• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ユウキとミサトのブログ一覧

2019年06月21日 イイね!

交通事故統計・・・意外にも

交通事故統計・・・意外にも夏至、今年は6月22日だそうです。
これから日一日と
昼間が短くなって行きます。
そう考えるとちょっと寂しい。

日本の四季は素晴らしい!
今日は梅雨らしい雨でした。

ネットの記事で興味深いデータが出てたので画像残して置きました。

高齢者の事故ニュースばかりが目につきますが、
75歳超える高齢者の起こす死亡事故率は、実は年々減少傾向です。

データが示すとおり、交通死亡事故そのものが減少傾向なのはクルマや道路環境の安全対策の結実と見えます。

データの出所は警察庁の交通事故統計<月報>です。
国が出してる色んな統計が簡単に検索出来る便利な世の中ですね!

ネット記事の元データを見つけました。

統計データのダウンロードではエクセルが選べるので、パソコンに落として、
数値だけになってる数値表に列を増やして計算をしてみました。

年齢層別の死亡事故件数を見ると高齢者と中年層と若者を比べると
意外にも、ほぼ免許保有人口と相関ありです。

平成31年では、交通死亡事故の第1当事者は45~49歳が最多でした。
同じく最小は・・・なんと85歳以上! という驚きの結果でした(◎_◎;)

あと、運転免許保有人口も興味深いですね。
人口ピラミッドと比べてみると、どの年代がクルマを必要としてるか、
その度合いがわかりそうですね。
地域別のデータもるなら暇がある時に眺めてみると色んな発見がありそうですが、
そんな暇がある人なら、こんな記事にも反応してくれるかな? 最後までご覧頂いた方に感謝です(笑)

ご意見、ありがとうございます。
Posted at 2019/06/22 00:19:51 | コメント(2) | 日記
2019年06月14日 イイね!

梅雨の中休み?・・・日光は雨降らず

梅雨の中休み?・・・日光は雨降らず梅雨入りして1週間。
暑かった5月の気温がうそのように
厚着して過ごす6月。

一年のうち3日に2日は雨という
日光に行ってきました。

結果、雨降らず。ラッキーでした!

1日目 クルマで移動中の気温は20~24℃でした。
昼過ぎに日光の社寺に到着。   有名な「神橋」は、二荒山神橋 ということ

この写真を見るまで、知りませんでした。

神橋はまるで外国です。ヨーロッパか中東か?


神橋の下を流れる川はお天気の良い日は透明です。上流には工場もありますが。


世界遺産 日光の社寺 を散策です。

が、この階段のもっと西側を歩くことにして・・・
少し斜面を登ると、神橋が上から見えました。

神橋の床面、こうなっているとは・・・・この写真を見るまでは・・・

「表参道」がこの坂道だったとは・・この写真を見るまで気にしませんでした。

表参道の坂道を登ります。クルマは走らないので真ん中を歩けます。

お天気が良くて日が出ていましたので、木陰は爽やかでした。

ひなたに出ると・・・ 苔むした石灯篭がイイ風情です。


広場に出ました。観光バスの駐車場みたいです。

バスの向こうに陸上のカールルイス髪型のような植栽を撮ってみました(*´з`)

ここ何年もカバーされていた大きなお堂が姿を現していました。

ゼネコンさんの看板が爽やかです。

看板から判断すると・・・・輪王寺本堂でしょうか?

その階段から南側を見ると・・・ 標高600mちょっとの山の森です。

梅雨の中休み的な青空に感謝です。

少し進むと、有名な東照宮が見えてきます。

ちょっとだけ入って、横を見ると五重塔。

午後のなので逆光でした。   東照宮の中には入らず散策を・・・
古びた東照宮境内略図を見て、

その外周を散策することに・・・
周囲もなかなかイイ感じです。適度に木陰か爽やかです。

「史跡探勝路」という案内標識を発見。行ってみることに。

前を行くのは外国人カップル。

しばらく歩くと・・・ 朱塗りの小さな神社。

将棋の駒・・・香車ばかりが大小・新旧、所狭しと・・・。

さらに進むと・・・・石の案内板に 神橋~滝尾神社 と読めました。

天然物の石畳を進みます。

森の深い中は薄暗い場所もあります。 大きな杉の木で日光が薄れます。


ぱっと明るくなったら・・・青い色の水溜が見えました。 まるで温泉??

