木曽川に架かる橋を渡ると八百津の街中に入りました。



神社の前にある商店街お客様駐車場が目的のレトロ食堂の横にありましたので…



愛車を駐車しまして、到着時刻を見た所、10時45分でしたので開店11時の15分前に到着しました。



レトロ食堂三勝屋入口には準備中の札が掲げられてましたので…



開店までの間は別アングルから三勝屋の哀愁漂うレトロな店構えを撮影した後、車内で待つ事にしました。



開店時間の11時になり暖簾が掲げられて営業中になりましたので、早速入店してみた所…



食堂の中も昭和の面影を色濃く残すレトロな雰囲気が漂っていてレトロ好きの私にとって癒しの落ち着いた空間が広がってました。



こちらの席に座りまして…



種類豊富なメニューの中から…



カツ丼上ロースと味噌汁大を注文しまして…



食べログの口コミを色々と拝見した所、パーコーが旨いと言う事で併せてパーコーも注文する事にしました。



お茶を飲みながら食堂のレトロな雰囲気に浸ってますと…



旨そうなカツ丼と味噌汁、パーコーが運ばれて来ました。



哀愁漂う雰囲気の中、早速愉しむ事にしました。



パーコーを愉しむ前にタレと…



おろし生姜を小皿にタレと混ぜる事にしまして愉しむ準備が整いました。



カツ丼のカツの味わいは玉ねぎが入っていない玉子閉じの玉子の美味しさに肉の旨味が絶妙に絡み合う感じで美味しかったです。



味噌汁の玉ねぎも味がよく染みている感じで熱々だったと言う事もあり、身体も心も温まる事が出来ました。



口コミで評判の良かったパーコーの味わいですが、衣のサクサク感があって歯触りが良くて、豚肉の旨味にタレの味わいとおろし生姜の味わいが口の中で三位一体となって旨さが広がる感じで絶品の美味しさでした。



いつものように割下のしっかりと染みたご飯では無く、ご飯の上にかつとその上に玉子閉じがのっているカツ丼でしたが、たくあんをのせて愉しんでみますと安定の旨さでした。



パーコーをタレを付けずにネギを添えただけで愉しんでみますと、タレに付けた時よりも衣のサクサク感をより一層引き立ち、タレ無しでも充分に旨かったです。



具沢山の味噌汁で口直ししつつ…



今度はたくあんの代わりにしば漬けをのせて愉しんでみましたが、ふっくらとした優しい味わいの玉子閉じの玉子の旨味と意外とよく合う感じで美味しかったです。



パーコーに添えられてたレタスのシャキシャキ感をタレと共に愉しみつつ…



小皿にタレを付けて愉しむのが面倒になったので小皿のタレを直接パーコーの上にかけて愉しむ事にしました。



口コミ通りの病みつきになる味わいに口の中が至福のひと時を迎える事が出来ました。



少し箸休めしまして、茶を飲んで一息つけた所で…



食レポ恒例となりましたカツ丼の断面を撮影したり…



半分ほど食べ進めた様子を撮影したりしました。



箸休めを終わる前に… パーコーにタレをかけまして…



まずはカツ丼のカツの旨さを堪能したり…



味噌汁を愉しみながら…



絶品パーコーで舌鼓を打ったりしまして食べ進めていきました。



まずは味噌汁を完食致しまして…



パーコー完食前の最後の1切れのパーコーは名残り惜しいですがよく味わいながら愉しむ事にしまして…



食べログの口コミで高評価だった絶品パーコーを完食致しました。



カツ丼完食前の最後の1切れのカツはよく噛みしめながら愉しむ事にしまして…



三勝屋で注文しましたカツ丼、パーコー、味噌汁の全てを完食致しました。



会計を済ませて、哀愁漂うレトロな雰囲気の店内を出まして…



八百津商店街お客様駐車場を後にしまして、車中泊場所であります岐阜・関のRVパーク上之保温泉ほほえみの湯に向かいました。

※あとがき※
ブログ公開は当初は今回は美濃太田のホテルだけの紹介にしようと思いましたが、写真枚数が少なかったのとホテル滞在中に食レポしなかった事もあり、翌日昼の八百津のレトロ食堂と一緒に纏めて公開致しました。

次回、RVパークでの車中泊の様子を公開予定ですが、温泉に入ったり、夕飯は食堂で食レポした事もあり、2回に分けて公開を予定しておりますので次回ブログもお楽しみに…

今回も最後までブログを読んで頂きありがとうございました。
Posted at 2021/05/05 00:15:19 | コメント(4) | トラックバック(0) | グルメ/料理
2021年05月02日 イイね!

