• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

淀川警備保障のブログ一覧

2017年06月11日 イイね!

修理癖 Thinkpad s30

修理癖 Thinkpad s30前は結構ヤフオクとかを覗いて部品を探していたThinkpad s30ですが
最近は寿命を迎えているのかA31と一緒で全く見なくなりました
こうなると部品の確保も難しそうですね
うちのトゥデイみたいなマイナー旧車と同じ状況とも言えます

過去の記事がない現在では説明が難しいのですが
s30は人生で新品自費購入した2番目のノートパソコンで
最後に新品購入した物品になります
IBM機としてはスペックが多少弱く、色物で人気薄だったため15万弱で購入できた覚えがあります

その前に購入したPC98NX Lavieはとても貧相でNECに見切りをつけるにはいい機会となった負けハードウェアでした
このときすでに本当はThinkpadがほしかったのですが
NEC25万 IBM32万という価格差に折れてしまったのです
地下松(秋葉原の地下にあった若松通商)で755だか760だかを買っていたらどうなっていたんでしょうね

ナビを入れて活躍していたs30ですが車載中の事故によって液晶パネルを全損させてしまいます
保証期間内でしたが自損ということでこれはだめだなと
修理見積もりをしてもらうために販売店経由でIBMに戻しました

おそらく高額修理となり断念だろうと思ったので
ヤフオクで液晶パネルを8000円ぐらいかな?で購入しておきました
そしたら無償で交換してくれたんですよね
レースカーにIBMが貼られていたのはこのため

そして今回
その時買った液晶パネルを使って起動しなくなったs30を修理しました


わけあって分解時の写真がないのですが
数あるThinkpadの中でも簡単な部類ではないでしょうか

故障症状は電源ONで反応なしというもの
あとはピーチスキン塗装がベタベタで触るのもいやという状態でした
この写真ではすでに塗装がはがされていて背面が地金になっています
ピアノブラックでもピーチスキンでもない中間の状態
因みにこの液晶背面板は日本製の薄板で手間かかってんな~と感心します
ボトムケースはエンプラ(亜鉛含有?)でできていて剛性はめちゃ高いです


秋葉原のQCPASSで過去に購入していたthinkpad s30用のシステムボードです
稼働かどうかはもちろんわからないジャンク品ですが
当時でもs30のものは珍しく図の通り3480円と安かったので確保していたものです


ノートパソコンを閉所に閉じ込めるとこんな感じで液晶の表面が浮いてきますね?
なんか結構こういう状態を見てきましたが国産液晶に多いように思いました
thinkpad600とthinkpadA31のSharpモデルで同じ状態になりました
これを先に説明した物体と交換します


不良が出たもの


こんな番号で日立製

両方交換してダメもとで通電したら完璧に治ってしまったんですよね・・・
いやなんだこれすげえなあと思いました
15年ぐらい前のハードウェアですからねこれ

シスコのスイッチを設定したりする分にはこれが一番つかいやすいと思うのですが
いかんせん256MB最大というメモリでは現在全く使いどころがなく
記載した経緯もあって元箱も持っているのですが手放すのもなんだかなあと
治ったところで持て余すだけの物体なので困ったなあというところです

システムボード不良原因ははんだクラックと思うんですがめんどい



A31もこんな感じで液晶が曇ってしまったので


こんな感じに修理しておきましたが
これも14年ぐらい前のハードウェアで実働機はだいぶ珍しいのです
AのボードはVRAMに不良があって長期的には絶対死ぬといわれているんですよね
このマシンをいつ使うかといわれるとなかなか
目下Xpアプリ用ですが
物持ちいいのも困りもんです



JW1用のタイミングベルト窓カバーはとうにちぎれて
このJW3用タイミングベルト窓カバーを使っていましたが
これもまた経年劣化によりちぎれたのであきらめて新品を購入しました
リモートで購入できるのは楽でいい
Posted at 2017/06/11 00:55:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月21日 イイね!

