車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月19日 イイね!

本日は「東京オートサロンへ・・・。」パート5です。

オートサロンもいよいよ、大詰めとなりました。

それではご覧下さい。。


先ずはこちらのからです。


オバフェンがいいですねぇ~。


打って変わって、こちらは「RECARO」ブースです。
おびただしいシートの数です。


何脚か、座ってみましたが、やっぱりレカロは良いです・・・。


そして、ここでやっと1~8ホールを観をえて、次なる9~11
ホールへ移動します。


9~11ホールも相当に広いです。


先ずはサソリから・・・。
ドアミラーやホイールにトリコロールカラーが入っていて
お洒落です。


更にリヤウイングにもトリコロールカラーが。
キビキビとドライビングが出来そうですね。


次はオサレなカラーリングのS660です。


エンジンにも気合が入っています。


こちらのS660もフロント廻りが頑張っています。


ノーマルの中に入れば目立つことNo.1ですね。。。


おっと何故か、ウルトラマンがいました。(^^♪


こちらはエンジン単体コーナーです。


ポルシェ911GT3のエンジン(3.6リッター)だそうです。


クランクシャフト、ピストン、コンロッド、リング等が整然と
キレイに並べられています。


こちらは愛きょう。 水中戦艦ロボット、欲しいです。(爆)


これは懐かしい♪ 
トミカ・スカイラインのシルエット・フォーミュラですね。


いやはや何とも懐かしい姿です。


こちらはビートルの連結車両です。
こんなんで走れば目立つことでしょうね。


1/1スケールのGT-Rジオラマです。


臨場感がありますね。


こちらのGT-Rも馬力が有りそうですね。
1000馬力位は出るのでしょうか??


GT-Rのスイングドア、どうなんでしょう・・・。


こちらのフロントウイングはまた凄い。
悪い言い方をすれば、清掃車の様壮です。


お次はタービン単体ブースです。


一番右のタービンは何と1500~2000馬力用だそうです。
いっっっ・・・。


トライクですね。 乗っていれば目立ちますね、これは。


こちらは自作のマシンだとか。


まさに手作り感満載のマシンです。


最後はマクラーレンです。


初期のマクラーレンMP4-12Cですね。



さて、
以上で今回の「東京オートサロン」の紹介が終わりました。

パート1に始まり、今回のパート5で全完了です。

今回、400枚強の撮影に対して、半分弱のみの掲載となり
ましたが、少しは会場に行った気分になられましたでしょうか?

昨今の車離れ、特に若者の車離れが深刻さを増していると
聞きますが、この会場にいる限りはそんな感じは吹っ飛んで 
しまいました。

今後も各メーカーは魅力ある、車造りをして行って貰えれば
良いかと思います。

「継続はチカラなり!!」

Posted at 2017/01/19 22:48:29 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月17日 イイね!

本日は「東京オートサロンへ・・・。」パート4です。

それではご覧下さい。。


先ずはこちらのGT3RSからです。 人気車ですね・・・。



お次はF12ベルリネッタです。比較的、シンプルな構成です。



こちらはまたヘビメタな車ですね。



お次は地べたを這う、ウラカンです。
この低さでは明らかに公道は走れませんよね。



リヤは意外と決まっています。



こちらも地べた、ベタベタのアヴェンタさんです。



リヤは何Jを履いているんでしょうね?
多分13J位でしょうか。。。



おおおおおっ、超懐かし~。BMWの635CSiです。



こちらのF430はちょっと下品になってしまっていて残念。



おおおP1???? かと思いきや。



ベース車両は650Sでしょうか??



早くも488GTB仕様のLBですね。



でも、LBはやっぱり、ランボ車の方が似合いますね。



こちらはウラカンのエキゾースト 1式です。
全部で100諭吉オーバーは確実ですね。
現物はキレイに仕上がってました。



お次はラッピングを披露していましたので、しばし見物しました。



手際良く、フィルムをボディに貼って行っております。



へらを使ってキレイに延ばして行きます。



こちらはMBの??



お次は「レクサス」のブースです。

こちらはLC500だそうです。
車体材質は一体、何なのでしょうか??




