車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月17日 イイね!
ヨーグルトを求める旅 with感動の越谷葱 部屋撮りメイン、写真で思い出す記憶。















 7RM2 + GM2470

このブレた写真に機材表記の意味があるのか、審議中です。「まま髪飾りないほうがかわいいよ」といつも召し上げ。


 1DX + シグマart50mm
AD3Y5008
最近は専ら部屋撮り専用機1DX。子供の体重もずっしりするようになり、このカメラに抱っこでは重いのか持ち歩く機会は何度も激減傾向ながら、このartを付けたセットもかなり気に入っています。「ママその服可愛いじゃん」に最近は「どこで買ったの?」が申し添えられるようになり。




 7D2 + EF100mmF2.8マクロ

独身期間中、夕食の帰りに本屋へより、ふらふらしてコーヒーカップも仕入れたこともありました。真正なる独身だったら、この歳でどのような日々を送ることか、仕事に身は入るのか、休みはふらふらして買い物、一日で飽きそうです、などと考えもしてみながら。こちらも部屋撮り専用になりつつあるセット。



 D7100 +AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G

ほとんど使わないであろうボディを修理して、一年以上ぶりに着けて持ち歩いてみたセット。このレンズは中古にて数千円で手に入れました。


 D7100 +AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G

何かが暗い、どの設定で暗くなっているのか、久しぶりゆえISO一つ変えるのにも苦労して。




 5DsR +シグマ35mmF1.4

我が家のヨーグルト事情。腸内フローラという概念が提唱される前から、独自の推論により各社のヨーグルトを複数種摂取するようにしてきました。元来胃腸はかなり丈夫な印象ですが、それに輪をかけて快適な日々。


 G5X

このヨーグルトを探して、子供と散歩の旅に出かけた夜。「もう一軒行ってみよう」とコンビニやスーパー七軒目にしてやっと見つけて、「あったー!」「やったー!」と二人で大喜びした日でした。種類豊富にあったので、欲張っていろいろ仕入れてみて。




 G5X

買い物司令長官極東担当からの遠隔操作により、以前仕事帰りにクルマで寄ったどこぞのスーパーで仕入れたヨーグルト。かなり気に入ってくれたようで、どうしても食べたいとのことで買いに行けば近所にはなかなかありませんでした。


 5DsR +シグマ35mmF1.4

牛乳よりも、ヨーグルトのほうがいいかもしれません、という話しも。なお「生きて腸まで届く」ということの実証方法は検便検査以外ないらしく、かつ菌が死んでも効果はあるとされているそうです。



 5DsR +シグマ35mmF1.4

三つほど一気に食べて、後片付け。なお買いすぎたので、旅行前に消化できなく、後日ばぁば宅に寄贈。





 5DsR +シグマ35mmF1.4

一所懸命に作った割にはすぐ飽きられて。初動でかなり喜んでくれたのでよしとします。



 1DX + シグマart50mm

お風呂でたまにヨーグルトドリンク。久しぶりに三人で入れば、一人一種類ではなく、三種類を三人でシェアして。飲み終わったあとはおもちゃとして。



 D810 + シグマart35mm

公園はビール持参。地ビールをいろいろ仕入れる日々の中で、お気に入りを見つけて。ビールの先輩たる家人は「やっぱりアサヒが一番」と繰り返し。



 D810 + シグマart35mm

なかなか親指の位置が適正な順手にならずも含め、逆上がりまであと三歩ほどか。コナミメソッドというのがあったので、参考にしてみようと思います。



 D810 + シグマart35mm

帰りはイタリアンカフェにより、


 D810 + シグマart35mm

ピザをお持ち帰り。被写界深度、ピント位置及び撮る角度と相まってやりすぎて。



 1DX + シグマart50mm

この日のお風呂はヤクルトに、ビールを持って来てくれて。


 G5X

「うわぁ~はとすごい!」と写真を見れば、言葉を思い出せるときも、思い出せないときも。後者のほうが多く。パパの用事に付き合って、出先の公園にて。



 1DX + シグマart50mm

幼稚園でもらった誕生日プレゼント。


 7M2 + 1635mmF4

もう一つもらったプレゼントを着けて、帰りに買ったパパのコーヒーを横取りして。こちらのセット、そこそこ軽めゆえ動画にも適し、かつ自撮りもいけて、カラフルで明るい写真に向いているようにも思えて。



