• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

SQUAREのブログ一覧

2018年05月22日 イイね!

ウォッシャー調整でよっしゃー!

ウォッシャー調整でよっしゃー!こんばんは。

のっけのタイトルがいきなりオヤジギャグですみません。 (^^ゞ

皆さんは優しいから、優しく笑い飛ばしてくれますよね? ねっ?

さてそのウォッシャー調整について話題にしておこうと思いましてブログをアップすることにしました。

私は今の状態がちょうどいいと思っていますが、水のかかるところがもうすこし上だったらな~とか、下だったらな~とか思ったことはありませんか?

実は、上下方向だけならば角度が異なるウォッシャーノズルに交換することで調整ができます。

ちなみに前車 初代 WISH の場合は交換不要でした。なぜならばノズルに調整機能があるから。

初代 WISH は穴が2穴でそれがボンネットの左右に付いていると思います。その穴の部分が上下左右に動かせるようになっています。調整はちょっとだけ動かしても大きく変わりますので注意してください。調整は指示・調整係とレバー操作係の2人ですると楽です。

話をオーリスに戻して。


上から
+4°品番:85381-12430
+2°品番:85381-12420
±0 品番:85381-12400
-2°品番:85381-12410
となっています。ちなみに品番は左右共通です。またこの部品は再利用不可部品に指定されています。


調整方法は、ウォッシャーノズルを変えるだけです。



基準値は
測定位置 A 405mm
測定位置 B 100mm
測定位置 C 165mm
*1 はガラス中心

となっています。

ただこの部分は通常であれば調整不要のはずですので、思うように水がかからないときに「そういえばこういうのがあったな」と思い出して、ディーラーなどに相談された方がよいと思います。

快適なオーリスライフにつながれば幸いです。

※図は Partsfun 及び トヨタ 電子技術マニュアルから抜粋、一部加工し掲載しました。
© 2012 TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.
2018年05月21日 イイね!

半年点検 (18ヶ月) に行ってきました。

半年点検 (18ヶ月) に行ってきました。こんばんは。

きょうは、日曜日が出勤でその代休でしたので、事前にディーラーに予約を入れて半年点検に行ってきました。

点検はオーリス購入時にメンテパックをお願いしましたので特に支払はありません。

それを世間は支払い済みともいいます (笑) ただ、私の場合、車のローンに入れてしまったので、実際はまだだったりして? (^^;) メンテにも金利を払っている感覚が無駄な出費をしている感覚が本当はいやなのですが。「初回車検もローンに入れることができますよ」といわれましたが、それはお断りしました。


さて、何シテル?で、ちょびっとつぶやきましたが、ちょびっときになるところがあるので保証!保証!…と相談してきました。

それはどこかといいますと、

ルーフ後端のこの部分です。


ちなみに右の運転席側はこちら。わかりますよね。助手席側は浮いています。


TRD リアスポイラーを取り付けた12月28日に撮影した写真をトリミングしたものなのですが、このときすでに反れていました。気がついたのは10月頃じゃ無かったかな~。

このままでもいいかって思ったときもありましたが、水や汚れの侵入のことなどを考えるとやれるときにやってもらっとこうと思い、今回の点検でお願いしてきました。

結果からいうと対応しますとのこと。やったね。 (^_^)v

ちなみにこの部分は左右共通品番。経年劣化で左右どちらも反れるのであれば諦めたりもしますが、同じ品番の左右で状態が違うとなれば話は別です。

また、金額はたいしたことなくて、800円ぐらいのパーツ ( 75555-12180 ルーフドリップサイドフィニッシュ モールディング CTR RH / LH 800円 (税別) ) ですが、安いから自腹ではくて、そこは保証期間中ですから、じゃんじゃん保証対応をお願いしないともったいないです。保証とは性能保証でしょうから、こんな状態が期間中に発生すると、その部品は保証された性能を発揮できなかった訳ですからね。

あとはいつも通りお茶をして、カタログやら雑誌やらを読んで時間を過ごしました。

きょうはいつもの逆で作業前に洗車。工場が込んでいるから先に洗って作業しますとのことでした。


きょうは、作業中にどうしても確認しておきたかった事項があって途中から工場内にお邪魔してUFS (アンダーフロアスポイラー) の装着状況の写真を撮ってきました。

UFS はウイングとしての開きぐあいが調節できるのですが…



両方とも私が指定した通りの角度になっていましたので安心しました。普段は運転席側の右が開いているように見えていたのですが…錯覚のようですね。

こういうのは潜らないと確認が難しいので…。

あと、純正部品をいくつか注文してきました。
共販に買いに行ってもよかったのですが、保証修理でまたディーラーへ行くことになりましたし、ディーラーだとクレジットカードの2回払いができるというのが理由です。(熊本共販もカードは利用できますが、1回の次は3回で金利が付くため。その点ディーラーだと金利が付かない2回が選べるので助かります。)