この水の正体は不明です。
さらに先に進みます。  分岐点がありました。

今来た道を戻れば神橋。進めば滝尾神社です。 斜めに坂を登れば二荒山神社。

まっすぐ進みました。  小さな川を越えると年季の入った石の案内板

たきのおじんじゃ= 瀧尾神社 でした。 なんと日光二荒山神社の別宮!?!

こんな山奥まで・・・さすが世界遺産ですね。

神社に登る石段の途中に・・・・運試しの鳥居。

参拝した帰りに小石を投げてみましたが、願いはかなわず。でした(;´・ω・)

瀧尾神社。初めて来ました。


参拝を済ませて、帰り道。先ほどの分岐点を二荒山神社へ進みました。

振り返ると結構な坂道。 標高は600~700m位だったようです。

二荒山神社のエリアに到着。  徳川三代将軍 家光公の何かだそうです。

門構えがいかにも世界遺産です。

中には入らず、東照宮の西側を歩いて戻ります。 途中、五重塔の後姿。

午後なので逆光ではありませんでした。

日光の社寺外周散策も終盤。 看板を撮っておきました。

輪王寺、東照宮、二荒山神社・・・
・・・どこまでが「世界遺産」なのかは定かではありません。

そこら辺全体が世界遺産という理解で大丈夫そうです。
2時間ほど散策したので、バッグの折り畳み傘はイイお守りでした。おもりです。
クルマに戻ります。  有名な金谷ホテル直営のベーカリーなんかも・・・


クルマはこの風情ある建物の駐車場に停めさせて頂きました。
神橋まで徒歩5分程の場所でした。

日光市の旧・行政センターらしいです。土日も停められるとかです。
 この日は日光市内に宿泊。露天風呂の温泉が、何故か塩素臭かった・・・。

翌日、標高950m辺りにニッコウキスゲの開花を見つけたので、

クルマで霧降高原まで登ってみました。

距離的に約5km登ったら標高は1340mまで上がっていました。燃費はDown。

クルマは坂道が嫌いなFIT3ハイブリッドです。 霧ではなかったですが、
霧降高原・キスゲ平は雲の中でした。 気温は16℃。

ニッコウキスゲ発見!   なぜか軽トラの荷台に黄色い花が・・・


20年以上前はスキー場だったキスゲ平園地。 
昔のゲレンデ部分はまだ草原です。

旧スキー場のてっぺんまで、今では遊歩道階段が出来てます。なんと1445段!

最近出来た様子の鹿よけネットと扉。

階段はすべて鹿よけネットの内側ですが、車椅子等のスロープ通路の一部は
その外側です。

下界を見下ろすと、日光市・今市地区の街並みが見えます。

ここはニッコウキスゲの本家の地元だと思います。名前がズバリですから。

旧ゲレンデの草原にはポツンと木々が生えて来て、

高原特有のレンゲツツジが咲いていました。 
行き(上り)は階段を使わず、草原の草木を見ながら斜面を歩きました。


平野では既に終わったドウダンツツジも咲いていました。


羽化したばかりのセミも葉っぱに留まっていました。採取してはいませんよ!

動きが鈍いので撮影に成功です(^^)/

標高1420mまで上がって引き返すことに・・・ポイントは「G」でした。

爺はジイなんだから「G」まで行くよと奥様からの指令でした(笑)
(孫はほぼ2年振りに日本に来てるハズだけれど、会えない距離。ジイは元気です。スミマセン。どうでもよい話にそれましたm(__)m)

G地点からは階段を下りました。

ふと気づくと階段の近くに何個もの人工的な「穴」!  なにこれ?

下の何とかセンターについてハタと気づきました。

あの軽トラの荷台いっぱいのニッコウキスゲは、

どこかで育ったニッコウキスゲを、本家キスゲ平に植えるんですね。
そういえば、鹿よけネット。 そうそうたくさん自生していたニッコウキスゲが鹿に食べられたとか聞いたような・・・・ 納得です。

ここ、キスゲ平は四季を通じて見どころある景勝地なんですね。

と、栃木県・日光市の宣伝をして締めくくります。

キスゲ平園地を振り返ると・・・

 最上部の駐車場が満車で入れなかった白いS2000さんが、上から二番目の駐車場に降りてきました。 少しお話させて頂きましたが、みんカラで有名な
・・・1番さんのことはご存じなかったようです。 余談。

その後、鹿沼市、壬生町、下野市、真岡市、益子町を巡って茨城県へ帰りました。 今回は栃木県の宣伝に専念しました(笑)