 7D2 + EF100mmF2.8マクロ

子供にと、後進の妹氏が造るコップを誕生日プレゼントにもらい。


 7D2 + EF100mmF2.8マクロ

家族で使えるようにと、夫婦の分まで有り難く頂戴し割らぬよう大切に使います。



 1DX + シグマart50mm

重いカメラ、たまには持ち出そう、とこのカメラでの数少ない遠征、実家まで。伝説の葱、と言ってもよい、未知の甘さな味で香りも抜群な三恵園という農家の越谷葱との出会い。関東周辺では深谷葱や下仁田葱あたりが有名だと思いますが、その比ではない発見を近所のスーパーでさりげなくあったようで。このねぎは本当に感動のおいしさでした。



 5DsR + ef35mm f1.4l ii usm

イオン系の小さなスーパーであった日本酒。価格も含め飲みやすくてお気に入りを見つけ。越乃寒梅に、千寿、少し前だと14代、最近では獺祭やら、幻だのなんだの酒造の努力に乗せられすぎてきたので、最近は手ごろで美味しいお酒を探すのが楽しく。



 5DsR + ef35mm f1.4l ii usm

このレンズ、ボケが際立ってなだらかでやさしく、ナチュラルに思います。が、このカメラの場合AFは案外に僅差でシグマのほうがよいかもしれません。動体はかなりきついという印象。色はお好みで。



 RX100M4

私が仕事中、家人と交通会館にも行きました。新幹線ビュースポットです。



 5DsR + ef35mm f1.4l ii usm

打ち合わせが終わり、迎えに。懇親会に誘われるも、今は家族との時間を大切にする、外で稼ぐはずの男としては不甲斐なさ。



 5DsR +ef35mm f1.4l ii usm

思ってみれば生後七ヵ月頃に買ったおもちゃ。これをやたらに洗車したがった一過性。




 5DsR + ef35mm f1.4l ii usm

仕入れたばかりながら、普段はあまり持ち歩かない、極めてAF知能が優秀な左。こうして比べてみると、ボディの厚さ以外さして変わらないサイズ感に重量感。実機を見ないで仕入れたので、重さの見込みが甘かった、結果として出不精気味。小さいボディにこれだけの技術を詰め込んだことは世界一ながら、とは言えフルサイズなのでレンズが大きくなりがちで、結局としてのトータルサイズがけして小さくない傾向の一方で、



 5DsR + ef35mm f1.4l ii usm

バッテリーグリップをつけないと、私の場合は小指の行き場がなくなり少々持ちづらく、BGつけても今度は親指の付け根な腹あたりでボタンを不用意に押して設定、とくにISOが変わってしまう点に少々苦慮しています。欧州や欧米では、このサイズ感どう受け取られているのか。という視点からAマウントも見捨てられることなく、発展していく可能性を感じ。とはいえカメラ市場全体が厳しいとのことで、この兼ね合いもありそうで。



 1DX +EF85mm F1.2L II

乱雑かつ力強い、にも関わらずタワー完成。


 1DX +EF85mm F1.2L II

関係なさそうな内容が多いながら、久しぶりに軒並みファームアップしました。



 G5X

「なんかすごいクルマがある」とただならぬ雰囲気は分かるようで。じぃじが20年ぐらい前にショーファーで乗っていましたよ。




 1DX +EF85mm F1.2L II

ミニカーとのコラボでも遊び、


 RX100M4

久しぶりにやっと食べられた、蕎麦屋向かいカフェの蕎麦。



 RX100M4

つゆに付けずに最初一口どころか、そのまま全部食べたくなるほどに美味しいお蕎麦。



 5D3 +EF50mm F1.2L

お気に入りの通称「ガオ」。


 1DX +EF85mm F1.2L II

最近急激に大事にしだし。


 1DX +EF85mm F1.2L II

大好きなママの服もかけて。


 1DX +EF85mm F1.2L II

このおもちゃも一歳前に買ったと思いますが、未だに現役。買った当初は「シュクシュクして」で、DJをやってくれ。


 7RM2 +2470GM

我が家のプラレール天才職人、家人設計。仮置きしてレイアウトをあっという間に作っていく様に「すごいママだね」と敬意を表し。



 5DsR +EF35mm F1.4L II

この和室、WBを変えないとライトの色が難しいですが、そのままAWBにて。カメラを変えて色味の味見。



 5DsR +EF35mm F1.4L II

最近のトレンドは連結できる新幹線です。



 5DsR +EF35mm F1.4L II

先端から競り出るマグネットで連結しますが、


 5DsR +EF35mm F1.4L II

レバーを調整して白い連結部分を隠すのは、絶対のこだわりのようで、けして譲らず。


 1DX +EF85mm F1.2L II

プラレール部屋となっている和室から延びて来た開拓期。


 1DX +EF85mm F1.2L II

今週の週刊ポスト、巻頭からジャンボ特集。当時の苦労話も読みごたえあり。飛行機撮影の先駆け青木勝氏のHello,Goodbye BOEING747を仕入れてみようか検討中。という幼稚園の送迎その間の時間つぶし。登園練習日でした。


