• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

たぽのブログ一覧

2019年04月03日 イイね!

腕時計の電池交換

腕時計の電池交換

ちょっと前に、普段使ってる腕時計の電池が切れて止まってしまった。





それなりに保証書とかついてる時計なので、ちゃんとメーカーに送ろうかとも思ったんだけど、ガチの防水を求めてるわけでもないし、たかが電池交換に数千円も払うのは馬鹿らしいな、と思って、DIYにチャレンジしてみた。





既に次の腕時計を入手してるので、こいつに関しては多少無茶しても、まあいいか、という状況も一因ではあるが。





と言うわけで、手持ちの精密ドライバーで裏蓋を開けてみた。





あれ!?思ってたの(ネットで予習したやつ)となんか違う!?







軽くググった範囲では、ボタン電池を留める金具はツメがひっかけてあるだけだと思ってたんだけど、めちゃ小っさいネジで止めてある。





手持ちのマイナスドライバーの最小は1.4mm。画像の右下にチラッと写ってるけど、全然入らない。orz





諦めて時計屋さんに持っていこうかとも迷ったけど、精密ドライバーetc.のセット(マイナスは1.2mmと0.9mm)をゲットして再チャレンジ!





が、しかし、0.9mmでも入らない(汗





ここまで来たらもう意地だ。0.6mmの精密ドライバーを追加でゲットして、再々チャレンジ!





結果、外れた!







で、電池を入れ替えて、再びネジを締めるのだけど、このネジ、超ちっさい!







このちっさいネジで電池の金具を留めるのだけど、まずネジをピンセットでつまんで金具の穴に入れる段階で指先がプルプル…w





そして、金具がバネになってるので、ピンセットを離すときの力加減をミスると、びよーーーんと極小のネジが飛んでいく!Σ( ̄□ ̄;





フローリングの床に落ちて「コロコロコロ・・・」という音を頼りに落ちたネジを見つけたり、びよーーんと飛んだネジが机の上の何かに当たって跳ね返り、他のネジを入れてた皿に着地したり、ってなことを3, 4回繰り返して、何とか電池のネジ止め完了。





あのネジをクリアしてしまったら、残りのネジはずいぶん大きく感じる(笑)。裏蓋のネジを締めて、ベルトのネジを締めて、あとは時刻や日付を合わせて、クロノグラフなどの針のゼロ合わせをして、無事にDIY電池交換完了!





ちょっと今回は、あの極小ネジで心が折れそうになった。時計屋さんの電池交換代(数千円)は妥当だと思ったよ。





しかし、メーカー送りは逆にクオリティーが低いこともあるという話を見つけてしまった。





やはりDIYだな!





しかし、いちいち「自己責任で!」とか言わなくてもいい世の中になってほしいものだ。


Posted at 2019/04/05 00:54:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2019年03月20日 イイね!

鈴鹿でドッキリ

鈴鹿でドッキリ



アンダーパネルやバンパーと255タイヤの具合を確かめるため、久しぶりに鈴鹿のフルコースを走ってきた。





しかし、今週末86 BRZレースがあるらしく「混雑が予想されます」って注意書きに前日に気が付き、珍しく予約してみた。





そして当日、10:30枠狙いで9:30ぐらいにパドックに着くと、なるほど大混雑(汗)。受付近くのピットはどうせ空いてないだろうと思って、最終コーナー側のほうに空きを探しながら進んでいくと、空きがない





少し1コーナー側に戻って、走行中なのか荷物がいくつか残ってるピットに無理やり停めて、受付に向かって歩いていくと、予想に反して3, 4番ピットがガラ空きだったので、こっちに移動してピット確保。







そういえば、伊勢湾岸道から東名阪に入るところが、新名神の開通で大幅に変わってて、間違えそうになった。看板の表示が、名神・新名神・東名阪とか似て非なる道だらけだし、行先もなんかどっち行っても京都・大阪だったり、確かにその通りなんだが、パッと見では訳が分からんって。(゚Д゚)





