• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

moto('91)のブログ一覧

2018年08月04日 イイね!

2018年夏期ドラマ選択状況

 2018年夏期のドラマが出揃いました。ほとんどの作品を見た上で、選択をしました。

〜月曜日〜
21時-フジ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」沢村一樹
 この作品は、シリアス傾向が高くて面白いです。特に第二話は、かつての「太陽にほえろ! 雨の中の女」や、特捜最前線「撃つ女」を彷彿とさせました。犯罪者の罪と罰、難しい問題です。まあ、本田翼氏のアクションが今風の「ほとんどダンス格闘」で、これならなくても良い、と思ってしまいます。

22時-テレ東「ラストチャンス 再生請負人」仲村トオル
 つい第二話は撮り忘れてしまいました。制作費を大幅に控えているためか、物事が「セリフの上だけで」どんどん進んでしまうことが特徴です。具体的には、「資金繰り」だとか「契約」だとか、実場面には表しづらいことの連続で話が進むのです。

このような形式を許してしまうと、テレビドラマは1960年代以前の形態に戻ってしまうために少々許しがたいですが、まずまず関心が持てる展開です。

〜火曜日〜
21時-フジ「健康で文化的な最低限度の生活」吉岡里帆
 各話の結末、吉岡里穂主演の主人公の苦労が報われる展開は心地よいのですが、物語はあまり共感出来ない内容です。第2・3話では、生活保護を受けていた家庭の子供がアルバイトをし、得た収入を没収されるお話です。気の毒ではあるのですが、同情などは出来なかったです。

また、主人公が「没収の免除はなくても、減額は「出来ると思います」」と言ってしまったことがきっかけで揉める展開となっていました。「思います。」は、交渉の場では言ってはいけないことで、脚本が幼稚です。

まあ、見続けたいと思います。

〜木曜日〜

24時-日テレ「探偵が早すぎる」滝藤賢一、広瀬アリス
 主人公の広瀬アリスの太い声と吹っ切れた演技が面白いことは面白いのですが、マンガ的で若干古さを感じさせます。視聴時間を取れるようなら見続けたいと思います。

〜金曜日〜
20時-テレ東「警視庁ゼロ係 第3シリーズ」小泉孝太郎
 「まあ見る」作品としながら、今週は放送休止でした。「まあ見る」ことに、変わりはありません。

22時-TBS「チアダン」土屋太鳳
 見続けています。「表参道高校合唱部」と、展開の上でほとんど同じです。爽やかな展開ですが、お話は校内嫌がらせなどに進んでいくようで、全米は遠いです。一部のサーチエンジンニュースヘッドラインでは「面白くなくなった」などの表記がありましたが、そのような感じはしませんでした。

まあ、「スクールウォーズ」のように、「イソップ」や「中華料理店主と暴力団」のような周囲の人物までは描かれないでしょうから、純粋に部活関係でお話が進んでいくことでしょう。

23時-テレ朝「dele(ディーリー)」菅田将暉、山田孝之
 菅田将暉の落ち着かない演技は、見ていて気分が悪くなります。この方、多分ADHDなのかもしれません。挫折することにしました。

〜土曜日〜
22時-日テレ「サバイバル・ウェディング」波瑠
 「情報7days」の裏であり、録画するのも面倒で、いつの間にか見なくなってしまいました。まあ、再開しても良いのですが、この時間枠は「情報7days」があるので、見づらいです。

23時-テレ朝「ヒモメン」窪田正孝、川口春奈
 結局見ませんでした。

23時-フジテレビ「限界団地」佐野史郎
 見始めは一首のホラードラマのようで面白かったのですが、途中で飽きてしまいました。また、最終回もごちゃごちゃとした展開で、一体何を言いたかったのかわからない作品になってしまいました。

それならいっそのこと、主人公による団地再生の心温まるドラマにしてしまったほうが、お話がすっきりしたことでしょう。残念でした。

〜日曜日〜

21時-TBS「この世界の片隅に」松本穂香
 見続けていますが、岡田惠和脚本の特徴で、話の進行が非常に遅いです。「戦争ドラマとしてみてはいけない」というニュースヘッドライン記事がありましたが、原爆ドームが出ていますので、戦争ものとして描かれることでしょう。

22時-日テレ「ゼロ 一獲千金ゲーム」加藤シゲアキ
 物語性の欠如により、視聴率が悪いのは当然です。挫折しました。かつての「ゲームセンターあらし」も漫画で大人気、アニメで不人気となった作品でした。漫画ではゲームが面白く描かれるのですが、動画(アニメまたは実写)だと、感情移入が出来なくなるのです。

以上です。
Posted at 2018/08/05 00:29:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | テレビドラマ感想批評 | 音楽/映画/テレビ
2018年08月03日 イイね!

