• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

-りょ-のブログ一覧

2017年09月11日 イイね!

M40 BigShot 8

自走砲の制作報告。


この週末でようやく完成したよ。
制作期間は休み休みだったから約5ヶ月で結構掛かったね。
今回は加工は行わず、基本はキットのまま組んで塗装とウェザリングの上達を目的とした。

さすが最新キットだけあって、修正が必要な所なんて殆どなかったね。

キットについてくるエッチングは使用し、その他に純正追加パーツのアルミの砲身を使用。

あとは、キットのパーティングラインの処理が面倒になり、右フロントのアンテナの基部は追加パーツを使ったわ。
アンテナも0.4ミリの真鍮線にした。


で、太陽光の下で撮影してみた。
もっと広い所でバックも考えて撮影したかったけれど、持ってどっかいくのも面倒だったので勘弁を。

ウェザリングはドロッドロにしてると楽しくて、ついついやり過ぎちゃうんだよね。
初心者の陥る罠デス…
もっと程々の汚しを覚えなければ。

履帯は入念にウェザリングを施したので結構満足。
金属感を出すのに6Bの鉛筆でエッジ部を適当に擦ったのがよかったかな。
フロントに積んだ予備の履帯はちょっと失敗だったな。
車体から浮いてしまってるな。

リアの車内フロアは完全に汚し過ぎです…
あと、車内側とか砲身周りをどう処理すればいいのかわからず、結局軽くウェザリングするのみに。
鎖にサビ色をところどころ乗せたのは正解だったな。



で、今回の一番の反省点。
デカールの密着が甘かった…
いわゆるシルバリングという状態ね。

ね、これじゃデカール貼ってますと丸わかりでダメ。
デカールを貼る時の下地の作り方や貼り方、ケミカル類の使い方がまだまだだな。

キットにはフィギアも付属してるけれど、そこは手に負えないので、今回もM40ビッグショットの制作記はこれにて終了。


次作は既に初めているので、近々報告予定。
Posted at 2017/09/11 21:16:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | Toys | 日記
2017年09月07日 イイね!

911 Targa 4S 8

暫くショップに預けていたタルガの作業報告。


いつもの信頼してるショップに約1週間預けて、こんなんなりました~

え、わからない?これでどう?


うん、まぁ、画像じゃわからないね。
それが素晴らしいことなんだな。

こちらの画像をどうぞ。

黒いフィンと接する青いバンパー周辺に注目。

そう、プロテクションフィルムを貼ってもらったのだ。
バンパーからフード、フェンダーまでフロント周り一式とライトもね。

タルガのメイン用途が長距離の“高速”移動で、アルピナ→M6→C6と歴代の高速巡洋艦は飛び石の餌食になってきたので、今回は資産価値が落ちないよう対策を施しておいた。
国内でもトップクラスの職人さんに施工してもらったので、仕上がりは文句なしの素晴らしさで間近で見ても全く気がつかないね。
バンパーはかなりてこづって工期延長になっちゃったけれど、それだけばっちりやってくれるってことで大満足。
1枚物のシートでこのバンパーに貼ってしまうとは、なんていう腕してるのか。

費用的には諭吉さんが大人数出て行ったけれど、必要経費と考えている。
少しでも安上がりにするならば、フードやフェンダーは前半部だけ貼ることもできるけれど、境界が目立っちゃって綺麗じゃないからありえない選択だと思う。

これで安心して制限速度内でぶっ飛ばせるぜ。


あと、ついでにレーダーとレコーダーも取り付けておいてもらった。
メーカーや機種も丸投げで好きにやってと発注し、この組み合わせに。

この手の物は一定の性能があれば、あとはショップが満足してやってくれれば何でもいいと思ってる。
実は元々レーダーとレコーダーはついていたものの、信頼できるような状態ではなく、全部引っぺがして新たにつけてもらった。
前の作業者がクソでギリギリショート仕掛けてる箇所があったらしく、今回一新してもらって大正解だったわ。
作業記録を見ると、車内で煙が出たとの記録があって、スピーカーユニットを疑って何度か交換しているけれど、原因はそこじゃなかったような気がする。


そして、ちゃんと申し送りしてなかったのが悪かったんだけど、作業終了後引き取りに行ってみたらせっかく引き出したUSBの延長コードがなくなっとる…
これもクソ作業者が宙ぶらりんに線をしたのか!と思ったのかもね。
ということで改めてナビを外してUSBの延長作業を自分でやっておいた。
2度目なので余裕だな。

これで高速巡洋艦としての装備がフルに揃い心置き無く制限速度内で飛ばしまくれる。
Posted at 2017/09/07 21:02:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月04日 イイね!

