• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

戯雅のブログ一覧

2019年05月10日 イイね!

西伊豆ドライブ

西伊豆ドライブ せっかくの平日休み。なので休日は渋滞がひどい伊豆をドライブしてきました。目的地は西伊豆方面。
 東名から伊豆縦貫道に入り、天城から土肥へ。この伊豆縦貫道のおかげでずいぶん楽になりました。ただ、今朝8時くらいに三島を通過したのですが、なんか流れがすごく悪い。帰りは流れはスムーズでしたから、通勤時間帯だったから? この時は御殿場から山越えして伊豆スカイラインに入ればよかったと思いました。
 土肥から南下。海岸沿いのドライブです。堂ヶ島はいつ見ても美しい。今日は遊覧船乗らなかったけど。
 さらに南下して松崎。トイレ休憩のため道の駅 花の三聖苑に寄った後、石部の棚田を見に行きました。これが大外れ。クルマ1台がやっとという細い山道を上がっていくのですが、行きついた棚田には水が入ってない。しかも、戻るために方向転換する場所を見つけるのも一苦労。上のほうには水の入った田んぼもありましたが、ちょっと苦労に見合わない観光スポットでした。まぁ、バイクならたいして苦労はないかもね。久々のがっかり観光地でした。


 で、気を取り直してお昼ごはん。麺ヲタとしては手打そばにも心惹かれたのですが、お友達のyoshi♪♪さんにお勧めしてもらった松崎漁港の「民芸茶房」に行きました。選んだのは、その名も「美味しいランチ」。地魚の刺身が7種類くらい、炭火焼きの干物(アジとキビナゴ(おまけ)、自家製のイカの塩辛やひじきなどおかずが盛りだくさんです。これで1620円は安い。この日のお刺身にはマンボウも入っていたのですが、親父さんがおまけでマンボウの肝も出してくれました。酢味噌で食べましたが、お酒が欲しくなる珍味でした♪


 帰りは下田を回って伊豆半島一周とも思いましたが、ちょいと地元に用事もあったので、早めに帰路へ。給油と買い物をして帰りました。
 久しぶりに約500㎞ドライブ。最近、ちょっと鬱気味でしたが、いい気分転換になりました。
関連情報URL : http://mingei-sabou.com/
Posted at 2019/05/11 08:24:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2017年05月13日 イイね!

ちょっと秩父へそば喰いに

ちょっと秩父へそば喰いに5/11~12、静岡ではホビーショーが開幕して新幹線が激混みなのでゴールデンウィークが終わったばかりなのに休暇を取りました。

去年は1泊旅行に出かけたのですが、今年は雑用もあるので日帰り日程で過ごすことにしました。

まずは11日。秩父へそばを食べに行くことにしました。
11時くらいに秩父着、と思っていたのに東名の横浜町田ICで6台が絡む事故ということで、保土ヶ谷バイパスから首都高狩場線まで10㎞以上の渋滞、交通情報では1時間半以上かかるとのことでしたので、R1の新湘南バイパスから圏央道に入ることに。こちらも藤沢までそこそこ混んでいたので、圏央道に入るまでに1時間以上かかってしまいました。

秩父に着いたのは12時過ぎ。向かったのは影森の「三千乃家」という蕎麦屋です。
おすすめメニューの三味天ざるそば(1250円)を注文。秩父そば(平打ちの並そば)、田舎そば(甘皮を挽き込んだ細打ちのそば)、韃靼そば(ウコン入りの黄色っぽいルチン多め平打ちのそば)と3種類のそばが味わえます。そばはどれも弾力があり喉越しもよいもの。ツユは普通のそばツユのほか韃靼そば用にごまだれも付いてきました。
天ぷらはたぶん季節で変わると思いますが、この日はナス、カボチャ、タラの芽、海老天。抹茶塩で。
うん、偶然でしたがよい蕎麦屋に巡り合いました。


さて、秩父市街方面に戻ることも考えたのですが、ここまで奥に来てしまったのであれば、そのまま山梨に抜けてしまおうと、R140を先に進むことにしました。ワタクシが若かった頃はこの道はクルマが抜けることができず行き止まりでした。19年前に雁坂トンネルが開通して、埼玉県と山梨県がつながりました。実は、このトンネルを通るのは初めて。

旧大滝村を抜け、大きなループ橋・雷電廿六木(らいでんとどろき)橋を渡ると滝沢ダムに堰き止められた奥秩父もみじ湖が見えたので、ここで休憩。ダムカードというものを初めてもらいました。この周辺には4つのダムがあり、ダム巡りも楽しめるそうです。




滝沢ダムの先が雁坂トンネル(全長6625m)。抜ければ山梨県。これからあちこち回るには時間も足りなくなったので、牧丘から勝沼を通って勝沼ICから中央道~圏央道~東名と辿って帰ってきました。


いやぁ、久しぶりに山間部を走ったけど、やっぱりワインディングロードは楽しいわ。
今度は411号で奥多摩も久しぶりに走りたいなぁ。あの道、もう山梨側の通行止めは解除したんだっけ?
Posted at 2017/05/13 16:12:47 | コメント(1) | トラックバック(0) | | 日記
2016年11月12日 イイね!

