車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年05月25日 イイね!
自走砲のブラック&ホワイトの下塗りが完了したので、上塗りのオリーブドラブ(OD)色を塗っていく。

この工程でも前回書いた通り、一手間くわえてみる。
カラーモジュレーションという工法で、OD色を暗い色から明るい色まで複数色用意し、光のあたり具合によって塗料を使い分けてより立体的に見せるっていうものね。
シェードからハイライトまでOD色が4色セットになったものがあるので、今回はそれを利用する。

先ずは光が当たらず戦車類のどっしりとした重量感がでるよう、履帯の奥の車体に一番暗いシェードを吹いていく。
せっかくブラック&ホワイトの下塗りをしたので、塗料は薄めでエアブラシの塗料の排出量も絞って少しづつ色を乗せていく。
下地の黒が一部透けてもいいので、薄くあえてまだら模様になるように塗っていき、こんな感じに。

結局は後で泥まみれにするんだからこんなことやっても効果があるのかわからんけれど、経験を積むのも目的だし。
これであってるのかどうかはわからん。

そして、転輪やボギーはシェード色でまだらに吹いたのち、光のあたるであろう部分はシェードの次に明るいOD色を軽く吹いておく。
そして、ダンパー?のような蛇腹状の所は黒に塗るのが面倒なので、黒の墨入れ塗料を何度か流して他より黒っぽいく見えるように。

転輪のゴムとの塗り分けは結構良い加減だけれど、気にしない気にしない。

で、ボギーを組み立ててみると結構良い感じ♪


続いて車体上部も塗っていく。
ここはシェードの次に暗いOD色で全体をばばばっと適当に吹いておき、光が当たる所や各パネルの外周部に更に明るいOD色をうっすらと重ねておく。
砲身は下側が暗くて、上側が明るめにって感じね。

一部塗り分けしたい所もあるけれど、今は気にせず全体をガンガン塗っていく。
が、ハイライトをどこに置くのかは経験が足りず難しいね…

これであってるのだろうか。

このままだとハイライトを置いた所に一定の法則があるとは思えず、ただまだらになってしまった失敗作にも見えなくはないね…
次回、もう少し熟考しながら重ね吹きし、更に限定した箇所に一番明るいOD色を置いてみよう。

全体的にはやや明る過ぎるけれど、これ自体は予定通りのこと。
この後で黒か茶系のシャバシャバに薄めたエナメル塗料でざざっと洗い流すウォッシングという工程で、全体のトーンは落ち着くはず。

今週末にOD色の基本塗装は終わらせて、デカール貼りやウォッシングを終わらせてしまいたいね。
あと、履帯の他、スコップ等の車載工具(OVM)の塗装も進めなければ。

そして、これの完成の姿をどうすっか悩み中。
キットには精巧なフィギュアがついてるので、フィギュアの塗装に初挑戦し、かつ、臨場感のあるジオラマまで作るかどうかだね。

次は零戦作りたいしなぁ。
Posted at 2017/05/25 23:19:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | Toys | 日記
2017年05月14日 イイね!
M40自走砲の続きを報告。

組み立てはほぼ完了したけれど、1箇所失敗が発覚。
砲のキャリアにつくリンクがスライドするロッドのモールドを間違えて削ってしもうた…
型のパーティングラインかと思ってた。。。

右から伸びるリンクの左端はくわえる形でその下にあるロッドにはまるのよ。

こんな感じね。

しかもロッド側はキャリアに接着しちゃったので、キャリアごと加工してみる。

リンクが加えるちょうどいい幅にプラ板を切り出し、ロッドはプラ板の厚み分程度削って、プラ板を接着。
と、こんな感じでリカバリー完了。

うまくいって良かった。

で、前回報告の車体に続き、その他も黒のサフを吹き下地を作る。

そして、途中経過をすっ飛ばしブラック&ホワイトの塗装が完了。

完成後の光が当たる部分と影になる部分を意識しながら、先ずはグレーのサフをハイライトの部分を広範囲に塗装する。
その後、ホワイトサフでさらに範囲を絞ってハイライトに色をのせておく。

