• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Love RoadSterのブログ一覧

2011年05月29日 イイね!

タイヤ値上げする前に

ついに関西も梅雨入り。 お天気もここ最近ず~っと雨模様。
この週末はじつに久しぶりにクルマを1mmも動かすことなく、過ごすこととなりました^^。最近走りすぎていたから、クルマ、ドライバーとも一休みといったところでしょうか(笑
たぶん、一番ほっとしているのは愛車だと思うんだ♪


さて、来月からはついにタイヤの値上げが始まります。
今現在履いているタイヤはポテンザS001。去年の6月に交換以来、1年経過しその間の走行距離はおよそ2万8000km。
一年間で約3万km走破したこともまず驚きですが!タイヤを交換した頃合いから私の愛車との付き合い方も変化し、峠をハードに走りこむスタイルから本来の、まったりオープンドライブを好むようになりました。(奥琵琶湖の存在がとても大きい)


ので、タイヤのライフという面からも相当な改善がみられ、およそ3万km走破したにも関わらず、残り溝はまだ少し、余裕があります^^。距離にしておそらく後5~6,000kmは走行可能なほど。


前回タイヤ交換時にお世話になった最寄のT館で話を伺うと、5月中にオーダーすれば値上げ前の価格でタイヤを購入でき、半年ほど倉庫でキープできますよ、との事。
ポテンザのようなプレミアムなタイヤは、値上げ幅も大きく、来月からは現行価格から10%値上げするとか!まるで1インチサイズが大きくなったかのような値段設定に驚き・・・
迷わず今履いているポテンザS001の予約を入れてきました。



(前回交換直後のS001。トレッドパターンが特徴的)

前回、T館には頑張ってもらい、特別な価格で提供して頂いたので・・^^。公には出来ない値段を今回もまた同じ値段で精一杯頑張ってくれたので迷わず、予約しちゃった!


タイヤ交換を機に、ヨコハマやピレリ等、他のメーカー、銘柄のタイヤにも興味あったので色々試してみたかったのですが、ウエット路面での絶大な安定感、まったりドライブには余裕すぎるドライグリップ、高速でのロードノイズの少なさ等、S001のいい所を挙げればキリがないので(笑)絶大な信頼を寄せているS001を今回もチョイスしました^^。


タイヤはクルマと路面が接地する唯一の存在。やはりここは拘りを持ちたいところ。交換はもう少し先の話になりそうですが、ひとまず現行価格にてキープでき一安心♪
しかし次の交換時にはひょいひょいとポテンザを選択できなくなるかも。10%アップて相当でっせ~ブリヂストンさん^^;ただでさえ205-45R17というタイヤサイズは銘柄が限られて選択少ないのに。いっそインチダウンか!?


ヴォルクレーシングCE28N



ほんっと、いつみてもかっちょいいホイールです^^。カラー、デザイン、ブランド共々、最高の一言!
やっぱりロードスターには細いスポークが似合いそう。これの16インチを選択すれば随分と、バネ下が軽くなりそうだな~^^。
まっ、妄想もほどほどに・・・
Posted at 2011/05/29 19:06:33 | コメント(6) | トラックバック(0) | ロードスター | クルマ
2011年05月22日 イイね!

白樺に会いたくて

白樺に会いたくて先日土曜日は、どうしても大好きな白樺の新緑を見たくって・・・信州まで日帰り弾丸ドライブ!