紅葉の富士山スカイライン

紅葉の富士山スカイライン11/10は休暇でした。

どこに行こうかと迷ったのですが、ツレと一緒に紅葉を観にいくことにしました。奥日光などは遠いし、房総はまだ早いということで、目的地は富士山スカイライン。

東名の横浜町田IC~厚木ICは事故の実況検分渋滞もありましたが、あとは順調に御殿場ICへ。北に向かい、自衛隊の東富士演習場脇を抜けて富士山スカイライン周遊ルートに入るとすぐに紅葉と黄葉のトンネルです。

途中の水ヶ塚公園には今年オープンした「森の駅 富士山」があります。ただ、あいにく雲が出てきて富士山の眺望を楽しむことはできませんでした。

周遊区間から分岐する登山区間は、この日の14時から冬季閉鎖に入るということなので、せっかくだから走ってみることに。この道の終点・富士宮口五合目は標高2400m。自家用車で行ける日本最高地点だそうです。
ただ、この区間の紅葉シーズンはほとんど終わっており、どちらかというと冬枯れという感じ。終点の駐車場では樹木に着雪しているくらいです。

登山区間を降りて、周遊区間を西に走り、朝霧高原の蕎麦屋に向かいました。
朝霧高原の南の住宅地の一角にある隠れ家的な蕎麦屋「手打そば つち也」。約2年ぶりの訪問です。
前回と同様、もりそば(700円)と天ぷら(600円)を注文。この日の天ぷらは、海老、レンコン、インゲン、シメジ、カボチャ、サツマイモ、ナス。抹茶塩でいただきます。
残念なのは、以前は店内から富士山が望めたのに家が建って見えなくなってしまったこと。
そばの味には変わりありませんが、お楽しみが一つ減ってしまいました。


帰りも富士山スカイライン経由で。途中、西臼塚駐車場に立ち寄り。


天気はさらに下り坂。途中で霧雨も降ってきました。雪でないだけマシですけれど。途中、登山区間の入り口ではクレーンなどを使って入り口を閉鎖してました。冬の始まりです。




御殿場からの東名は順調。約290kmのドライブでした。
Posted at 2016/11/12 17:05:35 | コメント(1) | トラックバック(0) | | 日記
2016年05月15日 イイね!

新緑と清流を求めてグランドツーリング

新緑と清流を求めてグランドツーリング最初に断っておきますが、長いです(爆


ゴールデンウィークが終わったばかりですが、12日からまた4連休でした。不本意ながら(笑
というのも、勤務地の静岡では5/12~15の4日間ホビーショーという模型やフィギュアやもろもろのイベントが開かれるのです。土日の一般公開前、木曜日と金曜日は商談など関係者のみのイベント。このせいで去年は新幹線通勤でひどい目に遭いました。自由席は行きも帰りも通路までぎっしり。
そんな状況で通勤なんかできないので今年は休みました。ゴールデンウィークで9日間休んだ直後なので休みたくなかったのですが、ホビーショーの日程を6月にしてくれと言える立場ではないし(爆
なわけで4連休。5月の勤務日数って何日なんだよ。

磐越国境へ
せっかく平日に2日間も休むので、ちょいと旅に出ることにしました。目的地は、新潟県の阿賀町。新潟なので関越道経由かと思ったら、検索すると東北道の郡山jct周りと出ます。どこで調べても同じ結果なのでおとなしく従うことにしました。
しかし12日の首都高は事故が多かった。朝からベイブリッジ付近で横転事故とか。出かける頃にはほぼ渋滞は解消していたのですが、今度は湾岸線の大井の先で事故。葛西周りの中央環状線を使おうと思っていたのですが、渋谷新宿方面の外回りを使うことになってい舞いました。トンネルばかりでつまらないからあまり好きではないのですが。しかも、こちらも池袋の合流で渋滞してるし。
東名から圏央道使えばよかったか……ホントに道路状況の予測は難しいもんです。

