• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

悠太郎Mのブログ一覧

2018年12月24日 イイね!

無事、修理が終わりました

無事、修理が終わりました台風の影響で3週間もかかった修理が無事終わり、引き取ってきました。
ちょうど12/24なので、クリスマスプレゼント?

ドアだけの修理という話でしたが、フェンダーも圧力が加わって歪んだので交換となりました。

また、車が大きく持ち上げられて相当傾きましたので、足回りや骨格部分に狂いでも生じていまいかと心配で、さっそく高速を走ってみました。

近畿道、堺泉北、阪神高速をぐるっと回ってみましたが、幸いにして変な感触は無く、ホッとしました。

久々の愛車ですが、SUVのこの解放感は、やっぱり良いですね。

一方、32万円かかった修理費用の負担割合ですが、保険会社に全てお任せした結果、相手側が90%、当方が10%ということになり、少ない出費でホッとしました。

怪我をしなかったのが不幸中の幸いでしたので、より一層周りに気を配りつつ、慎重な運転を肝に銘じました。
Posted at 2018/12/24 14:31:49 | コメント(1) | トラックバック(0) | フォレスター | クルマ
2018年12月11日 イイね!

事故のショックがまだ癒えず

事故のショックがまだ癒えずうっそ~~っおぉ!!!

というのが、その瞬間の感情でしょうか。
そして次は、

なんで、こんな目に!!!

そして最後は、ただ、ただ、呆然!



後にネットで調べると、機械式駐車場でけっこう事故が起きているようで、開けたドアが上昇してきたパレットに破壊されたという、私のケースと全く同じ事例も。

もう30年以上も機械式駐車場を使っているのですが、事故を目撃したことすらなく、ただただショックでした。

ブログのネタにする気力すらなかったのですが、記録の意味もあって残しておこうと思います。

おそらく助手席側のドアだけの修理で済みそうなのですが、大阪は台風の影響が残っていて工場が立て込んでおり、修理に3週間もかかります。
また、公道ではないので交通事故にはならず(すぐに呼んで見てもらった警察官の見解)、相手も車をぶつけたわけではないので保険はちょっとややこしく、今のところどうなるかわかっていませんので、全くすっきりしない状態です。

幸いにして、任意保険をスバル保険にしていましたので、事故車をすぐにレッカーでディーラーへ運んでもらい、修理手続きや保険の相談など、スムーズに事を運ぶことが出来ました。

さらに、数日間どうしても車が必要でしたのでディーラーに打診したところ、XVのなんと降ろしたてで走行距離が5kmの新車を貸してもらえ、これはラッキーでした。
もちろん、返却時には菓子折りを持参したことは言うまでもありません。



ということで、せっかくなので数日借りたXVの感想であります。

1、ドライビングポジション 

XVは一般の乗用車より若干車高が高いのですが、フォレスターから乗り換えると、ビックリするほど低いポジションに驚きました。フロントガラスの傾斜もきつく、ちょっと圧迫感すら覚えたのですが、これはしばらくすると慣れて来ました。

ステアリングをいっぱい手前に引いて少し上げ、シートをキコキコと上昇させ、ややアップライト気味にすると、自然なポジションが取れました。

ただ、乗った時はすぐには分かりませんでしたが、しばらくすると座面がなにやら沈み込むような感じで、これはアンコがいっぱい詰まった感じのフォレスターのシートが良かった。
また、どこを探してもシートヒーターのスイッチが見当たらず、これも価格相応なのかなあという感想です。


さて、いよいよ走り出すことにします。

シフトに手を伸ばすと、ビックリするほど近くにそれがあり、これもSUVとはずいぶん異なる点です。


2、乗り心地

評判の良い新プラットフォームなので、これが一番異なる点だろうと思っていましたが、それがそんなに違わないというのが感想です。

たしかに、路面からのショックの角がやや丸くなり、突っ張って跳ねるような感じのフォレスターよりは少ししなやかですが、ヒョコヒョコ感やフラット性などは、そんなに変わらないなあという感じです。

ただ、乗り心地の感触は難しいので、フォレスターに乗り換えるとビックリするかもしれませんね。


3、ステアリング

なんとなく、直進付近が頼りないような感じを抱きました。
フォレスターに装着したSTIフレキシブルタワーバーの効果を最近は感じていなかったのですが、やっぱりその影響でしょうか。
けっこう違いを感じたポイントです。


4、駆動系、動力性能

実はこれが一番違いを感じたポイントで、しっかりと加速するのが気持ちいい。

フォレスターは、低回転域ではけっこうトルクフルでハーフスロットルでもツキが良いのですが、いざ追い抜きなどでアクセルを踏み込んでも、エンジン音が高まるだけで期待値の半分も加速してくれません。

ところがこのXV。全くの新車ながら、期待値の80~90%くらいの加速をしてくれ、ビックリしました。

両車の諸元を比較すると、最大トルクは同じで最大出力は僅かに向上。そしてなにより、車重が100kgも違います。
そりゃあ、こんなに車重が違ったら、大いに影響するはずです。

ということで、活発に走られる方には、XVは良いのじゃないでしょうか。


それにしても、愛車が傷付くと、やっぱりショックです。。。
Posted at 2018/12/11 21:04:28 | コメント(3) | トラックバック(0) | フォレスター | クルマ

プロフィール

「家は大阪市内なのですが、毎時ちょうどに、拳銃を奪って逃走中の犯人に気を付けるよう、小学校屋上の拡声マイクから放送が入ります。怖いですねえ。」
何シテル?   06/16 15:17
社会人となって初めて車を所有し早や39年。その間11台所有しましたので、平均して4年程度の所有期間。3~4年経つと、どうしても別の車が欲しくなる「車欲しい病」が...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

そういや先月は熊本に行ってた(笑) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/03 06:54:07

愛車一覧

スバル フォレスター スバル フォレスター
初めてのスバル。初めてのSUVです。 駐車場の関係で背の高いクルマを敬遠していたのですが ...
シトロエン C5 セダン シトロエン C5 セダン
かつて、BXを1回、エグザンティアを2回、合計3回も購入しかけたハイドロのシトロエン。 ...
BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
街中に住んでいるので車は生活に必要なし。大きなオモチャに過ぎない。運転したくなったら時々 ...
マツダ RX-8 マツダ RX-8
RWDのすっきりしたステアリングに戻りたい、という想いを抱いていた頃、仕事で広島のマツダ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.