• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Love RoadSterのブログ一覧

2016年07月31日 イイね!

代車のデミオディーゼルでゆく泉南バス釣りドライブ

代車のデミオディーゼルでゆく泉南バス釣りドライブ









この週末はロードスターの3回目の車検でした。
総走行距離17万8,000km超の過走行車ゆえ、基本的な消耗品交換は一連の車検を通してほぼ一巡した感じです。
整備内容は基本項目に加え、ブレーキ、パワステ、ミッション、デフ等のオイル系統全交換、フロントブレーキパッド交換(実は今回初めての交換^^)、プラグ全交換、エアーエレメント、クーラント交換といった感じ。
諸経費含めそこそこの出費となりましたが、走行距離と年式を勘案すれば素晴らしい信頼性と言えるでしょう。





ただ車検上は全く問題ないものの、エンジンフロントカバーからオイルのわずかな滲みが発見され、今後注視が必要なことが唯一の懸念材料。
最近の添加剤はすごく性能がいいとディーラーでアドバイスもらいましたが、どうなんでしょう?



さて、今回の代車は旬のディーゼルエンジンを搭載したソウルレッドのデミオ君




いい機会なので、バス釣りをかねてデミオ君と地元の泉南地方をひとっ走りしてきました^^



リアシート倒せばバス釣り程度では充分な積載能力。7フィートクラスのロッドも問題なく収納できます。
なんかこんなことしてると、学生時代を思い出すなぁ(笑)当時、デミオやヴィッツのレンタカー借りて、四国のバスフィールドを走り回ってたんですよ!




釣果も満足いくもので朝マヅメ、45センチクラスのバスを一撃で仕留めてやりました^^
スピニングのライトタックルでの近距離戦。激しいファイトにドラグがキュンキュン悲鳴あげて楽しいのなんの。体高あり、鰭もピンとしたナイスなプロポーションのバスと出会うとほんま嬉しい!楽しい時間を有り難う!





さて、デミオ君と1日100km程走り回ってみた感想として、一番印象的なのはなんと言ってもトルクフルなディーゼルエンジン
コンパクトで、車重の軽いデミオ君にはパンチ力のあるエンジンと言えます。坂道の多い泉南地方でもノンストレス。おまけに燃費も郊外ならば平気でリッター20を超えます。
その強大なエンジンパワーに決して負けないスタビリティの高さ、足回りの剛性感が素晴らしい。目地段差の自然な収束にはたまげました。
FFとは思えないハンドリングの自然な感じはマツダ車共通と言えるでしょう。



ちょっと食わず嫌いな感があったフロントマスクも・・・





斜めから見てみると、実に精悍でたくましいフロントデザインが現れます。カッコいい!!





個人的に、現行のデミオ君は斜め後ろからのスタイリングが大好きです。
複雑に隠された躍動的なボディラインが浮かび上がります。じっくり色んな角度からクルマを眺めてみると、ボディラインが浮かび上がって実に面白い。




光量があるとソウルレッドは本当にいい色です。明と暗の対比が素晴らしい。





ロードスターには及ばないけれど、クルマとドライバーの距離もそこそこ近くて先進・安全装備てんこ盛りのデミオディーゼル。すっと、ドライバーの心に入ってきて馴染んでいました。
週末たった1日過ごしただけなのに結構愛着出てしまって思わず、乗り出し価格聞いちゃうほど(笑)おっといけないいけない、これは屋根開かないんだよぉって自分に言い聞かせて、屋根開けて帰ってきました^^



さて、車検後のドライブはどこへ行こうかなぁ。
めたんこあっついから、ドライブへ出る気力があるか心配です^^;



Posted at 2016/07/31 19:18:48 | コメント(2) | トラックバック(0) | 釣り | 日記
2016年07月24日 イイね!

2016年 初夏の北海道を巡る3,381kmの旅 ダイジェスト版

2016年 初夏の北海道を巡る3,381kmの旅 ダイジェスト版








いきなり天候に翻弄され、今年の北海道グランドツーリングはいきなり道東は十勝から 新嵐山スカイパークから望む十勝平野。
このはてしなく広がる風景はまさに北海道だねぇ





初訪問となった十勝平野を一望する十勝円山展望台。ここすっごく気に入りました!