那須高原SAでラーメン
お昼は東北道の那須高原SAのフードコート、「らーめん白河の郷」の白河ラーメン(680円)です。店名は「らーめん」なのに、メニューは「ラーメン」なのが気持ち悪いけど、気にならないのかな。
白河ラーメンはシンプルな醤油ラーメン。柔らかいチャーシュー、メンマ、なると、海苔、そして玉ねぎのみじん切りがトッピングされています。シャキシャキの食感がアクセントになりますね。麺はちぢれ麺。ちょっと喜多方ラーメンにも共通するところがあります。


麒麟山公園
郡山jctで東北道から磐越道に入り、会津を抜けて新潟県に入ります。時間に余裕があれば猪苗代辺りからは国道を走りたかったところですが、それだと横浜を早朝に出て、11時前には磐越道に入るくらいでないと無理ですね。まぁ、あまり欲張ってもイケません。
津川ICで高速を降り、給油後に阿賀野川の河畔を目指します。たどり着いたのは阿賀野川と支流の室谷川が分岐するところにある麒麟山公園。近くには造り酒屋の麒麟山酒造もあります。
滔々と流れる阿賀野川と、新緑の山々に囲まれた阿賀の里めぐりが始まりました。



雁木
阿賀町の津川は会津と越後を結ぶ街道の宿場町で、さらに阿賀野川を使った水運の要衝でもあり、日本三大河港にも数えられたといいます。つまり、陸路と水路の両方で栄えた町ということです。
雪国によくみられる庇のついた歩道が続く「雁木」。ここ、阿賀は雁木の発祥の地だということです。地元で雁木づくりは「トンボ」と呼ばれているそうで、その始まりは慶長15年(1610年)とされているから406年の歴史を誇ることになります。
上越市(旧高田市地区)には総延長16㎞にも及ぶ雁木が残り、これが日本一だそうです。ここ、阿賀町津川には、500mほどの長さの雁木道が残されています。
写真は、津川のだいたい中心部、「狐の嫁入り屋敷」近くの雁木道。この辺りは明日も来るのでちょっと下見です。


御神楽温泉
今回の宿は、津川から20分ほど山に入った御神楽温泉の「あすなろ荘」という宿です。阿賀野川の支流・室谷川からさらに分岐する柴倉川の畔の秘湯です。ここまでくると川は渓流となり、いつもせせらぎの音が聞こえてきます。

チェックインしたらまずはお風呂。浴場には内湯のほか、渓流に臨む露天風呂があります。


そしてお楽しみの夕食は、山の幸。今回は山菜尽くしコースを申し込んでいるので、たっぷり山菜が堪能できます。そして、こちらの名物となっているイワナの塩焼きは、頭から尾びれまでまるかじりで食べられます。あと、筍の刺身もこの時期ならではの旬の味。おいしかった~(^_^)



地酒の利き酒セット



2日目

朝ごはん
御神楽温泉の朝。
朝食はバイキングではなく、1人前ずつ供されます。そういう宿に泊まるのも久しぶり。
これがまた豪華で、釜炊きごはん、焼き魚、山芋、温泉玉子、納豆、サラダ、味噌汁、山菜いろいろ……など。こんなに食べきれるのかなと思いましたが、おいしかったので平らげてしまいました。

 
室谷
「あすなろ荘」の前の道は、奥に行くと登山道入り口で行き止まりだそうで、「どこか景色の開けたところはないですか」と聞いたら、室谷がいいと勧められました。宿の前に、ショートカットする山道があります。室谷の先は福島県(只見?)のほうに抜ける道があったそうですが、現在は通行止めだそうです。
行ってみると、そこは圧倒的な山間の風景。360度、どっちを向いてもまばゆい新緑が視界に飛び込んできます。
こういうのが見たかったのよね~(^^)




阿賀野川ライン舟下り
室谷から津川に戻り、国道49号線西に向かいます。目的は遊覧船。道の駅「阿賀の里」に隣接して阿賀野川ラインの乗船場があります。ギリギリ10時の便に間に合いました。

現在は遊覧船の運行ですが、もともとはもっと上流からの舟下りが主体だったようです。それが、平成23年(2011年)の新潟・福島豪雨の被害に遭い、多くの船も流され、現在の遊覧船での営業を暫定的に続けているそうです。
さらに、この時期は田植えの関係で水門を閉めるため、川の流れもゆったりと、というかほとんど流れてません(^_^;)
船のガイドさんのお話では、この阿賀というところ、江戸時代には会津藩に属していたとか。ただ、立地的には(経済圏としては)越後寄りですから、現在の形に収まったのでしょうね。