ちなみに注文した部品はこんな部品。

69210-52100-D3 フロントドアアウトサイドハンドルASSY RH / LH
これは2018年05月04日のブログですでにお伝えしたとおり黒に変えた外側のドアハンドルをボディー色に戻したくて注文しました。

黒いドアハンドルに変更する時は…ドアハンドルが黒だとプロボックスなどの営業車みたく安っぽくみえないか…ドアハンドル購入前にかなり考えて「素地のブラックでは無くブラックマイカで塗装されているから大丈夫だろう」と見込んで交換したのですが、やっぱりその時に考えていた通りクルマ自体が安っぽく見えてしまうことに加えて、


(写真はトヨタがイギリスで車を作り始めて25周年記念して設定されたオーリス記念モデル)


欧州車や GR シリーズのクルマ…例えばヴィッツ GR や、86 GR がドアハンドルはボディー色で、ドアミラーカバーや、リアスポイラーがブラックなのでそれに似せるため、色を元に戻すために注文しました。そっちが今風でおしゃれだと思ったからです。

… もっと簡単に言えば、黒のドアハンドルにあきたということです。 (^^;;;)

75740-12480 リアドアベルトモールディングASSY LH

これは2018年05月04日のブログですでにお伝えしたとおり、曲がっているから補修するために購入しました。

82711-1E360 コネクタークランプ
82711-10380 コネクタークランプ

82711-45020 ハーネスクランプ
82711-3F290 ハーネスクランプ
82711-16820 ハーネスクランプ
82711-16830 ハーネスクランプ
82711-2C170 ハーネスクランプ
82711-2C190 ハーネスクランプ
82711-33210 ハーネスクランプ
※リンク先はマツヤマ機工さんの各商品ページです。場合によっては純正よりもこちらで同等品を購入する方が安くなる場合が…。3個、5個、10個、30個、50個、100個など複数個にまとめての販売もあるようです。


これらはコネクターの固定や、ハーネスを結束、固定したするときのものです。なかば、興味本位で購入。ただ、持っておけば将来的には役に立つと思い購入することにしました。1個50円とか200円とかで、それを2個とか4個とかなので…。

08866-003R3 タッチアップペイント
言わずと知れた純正のタッチアップペイントです。これまでに純正品は買ったことが無かったので興味がわいてきて買ってみようかと。そもそもの発端は先日までの塗装失敗事件が始まり。

純正だったら色は合うのか?他社と比較してどんな感じの色なのか?使い勝手は?などいろいろと気になる部分もあるので楽しみです。できれば、これを使うことが無いようにしたいところ。

ちなみにお気づきかと思いますが、品番の下3けたがカラー番号になっています。

ですから、例えばオーリスなどで使用されているブラックマイカ (209) のタッチアップペイントが欲しいときは、08866-00209 、シルバーメタリック (1F7) だったら 08866-001F7 を買えば OK です。

と、いうことで点検も無事に終わりました。(ODO 18,387km)

あと、2万~3万キロの間で油脂類の交換を考えていて、ブレーキフルードとCVTフルードの交換費用の見積もりをもらってきました。

2つ合わせると、18,690円。まあ、こんなもんでしょう。

ただ、このとき同時にブレーキライン (ブレーキホース) の交換をお願いしたくてそれも見積もりをいただいたところ、37,187円…。(おそらくブレーキフルード交換料込み、CVT フルードは別料金。)

ええっ、そんなにするの!?

ブレーキラインは前車 WISH でも交換しましたが、そんなにはしなかったはず。前回はディーラーで購入しましたが、今回は持ち込みだから高いのかも。

ブレーキライン自体が23,000円 (税別) ほどするので、そうなるとちょっと無理だな~。工賃の方が高いし。

ということろで点検も終了。

大きな異常も無く、保証対応もしてもらえることになり、今週土曜日の夕方の予約を取ってディーラーを後にしました。

この時点で、すこしだけブレーキラインのことは諦めモードでしたが「まてよ、せっかく街まで来たことだし一応他店も当たって見よう。」と店舗を目指して移動する。


ということで、ホームページを見る限りではカスタマイズも積極的にされているショップ「コックピット F-1」で見積もりを取ることにしました。

今、気がつきましたが、看板に思いっきり持ち込み大歓迎とある (笑)

これまでも、いろいろと相談して WISH のタイヤ交換、アライメント調整をここにお願いしたこともあります。(タイヤ購入1ヶ月後に WISH で事故。もったいなかったのでその時のタイヤを今オーリスに履かせています。)

ちなみに、このショップは、リジカラの取扱ショップでもあるので、リジカラを付ける時はこのショップで!…と心に決めています。


SQ 「こんにちは。ブレーキフルードの交換時に持ち込みのブレーキラインと交換して欲しいのですができますか?」

店員さん 「はい、できますよ。」

SQ「あ、できますか! 見積もりをいただけますか?」

ということで待つこと数分。見積もりをいただくと…

用品取付工賃 12,000円 (税別)
ブレーキフルード交換 3,000円 (税別)
上記合計の税込 16,200円

マジですか! ♪

SQ「ちなみにブレーキフルードを持ち込んだらどうなりますか?」
店員さん 「3,000円が無くなります。」

やった!頼むならここしか無いな。(ちなみに同じ内容を近くのジェー○スに行ったら、やんわり「できない」とお断りされました。)