このフロントのフィンみたいなものは何かの効果があるので
しょうか?
整流作用でしょうか・・・。




変わって、こちらはレクサスのRCF-GT3です。



いやはや、何と言っていいんでしょうね。 大迫力です。



マフラーはこんな部分からせり出しています。



こちらはトヨタのWRCヒストリー車を並べていました。



そう言えば、こちらのカストロールセリカGT4は随分と
懐かしいですね。




こちらはルマン仕様??



そして、こちらはコルベットですね。



リヤの4本マフラーが大迫力です。



こちらはロールス・ロイスです。
ロールスがオートサロンに出展されていたとは・・・。
オドロキです。




でもチョット、やり過ぎ感があります。
ロールスはやはり、落ち着きが必要ではないかと・・・。




パート4の最後は新型NSXです。正にTHE・ショーカーですね。



実際には派手過ぎて乗れませんね・・・。



はい、以上で「パート4」を終了します。

残りはあと1回(パート5)のみになります。
Posted at 2017/01/17 21:36:48 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月15日 イイね!

本日は「東京オートサロンへ・・・。」 パート3です。

それではご覧下さい。。

パート1にて少し紹介した「TWS」のブースです。


パガーニ・ウワイラです。 
    1億諭吉オーバーの車ですね。 (溜息)


F40です。既に四半世紀以前の車ですが、そのスタイル
は未だにスポイルされていませんね。


アヴェンタのSVです。 戦闘機スタイルでカッコいいです。


4本出しマフラーは大迫力ですね。


フェラーリのF12tdfです。


やはり、F12とはその迫力が違いますねぇ~。


これが噂のGTO譲りのスタイルですね。


リヤタイヤ前のフィンがいいですね。


相変わらずのリアアンダー下部の造形は素晴らしいです。


さて、打って変わって「ロータス」のブースです。


2イレブンと思いきや、3イレブンなんですね。
友達が2イレブンを所有していましたが、新車で600諭吉?
と言ってましたので、もしや大台近くになるのでしょうか?


ロータスはこのカラーが何故か、似合いますね。


こちらは大人びいたブースです。


ムルシエラゴのスワロースキー版でしょうか・・・。



新型NSXがここまで変貌してしまっています。
ちょっとイジリ過ぎ感がありますね。


出ました。毎度良く見る車ですが、実際にまざまざ見ますと
凄い光景ですね。


ベルファイヤのフロントが凄いです。
好きな人には好きなんでしょうね。



この車、もはや素の車が何であるか分からない程です。

何と、アリストでした。そう言えば何となく面影がありますね。
しかし、ガルウイングはやはり、目立ちます。


モチュールのオイルと言ったら性能は抜群、でも「お高い!」
イメージがありますが・・・。 一度、使ってみたいものです。


S660が精悍でしたので・・・。


お次はコチラ。
何か普通のシミュレーターとは違うな!と脚を停めました。


何となんと、590諭吉もするドライビングシミュレーターです。
凄っ!!