狐の嫁入り
再び49号線で津川に戻り、町のほぼ真ん中にある「狐の嫁入り屋敷」へ。狐火伝説が残るこの地では、毎年5/3に狐の嫁入り行列という行事が行われています。ここは、そんな行事や伝説にまつわる展示や体験ができる施設です。
屋敷には望楼もあり、眼下に阿賀野川、正面に麒麟山、遠くには飯豊山まで望むことができます。



旅そば
さて、お昼。「狐の嫁入り屋敷」のすぐそばに、古民家を移築した蕎麦屋、「川港茶や 塩屋 橘」があります。
話の種としてはタワー状に盛られるかき揚げおろしそばがおもしろそうですが、ここは天ざる(1350円)で。
そばはちょっと太めの十割。コシが強く、噛めばそばの甘みが広がります。ツユはきりっと辛口なのもいい。
天ぷらは、海老天のほか、タラの芽、コシアブラ、筍、ナス。昨日に続き、今日も山菜がたっぷり食べられてうれしい♪





お土産
最後にお土産を買いに立ち寄ったのは、「山崎麹屋」。店名の通り、麹を扱うお店です。オリジナルの麹のほか、麹を使った味噌、甘酒、麹漬などを売っています。

今回お土産に買ったのは、身欠きにしんの麹漬と、麹と醤油と唐辛子で作った調味料・麹なんばん(しょうゆ麹)。麹なんばんは単体ではけっこう辛く感じるのですが、キュウリや冷奴と合わせるとマイルドな味わいに変化します。

復路
さて、そろそろ帰るとしましょう。
帰りも磐越道~東北道のルートでしたが、ちょうど都内を抜ける時間が夕方になるので、久喜白岡jctから圏央道に入り、東名経由で帰ることにしました。が、圏央道に入って間もなく綾瀬BS付近で事故ったバカがいるってことで現場から東名海老名jctを越えて圏央道まで渋滞になってしまいました。八王子から16号ってのも気が進まないので、圏央道でそのまま新湘南BPまで抜けてしまうことにしました。藤沢からは下道で、国道1号も渋滞個所はありましたが、おおむねオンタイムで帰宅できました。

2日間で約1000㎞。久しぶりのロングドライブでしたが、新緑と清流と温泉、そして山里の幸に癒されました(^_^)
次に行くなら、もう少し日程を延ばして会津も回りたいものです。
Posted at 2016/05/15 14:59:34 | コメント(3) | トラックバック(0) | | ニュース
2015年05月04日 イイね!

連休前半はお天気にも恵まれ……

連休前半はお天気にも恵まれ……ゴールデンウィークがいつからいつまでを指すのかわかりませんが、「連休」という意味ならばワタクシの場合、5/2の土曜日から5/6の水曜日までの5日間。
とはいえ、海外に脱出するでもなく、長期の国内旅行を楽しむでもなく、単発の休みが5連続という「小型連休」(爆

初日の5/2は、とりあえずいつもの土曜日と変わらず、大岡川のランチ&ウォークです。
最近は吉野町のラーメン店「流星軒」でお昼を食べて南太田の駅から戻るパターンが多かったのですが、ちょいと長めに日ノ出町まで歩いて「坂の上のそば屋 司」でお昼を食べるコースにしました。
桜が終わってしまうと人通りもまばらな大岡川沿いの遊歩道ですが、端午の節句の前後には小規模ながら日ノ出町付近の川面を泳ぐこいのぼりも出現します。
京急の車両も入れ込んで写真に収めるのが定石ですね(^_^)

おそばはちょいと暑い日でしたがあえてあられそばを。小柱(青柳の貝柱)と佐賀産の厚い海苔をかけそばの上に浮かべた江戸前の種物です。小柱から染み出した出汁でツユの味の変化が楽しめる一杯。しかし、意外とメニューに載せている蕎麦屋は少ないです。ワタクシも食べたくなるとこちらのお店の暖簾をくぐります。


帰りはABCマートに寄って、新しいサンダルを購入。
ここ何年もサンダルはニューバランスと決めているのですが、去年まで履いていたのがダメになったので今年は新調。529というモデルにしました。



そして2日目の5/3。今年は娘の一人が社会人になったこともあり、連休中に家族全員が揃うのはこの日だけ。なので、ちょっと日帰りドライブ旅行を計画しました。
目的地は、某黒い方が治める北関東のひらがな地名の街。国営ひたち海浜公園のみはらしの丘に広がる青い花・ネモフィラの群生を見に行こうということに。しかし、今年はメディアでの露出も多いせいか、例年にも増して人気スポットらしい。