SQ「余っているフルードをいれることができますか?」
※WISH の時のあまりで3回目の時にあまった TRD のブレーキフルード

店員さん 「ふたはしっかり閉まってますか?」

SQ「フタはきつく締めて、マスキングテープでぐるぐる巻きに…。でも2年以上経ってます。」
店員さん 「あーでしたらやめておいた方がいいですね。新品がいいです。」

やっぱりそうか。ブレーキフルードは長期間放置すると水を吸うのでこうなることは予想していましたが。

でも、これなら納得の価格になりそう。TRDのフルードは2,800円 (税別) なので…

ブレーキラインが23.000円 (税別) ぐらい。
工賃が12,000円 (税別)
TRD ブレーキフルードが2,800円 (税別)
ここまでが、37,800円 (税別)

CVTフルードがディーラーで 12,800円 (税込?)

50,600円 (税込 54,648円)

ちょっと高いが想定内。

よし、道は見えた! 貯金をしよう! (できなかったらまた分割しよう)

こうして、今日も日が暮れるのでした。
2018年05月21日 イイね!

ネタはいろいろあるけれど… (第5回)

ネタはいろいろあるけれど… (第5回)こんばんは。

さて、これまでにも「ネタはいろいろあるけれど…」ブログを書いてきました。

ネタはいろいろあるけれど… (第1回)
ネタはいろいろあるけれど… (第2回)
ネタはいろいろあるけれど… (第3回)
・ネタはいろいろあるけれど… (第4回) - 前編 / 後編

いつのまにか、シリーズになったこのシリーズブログ。『後もう少しでできそうなんだけど』とか、日々思っている事を話題にして、まとめたモノです。

なので皆様の協力があって完了する一面もあります。また、自分はできない、やれない、やる必要が無い、やらないけど、皆さんどーお?的な一面もあります。

というこことで、今日のお品書き。


BGM の代わりにどうぞ。

きょうのお品書き

・内装をいじりたい!

以上、1本でお送りします。(えっ、今日は1本なのかよ!っていわないで~。 (^^;;;) )



内装をいじりたい!

ご自身の思想・主張、ある意味自己満の極み…それが外装。クルマの形、デザインってそういうモノですよね、たぶん。

極端な話、営業バンでも軽自動車でも割り切れて乗れたら何でもいいはずなんですが、スタイルにはみなさんこだわりがあって、やっぱり「かっこいいほうが、いいじゃないですか」

だから外装っていじるんですよね?

まあ、なかには機能で選んでスタイルや性能は仕方なくっていう方、嫁さんが…とか家族が…とかあるかもしれませんけど。

逆に内装って乗っている間はいつも目にしている、そして触れている部分だけに実は外装以上に本来であれば、こだわりが出るのではないかと思うわけです。

ただ、内装ってあんまりいじれないですよね~。一般的なクルマだと。

でも、2代目オーリスってなんかいろいろといじれそうなので話題にしてみようかと。

①ヘッドレスト

ヘッドレストの話題に行く前に2代目オーリスのシートの種類について語ります。

2代目オーリスは整備書など見ると…

1.スポーツタイプ
2.スポーティータイプ

と2種類あることがわかります。この文言だとなんだか似たような、どっちも同じように見えますけど。

では、具体的にどういう違いがあるのか?わかる範囲で見てみたいと思います。


(写真はTOYOTA グローバルニュースルームより)
こちらが 1.スポーツタイプ。 (写真は2代目オーリス後期 120T)

この形を2代目で採用しているのは、前期 RS “S パッケージ”、RS、後期 RS、120T、120T “RS パッケージ”、HYBRID “G パッケージ”です。


(写真はTOYOTA グローバルニュースルームより)
こちらが2.スポーティータイプ。 (写真は2代目オーリス後期 150X)
この形を採用しているのが、上記以外です。

どこがどうちがうんでしょうかね~。最初見たときは全然わかりませんでした。まあ、スポーツタイプと、スポーティータイプ…ですからね。

それで私が気がついたところだけ写真に書き込んでおきます。他にお気づきの方いらっしゃれば、コメントにてお願いします。(あ、生地の材質、色は除いてください。皮製、赤とかは一応カタログに載ってますので…。)


(写真はTOYOTA グローバルニュースルームよりダウンロードしたものに文字を追加)

たぶん、違いはこんなところではないかと思います。あ、ヘッドレストがシートにすこし埋没するデザインで、一体感があるデザインなのもスポーツタイプの特長です。

実際座ってみて思ったのが、レカロシートなどスポーツシートまでは行かないにしても、スポーツタイプはサイドがしっかりとしていて包まれ感があるんですよ。いまのところ長時間座っていてもすごくおしりが痛い…というのもないですね。特に不満が無いところです。

