• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+














  ■配送遅延のお知らせ■

※現在、一部地域での集荷・配送の停止や遅延が発生しております。
詳細はクロネコヤマトホームページをご参照ください。


連休中は発送が遅れますのでご注意ください。

Blissshopのブログ一覧

2019年11月28日 イイね!

新しいプリウス 早速イジりました

新しいプリウス 早速イジりました新しいプリウスはテールライトのでっぱり加減がだいぶカッコいくなりましたよね



しかしどうもこの平らな部分に水滴が落ちて輪ジミが残ってしまいそうな気が…

ここはしっかり対策を取っておきましょう




まずは型紙を作ってから




カーボンシートを切り取って




貼っておくだけでOK


これで水滴がたれて残ってしまっても輪ジミになりにくくなりますし
最悪、はがして貼りなおせばOKです



ここの部分はプラパーツなので毎回コンパウンド使わなきゃいけなくなってしまいそうなので先にカーボンシートで養生しておくことにしました

新しいプリウスは、かなり張り出したボディデザインになってますので乗っていくうちに他にも対策しなければいけない部分が出てきそうですね



Posted at 2019/11/28 11:01:12 | トラックバック(0) | プリウス | イベント・キャンペーン
2019年11月07日 イイね!

新車がきたよっ!

新車がきたよっ!待ちに待った会社の営業車 「プリウス」がやっと納車になりました。
7月に注文したので約4ヶ月待ちになってしまいました。
プリウスすごい人気なんですねぇ



新しいプリウスは、なにはなくともボディラインの変更が一番目立ちますよね



内装は、光沢系ピアノブラックに統一されています。
これはかなりていねいに使わないと傷ついちゃいそう。



シートのホールド性がかなり高くなっているのでびっくりしました。
もう社外シートに交換する必要ないレベルですね



スピードメーターがヘッドアップディスプレイになっています。
かなり良くできていて近未来を感じます。



トランクスペースも思ったよりも広くて便利そうですね



エンブレムを貼って準備OK



押すなよ~ 押すなよ~
こういう押しちゃいけないボタンって、存在が気になりすぎていつか押してしまいそうでちょっと怖いです…


燃費の良さもかなり上がってましたよ
プリウスも進化していくんですねぇ
Posted at 2019/11/07 12:11:01 | トラックバック(0) | プリウス | イベント・キャンペーン
2017年05月22日 イイね!

【30プリウスは要注意】大変です!ネコ潜伏中?

【30プリウスは要注意】大変です!ネコ潜伏中?ある朝の出来事。。。

プリウスのボンネット内から
猫のなき声???

ボンネットを開けるとなんと猫がいます!?
目があっていますが出ていってくれません
なぜか、こっちが逃げていくんじゃないかと謎の期待をしています。
今から乗るんだから、こっちが逃げるワケないやんっ
早く出てってよ



クラクションを鳴らすと
隣のクルマの下に逃げ込んでくれたのですが。。。

つかず 離れず?しかも『ニャ〜ゴ〜』と鳴きやまない!



耳をすますと。。。

ボンネットの中から小さな『ミ〜 ミ〜』と子猫の声!?
覗きこむと一匹の黒い子猫を発見!

おびえているようで、何をどうやっても出てきてくれません。
いろんなとこ叩いてみたり点検孔から棒つっこんでみたり30分くらい頑張ってみたのですが全然出てきません。
まだ自力で歩けないくらいの大きさなのかもしれません。
しまいにはピプーピプー寝息が聞こえてくる始末です。
いやいやぃゃ この状況でありえないっす

しかたないのでご近所のトヨタさんまで子猫を落とさないように
『 ゆ〜〜〜っくりと 』モーター駆動でお出かけです

この大きさのアンダーパネルは、リフトアップしないと開けられないので近所のディーラーさんまで持ってきました。



さて、猫の出産・授乳用スペースに作られているかのようなアンダーパネルをあけてみると。。。



子猫!  発見!