ここを抜けると癒しのオーラ満開の白樺平・・・








ってのは冗談で(笑)ここは関西でも珍しい荒神岳にある白樺の群生地。早速ドライブレポに参りましょう^^。





今回のドライブもまた、新緑を求め、高度の高い高野龍神スカイラインへ訪れてみました。
いつもならばたのし~いスカイライン走りたさに寄り道などせずすっ飛ばしてしまうのですが(笑)今回は前々から気になっていた秘境の地、和歌山県と奈良県の県境、野迫川村に存在する三大荒神の一つ、立里荒神(たてりこうじん)へ訪れてみました。


新緑に彩られたスカイラインを楽しみつつ、脇にそれて林道へ。ここが野迫川村へアクセスする一番無難な?ルートであると思われます。紀伊山脈は横の移動が大変。酷道(R425は別格扱い)もたくさん(汗
事前の下調べは万全に心がけましょう^^。何度かコテンパンにヤラれたので(笑)




県道から立里荒神へ向かう尾根道。路面状況も非常に悪く、注意が必要!!クレーターみたいなものっすごい穴が開いてたりして、真面目に危ない^^;しかし時折垣間見える絶景は素晴らしく、これは期待高まります。



ものっすごい急勾配。前の南海バス、ケツ擦ったりしないのだろうか^^;


そして無事現地着。到着して早々、駐車場から早くも絶景がお出迎え。




しばし、感無量。久しぶりにクッキリした眺望を目の当たりにしたような。アルプスほどの風景変化や色気は無いけどやっぱり凄い。


周辺が気になるところですが、ここは先に荒神社まで参拝しましょう^^。



荒神社狛犬。その凛々しいお姿に思わず望遠レンズに交換。。





荒神社まではこんな鳥居を潜りながら登ります。伏見稲荷神社を思い出しますね。



頭上は新緑のシャワー。高地らしく、風は実に爽やかで気持ちいい♪



ブナの新緑達。スカイラインから少し離れた場所にあるからか、ブナの数はこちらの方が圧倒的に多かったです。癒されるなぁ~^^。





階段登ってちょっと疲れた頃合いに目的の荒神社へ到着。



参拝が終わり無事目的の一つを消化。達成感を感じることができて、嬉しくなりました♪


こんな所を登ってきました。続々と参拝に来られてます。皆さんちょっと疲れた様子



先日の九州遠征、牧ノ戸峠に同じく、すれ違う際はお互い「こんにちは」と積極的にご挨拶。皆さん笑顔で返してくださり、とても気分よかった!


そしてめっちゃ気になっている絶景が見えるスポットへ直行!いやぁ、新緑とそうでないとこの色変化がじっつに素晴らしい!!



一部分だけ切り取ったらアルプスに見える??わけないか(笑)


画面中央左よりの、一番大きな山は金剛山(こんごうさん)。関西在住の方にはお馴染の山、かな?
でも見てる方向はいつもの北側から見るのではなく、南側から。確かにひっくり返したらいつもの金剛山に見えないこともない(笑)




これから向かうことになる白樺園地。関西でも珍しい白樺の群生地です。今頃桜が開花しているのが確認できます。 さすがは高地。




ちょっと細い道を走り現地着。そうそう、あなたに会いたかったんですよー^^。





去年の信州遠征ですっかり虜になってしまった白樺さん。今年はどうしても新緑見たかったので、できれば飛騨せせらぎ街道や白樺平まで訪れてみたかったところですが、さすがにちょっと厳しい・・
でもなんとか地元限定で、見ることができてよかった^^。独特のオーラがあります、白樺さん♪


一部分だけ見たら白樺平に見える??ことはないか(笑



もちろん記念撮影も忘れずに。




※特別共演:ワンちゃん


やたら懐っこくて私の側を離れないんです(笑)クルマに乗り込もうとすると悲しい顔されたり・・・いやいや勘弁してよ^^;



仕方ないからコンビニで買っていたサンドイッチをあげてみました。しかし余計に懐かれ、火に油注ぐ結果^^;納得してくれるまで相手してあげました(笑)ま、周りは白樺だらけで雰囲気いいからいいっか^^。クルマもめったに通らないし


ほどなくすると満足したのかどこかへ走っていきました。ちょっと安心した私(笑)


この日のお昼ごはんは、併設された食堂にて、山菜うどん。
香川の美味しい讃岐うどんを沢山食べてきた自称うどん通の私も思わず旨い!と発した一品!
おだしがあっさりしていて、シンプルな山菜と相まって非常に美味しい^^。また食べたいなぁ♪