Posted at 2017/02/17 09:07:05 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月15日 イイね!
船橋を楽しみにドライブへ行こう。



 EOS 7D Mark II + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM








船橋。




駅前付近でまずは仕事。5分とかからない内容ですが一歩ずつ仕事を進め、かつやる気も注入し。




昨夜は生演奏付きで楽しいバレンタインデーとなりました。「器とはどれだけ苦労を許容できるかである」という教え、を頂きました。



フレッシュネスでハンバーガーを仕入れ、車中のランチとし、





ふなばしアンデルセン公園へ。





2位争い激化。




一人の苦労、家族の苦労、周りの苦労、チームの苦労、部門の苦労、組織の苦労、社会の苦労。




どの段階で息継ぎがうまくいかなくなるのか、あるいはどのレベルで不平不満が噴出してしまうのか、もしくはそれらを受け入れ、処理する環境を作れるか、甲斐性を作れるか、または飲み込めるか、と考えると、器という意味の一つの指標として、適切な考え方に思いました。逆光の中でシルエットで撮ろうと思っていたら、知らないご家族だった驚き。



我が、家族が来ました。丁重な辞退が続いていたお誘い。それも有り難いわけですので、今般私からお誘いした、ただ飲みをご一緒させて頂くだけ、のはずが有り難い事案のお話を頂き。今週金曜に受ける提案とジョイントしてこれもやってしまおうと、益々脳内が仕事モードへ匍匐前進で移行中。外部招聘でエリートのトップも招き、これは私の方針大転換、そしてステップアップする仕組み作りとも言え。




私もこの内側をぐるぐる猛ダッシュして、思いの外体力が消耗し。



 EOS 7D Mark II + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM × flickr.com
5H7A6573
ノルマとカルマ、とカマロ。



 Cyber-shot DSC-RX100M4

相変わらず母親の目線には敵わず。





昨夜は、とある大企業今後のリストラと方針について改めて伺いました。大企業の雄たる存在の方針大転換は、あらゆる大企業に影響するものと思われ。他方で競争も激化し。



 Cyber-shot DSC-RX100M4

大企業も年収1,000万円の社員に書類の整理や管理をさせていたのでは労賃が高いゆえ、800万円の子会社へ投げ、さらに600万円の孫会社へ投げても来ましたが、あるいは養ってきましたが、それも限界。400万円の外注を使い、最終的には200万円の給与を受け取り生きていく人が増加、という世の中の流れが加速し強まる傾向を思い。


 Cyber-shot DSC-RX100M4

公器も縮小するのに従い、一人単位の器も縮小し、ますますギスギスしていく社会。そこをハングリーさがない社会の中で、どう生き抜き、這い上がるか。もしくは当事者、兼傍観者となるか、気にせずマイペースに日々を穏やかに楽しむか。




おまけ

価値観や楽しみ方は人それぞれ。ゆえにカラフルな世の中で。時おりYAZAWAと大きくステッカーを貼ってある車を追い越しざまに覗けば、中高年以上というケースも多く、いい年をした大人がなにを考えているのか理解できず、いや世の中という意味で理解しているつもりですが、以前に所沢でマスターと飲み相手に「あれはどういうことなのか」と聞いてみれば「俺らの世代ではえいちゃんがすべてなんだよ」と聞けば、「なるほどな」と一定の理解を得たものの、世知辛い世の中ゆえに小さな楽しみと捉えるか、大人がそういう仕様に脳を使うからより社会も大変になっていき巡り巡って余裕がなくなるのか、しかしこのようなことが気になっている器は小さいことこの上なさそうですが、世界的に見てもこれだけ有能な頭脳を持った国民性がもったいなくも思い。




Posted at 2017/02/15 12:07:17 | コメント(8) | トラックバック(0) | 公園ドライブ | 日記
2017年02月13日 イイね!
大きな一筆書き。特急2路線の旅


 α7 II + Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS










ベッドシューと呼ぶ、マットを壁に立てかけたお手製室内滑り台(80度まで角度無段階調整機能付き)。元に戻しても、だいぶしなってきました。で、遊んで、





一筆書きへ出発です。



普通電車を乗り継いで、まずは上野へ。





普通含め待つことなく、ギリギリ乗換が続き、つまりはビールにお弁当は買えず、京成スカイライナーへ。先頭車両での記念撮影は、運転手氏が手を振ってくれ、ライトをつけてくれ。待ちなしといえば先般羽田からの帰り、高速も一般道も信号にすら捕まらず一度も止まることなく家まで着きました。