M40 BigShot 7

しばらくぶりのご無沙汰でございます。

ショートステーの遠征に行ったり、帰ってきたらルーターが壊れててネットが不通になったり、その後も接待続きでゆっくりする時間がなかったです。

今回は自走砲の制作報告の続きだけど、その前にウェザリングの勉強と我が軍の仕上がりを確認してきた。

座る位置は早いもの順なので、3時半起きで始発で友人宅まで向かい出発し、早めに着いたつもりがこんな状態…
最前列は何時に来てるんだか。。。
前の人の頭が邪魔だけど、それでも意外とよく見えるんだよね。
自走砲は発射後、弾着までは結構な時間が掛かるのは実際に見るとよくわかる。
当然弓なりの弾道なんだろうけれど、それでもターゲットを必中してて素晴らしい。
射程が30km以上の所を3km先に打ち込むから自衛隊にとっては余裕かな。
何と言っても一番の迫力は戦車の主砲だね。
自走砲や迫撃砲、ロケット弾なんかと違って撃った瞬間にもう弾着してる。
そして、その音の迫力たるや視界すら歪む程で、打ち上げ花火の大玉なんてお子ちゃまの爆竹って感じ。
相変わらず練度は素晴らしい。
俺は何があろうと自衛隊の方々を尊敬し応援してますよ。
朝鮮(上下合わせて)とかチューゴクとかのならず者国家に隣接してて、最近は特に海上に注目が集まるけれど、竹島を不法占拠するならず者を排除するためにも島嶼部へ進行できる装備は必須だね。

2~3年前に続いて今回も駐車場付きの券の倍率が200倍とも言われる中、応募すらせず行かせていただきました。
こいつは毎年行きたい位なので、その節はよろしゅうに。
動画は自分で撮ってもちっこくしか映らないので、公式のYouTubeを見てちょ。


で、自走砲の方も少しづつコツコツとウェザリングを進めている。
車体のベースの塗装はこんな感じで完了。
側面はOD色にムラがありつつ、サビや汚れの雨だれを遠慮気味に表現。

砲の油圧シリンダーはシルバー色が気に入らなかったので、再塗装を実施。

砲のウェザリングは手付かずだけれど、ここはクリアオレンジとかで油の滲み感を出してみようかと。

履帯を装着し、ウェザリングペーストやウェザリングカラー、ピグメントという粉何かを適当に塗ったくって泥汚れを表現。

ウェザリング初心者なので、程々のレベルがわからずつい塗りすぎてしまう…
もうちょっとあっさり目でも良かったかも。

履帯の地面と触れる部分は金属の地肌が出るだろう、ということで6Bの鉛筆でササッをなぞればこんな感じに。

この仕上がりは結構満足感あり。

続いて、車内?とはいえる程囲まれてないけれど床面の汚しに入る。
元々、ムラを残すようにOD色を何色か吹いたのでいい感じだった。

が、ここもやり過ぎた…

誰だ、ウンコ踏んだ靴で上にあがったのは。
さすがに汚し過ぎたのでてんこの後リカバリーします。

車体の方も履帯の汚れ具合に準じるようにしていく。
最初は遠慮がちだったが…

結局、ここまでやってもうた。

汚過ぎ!
いつも車体は綺麗な自衛隊を見習って、もう少し綺麗にしよう。
そして、上下の汚れのバランスもいまいちだな。
履帯が跳ねた泥を下側は追加しつつ、上側は少し綺麗にしよう。

前側はプラモの箱絵的には結構近い感じになってはいると思う。

予備の履帯はまだ未施工ね。

そろそろ完成に近づいてるし、次はアレを作ろう。
Posted at 2017/09/04 21:34:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | Toys | 日記
2017年08月24日 イイね!