さて、白樺にも十分満足したので、高野龍神スカイラインに戻り走りを堪能!新緑で彩られて凄く気持ちいい!久しぶりにタイヤをイジめました^^。


天候が悪くて夕日は見れそうになさそうですが、ここまで来るとお決まりの定番ドライブルートで日の岬へ一直線。



あんまり曇った日にここへは来ないので、どよ~んとした空模様が逆に新鮮。

絵になる光景はないな~としばし見つめていると、雲の隙間から出た太陽の光が海面を照らし出しはじめましたよ!




これは幻想的じゃないかと慌てて望遠レンズに交換!切り取ってみました。



キラキラした部分を航行する船。さながらステージ上でスポットライトあびたような感じ。

日が沈み始めと、もっと幻想的に変化!




これは凄いね!なるほど、お天気悪くてもこんなチャンスが生まれるのかと、発見!刻一刻と変化する光の共演。 タムロンレンズはほんと”暖色”の色乗りがとてもいい。

これでもっとダイナミックレンジの広いデジタル一眼だと、どんな絵作りになるのかなと妄想したり。。フルサイズとかフルサイズとか・・・(笑)いやいやとんでもないっすよ^^。


おまけ


日の岬で出くわした”本物の”タヌキさん




撮影中の私とかくれんぼ^^。興味津々な眼差しで私を眺めていました(笑)若い固体かな?
やっぱり本物の方が百倍可愛いですね♪



Posted at 2011/05/22 22:42:48 | コメント(9) | トラックバック(0) | 中紀ドライブ | 日記
2011年05月17日 イイね!

狸と愉快な仲間たち

狸と愉快な仲間たちさて、九州遠征から一週経った先日土曜日は、新緑求めて関西で一番大好きな場所、奥琵琶湖へドライブ!
関西で日帰りドライブ可能ということから多少、贔屓目に見てはおりますがやはり、奥琵琶湖の圧倒的な気持ちよさ、癒し効果は絶大です^^。


朝7時出発。今回のドライブは少し趣向を変え、京滋バイパス、宇治西インターから宇治川沿いを走る京都府道3号線、通称”宇治川ライン”を走り、陶芸の町、信楽に寄り琵琶湖を目指すルートにしてみました。


早速車載動画から。新緑の宇治川ライン。




久しぶりに走りましたが相変わらず楽しい渓谷沿いのワインディングロード。新緑が実に眩しい!ブラックマークが至るところにあるのが萎えますが・・・


その後はR422経由でタヌキの里、信楽へ。早速でっかいタヌキさんがお出迎え。



ほらぁ、いっぱいいたー!(笑)



驚くことにこの中にタヌキさんでないのがお二方、いらっしゃいます(笑)探すのは至難の業かと^^。


お土産のタヌキさんを購入後は、R422から県道12号線へ。


この道がまた素晴らしく、適度な道の細さとワインディング、木漏れ日が非常に気持ちいい。
ツーリングのバイクも多く見かけたことからも、周辺の定番ルートとなっているのでしょう^^。 新緑の時期がベストシーズンかも!




そして道の駅、ごんぜの里りっとう着。




この道の駅は足湯が併設されており、公園もありなかなかサービスは良さげ。道の駅に足湯が併設されているのは日和佐以来です。今度来るときは換えの靴下を持参しよう♪


道の駅を出発後は県道12号線を琵琶湖目指して降下。湖岸快走街道、さざなみ街道へ。


で、いきなり道の駅湖北みずどりステーションへワープ(笑)



ちょっと霞んで残念だけど、伊吹山と田園風景。先週の阿蘇を思わせるシチュエーション。草原に見えないこともないし、あんな形の山があったような、ちょっと懐かしかったです^^。
もうちょっと季節進めば伊吹山ドライブウェイ、登ってみましょうか。屈指の高額料金ですが・・・(汗