内陸から海へ・・・黄金道路を南下し襟裳岬へ 海霧漂う険しい岬がなんとも印象的




夕暮れは百人浜へ ここのロケーションが美しくて大好きです。今年も素晴らしい風景と出逢えました^^





天候は目まぐるしく変わる。浦幌・昆布刈石はまさに晴れと嵐の境界線でした




いきなり現れたオジロワシ。その凛々しいお姿にしばし見惚れる





今年7月に北海道を訪れた一番の目的は原生花園に咲き誇る花を見たかった!ヒオウギアヤメ咲き誇る大好きなあやめが原にて









今年も快晴の霧多布湿原に出逢えました。いやぁ~素晴らしい!





エゾカンゾウとヒオウギアオギで彩られた霧多布岬 7月にはこんな風になんねんなぁ・・・




ほんとにいいねぇ霧多布岬。。



そして北太平洋シーサイドライン 極上のシーサイドドライブを心ゆくまで堪能し尽す 今年も見事お天気に恵まれました






夕暮れはアゼチ岬へ 雲がとても印象的に染まりました^^





晴れを求めてグランドツーリングの舞台はいっきにオホーツクへ
久しぶりのサロマ湖展望台へ 霧が流れ続けるサロマ湖 大自然が織り成す圧倒的なドラマにただただ感動するばかり







能取湖畔を気持ちよくドライブ 大好きなドライブルート





能取岬の夕暮れ ここで迎える夕暮れもいいねぇ




翌日も再び能取岬へ ここをのんびり散策するのすごく気持ちいいのだ




お気に入りの展望地 網走とオホーツク・知床連山を一望する天都山展望台 素晴らしい眺望です




知床斜里は天まで続く道へ この時期は緑いっぱいでいいね!




道東内陸部は本当に天候に恵まれなかった!美幌峠はこれが限界!





最北の地を目指して しかしオホーツクはずっとこんな空 正直辛かった・・・




しかし夕暮れはこんな印象的な風景に出逢えました 利尻富士に沈む夕陽は毎度ながら感動モノです(泣)





そして快晴のオロロンラインを堪能 お友達と急遽TRGを開催しちゃいました^^




宗谷丘陵は一転して霧模様 目まぐるしく変わる天候に何度も翻弄されました




これまで訪れたことがなかった留萌から苫前の日本海沿い 上平グリーンヒルウインドファームで思わず見つけた気持ちいいとこ^^





初訪問となった道北内陸部の朱鞠内湖 なかなかいい雰囲気でした





稚内で頂いたウニ 利尻水道で取れるウニは絶品の一言!




初訪問となった幌加内は蕎麦の産地 めっちゃ旨かったなぁ^^




蕎麦の花で彩られた幌加内への再訪を決意しました





今年も恒例の北海道を舞台とした旅 今回の総トータル走行距離は3,381kmとなりました。
昨年は春と秋に北海道へ訪れたため、緑深い夏のシーズンは実は一昨年振りとなりました。春や秋も勿論良かったけれど、やっぱり緑深い初夏の北海道もいいですね。
特に原生花園に咲き誇る花々を見ることができたのが、一番の収穫だったかな。海霧が多発する北太平洋シーサイドラインは今年もしっかり天候に恵まれました。
対して道東内陸部は滞在中、全然ダメだったのが心残り。弟子屈や中標津は低い霧にずっと覆われ一度も青空を見ることができませんでした。


夏の北海道らしく、天候に翻弄されつつも縦横無尽に走り倒したグランドツーリング。
本当に毎度ながら、毎日夢のような愉しい旅を続けることができた北海道。ほんまに有り難う!ボクの北海道フリークはまだまだ続きそうです(笑)








2016年07月03日 イイね!

2016年GW 東北を巡る3,755kmの旅 奥入瀬・八幡平・仁賀保高原 そして旅の終わりへ

2016年GW 東北を巡る3,755kmの旅 奥入瀬・八幡平・仁賀保高原 そして旅の終わりへ








ここ最近、バスフィッシング熱が再燃しブログ更新サボりがちなLove RoadSterです^^;スミマセン(汗
学生時代は毎日のように釣りに出かけていた釣りキチ三平なボク(笑)キューヨシ(旧吉野川)と讃岐野池がボクを育ててくれたフィールドでした。
ここしばらく釣りから遠ざかっていたのですが、ふと思い立ち久しぶりにロッド振りにいくとまぁ昔の感覚や勘を思い出して愉しいのなんの♪




ベジテーションとベイトが絡むヘビーカバーから仕留めた51センチのモンスターバス!バイトシーン丸見えで大興奮!
トルクフルなMHロッド、愛竿EGテムジンクロスファイア・スタリオンをバットからブチ曲げてくれた素晴らしいバスでした。




さて、恒例の北の大地遠征も控えているため、GWの東北旅行記を仕上げたいと思いマス(←ここで仕上げとかな終わらへん可能性高いねん笑)

十和田湖温泉の宿を出発。
この日は午前中雨のお天気。ならば大好きな奥入瀬を散策しようってことで、石ヶ戸からのんびり渓流を歩いてみます。


















光量が落ちると積極的にスローシャッターを切ることができます。そう、これを狙ってました!