無事で良かった!

なにかに達観してしまったのか、鳴き疲れたのか、この状況でも普通にスヤスヤ寝ています。
すごい根性です。きっと心臓にも毛が生えているのでしょう。
しかしこの抜け毛の量は、あきらかに誰かここで生活していますね…



まだ生まれたばかりですかね♪


トヨタのスタッフさん
いろいろありがとうございました♪



急いで(安全運転で)駐車場に戻り、帰りを待っている母ネコと感動のご対面です!



かあちゃ~~~ん

まだ自力で立てないのかお腹を支点にパッタンパッタン駆け寄っていきます。

母ネコは子ネコをくわえて あっというまに撤収していきました。
ここまでしたのに薄情なもんです。

もうクルマに入らないようにね~



30プリウス乗りのみなさんへ

このクルマは、右フロントのタイヤハウスから猫が侵入できる出産・育児に最適な2LDKくらいのスペースがあるようです。
スポンジで壁を作って入れないようにしておいたのですが翌朝には、スポンジの壁をガリガリ壊していて、また入ろうとしてました。
どうも学習能力は、あまりないようです。

プリウスの場合、レシプロエンジンと違ってエンジンかけたら即死ってことはないでしょうがドライブシャフト付近は、危険なことに変わりありませんのでネコの声が聞こえたらご注意ください!

乗車前にボンネットやフェンダーを叩く癖をつけると良いでしょうね







Posted at 2017/05/22 12:57:01 | トラックバック(0) | プリウス | イベント・キャンペーン
2016年12月16日 イイね!

【重要】フロアマットを見直そう!

【重要】フロアマットを見直そう!年末年始に長距離ドライブする方、多いはずです。

最近、多く報道されているので気にはなっているのですが、高齢者のアクセル踏み間違い事故

毎日、踏み間違い事故は一定数発生しているのでしょうが、最近、急に報道されることが増えましたね
これを受けてなのか自動ブレーキ搭載車の保険料が割引されたりするようになります。
(各メーカーによって自動ブレーキの性能は違うのですが…)

踏み間違いは自動ブレーキ搭載車にすることで回避できる問題ですので、そのうち全車種自動ブレーキ搭載の時代がくるかもしれませんね


そして、ちょっと気になったプリウスのタクシーが病院に突っ込んだ事故ですが移動距離があまりにも長く、毎日運転して慣れているドライバー、ブレーキランプはついていたのにブレーキ痕がない、近づくにつれ加速していった 等の要因を統合して考えると「フロアマット問題」が原因なのではと考察できます。





フロアマットがすべってこの状態になってしまうとブレーキを踏み込んでも奥までは踏み込めなくなり、弱いブレーキングしかできず、さらにアクセルだけがベタ踏みになってしまいます。
かなり危険です!


プリウスが多いから目につくだけで車種も年齢も関係なく、固定していない二重のマットにしていたり、マットの取り付けが甘かったり、固定ツメがもろくなっていることが問題なのです。
(こんな重大な問題に発展してしまうんならフロアマットは、ネジ止めにしちゃったり、取り外しちゃってもいいのでは…)
(どちらかと言うとアクセルペダルが床から生えてる車のほうが発生しやすい問題ですので皆さん注意しましょう)

運転に慣れている皆さんなら、この画像を見るだけで、どれだけ怖い状態なのか、どれだけ発生しやすいのか、理解できると思います。
誰にでもおこりえるトラブルですし、重大な事故に発展してしまう問題ですのでロングドライブの前に、みなさんしっかり確認しましょう!