在来線の中では、現在最速を誇る京成スカイライナー。




成田へ向けて快走を続けます。今回持ち出したα7M2。思いの外、シャッター音が静かな車内で響き、これだけ撮ってきた私でも憚れる気がしました。高音域が目立つゆえかもしれません。




普段見慣れない街並みを見ながら、



カートドライブの目的地、成田空港へ到着です。ある日量販店でαシリーズすべてのシャッター音を聞き比べてみるとモデルこどに音が違いました。なおαシリーズ中、α7R2とα7Sおよび同2は無音設定にすることもできます。



成田第二ターミナルにあるカメラのキタムラ成田空港店にて、この手のカメラを欲しがり。帰宅してから見てみれば、欲しがったニコンは後継が出ておらず、その気配もなく。ニコンはDLシリーズを発表後、開発遅延のアナウンスをしておりましたが、先ほど見るととうとう「ニコン、1型コンパクト「DL」シリーズの発売中止を決定」とのことで。DL18-50 f/1.8-2.8を楽しみにしていたのですが、残念です。1,000名のリストラを行ったり、カメラ部門は大変そうなのが伝わってきます。





お昼はビールとともに中華。カメラのキタムラも「20店超を一斉閉店へ」とのことで、カメラを取り巻く環境は厳しさを増す一方です。




ターミナルの移動。




無料バスにも乗り、



第一ターミナルにある模型店へ。




 α7 II + Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS × flickr.com
DSC00326
展望デッキから束の間、



飛行機を楽しみ、エアホンコンも見れました。




基本としては鑑賞用ゆえ溝にタイヤが当たるだけでも取れてしまいます。かなり気に入り壊れてほしくないようで、相当に丁寧に扱い、今も破損せずに大切に遊んでいるサウジカーゴ。



ジャンボも見て、



コンビニでバイトもして、



帰りは成田エクスプレスに乗車。



少し前に成田エクスプレスを家族総出で道路から見ていた時に、車掌氏が気づいてくれ手を振ってくれれば、大喜び、も思い出に。



という中ではありますが、乗り心地は断然スカイライナーがよいように思いました。成田エクスプレスは外国人も多く使うせいかトイレはかなり、あれでした。



すれ違う成田エクスプレスも見て、



馴染みがない車両をいくつも見て、



普通線と京成スカイライナー、無料シャトルバスも間に挟んで、成田エクスプレスに乗った一筆書きをしてきました。



最後はこちらで記念撮影もして、7時間の旅。思いのほかへとへとに。




2017年02月12日 イイね!
5代目EクラスW213を試乗しながら、よみうりランドへ。
















 EOS 5Ds R + EF35mm F1.4L II USM

「また買って来ちゃった」とこの時期、時おりセイコを中心にズワイを実家で出してもらう機会が多いながら、いつも一杯ゆえ足を一本程度食べれるのがやっとです。近々美味しい証しとされている寄生虫もついているであろう、ズワイを親孝行も兼ねてお腹いっぱい食べに行く予定です。


 EOS 5Ds R + EF35mm F1.4L II USM

頻繁にご飯もご馳走になり、子供とよく遊んでもらい、とても助かっている日常で、子供への影響もとてもよいものがあると感謝しています。100円パーキングに駐車するのも最近のトレンドです。



 EOS 5Ds R + EF35mm F1.4L II USM

玩具に関し、飛行機はよく遊ぶものの、他は最近飾ったり、種類ごとに並べておくのがトレンドで、けっこうな数になりますが、並べていると「もう一個ある」などと一応把握している様子です。



 EOS 5Ds R + EF35mm F1.4L II USM

プラレールもしかり系で、動かすと怒られることも多く。というメインのセットにしようと思っているこの組み合わせで、たわいもない日常の適当撮りな記録にも使いながらの中、



 EOS 5D3 + EF50mm F1.2L USM

久しぶりにこちらのセットを持ち出してみることにしました。空気が澄んで、高度も低めをF5.6で撮り、トリミング。JA8979、レジ番も確認できるほどで素敵です。






 α7 II +シグマ35mm

年末にサブバッテリーが故障したようで、修理を依頼しましたが、その際に気になっていたところを追加で調整依頼したところ、部品が本国発注で、二回に分けて預けることに。



 EOS 5D3 + EF50mm F1.2L USM

という中での、今回の代車5代目EクラスW213です。先進の安全性も纏ってのアップデートです。



 EOS 5D3 + EF50mm F1.2L USM

グレードはE200(autocar試乗記)。販売価格6,750,000円也と、いいお値段です。



 EOS 5D3 + EF50mm F1.2L USM

何らの知識なく乗りましたが、ATが9速になったのは体感で予想がついたほど、スムースに思いました。無段変速機かのごとくなシフトショックレスです。


 EOS 5D3 + EF50mm F1.2L USM

「うわ~かっこいい、中こうなってるよ」と、いつもと違うクルマはだいたい褒める傾向。メルセデスの内装で一つ残念に思うのは、見た目の整然さから致し方ないことですが、テンキーがなくなっていく一方なことです。テンキーがあるとナビの電話番号入力に、選曲/選局など便利この上ないと思う次第です。




