車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月18日 イイね!
エキマニ作成(完成)トゥデイJW1用ステンレスエギゾーストマニホールド
ハイカムとの相性は良くとてもよい
試作で様子を見た結果のフレキ2個という策略

うちにはリフトは無いので真下からのきれいな写真が取得できないのでこれが限界
秋の車検はこれでいこう
走行しながら様子見
Posted at 2017/02/18 18:19:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月01日 イイね!
エキマニ作成(GO)エキマニ作成のためトゥデイを預けてきました
これを作ってすごいでーとかいうつもりはまったくなく
ジャバラが割れたら車検も通らなくなるし
純正に戻したらパワーが失われたしでプラグも変だしで
長く乗るにあたって必要となってくる消耗部品の作成をお願いしていることなのです

焼き増しした無限製の写真は大変参考になるとのことでよかったです
まあそこ以外パイプ通るところないんですけどという話でしたが
やっぱここ割れるんだなーとか

長距離走る前に1番と2番のプラグを相互交換しておきましたが
直後はミスファイヤが起こり
たぶんくすぶっていた2番が1番に移ってきたことにより焼けているんじゃないかなと考えました
正月周辺の整備で調子はすごくよくなりました
やはりJW1らしくこの季節の冷間はアレですけどねポイントのときに比べたら全然ですけど


JW1トゥデイのエキマニ作成にあたっては
前のエキマニを失った直後である2013年の秋口に作業計画が載っているかと思います
そのときにコンタクトをとっていた工場はメールが返ってこなくなって自然消滅しただけであって
私がケツを割ったわけではありませんですので。
こういうややこしい金にもならんような仕事とわかっているのですから
時間的にできないなら言っていただければあきらめもつきますのに。

私はやるよーといってコンタクトとった作業計画について
自分から反故にすることはありませんのであしからず・・・
Posted at 2017/02/01 17:20:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月23日 イイね!
26インチ リム交換神奈川在住では3代目となるママチャリ、ドンキで買った3号は
こんななりですが今までのママチャリの中では一番長持ちしています。

私のメンテ技術が向上した&自転車部品の入手手段の出現があるのですが
思えば中国製の安物でもずいぶん長持ちしているほうですね
フリーボスのトラブルで走行不能になった(当時は原因がわからず…)27インチの
どこで買ったかわかんないよ2号の代替として
明日の会社にいけないよと深夜にドンキに行って適当に買った望まれない26インチ車です
たぶん8年目です
ママチャリは耐用年数3年よくて5年と設定されているため
防犯登録番号が消滅するという噂をきいたことがあります
だからこいつはこの世に無いはずのチャリなのかもしれない
それはさておき



最近の点検でもアルミリムが恐ろしく薄くなっているということには気付いていたんですが
前輪ホイールリム摩滅によるリム割れが気温もあってか正月早々発生しました
でもブレーキ酷使している割には持ったほうだと思います
世の中のやすもんママチャリは精度不良で早々のリム割れは結構あるらしいですから
リム割れは前輪ロックで大けがすることもあるので大事無くてよかったです


こんな感じでショルダーが割れます
もっと脱落するとタイヤチューブが出てきて引っかかって転倒します
危険
完組のリムは高価ですし
やってみたかったこともあってリムだけ購入して交換することにしました
2700円ぐらいでした
しかしシティ車のリムだけなんて自転車屋でもなかなか頼まないような物品なので到着まで2週間ほども待つことに
その間会社には徒歩で
そのためちょっと足を痛める


ステンレスリムを選択しました
ふつうのチャリはアルミリムが多いです
空気穴を基準にタイラップでリムを隣にくっつけて一個ずつニップルを緩めて同じ位置に移植していきます
ちなみにアルミリムはスタッドボルトで円を作っていますが
ステンレスリムは溶接で円を作っていました
ほかの車輪は知りませんが。


移植し終わったらホイールバランスをとります
ニップルゆるめだと簡単に取れるのですが
きつくすると途端に難しくなります
きつめではどうやって詰めていっているんだろうか

どんな塩梅がいいのかは経験が必要ですね
ここでは完璧にはバランスがとれていないなというイメージでしたが、


タイヤを組みます


戻します
単体でバランスを見ていたときはいまいちと思ったのですが
実際に組んだら前のホイールよりブレがない状態で組めていました
最初からしょぼかったのかまあ経年でずれてきたんでしょうねえ
ロードバイクのホイールは到底無理でしょうけど
シティ車のリム組程度ならこういう自前作業でも問題ないなと思いました
増し締めしておこう

もうフレーム以外交換していないパーツはほとんどない状態なのですが
シティ車のフレーム単体が入手難しくて・・・そろそろフレーム交換したいんですけどね
シマノのフリーボス七速TZはそのまま廃盤になるんだろうか?
Posted at 2017/01/23 00:50:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月15日 イイね!
RetrospectBackup LTOテープオペ結婚するのが忙しかったのでテープオペはその前の2014年春あたりからご無沙汰でした
ログを見ると2009年あたりにLTO3を導入しているようなのですが
そんなことをしているうちに今はLTO7まで出てきています

久しぶりにテープオペを開始したところ理解できないトラブルが多く発生しまして
色々やっていました
ひらたく言いますとドライブよりもテープメディアに問題が発生していました