プロのレーサー?のレッスンを受けていました。
しかし、実に超本格的でした。 ドライビングしたかったです。


こちらは「スバル」のブースです。
暗黒に このカラーリングには脚が停まります。
キレイなディスプレイでした。


スバルと言えばSTi でしょうね。


こちらは「マンソリー」のブースです。
大人の世界ですね。


こちらは何と言うメーカー何でしょうね。


ホイールのメーカーの様ですね。


こちらは「ロンリーザー」のブースです。


そして、次は「ロべルタ」のブースです。

アヴェンタのSVです。 今や当たり前のSVです。


そして、何と言ってもウラカン・スーパートロフィオの車両です。


相当にカッコいいです♪


その存在感は半端ではありません。


SVとスーパートロフィオの共演です。


ROHANAと言うホイールメーカーです。 
聞き慣れないメーカーですね。


お次は「SVR」のブースです。
早くも488GTBを仕上げて来ていました。


ノーズをとんがらさせて(突起)いますね。




フロントに比べてリヤは大人しめに抑えていますね。


そして、今回、自身が気にいった車がコチラ・・・・。


少し派手目なF12ですが、細部に渡ってキレイに仕上げて
います感がありました。


ロッソカラーにモデナラインが上手く調和させています。


リヤ廻りもとてもキレイに仕上がっています。


全体にバランスが取れています。


お約束のフィン付きです。


エアトンネル部はこの様にカーボンフィンに変更しています。


特にこのフロント部は調和が取れているかと思います。



以上で「パート3」を終了致します。

後日、パート4、5をお楽しみ下さい。

Posted at 2017/01/15 21:37:19 | コメント(9) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月14日 イイね!


本日は「東京オートサロンへ・・・。」パート2です。

パート2を始めるにあたり、今回、撮り終えた写真数を確認する
と400枚強です。

しかし、これを全部掲載するのはとても困難です。
せめて、半分の200枚としたいがために精査開始♪ ⇒完了

と言うことで
パート2以降は、50枚/パート としパート5まで実施すると
して計200枚に決定☆☆

写真はNo1~12館から適宜、メーカ不問、車種不問、車以外
のパーツ部門も含めて掲載します。

なお、
掲載は当方の気に入った画像、ほほっ~ここまでやる、単純にカッコイイ、勉強になりました等の内容から決定しましたので、
予めご了承下さい。

それでは本日は「パート2」をお届けします。

先ずは先頭を切ってコチラの車からです・・・。

ファルケンブースのコンチネンタルGTです。


タイヤ&ホイール変更ですね。 
今やこのクラスでは当たり前になりつつある22インチ


こちらはポルシェ・カップカーで宜しいでしょうか?
カナードが効きそうですね。


馬鹿でかいリヤウイングです。


こちらはスバルのWRX-STIです。


しかし、凄いことになっています。
これはラッピング? 彫刻摸様になっています。


86の様ですが、フロントのリップが凄いですね。
フロントがガッチリと落ち着きそうな気配です。


RAYSのブースですね。
ホイールの種類は千差万別にラインナップされていますよね。


お次はBBSブースです。
愛機もBBSを履いている観点から、寄るしかないです。


こちらはベントレーのベンテイガですね。
(ぼやけてしまい。スミマセン。)


Gulfカラーのポルシェです。


お次はmomoのブースです。。。


458GTのカラーリングにベストマッチング・・・。


ズラリ勢揃いのステアリング紹介コーナーです。
全部で40個のステアリングがディスプレイ。


このうち、貰えるなら、こちらのステアリング(笑)
  ⇒失礼。自分で購入するなら、こちらのステアリングです。


こちらではステリング交換の実演を開催していました。


次は
スポーツシートを2分しているうちの「スパルコ・ブース」です。


キレイなカラーのポルシェです。
何と言うカラーなんでしょうね・・・。


GT300とかGt500のマシンで宜しいでしょうか?


ドライビングスペースはえらいことになっています。


リヤのデュフューザーが角カクですね。


プロのレーサーが講演してました。




こちらのGT-Rはプレミアム・エデションでお値段は・・・。
メーカー希望小売価格(消費税込)11,705,040円


お次はブリジストン・ブースアストンのV12が鎮座。


ポンテンザのS007を履いていました。


こんな車両も有りました。


いかついた顔ですね。


お次は横倒しになった86です。


反対に行けば、車の下側の様子が手に取る様に分かります。


これはななかなのアイディアではないでしょか???


そして、こちらはミツオカのオロチですね。
ドアがちゃっかり上に開く仕様になっています。


アヴェンタのフロント部分のみでしたので、これはレプリカ
ですか?と問うたところ、⇒本物のボディと回答がありました。
さて真相は如何に・・・・。


こちらはアウディのレース仕様(ルマン?) 良く分かりません。


こちらはトヨタ3000GT? 
ベース車両は旧ロードスターでしょうか。。。


こちらのレクサスのキャンバーが凄いです。
フェンダーとタイヤは既に接地していますから、このままでは
走ることは不可でしょう・・・。


MBのG35ないしはG55です。
当方には一生、縁のない車でしょう・・・・。


比較的スポーティに纏まっているアヴェンタです。


やはりホイールが目立ちますね。


スポット・テクニックのBMWです。


ホンダのブースにやって来ました。



こちらはS660をベースにした車両です。


ちょっと未来カーの予想いです。


こちらは何用のレースマシン??