さて、長々と走行前の話を書いてしまったが、走行のほうは、台数が多い割には意外と走りやすくて楽しかった。





86レース車とは速度域が近いので参考になるし、譲ったり譲られたりが結構スムーズで、あまり邪魔にならない。コースイン直後はさすがにちょっとカオスだけど、1, 2周のうちにだいたいいい感じの距離でバラける。





しかし、同じ86レース車でも、プロとアマの差がはっきり分かった。挙動が不安定な車と無駄なくスムーズな車が丸分かり。





ていうか、プロだと思うけど、ふと気が付いたらバックミラーにビタビタに張り付かれてるのが映って焦った。俺も「車間距離近すぎ」とか突っ込まれるけど、彼らの距離感は尋常じゃねー(汗





で、ジワジワ追いついてきた86を前に行かせて追いかけていたら、ちょっとドッキリしたりとか。







ちなみに、車載動画を撮ってるGoProモドキは、マイク穴をふさいでも音割れまくりだったので、今回は、付属の防水ケースに入れてみた。が、やっぱり音割れた。だいぶマシにはなったと思うけど。





そんな感じで、基本的には30分ノンストップ(時々クールダウンは入れたけど)で2枠走り倒したけど、この日のベストは2分36秒で、自己ベスト更新はならず。暑かったからだと言い訳しておこう。





アンダーパネルとカナードと255タイヤで、フロントのグリップはちゃんとあるんだけど、1発のタイムが出なかった。クールダウンとかでレコードラインを外すと、86レース車のタイヤカスを拾っちゃうのか、しばらくグリップ感がなかったり、そもそもZ3が連続周回でタレちゃうのか、30分枠の後半はフロントが逃げがち。





しかしこの日のベストは最終ラップに出たという…。





そして関係ないけど、帰りのコンビニで買ったガリガリ君で当たりが出た!(笑





Posted at 2019/03/23 00:06:51 | コメント(3) | トラックバック(0) | 鈴鹿サーキット | クルマ
2019年03月10日 イイね!

リコールその後


スバルの営業から保険の更新の電話があって、ついでにバルブスプリングのリコール対応の相談。





ヘッドカバーのオイル漏れは、液体ガスケットを塗り直すので自動的に修復されるはず。FA20系の初期ロットはオイル漏れが結構あったらしく、一応対策済み(手順の改善?)だそうな。





問題の、ミッション固定ボルトの斜め差しは、個別対応でなんとかしてもらえそう。良かった良かった。





ちなみに、個別対応が必要なければ、この辺のエリアだと半田あたりの航空機工場跡地にリコール対応専用ラインを作っていて、大体1週間ぐらいの預かりだそうな。





一方うちの子は、実際見てみんと分からんってことで、1ヶ月弱の日程が宣告された。しかも6月。随分先だなぁ。(´・ω・`)





一応代車を用意してくれるってことで、今回の代車は何かいな?と聞いてみたら、「カローラ」という予想外の答えが返ってきた。orz





さすがにWRXはそう簡単に出てこんか(笑


Posted at 2019/03/12 19:25:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 3号機BRZ | クルマ
2019年03月09日 イイね!

スパイシー走行会でタテ号迎撃

スパイシー走行会でタテ号迎撃



ニューマシンをゲットしたタテさんに誘われて、毎度おなじみara_Rさんとともに、スパイシー走行会に参加してきた。





この日に合わせて、と言うわけではないけど、初の大物FRP工作は、カナードもなんとか装着して完成だ!(FRP工作のおかげで随分久しぶりのサーキットだと思ったら、前回走ったのは半年前のスパイシーだった。)





しかし朝イチに、ピカピカのニュータテ号の隣に停めると、手作り感あふれるカレンが少々こっぱずかしい(*´Д`*)。しばらくして変態DIYマシーンara_R号がやってきて、見慣れた風景になって落ち着いた(爆







