• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

虎猫飯店.jpのブログ一覧

2013年11月30日 イイね!

EVと燃料電池車 実用性が高いのは・・・

EVは一部を除いて、フル充電で200キロ以下しか走れない。
昭和の頃から研究が続いているEVも、まだそんな調子。
日産は『EVが来る!』と踏んで、リーフに力を入れたものの、掲げた目標販売台数に遠く及ばないそうだ。
だってiミーヴより大きいのに、iミーヴと同じ程度の航続距離じゃあ売れませんよねー。

それに充電に掛かる時間も長い。充電(順番)待ちの間は、クーラーもヒーターも使えないしね。小さな子供や高齢者にはキツいですよ?
順番待ちまで入れたら、1時間は間違いなく掛かる。急ぎの時にそんなんしてられません。

と言う事で、EVの未来は明るくないな・・・と私は感じます。

一方、水素で電力を起こす水素電池?の車は、一昔前よりも完成度が高くなったみたい。
水素の補充は五分で出来るそうだし、500キロは走れるって話だ。
ただ、これもまだまだ問題山積。直ぐに実現しないでしょう。
水素の取り扱いが大変みたいだし、インフラ整備に莫大な予算が必要だとか。
水素スタンドを一軒作るのに約1億円掛かると。それじゃあ簡単に開業出来ませんわな~。

さて、車の明日はどっちだ??

Posted at 2013/11/30 21:28:41 | コメント(3) | トラックバック(0) | 車一般 | モブログ
2013年11月30日 イイね!

ETC割引は終る。ガソリンは安くならない。

来年4月にETC割引が大幅縮小されます。
国のご機嫌取りに振り回された&騙された感じです。
ETCを導入すれば割引を受けられるからと、推進していたくせに。(怒)
ETC以前は高くてもハイウェイカードがありましたが、今はそれも無いし。
また高いだけの高速に戻るのかぁ・・・・。安いのに慣れていたから、反動がデカイよなぁ。
とんだアベノミクスだよ。
来年5月の連休から車で遠出する人は減るでしょうね~。地方への観光客も減少間違いない?
せめて土日・連休だけでも割引いて欲しいなり。
オフ会だとか聖地巡礼にも少なからず影響あるはず・・・・。


それから「ガソリンが五週連続で下がっている」とニュースで聞いたが、うちの辺りは全然下がらない。先月から2円下げたのみ。
スタンドの経営が厳しいから、価格を維持して売り上げを確保してんのか?と疑いたくなる。

早く燃料電池時代にならないかなー?水素って幾らくらいだろう?
水素ロータリーは、もうダメなのかな?

Posted at 2013/11/30 08:42:09 | コメント(3) | トラックバック(0) | ボヤキ&怒り | モブログ
2013年11月29日 イイね!

懐かしのファミリアXG(五代目)

懐かしのファミリアXG(五代目)昭和60年に中古で買いました。
買った時点で三年落ちだったかな?前期型で5速MT。エアコン無し!(エアコンは贅沢品で、このクラスでは未装着が当たり前。「パワーが落ちるから」と着けない人も多かったのです)
しかし、ペードラ真っ最中の私は怖くて乗り出せず、専ら姉貴が使っていましたね。
何故だか解らないのだけど、車がとても大きく感じられ、対向車が来ると怖いのです。流れに乗るのも怖い。
元来、ネガティヴな思考なので、「きっと他人の邪魔になっている」と思い込み、「だったら走らないのが一番♪」と、変な結論に達したのでした。
あの頃の私は、ウソップくん並のヘタレでしたね~。
しかし、友人の車(AE86レビンGTV)で北陸方面に行った時、高速を暫く運転させられて運転の愉しさに開眼!運転の恐怖も克服できたのでした。
あの瞬間から何がそんなに怖かったのか?も忘れてしまいました。(笑)
で、ファミリアXGに乗り出すのですが、こいつときたら異様に反発力のあるクラッチとノンパワステのハンドル。くるくる手動のウインドウで苦労しました。エアコンも無いので、夏は湿気と暑さで窓が曇りまくりだったし。
でも、車を操る楽しさが苦痛を軽減してくれたのも事実。
サンルーフが着いてましたが、殆ど使いませんでした。まだオープンエアー・モータリングに馴染みがなく、開けてるだけで小恥ずかしい気持ちになりましたから。
サンルーフの風の巻き込みや、風切り音も凄かったな。

あまり乗りませんでしたけど、最初の車なので楽しませて貰いました。
人生で初めての所有車ですから、入れ込み具合もかなりあります。

そして「次の車もファミリア」と決めていたのでした。

パワステ、エアコン、パワーウインドウ、電動ドアミラーと、XGには無い装備を全部ついていたので、念願叶いましたね。(ささやかな念願ですがね冷や汗)
Posted at 2013/11/29 19:17:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | デミオ | モブログ
2013年11月29日 イイね!

