車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月25日 イイね!
年末だからって訳でもないのに、仕事がてんてこ舞い状態になっとります。
あれだけ残業は避けてたのに、導火線が短くなってる仕事ばかりで何とか爆発寸前に処理してて、ボケっとする暇すらない。
そのせいか顔の痙攣が止まりません。。。
頭痛も続くし、今度の水曜に検査に行ったついでに脳だけじゃなく首から先を切り落としてもらおう。


で、今回はマスタング製造の報告。

完成に近づくにつれて一気にできることが少なくなり、一つパーツを塗装しては乾燥を待って、マスキング後別の色を塗ってという感じで進みは凄く遅い。
でも完成を急ぐとロクなことにならないので、ここは焦らずじっくりと進める。

デカール貼りは一番の難関のノーズティースを貼ってみたが、口が繋がらない。

まぁこんなもんなんだよね。
それにノーズにインテークすらあるのにデカールで貼れるわきゃない。
デカールに少しシワができたのは失敗デス。

カラーコーディネートといか色のセンスは皆無だけれど、色を判別する能力は自慢じゃないが誰にも負けないと思ってる。
なので、デカールの赤の色を記憶し、一番近いと思われる塗料を買いに行きそのまま調色せずに塗ってみたらこんな感じに。

どうよ。バッチリっしょ。
デカールとの境界の塗装が下手なのは認める。

これで装備とキャノピー以外は素の状態でほぼ完成。

キャノピーないとみすぼらしいな。

排気管は別売のパイプが開口している物を使用。

焼けとススを塗装で表現してみたけれど、小さ過ぎてわからんね。

キャノピーや排気管も接着し、せっかく綺麗に仕上げた表面に墨入れのエナメル塗料をビシャビシャにぶっかけて質感向上作戦を進める。

乾燥した後にエナメル溶剤で風が流れる方向を意識しながらぬぐっていき、使い込んだ感じを表現。


ほぼ完成したので、持ち手を取ろう。
持ち手は機首に穴を開けて余ったランナーを突っ込んで接着したもので、適当に切るだけでOK。



プロペラと翼下にロケット弾をつけ、ようやく完成。



初めて黒下地にメッキ調の塗料を使ってみたけれど、質感はかなりいい感じだわ。
昔はこんな塗料なくて銀色のベタ塗りの塗装になってたんよね。
今回は金属感をかなり残すことができたね。

ウェザリングは排気のススと翼内の機関砲のススの他、給油口から塗料がちょっと漏れちゃった感を軽めに施してみた。

排気ススは金属の青焼けにちょっと青を入れてみたけれど、イマイチだったかなぁ。

主脚の格納庫は茶系の墨入れ塗料でバシャバシャと洗っただけで立体感がでていい感じに。
脚もブレーキパイプの追加はやっぱりやっておいて良かった。

タイヤは黒に塗るとおもちゃ感が出ちゃうので、グレーで塗って溝に黒を流し込んだ上で、砂埃的な色の粉をまぶしておいた。

マスタングの報告は今回で終了。
さすがタミヤでパテの修正は少なく、とっても組みやすい機だったね。
デカール確保のためにもう1セット買ったのはどうすっかなぁ。

次は中断してる赤城を…と行きたいけれど、既に別の物が進行中なので、赤城と平行して進めていきたい所存であります。
Posted at 2017/03/25 11:27:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | Toys | 日記
2017年02月21日 イイね!
先週末は友人に譲渡するスバルの陸送ミッションをこなしてきましたよ。

いつもはC6で走るロングドライブが、スバルだと遠かったわ…
こんなに遠かったかな。
そして、遅くて速い。。。
ちょっとでも加速しようと踏み込むと隙あらばキックダウンしてうなるし、その割にたいして加速せず、スピード感だけは一丁前。
高速巡洋艦のC6と比べたら仕方ないけれどね。


