• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

悠太郎Mのブログ一覧

2011年10月29日 イイね!

修行に励むα900

修行に励むα900まるでカメラのブログの様相を呈しておりますが、今だ興奮冷め止まず、暫しお付き合いを願います。

今週末も法事の準備やら忙しく、カメラに触れることが出来るのは本日の夕方だけ。

そこで、ホワイトバランスとクリエイティブスタイル(風景や夕景などの色創りモード)の効果の確認と、露出補正への慣れをテーマとし、撮影することにしました。

絞りは相変わらずのF1.4開放一本やり。
操作に慣れてきたら、パンフォーカスまでを試すつもりです。

場所はいつもの大阪城公園とホテルニューオータニ周辺ですが、生憎夕方から曇ってしまい、はっきりした夕焼けでクリエイティブスタイルを試すことはお預け。

今日でだいぶ操作に離れてきましたが、はたしてF1.4は流石に明るく、日没後でもASA400で充分手持ち撮影が出来ました。

次回はRAW現像を試してみるつもりですが、今年の紅葉は遅いらしく、何とか紅葉シーズンまでには操作に慣れそうです。

フォトギャラリーをどうぞ
Posted at 2011/10/29 20:47:56 | コメント(1) | トラックバック(0) | カメラ・写真 | 趣味
2011年10月23日 イイね!

α900の試し撮り 85mm一本勝負

α900の試し撮り 85mm一本勝負海外出張や諸事雑用に追われて持ち出せなかったα900。

今にも雨が降りそうな中、ようやく本日持ち出すことが出来、試し撮りをしてきました。
場所はいつもの散歩コース、大阪城。

まずは操作に慣れるということと、絞り開放時の被写界深度の浅さを肌で感じるべく、今日は全て開放野郎で撮影。

まず感じたのは、解像度の違いです。
自宅PCのモニターは1280×1024なので、S5proの600万画素でも、α900の2500万画素でも、どうせ縮小表示されるのだから同じだろう、と思っていました。

ところがどっこい、これが全く違うことに驚き。
2500万画素のほうが、遥かに細かい所のディテールがしっかり写るのです。特に、たくさんの葉っぱなどを写すと明確です。
何でそうなるのかが未だにピンと来ませんが、とにかくそうなる。
ひょっとすると、レンズのレベルが相当異なりますから、それが原因かもしれません。

被写界深度の浅さは想像通りで、主題がぐっと浮き上がってくれるのですが、よほど良く考えて撮らないと、訳の判らない写真のオンパレードになりそうです。
絞りを上手に使いこなす腕を磨かねばなりませんね。

プラナー85mmのピントはシャープで想像以上。
もっと柔らかいレンズかと思ってましたが、やっぱりツァイスは、こうなんでしょうね。
85mmの固定には違和感無く、限られた画角に空間を切り取る工夫は、結構楽しいもんです。

視野率100%の明るくて大きいファインダーは素晴らしく、覗くだけでワクワクします。

いずれにしても、紅葉シーズンが始まるまでには、早く操作になれないと。。。

フォトギャラリーもどうぞ


いきなり腹話術を始めたおじさん。
周りから浮き上がって見えます。



みたらし団子にピントを合わせましたが、たこ焼がメインのお店。
アジア人観光客が、凄い行列を作っていました。
Posted at 2011/10/23 21:47:23 | コメント(2) | トラックバック(0) | カメラ・写真 | 趣味
2011年10月23日 イイね!

TOEIC 560点もあった!

TOEIC 560点もあった!先日、しぶしぶ会社で受けたTOEICの初テスト。

今年から海外出張者は受けなければならなくなり、もうこれ以上避けることが出来ずに初受験。

外資系でもないのに900点以上がゴロゴロいる我が職場。

知っている限り、970点が最高なので、彼の半分、485点が目標だと公言して受験。

しかし想像以上に難しく、こりゃあ400も無いんじゃないかと心配していたが、昨日結果が配送され、恐る恐る開封。

えっ!? 560点もあるぞ! やったっ!
祝杯だぁ! ゴクゴクッ!

