• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

スズキセル坊のブログ一覧

2018年11月14日 イイね!

「GODZILLA 星を喰う者」観てきました

「GODZILLA 星を喰う者」観てきました 昨日の夜、11月9日公開の長編アニメ映画「GODZILLA 星を喰う者」を新潟市内の映画館で観てきました。本作は昨年の11月に公開された「GODZILLA 怪獣惑星」、今年5月公開の「GODZILLA 決戦機動増殖都市」に続く3部作の第3作目であり、完結編となります。
うーん…。どうして昨今の日本のアニメ作品ってのは、こうも頭でっかちな作品になるのでしょうか?無駄に小難しいものになり過ぎてはいませんかね?とてもゴジラ映画として万人に受入れられる様な作品ではないと感じました。
ゴジラなんだから、もっと単純に「怪獣映画」として楽しめれば良かったんですけどね〜。作品として面白くない訳ではありませんが、僕の求めている「怪獣映画」本来の魅力は感じられなかったなぁ…。

Posted at 2018/11/14 22:07:34 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年11月10日 イイね!

快速「EL日本海庄内号」(平成30年11月10日撮影)

快速「EL日本海庄内号」(平成30年11月10日撮影) 今朝、信越本線と羽越本線の自宅最寄りの踏切で撮影してきた、EF81形97号機の単機と12系客車を牽引した「EL日本海庄内号」です。
先週末は磐越西線でDLが「ばんえつ物語」号の12系客車を牽引していましたが、今週末はELが羽越本線の新津〜酒田間を牽引します。今日は往路のみの運転、明日は酒田〜新津間で復路が運転されます。
このEF81形97号機は、今年3月に田端運転所から全般検査の為、秋田総合車両センター入場しましたが、田端運転所に戻らず7月に長岡車両センターにそのまま転属となり今に至っています。全般検査時に、国鉄時代の交直流電気機関車の専用色であるローズピンクに塗装されています。長岡車両センターには、134、140、141、151号機が以前より配置されていますが、この97号機が一番古い車両となりますね。また、上記の4両は「赤2号」という塗色で塗られており、運転席の前面窓には「庇」が取付けられてるのが特徴です。
天気が良ければ「ローズピンク感」がもっと出たんだろうなぁ…。でも、身近でしかも間近で撮影できたし、ヘッドマークも両側でデザイン違ったけど両方撮れたので良かったですけどね。

快速「EL日本海庄内号」(EF81形97号機+12系客車7両)
羽越本線 新津〜京ヶ瀬間


EF81形97号機(快速「EL日本海庄内号」専用ヘッドマーク掲出)
新津運輸区構内







Posted at 2018/11/10 10:46:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | 鉄道
2018年11月08日 イイね!

『GODZILLA 決戦機動増殖都市』DVDスタンダード・エディション購入

『GODZILLA 決戦機動増殖都市』DVDスタンダード・エディション購入 11月7日発売の長編アニメ3部作の第2弾、「GODZILLA 決戦機動増殖都市」のDVDが今日届きました。8月頃からAmazonで予約していましたので、ようやく観ることができました。
明日(11月9日)より、3部作の第3弾となる「GODZILLA 星を喰う者」が劇場で公開となります。僕は来週辺りに観に行ければ良いなと思っていますが、時間もなかなか取れないので今回もレイトショーでの鑑賞となりそうです。
…という訳で、ホントはやらなきゃいけない町内会の会議資料作りを今日はサボって、「〜星を喰う者」鑑賞前の復習という名目で、早速届いたDVDを観ました。何せ「〜決戦機動増殖都市」を劇場で観てから既に半年経過していますし、一度観た位では細かい部分なんかはよく分からんですからねぇ。
なんにせよ、アニメとはいえ山の様にデカいゴジラの迫力は流石だなぁ…と感心しますし、本家東宝が作るゴジラはアニメでも「ちゃんと怪獣映画」として成り立ってるなぁ…と実感できます。この位の熱量で再び実写作品として東宝自ら「ゴジラ」を作って欲しいですけどね。




Posted at 2018/11/08 23:15:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | 特撮関係
2018年11月07日 イイね!