こちらはNSX-GTです。車体はフルカーボンなんでしょうか?


今回、ホンダは新型NSXを3台、持ち込んでいました。
まぁ今、一番の華方の車ですからね・・・。


先日、少し紹介したF1レーサーのバトンのサイン入り。
仮い売るとするならば、プレミアムは間違い無し。


本日の最後はMB-AMG GT3マシンです。


う~ん。なかなかのもんですよね。


後日、パート3、4、5をお楽しみ下さいませ。。。

Posted at 2017/01/14 21:41:19 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月13日 イイね!

本日(1/13)、休暇を取得して、
東京オートサロン(PMからの一般特別公開)」に行って
参りました。

前回、このオートサロンに行ったのはもう10年前程前ですから、
一昔前ですね。

今週の富士山です。 雲が掛かっていてイマイチでしたね。



海浜幕張に向かいます。 
京葉線の駅ホームまでをKeiyo Street って言うんですね。




東京駅からは快速で約30分。 意外と早いんですね。。。



今日はイイ天気でした。空が青いです。



会場の幕張メッセに到着しました。



事前に「一般特別入場日」の前売り券を購入して行きました。



入場してパンフを貰って・・・。



オープニング・セレモニーでピコ太郎がゲストで来ました。
何でもピコ太郎はここ、千葉県の出身だとか・・・。




そして、オートサロン・アンバサダー哀川翔さんが挨拶。
挨拶の中で今回のオートサロンには458社で850台の出展
で、しかも1台もノーマル車がないと言ってました。




色んな、お偉いさんを交えてテープカットです。



そして、14時から一般特別入場が開始されました。
会場は1~8ホールと9~11ホールに2分割されています。

先ずは1~8ホールへ移動します。




移動途中にF1メーカー各社のパイロットスーツ群が。 
思わずパチリ・・・。




そして、
いよいよNo1ホールに入りますが、物凄い込み様です。




2階席から各車のブースを眺めます。



先ずはこちらの「ノブレッセ」のブースへ。
458スパイダーNEW-NSXが共演しておりました。




マフラーはチタン製でしょうか??



どっちが良いかな???



こちらは別のホンダブースです。



このNSXのドア部にバトンのサインが入っていました。



そして、こちらは「TWS」のブースです。
この車はパガーニ・ゾンダの後継車の「ウワイラ」ですね。




こちらは無く子も黙るF40です。



こちらはビアンコの「アヴェンタSV」です。



そして、おっっっ
初めて観る、フェラーリの「F12tdf」です。





本日は取り急ぎ、ここまでとします。

今回、スチール+携帯で約400枚程、撮りましたので後日、
選りすぐりの車達を紹介して行きたいと思います。

それにしても、い人でしたが、活気があってイイですね。
でも、これが土日に行く場合、動きが取れないのでは? 
と妙に心配になりました。

Posted at 2017/01/13 23:40:56 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「東京オートサロンへ・・・。(パート5) http://cvw.jp/b/1745556/39199564/
何シテル?   01/19 22:48
・静岡県西部に在住のハンドルネーム「夢・心・彩・純(ゆめ・ここ・さー・じゅん)」です。ハンドルネームの由来は子供4人(1男3女)の名前の頭文字を組み合わせていま...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
リンク・クリップ
いつ以来の大黒か? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/26 12:06:15
相棒が居ない時の過ごし方 part2…(^-^) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/10/22 12:17:55
静岡ホビーショーに行って来ました♪(第2弾) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/20 13:00:32
ファン
167 人のファンがいます
愛車一覧
フェラーリ 355 フェラーリ 355
フェラーリF355べルリネッタに乗っています。 ・年式:1999年式 ・仕様:欧州仕様 ...
ダイハツ テリオスキッド ダイハツ テリオスキッド
通勤車両です。
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.