スポーツカー復権の機運か?

S660への異常なまでの関心が、一昨年の86/BRZを彷彿させる。
ミニバン、ハイブリッドばかりでスポーツカーに餓えていた車好きな者達は沢山居たのだ。
ビートはNA+MTのみで、商業的に成功したとは言いがたい。
今度のS660はターボエンジンだし、今の技術ならCVTも載るのではないか?
何よりスポーツカーの肝であるスタイルが格好いい。

これを横目で見ていたであろう日産。IDxフリーフローが市販にこぎ着けるように期待する也。
今はもうオバフェンだろうが、ローダウンだろうがお上もうるさくはない。
GT-R&Zよりも身近なFRクーペを出してよね。
EVがまだガソリン車の代わりにならないってのは、十分解っているだろう?
何でもかんでも【ニスモ】って付けたら、スポーツカーになるワケではないんだから。
Posted at 2013/11/29 10:20:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | モブログ
2013年11月29日 イイね!

東京モーターショーの感想 (1)

ハイ、行ってきました。疲れました。東京は人が多すぎます。人波を泳ぐ体力も無いわな~。

さて、二年ぶりの東京モーターショー。
予習をしていたので、見たいものだけに絞りました。
いつもは漫然と眺めて回りますので、疲労が半端ない。二年毎なんで体力の衰えも実感します。

で、国産ブースを中心に回りました。
見たいものはレヴォーグとS660。それからハスラーにゴルフR。

でも車の感想より、先に言いたいのは車の展示方法について。

トヨタは相変わらずケチ臭い。
忘れもしない2001年の東モ。ポッドという小型車を出展したが、ショー以外はベールを被せてある。
バカヤロー!何の為にくそ田舎から幕張まで出て来たと思ってんだ!?
あれ以来、トヨタには良い印象を持っていない。
今年はね、CMでも出ている水素電池の車とタクシーを見たかったんだけど、ショーの時だけ真ん中に出てくる仕掛けみたいで、ショー以外は奥の方に置いてあるんだ。(見た人しか分からないと思うが、車に近づけないのさぷっくっくな顔)
待つのも馬鹿らしくてすぐ立ち去りました。

それから日産。GT-Rニスモを見ようとしたら、上の方に飾ってある。そこまで並びながら行かなくてはいけない。下のフロアに何故置かぬ?
並ばされるのも嫌だから、見ませんでした。
どうせ買える車じゃねぇし。

展示方法には問題は無かったが、S660の人だかりが異様でした。
行列が出来てるんですよ。上野動物園にパンダが来た時と同じ様な光景でした(40代以上しか知らないなあっかんべー)。皆、あの車に期待してんのかな?
NSXの方は人が少なかったよ?

で、気前が良いのはスズキ。ハスラーが、もう触り放題。
ホンダもね、二輪のレースマシンに跨がらせる気前の良さでしたよ。バイク好きには堪らないサービスだろうな。
スバルレヴォーグの展示方法は良かったです。
BGMがプロレスの入場曲みたいだった。(ドンフライとか冷や汗)

マツダはコンセプトカーが一台も無かった?
アクセラが台の上で回ってましたが、あんな市販車を熱心に見てる人が多くて驚きました。

VWも日本未発売の左ハンドル仕様の車を自由に触らせていたので、好感でした。
新型ミニも触らせてたしね。ああいう姿勢が素晴らしい。売り込んでナンボ!ですから。ケチケチすんな~。
Posted at 2013/11/29 00:27:12 | コメント(1) | トラックバック(0) | 車一般 | モブログ

プロフィール

「@KONI  ここと中国は国を返すつもりは無いのでしょう。しかし、プーチンに楯突くと消されますから怖いです。」
何シテル?   11/16 00:20
みんカラ歴14年目に入りました。クルマバカの“楽園”です。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/11 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

杉下右京の愛車 日産フィガロ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/12 07:42:37

ファン

87 人のファンがいます

愛車一覧

フォルクスワーゲン アップ! フォルクスワーゲン アップ!
やっぱVWっしょ?8月初旬納車。アイドリングストップ付き。
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
平成6年式 32バカ一代!車は三代目(^-^; オーディオとホーン以外は、どノーマル。距 ...
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
ゴルフの走りっぷりが忘れられず、戻ってきました。
マツダ ファミリア マツダ ファミリア
ファミリア・アスティナ1500DOHC スタイルにゾッコンで、試乗もせずに購入。 リトラ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.