• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

たぽのブログ一覧

2020年05月23日 イイね!

カーボンボンネットの補修③

カーボンボンネットの補修③

今週は塗装。こんな大面積、綺麗に塗れるか一抹の不安があるが、今更後戻りはできないので前進あるのみ!(笑





クリア塗料も前回の残りを使うつもりだけど、念のためもう1缶注文しといて、今日改めて古い方の缶を見てみたら、妙なことになっとった。







なんじゃこりゃ?缶の下側から漏れて固まっとる。





気を取り直して塗装に着手。今回はガスマスクにちゃんとフィルターを装着。(途中で試しにマスクを外してみたら、シンナー臭がもの凄くて驚いた。吸収缶スゲーな。)







で、何度も重ね塗りして、古い方の缶の残りを全部使い切ってとりあえず完了。それなりにツヤツヤになった。







そして装着完了。ボンネットヒンジのボルトが2種類(普通のヤツと根元がテーパーになってるヤツ)あったんだけど、最初に取り外すとき片方に偏ってて何でだろうって思ってたんだけど、1本ずつ付けてみたら、フェンダーとのクリアランスが左右で違っちゃった。ていうか助手席側はフェンダーに干渉するぐらい。





うーむ、だから最初に2号機に移植したときもテーパーボルトを片方に寄せたのか…。とりあえずヒンジのボルトである程度ずらして、フェンダー側もちょっとずらして、フェンダーとの隙間を調整。







さて肝心の、欠けてた部分はこんな感じ。近くで見ると、うーん…って感じだけど、遠目にはそんなに違和感はないはず。







しかし上の画像、よく見るとヒビの入ってた部分がまだザラついてる感じ。他にも気泡が出ちゃったところとか…。







まあ、あら探しをしたらキリがないけど、初の大物塗装にしては上出来ということにしておこう。


Posted at 2020/05/31 00:14:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車いじり | クルマ
2020年05月17日 イイね!

カーボンボンネットの補修②


で、連休最終日、今日はFRP細工だ。と思ったら、半分以上残ってたはずのFRP樹脂が、缶の中でカチコチに硬化してた。orz





缶を揺すって残量を確認したときに、液体っぽく感じたんだけどなあ…。





しょうがないのでネットでポチって、コロナ対策で1週間在宅勤務して、その後の週末、改めてFRP細工だ。





改めて裏側を再確認。







割れてるところに合わせて手持ちのグラスウールを適当にカットして、硬化剤を混ぜた樹脂を刷毛で塗り、グラスウールをかぶせてさらに樹脂を浸透させる。





欠けてるところは、養生テープを切り貼りして型を作り、樹脂を染みこませながらグラスウールを数枚重ねてそれっぽい形になるようにした。





表のカーボンと裏骨の剥がれてるところも、間に樹脂を流し込んでクランプではさんで固定して接着。







しかし、ちょっと様子が変だ。なかなか固まらない。樹脂だけじゃなく硬化剤もダメになっていたのか??試しに残った樹脂に硬化剤をたっぷり混ぜてみても、イマイチ反応が進まない。





しょうがないので、日なたに干してみたりドライヤーで暖めたり…。





すると、一応固まってきてはいるようだが、表面はベタベタしたままだ。





一方、さっき硬化剤をぶっ込んだ樹脂は、気がついたらうっすら煙を上げながらカチコチに固まっていた。うむ、一応硬化はするのか…。





試しに粗めのペーパーで表面を削ってみたら、中は意外と固まっていた。







では、表側はどんな感じか?





手を加える前の画像は取り忘れたが、養生テープを剥がすと、結構はみ出てはいるけど意外とそれっぽい形にはなっていた。





はみ出た部分をエアサンダーで削ってやったらこんな感じ。全体的には形になってるが、やはり気泡が残ってて、サンダーで削ったら穴が空いてしまった。







しょうがないので、樹脂をちょっとだけ追加で作って、ちょっとずつ流し込んでみたら、なんかいい感じに飴色になった。







しかしやっぱり硬化が遅いので、ここに直接硬化剤を滴下(笑)してやったら、一応固まった。





で、最後にサンダーで形を整えて、FRP工作も完了!


Posted at 2020/05/30 20:41:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車いじり | クルマ
2020年05月08日 イイね!