E-powwwwweeeeerrrrr!!!!!!!

久しぶりの試乗記。

目の片隅に何となくチラチラしてながらあんまり気にしてないようにしてたけれど、食わず嫌いはいけないので乗ってきましたよ、あの電気自動車に。
リーh…じゃなくて、テスラね。


それなりの金額のクルマだし飛び込みで行ってすぐに乗れるかわからなかったので、きっちりネットで予約し向かいましたよ。
今回乗るのはモデルS。

SUVタイプのモデルXではなく、4ドアいやリアがハッチなので5ドアセダンの方ね。
そう言えば、昔は5ドアセダンって人気なかったよね。
ギャランじゃなくエテルナVR-4とか好きだったな。
プリメーラとかもね。

実際に乗ったのはコチラ。

P65Dだったっけな?
性能的には現状トップクラスの100からは落ちるけれど、前後にモーターのある結構速いやつ。
横幅がかなりあるのでカッコいいんだよね。

で、先ずは後ろの席に乗って一回りしながら、色々な説明を受けていく。

先ずは目が行くスクリーン、デカ過ぎでしょ。
そして、ステアリング周辺を除くと、ハザードスイッチ位しか物理的なスイッチがない。
エアコンもオーディオも全部センタースクリーンでコントロールするとのこと。
これって夜はちょっとうざくないのかね。
シンプルな内装はなかなかの好感触だけれど、運転中にあれこれやるにはちょっと鬱陶しいかもね。
でも、オートパイロットになればスクリーンをいじる余裕が出てくるのかな。

そして、残念ながらテスラはアメ車です。
いや、俺はそういう所も嫌いじゃないけれど、ぱっと見のクオリティはいいのに細かい所は詰めが甘い。
ガラス周辺のコーキングが山盛りで車内から丸見えだったり、外板の継ぎ目の処理が雑だったり。
それなりの金額なので、この辺りはもっと詰めてもらいたいよね。

あと、後席、これはかなり酷い。
前後左右のスペース的には十分なんだけれど、座面と床面の位置関係がおかしい。
バッテリーがあるせいで床面が高くて、普通に座るとモモ裏は座面から離れてしまい、まるでSUVの3rdシートみたいな体育座り状態に。
背もたれがリクライニングすればもっとマシになるだろうけれど、これで長時間乗るのは疲れるわ。


が、しかし、走行性能、これはそれらのマイナスを多い覆す程に素晴らしい!
実際に運転席に交代してみたけれど、アクセルペダルに対するリニア感たるや、そこらのクルマじゃ全く叶わないな。
M6のドMボタンを押した状態やタルガのスポーツプラスを押した状態なんて全然比じゃないし、シェベルのキャブのピックアップの良さよりもいいかも。
ぱっと踏んだらスルスルスル~っと超絶滑らかに加速していき、その加速度もたまらない。
これは癖になる。

床面に重たいバッテリーがあるから車体も安定してて、いいペースで飛ばしても不安感はないね。
乗り心地的にはまぁ普通かな。
今回はバネ車だったけれど、エアサス車もあるのでチャンスがあればそっちも乗ってみたいね。

いやー、内装の詰めの甘さとか、航続距離、充電の問題はあるけれど、それも受け入れて乗ろうかなと思える程の加速だったよ。
しかも、今回乗ったのよりも高性能なP100Dなんていう上があるからね。
後は後席のマイナスポイントはモデルXなら解消しそうなので、次はそっちにも乗ってみようかと。


正直、結構欲しい…
航続距離的に今のユースにマッチしないけれど、タルガ売ったら中古なら買えるな…
Posted at 2017/08/24 21:44:55 | コメント(2) | トラックバック(0) | Cars | 日記
2017年08月21日 イイね!