今年から、管理職の登用試験の条件に、一定基準以上のTOEIC点数が盛り込まれ、既存管理職にもそれが適用されるのではないか、と心配しているが、そうなりゃ不適格者続出で会社が崩壊するわい、と皆でうそぶいている今日この頃。

住みづらい世の中になって来ましたねえ、英語が苦手な者にとっては。。。
Posted at 2011/10/23 13:41:46 | コメント(1) | トラックバック(0) | ヨタ話 | 日記
2011年10月17日 イイね!

洪水のタイから帰ってきました

洪水のタイから帰ってきました今年4回目のベトナム&タイ出張から、洪水に追われる様にして帰って参りました。

もともと、アユタヤ近くの工業団地へ行く予定だったのですが、ご存知のように各社とも水没して工業団地は閉鎖。

そこで已む無く、バンコク東部の工業団地へ向かったのですが、主要幹線道路も低いところでは写真のように冠水が始まっていました。

客先の工場でも既に操業を停止し、土嚢積みや機材を高いところへ移動させる作業に忙しく、こんな時に何の用だ!?という状況で、仕事にならず退散。

日中は青空も顔を覗かせていたのですが、夕方から宵の口に掛けて激しい雷雨に見舞われ、みるみる路面が水溜りだらけになります。

バンコク中心部も、店先や道路沿いには土嚢が積まれ、厳戒態勢。

もし空港も洪水で閉鎖されたら、一緒にプーケットにでも行ってのんびりしましょう、という駐在員の声を振り切り、何とか帰って参りました。

ちょうど今日17日が大潮で、最も洪水の危険性が高いと言われており、はたして大丈夫だろうかと心配です。

関心のあるカメラ業界では、ロジャナ工業団地のニコンが完全に水没しており、精密機器の製造工場ですから、完全復旧には相当かかるでしょう。
あそこで一眼レフのほとんどを製造していますから、年末の書き入れ時に、甚大な影響ですよ。
流通在庫が無くなれば、当分の間ニコンの一眼レフが手に入らない状況になります。

ハイテク工業団地のソニーも操業を停止しており、こちらも一眼レフの主力工場なので、えらいこっちゃ!ですよ。

地震、津波、放射能、洪水と、本当に今年は大変な年です。。。
Posted at 2011/10/17 10:11:43 | コメント(1) | トラックバック(0) | 海外出張 | 旅行/地域
2011年10月08日 イイね!

本当に買ってしまったα900

本当に買ってしまったα900出社した月曜日の朝、何気なく価格コムのα900を見ていたら、目に飛び込んできたのがこの文字。

α900 生産完了!


いつかはそうなると思ってたが、こんなに早いなんて。。。


で、その日の仕事は上の空。 心の中は、さあ、どうするどうする。。。
今後のカメラ路線をゆっくり考えようとしていたのが急転直下。
本気で買うつもりはなかったものの、なんとなく気になって毎日見ていたこのクチコミ。

もうこんなコストのかかった巨大なペンタプリズムのカメラは二度と登場しない。
今買わないと、これほど素晴らしい胸のすくようなファインダーには二度とお目にかかることは出来ない。

# いやいや、結局S5proだって重たいからと滅多に持ち出さなくなってるぞ!
# 買っても保管庫の肥やしになること間違いなし!

あの素晴らしいツアイスのレンズで、惚れ惚れするようなボケ写真を撮りたい。
そのレンズの性能を発揮させるのには、フルサイズを買うしかないぞ。

# いやいや、写真の出来は機材より腕だ!
# お前にそんな腕があるわけ無いだろ!

こんなマニアックなカメラ、生産終了の報道が出た途端、急激に値上がりすること間違いなし。
今日決めないと、後悔するぞ。

# いやいや、そんなこと言ったって、レンズと合わせて30万円以上もかかるぞ!
# 虎の子のへそくりを、そんなことで使ってよいのか?!

α900は旧ミノルタの技術者たちの、涙と執念が形になった集大成のカメラだ。
ツァイスレンズも彼らの設計だし、男なら彼らの心意気を買え!

# ペンタプリズムのデジタル一眼なんて、レンズカメラの概念から抜け出せない、時代遅れの典型だと、お前は言ってたではないか!
# それに、彼らに肩入れする義理がそこまであるのか?!

とにかく、その日に何の仕事をしたのかはっきり記憶に無いのですが、その夜、気がついたら自宅のPCの前。
画面には価格コムの中の最安値のショップ売り場。

おもむろに会員登録をし、α900を1台選んで最終確認画面。

おい、本当に買うのか?
本当に、後悔しないか?
EVF(電子ファインダー)が日進月歩だから、もっと小型で凄いカメラが出てくるぞ!

