• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

淀川警備保障のブログ一覧

2017年10月22日 イイね!

車体色について

車体色についてわたしのトゥデイのカラーリングに対する意味付けは
けっこう多いので意外と書ききれない
20年以上乗っているしそりゃあまあ思うところは多く積み重なってしまいますので容赦願いたいです

単純にいうと
 ●事故避け
 ●レース用から継承
 ●ツートン好きだから
 ●昭和の車=ツートンという印象
 ●そもそも車体がグッドデザインスペシャルやGサウンドだから
なのですが

一部を除いてJW1の純正カラーリングは
グッドデザインスペシャルもGサウンドでもまあ地味な塗装です

オークションで落とした2号車Gサウンドもまた
ゴールドリーフ系ツートーンだったのですが

さらにその部分が日光でヤレていたため
川越のイッコーで買ってきた適当な青色で塗ったのが自家オリジナル塗装のはじまりです。

青色なのは当初からの確定事項でなく
本人的にはオレンジ(暖色)も好きだったのでみかん色のツートンにするか迷った結果でした


その仕様でK4GPに出たりしていましたが
サイドストライプを復元しようとしていたとき純正のGサウンドのストライプが赤と黒だったため
青に赤線とかロスマンズカラーじゃんという突っ込みから
線を太く作って徐々にロスマンズ化してゆくことになりました。


レプリカカラーになっていったのはこの時期はレースを行っていたためです
モータースポーツ冬の時代をレプリカカラーで盛り上げようという気分もありました。

車体が変わっても派手なカラーリングを継続したのは
高手間車になってしまったためです

そこらへんの未再生車といっしょにしてもらったら困るということで
全塗装を経ても派手なカラーリングを継続しました
なにせJW1の純正色のままではどれも地味すぎるのです
事故を避けるという意味でズラした純正ではないカラーリングを維持したかったのです。

このときはロッソコルサ+樹脂バンパーと迷ったのですが赤は夜間視認性が悪いので避けました
一番視認性のいい色は黄色系と言われています。(白は意外と中間的な評価)

また順当に白+樹脂バンパーにしたかったところでもありますが
この組み合わせはとにかく往年の「ザ・商用」でありどうしても未再生原型車の域を出ず
公道で軽んじられることを嫌ってこれも避けました。

公道を走るうえでは危険が多く
残念ながらカラーリングから変人+面倒くさい奴と思われたほうが得です
水道屋の営業車か?みたいな色とも言えますが旧車は気にしない。

濃い目の青になったのは
当初の1号車レース参戦計画ではコンパックHPウィリアムズレプリカにして挑むためでした。
これの完成三面図をいつか図示したかったのですがPIXIVもコミケもアレもんで暇がなくてですね


白の部分はポーラホワイトでなく本当の真っ白(ベース白)です
ちなみに青の部分は太田胃散の青です(本当)。

銀色のサイドストライプが上記の通りHPカラーのことで
ロスマンズの金色ストライプとの対局という意味合いもありました
実車を見た方しかわかりにくいと思いますが
一号車の写真で影のように入っているのは銀のサイドストライプでへこみではないのです
写真を撮ったとき陰影に見えて締まる意味ももたせました

グッドデザインリミテッドエディションのシールをコピーして同じ位置に貼ろうとは
思っていたのですが塗装がよさげでもったいないし面倒くさくなって結局そのままです。


一号車の製作過程はコミケのアレで色々知っている方はソレですが
単純にユニットコストが大になってしまったためレースに送り込むことをやめたのです
貧乏なのでさすがに5万円の捨て車と100万円の普段乗り車を同じ草レースで走らせることはできないので
超クラシックカーになったら考えようかなと、
私の目標は2037年時に自走可能であることですから。
Posted at 2017/10/22 01:19:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月22日 イイね!

フロントガラスの確保

フロントガラスの確保あっちでも書きましたが車検は普通に通過しました
画像は浜名湖
往路アホみたいに雨が降っているにも関わらずとばしたため
フロントを軽くしすぎたこれ以上軽くできないと反省した挙動…フロントから回転しそう…これならエアコン復帰してもいい
GPSのL1計時は往路で成功
雨天はゆっくり走ろうね
平日の夜間往復だったためほば運転慣れしている車両しか高速道路上におらず気持ちいいほどにスムーズでした
こりゃあ土日は本当走れないですね…最近の土日は本当カオスだ…

スモールランプが時を経てやっとこ完全合法に
2気筒はガスが通りやすい
ヘッドライトはH4でレイブリックのアレに今回換装しましたが光量十分でだいぶいい感じのものです

シートレールの突っ込みがあったみたいです最近大阪ではよく言われるそうですが
私はブリッドのフルバケ用適合品なので全く問題ないのですが
太古の昔に買ったので形式シールがどこにはってあるかわからないだけです。


車体作成時にガラス屋に頼んでフロントガラスを換装しましたが
同じガラスはもうないそうです(JW1という決め打ちでガラス屋さんが選択したのかもしれませんが)
10年前はあったという事実だけが残りました