クルマを置いてのんびりと渓流散策するのもイイね!車窓越しでは見えなかった発見がたくさんできるので、是非ともオススメしたい!



午後になり天候回復してきたところでドライブ再開!新緑の八甲田・十和田ゴールドラインを抜けて~




大好きな萱野高原で、八甲田山の勇姿を見送り~





津軽半島の海岸線を流して・・・




夕暮れは大好きな平舘灯台へ再訪しました。
もう、ここの雰囲気が好きすぎるんだなぁ。何がいいって言葉ではうまく表現できないんだけれど・・・








平舘海峡の狭い海峡と群れるカモメ達、芝生が広がるロケーションがなんとも美しい。


北海道・函館へ向かう津軽海峡フェリー
驚くような絶景ではないけれど、この雰囲気含めてきっと、ボクは心底気に入っているんだと思うんだ。




今年もこの風景と出逢えてよかった。。満足感で満たされていた、幸せな夕暮れのひとときでした。


さて、翌日は先のブログでご紹介させて頂いた、お友達のわがままポチさんと八幡平・岩手山麓TRGが実現した日
奥入瀬を抜けて鹿角へ向かうのですが、瀑布街道で白のNDと遭遇したので、プチ撮影会しちゃいます♪







ソリッドカラーのアークティックホワイトのNDロードスター
やっぱりオープンカーは明るい色がよく似合います。ソリッドカラーながら、しっかりとボディライン浮かび上がっていたのが印象的でした。オーナーもボクより一回り若い20代の方で嬉しかったです^^





そして、八幡平~岩手山ではポチさん案内のオススメスポットを巡りました。改めて有り難うございました!








八幡平からの帰路は、アスピーテラインからR341へ合流し南下





宝仙湖付近の快走路を気持ちよく流します。水の色がすごいね~





宝仙湖畔の桜と




田沢湖畔の桜を愛でて




夕暮れは大好きな仁賀保高原へ
今年も鳥海山の勇姿を望むことができました!







仁賀保高原は夕暮れも凄く良くって、こんな印象的な風景と出逢えましたよ^^





象潟の水田地帯が夕陽で照らされ輝いているのです。これは予想していなかったなぁ~



夕暮れほんの短い間の、素晴らしい瞬間に出逢えたひと時でした♪
旅ってこんな思いもかけない素晴らしい風景に出逢えたりしちゃうから愉しいね!



明日は大阪まで帰らないといけないので、もっと南下する予定でしたがクタクタだったので、秋田県は由利本荘に宿泊。
旅のいい思い出作りにと奮発し、ホテルで秋田由利牛のステーキを頂いちゃいます^^美味しかったぁ♪



翌日はもちろん恒例の?下道珍道
朝から荒れた天気でしたが、新潟県は村上あたりから雨も止みました。



新発田では晴れの天候に。なんじゃこりゃ?なとこで屋根を開けます^^



まだ走ったことのなかった越後七浦シーサイドラインへ・・・




日本海らしい、ダイナミックなシーサイドロードを堪能!



R402を快走し・・・



柏崎の恋人岬で夕暮れを迎えました。旅の最後にふさわしい、印象的な夕暮れだったなぁ・・・





出会いたくさん、今年も素晴らしい東北の旅を実現することができました。いつも感動を有り難う!
次は季節を変えて、東北を訪れてみたいものです^^




Posted at 2016/07/03 16:13:44 | コメント(1) | トラックバック(0) | 東北旅行記 | 日記

プロフィール

「裾野まで降りてきた紅葉🍁おそらく今シーズンラストでしょう(^^)」
何シテル?   11/23 16:07
念願叶い、ロードスターのオーナーになることができました。大切なボクの初マイカーです。 愛車との旅をこよなく愛しています。 景観の良い道を、流れる景色...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/7 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

2019年 桜ドライブ始動! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/04/08 18:30:51
本当の世界一になるために… 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/19 18:52:42
サーキットとはまた違う楽しみ。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/10/13 20:13:56

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
素晴らしいクルマです。 あまりにも運転が楽しくて、どこまでも出かけたくなる。そんな可愛 ...

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.