初めてやるから加減がわからん…
これで正解なのかわからないけれど、失敗覚悟で次のステップに進もう。

これはこれで冬の迷彩みたいで良い感じだな。


次は本塗装で基本はオリーブドラブ(OD)の単色が指定なんだけれど、カラーモジュレーションという技法も使ってみよう。
OD色を明るく調色したものから暗く調色したものまで3段階使い、明暗のメリハリをさらにはっきりするようにしてみますよ。

ただ、下塗りならまだしも上塗りは湿度があるとシラけちゃうし、これからの時期は塗装のタイミングを取るのが難しいかもね。
Posted at 2017/05/14 21:24:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | Toys | 日記
2017年05月09日 イイね!
常にじんわりと頭が痛い状態が続いてて、この連休はグダグダしたまま何もしないで終わってしまったよ。。。
唯一C6のオイル交換をした位かな。
洗車すらしなかった。

そんな訳で連休の報告はナシ。
金も交通費以外には1千円も使ってないカモ。

その代わりにちょっと前に入庫したミニカーの報告を。

1台目、ランチアデルタ(京商)

何度も言ってるけれど、世界で一番欲しいクルマはランチアデルタ。
なので、これを確保するのは義務だと思ってる。
マルティニカラーがまたかっこいいこと。
ああ、素晴らしい。


2台目、M1(京商)

M1はグループ5のオーバーフェンダーつけたこれがいいよね。
これまたかっこいいなぁ。
商売的には決して成功したとは言えないM1だけれど、ネーミング的にも今となっては失敗だよね。
Mは数字が大きいほどハイパワーで偉いのに、これは辻褄があわない。
しかも現行の1シリーズのMはM135とかにせざるを得なくなっちゃったし。
とは言え、そんなことはどうでもよくて、イタリア車とは違うスマートなかっこよさがあるね。


3台目、R92CP(京商)

Cカー最強のR92CPですよ。
1000hpオーバーで確かウィングカーだろうからダウンフォースもバッチリ効いて恐ろしいらしいね。
この頃のCカーはかっこいいわなぁ。
今時のLMP?は何かいまいち刺さらないんよね、デザイン的にも。
このミニカー自体はフロントフェンダーのフラップが立ち過ぎなのが気になるね。
バラして調整したいとこだけど、破壊しそうで難しいかな。


今回は以上3台なんだけれど、欲望にまかせて欲しい物を手にしたら3台とも同じような色合いになってたわ。
赤白青の組み合わせは正義っちゅーこっちゃね。
Posted at 2017/05/09 19:29:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | Toys | 日記
2017年04月27日 イイね!
これは肉の限界への挑戦の記録です。


肉を過剰摂取すると頭痛が酷くなるが、肉と頭痛、どっちを取るかと言えば迷いなく肉をとるよ、それはもう。
特にビーフは生きる気力と言うか、湧き上がるパワーに直結すると思うんだよね。
ただ、日本のペラッペラのハムみたいな肉、あれはいかん。
口いっぱいにほうばれて、噛み締めて血がしたたるような厚みがないと肉とは呼ばせませんよ。



第一弾は量的限界への挑戦。

過去の記録は例の店の510gだった。
参考画像はコチラ。

510gの画像はみつからず、これは310gとかじゃないかな。
赤身なのでもたれることもなく結構あっさりと食べれるんだけれど、俺の弱点はコメだな…
コメさえなければもっといけるのに、と悔いが残るところ。

先般Qさんに連れて行ってもらったいきなりステーキだとコメなしで発注できるので、ここならば記録更新が期待できるのです。
前回の400gがあまりに余裕だったので、600gにチャレンジしようと行ったが、いかにもなマッチョが700gで発注してて負けてられないと思い、俺も700gで発注を。
が、指定のグラム数でカットする店の人もさすがに量が増えれば誤差も大きくなり、切ってみれば770gに…
店員の「やべっ…デカすぎた…」という顔を見て、「いいから焼いちまいな!」と発注。


