車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月10日 イイね!
一枚の写真で遊んでみよう。 












 EOS 5Ds R + Carl Zeiss Otus 1.4/55 ZE

オリジナル画像。撮って出しを、タイトルの割にはあれですが、一枚の写真を幾通りか。



 EOS 5Ds R + Carl Zeiss Otus 1.4/55 ZE

気持ち、寒色。


 EOS 5Ds R + Carl Zeiss Otus 1.4/55 ZE

こちらは暖色風。


 EOS 5Ds R + Carl Zeiss Otus 1.4/55 ZE

コントラストを強めにしてみて。


 EOS 5Ds R + Carl Zeiss Otus 1.4/55 ZE

トリミングしてみて。


 EOS 5Ds R + Carl Zeiss Otus 1.4/55 ZE

さらにトリミングしてみて。


 EOS 5Ds R + Carl Zeiss Otus 1.4/55 ZE

モアレを見つけてみて。


 EOS 5Ds R + Carl Zeiss Otus 1.4/55 ZE

インスタント調、というのにしてみて。DL購入して3分後に50%OFFを見つけた画像ソフト。凹みました。




 EOS 5Ds R + Carl Zeiss Otus 1.4/55 ZE

ロールマッピングというのを上げてみて。画像を整理する体力がなく、一枚を弄って10分というときを過ごしてみました。


 EOS 5Ds R + Carl Zeiss Otus 1.4/55 ZE

モノクロにしてみて。


 EOS 5Ds R + Carl Zeiss Otus 1.4/55 ZE

夕日調にしてみて。来春以降、撮影枚数も減少していくことが予想されるので、RAW撮りを増やしてみようと思っています。調整やレタッチの幅が広がることになるので、少しずつ再トライします。



週末はドライブへ行こう。


Posted at 2016/12/10 08:58:45 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月09日 イイね!
望遠レンズを持って、近所の散歩に行こう。 雪の日一筆書きも。










  EOS 7D2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

飛行機を撮るためのセットかと思っていましたが、これが秋の街と相性がよいと思う散歩の前日。


  EOS 7D2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

「あぁ~雪、積もらないかな」などと、雪が降るたびに発していた専業主婦14年ほどの家人。


  EOS 7D2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

「世の中で仕事している人の気持ちになってください」と毎度返してきました。


  EOS 7D2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

しかしこの日は歯医者でクリーニングの日だそうで、自らの外出予定があれば「積もらないでほしい」と言うので、つっこみを入れる定石。


  EOS 7D2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

歯医者へ送っていく道すがら、私にとってのいつもの公園前に一瞬車を止めて。



  EOS 7D2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

家人が歯医者へ行っている間は、クルマを駐車場に止めて、



  EOS 7D2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

コンデジ片手に、子供を連れて、バスに乗り、三駅分ぐらいバスドライブしました。慣れないバス路線のため、降り間違えて駅まで10分ほど歩き、




  EOS 7D2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

雪降る一筆書きな小さい旅をしました。


 RX100M4

結局、家人が歯医者へ行っている間を越えて、一筆書きをしてしまいました。


 RX100M4

電車を三路線乗り、雪の影響で止まっていた特急にも触り、中を覗き込んで、


 RX100M4

人が多い大きな駅も歩き、


 RX100M4

途中から抱っこになり、そのような雪が降った、



  EOS 7D2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

その翌日、まだ雪が積もっているであろう、いつもの公園へ同じく望遠セットを持って。左右異なる靴を履きたいという申し出に、私はどうぞ好きにしなさい、家人はダメ、で多数決原理の強行採決。



  EOS 7D2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

同じスニーカーなら色違いもいいですが、高低差が長く続くと体によくなさそうであり、履き直させる用の靴も忍ばせて、散歩です。


  EOS 7D2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

望遠を持って、近所の散歩をすることも、そうはないので新鮮な画角です。


  EOS 7D2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

100mm×APS効果1.6で換算160mm。じっとしていない子供に負けてシャッターを押した精細感のなさ。


  EOS 7D2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

400mm×同1.6で560mm、ぐらいの距離でもどんどん先へ行ってしまいます。一点AFポイントを動かさず、AFしたあとに構図を作りますが、被写体が走っているので被写界深度はずれてしまっています。言うこと聞かずさらに先へ行ってしまうことも多いですが、このときは振り返り向かって走ってくるのでAFで掴んで連写体制。