岐阜・坂祝のレトロ食堂にて、とんちゃんと豚汁を愉しむ

岐阜・坂祝のレトロ食堂にて、とんちゃんと豚汁を愉しむ4月30日(金)の昼、飛島のレトロ食堂にて昼飯を愉しんだ後、一旦帰宅しまして、前回のブログを公開した後、2泊3日の岐阜食べ歩き旅行に出発となりました。

岐阜食べ歩き旅行は2つのレトロ食堂と車中泊を愉しむ旅行となりましたが、今回は夕方に訪問しました岐阜・坂祝にあります五代目食堂にて、とんちゃんと豚汁を愉しんだ様子をお送りいたします。



4月30日(金)の15時過ぎ、自宅を出発しまして豊田インターから東名・中央道を走行し、小牧東インターで下車、尾張パークウェイを走って犬山に行きまして、犬山から犬山橋を渡って岐阜県の鵜沼に移動し、16時頃、鵜沼のファミマに到着しました。

美濃太田のホテル滞在時の夜食と昼食を購入しまして16時40分頃出発しまして旧国道21号線(県道207号線)沿いの或る場所に4時50分頃到着しました。



その或る場所とは… 県道沿いに佇むレトロな五代目食堂で、この食堂を知ったきっかけはトラック運転手の友人に坂祝にあるレトロ食堂はとんちゃんが絶品だから機会があれば行ってみてと言われたので今回の旅行のきっかけとなりました。



開店10分前でしたのでまだ入口は準備中になってましたので…



別アングルから五代目食堂の店構えを撮影したりして開店まで待つ事にしました。



17時になり、暖簾がかけられて営業中になりましたので早速入店しました。



店内は昭和の頃から時が止まったような空間が広がってまして昭和の頃に大衆食堂によく置かれてました緑のテーブルがレトロな雰囲気のマストアイテムとなってました。



こちらのテーブル席に座りまして…



窓に貼ってありましたメニューの中からとんちゃんを選んで…



ご飯(大)と豚汁を併せて注文致しました。



緑のテーブル席も昭和レトロな雰囲気でしたが、座敷席も中々味わい深い哀愁漂う雰囲気を醸し出してました。



注文しまして間もなく、テーブル上のコンロにガスが点火されまして…



ガスの炎を見ながら茶を飲んでますと…



てんこ盛りのもやしがのった鉄板がガスコンロの上に置かれまして、もやしの下に味噌味のとんちゃんが隠れているのでかき混ぜて召し上がり下さいと店員のおばちゃんに説明を受けました。



