• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

macモフモフのブログ一覧

2012年08月25日 イイね!

GT5☆配信イベント☆PP580/GT-R Black edition、アイフェル☆2012/08/24




GT5☆配信イベント☆PP580/GT-R Black edition、アイフェル☆2012/08/24

ブラインドコーナーが難しかった。

ゴールドでも9000番台( ̄∇ ̄;
Posted at 2012/08/25 21:58:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | GT5,GTHD,GT4、その他ゲーム | 日記
2012年08月24日 イイね!

仁徳天皇陵



巨大すぎて森にしか見えません。



写真を撮るのはここからのみ。
ここから先には入れません。



どこからともなく風が吹いて来て
鳥がすぐそばを通り過ぎていきました。


Posted at 2012/08/24 22:47:26 | コメント(2) | トラックバック(0) | 旅行・ドライブ | 日記
2012年08月14日 イイね!

グランツーリスモ5 アジアチャンピオンシップ2012の動画です(^o^)ノ

こっちで動画になってま〜す
1時間半ぐらいの動画ですが、
最初はエキジビションとかあって、途中、真ん中あたりから決勝です。
決勝は3つのコースでみっちりと勝負。
集中力と持続力が必要ですね〜。
さすがにレベルが高いです。
特に第二戦は最後の最後まで。。。
いやあアジアからのレーサー、将来が楽しみです(^o^)ノ
グランツーリスモ5 アジアチャンピオンシップ2012
Posted at 2012/08/14 22:25:20 | コメント(1) | トラックバック(0) | GT5,GTHD,GT4、その他ゲーム | 日記
2012年08月13日 イイね!

行きたかった! GT5 アジア・チャンピオンシップ@横浜

行きたかった、、、
アジアチャンピオンを決めるGT5の大会

そのレポートを発見。
熱い戦いがそのまま伝わってきた(°▽°)

今回の上位の中からリアルのレーサーが誕生するんですね!
しかも今回は日本人のレーサー。。
期待いっぱい(^o^)ノ

http://www.gamer.ne.jp/news/201208110007/
からそのまま転記させていただきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
横浜にアジア最速の男たちが集結!真の王者は誰に…
今回開催されたイベント「グランツーリスモアジアチャンピオンシップ2012」は、PS3用ソフト「GTアカデミー」の上位成績者たちが「グランツーリスモ5(GT5)」のアジアにおける最速ドライバーを決めるという大会。

横浜にある日産グローバル本社ギャラリーをレースの舞台に、日本をはじめ台湾、香港、マレーシア、シンガポール、タイ、インド、韓国などアジア諸国から最速自慢の16人が集結した。



選ばれし16人が登場!決勝へとつながる予選がスタート!
山内氏からの開会の挨拶が終わると、ついに16人のプレイヤーたちが登場する。本来のレーサーのような屈強な体格ではないものの、彼らは「GT5」におけるアジア最速にもっとも近い男たちなのだ。

プレイヤーたちのお披露目が終わると、まずは予選がスタート。予選は、参加者がくじを引き、8人2グループに分かれてのタイムアタック方式で行われる。



コースは、シリーズでもおなじみの東京市街地をモデルにした「Tokyo R246」。使用するマシンやタイヤは、全員がイコールコンディションとなる。

さて、予選からはレース解説に山内氏も参加するのだが、なんと今回の大会ではレースの実況に、実際のレース番組などでおなじみのフリーアナウンサー・中島秀之さんが登場!モータースポーツ好きには聞き慣れた、そしてたまらない布陣での実況解説が行われることに。


タイムアタック方式の予選は、2グループともプレイヤーそれぞれがタイムを少しでも縮めようと、縁石を限界まで使い、テールを滑らせカウンターをあてながらマシンをコントロールして激しく上位を争う展開に。