今年も台湾かき氷を味わう

 昨年夏の終わり、通勤経路のショッピングセンターに期間限定で「台湾かき氷」のお店が開店しました。価格は1000円前後とと、かなり高額でした。しかし、味が付いている氷を削っており、柔らかい食感に、すっかり虜になってしまいました。

ことしも同じお店がオープンし、この日と前日に味わってまいりました。



1日目は、タピオカミルクティー味です。



2日目は、いちごです。

昨年同様の味わいで、なんどもなんども味わってみたい気分になりました。

余談ですが、水曜日にはクーリッシュ メロンソーダ味を味わいました。



この製品、知人が「人間の大排せつ物の臭いがする。」と言っていたものです。しかし、蓋を開けた当初こそビニール系化学製品の苦そうな香りがしましたが、決してそんなことはありませんでした。気づいたのですが、メロン果汁は当然入っておらず、ライム果汁を使用していたのでした。

ようやく8月、まだまだ暑い日が続きますが、適度に冷たいものを味わっていこうと思います。
Posted at 2018/08/04 22:47:27 | コメント(1) | トラックバック(0) | 食物 | グルメ/料理
2018年07月22日 イイね!

2018年夏期ドラマ選択

 2018年夏期のドラマが、一部の深夜放送作品を除いて出揃いました。これまでの夏期作品には、「多くの人が遊んで帰るために視聴率が低下するから、予算を低めに抑えよう。」という意図が現れたものでした。しかし、多くの職場で早帰りが定着したためなのか、徐々にこの傾向が緩んできたように感じます。

毎度のことですが、作品一覧と事前選択・視聴選択について、以下に示します。

〜月曜日〜
21時-フジ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」沢村一樹
 これまで上戸彩が主演で描かれてきた、特殊犯罪捜査部署の刑事もの作品です。上戸彩は、CMの女王ではありますが、女優としての成績は決して芳しいものではありません。「金八先生」第6シリーズ以降、実は目立った作品はありません。不機嫌そうな顔で眉間にしわを寄せるくらいしか演技が出来ないためでしょう。

今期は、事実上上戸彩を脇に寄せ、沢村一樹を主演に迎えて、架空の「AIを利用して、未然に犯罪を防ぐ部署」を描いています。

第一話は、あまり中身のないストーリーと、本田翼のダンス的キックシーン、横山裕の不機嫌そうな顔だけの演技に挫折しそうになりました。別のブログで説明しますが、第二話の、1970年代刑事モノを思わせる脚本に、見ることを継続しました。期待できる作品です。

22時-テレ東「ラストチャンス 再生請負人」仲村トオル(7月16日)
 春期に新設されたドラマ枠です。日本経済新聞社が大株主であるテレビ東京らしく、企業や経済を題材としたシリーズです。前回は1話完結のヘッドハンティングを題材としていましたが、今回は企業の再生を連続ものとして描いています。経済的なこととドラマのバランスが改善された雰囲気で、見続けたいと感じました。

〜火曜日〜
21時-フジ「健康で文化的な最低限度の生活」吉岡里帆
 吉岡里穂主演の、公務員ものです。女性を主人公に置いて色々疾走させる作風は日本テレビ水曜日のはずでしたが、そっくりそのままコピーされた印象です。

冬期の吉岡里穂氏主演のドラマ「きみが心に棲みついた」とキャラクターがほとんど同じで、やや不思議な子として描かれています。その主人公が生活保護に関わる部署に配属され、生活保護者とのやり取りを描いています。

冬期のドラマでは吉岡里穂氏の演技にいらいらさせられました。この作品でも当初はイライラさせられましたが、見続けるうちに「純粋に市民のために働こうとして駆け巡る主人公」と映るようになり、暖かい気持ちにさせられました。

佳作になりそうな予感がしますので、見続けたいと思います。

22時-TBS「義母と娘のブルース」綾瀬はるか
 実は第一話は見忘れまして、第二話を見ました。ハートフルな物語とされていましたが、そんな雰囲気は感じられなかったなあ。

義母の綾瀬はるかは、継子の女児に、「今日することの提案書」を示したり、冷たい口調で話したりと、「家政婦のミタ」を思わせる雰囲気でした。いわゆるアスペルガー的な主人公であり、見る気分が削がれました。アスペルガー的主人公を見てイライラさせられる必要はありませんので、挫折しました。