え~い、うるさい!
やっぱり欲しいんだぁ!!!


と、注文確認ボタンをついに押してしまったのでした。

あくる日はまた忙しく、Planar T* 85mm F1.4 の注文、高価なレンズなので保護フィルターの注文、背面LCDの保護シールとハードカバーの注文に悩殺され、すっかり睡眠不足。
出来るだけ安く、且つ、この週末に間に合うショップ選定が大変でしたが、金曜日には何とか揃ったのでした。

待ちに待った本日、早速、カメラとレンズをドッキング。

いやあ、それにしてもレンズの堂々たる前玉の大きさに惚れ惚れしますねえ。
想像以上の大口径で、まるで吸い込まれそうです。
やっぱりレンズは大口径に限る。

Sonnar T* 135mm F1.8 とずいぶん悩んだのですが、風景写真用途としての画角の使いやすさ、レンズに求めるもの(解像度よりはボケ味)を考え、結局プラナーにしたのでした。

ちなみにこのプラナーは、僅か数百本しか生産されず、幻の銘玉となったミノルタAF85/1.4GD Limtied がベースなんですねえ。
同じように、開放時のボケ味に徹底的に拘っています。

さて、早速、試し撮りをしてみたのですが、ちょっとピントがずれているようで、サービスセンターで微調整が必要ですねえ。いろいろ設定も早く覚えないと。。。



ちょっとボケすぎで分かりづらいですが、とろけるようなボケ味と、絞り開放での剃刀のような被写界深度の浅さはさすが。

広大且つクリアーなファインダーに目を近づけ、プラナーを通して見える光景を目にした時、思わず背筋がゾクッとしてしまいました。

さあ、これを担いで、紅葉を撮りまくるぞ!!!

ちなみにあれから、価格コムの最低価格が、4万円も上がったのでした。
思い切って、ポチッと行って良かった。。。


【追記】

その後、フォーカスロックが原因ではないかと気づき、撮り直したのがこれ。
目にピントを合わせたのですが、きちんと合ってます。



つまり、先ほどはフォーカスポイントをマニュアルで選択する操作がわからないので、中央のポイントで目にピントを合わせてフォーカスロックし、左に振ったのです。

そのことにより、目とセンサーの距離が変化してしまい、ボケてしまったんですねえ。

大口径で明るいレンズは、開放では被写界深度が極く浅いので気をつけねばならないのですが、ついうっかりやってしまいました。
コンタックスのゾナーT*90で、さんざん苦労してたのですが、すっかり忘れてました。

目付近のアップですが、ちゃんとあってますね。



それにしても、剃刀のような被写界深度の浅さです。

以上、カメラのブログの様相を呈しております。
Posted at 2011/10/08 14:20:36 | コメント(3) | トラックバック(0) | カメラ・写真 | 趣味

プロフィール

「家は大阪市内なのですが、毎時ちょうどに、拳銃を奪って逃走中の犯人に気を付けるよう、小学校屋上の拡声マイクから放送が入ります。怖いですねえ。」
何シテル?   06/16 15:17
社会人となって初めて車を所有し早や39年。その間11台所有しましたので、平均して4年程度の所有期間。3~4年経つと、どうしても別の車が欲しくなる「車欲しい病」が...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/10 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

そういや先月は熊本に行ってた(笑) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/03 06:54:07

愛車一覧

スバル フォレスター スバル フォレスター
初めてのスバル。初めてのSUVです。 駐車場の関係で背の高いクルマを敬遠していたのですが ...
シトロエン C5 セダン シトロエン C5 セダン
かつて、BXを1回、エグザンティアを2回、合計3回も購入しかけたハイドロのシトロエン。 ...
BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
街中に住んでいるので車は生活に必要なし。大きなオモチャに過ぎない。運転したくなったら時々 ...
マツダ RX-8 マツダ RX-8
RWDのすっきりしたステアリングに戻りたい、という想いを抱いていた頃、仕事で広島のマツダ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.