今日は255タイヤもデビュー戦。フロント周りのエアロとともに、効果はどんなもんかいな?と期待しながらほぼ全ラップ全開で走り回ったけど、46.3秒で2月のベスト(46.2)は更新できなかった。(´・ω・`) 逆回りはベスト更新したんだけどな。





ニュータイヤのおかげか空力のおかげか、アンダーな感じはほぼなくて、デフでぐいぐい曲げてく感じ。





タイヤの外径が一回り大きくなってるけど、あんまり走り込んでないサーキットだからか、特に違和感はなし。むしろ2ヘア(っていうのかな?フェニックスの1個手前)への進入は、ちょっとリミッターに当たる程度で3速に上げる必要はなくなったので、相性は良さそう。





しかし、バックストレートエンドは相変わらずどこまで攻めれるのか分からん。うっかりインの縁石を踏みすぎて下回り(ホイール?)をガツンとヒットしたり、ヒール&トゥを失敗してブレーキ踏み外して慌てたり。





とは言え、コースアウトするようなこともなく、スピンもなく周回数を重ねてたけど、午後イチの逆走枠でちょいとトラブル。







バックストレートエンドのコーナー(上の画像の奥のコーナー)を立ち上がったら、突然アクセルの反応がなくなった(汗)。アクセルワイヤーでも切れたかなと思ったけど、ハザードも何にもつかなくなってたので、電気系と推測。





電気系と言えば、バッテリーにキルスイッチを付けたんだけど、端子の向きがしっくりこなくて、ちょっと無理のある角度になってたので、振動で緩んだのだろう。





一瞬エンジンが回ることもあったけど、この微妙な上り坂が惰性では登れなくて、慌ててコース外に車を出そうとしたけど間に合わず、上の画像のような中途半端な場所でストップして、赤旗を出してしまった。orz





走行車がいなくなったところでボンネットを開けてみると、予想通りバッテリーの端子が外れてたので、とりあえず接続してエンジン掛けてピットイン。





同じ走行枠の皆さん、ご迷惑をおかけしました。m(_ _)m







そのほか、ぴかさんに指摘されるまで気づかなかったけど、左リアだけやけにトーインになっていたので、テキトーに修正したり(車検の時にタイヤを引っ込めたあと、戻し損なったんだろうな。アームのトー調整ネジをぐるっと1回転させてやった)。





それだけアライメントがずれてたら体感しそうなもんだけど、修正後も結局変化を感じることはなかった(爆





一方、ara_R号は何やら盛大にお漏らし。大丈夫か?







ってなところで、その他の気になる車両をご紹介。今回はRX-8が大量にいたけど、やはり我らにとってはST系!ST205が2台いた。ノーマル足っぽいけどなかなかイイ走りっぷりだった。








そして謎のミゼットⅡ、絶対的な速さはないけどコーナーでは他の車を追い回してた。C&Yのステッカーが貼ってあったので、そういうネタなんでしょう(爆







そして走行後は、我が家にご招待してプチ宴会。お疲れさんでした~。





Posted at 2019/03/12 18:25:33 | コメント(2) | トラックバック(0) | サーキット | クルマ
2019年03月02日 イイね!

塗装!

ようやくここまでたどり着いた。今日はついに塗装だ。まずは塗装ブースの確保。





と言っても、ガレージ奥(換気扇の近く)にブルーシートを掛けて養生しただけ(笑







そして、塗装は初心者なので缶スプレーでいいやと思って、Soft 99の缶をひと通り(プラサフ、カラー、クリア)通販でポチったんだが、なんとカレンのパール(カラーコード049)は既に廃盤だと!?





開き直ってスプレーガンと量り売りの塗料を調達してやった(爆







念のためフィルターレギュレーターも一緒にポチったら、今度はそいつが廃盤で、代わりのやつを注文したら、そいつは圧力ゲージが別売りで、さらに追加で注文して、とまあ、ずいぶん手こずってひと通り調達。





そんなこんなで、防毒マスクも装着して、フル装備でいざ塗装開始!