早起きしたつもりが、なんだかんだ支度に時間がかかったり寝坊する娘がいたりして、出発は6時。すでに高速のあちこちで渋滞が発生中。当然常磐道にも赤い帯が見え始めているということはこれから渋滞が長くなる一方と判断し、東関東自動車道から鹿島灘沿いの国道51号線を北上するルートを選択しました。
首都高湾岸線はアクアライン入口辺りが渋滞しているので、大黒jctから横羽線回り。昭和島jct~東海jctで湾岸線に復帰して快調にドライブしていたのですが、京葉道路と交差する宮野木jctでちょっと渋滞。しかし、東関道に抜けるとスイスイ流れました。
東関道は終点の潮来出口で1㎞の渋滞ということなので、手前の佐原香取ICで降りて、霞ケ浦沿いの国道355~354経由で51号線に出ることにしました。霞ケ浦もきれいで、この辺を目的地にドライブするのもいいですね。
51号に入ってしばらく順調だったのですが、途中の大竹海岸で潮干狩り渋滞に引っかかりました。「ハマグリまつり」とやらが開催されているらしいのですが、どんだけ潮干狩りに人が集まるんだよっ!
大竹を過ぎると再び順調。途中、旧旭村のJA直売所で休憩して、さらに北上。大洗あたりから交通量が目立って増え始め、目的地の国営ひたち海浜公園周辺は大渋滞。これは西駐車場も南駐車場も相当待つだろうということで、ナビには出てこない海浜口駐車場に回ることにしました。こちらも駐車場待ちはあったものの、20分ほどで入場することができました。

入園したら、何はともあれみはらしの丘へ。まぁ、来園者のほとんどが同じ目的なんですがね。なので、みはらしの丘は通路に人があふれている状況。

しかし、ネモフィラの青い花と青空が一体となる風景の美しさはさすが人気となるだけのことはあります。






みはらしの里エリアの古民家。

みはらしの里の菜の花畑からみはらしの丘。


さて、お腹も空いてきたので移動しましょう。
向かったのは、昨年秋のキタカンオフ@イバラッキーの会場だったと聞く「ひたち南ドライブイン」です。秋オフに行けなかったので、勝手にリベンジ(笑
セルフサービスの「勘太そば」で、それぞれ好みの海鮮丼をいただきました。ワタクシは、いろいろなネタが入った海賊丼(1000円)。これ、コスパいいですね♪


さて、下りの渋滞がまだ解消していないようですが、ワタクシたちは帰路に就きます。娘の一人を寮に送らなきゃいけないしね。
日立南太田ICから常磐道に乗って、都心に向かいます。さすがに14時台だと上りの渋滞は始まってません♪
常磐道から首都高6号向島線に入って、向島ランプで降りて下道を南下。スカイツリーをかすめて通り、娘を寮に送って塩浜ランプから首都高に復帰します。JARTICをチェックしたら、まだアクアラインの川崎浮島jctあたりに渋滞があるようなので、往路と同じく東海jct~大黒jctは横羽線経由で。
投げ縄ルートの400㎞。ほとんど渋滞にはまらずに動けたので、連休のドライブとしては上々です。


次の家族ドライブはいつ行けるのかなぁ(゜.゜)
Posted at 2015/05/04 15:02:34 | コメント(6) | トラックバック(0) | | 日記

プロフィール

「明日「アナ雪2」観る前に、パンフレットだけ今日買ってきた。後ろ3割くらいが広告なのと、吹替キャストがアナとエルサ以外紹介されてないのが不満。」
何シテル?   11/22 16:53
戯雅は「ぎが」と読んでください。 プレマシー20Z「蒼天號」は2007年10月納車。 カペラセダン(GDER)、カペラワゴン(GW5R)に次いで3台目のマツ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2019/11 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

パトレイバーの新作が出ると聞いて!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/17 07:18:00
週刊麺ヲタ 247號 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/16 22:34:45
見合い結婚 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/16 22:33:52

愛車一覧

マツダ プレマシー 蒼天號 (マツダ プレマシー)
2007年10月5日に納車されました。 オーロラブルーマイカの20Zです。 7年間で、ち ...
マツダ カペラワゴン マツダ カペラワゴン
1998年11月~2007年10月 総走行距離39580km クラシックレッドのV-RX ...
マツダ カペラ マツダ カペラ
1990年10月~1998年11月 総走行距離80697km セダンの2000セレーブル ...
フィアット その他 フィアット その他
1985年9月~1990年8月 総走行距離48531km ヨーロッパのベーシックセダンに ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.