カーボンボンネットの補修①

カーボンボンネットの補修①

2号機のボンネットは、1号機から移植したカーボンボンネットなんだけど、1号機で最後に刺さったときに痛めていて、ふちがえぐれてたり表面の塗装がヒビヒビになってたり裏の枠組みが割れてたりする。





しかし、FRP工作や塗装も経験したので、DIYで補修してみよう!





と言うわけで、まずは現状把握。





(上の画像は既にクリアをはがし始めた作業中の画像だけど)表側は、縁が欠けちゃってるのと、表面に細かいクラックがいっぱい。他にも何カ所か、飛び石か何かでクモの巣状のヒビがある。





そして裏側。結構いっぱい割れてる。そして表側のカーボンとの接着面が剥がれてる。下の画像だと分かりにくいけど、ボンネットを閉じたときに支えるゴムが当たるところが陥没してる。(そのせいで閉じたときのボンネットのチリが合わせきれない。)







どちらかというと、割れた裏側や欠けたところをFRPで補修するのがメインのつもりなんだけど、そのために欠けたところの周辺のクリア塗装を試しにはがし始めてみたら、なんかこのクリア、ペーパー掛けると白っぽくなっちゃって、水を掛けても白っぽさが消えない。





それってつまり、この上からクリア吹いてもやっぱり白っぽくなっちゃうってことか…。





欠けてるとこ以外は、#600のペーパーで足付けする程度で、古いクリアを残したままクリアを重ね塗りしようかと思ってたんだけどなあ…。





と言うわけで、全面的に既存のクリア塗装を剥がすことにしたんだが、これがまあしんどいこと…。初めて使うエアサンダーでペーパー掛けしたんだが、ベースの樹脂まで削るわけにはいかないから、#180で探り探り削っていたら、外出自粛のゴールデンウィークの後半が終わってしまった。orz







そういえばこのボンネット、購入当初のクリアは2年で白っぽくなっちゃったので、一度再塗装してもらったんだった。その時に、ちょっとでも白くなりにくいようにと、少し黒を混ぜてコッテリ厚塗りしてもらったんだが、このしんどさはそのせいだろうか。





で、#180で一通り削った後、#320→#600で表面をならして、クリア剥がしは一応完了。





ちなみにエアサンダーは、覚悟はしていたがコンプレッサーの容量不足(圧縮スピード不足?)で、サンダー動かすとすぐにコンプレッサーが回り出してうるさいし、しばらく連続稼働させるとパワーダウンしてしまったり…。





ていうか、結構作業前半の段階で、突然「パンッ!」て破裂音がしたかと思ったら、「シューーー」と空気が漏れる音がしだして途方に暮れたりとか…。





最初は連続稼働のさせすぎでサーモプロテクターが落ちたのかとも思ったけど、どうも様子が違う。もしかして壊れちゃったのかと不安になりつつ、ダメ元でカバーを外してみたら、なんか細いホースが外れてるようだ。







モーターが回ってる最中は特に漏れてなさそうだが、モーターが止まるとホースがつながっていたであろう場所から空気が漏れてくる。圧力センサーか何かかな?







試しにホースを差し込んで、強めに押し込んでみたら、引っ張ってもなかなか抜けなくなった。





こんなんで大丈夫なのか!?と半信半疑でコンプレッサーを回してみると、意外にもあっさり復活した模様。カバーも戻して修理完了!





なんてアクシデントもあったとさ。




Posted at 2020/05/30 20:32:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車いじり | クルマ
2020年05月03日 イイね!

カレンのガラス補修


今年のゴールデンウィークは新型コロナのせいであんまり出歩けないので、たまってた録画やAbemaを見まくってたけど、ちょっとは車も弄ろうかということで。





2号機のフロントガラスは結構傷だらけだ。まるで、鈴鹿のグラベルに何度も捕まった1号機のように(笑)、飛び石なのか何なのか、細かい傷や点々がいっぱいだ。





そんな傷のうちの一つから、いつのころからかヒビが入って、だんだんそのヒビが成長してきてる気がする。







と言うわけで、市販のガラスリペアキット(Holtsのやつ)を使ってみた。





こんなプレートを吸盤でくっつけて、(画像を取り忘れたけど)真ん中にシリンダーを取り付けて、UVレジンを流し込むんだけど、ピストンの押し込み加減が分からなくて、結局UVレジンがあふれて垂れちゃった。