 EOS 5D3 + EF50mm F1.2L USM

アンビエントライトも細やかに調整でき、公称では64色から選べるとありますが、数えると70色以上あったような気がしつつ、色調の関係でかぶっているのもあるやもしれません。普段から細やかに調整することは想定しにくいですが、広い選択肢から好みの色を選べるいう意味では、これぐらいあってもいいのかもしれません。



 EOS 5D3 + EF50mm F1.2L USM

このメルセデスもスポーツモードにしても、十分街乗りで使えるように思いますが、スポーツモードでは少々エンジンブレーキがきつめかもしれません、と思いました。その他は運転しやすく、いいクルマなわけですが、先進性以外についての味のような部分について私はW212のほうがよいと思ってしまいました。小変更を繰り返すうちに、また素晴らしい仕上がりになってもいくのでしょう。自動運転技術以外のアップデートは、高度に成熟製品ゆえ、まるでカメラのごとく買い替える魅力に乏しいとも思い、各自動車メーカー、優秀な高品位かつ高耐久の商品を造ることがジレンマのようにも思い。なおドアの開閉音は際立って秀作に思いました。



 EOS 5D3 + EF50mm F1.2L USM

という代車で、よみうりランドへ一年振りにドライブへ行きました。前回のよみうりランドすら二回に分けてブログを認めている己にがくぷるです。




 EOS 5D3 + EF50mm F1.2L USM × flickr.com
4E8A0232
若いカップルのデート素敵ですが、こちらのカップル、撮っているときは気づきませんでしたがあとでも写っていました。他意はありません。


 EOS 5D3 + EF50mm F1.2L USM

まずはクルマの乗り物から攻めるようです。



 EOS 5D3 + EF50mm F1.2L USM

ここだけでも動画に加えて、写真も何枚も撮ります。



 EOS 5D3 + EF50mm F1.2L USM

二回目の乗車。何かが気になるようで、いいところでこちらをなかなか向いてくれません。など様々な要素があり、いいと思える写真は一枚ないし二枚程度、そのための数撃ちです。



 EOS 5D3 + EF50mm F1.2L USM

友人と家族ぐるみで出かけた際にも二時間少々で600枚ほど撮りました。いい一枚に巡り当たるためですが、それでも遠慮もあって少ないほうに思います。


 EOS 5D3 + EF50mm F1.2L USM

そして後日友人に言われます。私のようにたくさん写真を撮るパパになってほしいと奥様から言われたと。



 EOS 5D3 + EF50mm F1.2L USM

この間も出かけたときスマホで三枚しか撮ってないよと友人は続け、わたしは単なるカメラ好きなだけだから、と返します。でもたくさん撮ってあげてと付け加えて。私が一枚、



 EOS 5D3 + EF50mm F1.2L USM

ロボットに変身しはじめを家人が一枚。しかし人それぞれあり、私の場合は子供にみかんの皮を剥く程度で、料理含めこれら系はすべて家人へ託していますが、


 EOS 5D3 + EF50mm F1.2L USM

その友人の場合は、子供が夜中に喉が渇いたと起きれば、りんごを剥いてあげたり、スペシャルな優しさ、愛情に、それらの伝え方、溢れ方があるように思います。



 EOS 5D3 + EF50mm F1.2L USM

あるいはシングルマザーの方であれば、写真どころか、料理する機会も減り、そもそも接する時間も少なくなり、もしくはクルマでドライブなど遠い夢。というケースもあろうかと思いますが、私はこの口で育ちましたが、溢れる愛情を注いでもらい、かつ苦労して育ててもらったと感謝一入の気持ちで、写真が少なくとも何ら不足を感じたこともありません。



 EOS 5D3 + EF50mm F1.2L USM

他方で「正直、子供めんどくさいんだよね」という人も身の回りにいました。


 EOS 5D3 + EF50mm F1.2L USM

石原良純氏いわく、慎太郎氏は「うるさいからあっちやっとけ」や「煩わしいから食事は別だ」と子供を奥様に任せっぱなしだったそうです。しかし子供三人の学歴を見れば、相当に教育に配慮した痕跡を如実に見てとれ、いずれにしても三人とも相当に立派に育っていると思われます。