911 Targa 4S 7

今回はタルガの初の作業報告。


C6→タルガと乗り替えたこの長距離高速巡洋艦の枠は、基本的に自分でいじらないつもり。ただ、ナビへのiPhoneの接続はどっかに頼むのもばかばかしいので、自分でやってみた。
PCに頼めば数万円コースなのかな?
作業に必要な工具一つで、時間的には15分程度の軽作業。
ネットで探すとボクスターで同じ作業を書いてるブログは見つかったけれど、991では他に見つからなかったね。
とは言え、内容や構造的には全く同じっぽいね。
この作業の簡単さをバラすのはPCへの反逆か???


先ずはセンターコンソール側面のパネルを外す。

工具要らずで手で毟り取ればOK。

外したパネルの裏側はこんな感じ。

先細ってるクルマ後ろ側から一つづつ突起状のクリップを外していく。
7箇所かな?
右側の黄色い丸いシールの左上のクリップまで、車体の左右方向へ引っ張って外し、後はナビの横に差し込んであるような感じなので、車体後ろ方向に引っこ抜けば外れる。

とにかく上の画像の左側にある端っこのクリップを外しちゃえば、あとはパネルの上と下に指を入れて無理せず引っ張ればかなり簡単に外れるね。

で、露わになるナビの取り付けボルト。

上のボルトの左下の穴とその下の四角い穴がさっきのパネルが差し込んである穴ね。
取り付ける時は先ずはをしっかり差し込んでから側面のクリップを押し込んでいく感じ。
ボルトはトルクスでT27だったっけな?
俺は常備してるけれど、ちょっとしたクルマいじりの人は持ってないかもね。

で、シフターを外すべきなんだろうけれど、簡単には抜けそうになかったので、つけたまま強行突破する。
ボルト4箇所を全て外した後、シフトをDに入れ周囲をしっかり養生してナビを引きずりだす。

スマートキーなので、勝手に電源入ったままになっちゃうけれど気にせず進める。

ナビとコンソールの隙間から手を入れごそごそ探るとUSBの短い線が見つかるので、迷うことはないかと。
別で買ってきたUSBの延長ケーブルを差し込み、接続部の外れと異音防止のためにそこらに転がってた適当なスポンジテープでグルっと巻いておいた。

画像の右側シルバーのがナビ本体で、画像左が車体前方方向ね。

USBの延長コードは接続部やコードがスリムなタイプを用意したけれど、結構隙間が多くて普通のタイプでも余裕で通せるかと。

コードの出先はこんな感じにしておいた。

コードの長さは1m。
この後ライトニングのケーブルを刺すので0.5mでも良かったかもね。

最初の画像を見ればわかる通り、センタートンネルを車体後方側へ這わせることも可能だけれど、そこに隠しても結局はiPhoneを見える所に置きたいのでコードが見える訳で、こんなもんで十分だろ、という判断。
音楽用のiPodを刺しっぱなしにするなら、グローブボックスにしまっちゃってもいいしね。

これでiPhoneの接続、充電環境整備は完了。
後はiPhone自体の置き場をどうすっか悩み中。


それと燃費記録を更新。
高速のまったりしたスピードで長距離を走ってみたら、最高で13.5km/Lまで伸びたよ。

4WDなのにこの記録は立派だわ。
そして、我慢ばかりの運転で辛抱した自分も褒めてあげたい…
Posted at 2017/08/21 20:24:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 991 Targa 4S | 日記

プロフィール

「M40 BigShot 8 http://cvw.jp/b/1868621/40392542/
何シテル?   09/11 21:16
りょです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

お友達

ファン

4 人のファンがいます

愛車一覧

シボレー シェベル マリブ シボレー シェベル マリブ
1967年のシボレー シェベル。 気持ち的にはファーストカーのポジションにあるけれど、不 ...
ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
991 Targa 4S
スバル フォレスター スバル フォレスター
スバルのフォレスター。 悪いクルマじゃないけれど、趣味的なものはナシ。 あまりの無関心っ ...
BMW M6 クーペ BMW M6 クーペ
BMWのM6。 長距離移動をメインの用途とし、普段のちょっとした買い物にも使用している。 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.