で、ここからまっすぐ奥琵琶湖に向かわず途中、余呉湖に寄り道。







下がアスファルトじゃ無いのって、いいね!雰囲気がとても優しくなります^^。


このあたりは昆虫達もたくさんいて、ミツバチや




ベニシジミと



面白い被写体がたくさん。


何か後ろで騒がしいなぁと近づいてみると、こんな方がいらっしゃいました(驚



シマヘビ?赤い目が怖い^^;
マムシでないことは確かでしょうが、噛まれたらやっぱり危なそう。3匹絡まって喧嘩中。何しているんだろ??
それにしてもマイクロレンズ、解像力ありすぎて、気持ち悪いくらいよく写ります(笑)シュワちゃんならきっと、財布にするぞ!って言うでしょう^^。



湖畔のすぐ近くまでクルマを停められるポイントがいくつかあり、クルマの撮影のみならず、昆虫達も多いようなので写真撮影は存分に楽します♪


ドライブ依存症さん!次こそっと訪れる機会がありましたら、奥琵琶湖から目と鼻の先にある余呉湖もオススメしておきます^^。


日が傾き始めた3時過ぎ、奥琵琶湖へ向けて出発!予想通り、新緑で青々としていて、とっても気持ちいい!









お決まりのごとく気持ちいいところを何往復もして、ここで記念撮影。





前回のTRGから随分とまた景色変わりました。
桜の季節も勿論いいけれど、やっぱりいつものひっそりとした、緑でいっぱいの、奥琵琶湖が私は好きです♪





夕焼け空を撮影していると後ろがどうも騒がしい・・・探してみたら正体はおサルさん!




阿蘇の放牧牛に同じくまたしても「何やねん!」みたいな目で見られてる~><
でもこちらが危害加えないと悟り始めると、素の姿を見せてくれたり。憎たらしいような可愛いような^^;




ゆかいな仲間達にも巡り合え、実にバラエティに富んだドライブとなりました^^。



Posted at 2011/05/17 00:22:41 | コメント(8) | トラックバック(0) | 琵琶湖ドライブ | 日記
2011年05月15日 イイね!

【山口】GW5泊6日、怒涛の2500kmドライブ!終盤編【九州】

5日目、この日は残念ながら朝から黄砂まじりの雨模様。
Waxで保護しているとはいえ、クルマも納車以来見たことが無いほどドロドロに汚れてます^^;


阿蘇山を南から望む通称、南郷谷付近にて記念写真。眺望もあったものではありません。




天気予報では今日は一日雨模様。仕方ないので名所を求めてドライブすることに。
宿泊地の南阿蘇から近いところを探し、至った結論は宮崎県は高千穂峡に訪れてみることにしました。百名道の神話街道を走ることもできるし、一石二鳥♪


道中、パンフに紹介されていた阿蘇白川駅に寄ってみました。
この佇まいはほんと、おとぎ話にでてきそう。



駅はこんな感じ。私が普段通勤で利用している殺伐とした駅とはえらい違いです。。どこまでも長閑。



ひとしきり撮影後は、高千穂峡目指して出発。距離も南阿蘇からおよそ30km程度。あっという間に現地着。


駐車場からおよそ30分ほど歩き、目的の高千穂峡着。ここがCMで有名になった高千穂峡ですか!




なるほど、これは確かに赴きあっていいですね~。滝と渓谷、見事にマッチしています。
あまりにも有名すぎるけど、いいところはやはりいいですね。


人の多さに若干萎えるも、遊歩道をてくてく歩き、渓谷美を堪能。
こんな屏風岩があるあたり、関西でいうところの香落渓を連想させます。
 




小さな沢が至るところに。夏に訪れたらマイナスイオンに癒されそうですね^^。




かっちょいいアーチ橋。神話街道はこんなでっかいアーチ橋がたくさんあるんです。



遊歩道の終点、高千穂神社にて。



旅の安全を祈願しめでたく終了。遊歩道、なかなか傾斜がキツくって、意外と疲れました^^;