「Tokyo R246」は、特にランオフエリアも少なくちょっとした挙動の乱れでウォールにヒットして大きなタイムロスとなるのだが…そんなことはお構いなし!とばかりに、壁際ギリギリまでコースをワイドに使った迫力のあるアタックが見られ、思わず観客から歓声が沸き起こる。



こうして予選での2グループによる白熱のタイムアタックが終了し、日本勢が5名、そしてインド、タイ、韓国から1名という8人の決勝進出者が決定する。そして、残念ながら予選通過はかなわなかった8名についても、100分の1秒を争う渾身のアタックを続けた姿勢に会場からは温かい拍手が送られた。



トークでは、オルドネス氏が2012年、世界でも屈指のテクニカルかつロングディスタンスなニュルブルクリンク24時間に山内氏と参戦した際の感想などが中心に語られた。

つい数年前までただの大学生だった自分が「GTアカデミー」に関わり人生が変貌し、まさかレースドライバーとなり夢だったニュルブルクリンクを走るとは思わなかったと熱っぽく語るオルドネス氏の表情に、本当に我が子を見守るかのような視線を送る山内氏が印象的だった。


まさかのエキシビジョンマッチ!まさかの山内氏も参加!?
さて、トークセッションが終わると、なんとここからは来場者参加によるエキシビジョンマッチが開催。会場に設置された試遊ブースで、事前に行われたタイムアタックで規定タイムをクリアした一般来場者の中から、抽選で6名が選ばれ、オルドネス氏とレースを行うのだが、なんと今回は山内氏もサプライズ参戦!

「もう若くないのでショートスティントでは集中力が…」というなんとも弱気な発言も飛び出したが、意外とノリノリでシートに収まる山内氏。

一般来場者とのレースは接触あり、スピンありの波乱の展開となったが、オルドネス氏が2位、そして山内氏が5位という結果に。エキシビジョンということで多少大味なレース展開にはなったが、予選セッションのようなピリピリとしたムードもなく、和やかな雰囲気で終了となった。


決勝スタート!ついにアジア最速の王者が誕生する!
楽しいトークセッションも終わり、ここからは再度ピリピリムードの決勝戦がスタート。決勝は3レースで行われ、上位者よりポイントが付与されるという、実際のモータースポーツチャンピオンシップのようなルールに。

3レース終了した時点で総合得点が一番多いプレイヤーが、アジア最速の座を射止めることとなる。


決勝第1レース:High Speed Ring
決勝戦第1レースは、とにかくハイスピードでレースが展開するという、その名の通りの「High Speed Ring」が舞台に。このコースではスリップストリームが非常に効きやすいため、あえて先頭には立たずに他車の後ろでオーバーテイクを狙うという戦略などが必要となる。


そんな中、レースはスタート直後に猛アタックを決めた日本のK.Yamadaがぐんぐんと後続を引き離し、スリップにすら付けないほどの差を作り圧勝。同条件のマシンながらも、上手く乱戦から抜け出し、後続が混乱する中で落ち着いたレース運びを行ったK.Yamadaには、山内氏、そしてオルドネス氏からもそのウデを称えるコメントが贈られる。



決勝第2レース:Deep Forest Raceway
続く第2レースでは、「GT」シリーズ初期から登場し、プレイヤーも馴染み深い「Deep Forest Raceway」でのレースとなる。山内氏によれば、このコースはシリーズ初期にニュルブルクリンクをイメージして作られたコースということで、うねりのある路面や長いバックストレート、森の中を駆け抜けるというあたりが特徴とのことだ。


第2レースからはリバースグリッド方式となり、第1レースの順位の逆順でスタートグリッドに。レース開始直後は、やはり若干タイムの劣る下位勢がトップにいるために混戦模様を呈していたが、徐々に第1レースの上位勢がトップ争いを行う展開に。


レース中盤からは日本のS.Yoshidaがラップリーダーとしてレースを引っ張り、このS.Yoshidaの安定した走りを先ほどの勝者K.YamadaとT.Kawajiriが追う展開に。しかしレース中盤、S.Yoshidaが痛恨のステアリングミス!バンプのある路面でスピンしかけたマシンを立てなおそうとする隙をついて、後続の2人がS.Yoshidaをオーバーテイク。