エキマニ・ウォーターホース修正完了

エキマニ・ウォーターホース修正完了ということで
完成直前まできたものの左側のホースが手持ちで置換できず
代替品のラジエーターロワーホースが見つかるまで
馬にかけられるトゥデイ
二か月ぐらい動かしていないのでさすがにだいぶ禁断症状が


真ん中が汎用
これを右側のL字に使用しているのですが
一番下の純正品左にくらべるとこのとおり左への長さがちっと足りなんですね


手前のここから
向こう側のあそこまでつながってさえいればいいんですがそれがまた難しいんですね
まず一回失敗(スズキじゃ難しいか・・・)

そして長らく到着を待っていた第二弾
やはりおなじホンダの他車でいけそうなものをとってみる
内径は某メーカーのページで調査済み
ホンダのホースはアッパーもロワーもスズキよりごついので好ましいですしね


その1
最初これにしようと思ったんです
だいぶ行けそうですが波打って上に行ってる部分が激しくラジエターシェラウドの一部に接触するので残念ながらNGではないかという判断


その2
もう一発
なんとか行けるんじゃないですかねえこれいいんじゃないですかあ?


そのときの右


あとヒーターコアへのホースも前に動くため
これもラジエターシェラウドに干渉するのでタイラップで引っ張っておきます
振動体への接触はほんとうトラブル招く
うまいこと曲がりくねったもんをのたくり回すものですねメーカ完成車


ついにテスト走行までこぎつけ
二か月ぶりなのでワクワクものです
ガスなのかかぶりなのか500メートルぐらいで1回信号発信失速して死にかけましたが温まってからはだいぶ安定しています

宣言通り惑星ポプラまでドライブ移動して無事到着
しかし途中左側M5*10フランジボルトを脱落(ポプラで確認)させてしまった!すまん
ホースをあれやこれややっているうちに緩んでしまったか


なぜポプラに来たのかといいますと
三月に信州に旅行したときにルマンドアイスを食べたときの流れで
「センタン王将」の話になりました

これは関西がメインのアイスなんですが私は小さいころから知っていて
リバイバル時?復活時?には関西出張時に食べていました
ポプラには売っているという情報を得てきてみたのですが
やはり販路か流通が違うのかはたまた限定なのかわかりませんがおいてませんでした
残念
関東で購入できるところどこか知りませんか?


ステンレス排気管の温度を大体で計測してみましたが300度でした
300度が数センチ先なのか10センチ先なのかでだいぶ変わりますかね
こんな近くに発熱物体があるんですからえらいもんですね

JW1の純正鋳鉄エキマニでもそこそこな温度だと思いますが計測しておいたらよかったなあと後悔
バンテージ越しでもどうなるのか気になります


無事帰宅
従来ホースが沸騰していた部分ですがこのとおりおとなしい状態で
問題はありませんでした


左側もとくに問題なし
ステーの強度と角度を修正しておく必要がありますが
おおむね大丈夫ですね

それにしても久しぶりすぎてアイドルも安定しないしパワーバンドも狭いし
難しい車だなぁとは思いました
Posted at 2017/05/21 22:33:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月21日 イイね!

エキマニ周辺修正

エキマニ周辺修正




エキマニが完成した後に
トゥデイの動きが鈍くなったのは
前にも出していた
ワンオフエキマニ完成装着図のこれ

慣れた人ならちょいと見でお分かりいただけるでしょうか
ウォーターロアーホースとエキマニの間が狭いので熱が逃げきれず
右側のロアーホースが熱で焼けてしまう不具合を確認したためです

最初に首都高を帰ってきたときにすでに発見していて
そのご近場を2回ほどまわって確認したところやはり熱が原因で
このまま放置すると長距離いったときドバーレベルだと考え
修正ができるまでトゥデイは本日まで不動だったのです

バンテージを巻くことが一般的に考えられますがどうにも私はステンレス地のままが好きなこともあり
検討した結果
逃げるスペースがあるためJW1の下側ウォーターホース全体を前に50ミリ出す
という対策をとることにしました


鉄板を切って穴をあけます


鉄板折り曲げ器を使って
こんな感じに曲げていきます


向かって右側
17ミリのほうがほとんどの強度を担うので
90度角でこのような箱型鉄板工作をします


向かって左側のM5*10部分は平行四辺形型のステーにしますが
図の形状では角度が浅すぎました
後述


美しさは求められていませんので自身の溶接でなんとかします
点で溶接していきます
アネスト岩田キャンベルのWG3010と思われるのですが
かなり昔に購入した年代物です
昔トゥデイJW1用ターボバルジボンネットを作ったりしたときに使用していたものです


とりあえずの第一次試作品
凸部分は結構楽に溶接できるのですがへこんだ部分はまず難しい
延長部分の逆側にナットを溶接しておきます
17ミリのほうはM12の細目なのでだいぶごついものです