  EOS 7D2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

この日、後半は一人で望遠を持って街をうろつきましたが、この公園さして大きくないながら、鳥撮りな年配の方が望遠を持って歩く姿も散見され、意外と街に溶け込めているはずです。


  EOS 7D2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

日が当たる高所気味な葉へもすっと寄れて、


  EOS 7D2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

望遠でボケ味も作りやすく、


  EOS 7D2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

望遠で水槽を覗く中年の純粋な心にも対応してくれて、


  EOS 7D2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

普段は寄れないところにもワープするかのように切り取れて、


  EOS 7D2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

光量さえあれば、こちらのセットとてもよいだけでなく、秋の街中とも相性がよいように思います。


  EOS 7D2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

現状で2旅行分ほど、ブログが溜まってしまっています。一ヵ月遅れから、二十日後追いまでリアルタイムに近づいてきましたが、年末までに追い付けるか。という中で三泊ほどどんぶりで計画しています。


  EOS 7D2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

ここ数ヵ月、自らプレイヤーとしても動いている中で、モバイル端末の必要性を感じています。10年以上ぶりに持ち運ぶ用にノートPCを仕入れる予定ですが、実現すれば旅先でもブログをUPできる、カメラとの夢の共演。


  EOS 7D2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

望遠なので、ついつい鴨を大きく撮ってしまいますが、秋らしさがないと思い、


  EOS 7D2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

水面に反射する秋の色を入れてみましたが、鴨のお尻が見切れてしまいました。IS(キヤノン手ブレ防止機構の名称)に慣れておりません。


  EOS 7D2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

実現すれば社会に出てから16年かかってやったことを一面では数ヵ月で超えることができる、私にとっては非常に重要な仕事にしかかっており、


  EOS 7D2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

三泊も旅行している場合でもないのですが、来春以降は幼稚園が本格的にスタートするので週末や夏休みなどしか旅行もできなくなりそうな中、


  EOS 7D2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

うまく調整して強行してしまおうかと、思案中です。


  EOS 7D2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

雪が降った翌日、積もった雪と紅葉でも絡められるかと思いきや、ほとんど積もった気配がなく。かろうじて池に残っていた雪。


  EOS 7D2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

年始はじぃじが仲間との恒例旅行で不在な中、ばぁばも連れて温泉へ、


  EOS 7D2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

さらにその後は、近場の海外あたりを思い描きながら、大事な局面の中、仕事も旅行もタイミングを逃さないようにしたいものです。



  EOS 7D2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

先客なお子さんが作ったであろう、雪の工芸品。可動式だと思われます。


  EOS 7D2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

若い頃に、ハワイ旅行一回分の写真をすべて削除してしまったことがあります。


  EOS 7D2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

仕事が忙しい中で、またハワイに行こうという運び、仕事を全部片付けていくので、かなり忙殺気味になっていたところに、誤ってデータを消してしまいました。データ復旧すればよかったと今さながらに思いつつも、当時撮っていたデータの大半が行方不明です。


  EOS 7D2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM +
トリミング


かなり大胆にトリミングしてみました。トリミング耐性も十分ありそうです。


  EOS 7D2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

元はこれに近い絵です。


  EOS 7D2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

海外旅行前に、働き盛りのお父さんが心臓発作を起こしやすい、というニュースを見たことがあります。


  EOS 7D2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

仕事を片付けるために、無理をして過労となり、というのが原因だそうですが、海外旅行検討されている、普段お忙しい方は十分にお気を付けください。


  EOS 7D2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

とカメラオタクが、カメラ遊びに勤しんでいる中で、カメラを二台、レンズも動画にも使おうと思い二本、注文してしまいました。調子に乗ってさらにもう一機行きそうでしたが、冷静になりました。せめて注文したのが届いて、使い込んでからにしよう、と。


  EOS 7D2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

一台は少々時間がかかるらくし、待ちきれず即納物件にも手を出しての二台です。


  EOS 7D2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

次へのステップ的な要素も加味して、非常に面白いと感じています。


  EOS 7D2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM + トリミング

高高度に飛ぶ小さな粒を「あっジャンボ」というので、ズームして確かめて。


  EOS 7D2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

加えて、液晶が割れていたD7100。子供のおもちゃにしていましたが、結局修理をしました。修理費用2万円、中古の販売価格2万円という悩ましい修理費用でしたが、どれも愛着があるので、4年物ぐらいになりそうな、RX100無印も多少ベンチ入りですが、使っています。