もやしの中に埋もれているとんちゃんを発掘する感じで少しずつかき混ぜていきまして…



半分ほどかき混ぜ終わると味噌風味のいい匂いがいっぱい漂って来ました。



ほぼかき混ぜ終わった頃に…



大盛りご飯と豚汁が運ばれて来ましたので…



哀愁漂うレトロな雰囲気の中で早速愉しむ事にしました。



とんちゃんを小皿に少し移して少し冷ましてから口の中に運んでみますと…



とんちゃんの肉の旨味に味噌ダレの味わいともやしのシャキシャキ感が口の中で三位一体となって旨さが広がる感じで1口目から口の中が至福のひと時を迎える事が出来ました。



とんちゃんと言う最高のおかずにふっくらと炊きあがったご飯はとんちゃんの旨味の余韻で美味しく頂く事が出来ました。



豚汁は具沢山で煮込み過ぎているのか少しドロドロとした感じでしたが身体も心も温まる事が出来ました。



今度は少し多めに小皿にとんちゃんをのせて少し冷ましまして…



再び美味しいとんちゃんを口の中に運び込みますと口の中に旨さが駆け巡りまして病みつきになる美味しさでした。



とんちゃんの旨味の余韻を口の中に残しつつ、いつものようにご飯の上にたくあんをのせて愉しみますといつもながら安定の美味しさでした。



少しドロドロとした感じの豚汁でしたがダシの風味が本当に良くて、具の中で白菜が一番美味しかったです。



飯を半分ほど食べ終えた所でいつもの癖で断面を撮影したり…



半分ほど食べ終えた様子を撮影したりしました。



少し箸休めしてますと鉄板から煙がモクモクと出て来ましたので、とんちゃんを小皿に全て移して避難させたところで箸休めを終了いたしました。



箸休めが終わりましてまずは豚汁の豚肉の旨さを堪能しまして…



次に煙から避難して少し香ばしくなりましたとんちゃんの味わいは味噌の旨味が更に凝縮された感じでより一層美味しくなった感じがしました。



鉄板の上から激しく煙が出てましたが、店員のおばちゃんが気が付いてコンロの火を消しに来ました。



しっかりと焼かれて旨味が増したとんちゃんの旨さの余韻で愉しむご飯の味わいは格別なものとなりましたが…



美味しかった豚汁も残り少なくなって来ました。



ご飯の上にとんちゃんをのせて愉しんだり…



たくあんをのせて愉しみつつ食べ進めていきまして…



かなり少なくなって来ました。



まずは豚汁を完食致しまして…



病みつきになる味わいのとんちゃんと…



ご飯の旨さのラリーが続いた後で…



ご飯を先に完食致しました。



とんちゃん完食前の最後の1切れのとんちゃんはよく噛みしめながら愉しむ事にしまして…



絶品とんちゃんとご飯、豚汁全てを完食致しました。

会計を済ませて昭和の面影を色濃く残すレトロな雰囲気の店内を後にしまして…



県道207号線沿いに佇む哀愁漂う五代目食堂を後にしまして、本日の宿泊先であります美濃加茂市の美濃太田駅前のホテルに向かいました。

※あとがき※
いつもはレトロ食堂にてカツ丼の食レポが多い中、トラック運転手の友人のお薦めの食堂と言う事で豚ホルモンのとんちゃんを愉しんだ様子をお送りしたのは珍しい食レポとなりましたがレトロな雰囲気の中で愉しむとんちゃんの味わいは格別なものとなりました。

明日から1泊2日で豊川のレトロ食堂二軒を食べ歩く旅行に出発しますが、豊橋のみん友さんとお逢いしてのプチオフ会で渥美半島ツーリングもしますので明日からの旅行は楽しみにしてます。

岐阜食べ歩き旅行はこの後ホテルの様子、八百津のレトロ食堂、車中泊の様子、帰宅後に愉しんだ昼飯と4つのブログネタが残ってますが、次回のブログ公開は豊川食べ歩き旅行から帰宅しました5月4日の夜に予定してますのでお楽しみに…

今回も最後までブログを読んで頂きありがとうございました。
Posted at 2021/05/02 22:41:05 | コメント(6) | トラックバック(0) | グルメ/料理
2021年04月30日 イイね!