時刻は既に午後の2時過ぎ。本日が遠征最後の宿泊地となることから、有終の美を飾るべくお宿はリッチに大分市内の某高級ホテル。
お天気も悪いしこのままホテルに直行してもよかったのですが、それじゃつまらないので神話街道を走破し大分を目指すことに。


この神話街道、交通量はそこそこあるもでっかいアーチ橋があるかと思いきやいきなり景色変わってリバーサイドを走ったりと、なかなか楽しい道でした。お天気いいときにまた走ってみたいな~^^。



さて、この快走路の神話街道を走破後、大分目指して北上するわけですが、セレクトした道が国道388号線、通称”日豊リアスライン”これが大失敗だったわけでありまして・・・


思い出すのもイヤになるほどですが、この道、後々調べてみたら九州でも有名ないわゆる”酷道”だったんです^^;

地図見る限り海沿いを走るようですし、何より”リアスライン”
お天気悪いけれど下見がてらどんなものかと思って走ったら、宮崎と大分の県境に近づき始めたころ幅員極小の看板が。いやもうこの時点で引き返すべきだったのですが、さらに進むと案の定センターライン無くなり離合不能の一車線酷道
が待ち構えていました(泣


天候も雨に加えて霧も立ち込める文字通り、最悪、のコンディション。
道も険しく、落ち葉で怪しい路肩に怯え、ブラインドカーブに神経すり減らし(ミラーが雨と霧でほとんど役に立たない)、びっしょ濡れになりながら落石、倒木を横にのけ(パンクなんてしたらマジでシャレにならない!)、孤独恐怖感からほんっと泣きそう><


出会った対向車(私に同じくさまよい込んだ県外ドライバーだと思われる)は全て、少ない離合ポイントで出会う強運を持ち合わせていたのでなんとか無事、酷道を抜け道の駅かまえ着。




真面目に余裕とかまったく無かったので、写真は一枚も撮っていません・・・^^;後々後悔しましたが、もぅどうでもイイことです(笑)
安堵から道の駅のおっちゃんにこの事話したら「ダメだよ~あそこ走ったら~(笑)地元の人も走りたがらないのに~」って即答されました^^。当然ですよね~もう二度と近づきません!はぁ~


その後はおっちゃんに聞いた安全な県道経由で佐伯市を目指し、東九州自動車道、佐伯インターから大分まで高速移動。大分市内の道のややこしさにヤラれつつ、無事ホテル着。
さすがは高級ホテルだけあって、サービスの内容、食事とも非常にレベル高かったです♪



さて翌日、今日は大阪まで帰る日。高速での移動だけで700キロ超と、今まで経験したことのないとんでもない走行距離。
ましてやGWで大渋滞も予想されることから帰ることを優先に考えていましたが、やっぱりやまなみハイウェイはもう一度走っておきたかったため、別府から湯布院日田往還~やまなみハイウェイ入りする予定も別府は大渋滞^^;
当然、往還道も大渋滞でありまして、九重からやまなみハイウェイ入り。




GWだけありやまなみハイウェイの流れも悪く、前日までの黄砂も少しはマシになり眺望も望めそうだったため、ドライブは半ば諦め気になっていたやまなみハイウェイ最高地点の牧野戸峠から展望台へ登ってみることに。



こんな道を登ります。
皆さんちゃんとしたトレッキングウェア&シューズ、リュックと重装備にもかかわらず、私はレザージャケットにドライビングシューズ、自販機で買ったポカリ片手に挑む、なんともチャラけた姿(笑)
当然浮きまくりですが、皆さんすれ違う度に「こんにちは」と一声かけるところが印象的でした。登山っていいなぁ。
普段街中で、見知らぬ人に「こんにちは」なんて絶対声かけることはないので、非常に気持ちよかったです。挨拶って大切ですね^^。


で、展望台からの景色はこんな感じ!