しかも、のんびりしてたら日が暮れてきてしまって、紫外線が足りず硬化しきらんかった。被せてたフィルムが風で飛んでったからかな。





結局、次の日になっても固まってなかったので、UVレジンを追加で1滴たらしてフィルムを貼って日なたに置いてみた。しかし、一応固まったようなのでフィルムをはがしてみたら、UVレジンもきれいさっぱり剥がれてきちゃった。orz





広がってたヒビには一応樹脂が浸透してて、よく見れば分かるんだけど前よりはましになっているっぽい。が、中心部の穴はきれいさっぱり樹脂が抜けちゃってる。





しょうがないので、もう一度1滴たらしてフィルムを貼ってリトライ!







どうなることかと思ったけど、フィルムをはがしてみたら、今度はそれなりに埋まったようだ。





はみ出た樹脂をカミソリで削り取って、拭き上げたらこんな感じ。よーく見ると気泡やヒビが残ってるけど、まあとりあえず、これ以上ヒビが広がるのは食い止められるんじゃないかな。





Posted at 2020/05/30 20:25:09 | コメント(1) | トラックバック(0) | 車いじり | クルマ
2020年03月16日 イイね!

BRZの車検

BRZの車検

毎年の恒例行事のユーザー車検。今年は3号機の年だ。





毎年検査レーンで何か細かいミスをしてあたふたするので、今年こそはすんなりクリアしてやるぞ、と思ってたのに、まさかの光軸で不合格。orz





例年通り隣のテスター屋で光軸とサイドスリップは調整済みだったのに、なぜか光軸でNGを食らってしまった。





テスター屋に「さっき調整してもらったのに不合格だったよー」と文句言ったら、追加料金無しで調整し直してもらえたが、検査レーンの行列に並び直して、「再検査(だったかな?)」のボタン操作をして、ドキドキしながら再検査して、という無駄な時間と余計な労力を使うことになってしまった。





しかも、計測器上の停止位置を乗り越えてしまって、バックで戻ろうとしたらタイヤが滑って乗り越えそこなって、バランスを崩して危うく横にはみ出しそうになるし…。





何はともあれ、7年目の車検も無事に通過。





もう7年か…。走行距離は104,373km。早いものだ…。





そういえば、車検前の整備の段階で、 ガレージの床にガレージの床にオイルが垂れてた。ALTでコースアウトしたときに下回りでもヒットしたかな、とちょっと焦ったけど、たぶん前回オイル交換したときにドレンボルトの銅ワッシャーを再利用したせいなので、次回はちゃんと交換しよう。





そして車検完了後、せっかくの年休なのでららぽーとでショッピングということでブラブラして、VRでもやって遊ぼうかと思ったら、昨今のコロナ騒ぎでVRは休止中だとさ。やれやれ。(´・ω・`)




Posted at 2020/04/06 23:44:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車いじり | クルマ

プロフィール

「@むらちゃみ 4tは微妙かもです。ST206のハブベアリング相手に3.5tは、ギリギリでした。表記通りのパワーが出てるのかは不明ですが。
https://www.tapoblog.0t0.jp/?p=3895
何シテル?   05/09 10:28
カレン(ST206/3S-GE VVT-i)で夫婦でサーキット走行してます. 本家はこちら http://www.tapoblog.0t0.jp/ ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/6 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

ニュルブルクリンクへの挑戦 2015 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/08/31 12:10:06
 
たぽブログ本家 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2006/09/15 00:53:49
 

愛車一覧

スバル BRZ 3号機 (スバル BRZ)
1号機から2号機へのエンジン載せ換え中の足として購入(嘘 エアコン万歳!
トヨタ カレン たぽカレン2号機 (トヨタ カレン)
1号機復活のための部品取り車として、車検切れ間際のこの車を、知人から格安で購入。 しかし ...
トヨタ カレン たぽカレンVVT-i (トヨタ カレン)
カレンってパーツ少なくて苦労しますなぁ(笑). 3S-FEから3S-GE VVT-i(通 ...
トヨタ スプリンターマリノ トヨタ スプリンターマリノ
親の車を譲り受けたけど,東海豪雨で水没したかわいそうな車.
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.