飛島のレトロ食堂にてカツ丼と肉うどんを愉しむ

飛島のレトロ食堂にてカツ丼と肉うどんを愉しむ本日から長い10連休のGWが始まりまして朝9時過ぎにこちらでオイル交換とセンサー交換をしました。

今回はその後飛島に移動しまして初訪問のレトロ食堂にてカツ丼と肉うどんを愉しんだ様子をお送りしようと思います。

夕方より岐阜食べ歩き旅行がスタートしますので今回は旅行出発前のブログ公開となりました。



ヤリミズ自動車にて朝市で油圧計センサー交換とオイル交換を済ませた後、国道23号線名港方面向きの梅之郷インターの側道にあります日光橋食堂にやって来ました。

国道23号線名港方面向き沿いの為、伊勢湾岸道で豊田南インターから湾岸弥富インターまで走り、尾張中央道の通りの国道23号線交差点から名港方面に戻る形で行きました。



日光橋食堂は国道23号線にほど近い為、トラック乗りが集まる昔ながらの食堂として大型トラックが駐車出来る広い駐車場となってました。



昭和の面影を色濃く残すレトロな雰囲気の店構えでしたので店内もどんな感じか気になる所ですが早速店内に入る事にしました。



店内はトラック運転手で賑わっていましたので席のほうは撮影せず調理場の辺りを撮影しました。



こちらの席に座りまして…



他のトラック運転手が食べ終えて食堂を後にして席が空いたタイミングで席の様子を撮影致しました。



美味しそうなおかずの陳列ケースの中から…



ハンバーグと目玉焼きのおかずを選びました。



豊富なメニューの中から…



大好物のカツ丼と…



肉うどんを選びまして…



運ばれてくる間は店内のレトロな雰囲気を満喫しながらお茶を飲んで待つ事にしました。



温め直されたハンバーグが最初に運ばれて次に肉うどん、最後にカツ丼が運ばれて来ましたので…



全部揃った所で撮影した後、早速愉しむ事にしました。



まずは肉うどんから愉しむ事にしました。



やや太めの麺は喉ごしが良くて適度にコシがあって中々美味しかったです。



大衆食堂らしさが出ている具の蒲鉾は肉うどんの良い色取りになってました。



豚肉の肉の旨味を口の中いっぱいに感じながら…



ネギを絡めながら頂くうどんの味わいは格別でした。



あっという間に半分ほど食べ終えた所で…



一味唐辛子を振りかけまして少しスパイシーに味変しました。



肉と麺を絡めたり…



蒲鉾を挟んで食べ進めていきまして…



まずは肉うどんを完食致しました。



お茶を飲みながら少し箸休めした後…



カツ丼とハンバーグを愉しむ事にしました。



カツの味わいは衣が全然油っこくなくサッパリとした歯触りに肉の旨味が口の中いっぱいに広がる感じで美味しかったです。



目玉焼きは黄身がトロっと出て来て美味しく頂く事が出来ました。



ハンバーグは肉の旨味にデミグラスソースの味わいが上手く調和している感じで美味しく頂く事が出来ました。



日光橋食堂のカツ丼、今回初めて愉しみましたが、サッパリとした味わいの中で肉の旨味が口の中いっぱいに広がる旨さは癖になりそうな美味しさでした。



キャベツの千切りを牛の如く喰らいつつ…



割下のしっかりと染みたご飯の上にキュウリの浅漬けと白菜の漬物をのせて愉しんでみますといつもながらの安定の美味しさでした。



サラダで口直ししまして…



ここでまた少し箸休めしまして…



私の食レポ恒例のカツ丼断面撮影と…



半分ほど食べ進めた様子を撮影致しました。



箸休め終了後はハンバークを口の中で思う存分堪能したり…



カツ丼のカツで口の中が至福のひと時を迎えたりしました。



再びキャベツの千切りを牛の如く喰らいつつ…



割下のしっかりと染みたご飯を愉しみながら食べ進めまして…



ハンバーグとキャベツの千切りを完食致しました。



カツ丼完食前の最後の1切れのカツは名残惜しいですがよく味わいながら愉しみまして…



カツ丼を含む昼飯全てを完食致しました。



レジで会計を済ませて哀愁漂う店内を出まして…



レトロな日光橋食堂を後にしましてみんカラでよく登場します飛島の撮影スポットに向かいました。



その撮影スポットとは… 伊勢湾岸道の名港トリトンに架かる3つの橋の一番西側の橋であります名港西大橋の橋脚下にやって来ました。



愛車をこの場所で撮影したのは今回が初めてでしたのでまずは正面を向けて撮影しまして…



次に愛車を少し傾けた状態で撮影し、撮影後は伊勢湾岸道飛島インターから帰路に就きました。

※あとがき※
前回のブログで本日からの旅行計画を紹介させて頂きましたが、飛島の食堂での昼飯と坂祝での夕飯の時間が6時間も間が空いてましたので一旦帰宅しまして本日の整備手帳と昼飯の様子をブログに書く事にして先に公開致しました。

夕方からが岐阜食べ歩き旅行となりますので岐阜食べ歩き旅行の様子は少し先の公開となりますが、この後もう少ししましたら岐阜食べ歩き旅行に出発したいと思います。

飛島の食堂での食レポを選んだ理由は食レポついでに名港西大橋下で愛車の撮影もしたかったのが本日飛島に行ったきっかけとなりました。

今回も最後までブログを読んで頂きありがとうございました。
Posted at 2021/04/30 14:37:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | グルメ/料理
2021年04月29日 イイね!