そして、私のグレードの場合、サイドエアバッグ内蔵なのでレカロシート変えるとその機能がなくなってしまいます。元からある機能がなくなる、特に安全面の機能がなくなるのは避けたいという気持ちが強いです。

なので、交換したいな~という気持ちそのものが起こらないんですよ。あ、そのまえに交換するお金もないです。 (T_T) シートは高いですもん。


(写真はTOYOTA グローバルニュースルームより)
ちなみに写真は後期RS、120T “RS パッケージ” のシート。ステッチや模様がオレンジで、前期の RS、RS “Sパッケージ” はこのオレンジがレッドになっているだけです。

落ち着いた、紳士的かつスポーティー。これはこれで車のキャラクターとして合っていると思いますが、でもなんか…もう少し派手さというかオレンジの主張が欲しいな~…なんて思った人いませんか?

それでふと初代の RS をみたらアレ!?

(写真は初代オーリス後期のカタログより)
これって、2代目と形が同じなんじゃ?特にヘッドレスト!

ええ、もちろんお約束で品番を調べてみました。
71910-12F70-E0 フロントシート ヘッドレスト ASSY 17,600円 (税別) … 意外に¥高い。
ちなみに背面の生地 (カバー) は22,500円 (税別)、座面の生地 (カバー) は15,600円 (税別) 程するみたいです。(シートまるまるすべては、運転席側…片方だけで169,000円 (税別) ぐらい…シートは純正でも十分高いですね。)

車内を明るくしてみたい!…という方、いかがですか?


②インサイドドアハンドル

ドアアシストグリップ ASSY…矢印で示したところです。

後期は1種類しかありませんが、前期はなんと3種類ありました。なので後期と合わせると4種類から選べます。

【前期】

・シルバー (RS以外) 各1,710円 (税別)
RH: 74630-12080-C0 / LH: 74640-12070-C0


・カーボン調 (RS) 各1,710円 (税別)
RH:74630-12100-C0 / LH:74640-12090-C0
※お友達登録をしていただいているマエンさんのパーツレビューがわかりやすいです。ただし後期 RS のパネルのカーボン調とは模様が異なります。


・ダークシルバー (前期の特別仕様車 150X ブラキッシュラウンジ) 各1,710円 (税別)
RH:74630-12150-C0 / LH:74640-12140-C0
余談ですが前期の特別仕様車は、スイッチ類の光が後期と同じブルーになっています。

後期 RS の方はこのピアノブラック部分をオレンジに塗装すれば結構いけてる感じになるのでは?…なんて思ったりするのですが…。派手すぎるかな?


③コンソールコンパートメントドア SUB-ASSY

この部分。

前期では、スライドするかしないか…ぐらいの違いでしたが、後期は表皮が増えて…。

【前期】
・58905-12750-C0 (ブラック) / 58905-12750-E1 (アイボリー) 各20,800円 (税別)
すべての “S パッケージ” (ファブリック生地でスライド機能あり)

・58905-12850-C4 (ブラック)12,000円 (税別) / 58905-12850-E0 (アイボリー) 13,200円 (税別)
上記以外 (ファブリック生地でスライド機能無し)

・58905-12A50-C0 17,200円 (税別)
特別仕様車 150X ブラキッシュラウンジ (ファブリック生地にステッチがオレンジ) ※スライド式であるかは未確認。

【後期】
・58905-12A10-C0 18,900円 (税別)
後期 HYBRID “G パッケージ” (合成皮革、シルバーステッチ、スライド式)

・58905-12A40-C1 20,800円 (税別)
後期 120T (ウルトラスエード表皮巻き、シルバーステッチ、スライド式)

・58905-12750-C2 18,900円 (税別)
HYBRID、180S、150X “S パッケージ” (ファブリック・シルバーステッチ・スライド式)

・58905-12850-C4 (ブラック)12,000円 (税別)
RS、120T “RS パッケージ” ファブリック生地でスライド機能無し。(前期の各ベースグレードと同じ)


後期の RS、120T “RS パッケージ”はステアリング、シフトノブ、そして、このコンソールコンパートメントドアの部分のステッチがシルバーとなっていて、特別仕様車 150X ブラキッシュラウンジのオレンジステッチ仕様が気になるのですが、価格を比較すると後期のHYBRID “G パッケージ”のものが、一番よさそうなので、私はそれに変更しました。


④パネル
車内の雰囲気を変えるモノといえば…

やっぱりパネルでしょうか? 他のグレードのモノに入れ替えることでだいぶ雰囲気が変わります。

私も前車 WISH の時にやってました

オーリスでもやってみようかな~と考えることはありますが、いまいち食指が動かないです。シートとかドアの内張りなどと思いのほかマッチしている感があって、満足しているからかも。

やるなら、180S の黒の合皮…でしょうか。でもステッチが変わるし※、ドア側内張りはパネル一式でステッチ部分だけ購入できない (ドアの内張りは 27,400円 (税別)! …ぐらいする) し…。 別にこのままでもいいやって思う理由はこういう点もあります。