さすがに一塊では焼けず、開いた状態で出されたが、もはや鉄板にギリ乗っかってる状態。
さすがにデカい。

300gでワーキヤー言ってた隣の大学生も無言になる威力があったな。

これはやらかしたか?と思ったものの、変なソースは使わず、ひたすら塩胡椒で食べ続け、全然飽きる事なく完食。
ただ、顎は若干の限界を感じたのと、食べた後の腹の出っ張り方がすごかった。。。

という事で、量的限界は510→770gに大きく記録更新。
何なら3人分だな、こりゃ。
次は2ポンドか?いや、900gはさすがに無理だろうな…


そして第二弾のうまさの限界への挑戦。

入口のオーラからして違うこちらに予約して行ってきた。

2度目だけれど、本物の熟成肉はそれはもう驚く程の美味しさであります。

今まで食べてきたステーキのハードルを軽く一跨ぎしちゃう程に深みのある味わいで、肉の旨さの限界はこれ程高いのかと驚くばかり。
俺にはこれ以上表現できないわ。
今回は熟成肉に加えて、ニューヨークカットのステーキも追加したが、これが予想以上に大きくかなり満腹に。

前菜で食べたベーコンが衝撃的な美味しさだったし、追加で発注したマッシュポテトも史上最高にクリーミーでもはや飲み物ってレベル。

2人分で数万円をしっかり取られたものの、満足度はとっても高い。
また行きたいけれど、さすがに当分先だな。


いや~、ステーキっていいすね~
Posted at 2017/04/27 21:39:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | Food | 日記
2017年04月22日 イイね!
日記はご無沙汰ですが、引き続き赤城を放ったらかして別の物の制作を進めております。

言い訳をさせてもらうと、自分の能力の限界を感じてしまい、他の物でリハビリと腕の向上をはかり、その後にモチベーションを上げて取り組む所存です。

で、今回はタミヤで最近発売になった注目の自走砲。
M40 ビッグショットでございます。

半島がきな臭くなってきたので、遠距離から叩く装備を早急に揃えなきゃならんでしょ。
AFV関連だと戦車が先ずはありきだけれど、戦闘では敵の射程範囲の外から叩くのが基本で、俺はそういう装備が好き。
現代の装備だと多連装ロケット砲のMLRSとか大好き。

今回も前作のマスタングと同様にゴリゴリの加工をせず基本はストレート組み。
後は塗装で退色や汚れなんかを頑張ってみようかと。

今作は歴史的背景からもタミヤもかなり気合いが入ってるモデルで、パーツ点数がむちゃくちゃ多い。
シャシーというか車体すら大物じゃなく鉄板一枚一枚を補強入れながら立体に組んでいく感じで、かつ、組み合わせに調整は一切いらずバチピタにサクッと組み上がっちゃう。

途中経過をすっ飛ばし、砲以外はほぼ組み上がったので下地の塗装を実施。

真っ黒くろすけ~


最終的にはグリーン系のオリーブドラブ色に塗るんだけれど、退色を表現するため、グラック&ホワイトっていう技法を使ってみる。

車体の目処がついたら砲の方にも進めていこう。
こっちはアルミの別売品を調達済み。

こういうの無駄に欲しくなっちゃうわな。
Posted at 2017/04/22 22:00:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | Toys | 日記
プロフィール
「M40 BigShot 3 http://cvw.jp/b/1868621/39829509/
何シテル?   05/25 23:19
りょです。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
お友達
ファン
4 人のファンがいます
愛車一覧
シボレー シェベル マリブ シボレー シェベル マリブ
1967年のシボレー シェベル。 気持ち的にはファーストカーのポジションにあるけれど、不 ...
シトロエン C6 C6 (シトロエン C6)
BMWのM6からの乗り替え。買い物と長距離移動ユースに購入。 3リッターディーゼル。
スバル フォレスター スバル フォレスター
スバルのフォレスター。 悪いクルマじゃないけれど、趣味的なものはナシ。 あまりの無関心っ ...
BMW M6 クーペ BMW M6 クーペ
BMWのM6。 長距離移動をメインの用途とし、普段のちょっとした買い物にも使用している。 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.