・・・さて、ここで問題です。上の画像には間違いが含まれています。なんでしょうか?









経験者の人は、もうお分かりですね。





そう。この防毒マスク、肝心の吸収缶が付いてない。缶別売りのやつだった!どーりで臭いわけだ(爆







そんな致命的なミスに途中で気付いて、しょーがないから普通のマスクを付けて塗装続行したけど、そんなに頭痛くはならなかった。FRPをドライヤーで加熱して硬化させてる時のが頭痛かったな。







で、まあ何とかプラサフを塗り終わったが、穴だらけのFRPはやはり穴だらけのままだな。(´・ω・`)





昼メシ食いながらしばらく放置して、プラサフが固まったのを確認して、一応#600の耐水ペーパーで水研ぎしてみた。





なんか研磨跡のスジだらけだが、こんなんでいいのかな?(汗





ところで、カレンのパールはいわゆる3コートパール。プラサフの上にベースのカラーを塗って、パールのキラキラ層を塗って、さらにクリアを塗って仕上げる。





めんどくせーな(汗







しかし何というか、YouTubeでスプレーガンの塗装の仕方をお勉強したけど、動画のように少しずつずらしながら一定の角度・スピードで塗るって、難しいな。





そしてガンに入れる塗料がどれくらい必要なのか、どれくらい重ねればいいのか、なかなか分からん。





分からなくても前進あるのみ!次はパールだ!!





が、缶のふたを開けてちょっとビックリ。モヤモヤした液体だ。







ここまで、プラサフ約160g、ベース約120gと塗ってきたので、パールも120gぐらい用意したんだけど、どうもパールは他の液体より軽いらしく、500gあるはずの缶の3分の1ぐらいガンに投入してしまった。





ちょっと失敗したかなと不安になったけど、いざ塗ってみたら、直後はあんまりパールっぽさを感じなかったが、ちょっと時間がたって塗料が落ち着いたのか、いつの間にかパールになっててテンション上がった!(゚∀゚)





で、最後にクリアを吹く。







ある部分はツヤツヤに塗れたけど、またある部分はゆず肌と言うのだろうか、ちょっとブツブツした感じになってしまった。





しかしまあ、初めての塗装にしてはまあまあかな。塗装は。





FRP自体がデコボコ穴だらけなので、近くで見てはいけない(爆





遠くで見れば、ほら上出来!!(`・ω・´)シャキーン







ちなみに、このカバーがないと下のような状態。たったこれだけの変化に何カ月かけたことか…。この違い、プライスレス!(笑




ところで、白ツナギは今回LLサイズにしたんだが、やっぱりきつくてフードをかぶらずに塗装していたら、白髪になってた!





Posted at 2019/03/03 13:53:43 | コメント(1) | トラックバック(0) | 車いじり | クルマ

プロフィール

「@水冷IC パワステと言えば、ara_R製作所の電動パワステ化に期待してるんですが(笑)」
何シテル?   08/20 23:55
カレン(ST206/3S-GE VVT-i)で夫婦でサーキット走行してます. 本家はこちら http://www.tapoblog.0t0.jp/ ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/4 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

ニュルブルクリンクへの挑戦 2015 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/08/31 12:10:06
 
たぽブログ本家 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2006/09/15 00:53:49
 

愛車一覧

スバル BRZ 3号機 (スバル BRZ)
1号機から2号機へのエンジン載せ換え中の足として購入(嘘 エアコン万歳!
トヨタ カレン たぽカレン2号機 (トヨタ カレン)
1号機復活のための部品取り車として、車検切れ間際のこの車を、知人から格安で購入。 しかし ...
トヨタ カレン たぽカレンVVT-i (トヨタ カレン)
カレンってパーツ少なくて苦労しますなぁ(笑). 3S-FEから3S-GE VVT-i(通 ...
トヨタ スプリンターマリノ トヨタ スプリンターマリノ
親の車を譲り受けたけど,東海豪雨で水没したかわいそうな車.
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.