 EOS 5D3 + EF50mm F1.2L USM

おどろきもした周りの言動としては妻子ある三十代後半の男が「高校生みたいな話をしていいか」と私に言ってきました。「もちろんどうぞ」と言うと、そのときに付き合っていた彼女のことを「生まれてはじめて人を好きになった」と発し、たしかに薄情軽薄なところがあると思われる性格だったのですが、子供のことはどう思っているのだろうと疑問に思ったことがありました。


 EOS 5D3 + EF50mm F1.2L USM

あまりに情緒が軽薄で淡泊な環境で育てると、その子も極度に淡泊になるやもしれない、とその親御氏や育った環境も知っていたので思った次第なところはありますが、


 EOS 5D3 + EF50mm F1.2L USM

世の中には実に様々な人がいるということを、子に伝えていきたい、とは思います。


 EOS 5D3 + EF50mm F1.2L USM

光景が目に入り、軽くボカすために適当なところでピンをもらおう、という内心の形成過程を経ただけの一枚。あとで見れば遊園地冒頭のカップルでした。二回も失礼しました、お幸せになってくださいませ。



 EOS 5D3 + EF50mm F1.2L USM

「その失敗を多くの人に共有しなさい」と教示を受けたことがありつつ、この場では限界がありますが、



 EOS 5D3 + EF50mm F1.2L USM

事象は数あれど、あるいは一つの切り口でいえば、私費とも言っていいもしくは個人的に最低に見積もっても京都の球場、土地取得費込み分ほど、言ってみれば散財し、


 EOS 5D3 + EF50mm F1.2L USM

無形資産もどきと言ってもいい、人を育てることに投じてきました。試算の仕方によってはもっと莫大な授業料も支払ったといってもけして過言ではありません、と思います。馬と鹿と言ってもよいでしょう。


 EOS 5D3 + EF50mm F1.2L USM

そこまでして得た、現状の結論としては「教育とは能力をその人の限度内で引き出すことである」というものです。これにはいくつかの意味がありますが、より高い階段に登ろうとしたときに登りやすいようにこれら失敗含めなんとしても子に伝えていきたく思っています。夜の無題使いは些細な出費の通る道として、本当の不要な無駄使いをせず、次へ行ってもらいたく。私よりも秀でているこの子の祖父な血を多分に感じるので、安心はしていますが、ゆえに痛みは知っておいた方がよく。



 EOS 5D3 + EF50mm F1.2L USM

冷えてきたのでライトアップはそこそこに帰途へ。こちらのニューモデル。益々隣接するモデルとの差がわからなくなります。



 EOS 5D3 + EF50mm F1.2L USM

私的に一つ分かったことはクルマへの興味がやはり無くなっているという確認にはなりました。


 EOS 5D3 + EF50mm F1.2L USM

パズルが上手になってきて、その話を寝るときにしてくれたりな中、詳細は割愛しつつ、薄々そのときのことを覚えているのではないかと思いながら、話しをしているとハイハイもする前だった生後数ヵ月の記憶をおぼろげながら持っていました。そしてその出来事の影響を強く感じます。生後数ヵ月、あなどるなかれでとても大切に思います。



おまけ
 EOS 1DX + EF85mm F1.2L USM

鞄とカメラ。旅行に楽しいという形容詞が付いて、連想される素敵な組み合わせをみんカラで拝見し、トライしてみました。なかなか難しいものであり、またトライしたいと思いましたが、一つ楽しみになりました。


Posted at 2017/02/12 20:54:55 | コメント(5) | トラックバック(0) | クルマ・自動車 | 日記
2017年02月11日 イイね!
回顧録5 冬の終りに向かい



Cyber-shot DSC-RX100M2






横浜。



早めについてカメラ散歩。



この日は、これから私が進もうとしているたまたま同じフィールドの方を、実行力豊かな方に引き合わせてもらい。後に一助となっていくことになりました。



貨物列車は音の迫力が違うように思います。




昨夜は日帰り出張が政府専用機のような方に、美味しい鉄板焼きをご馳走になりながら、私がやろうとしている小さな事案にも関わらず助言をもらい、一席のセットもしてもらうことになり、出資もしたいとも再三再四ながらそこはお金を絡ませたくない付き合いゆえお気持ちだけ頂戴したく。