旧車におけるフロントガラスの扱いって難しいですね
普通は大丈夫ですがいざ運悪く失うと廃車不可避な状況に一気に落ち込んでしまいますから
今現在ペンタストリームトゥデイ用のどうでもいいフロントガラスなら
だいぶお安い価格で入手できるのですが
業者のみとか営業所止めばっかりで自宅に保管しておきたいのですが
入手手段がなくて地団太を踏んでいます
あんな値段なら2枚ぐらい自宅に隠しておきたいのですが・・・

とりあえずどんなものでもいいからと実家に1枚とっておいてくれないかと頼みました
正直ペンタは最終で20年経過しそうなので660も部品供給全部やばくなるはずです
個人的には2010年ごろにもうやばくなると思っていたのですが意外と持ったなという印象です。


ホンダビートは
例のサイトにある通り部分的に部品が再生産されていますが
品目を見るとそれ?とかあれ?とか色々思うところがあって面白いですね
http://www.honda.co.jp/BEATparts/?from=RSS


こんどR7ソユーズのプラモが出るみたいですが
これNゲージのサイズですよね
こういうの金の無駄だから買わなくなって久しいですがだいぶ欲しいです
大人の超合金サターンVもパスしたしなあ~
プレミアついてんのかよ
36000円だったはず…
あんまり出来がよくないといううわさも聞いたので。
Posted at 2017/10/22 01:03:09 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月27日 イイね!

骨董品機材

骨董品機材マシンの調子が取れて段取りもできたので
車検走行を実施します

今世紀最高の調子だと思われるので
速度をGPSのL1で測定します
いよいよパンチザスカイなのだ

ええ
ThinkpadA31 WindowsXPの登場ですよ
こんな機材ガチ運用しているのは日本で1人だけのような気がしてきたぞ
このマシン何度も言うようにすごいんですけどね~CPUに泣かされたね

もはやヤフオクで部品取りすら出てこず
私にはどうしたらいいのかわからない

15年前の機材を搭載した30年前の車で走ります

PC用の市販カーナビ機材ってスマホやハンディの登場で死滅したと思うんですけど
どうなったんでしょうか気になったので今度調べてみよう
こういうのモジュールで作れますけどね…ソフトに割く時間なんて一生ないだろうからねつらいね


いままでハードウェア初期性能確保に必死で
エキマニを換装して以降その排気音を冷静に考えたことなかったんですが
だいぶこれは…
結構すきですけど外からだとうるさいんではないかなあと心配しています

余裕が出てきたんでエンジンルームで採音しました



これはたしてノー情報で車種がわかるだろうか?
Posted at 2017/09/27 00:43:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月23日 イイね!

量産型腰下vsハンドメイド腰下のこと

量産型腰下vsハンドメイド腰下のことメインメタル・コンロッドメタルが分解腰下分だけあったな
それは貴重なデータだということを書いたら気になったので
エンジンブロック保管庫から出して
今までEHエンジンから摘出した物体を並べてまとめてみました


最初に出てきたものを並べたところ???となって
済み4117号機と書かれているコンロッドメタルを見て何だった?と

EHエンジンは二気筒なので
メインメタル6枚コンロッドメタル4枚で構成されています
タイミングベルト側を1番として順に番数をつけていきます
「上」はヘッド方面を指針します
「1番の上側のメタル」「1番の下側のメタル」とか
メタルの機能とか役割とかそういうのは教科書に譲って
すこし蔵出し



全部そろえるとこうなりました
右下がJW1の16XXX号機
左上がJW1の4117号機
左下がアクティのエンジン
外周側は後述の通り気にしないようにしておきましょう


裏側(クランクシャフトの軸受けがわ)がこちら
コンロッドの音になる原因は裏側がメインだと思うのでこちらを主に見るものだと思いますが
一般的に銅地金が見えたらアウトだとか筋がどうのこうのとか

コンロッド内側に限って注視すると以下のような結果です
右下がJW1の16XXX号機 2番はややアウト 1番はう~ん微妙にアウト?
左上がJW1の4117号機 2番はセーフ 1番可? 
左下がアクティのエンジン 2番はアウト 1番は普通のアウト

メインメタルはどれも良好
コンロッドメタルの外側がこれぐらい落ちるものなんでしょうか?これがよくわからない
外側は基本動かないから大丈夫なんでしょうけど
内側がクランクをフローティング保持しているのでその部分が重要なのはわかります

ホンダの昭和エンジンはいいものだとおもいますけれども
NCP10のビッツがワンメイクレースやっててもエンジンの当たりはずれで優劣が決まるぜ!
おれのエンジンのほうがやや当たり!ストレート1~3km/h速い!ラッキーみたいなことやってましたから
量産エンジンなんでどうしても精度には当たり外れがあるはずなんですよね
だからどうしても腰下はプロにやってほしかったということもあって
あらためて1基のエンジンとしてきっちり作ったのでが一号車のエンジンでした