  EOS 7D2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

リリースしたのは、キヤノンミラーレスカメラM3一式だけです。あまりに使わなく、以前に後進へ譲り、多少活躍をしているようです。来春までがカメラのピークのような気もしていますが、それまでは鋭意カメラオタクを楽しみたいと思います。


カメラオタクになろう。



Posted at 2016/12/09 16:14:02 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月08日 イイね!
シャボン玉 パートII。 シャボン玉がはじける瞬間。









 EOS 5Ds R +EF70-200mm F2.8L IS II USM

シャボン玉を撮ろう。 パート1 カメラレンズいろいろで」を撮った夏から半年、面白いのが撮れたのでシャボン玉パートII ながら今回はさらっと。


 EOS 5Ds R +EF70-200mm F2.8L IS II USM

シャボン玉発生装置、いろいろなのを試し進化しています。最近では子供でも作りやすい電動タイプ。


 EOS 5Ds R +EF70-200mm F2.8L IS II USM

なかなかイケているシャボン玉が出来た様子で、中庭から「見て、見て」の声。


 EOS 5Ds R +EF70-200mm F2.8L IS II USM

カメラを手に取ってシャボン玉。次はロケーションにこだわりたいところ、と前回も思いつつ、公園で撮っていると、一瞬の表情を狙うあまり、シャボン玉だけ撮るのはなかなかタイミングが難しいものがあります。


 EOS 5Ds R +EF70-200mm F2.8L IS II USM

そしてシャボン玉がはじけはじめる瞬間が撮れました。スーパースローな動画もありますが、通常では動画でも肉眼でも見れない、カメラならではな切り取りに思いました。


 EOS 5Ds R +EF70-200mm F2.8L IS II USM

その次の瞬間。すなわちシャボン玉を撮るのも連写。


 EOS 5Ds R +EF70-200mm F2.8L IS II USM

シャボン玉を水攻めしはじめて、この辺で私も退散。


いつかシャボン玉パートIII につづく。



Posted at 2016/12/08 18:00:11 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月07日 イイね!
旅の帰路もいろいろ寄って、ドライブしよう。












 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

新幹線MAXを見て、予定外のSLとNODOKAに遭遇し、蕎麦と油でお腹を満たし、撮れなかったものの虹も見たあとは、思いのほか遅くなって谷川岳ロープウェイに到着です。本格的な雲海に山脈の写真。驚異の担識がなくては撮れない一枚の数々。


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

「雲で何も見れませんがいいですか」と駐車場で言われたものの、せっかく来たのと、そもそも乗るのが目的なので選択肢は一つです。眺望が望めないため、カメラも便利ズームをクルマに置いて一択という心の清々しさを連れ立って。


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

あれだけ澄み渡る青空だったのに、上空を飛ぶ飛行機からすればその雲海の中。SLと戯れているときに谷川岳方面に重い雲が見え雲行きの怪しさを思いましたが、案の定、山の天気は分かりません。「ロープウェイは晴れた午前中がベターである」という家人の持論を聞きながら。


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

脈絡はありませんが、記している横のPCが奏でるyoutubeからキヤノンのCMが聞こえてくれば、シャッター音、D810が形式的客観性溢れる主観により、最も好きであると感じているところですが、連写したときの音は1DX大変すばらしいものがありつつ、TPOを選ぶことと、寝ている子供を撮るにはいささか派手な音量とも思い。


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

滅多に撮れないと思っていた雲の中の木。思いのほか、すぐに再開し。


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

「あっおっきい」と声を上げて。最近は「けっこう大きい」「けっこう小さい」とサイズの概念も、いや物差しがいろいろ増してきているようです。


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

どことなく雪が降っているかのように撮れました。そのうちスキーまたはスノボーに行くのか連れて行けるのか、こちらの体力と気力次第。


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

「本当に自由人だなぁ」という感想を頂くほどの、天真爛漫寄りな自由奔放さ。


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

雲が過ぎ去りつつあり、もう少しいれば視界が広がりそうでしたが、時間もあるので、そろそろおいとまします。


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

楽しいワンダー的ランドでした。



 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

さらにもう一ヵ所、「下りホームが新清水トンネル内にあり、駅舎(地上)からは10分ほど階段を下りないと到達できない「日本一のモグラ駅」として親しまれている。wikiより」。どれほど太ももや老化した軟骨に親しまれているのか未知数ながら、そのような土合駅に寄ります。