帰宅時のFIT3のメーターを・・・ 2日目の気温は16~28℃でした。
1泊2日の走行は248km。 標高は1340mまで登り。

  今回のドライブルートの頂上では燃費計は23.9までDownでした。。
過去数回の履歴では・・・

春から夏に向かって燃費はまあまあですが、年々悪化しています。

もう12万キロ超えました。電池の劣化も進んでいるように思います。
でも20万キロくらいまではハイブリッドらしいエコカーで走れそうです。

今回、霧降高原を走って実感したのは、急な登りと下りでは標高差が大きいと
下り坂の途中で電池が満タンになってそれ以上回生できない。なんともったいないことか(';')
これ、PHEVなら電池容量が何倍か大きいので、2000m位の標高差分を全部回生出来たら素晴らしいかなぁと。 それなら買いだなぁ~~ (独り言)

ということで平日、木曜金曜の記事でした。 ありがとうございます
Posted at 2019/06/15 00:50:11 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記
2019年06月07日 イイね!

間違いは訂正を!・・・知ってたら

間違いは訂正を!・・・知ってたらみん友さんのブログを見てたら・・・

タイトル画像はまったくの引用です。
この画像の中に「間違い」があるそうです。

それは・・・・


この拡大写真のスペルをよ~~く見てください。

場内マップ看板全体の写真を再掲します。


そうです。間違いは・・・・ × Noeth ○ North ですよ。

見つけてくれたのは、このブログの方の奥様!
なんと帰国子女さんだったのですね(*´з`) さすが!

ツインリンクに足しげく行かれてる方は、さりげなく、コレクションホールの案内係の ×=尾根遺産 〇=お嬢さん に教えてあげてくださいね!

このブログのみん友さんにご迷惑がかかるといけないので、
今回の記事は お友達限定で公開いたしますね(^^♪
<記事書いてから2ヶ月経ったので限定解除しました!>
ありがとうございます

<本文中に関係者のリンクを貼らせて頂きました。悪しからず(^^)/>
Posted at 2019/06/08 00:04:01 | コメント(1) | 日記
2019年06月05日 イイね!

NBOXで・・・安全運転を!

NBOXで・・・安全運転を!6月4日に起きた福岡での多重交通事故、
ニュースやワイドショーで何度も何度も
何種類ものドラレコ動画が放送されて
いるのを見て・・・

明日は我が身かと、考えさせられます。

・・・ドラレコ動画って役に立ちますね。

亡くなった老夫婦(とご遺族)にはお気の毒な事件事故ですが、多くの人を巻き込みながらも他人に死者を出さなかったのが奇跡的だと思います。
何台目かで接触事故にあったNBOXのドラレコ動画と、その状況を横から撮っていた防犯カメラの動画にハッ!としました。  ネットにも画像が出回りました。

青い〇で囲った割と新しいノーマルなNBOX。 ワイドショーで見ましたが、
奇跡的にもドアミラー破損程度で済んだそうです。
クルマは接触とほぼ同時に停止。 
ドラレコの動画では、はみ出して猛スピードで突っ込んでくるエスティマが怖かったです。・・・ガシャッ! 危機一髪。

今日の昼間のワイドショーではこのNBOXのドラレコ動画が流れていました。
ネット記事の写真にも出てますが、防犯カメラが捉えていた絵で、近くに立っていた人達がビックリして後退りする様子もリアルでしたが、NBOXドラレコ動画での緊急ブレーキ停車や左側への回避行動の様子が、最近の安全技術がちゃんと機能しているんだなと思えました。

別の記事では・・・こんな説明図も (逆走ではなくハミダシだと思います)

ここでまた青い〇で囲った②の軽乗用車が25歳男性の運転していたNBOXです。

自分でも1台はhondaセンシング付きのNBOXに乗ってますが、これから乗り換えるクルマは安全対策の充実した車種に限ると痛感します。

例えば80歳を過ぎた老人だと、進化したクルマのシフトやエンジン起動操作やパーキングブレーキにも馴染めずに新型車を敬遠する人もいるようですが、自分自身がそうなる前に新型車に慣れておくことが大事だと思います。

これからは高齢者にも分かりやすく運転しやすいクルマの開発と普及が大事だと思います。 
運転免許の条件・・・どうしても生活にクルマが必要な高齢者には安全対策車限定免許なんかも必要かな??