GW2泊3日岐阜食べ歩き旅行計画とファミマの冷凍食品を夕飯として愉しむ

GW2泊3日岐阜食べ歩き旅行計画とファミマの冷凍食品を夕飯として愉しむ明日から10連休のGWが始まりますが、4月30日~5月2日の2泊3日で岐阜食べ歩き旅行をする事にしましたが、今回はどんな食堂に行くのか皆様に紹介致しまして、ブログ後半では本日の夕飯を愉しんだ様子をお送りしたいと思います。
※注意※ 
本日の夕飯は先ほど撮影しましたが、油圧計取り付けの写真は過去の整備手帳から引用し、紹介する食堂や宿泊先のホテルやRVパークの写真は全てネットからの引用となりますのでご了承ください。



4月30日(金) 岐阜食べ歩き旅行1日目
朝、9時に自宅近くのヤリミズ自動車に行きまして…



ピットインしましてエンジンオイル交換と…



油圧計のセンサー交換致します。



ヤリミズ自動車を後にしまして、伊勢湾岸道豊田南インターから湾岸弥富インターまで行きまして、国道23号線を名古屋市港区方面に戻る形で走行、梅之郷インター降りた側道沿いにある新規訪問の日光橋食堂にて昼飯を愉しもうと思います。



詳細は… こちら
午前11時~12時位に訪問しようと思ってます。



日光橋食堂を後にしまして飛島に来ましたついでに… 名港西大橋下の写真の場所にて愛車を撮影しようと思います。



飛島からそのまま岐阜に向かうか、一旦自宅に戻り東名と名神を使って岐阜に向かうか悩む所ですが、坂祝にあります五代目食堂にて夕飯を愉しもうと思ってます。



詳細は… こちら
午後5時に訪問しようと思ってます。



岐阜食べ歩き旅行の1泊目の宿は美濃太田駅前のシティホテル美濃加茂に宿泊します。
1泊素泊まりで5000円で予約しました。



5月1日(土) 岐阜食べ歩き旅行2日目
シティホテル美濃加茂を10時頃チェックアウトしまして八百津町にあります三勝屋にて昼飯を愉しもうと思ってます。



詳細は… こちら
11時の開店に合わせて訪問しようと思います。



三勝屋を後にしまして岐阜県関市上之保672番地にありますRVパーク 上之保温泉ほほえみの湯に13時にチェックイン予定で電源付きで1泊利用2160円で予約をしました。



上之保温泉ほほえみの湯は上の駐車場に温泉や食堂があり、下の駐車場の一部が赤丸の部分が5台分のRvパークになっております。



本日、昼に予約の為電話した所、駐車スペースは1番以外の2番から5番が空いていると言う事で赤丸の5番を指定して予約しましたがその理由とは…



5番が隣接しているトイレに一番近かったからです。



温泉があると言う事で温泉も今回は利用しようと考えてます。



利用料は大人600円で内湯だけでなく…





露天風呂も愉しめるみたいです。



翌朝の朝食は車内でホットサンドでも作ろうかと考えてますが夕飯は食堂で愉しむ予定です。



カツ丼定食や鶏ちゃん定食が気になってますが…



ゆず唐揚げ定食も大人気のようです。

と、言う事で明日から岐阜食べ歩き旅行となりますが、3カ所のレトロ食堂はいずれも初訪問ですし、今年初の車中泊は上之保温泉RVパークとなりこちらも非常に楽しみです。

RVパーク上之保温泉 ほほえみの湯の詳細はこちら

上之保温泉 ほほえみの湯公式HPはこちら



話は変わりまして… 仕事帰りに近所のファミマに立ち寄り、冷凍食品の炒飯とハンバーグとカニクリームコロッケを買って来ましたので夕飯として愉しんだ様子をお送りしようと思います。