〜水曜日〜
21時-テレ朝「刑事7人 第4シリーズ」東山紀之
 この作品は、「潔癖症の役者が演じている作品」と評価したことがあります。テレビ朝日の作品全体に見られる、安定した作風に頼り切った雰囲気が好きになれず、見てもいません。

22時-日テレ「高嶺の花」石原さとみ
 第一話を見ました。十数分経過した辺り、笛木優子演じる喫茶店(?)に主人公たちが集まり、緩い会話をするシーンで挫折しました。映画嗜好の監督が、この種の「緩い会話」シーンを好むようですが、見ていて退屈きわまりません。

主人公の家庭である、お花の家元の設定と相まって映画的な非現実感がどうしても好きになれず、挫折することにしました。


〜木曜日〜
20時-テレ朝「遺留捜査 第5シーズン」上川隆也(7月12日)
 刑事7人同様、潔癖症が表に現れた作品です。見ていません。

21時-テレ朝「ハゲタカ」綾野剛(7月19日)
 テレビ朝日作品は深夜枠を除いて見ないという不文律が出来上がってしまいましたので、見ていません。

22時-フジ「グッド・ドクター」山崎賢人

 アスペルガーどころか、自閉症の主人公医師が活躍する話です。何度か自閉症の人と同じ場にいたことがありますが、それらの人はたいてい周囲の人を思いやれません。

結果としてこのドラマも、主人公と患者の対話にクライマックスを持ってこられず、第一話は患者と家族の部分をクライマックスにせざるを得なかった印象です。

誰しも自閉症になろうと思って生まれては来ないものですから、本当はそういう人たちとの共存をしなければならないながら、ドラマとして見る必要はないように感じました。以上の理由で、挫折しました。

24時-日テレ「探偵が早すぎる」滝藤賢一、広瀬アリス
 私立探偵物は、荒唐無稽な描写や刑事ものと比較して自由な描写ができるため、マンガ的に面白い作品があることが特徴です。しかしこの作品、ストーリー展開が上手くありません。ゴチャゴチャした印象が拭えず、面白さを感じることができませんでした。挫折候補の作品です。

〜金曜日〜
20時-テレ東「警視庁ゼロ係 第3シリーズ」小泉孝太郎
 今期が第三回とのことですが、初めて見ました。やや軽めのマンガ的作品枠ですが、本作もその例に漏れません。当初は「街の困った事件を解決するご近所もの」作品かと思っていました。実際には、「警視庁の掃き溜め部署が殺人事件等を解決する」作品でした。

セリフに無駄に面白さを求めるチープな雰囲気はありますが、深夜ドラマ的な雰囲気があり、まあまあ面白いと思います。テレビ朝日の金曜日深夜枠の方が雰囲気に合いそうです。

以上のような理由で、「まあ、見る作品」としました。

22時-TBS「チアダン」土屋太鳳
 同名の映画が昨年春に公開されましたが、同作品の世界と連続する作品です。昔からある学園・部活もので、それこそ「青春とはなんだ」まで遡ります。

現実的には、1999年に吹奏楽部を描いた「L×I×V×E」、時期は忘れましたが「スイングガール」、ボート部の「がんばっていきまっしょい」、本作の元祖に当たる「ダンドリ」、TBSで最近の「表参道高校合唱部」に「仰げば尊し」があります。

それらの例に漏れず、部活はマイナスの状態から出発し、主人公たちが活躍していろいろな難関を乗り越えて活躍するであろう、ドラマです。内容はよくあるものですが、夏らしく爽やか、映画版と比較して自然なストーリー展開が感じられましたので、見ることにしました。

なお、表参道高校合唱部と展開はほとんど同じです。

23時-テレ朝「dele(ディーリー)」菅田将暉、山田孝之
 まだ放送が始まっていません。菅田将暉が主演というところが気になりますが、第一話は見るでしょう。

〜土曜日〜
22時-日テレ「サバイバル・ウェディング」波瑠
 似たような作品は多数ありましたね。古くは「リアルクローズ」、真木よう子が主婦モデルになる「セシルのもくろみ」、地味な研究職の主人公がいろいろファッションの批判をされる「人は見た目が100%」などです。

展開はその作品と全く同じです。まあ、時間が空いていれば見続けるかもしれません。

おまけですが、吉沢亮とかいう男性側主人公が「阿部寛」そのもので、びっくりしました。

23時-テレ朝「ヒモメン」窪田正孝、川口春奈
 まだ放送が始まっておりません。まあ、見てみるかもしれません。
23時-フジテレビ「限界団地」佐野史郎(6月2日)
 素手の放送中であり、見続けています。