オヤジはメタルなんてやったってすぐに音なるわといっていましたが
当時の私はその辺の修理屋のおっさんならともかく
東京のエンジン屋なら絶対いい仕事するはずだとそれを証明するためにも組みました
エンジン屋ってそもそもプラスチゲージつかわないでマイクロメーターとかで合わせてるとか聞きますし
この部分は私は絶対自分でやろうと思いませんでした。



コンロッドのジャーナルから出てきた粉です
上記通り外側ですが
音が出るぐらいになったらメタル云々言っているより一般的にはエンジン載せ替えたほうが楽です
4117は中古部品ネットワークで拾った実働なしのベースエンジンでしたが
16XXXは一号車グッドデザインスペシャルで使用していた二基目のエンジンです
上記のようなメタル判定で外側は粉出ていますがそんな異常を感じたことはなかったですね
なので素人目でやや??ってぐらいではまだまだいけるのかもしれません
分解しちゃったらもう戻せないんですが…



なんで新品に近いコンロッドメタルが余分にここにあるんだと思い
過去のデジカメデータを発掘しながら思い出を掘り返す
上記は納品されたときのメタル
右の親メタルは「使用するメタル」と書かれています
つまり左の子メタルは「使用しないもの」ということになります



ここまで来て思い出しました
使用するコンロッドメタルは(間違って組み込んではいけないため)
各々コンロッドに入れた状態で納品されていたことを
拡大してみると外してあるものと組み込んであるものはクリアランスが違います
これで行けるだろうと使用に踏み切ったが
公差がいまいちだったので別のものに変更したことが伺えます
やっぱり子メタルは難しいのねーと思わせる物語です。



組み込んだ時の画像を見るとコンロッド番号は双方とも2番です
分解した限りやはり生産上の都合でしょうが2番か3番が多いです
古すぎて出てくる公差がまったく読めなかったため
持ち合わせで使える組み合わせが出るよう何とかやってくれませんかと
コンロッドとクランクに予備品を持ち込んだことを思い出します

で、ですよ
これだけの結果経験があってオイル交換を10000でいいっすとか1年でいいっすとか思うかってこと
新車と腰下新造車はまあ暇あったら交換したいもんです
メタル組み込んだことある人ってその精度にビビッてオイル交換したがるはずよ
昭和の車でこれですもん
Posted at 2017/09/23 00:41:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月17日 イイね!

調整完了

調整完了雨でしたが整備記録どおり
車検対応の整備が完了いたしました
先週の走らねえなこの車おかしいな!っていうのはやはりおかしかったです
考え直して冷静に調整したらめっちゃ元気に走りました
(停止→時速10kmは依然アレですが)

こういうことがあったら試しにキャブ屋に一基OH出したい気分ですが
そんな金あったらオーリンズOHに出すしね…

しかし車検を9月にねじ込むのか10月に落とし込むのかは依然不明の状況



今回の件でスロットルワイヤー調整部の写真を探しましたが
そんなもん見つからずなかなか難しいものがありました
そんなとこわざわざ撮らないもんね
撮ったとしてそこ暗いしうまく撮れないだろう…
発掘した2号車のエンジンルーム一部清掃前の写真
いやーきたねえね
これはだめだ

あとメタルの画像あったな~
あれも出したい
アクティEHエンジン 1基
トゥデイEHエンジン 2基
のメタルを確認しているのですが3台まとめたことはなくて興味深いので…
たしかアクティとトゥデイの1基はイってた記憶があるんですよね…
そのイってたトゥデイの1基を再構築したのが今の一号車のエンジンなんです


パワーキーパはいつも疑いますが
そもそもアドバンサは確実に動作しているので毎度の濡れ衣です
1号車作った時のパワーキーパーですがあんまり覚えてないんですがこれって
原型とどめてないんですよね…
JW1の部品なんて出ねえだろと最初から決めつけて
GA2シティの部品を流用して作られています


うっ頭が…


台風で庭いじりも木工も防犯カメラの引き直しもできませんぜ
ウエスタンデジタルのサーベイランスHDDを購入しました
前まではPURXだったのですが最近はPURZという形式になっています
WDーREDの亜流みたいな位置づけです
これを防犯カメラ用DVRに入れます
MG03ACA300→WD10PURZ換装
Posted at 2017/09/17 02:06:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「車体色について http://cvw.jp/b/1578422/40606882/
何シテル?   10/22 01:19
積年の同志くらげ@JW1氏が登録するというので捨て置けぬということで追随した次第 現在趣味のリソース全体を100とすればクルマは今現在10程度 農業30...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

ファン

16 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ トゥデイ ホンダ トゥデイ
古い銀塩写真に写っているそのクルマは、今もガレージに置かれている。 廃車にしますよと言 ...
ホンダ トゥデイ ホンダ トゥデイ
知り合いの方は私というとこのロスマンズトゥデイJW1ホンダの印象が強いかと思います。 事 ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.