いずれもレンジでチンで調理出来ますがまずはハンバークをレンジの中に入れまして…



3分にセットしてスタート。



2分半ほどで袋がパンパンに膨れましたが蒸気穴が付いてるので膨れたまま3分加熱しました。



お次はカニクリームコロッケを…



袋から取り出しトレーのまま…



1分10秒加熱しました。



出来上がったハンバーグとカニクリームコロッケを皿に盛り付けまして…



最後にチャーハンをレンジでチンする事にしました。



中華皿に袋を開封しまして炒飯を投入し…



レンジの中へ…



3分加熱しますと出来上がりです。



本日の夕飯を部屋に持って来ました。



鉄板焼きハンバーグの味わいは…



肉厚でふっくらとしていてボリューム満点でしたが肉の旨味と溢れる肉汁、デミグラスソースの味わいが絶品でセブンイレブンの金の直火焼ハンバーグに対抗していると思われる商品なので本当に美味しかったです。



レンジでチンしただけなのに揚げたてのような雰囲気の大きいカニクリームコロッケの味わいは…



中のクリームソースの滑らかな舌触りにカニの身が入った緻密な味わいだったので口の中を旨味が思う存分愉しむ事が出来ましたので美味しく頂く事が出来ました。



焼き豚炒飯の味わいはご飯のパラパラ具合が丁度よく、焦がしにんにくの風味と焼き豚の旨味があり、何度でも食べたくなってしまう美味しい炒飯でした。



炒飯を半分ほど食べ終えた所でいつもの癖で断面を撮影しまして…



食べ進めた様子も撮影致しました。



再び絶品ハンバーグで口の中が至福のひと時を迎えつつ食べ進めていきまして…



無我夢中で夕飯を愉しんでましたらあっという間に完食致しました。

※あとがき※
今回は12月の食レポブログを公開しようと思いましたが急遽予定変更しました明日からの食べ歩きの予定と本日の夕飯を愉しんだ様子をお送りしました。

みん友の皆様へ… 明日から旅行中のレトロ食堂の訪問時間をブログに載せましたので、独り旅ですが、私のブログに興味を持って頂き、行ってみたい食堂がありましたらGWと言う事もありますので、お逢い出来たらと思ってますので合わせて詳細で食べログのリンク先も紹介致しました。

私の旅先での食レポの様子を見てみたいと思って皆様、私に逢ってみたいと思った皆様がもしいらっしゃいましたら、お逢いしてプチオフ会になったらいいなと思ってますし、お逢いしますとメッセージでお知らせ下さればと思います。

レトロ食堂だけでなく、RVパークにも5月1日の午後から滞在しておりますので遊びに来て下さると嬉しいですが、逢ってみたいと思う方はメッセージでお知らせ下さればと思います。

今回も最後までブログを読んで頂きありがとうございました。

Posted at 2021/04/29 21:14:09 | コメント(2) | トラックバック(0) | グルメ/料理

プロフィール

「岐阜・関の上之保温泉にて露天風呂と味噌カツを愉しむ http://cvw.jp/b/2883900/45084065/
何シテル?   05/05 20:48
アライグマのアライです。 旅行、食べ歩き、ドライブ、そしてクルマいじりが好きです。 色々な所に訪問し足跡付けまくってます。 みん友さん、訪問者の皆...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/5 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

愛車一覧

スズキ エブリイワゴン 七代目いぶし銀の相棒号 (スズキ エブリイワゴン)
2016年2月から3年半の時を経て再びエブリイワゴンが愛車として蘇りました。 2019 ...
スズキ カプチーノ 初代カップんちょ号 (スズキ カプチーノ)
セドリックワゴンの前の愛車で、私が18歳で免許を取得して初めて買った愛車でした。 この ...
日産 セドリックワゴン 二代目薬中号 (日産 セドリックワゴン)
シーマの前の愛車です。 薬中と言う変なニックネームですが、ヘッドライト(人間で言う目) ...
日産 シーマ 三代目パールシーマ号 (日産 シーマ)
ワゴンRの前の愛車です。 いじった部分は深リムのwork ユーロラインDH 19インチ ...

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.