※その部分だけ既存のモノと入れ替えるというてもあるにはありますが…。

前車 WISH の時は、車の動きはスポーティーで、内装は高級感をという方向で進めていた時期があって変更しました。(最後まで交換した方を装着していました。ちなみにこのパネル類は回収していますので手元にあります。)


パネルは大きく見て写真の通り国内は2種5パターンありますね。

具体的には、
①と④が色違いで合皮が貼ってある。
②、③、⑤が表面はプラスチックのままでプリント。
と私は分析してます。

それを反映するかのように①、④の価格が同じになっています。(品番の頭5文字も他とは異なります。) そして意外にも①、④よりもその他の方が金額が高いです。

①HYBRID “G パッケージ”
(助手席側) 55044-12030-A1 16,200円 (税別)
(運転席側) 55046-12040-A0 3,370円 (税別)

②120T
(助手席側) 55403-12180-E1 17,300円 (税別)
(運転席側) 55404-12B10-E0 5,000円 (税別)

③RS、120T “RS パッケージ”
(助手席側) 55403-12140-B3 17,300円 (税別)
(運転席側) 55404-12A80-B0 5,000円 (税別)


④180S、150X “S パッケージ”、HYBRID
(助手席側・HYBRID / メーカーオプション本革シート用) 55044-12020-C1 16,200円 (税別) ※シルバーステッチ
(助手席側) 55044-12020-C0 16,200円 (税別) ※ブラックステッチ
(運転席側) 55046-12040-C0 3,370円 (税別)

⑤150X、150X “C パッケージ”
(助手席側) 55403-12160-B3 17,300円 (税別)
(助手席側・マニュアルエアコン用) 55403-12170-B0 12,300円 (税別)
(運転席側) 55404-12A90-B0 5,000円 (税別)


⑤ブラック内装
C-HRVOXY GR / ノア GRアクア GRハリアー GR なんかがそうですけど、内装がブラックなんですよ。渋い!


ちなみにオーリスも運良く HYBRID “G パッケージ” がブラックです。


ちなみにそれ以外はこんな感じ。

そこで、興味がわいてきたので調べてみたのですが…

100% ブラックにしようものなら、むちゃくちゃコストかかりまくり!!


具体的にどんな部品が必要になるのか…先ほどの写真に番号を入れてみたところ…

最大で17 品目※もある… orz

①右の A ピラーカバー
62210-12080-C0 フロントピラー ガーニッシュ RH 4,820円 (税別)

②左の A ピラーカバー
62220-12080-C0 フロントピラー ガーニッシュ LH 4,820円 (税別)

③フロントのルームランプ
81260-12490-C0 マップ ランプASSY 6,100円 (税別) ※ノーマル
81260-12520-B0 マップ ランプASSY 8,200円 (税別) ※パノラマルーフ

④運転席側サンバイザー
74310-12F40-C0 バイザASSY RH 2,660円 (税別)

⑤助手席側サンバイザー
74320-12E80-C0 バイザASSY LH 2,530円 (税別)

⑥バニティランプ ※左右同じ
81340-33140-C0 バニティランプASSY 1,550円 (税別)

⑦アシストグリップ ※4つ必要
74610-12130-C0 1,310円 (税別)

⑧B ピラーの運転席側上部
62410-12080-C0 センタピラー ガーニッシュASSY RH 3,700円 (税別)

⑨運転席側シートベルトの一部樹脂 (ガイド) 部分
73210-12D70-C1 フロントシート アウタベルトASSY RH 22,000円 (税別)
yoshizo☆ さんのオーくん「B計画」その10(番外編)の整備手帳写真2、3 を見ていただくとわかります。

⑩B ピラーの助手席側上部
62420-12080-C0 センタピラー ガーニッシュASSY LH 3,700円 (税別)

⑪助手席側シートベルトの一部樹脂 (ガイド) 部分
73220-12D40-C1 フロントシート アウタベルトASSY LH 22,000円 (税別)
yoshizo☆ さんのオーくん「B計画」その10(番外編)の整備手帳写真2、3 を見ていただくとわかります。

⑫運転席側 C ピラーカバー
62470-12230-C0 ルーフサイド ガーニッシュASSY INN RH 5,500円 (税別)

⑬助手席側 C ピラーカバー
62480-12240-C0 ルーフサイド ガーニッシュASSY INN LH 5,500円 (税別)

⑭リアのルームランプ
81250-05030-C0 ルーム ランプASSY NO.1 3,190円 (税別) ※ノーマル
81240-35020-C0 ルーム ランプASSY NO.1 2,060円 (税別) ※パノラマルーフ 2016/04-2016/10
81240-35020-C1 ルーム ランプASSY NO.1 2,060円 (税別) ※パノラマルーフ 2016/10-

⑮天井の内張り
63310-12L80-C0 ルーフ ヘッドライニングASSY 35,000円 (税別) ※ノーマル
63310-12L90-C0 ルーフ ヘッドライニングASSY 39,200円 (税別) ※パノラマルーフ