〜日曜日〜
21時-TBS「この世界の片隅に」松本穂香
 岡田惠和脚本、戦時中の広島が舞台ゆえ、ほとんどNHK朝ドラマの世界観です。人物像がしっかり描かれていますし、引き込まれる世界観でした。嫁と小姑の争いなどというこれまた古いドラマの世界感満載ですが、出演の尾野真千子の演技に我慢できれば見続けると思います。

22時-日テレ「ゼロ 一獲千金ゲーム」加藤シゲアキ
 この種のギャンブルドラマは、10年前に「ライアーゲーム」で放送済みです。当時は面白く感じたのですが、ワンセット内で限られた展開になりますので、見ていると徐々に飽きたのでした。

本作もその例に漏れず、1話のワンセットぶりに、息が詰まるのでした。出演者のほとんどが男ばかりで、むさ苦しいというところもあります。

作者が同じ「カイジ」シリーズも漫画では面白かったのですが、実写モノになると今一つになりました。実写と絵で媒体が異なるだけのことですが、非常に不思議です。挫折候補としています。

まとめ
 夏期にしては面白い作品が揃っています。凋落していたフジテレビが、危機感からか復活の兆候が見られることが特筆できます。一方で、フジテレビの作風を追いかけていた日本テレビの作品が、あまり面白くありません。

しかしまだまだ第二話程度の時期ですから、放送開始前の努力が現れているだけかもしれません。これから先、「貯金」が途絶えてつまらなくなるかもしれませんから、厳しく見続けていこうと思います。
Posted at 2018/07/22 14:06:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | テレビドラマ感想批評 | 音楽/映画/テレビ
2018年07月16日 イイね!

昭和48年式クラウン(MS60型、SLグレード)を見物する

昭和48年式クラウン(MS60型、SLグレード)を見物する この日トヨタの販売店を覗くと、先週発見した昭和48年式クラウンを引き続き展示していたため、改めて訪問しました。前回もスマートフォンを持っていたのですが、神々しい姿に撮影を忘れてしまったためです。

このクラウンは昭和46年12月に発売(写真の左側)され、昭和48年2月にマイナーチェンジを受けた姿(写真の右側)です。登場当初は、車の各部が丸いスタイル、バンパーが車体色、ラジエーターグリルが上下二分割の姿など、デザイン主体のスタイルで登場しました。一代のモデルで一般オーナーへの訴求を図った結果成功し、さらに一般オーナーに向けた方針によるものと推察されます。

しかし、当時この種の車を購入する層というと、昭和初期どころか大正・明治時代の人もいたと思います。この当時の世相というと、おしゃれや前衛的な傾向を迎合することは「軽々しい」と忌み嫌われたようです。結果、クラウンは販売台数でセドリック/グロリアの後塵を拝することとなり、「失敗作」とされてしまいました。

同時期のトヨタ車は、昭和45年12月発売のセリカが前衛的なスタイルを以て大ヒットとなり、この車、そして昭和47年1月発売の「コロナマークⅡ」と前衛的スタイルを推し進める方針だったのでしょう。しかし、この車の失敗からか昭和48年8月登場のコロナはボクシーで大人しいスタイルへ転向しました。以後、トヨタ車のスタイルは「地味」で「普遍的」となっていきましたので、社風を決定づけるモデルだったのかもしれません。





 この展示車そのものの点では、SLグレードであることが特筆されます。エンジンは「M-B(有鉛ハイオクガソリン仕様)またはM-BR(レギュラーガソリン仕様)」の、SUツインキャブレター仕様です。



トランスミッションは5速マニュアルトランスミッションと、高速道路時代の到来を予感させる仕様となっています。「ツインキャブ」は、この後まもなく排出ガス規制が始まるために廃止され、その後EFI(電子制御燃料噴射)が主流となるために、以後廃れてしまった仕様です。

エンジン始動に「コツ」が必要だったり、キャブレターの調整にも技術が必要だったりと、「通なモデル」と言えます。パワーの向上分は標準エンジンに対して20馬力程度の125馬力と、最近の車と比較すると大人しいものです。しかし、特殊なモデルというオーナーの誇りは、何にも代え難いことでしょう。

トランスミッションはオーバードライブ付きの5速仕様です。当時はまだまだ高速道路やバイパスは少なく、オーバードライブは必要なかったと思います。

このモデルは、その後の「アスリート」グレードに通じる仕様と言えます。納屋に眠っていた車両と伺いましたが、よくぞ蘇ってくれたものです。
Posted at 2018/08/13 00:02:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旧型車 | クルマ
2018年07月14日 イイね!