これらを耐熱塗料で塗って車に装着します


純正マニュアルのラジエターウォータロアホース部分です
純正ももちろん欠品なら今回50ミリ全体に前に動かしてもやっぱり品不足なので
これを前に出した状態で適用できて手に入る部品探索をします
水路形状は同じJW1でもオートマとはほんの少し違います


右側は短いL型ホースなので規格品を適切な長さに切断して調整しながら切ります
今回は50mm前に出るのでいつもより長めに残します
というかJW1純正品の後期でも切れという指示はありました
今回初めて使用しましたがこの図のラジエターホースを切る専用工具はぜひ買っといたほうがいいです
太物も綺麗に切れます


右側が完成しました
このように水路全体を前側に出しています
エキゾーストマニホールドとの距離を見てください
最初の状態よりかなり離れていることがわかるかと思います
元々は接近しすぎていてパイプがかなり熱されて距離を走るとホースが焼けてしまっていました


しかし図の通り反対側の接続は問題を残しています
ラジエターロワーとパイプの角度が急すぎて接続することができません
しかも距離が結構遠く(JW2以降はたしかもう少し近くなっていた)
今まで使用していた汎用L字ラジエターホースでは短すぎて接続できなかったのです
どうしたものか

これが2週間ほど前
Posted at 2017/05/21 20:54:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月20日 イイね!

クルマは子供の夢でありたい

クルマは子供の夢でありたい走行していると(トゥデイJW1)かっこいいと
そのへんのお子様に狂喜されるという話題に似ているのですが
予定していたトゥデイ(一号車)用代替品が本日も届かず
トゥデイが動けず落ち込み気味に車両点検移動用(トゥデイ2号車)に草刈機を使った草刈をしていたのです。


トゥデイ予備車両置き場(草刈済み)もちろん稼働しましたよ

通りかかった二人組のこどもの会話の内容が衝撃的
アルトワークスには2015年式にRSというのがあって速い!とかいってる・・・
耳を疑いつつそんなのに突っ込むわけにもいかず
んー現行のワークスのことか?など考えていると引き返してきてこっちみてる

放置車両のロスマンズトゥデイ(草を刈ったので露出)が気になった様子で
これなんだったっけ!なんて車ですか!シティかな(AAシティのことかよ、よくしってんな)
なんて言っているとシートのロゴでトゥデイってわかった様子
ビッツもすぐに車種言い当てていたし詳しいですね
ぴかぴかのほうの実用一号車を見せてあげたらすげえーって言ってました
ありがとう

というか君が持っているタブレットの動画に写っているの
絶対レックス友の会の動画だよね?L200Vとかも出てるからお台場のじゃないのかな?すっげえなきみ軽が好きなのか?
まあワイも小学生の時から軽好きだったけれども

こんな車好きの小学生がそのへんに生息していること自体おっさんは感動してしまったよ
ほんと頼みますメーカー
子供がのりてえと思うようなクルマやその環境つくりをしてください
この調子でこの子らが大人になってもワクワクする車はもう世にないんだろうなと思うと悲しい
たぶん中古の現行86/BRZあたりが関の山?


もうすぐ女の子が出現する予定の我が家庭ですが
女の子は優しく育ってくれればよいでしょう
クルマのことが好きなムスッコとかいたらいいなあって思いました
Posted at 2017/05/20 23:20:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月03日 イイね!

鉄板工作

鉄板工作連休突入後5日目の夕方にしてやっと着手できるほど
クルマの作業にとることができる時間がありません

探索



最後に薄板溶接機のアークを飛ばしたのはきっと10年前でしょう
稼働するかどうかすらわかりません
溶接機も私が購入した時に比べるときっと進化しているんでしょうね

ピックアップ




現在でもすでに積載量が劣るビッツしか使えなくて困ってきているので
長期休暇が明けるまでには試作1をトゥデイに実装するぐらいまでにはいかないといけません

チョキチョキ開始

Posted at 2017/05/03 22:19:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「修理癖 Thinkpad s30 http://cvw.jp/b/1578422/39916859/
何シテル?   06/11 00:55
積年の同志くらげ@JW1氏が登録するというので捨て置けぬということで追随した次第 現在趣味のリソース全体を100とすればクルマは今現在10程度 農業30...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ファン

14 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ トゥデイ ホンダ トゥデイ
古い銀塩写真に写っているそのクルマは、今もガレージに置かれている。 廃車にしますよと言 ...
ホンダ トゥデイ ホンダ トゥデイ
知り合いの方は私というとこのロスマンズトゥデイJW1ホンダの印象が強いかと思います。 事 ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.