他方、とある資産家の方からも数億出資したいとのお話が。



潔癖ゆえか人のお金を使うことは融資・投資ともに一切受けず、エクイティだけできましたが、



他方でレバレッジをかけてワープするべきだ、とのご意見も散々頂戴してきて、



あるいは昨年あった出来事で、自らのいいところは自らに継承しつつ、随所で違う考え方、やり方は取り入れてみようと思い、



外部資本という選択肢も取り入れてみようか検討していたらの流れで、潮流変化を感ずるものの、さて。



いずれにしても、各所で応援や協力をもらい、少しずつ進んで行っているのを感じ、次の山を登る気合が高まり。




つまらない日本一としては、狙ったわけでもなくある日、直系ディーラーからの指摘で、とある自動車の累計と保有が気が付けば、ということがあったのを後進が夜の店でネタにしていたので先日思い出しましたが、




もう一つの日本一、こちらはビジネスの側面として、単年度ながらファイナンス系に勤めるこれまたとあることで日本一になったことがある友人よりの指摘で、質やボリュームは異なるながら件数だけは日本一だったこともありました。




件数だけはこなしたあることは、井の中の蛙的にはやり方を発明し、開発し、開拓もし、さらにはこれらを遂行する恐らくは日本でも稀有な部隊をこしらえて、というところまでやったと自負していますが、総量ではその特殊な部隊に10年がかりで抜かれたものの、一件あたりのボリュームでは抜く者は結局として現れずでした、という過去を思えば、まだまだやれるであろう加齢してきた自負の鼓舞。



このやり方を事細かに教えた時期もあり、外部へ漏れて真似をされたこともありますが、



その核となる大変さは後のハンドリングにあるので、ここが理解できないとあとで苦しむことになります。同じように、私もとあることを模倣する側になり敷衍する構えですが、見えない紆余曲折や核心を想像してみて、難しさの芯をできるだけ事前に捉え経験でカバーしてみたく。この日は最たる友が上京し、一瞬家族と会わせた後、二人で一杯やりにいけば、本気で惚れた女性と破局したばかりらしく、ヒサロまで行くようになり、薄っすら髭も用意し、ちょいわるおやじになっていました。タイプは正反対ゆえに、友としての関係が続いているのだと思われ。




あるいは、振り返ってみればそのやり方は重大な欠陥を内包していました。



トミカをいくら集めても、本物の自動車にはならないかのごとく。もしくはインパクトをもたらすやり方ながら、そのまま続けていても、雲を突き抜けることが出来ないやり方です。加えて、劇薬のような効果があり、副作用も大きくある手法という一面も大いに。




とはいえ、視点を変えてこれに取り組めば、つまりは改良すればまた価値を見出せるやもしれずで、



友人がウルトラCと呼ぶとそのやり方は本格的な稼働としては封印気味にするものの、



必要があればセット物のパーツの一つとして勘案しようかとは考えています。こちらのお店再オープン。



この日は電車で東京駅へ。



このような写真を撮ってはいますが、すでに遅刻中です。




後進が先に打ち合わせに入っててくれているゆえ、もう一枚。




帰りは写真のギャラリーに寄ってみました。なかなかに素敵な写真が揃っており。



写真ギャラリーにて刺激された一枚。もちろんそんな訳はありません。頼んでみたらメニューにないオーダーを受けてくれ。


 EOS7D2 + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM

昨年あったマイナス要素も、長い目でプラスであると激励も頂きつつ、




次へ向けて思いのほか整って来た感があり、協力者が増え、スローでやっているながらむしろ周りのペースが速まっており、「よしやるか」という心境も増してきている中、アウトプットでも心象固めを推し進めてみる週末。




 D810 + シグマ35mm

この日は家族をクリスマスシーズンの銀座へ送迎モード。用事から戻ってくれば遠くから「パパー」と大きな声が聞こえ、駆ける息子を見て店員氏が微笑んでくれていた夜。



 D810 + シグマ35mm ×flickr.com
DSC_2112
ライトアップされたSLを見せてあげたくて、新橋にクルマを回して記念撮影も行い、



 D810 + シグマ35mm ×flickr.com
DSC_2121d
しばしSLをぐるっと見て、歓喜していたクリスマスシーズンの新橋。


 D810 + シグマ35mm

せいぜい都内が長距離になった元ドライブマシーン。出番がめっきり減っていました。今もですが。



この日は友との飲み。飲み会を一時抜け出して来たという隣のお客氏となぜか盛り上がり、このような作品の完成。



友とのささやかな忘年会も済ませ、



 α7 II +EF85mm F1.2L II USM

師走にした数少ない仕事モードのため、


 α7 II +EF85mm F1.2L II USM

途中で枯れ葉を連れ立って出動。ネットの世界に時間を興じる暇があれば、より楽しい現実という時間に投じたほうがよい、と思っていましたが、いつの間にやらどっぷり浸かるこの二年ほど。春ぐらいからはもっとライトにしていこうと考えています。しかし年月が経ってから後進が目を通してくれている、とあるコンテンツ。ピンポイント的に役立つ日が来ると思えば、もう少しとも過り。