RA63セリカ/カリーナ用サージタンク、ディストリビューター購入

RA63セリカ/カリーナ用サージタンク、ディストリビューター購入 この日、オークションで出品されていたRA63セリカ/カリーナ用のサージタンクセット、ディストリビューターを落札し、品物が到着しました。

18R-GEUは、ともすると「重い、回らない」と評価されがちですが、排気量がより小さい2T-G系とバルブ外径が同じで排気量がより大きなことから、中速回転時トルクはより強いのに、高速回転時のトルク落ち込みが大きいことから、「高回転時にトルクが低下する」印象がより強いのだと思います。

しかし、そんな18R-GEUの歴史を紐解くと、昭和56年に登場したRA63セリカ/カリーナでは高い評価が見られました。徳大寺有恒氏の「間違いだらけのクルマ選び」1982年版によると、「最近は18R-GEUが相当良くなっている」とのことでした。氏は故人となっていますので真偽の確かめようはありませんが、このフルモデルチェンジ時に行われた改善点を確かめることはできます。

当時の新型車解説書によると、エンジン本体はそのままに点火時期の変更が行われています。

アイドル点火時期:12度→16度
アイドルバキューム進角:なし→約3度
バキューム進角:7.5度/180mmHg→10度/290mmHg
(180mmHg時の進角量はそのままに、よりバキューム値が高い時の進角幅を増す。)

エンジン本体(圧縮比、バルブタイミング)や遠心進角値はそのままに、以上の点のみが変更されています。参考までに、未対策時期からの変遷を表にまとめました。なお、今回のディストリビューターのものを、便宜上LASERとしています。



昭和56年というと、トヨタは新エンジンシリーズの1G型や1S型を「LASER」を展開するだけでなく、既存のエンジンも大幅に改良している時でした。LASERシリーズはエンジン本体を改善すると名乗れたようで、4Kや3Aエンジンはそれぞれ「4K-Ⅱ」「3A-Ⅱ」と表記するほどでした。

同じDOHCエンジンの2T-GEUは、「燃焼室を半球型から多球室型へ、バルブタイミングはオーバーラップなしに、圧縮比は8.3から9.4へ、イグナイターはディストリビューター内蔵に」変更されています。

18R-GEUはエンジン本体に手が入れられておらず、後に登場するDOHCターボエンジンの3T-GTEU型の登場が決まっていたのでしょうか、静かな改良にとどまっていたようです。

 もとより生産台数が少なかった「RA63、RT141」です。この機会を逃すと、二度と得られないと考えましたので、高額だとは思いましたが落札いたしました。かなり汚れていましたので、現在オーバーホール中です。涼しくなったら装着し、エンジンの吹け上がり具合の変化を調べたいと思っています。
Posted at 2018/07/22 15:39:29 | コメント(1) | トラックバック(0) | コロナ | クルマ

プロフィール

「試乗記を書き上げていないのに、ロードスターRFに試乗してまいりました。
事情により、8月26日夜までみんカラ/フェイスブックとも休みます。」
何シテル?   08/19 23:56
小さい頃、トラック野郎を見てトラックが好きになりました。その後「太陽にほえろ!」のカーアクションを見て、乗用車も好きになりました。カーグラフィックTVや新車情報...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

臨時洗車 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/17 16:33:04
GS用と86用サウンドクリエイター 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/31 14:41:00
サウンドジェネレーター取り付け 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/31 14:40:19

お友達

 車やドラマ、世間のできごと、甘いものやB級グルメについていろいろお話出来る方、よろしければお友達になりませんか。
152 人のお友達がいます
GANADORGANADOR *みんカラ公認 kurumazukidayokurumazukidayo *
シュアラスターシュアラスター *みんカラ公認 セリカTA45セリカTA45 *
ブルマウブルマウ * ichiyanichiyan *

ファン

88 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ コロナ トヨタ コロナ
 自己所有の主力車種です。車いじりと「維持」を中心に使っています。昭和55年式の前期型で ...
マツダ グランドファミリア マツダ グランドファミリア
 1972年頃購入とのことです。ファミリアではなく、グランドファミリアです。同時期のサバ ...
日産 サニー 日産 サニー
 1981年春ごろ、当時同居していた叔父の所有するカローラのセールスマンのつてか何かで、 ...
日産 ブルーバード 日産 ブルーバード
 1982年秋、事故で廃車になったサニーの代わりに買った車です。910型、白の4ドアセダ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.