うちのDELLPowerValut114 とHP LTO3です

テープを扱うソフトはいろいろありますが
多くの人は業務で扱うためBackupexecかARCServeだとおもいます
しかしこんなもん個人で使うには高価すぎます
個人でおすすめなのはRetroSpectです
うちはRetrospectです
最初Retroのバージョンが古いためかと思ったのですが
7.6を11.5にしたところで挙動は変わりませんでしたのでまだドライブをアップグレードしない限りバージョンアップの必要性はないのかも

取り急ぎ乱雑にここにログを残すのは
みんからだとウェブから来られるというのと自分の覚書です
最近切に思うのはやっぱりテキスト中心のプレーンな個人技術ウェブサイトは有用です
諸君時代はいまプレーンなウェブサイトと技術情報を欲しているのだ
私は巣に帰る

●目からうろこの事実
LTOは誤り補正能力が強力でちょっとやそっとのリードエラーライトエラーは
次のトラックへとかしながらすごい速度でRWしています
なのでテープメディアを使い込んだり寿命が来たりすると使えないトラックが増えます
それはわかります
しかしながらその量がDSSなどの比ではないことがわかりました。

LTO3においてその書き込み可能容量は非圧縮で400GBです
たしかに昔は370GBとか書けていました
しかし現在400GBの使い古しテープには160GBしか書き込みできません
実に全容量の半分以下です
そして相対速度も遅くなります2000MB/分ぐらいでした

富士フイルムのテープに同じことをすると今度は状態がよく以下のログで
バックアップが終了しました

+ 基本バックアップ を実行 (2017/01/15 13:22)
バックアップセット バックアップセット_DIGCAM へ...
2017/01/15 13:22:40: 書き替えバックアップ: バックアップセットがリセットされました

- 2017/01/15 13:22:40: DIGITALCAMERA DRIVED (D:) のコピー
2017/01/15 13:23:20: 次の通り見つかりました: 49,824のファイル、256のフォルダー、178.4 GB
2017/01/15 13:23:20: 照合が終わりました
2017/01/15 13:23:21: コピー: 49,824ファイル (178.4 GB)および0ハードリンク
2017/01/15 14:29:36: スナップショットの構築...
2017/01/15 14:29:36: 256フォルダのプロパティをコピー
2017/01/15 14:29:36: 256フォルダおよび0ファイルのプロパティのコピーが完了
2017/01/15 14:29:42: スナップショットのコピー: 2 個のファイル (10.2 MB)
2017/01/15 14:29:45: スナップショット保存、10.2 MB
2017/01/15 14:29:45: DIGITALCAMERA DRIVED (D:) の比較
2017/01/15 15:32:21: 実行に成功して完了しました 完了: 49824 ファイル、178.4 GB
性能: 2845.0 MB/分 (2766.3 コピー、2928.2 比較)
時間: 02:09:41 (00:01:18 待機/ロード/準備)

ベリファイかましているので
バックアップのみの時間は1時間です
速度は上記通り2845MB/分です
2.8GB/分は遅く見えますが
秒に直すと48MB/秒なので現在でも我慢できる高速です
誤りを補正する部分がなかったからなのかヤレたテープより高速で終了しています

芳しくなかったのは日立マクセルのLTO3テープです
うまくいったのは富士フイルムのLTO3テープです
SONYのテープは今回未実施です

マクセルのテープは捨てることにします
LTOメディアにウォームメディアが存在していることの意味が分かってきたような気がします
Posted at 2017/01/15 20:40:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月07日 イイね!
プラグの調子プロにも相談したところやっぱりバキュームピストンの動き渋いんだったんだなーと思います
キャブ不調の件はこのとおり解決しておいたのですが
こういうことが起こるといつものことながら点火系を疑っています
今までのトゥデイのトラブル原因は大体点火系なんですよね

プラグも点検したんですが図の通りです
エンジンルーム向かった位置と同じに並べていますが右が1番左が2番です
やっぱり2番がくすぶりです

やっぱりといいますのも
過去ログを参照するとちょうど2年前に同じプラグに交換しています
そしてそのときも同じようなプラグの状態だったことを思いだしました
一応ビッツのオイルフィルターとついでに交換用プラグは購入しておいたのですが
まだ交換しないと思います
今回もおなじBPR6EIX-Pです
準備だけはしておきます


そこで分析があります
私が排気管を落としたのが2013年の夏です
上記のプラグ交換が2015年の1月


以前はこのような偏った焼け方を見なかったような気もするのです
過去の画像を掘り出したら何かわかると思いますが
前すぎることは記憶があいまいでして

図の通りなのですが
2番の排気管が長いせいでこの事象が発生しているのではないか?
という疑いを持ち始めています
おなじJW1でもふつうの低圧縮放置エンジンでは発生しないと思いますけど
レジスタプラグ使ってた昔のバージョンではもっと灰黒い均一な感じでしたねえたしか

あと面研量は0.4でした
過去の画像を見ると色々わかってくる
Posted at 2017/01/07 22:29:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「エキマニ作成(完成) http://cvw.jp/b/1578422/39336621/
何シテル?   02/18 18:19
積年の同志くらげ@JW1氏が登録するというので捨て置けぬということで追随した次第 現在趣味のリソース全体を100とすればクルマは今現在10程度 農業30...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
ファン
13 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ トゥデイ ホンダ トゥデイ
古い銀塩写真に写っているそのクルマは、今もガレージに置かれている。 廃車にしますよと言 ...
ホンダ トゥデイ ホンダ トゥデイ
知り合いの方は私というとこのロスマンズトゥデイJW1ホンダの印象が強いかと思います。 事 ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.