 EOS 7D Mark II + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM

丁度、上りが停車。


 EOS 7D Mark II + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM

利用者の一例。


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

ちょっとしたミステリアスダンジョンの装いです。


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

もう少し進むと、物凄い風が。子供が怖がって中断。この先にある扉のあたりまで行きましたが、扉を開けたその付近では大人でも立っているのが大変なほどの風で、事情も分からず突然の強い風に怖いくらいでした。換気かと思いきや、地下に電車が通ると、突風が吹き抜けるそうです。


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

晩秋感じる風景をあとにして、


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

道の駅で日本酒も仕入れて、いよいよ高速に乗り、帰路に就きます。


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

赤城高原SAにて、美味しいいちごを探すも、早くて12月からとのことでした。



 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

伊香保の綺麗な夜景一歩手前にほだされる、車内は簡易ベッドな一人ドライブ状態。


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

光りの軌跡を見て撮って、渋滞に遭遇しながら、


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

関越道寄居SAにて、イルミネーションを見ながら小休憩。


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

ねるときは絵本ではなく、youtubeのときもあり時代を思いつつ、旅客機の雑誌が大半で。最近はエンジンが大好きで、エンジンメンテのページで「見てこれ見てこれ」と大興奮、寝る前なのに。


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

「飛行機のエンジン欲しい」というので「どこに置くの?」と聞けば「羽田」と答えるようになり。しかしベースは成田の心なようです。「いつもの空港行きたい」との申し出に「どっち」と聞けば「成田」というようになりました。ジャンボがたくさん見られるのが、その理由とのことで。


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

最近では「ほんもののジャンボほしい」と言われ、さすがにそれは応えられずですが、検討するならば、エアラインの株式を少し買ってそれで持ち分は限りなくゼロに近いながら所有しているという理屈とするか、もしくは航空機リースの債券を持ってみるか、本旨とは異なってきそうですが。



 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

一年前にブルーインパルスが飛ぶ時間まで把握し、むしろ空港行こうと誘い水をする、何気に飛行機好きな家人の血かもしれません。


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

スイス航空が一番好きなのは変わりないようですが、最近はエア香港が大のお気に入り。先日はエア香港ジャンボの夢も見たそうで。


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

「ANAのジャンボが見たい」、「ANAはジャンボないんだって」、と車中後ろから会話が聞こえてくれば「じゃあJALは?」とママに質問しており、エアラインと機種が別々である理解も順調に進んでいるようです。



 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

もうクリスマスの時期。街を歩いていても、クリスマスソングが聞こえてきます。


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

もう少しで私も年を一つ重ね、子供も数えで三歳となりそうな中、毎日ヘトヘトで寝落ちの連続。


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

記憶の家計簿、すなわちこちらのジャポニカ万覚帳(よろずおぼえちょう)にもお世話になっております。


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

もう少ししたら、そろそろ海外旅行計画を検討しだしてもいいかもしれません。


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

と思い、家人へ提案してみれば「私も考えたんだけど幼稚園」がどうのこうの、に対し休ませればと再度食い下がるも、交渉難航中です。


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

そして行くとなれば子供のパスポートも手配し、あるいは我々親のパスポートは期限がどうなっているのか確認もしなければなりません。前はスタンプを押すページがいっぱいになり、追加してもらった経験も思い出し。そして世界から見れば日本のパスポートはトップクラスに非常に便がいいという日常的健忘。