⑯天井内張り用クリップ ※ノーマルは5つ、パノラマルーフは3つ必要
90467-05164-C0 ルーフヘッドライニング クリップ 50円 (税別) 2016/04-2016/10
90467-05164-C7 ルーフヘッドライニング クリップ 50円 (税別) 2016/10-

⑰パノラマルーフのシェイドとその枠 ※パノラマルーフの場合のみ。モータ、配線などは別になっています。
63203-12191-C0 スライディングルーフ ハウジングSUB-ASSY 68,000円 (税別)

…と、こんな感じ。

試しに合計を出してみましたが、うちの場合はよりによってパノラマルーフなので…

203,180円 (税別) なり!ちなみに、ノーマルな天井だと 130,110円 (税別)

…終わった。 無理です。

ただ、他車をマネするのであれば救いはある!


こちらは、プリウス PHV “GR SPORT” の写真なのですが、A、B、C ピラー部分のみがブラックになってます。

⑩、⑫のシートベルトのガイド部分がライトグレーでも良いのであれば、ピラーカバーを変えるだけ。

これならチャレンジできそうですね。28,040円 (税別) です。(①、②、⑧、⑩、⑫、⑬)


こちらはGR SPORT ではない プリウス PHV。 B ピラーと C ピラーのみがブラックです。これもありかな?こちらも⑩、⑫のシートベルトのガイド部分がライトグレーでも良いのであれば、ピラーカバーを変えるだけ。すこし安くなって、18,400円 (税別) です。(⑧、⑩、⑫、⑬)

ちなみに、お友達登録をしていただいているオーリス 120T 乗りyoshizo☆ さんが、内装ブラック化を実行されてます。いやぁ、これを最初見たときは「マジですか!?」ってびっくりしたもんです。

…と、今回は内装についていろいろと調べてみました。いかがだったでしょうか?

皆様のカスタマイズの一助になれば幸いです。
2018年05月16日 イイね!

異音撲滅・騒音軽減作戦はその後も続いていた! Part II

異音撲滅・騒音軽減作戦はその後も続いていた! Part IIこんばんは。

2018年04月24日のブログ、『異音撲滅・騒音軽減作戦はその後も続いていた!』の作業後、しばらくは平穏な日々を過ごしていました。

どうやら成功したらしい。 (^_^)v



そう思っていたところ、

運転席側から今度は異音が! orz

でも、SQUARE はもう慌てない (笑)

なぜならドアはもう十分に静音化をやっている。

だとすれば、あそこしかないからだ!


OBD-II のレーダー探知機 ドラレコの配線 (写真は装着作業時の写真から。)

だいたい最初からある車両配線で異音が出るというのはそうそうないはず。

そして、聞こえるところが前方ならば、(ディーラー作業分を含めて) 追加で装着したものが原因だと。

ということで、配線の見直し、結束の追加と

(他車に装着し直すことも考慮してケーブル側にはなにもせず) 配線が当たっても音がしないように車体側のパーツにニードルフェルトや、エプトシーラーを取り付けました。(写真は運転席側。左右対称になるように左側もおこないました。)

このあと、しばらく様子を見ましたが異音がなくなり快適に過ごせるようになりました。(^_^)v


そして、リアシート外しや、ラゲッジスペースの内張りはずしが思いのほか簡単にできることがわかってきたことで…

ラゲッジスペースのなんちゃってデッドニングをついに開始!


内張を外して、振動防止に防水アルミテープを貼って…






ニードルフェルトを貼ったり、


隙間に詰め込んだりしました。

その結果、全体的にすごく静かに、音がすっきりした感じ。オーディオの音も良く聞こえるようになりました。

またエンジンと前方からのロードノイズが音のメインとなったことで『走っている!』って実感がします。


(今は無いんですけど…) 以前某サイトの中にあった動画の中で

焼き肉はジュウジュウ音がするからおいしいんでしょ?クルマもエンジン音がしっかりと聞こえた方がいい。

ブーン、
ブーーーン、ブーーーーーーン

…みたいな。いかにも走っている、楽しいと思える音。

聞かせたい音があるのならば、静かにさせないといけない。ある意味相反した内容ですが、周りが静かでは無いといい走行音は聞こえない。

そんなことをいっていたシーンがあって…

なるほど!

静かであることは、高級感を醸し出す事に加えて、オーディオの音もしっかりと聞こえる、会話も聞こえる。

しかし、走りの性能を中心に考えている私 SQUARE にとって静音化は『ドライビングの気持ちよさを音で演出できる』ということに気がつく!

…そういうことも念頭に置きながら、静音化にチャレンジしてみました。


でも静音化というとなにかとやれ制振材だ!、消音材だ!、吸音材だ!…となりがち。

でも、よく考えてみてください。

小さい子どもが布団をかぶって『わー』っていったら音が小さくなってませんか?