九重連山と、飯田高原、長者原を一望できる素晴らしい景観!季節進み、青々とすればもっと凄いんだろうな!これはまた訪れなければ^^。


もう少し散策したいところですが、一人だけ浮きまくりの格好なのであえなく断念^^;やまなみハイウェイを往復します。


とある農道にて放牧牛がたくさんいました。

どれどれと近づくと、「お前、何しにきてん?」みたいな訝しげな目で沢山の牛さんからおもいっきり見られ(驚)コワッ^^;




これじゃあ自然な表情撮れないので、望遠レンズでパチリ。動物を被写体にするのはやはり楽しい。



時刻も夕刻に迫ってきたため、再び九重インター目指し高速に乗り、これから700キロ超の距離を夜通しぶっとおしで走り続けます^^;


九州自動車道の渋滞にヤラれましたが、関門海峡渡り中国自動車道に入るとウソのようにガラガラ。SAで食事&仮眠とりつつ渋滞情報を随時チェック!
日付変わっても宝塚~吹田の渋滞が解消されないことから、渋滞が一番マシになるであろう明け方に宝塚~吹田を抜けるよう時間調整。まさかクルマの中で夜明け迎えるとは思わなかった^^。


社SAで最後のピットストップ。ここが最後の休憩場所となりました。もう完全に明けてます(笑




予想通り、明け方には吹田の渋滞も一時的に解消され、結局渋滞にハマったのは九州自動車道のみ。ある意味理想的な展開も、夜通しぶっとおしで高速を走り続けるのはやはりしんどい。これで渋滞なんて鬼(汗


天候と黄砂に若干翻弄されつつも、初めての九州遠征は非常に満足!次は長崎と鹿児島を開拓したいところです^^。


一連の大遠征にて、総走行距離は2500km超!お疲れ様でした^^。



Posted at 2011/05/15 14:36:44 | コメント(8) | トラックバック(0) | 旅行 | 日記
2011年05月08日 イイね!

【山口】GW5泊6日、怒涛の2500kmドライブ!九州上陸編【九州】

【山口】GW5泊6日、怒涛の2500kmドライブ!九州上陸編【九州】

下関のホテル出発後は、すぐ近くにある火の山展望台にて、関門海峡を見学。



ここが本州と九州との玄関口。想像以上に橋が短い!そして早くも混雑しはじめている模様。
このやたら視界悪いのが後に黄砂の影響と知り愕然・・・てっきり霧かと思えるほどです^^;



火の山公園を後にし、向かうは熊本県!そう、本遠征の主役は阿蘇周遊。
一世代前のレガシィのPVで大草原を快走する場所が阿蘇ミルクロードと知り(最初はてっきり海外かと思ってました)、その強烈な印象からどうしても訪れてみたかったんです、阿蘇!






この日の予定は高速で熊本まで移動することでしたが、ホテルに直行するのもつまらないので天草へ寄ってみました。



九州本土と天草への入り口である天草一号橋、通称、天門橋をバックに。この橋から天草パールラインがスタート。意外と交通量多くてちょっぴり意外でした。



そして、天草パールロード最大の魅力でもある、天草五橋が見渡せる千巌山展望台へと。




案の定、黄砂の影響で完全に霞んでしまってます・・・何てことしてくれるんだよぉ^^;


澄み渡った日ならばおそらく、素晴らしい景色だったろうな。。残念です。瀬戸内とはまた違った独特の雰囲気。




この日、天草へ訪れた理由はもうひとつありまして、それは美味しい海の幸を堪能したい!シーフフード派な私には尚更!
ってなわけでやってきました。千巌山展望台からすぐ近くにある、ふくずみさん。



注文したのは名物の特製うに丼と、サザエの壷焼。



サイコーに、美味しかったです^^。鮮度の良さは抜群!サザエも鮮度がよければ内臓部分、苦く無いんですね^^。思わず Heyビール!って注文しそうになりました(オイオイ



天草を満喫後は熊本市内へ引き返し、ホテル着。明日の阿蘇巡りに期待を膨らませます^^。このワクワク感がいいよね~♪



翌日。待ちに待ったこの日。黄砂は相変わらず酷いものの、天候は一日良さそう。
早速、阿蘇ミルクロードに入ります。


こんな大草原を見ながらのドライブ、サイコーでしょ!?この気持ちよさは絶対、味わうべきです!!