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

個人的に今まで取り組んだことがない仕事を、ゆっくりと組み立てています。完成するか否か、逸り、焦る気持ちと対峙しつつ。



 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

渋滞にて一般道で帰ることに。見たことない景色に、見慣れなさが霞という増幅装置が設置され、新鮮な気分に拍車も掛かり、終盤も楽しいドライブです。


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

「ママ、どこだここ」を連発するドライブ日誌。


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

多少遠くとも、新しい景色に、動く視野のほうが暇をしません。ディーラーのキッズコーナーが目に入ったようで行きたいと。



 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

様々な業態に、色々な言葉。


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

「ママ美味しいよ」とスパゲティをほめられ、これで褒められてもという家人。気持ちはわかるものの、素直さが足りなずな、そんな日々もありながら、旅行もあり。


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

いつの間にやら、あちらこちらに巨大商業施設。今度ここへも。ドライブ先リストに入りました。


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

電車を撮って、


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

お客様のために、そして自分のため、家族のために仕事をまだがんばっている様子を見て、


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

この日もばぁばに手料理をご馳走になり、家人もしっかりと休養できたはずで、シーマ熱は冷めだしているのを確認した旅を終えました。


カメラを持って、出かけよう。

Posted at 2016/12/07 08:53:05 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月06日 イイね!
見たことない鉄道を見つけに、ドライブへ行こう。 猿ヶ京後編、水上温泉郷周辺









 RX100M4

稜線からこの日の太陽が顔を覗かせました。私も子供もまだ寝ている頃、家人が撮っていた前後数枚の一枚。


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

福島からご旅行に来ている方々、およびバスに手を振って。目を凝らせばお姉さま方が手を振ってくれるも、スモークガラスで子供には分からなかったようです。


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

ロビーにいるペッパー君と話しも少しして、


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

ささやかな朝食であっても、PAであっても、デジイチを持って徘徊する根暗です。


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

私のビュッフェ、仮に美味しくなくとも乗り切れるサンドウィッチ仕様。近所の蕎麦屋、居酒屋、あるいは日高屋の野菜炒めでも十二分に満足感を得られ、むしろ質素なお茶漬けやおしんこが好きであり、安いビジネスホテルのバイキングもウエルカムなほどに食にはうるさくない方ですが、食材や世界中の貧しい子供達を思えば、感謝もしつつ、宿泊料金との大きなかい離は見られ、以下略。



 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

食後のペッパー君。だいぶ近寄れるようになり、親近感も湧いてきたようです。子供より、大人を認識してしまいます。肌色面積が大きいほうをフォーカスしてしまう、カメラの顔認識と同じようです。


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

子供はもうひと風呂入り、


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

私はもうふた風呂入り、


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

チェックアウトします。


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

一旦外に荷物を出して、クルマを取りに。


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

谷川岳のロープウェイも行く予定、晴天で期待できます。



 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

たまたま寄ったコンビニ横から、相俣ダム、通称赤谷湖を眺めて。


 EOS 7D Mark II + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM

いつもジャンプし、跳ね飛び回り、プードルにはそのようなイメージがありますが、大人しい子でした。


 EOS 7D Mark II + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM

風景の基本は広角とすれば、スマホで撮ったほうがよかったかもしれません。いずれにせよ、風景とは何を撮るべきか、そこからしてまだ何も分かりませんが、この下にはその昔村があり、それを撮ることはできず。

 EOS 7D Mark II + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM

友人が結婚を機に両親から土地をもらい、太陽光発電をはじめ、これを安定収入とする計画を立てていましたが、どうなったことやら。


 EOS 7D Mark II + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM

「うわ~すごいみて!」とこの景色を、そして落ちる葉を見れば「葉っぱのシャワー」と表現する声が車内聞こえながら、一山越えて、


 EOS 7D Mark II + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM

上毛高原駅にMAXを見に来ました。まずは通過車両。


 EOS 7D Mark II + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM

まるで壁のようにそびえ立つオール二階建て新幹線MAX、プロレス解説風に言うならば『出た鉄道界の万里の長城!いや圧迫面接と言うべきか厚いぞ高いぞそびえ立つぞ!その高さはまるでエレベストの峰に届こうかという勢いであります!いや~ストロングさんすごいですね』という締めは同調を求めつつ、な感じでしょうか、を二本ほどみて、ホームをあとにして、


 EOS 7D Mark II + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM

鉄道写真の勉強がてらポスターを見て、


 EOS 7D Mark II + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM

記念撮影。最近は敬礼がさらに洗練され指先が綺麗にピンと伸びて整い、その結果何かが伝わるのか共鳴か、パトカーのサービスがランクアップしました。



 EOS 7D Mark II + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM

国道291号で谷川岳ロープウェイに向かいますが、


 EOS 7D Mark II + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM

道中、子供が寝てしまったため、時間調整で「水上駅でも寄って電車でも見れば」と家人のすすめでハンドルを切ってみれば、見たことない車両がありました。


 EOS 7D Mark II + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM

JR東日本ジョイフルトレインの一つとして運用されている、NODOKA(シルフィード)という車両のようです。バブルの頃、全盛だった企画車両のようで、今ではだいぶ年季を感じます。ジョイフルトレインとの遭遇は二度目、前は「宴」に遭遇しました。一日1ジョイフル決定ですが、ジョイフルホンダに入り浸ることになりそうです。