音叉やシンバルをたたいて音が出る。金属が震えると空気が震えて音となる。指でつまめば震えなくなり音は消える…。

音というものはどのようなものか…そんな基本的なことを考えつつ、私は音が発生しても、耳に聞こえなければ良いんじゃない?振動もそこそこ収まれば。少なくともノーマルよりは小さくなるはず。

という考えから、あえてクルマ専用品を使いませんでした。

それにメーカー (トヨタ) がやっている静音対策を見れば、ニードルフェルトと、隙間埋めにエプトシーラー、振動対策に防水アルミテープぐらいで十分いけそう※だと思いました。

防水アルミテープを貼ったところをたたくと実際音が変わるんですよ。バックドアなんか程よく重くなってドアが閉まりやすくなりました。

専用品と比べたら効果は低いかもしれませんが、少なくとも効果がゼロでは無かったと思います。

実際すっきりとオーディオが聞けるようになって静かになりました。

時間だけはかなりかかりましたけど、コストは抑えられたはず!…と思っています。少なくとも作業費は DIY 作業でタダですから。

作業は、ほぼ終わりになってきましたが、

異音撲滅・騒音軽減作戦は今後も続きます!

例えば、外装の作業として、タイヤハウスなどに静音スプレーや吸音材を裏から貼るとか、内装ではシフトレバーを外したところ…コンソールやメーター、カーナビ裏などのインパネなどはまだできそうです。

このあたりはまた落ち着いたら、やりたくなったらやってみようと思います。
2018年05月14日 イイね!

やっぱりそうだったのか!

やっぱりそうだったのか!こんばんは。

前回のブログの冒頭では、左フェンダーの塗装修復ミスの結果、プロの板金塗装屋さんにお願いすることにしました…という話で終わっていました。

その後、連休明けの 5/7 (月) の夕方に車を預け、翌日は雨だったので「この日の塗装はないだろう」と思っていたのですが、どうもこの日に塗装をされたみたいで翌日 5/9 (水) の夕方には…




ばっちりな状態で戻ってきました!

もちろん納車直後の写真じゃありませんよ! もう、全然わからないです。

塗装は予定通りフェンダー一枚外して塗装したとのこと。タイヤハウス内のクリップがきれいになっていたりと確かに外したような形跡がありました。

写真は夕方撮影したのですが、翌日以降の晴れの日、雨の日、夜などにボンネットの色と見比べたりもしましたが、遜色ない仕上がりです。

今後は経年劣化で色が変わるのが気になるところですが、それもとりあえずはわからない様な説明でしたので今は安心しています。そもそも、赤い色というのは経年劣化しやすい色のようなので…。

この部分がどうというよりは、全体的にどう?って話になってきそうです。

それと一緒に塗ってもらったのが、

メッキモールを取り付けた後に余っていたピアノブラックのリアモールを塗装してもらいました。


現在、ノーマルスタイルのオーリスに設定されているメッキモールと換装していて、これはこれで良い感じなのですが、ボディーカラーのモールを付けても良い感じに仕上がるのでは?と思いまして。


イメージはモデリスタのエアロのリアをイメージして、将来見た目を遊んでみるために準備しておくことにしました。

もともとオーリスになってからのカスタマイズコンセプトはメッキの部品を極力使わない= RS らしいスタイルで、見て直感的に走りが良い車に見える…そんなクルマにしたいという気持ちがあって…。

楽しみがちょっと増えたかなって感じです。

あ、実はブラックもいいな~とおもっているところで、どれがいいっていうのは甲乙付けがたいところです。

---
さて、最近オーリスの 120T 乗りの方々の中ではブーストアップとスロコンの話題が少し盛り上がったので、自分だったら何を付けるかな~といろいろ見てみました。私も 120T なんで。

これに関してさらっとお伝えすると、BLITZ のパワスロが良いんじゃないかな~って気がしています。

これは、ブーストアップとスロコンのセット品。

そしてこれらは、TOM's の ブーストアップ パーツ 「Power BOX」 や、 スロコンの 「L.T.S III」 の OEM 元商品らしく、比べてみると実際に形が同じで、見た目は色違いとか、ロゴのプリントの違いとか、そんな風に見えます。

それにブーストアップとスロコンを別々に買うよりも安いか同じぐらいの価格で、商品説明には協調した動作も期待できるような書き方がされています。(お互いを接続するような機能があるように見えます。)

ただ価格は5万後半近くするので、おいそれと手が出せません。いや、塗装が無かったら秋ぐらいには買えたかも。塗装代3万円+税でしたので…。(T_T)

一瞬 Pivotブーストアップスロコンも考えました。特にスロコンが安い。車種専用ハーネスを付けてもまだ安いようです。1万5千円ぐらいならすぐに出せそうかな~なんて。

だた、協調とかそういうのはないので、どうかな~と。それとブーストアップ側の値引きがあまりないので、結果的に BLITZ とあんまり変わらないんですよね~。 BLITZ のは全体的に価格が下がっているので、トータルがあまり変わらないようです。