そして、九州最上級のドライブウェーとも称される、やまなみハイウェイへ




ミルクロードとの接点付近は、大草原が続きます。



北に進むにつれ山岳ワインディング区間となり、やまなみハイウェイ最高のビュースポットである、長者原に到着。



くじゅう連山が迫りくる魅惑のストレート区間。サイコーです!!ほんっと素晴らしいですよー!!



白煙あげる硫黄山を望遠レンズでロックオン!



ひとしきり撮影を楽しんでいると、ほら!また呼び寄せてしまいました(笑)グリーンのNAさん!



おもいっきり手を振ると、オーナーさんも笑顔で挨拶頂きました!有り難うございます!小さなことだけど、ほんっと嬉しい瞬間です♪
ほんと今回の旅は、いい出会いが多いなぁ^^。



やまなみハイウェイを往復後は阿蘇方面に引き返し、阿蘇パノラマラインへ。
後ろのお茶碗を伏せたような可愛い丘は、米塚。



癒しのオーラ満開ですが、これもれっきとした火山郡の一角。



阿蘇パノラマライン、文字通り阿蘇山を色んな角度から見ながら走ることができるこれまた素晴らしいロード。う~ん、信州の立場が危ういな~^^。



そして、阿蘇山公園道路を登り、阿蘇五岳の一角、中岳の火口へ。



活動中の火山の噴火口を覗くことができるのは、日本のみならぬ、世界でココだけ、らしい。これは是非見ておかねば!



随所に設置された避難用シェルター。



有毒な火山ガスの危険性を改めて認識・・・するも、中は実はこんな感じ。



こんなすっかすかで本当に身を守ってくれる、、のでしょうか??^^;風向きによっては一発アウトな気がしてならない(笑)



そして肝心の火口はこんな感じ。すっげ!!



湯だまりこそ確認できないものの、これぞ”生きている地球の胎動”何とも貴重な体験をさせて頂きました^^。




せっかくなので、駐車場にて記念撮影。砂千里ヶ浜をバックに。



この、荒涼とした大地と真赤号、絶妙にマッチしている気がしてならない・・・良いのやら悪いのやら^^;



その後は再び、夕暮れ時の阿蘇パノラマラインを大堪能!



草千里ヶ浜にて。もうちょっと季節進めば、さながらジャングルみたいになるのでしょうか??



再び、可愛い米塚をパチリ。これ、気に入っちゃったよ(笑)可愛いし♪




この日は平日だったため、夕方にはウソのようにクルマが少なくなり、少しの間、快走することができました!



さて、明日の天候は生憎の雨模様・・・ホテルにて明日以降の計画を練り直すことに・・・後編に続きます^^。













 

Posted at 2011/05/08 01:51:28 | コメント(9) | トラックバック(0) | 旅行 | 日記

プロフィール

「裾野まで降りてきた紅葉🍁おそらく今シーズンラストでしょう(^^)」
何シテル?   11/23 16:07
念願叶い、ロードスターのオーナーになることができました。大切なボクの初マイカーです。 愛車との旅をこよなく愛しています。 景観の良い道を、流れる景色...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/5 >>

123456 7
891011121314
1516 1718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

2019年 桜ドライブ始動! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/04/08 18:30:51
本当の世界一になるために… 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/19 18:52:42
サーキットとはまた違う楽しみ。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/10/13 20:13:56

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
素晴らしいクルマです。 あまりにも運転が楽しくて、どこまでも出かけたくなる。そんな可愛 ...

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.