 EOS 7D Mark II + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM

を、撮って立ち去ろうと思うと「撮り鉄の人達居るからまだ何か来るのではないか」とのアドバイザリー契約に基づく助言に耳を傾ければ、さらには時刻表まで見てくれたようでSLが来るとのこと。間髪入れず今度はSLが来ました。


 EOS 7D Mark II + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM

急いで子供も起こして一緒に見ることに。


 EOS 7D Mark II + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM

せっかくなので少々予定を変更して、ホームに寄っていくことにしました。


 EOS 7D Mark II + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM

先ほどのNODOKAもホームに入ってきます。


 EOS 7D Mark II + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM

なぜか絞りすぎてF36で一枚。


 EOS 7D Mark II + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM

知らない、見たこともない車両がいろいろとあるものです。新潟基地を基点としているようで、現状とこれから先、都心ではまず見ることはなさそうです。


 EOS 7D Mark II + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM

せっかくなので、粘着性をギアチェンジして掲載。


 EOS 7D Mark II + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM

落ち葉が舞ったので、フルオート。葉を捉える優秀なAFを知り。APSはフルサイズに比べ信じられないほどに隅々まであるAFエリアが広いのが利点の一つに数えられるかと。


 EOS 7D Mark II + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM

JRの形式表示を解説したサイトによれば、スロフは、: 37.5~42.5トン、: グリーン車、: 緩急車( 車掌室(手ブレーキ)がある車両)、オハは、: 32.5~37.5トン、: 普通車、という意味になるようです。数字は電気方式や種別、開発順まで意味を持つそうですが、割愛します。



 EOS 7D Mark II + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM

ホーム端からSL転車台をなんとか見て、もう来るのかと待っていつつ、聞いてみれば2時間ほど、転車台にあるとのことで、



 EOS 7D Mark II + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM

普通車も来たので、少々乗り込み、


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

SLを近くで見ることに。大井川鐡道のSL機関車より、大きいタイプです。


 EOS 7D Mark II + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM

SLみなかみサイトによれば、D51とD61が水上駅を同時出発することもあるようです。


 EOS 7D Mark II + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM

無料オプショナルツアーで濃厚な旅となります。


 EOS 7D Mark II + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM

転車台から徒歩数分、私は駅前の無料駐車場へクルマを取りに行き、


 RX100M4

その間、さらなるオプショナルツアーで、


 RX100M4

楽しいひと時を過ごしていたようです。


 EOS 7D Mark II + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM

じゃじゃ馬そうな地元の方と思われるクルマを見て、出発です。


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

前回は定休だった蕎麦屋に来れました。蕎麦屋も食べに来れるようになったのを思うと、感慨深く、そしてこれまで3年近く美味しい蕎麦屋ドライブがストップしていましたが、再開できる期待も思い。


 D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

蕎麦三人前、子供用のサービスうどん、天ぷら+家人はビールも、を平らげて出発ですが、不覚にも長くなってしまったので、後編その2へ続く。


レアな電車と出会いにドライブへ行こう。


Posted at 2016/12/06 06:37:25 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
ドライブへ行こうです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
お友達
ファン
117 人のファンがいます
愛車一覧
メルセデス・ベンツ Sクラス メルセデス・ベンツ Sクラス
2015年式W222型S400ハイブリッドAMGライン・ラグジュアリーパッケージへ、20 ...
メルセデス・ベンツ Eクラス セダン メルセデス・ベンツ Eクラス セダン
2009年式W212(前期型)へ2008年式W211(後期)から乗り換えました。 リー ...
メルセデス・ベンツ Eクラス セダン メルセデス・ベンツ Eクラス セダン
メルセデスベンツ08年式 W211 E 300 アバンギャルドSへ、半年しか乗らなかった ...
BMW 116i BMW 116i
BMW116i スポーツにCR-Vから乗り換えました。排気量が小さいのでエンジンも回せ、 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.