まあ、Pivot のスロコンと、TOM's のブーストアップ…などメーカーをそろえない方法だと、お安くできる可能性もありますけど。

価格は 2018/05/05 20:05 現在

そして、ついでに BLITZ の Web サイトで商品適合検索にて NRE185H (120T) を検索すると対応しているパーツ類が意外にも出てくるんですよね~。 どれも走りのカスタマイズが多いのが BLITZ らしいというか…。

「へー、ブースト/タコメーターのアナログ針のやつとかあるんだ~。」どれどれ、対応は、コードナンバー 15201 と 15202 ねぇ~。



そこで、あることに気がつきました。

120T の場合、エンジン回転数、車速、スロットル開度、水温までは表示できて、ATF 油温※2、E/G 油温※3、インマニ・ブースト※4がダメになってる…。 (→PDF ファイル)

※2 180G,180S で 通信種別が TC なら OK。
※3 150X で通信種別が TC なら OK。
※4 180G,180S なら OK。


そういえば、OBD-II のレーダー探知機を取り付ける前に付けていた Pivot の OB MONITOR も似たような内容だった…。

このときはOB MONITOR がブースト (バキューム) がわからないことと、レーダー探知機の方が表示項目が多いことから レーダー探知機を買って入れ替えたんですよね~。

BLITZ のコードナンバー 15201の商品説明を見ると…

・「ブースト圧」が取得できない車種向け
・付属のセンサー取付が必要

とあります。やっぱり 120T って、ブーストは OBD-II では取得できないんだ。(逆に昔ながらのセンサー取付だと問題無い…と。)


ではなぜレーダー探知機で見ることができるのか?

少し話がそれますが、実はレーダー探知機の方でもあることに気がついてまして…。


きょうこのブログのために撮影した撮れたて写真。

見ていただくとわかるように、ブースト圧と、インマニ圧が同じ値を示しています。

いや、私が無知なだけで実際はインマニ圧とブースト圧はイコールなのかもしれない。
しかし、違うとすれば、数値が取得できないので、インマニ圧をブースト圧として表示しているだけなのでは?

だから、他社製品には後付けセンサーがいるのか。

ちなみに、Pivot もアナログメーターがあって同じように追加センサーを付けたら正しい数値が取得できるようです。

なんだかこうなるとアナログメーターも気になるな~。でも金額高いし、そもそもセンサーをどこにどうやって付けるのかがわからない…。OBD-II 部分は分岐してもレーダーと同時使用はできないし。

レーダー探知機では本物のブースト圧 (?) の表示がされていると思っていたのに…残念。

でもこのままのほうがターボ車の雰囲気があって楽しいなと思っていますので、表示形式は従来のままにしておきます。

いやはや、勉強になりました。

ということで、

こよいはここらでよかろうかい? (笑)


(17/01/26 納車月に桜島 (鹿児島) をバックに…。)
最近、NHK 大河ドラマ 『西郷どん』にはまっていて。今年はできるだけ南へ行きたいと思っていますが…はたして。

プロフィール

「@まつもと。 さん。折れましたが隙間も無くてしっかりと付いてます。それでもこちらは予備を買っておきました。」
何シテル?   05/23 00:13
ようこそいらっしゃいました。 初めての方は、はじめまして。 --- 【簡単な自己紹介】~ SQUARE・人生の歩み ~ 熊本県で生まれ、熊本に住...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

キノクニ / ランマックス ランマックス ブレーキラインシステム 
カテゴリ:ブレーキ関連
2018/05/22 21:23:57
トヨタ(純正) アルミペダルセット 
カテゴリ:部品 / 用品メモ - 純正
2018/05/21 19:56:14
レクサス 試乗レポート - carview! - 自動車 
カテゴリ:ネット記事
2018/05/19 17:28:49
 

お友達

みんカラのお友達・募集中です。特にオーリス、ブレイド、CT200h 乗りの方お気軽に。(ただし、ただ単にお友達を増やしたいというのが見え見えのような方は承諾しない、または後日削除する場合があります。) 最大150名、活動中は30名ぐらいになったらレベルを落とします。(返事が書ききれない 涙 )
94 人のお友達がいます
yoshizo☆yoshizo☆ * SUESAN-RF00SUESAN-RF00 *
TYPE THE ENDTYPE THE END * ポールリードスミスポールリードスミス *
マエンマエン * 卵黄つくね推し卵黄つくね推し *

ファン

96 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ オーリス トヨタ オーリス
このブログでメインに語られる車。グレード (仕様) は 120T “RS Package ...
トヨタ ウィッシュ トヨタ ウィッシュ
このブログで最初にメインで語られていた最初の車です。グレード (仕様) は X “Aer ...
トヨタ スプリンタートレノ トヨタ スプリンタートレノ
人生初のマイカーにして贅沢にも新車でした。 当時は専門学校を出たてのころで、在学中はバ ...
トヨタ ラウム トヨタ ラウム
実家の両親の、つまり家族としての車の変遷はいろいろあるのですが、この車に限ると…、 - ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.