アメリカで7年前に問題になった「プリウス急加速問題」も調べていくとアウトドア大好きのアメリカ人向けに北米トヨタのディーラーが水洗いできる重たいフロアマットを取り付けて販売していたことが発端と言うことになりました。

オリジナルの設計で想定していたよりも重いフロアマットを取り付けて販売していたので、マット固定金具が折れてマットが滑ってペダルに入り込んでいたケースがあり、メカトラブルはなかったのですが100%トヨタが悪くないとも言い切れなくなりトヨタ本社が1200億の政治的和解金で治めました。
(まぁ ドライバーの体重や運転姿勢のほうが関係しているのでしょうが…)

私も同乗していた猫がペダルの裏に入り込んでしまって怖い思いをしたことがあります。
そのときはマニュアル車だったのでエンジンブレーキ後ニュートラ&サイドブレーキで事なきを得ましたがオートマ車だったら、そうは行かなかったはずです。
(動物はケージに入れましょう)

意外とペダルって運転時、さわり続けている部分なのですが見えにくいんですよね



フロアマットが滑ってペダルに入り込むと大きな事故につながります。
もう一度、運転する前にマットの取り付け部分も確認してみましょう。

年末年始にひさしぶりにドライブする方も、しっかり確認して素敵なカーライフをお送りください

Posted at 2016/12/16 15:24:47 | トラックバック(0) | プリウス | イベント・キャンペーン
2015年06月18日 イイね!

プリウスの寿命

プリウスの寿命うちで営業車として毎日活躍しているプリウス30型なのですが3年使用でついに走行距離が20万kmを突破してしまいました。

この前トヨタのディーラーさんに行ったとき「どれくらい走れるもんなんですか?」って聞いたのですが、
そこのディーラーさんでは、うちのプリウスが一番距離を走っているようで「現行ZVW30型でこれよりも走っている例がうちにないのでなんとも言えない」って答えられちゃいました。
う~ん うまく逃げられたかなぁ


実際、プリウスの車両寿命ってどれくらいなのでしょうか?

問題になりそうなのはメーカーが15万kmで交換を推奨してるバッテリー部分とそれ以外の部分ですかね。
バッテリーのメーカー保証は5年もしくは10万kmのどちらか早い方に到達するまでです。

うちの20万km走ったプリウスは、今のところバッテリーも交換してませんがしっかりハイブリッドシステムも動いてますし燃費も23km前後は出せてます。
プリウスは、走る道の渋滞具合や運転方法でかなり燃費に差が出る車種ですのでこれが劣化なのかどうかの判断は、かなり難しいです。
たしか乗り出したときの燃費はリッター25kmくらいあったような気もするのですが23kmくらいだったような気もします…
リッター50km出しちゃうツワモノもいる車種ですから、なかなか判断が難しいのですが20万km走った車なら、普通のレシプロエンジンでも1~2割燃費が落ちてきてても当たり前ですから燃費からバッテリーの劣化具合は、まずわからないですね。

ニッケル水素電池の充放電寿命は一般的には500回前後と言われていますが、これは100%充電100%放電の寿命です。

プリウスのバッテリーは40~80%の範囲でしか使用しないことでかなりの長寿命化しています。
コンピューター制御でバッテリーに無理な過充放電ができないようになっていますので運転のしかたでバッテリーの寿命を縮めたり延ばしたりすることは不可能です。

ディーラーさんでテスターを使用してバッテリーの劣化具合を調べてくれるらしいのですが、30型ならまず劣化して交換ってことはないでしょう。
10万km超えそうなときに、どうせ交換するなら保証内で交換してもらおうと思いディーラーに持ってたのですが劣化まったくなしでした。
もともとかなり余裕を持ったバッテリーの使い方をしてるので理論上、徐々にバッテリーは劣化しているのでしょうがそれを体感することはなかなか難しいのではないでしょうか