 α7 II +EF85mm F1.2L II USM

10年振りに文房具も触って「自らやる」という意思を強めるためにも内職。


 α7 II +シグマ35mm

足しげく通った頃。内職と合わせて、自ら動くからには今までと同じレベルではつまらなく、桁をいくつも変える、あるいは飛びぬけた仕事をしないと、とも思いつつ、


 α7 II +シグマ35mm

はじめて撮った世田谷線をぼかしすぎて、反省もし、



 α7 II +シグマ35mm

住宅街の優しいネオンを見て、心温めながら家路につきました。近所のまとまった土地が寄附をされたようで、公園ができるらしく、今年はさらに段々とよくなりそうです。


 α7 II +シグマ35mm

みかんを頂き、後日これを友人にお裾分けすれば時間調整で入ったフィリピンパブで配り、その後のラウンジでも配っていたひとときもありつつ、いくつかは友人の子供に届いたのでひと安心。




学生の頃はよく遊びに行った街、下北沢。




渋滞を逃げていると、踏切渋滞に捕まって。



この日は表参道からの



赤坂コース。バレンタインの日も同じコースを辿る予定ですが、お相手はあいにく女性ではありません。




見送って、ラーメンでも食べようかとうろついていると、



花屋で10年振りの人とばったり。母親に花でも買って帰ろうと思ったらしく。そのまま中国人スナックへ拉致されるも、途中で抜け出した艱難辛苦。



タクシーで帰途に就き、



深夜もやっている本屋に寄って至福の日高屋タイム。



最近はこのような年代のクルマに惹かれる、老齢化への懐古的反抗期。



年末近くは人生のパートナー探しをしている後進が「内装がキャバっぽくない」という理由であまり好きではないお店にも寄り、内装よりも実が大切ではないか、という助言はいつも届かず、



一年の激動を労いながら飲み納めをし、


 1DX +85F1.2

二歳も終わりに近づいた頃に、描いてくれた似顔絵の誕生日プレゼント。10秒たらずの瞬作ながら似ていると家人から大絶賛。これらを得て、こうして私の冬は終わりを迎えようとしている、そんな気がしています。




晴れやかに明けて今年、晴天の御茶ノ水。こちらでプレゼンを受けるために、20年振りに電車で降り立ちました。




学生の頃、うろついた楽器店も見て回り。



赤羽にも顔を出し。夜道で見知らぬ女性が痴漢にあったようで交番へ行ったことがあったり、家人やあるいは周りの女性の痴漢体験談を聞いたこともあり、中でも一番は尿をかけられたことがあるというものでした。すっかり忘れていましたが、そういえば私も高校生の頃、三回痴漢にあったことがあるのを思い出し、家人にいえば「最近?」と質問され、そんなわけはあるわけもなく。はじめてはトレンチコートを着た紳士に改札を出たところでいきなり抱きしめられ耳元で「あぁ~君可愛いね」と言われ、勝気な性格にも関わらず現実が理解できなく足が竦んだのを思い出せば、子供もそのうち経験するやもしれずと思い。いろいろな人がいます。



帰りに割烹をイメージしたという新装のラーメン店に寄り。美味しいスープでした。






そろそろ人生の特急を目指して。





コンデジを持ち歩くことが減ったので、あるか不透明ながら、またいつかの回顧録につづく。完



Posted at 2017/02/11 15:30:08 | コメント(8) | トラックバック(0) | 街でカメラ散歩 | 日記
プロフィール
「@mimaki おはようございます。一日のスタートに拝見すれば、清々しい気持ちにさせてもらいました。ご自愛を下さいませ。」
何シテル?   02/18 06:09
ドライブへ行こうです。よろしくお願い申し上げます。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
ファン
163 人のファンがいます
愛車一覧
メルセデス・ベンツ Sクラス メルセデス・ベンツ Sクラス
2015年式W222型S400ハイブリッドAMGライン・ラグジュアリーパッケージへ、20 ...
メルセデス・ベンツ Eクラス セダン メルセデス・ベンツ Eクラス セダン
2009年式W212(前期型)へ2008年式W211(後期)から乗り換えました。 リー ...
メルセデス・ベンツ Eクラス セダン メルセデス・ベンツ Eクラス セダン
メルセデスベンツ08年式 W211 E 300 アバンギャルドSへ、半年しか乗らなかった ...
BMW 116i BMW 116i
BMW116i スポーツにCR-Vから乗り換えました。排気量が小さいのでエンジンも回せ、 ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.