これにて雌雄決したかに見えたが、ここからさらに2台によるデッドヒートが巻き起こる。先を行くT.Kawajiriは必死にレコードラインを抑え、K.Yamadaは最終ラップのオーバーテイクにすべてを賭ける!2台のマシンは最終コーナーを立ち上がり……逃げるKawajiriのスリップから抜けだしたK.Yamadaが並びゴールに飛び込むという、壮絶なラストラップに。

これには会場からも悲鳴のような歓声が上がり、そしてレース結果の画面が映し出されると、さらにひときわ大きな歓声が巻き起こる。なんと、2台の差は0.012秒という、実際のレースでも滅多にお目にかかれないような、山内氏いわく「ありえないほど刺激的な展開」となったのだ。


第2レースを終えたところで、日本のK.YamadaとT.Kawajiriが17ポイントで並び、その後をインドのRAMAが11ポイントで追うという結果に。このまますすめば、おそらくアジア最速はこの3人の誰かになろうかという展開だ。


運命の決勝第3レース:Grand Valley Speedway
そして、すべての運命が決する決勝第3レース「Grand Valley Speedway」がスタートする。このレースを終えた時、誰がトップを獲っているのか、その結果、誰がアジアチャンピオンとなっているのか…。


緊張感が張り詰める中、今回もリバースグリッド方式でレースはスタートする。このレースのコース「Grand Valley Speedway」は、さまざまなコーナーが複合的に絡み合い、さらに1週が非常に長いテクニカルコース。ただしコース幅が広いため、レコードラップが複数あるのが特徴だ。

レースは序盤サイドバイサイド、そして時に3台が横に並ぶスリーワイドによる迫力の乱戦となるなか、徐々に各マシンがバラける展開に。中盤からはインドのRAMAがするすると抜け出し、K.YamadaとタイのSachaiが続くのだが、2位以降のつばぜり合いに乗じて、1位のRAMAがその差を広げていく。


しかし、今回はロングコースを10周するレース。一時はRAMAの後ろ姿すら見えなくなってしまったK.Yamadaが、レース終盤にかけて猛チャージを見せる!なんと、ラスト数周はRAMAよりも1周1秒近く早いラップを刻み、最終ラップにRAMA氏を捕える!


そしてトンネルと連続コーナーが続くセクターで外に膨らんだRAMAの一瞬の隙を突いて、K.Yamadaがズバッとオーバーテイク!そのままゴールを駆け抜けレースフィニッシュ。


途中からレース展開に固唾を飲んでいた観客も、この瞬間に爆発したかのような歓声が起こるのだった。


こうして決勝戦は幕を閉じ、決勝第3レースの結果、最終的な総合得点ランキングで日本のK.Yamadaがアジアチャンピオンの座へと輝く。決勝前、山内氏とプレイヤー全員が望んだ「クリーンなレース」展開となった今大会、チャンピオンK.Yamada以外のプレイヤーたちも、みなこの結果に納得の表情を見せていた。


ミュージシャン・daiki kasho氏のパワフルなライブ会場はヒートアップ
こうしてアジアチャンピオンが決定した本イベント。ラストは、「GT3 A-Spec」以降、シリーズに数々の名曲を提供してきたミュージシャン・daiki kasho氏が、今回のために特別に結成したバンドによるミニライブが披露される。


バンドは「GT5」でも使用されている楽曲4曲をパワフルに演奏し、会場は参加者が総立ちのテンションに!ラストは「GT5」のエンディング楽曲を全員で熱唱しミニライブは終了するのだった。


そして最後にステージ上のdaiki kasho氏が声をかけ、山内氏がステージ上に登場。どうやらこの展開は山内氏も知らなかったらしく、戸惑いつつもステージに上がると…なんと、daiki kasho氏自らの演奏によるバースデーソングが!8月5日に誕生日を迎えた山内氏への、サプライズ演出だったのだ。