ってことは次に気になるのがバッテリーに電気を送るインバータですかね。
この部品は、さすがに使用頻度により劣化するはずです。
インバータは修理や交換となるとおおよそ10万円前後になる部品だと思います。
10万kmから15万kmで交換したと言う話を聞いたことがあるのですが、うちのプリウスは、20万km走行でもまだ交換してませんし性能劣化のにおいもしません。
インバーターは壊れるときは急に壊れますので、この部分が壊れたからって交換すりゃいいだけで車両寿命って感じもしませんね
10万円の修理費なら買い替えって感じもしないかなぁ

※インバーター22万km時に一回、壊れましたが無償交換してもらえました。
どうも、この前のリコールは、ここの補修だったようです。
リコール修理直後なのに壊れましたわ


うちの過走行プリウスで少々気になるのは足回りくらいですかね
ショックは、過走行車らしい弱めの足になってきてるように感じます。
スタッドレスタイヤに交換したときにアライメントもくるってしまったようでタイヤ交換時にちょっと直したほうが良いかなぁと思ってます。
足回りの劣化は、荷物の積み方や乗車人数、走り方からくる物ですので、ここが劣化したから車両寿命って考え方もないように感じます。
サスは部分交換できる部品ですし通常10万kmで交換する部品ですからね
その他のタイヤやブレーキパッドは、走行距離に応じて何回か交換してますしね



ボディ塗装面は「ブリス」のコーティングのおかげでピッカピカです。
とても20万kmオーバーには見えないでしょう。
見た目が一番、劣化具合がわかってしまいますので通常20万km超えたらさすがに買い替えを考えるのでしょうが、これだけピッカピカだと「まだまだ行けそうだなぁ…」って気になってしまい、とりあえず次の車検まで様子を見ようかなってことになりました。


車両の寿命って、いったいなんなんでしょうか…

事故って車がつぶれてしまえばもちろん買い替えってことになるので一番わかりやすいのですが、これは寿命と言うか事故ですしね
基本的にエンジンは、金額は高いですがオーバーホールしたり乗せ換えたりもできますし、ある程度の部品は劣化具合により交換できます。
この部品だけがどうしても手に入らないってときも海外なんかを探せば部品が出てきたり、ワンオフで作ってくれる工房を見つけることもできます。
塗装から錆が出てきてボディに穴が開いてしまっても綺麗に修正してくれる工場もありますしね

車を買い替えるときって「その車への愛がなくなったとき」なのかなぁ
「治してまで乗るのはなぁ」とか「修理代で新しい車が買えちゃう」とか「車検通してあと2年乗りたくない」「他の車に乗りたい」ってときが車を買い替えるときですしね
結局その車は誰かが治してどっかで乗ってて新しい愛を育んでたりします。

まだ寿命はつきていませんよ。



ちなみに先代の20型プリウスはオーストリアに100万km超えしてトヨタから表彰された車両があるようです。(thx 44love)


うちのプリウスもまだまだ一緒に頑張って行けそうですね



Posted at 2014/03/09 12:01:44 | トラックバック(0) | プリウス | イベント・キャンペーン
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「MONOマガジン 7.2号 http://cvw.jp/b/1908130/45199043/
何シテル?   06/15 13:19
いらっしゃいませ。高密度ガラス繊維系ポリマー「ブリス」の専門店です。

ユーザー内検索

<< 2021/6 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

リンク・クリップ

ブリスドライコーティング 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/04/15 15:59:42
Bliss ブリスRS 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/04/03 09:41:01
Bliss ブリスRS 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/03/15 13:58:56

愛車一覧

スズキ アルトワークス スズキ アルトワークス
今、新車で買えて、おもしろい軽量ホットハッチは、これだけなのではないでしょうか TOYO ...
フェラーリ F430スパイダー 開発車両 (フェラーリ F430スパイダー)
屋内駐車保管のF430 スパイダー ブリスオーナーの愛車
ポルシェ ケイマン ポルシェ ケイマン
ケイマンSブラックエディション
ポルシェ ボクスター (オープン) 開発車両 (ポルシェ ボクスター (オープン))
青空駐車保管のボクスター
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.