こんなスポーツケーは・・・マニュアル車ならば誤発進はなさそうですが・・・

ちなにみ我が家のFIT3ハイブリッドは、hondaセンシングが付く前のモデルです。 夫婦でドライブすることが多いので、運転中の自分に万一の事態が生じて暴走始まったら、助手席から迷わず「ハザード」と「メインのPOWER」スイッチを押してくださいと話し合いました。
あと、このFIT3はパーキングブレーキが昔ながらの機械式レバー引っ張るタイプ(サイドブレーキ)なので、ハザード=POWER=サイドブレーキ!! これ約束です。

写真のとおり、FIT3ハイブリッドではハンドルの左=助手席から手が届く位置にハザードとPOWERスイッチがあります。(たまにハザードを押すつもりがPOWERを押してしまうことが・・・5年に一度だけありました。結果、止まります。)

一方、hondaセンシング標準のNBOXは・・・FIT3より後発です。

エンジンかけるメインスイッチはハンドルの右下で、助手席からは届きません。
  旧型のNBOXはメインスイッチは左側だったとか!?
もしかしてイザというときのために助手席から手が届く場所に設計してた??

写真のとおり助手席との間にあるのはハザードスイッチとCVTのシフトレバー。
サイドブレーキは運転席からのみ踏み込めるペダル式。
私の場合、hondaセンシングはoffしないので大事には至らないハズですが、万一の時は・・・シフトレバーのボタンも強く握って前へ押す!・・・結果、RかPに入り、加速して前進することは避けられます(実際、やられて青ざめるほどビビりましたが、幸いクルマは壊れませんでした(笑)・・・想定内か??)

という対処法は話し合っていませんが、暗黙のルールになってると思います(';')

もう一台、S660<6MT>は・・・・めったに夫婦では乗りません。
 ・・・が、メインスイッチは右側なので、
万一の時は、ギヤを抜き(ニュートラ)、サイドブレーキです。たぶん大丈夫。わかっているハズです(';')

ところで、令和になった後、栃木県の羽黒山神社に行ってみました。

真ん中の柱に「梵天通り」の文字が気になりました。
みん友さんで999番のシロネコさんが平成の時代に行って来たというブログが出ていたので気になっていましたが、令和になって行って良かったことが・・・・

宇都宮のはずれの地ですが、こんな山まで宇都宮市かい!と思える景色。

「令和・・・記念」「富士見百景」と書かれた新しい木製の碑(角柱)が建ってました。  よく見ると・・・

なにやら穴が開いています。
後になって覗いてみると・・・・ついでに写真も・・・

この穴の向こうに・・・・・なんと富士山が!!
(この日は5月の下旬、とても富士山は見えません)

案内板によると、空気の澄んでる(正月とか)お天気のイイ日には見えることもあるようです。
運試しで行ってみてはいかがでしょうか(*´з`)
神社の御朱印とは違って、覗き見るだけはタダですから(笑)

不幸な交通事故の関連記事ですので、炎上しないように
お友達限定公開でアップします。  ご意見、ありがとうございます
****2019/8/11追記**********************
ブログアップからけっこうな日数が経過しましたので、限定解除しました。
あしからず・・・
Posted at 2019/06/05 23:33:00 | コメント(4) | 日記

プロフィール

「FIT3で日光紅葉旅・・・裏道編 http://cvw.jp/b/429298/43448081/
何シテル?   11/10 23:36
青いS2000に乗ってました。H18年3月から22年末まで。 初めの3年で6万キロ=過走行。クルマはノーマルでした。 その後、H21年7月から6年間、黒いS...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/6 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

ついに到達!S660の200馬力!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/11/12 12:11:23
S2000の20thイベントinもてぎに行って来ました!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/09/08 10:31:33
20000Km超えたころから、悩まされてた異音低減 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/09/04 04:35:19

愛車一覧

ホンダ フィット3 ハイブリッド FIT3HBs (ホンダ フィット3 ハイブリッド)
DCTとリチウムイオンバッテリィで、Fit2HB(IMA)より進化してました。。 3度目 ...
ホンダ S660 白エスろく (ホンダ S660)
平成27年3月に契約。平成27年8月生産。9月1日納車。 大地震や大津波もなく八千代工業 ...
ホンダ Nボックス ホンダ Nボックス
増車です。 ディーラーにあった見込み仕入れ在庫車でちょうど手頃な、日本で一番売れている( ...
ホンダ S2000 黒エス (ホンダ S2000)
2台目のエスは、最終モデルでした。6年間お世話になりました。 エアロの見た目は賛否両論。 ...

過去のブログ

2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.