これには山内氏も感激した様子で、最後はこのイベントの大成功とサプライズに若干言葉をつまらせながら、ステージを後にした。

こうして、非常にレベルの高い「グランツーリスモアジアチャンピオンシップ2012」は幕を閉じる。今回チャンピオンとなったK.Yamada、そして決勝で敗れたファイナリストたち、惜しくも決勝に届かなかった8名、その全員が非常にフェアでクリーンな戦いを見せた大会だった。
Posted at 2012/08/13 11:35:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | GT5,GTHD,GT4、その他ゲーム | 日記
2012年08月12日 イイね!

グランツーリスモ5☆要望点☆100回以上ボタンを押すのは、もうやめたい。。

グランツーリスモ5☆要望点

2つあります。

・チューニングのパーツをボタンひとつで購入できるようにしてほしい。

現状では、タイヤはレーシング・ソフト、軽量化はひとつずつ3回、剛性アップパーツ、エンジンチューンステージ1,2,3、コンピュータ、インマニ、エアクリ、エキマニ、触媒、マフラー、ターボ、トランスミッション、クラッチ、フライホイル、プロペラシャフト、LSD、サスペンションの23パーツを、
それぞれについて、「購入する」「購入しました・はい」「装着しますか・はい」と3回ずつボタンを押さないといけない。
もっと詳しく言うと「購入する」のボタンを押すのは左方向キーを押してからになるから、実際は4回ずつとなる。

23かける4ということは、、、
92回もボタンを押している!!

そのうえ、エアロパーツ、アルミホイル、塗装となると、
ボタンを押す回数は100回は越える。

非常にめんどくさいし、時間の無駄。

お気に入りの購入パターンをいくつか登録しておいて、ボタンひとつで取り付け完了にしてほしい。


・塗装について、自由に塗料の色をカスタマイズできるようにしてほしい

今は、イベントなどでゲットした色、または新車で買ったときの色しか使えない。しかも一度使うとその色は使えない。そして塗装料金まで必要だ。

これってユーザーの選択の自由を制限していると思う。

愛車を好きな色で塗りたい、クルマ好きなら当然満たされるべき夢のひとつだろう。

ゲームだからこそ塗ってみたいオリジナルな色もあるはずだ。

こういうのを実現できるのもバーチャルな世界の楽しみと思う。


配信イベント☆2012.8.10 日産 スカイライン GT-R Vスペック II Nur (GTアカデミー) '02


Posted at 2012/08/12 22:02:50 | コメント(2) | トラックバック(0) | GT5,GTHD,GT4、その他ゲーム | 日記

プロフィール

「WRC8 PS4 オーストラリアのジャングルをドライブちゅう

https://www.showroom-live.com/097fe1281884
何シテル?   05/22 23:48
MacまたはモフP、とか呼んでください。相棒のふもふと一緒に世界を放浪してます。 Youtube https://www.youtube.com/chann...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

ハイドラ/ダムCPマップ 画像協力要請 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/08/26 13:56:56
ハイドラチェックポイント便利リンク 《開発チーム過去ブログ》 2016.11.17更新版 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/01/16 00:25:24
山梨県難所 ダムCP 葛野川(かずのかわ)ダム攻略 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/25 22:00:00

愛車一覧

スバル その他 まっく (スバル その他)
あれ?? ハイドラのアイコンが自動的にメイン画像に使われるみたいで、すみましぇんモフモフ ...
その他 徒歩 もふもふP (その他 徒歩)
パイロット、宇宙船シリウス号艦長
その他 テニス ヘッド・ジョコビッチ・2013 (その他 テニス)
ラジカルとはちがい、ガットの縦横の本数がノーマル。そのためハードに打ち続けるとガットの寿 ...
輸入車その他 ロケット 輸入車その他 ロケット
ロケット
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.