「宇宙大怪獣ギララ」

「宇宙大怪獣ギララ」 この程、松竹が唯一製作した怪獣映画「宇宙大怪獣ギララ」(昭和42年(1967年))のDVDを購入しました。実は10年以上前に一度購入したことのあるDVDですが、一度売りに出してしまったので今回買い直しました(汗)。「~ギララ」以外にも買い直したいDVDが最近出てきまして自分という奴に呆れております。
 この映画、上述のとおり松竹が唯一製作した怪獣映画です。昭和42年当時と言えば世の中は「第1次怪獣ブーム」の真っ只中ですね。怪獣映画の本家とも言える東宝の「ゴジラシリーズ」などの怪獣映画や円谷プロの「ウルトラQ」、「ウルトラマン」などといった特撮作品がまさに人気の絶頂だった時代、東宝以外の日本の映画会社も怪獣映画の製作に乗り出してきた訳です。まず、大映が昭和40年に「大怪獣ガメラ」を、翌昭和41年には「大魔神」を製作します。そうした当時のブームに乗る形で東映や松竹、日活も怪獣映画の製作に乗り出していった訳です。
 大映の「大魔神」と同じく昭和41年に東映が松方弘樹氏主演の「怪竜大決戦」を製作し、昭和42年には松竹が「宇宙大怪獣ギララ」を、日活が「大巨獣ガッパ」をそれぞれ製作していき、とうとう映画五社全てが怪獣映画を製作しました。また、当時の「怪獣ブーム」を背景に日本政府も外貨獲得を狙って映画会社に製作融資を行っていたこともあり、各社が挙って怪獣映画製作に参入してく後押しにもなっていました。この「~ギララ」や「~ガッパ」も社団法人映画輸出振興協会による輸出映画産業振興金融措置の融資を受けて製作された作品となっています。
 …で、今回十数年振りに「~ギララ」を鑑賞した訳ですが、やはり東宝の特撮映画を見慣れているせいか、東宝作品には見られない雰囲気というのはもの凄く感じますし、やはり特撮の規模や技術的な差が顕著ですよね。こうして観比べてみると東宝の特撮作品に懸ける映像や音響への拘りは凄いなぁ…と思いますね。まあ…大映以外の他社にしてみれば最初(で最後)の怪獣映画な訳ですから、特撮のクオリティなどで本家ともいえる東宝におよぶ筈はないんでしょうけどね~。しかしながら各社ともお金の掛け方は半端ではないようです(笑)。
 とはいえ、ギララの特撮シーン、特にギララが暴れているシーンなどはなかなか見応えがあるんじゃないでしょうか?まず、ギララのデザインが「宇宙怪獣」のデザインとしてかなり秀逸だと僕は思っているんですよねェ。宇宙の未知の生物感がよく表されている様で良いじゃないですか!これでもう少し重厚感が出ていれば良いんですけどね~。高度成長期ど真ん中の当時ですから、本作では人類が月に「月ステーション」を建設済みで、月ステーションには人間が常駐しているという内容で描かれていますし、月ステーションに「檜風呂」があったりと、なかなか楽しい作品です(笑)。
 また、エンディングに流れる副主題歌「月と星のバラード」は当時松竹所属の女優、賠償千恵子氏が歌っております。賠償氏は「~ギララ」の2年後に「男はつらいよ」で寅さんの妹「諏訪さくら」を演じる事になりますが、「男はつらいよ 寅次郎真実一路」(昭和59年)の冒頭の寅さんの夢のシーンでギララが登場するんですよね~(笑)。夢の中では単に「怪獣」と呼ばれていますが、寅さんの首にぶら下げている帝釈天の御守りからビームが照射されて怪獣(ギララ)が「寅さ~ん」とか断末魔に叫びながら消滅していくという物語で、何とも素晴らしい競演を果たしているんですよ(笑)。


ギララ




Atomic Astro Boat(AAB) 【宇宙船AABガンマー号】


自走レーザー砲


月ステーションの「檜風呂」






 
Posted at 2018/11/07 22:24:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | 特撮関係 | 趣味
2018年11月05日 イイね!

ウルトラマン(Cタイプ)(アルティメットルミナス07)

ウルトラマン(Cタイプ)(アルティメットルミナス07) 10月の最終週に発売されたバンダイの500円ガシャポン「アルティメットルミナス07」のウルトラマン(Cタイプ)です。Amazonで注文していたものが先日届きました♪
 いやはや…ついに「アルティメットルミナス」シリーズにCタイプのウルトラマンがラインナップされましたね~。やばいなぁ…格好良すぎるなぁ~。なんだコレ。このクオリティが500円とはいえガシャポンで実現するとはねェ。素晴らしいとしか言い様がありませんね。
 第1弾のBタイプやスペシウム光線のポーズも文句なく格好良いのだけれど、やっぱりウルトラマンはこのファイテングポーズが一番格好良いなぁ~。しかも、弾を重ねるごとに目やカラータイマーの光り方も進化している様ですよ。こりゃあ、そのうちAタイプも製品化されるに違いないでしょうね。
 こんな低価格で全方位隙がないフィギュアってそうそうないかもしれません。


ルミナスユニット OFF


ルミナスユニット ON


ルミナスユニット OFF


ルミナスユニット ON


ルミナスユニット OFF


ルミナスユニット ON


ルミナスユニット OFF


ルミナスユニット ON





Posted at 2018/11/06 00:06:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | 特撮関係 | 趣味

プロフィール

「「宇宙大怪獣ギララ」 http://cvw.jp/b/424833/42160104/
何シテル?   11/07 22:24
 スズキセル坊です。普段は低所得サラリーマン、自宅に戻れば世を忍ぶ仮の町内会長として「趣味が第一、その他は二の次」、「できるだけ広く、できるだけ深く」を人生の目...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

にべもない日々 
カテゴリ:お友達ブログ
2010/06/10 17:35:16
 

お友達

クルマ好きな方は勿論、乗り物好きな方、乗り物意外にも色々と興味がいってしまう多趣味な野郎ですが仲良くしてやって下さい!
34 人のお友達がいます
セリカTA45セリカTA45 * バスまんバスまん *
花人☆うなぎパイ花人☆うなぎパイ * やすやす75やすやす75
たかぽん!たかぽん! 辰巳辰巳

ファン

28 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ アルト スズキ アルト
 8代目愛車、平成24年式スズキアルト(HA25S型 2型)、グレード「F」の5速MTの ...
スズキ セルボ スズキ セルボ
 昭和63年式スズキセルボCH72V・CGPJ(セルボごきげんパック)です。この以前に乗 ...
スバル R2 スバル R2
平成26年8月29日の事故により、スバルステラが走行不能となり、母親から譲渡してもらいま ...
スバル ステラ スバル ステラ
 平成19年式スバルステラ(グレードはL)です。 それまで乗っていたダイハツコペンに代わ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.