で、マスタングの製作の目処がついてきたし、赤城と並行して軽くできる物はないかとちょと浮気心が芽生え、在庫を軽く見てきた。

この奥にも同じ高さでぎっしり積まれてて、見る気にもならず終了。
やっぱり浮気せず赤城に集中すべきだな。

ついでに過去に作った物を撮ってきた。
と言っても、あげちゃったりしたのでもう2つしか残っていない。

1台目、ランチアデルタ。

何度も言うけど世界一大好きなクルマはランチアデルタ。
実車に乗るのはハードルが高過ぎるので諦めているけれど、デルタのプラモデルやミニカーは問答無用で調達する方針です。

これはもう20年位前に作ったものかな?
まだ資金的に余裕がなく追加パーツを買う余裕が無かったり、作るのが面倒だったりして、当時は窓を黒く塗りつぶすのを良くやってたんだな。
マルティニカラーのデルタは最高にかっこいいけれど、デカール貼りはかなり難しい。
今ほど道具もなかったのによく綺麗に貼れたわ。


2台目、フォードフォーカス。

これもマルティニカラー。
ラリーカーにはマルティニカラーが似合うよね♪
確かタミヤのキットにデカールとホイールを追加で調達した物だったかと。
ホイールはダイキャスト製。

こっちは車内もきっちり作っててシートベルトやら配線も引いてある。
97年のWRCに出たクルマなので、これも20年近く前に作ったんだね。
当時はネットなんてなかったから資料は雑誌しかなく、車内の配線はそれらしく適当に引いていたね。
そう考えると今は便利だわなぁ。


こんなの見てるとまたラリーカーを作りたくなってくるけど、今時のWRCカーは魅力皆無だわな…
Posted at 2017/02/21 21:16:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | Toys | 日記
2017年02月15日 イイね!
マスタングの製造報告。

そう言えば我が艦隊の主力艦であるC6は年末に車検に出して以来、ドッグ入りしたまま1ヶ月以上経っており、クルマなしの極貧でド底辺な生活を送っております…
No car No life
もはや生きている意義がないデス。。。
免許を取って以来、ここまで運転しないのは史上初めてかと。
うっぷん溜まって、ちょっとしたことで人を刺してしまいたくなる。
もうすぐ戻ってくる見込みだけれど。

で、マスタング。
これをやってると集中して平気で2~3時間は経っちゃうので、ストレスマックスな時にはかなり助かってる。


本体は置いておいて、そろそろ脚もやり始めなければ。
と言うことで、タイヤをいじる。
タイヤは一発整形なので、金型の関係でセンターのトレッドパターンのモールドが甘い。
これは仕方ないね。
幸い単純なパターンなので、ナイフ他諸々を使ってパターンを掘っておく。

うむ、完璧。
モールドを掘るとプラが毛羽立つけれど、そういう時は流し込みタイプの接着剤を塗っておけば適度に溶けてバッチリに。


そして、主脚も塗装。
ついでに伸び縮みするオレオ、ってかダンパーでいうロッドの部分はクローム風になるよう鏡面のシートを貼って置いた。

小さ過ぎてよくわからんね。


さらに追加でブレーキパイプもエナメル線で適当に追加。

塗装はガンダム用の水性のペンで適当に。
このためにいちいち塗料を用意するの面倒だしね。
ちょっとでもゴチャっとして何かやってあると仕上がりはよく見えるんだな。
あと、重量感がでるようタイヤは接地面を少し削っておいた。
やる人はサイドウォールを膨らませたりするみたいだけど、さすがにそこまではしなくていいでしょ。


機体の方は塗装が完了し感想時間をたっぷりとったので、デカール貼りを進める。

が…

やっちまいました。。。

正しくはこちら。

で、失敗したのがコチラ。。。

星が上下逆だった。
わずかだけどデカールが欠けちゃってるし、「3」のところにはなぜか黒いシミがついちゃうし散々な仕上がりに。
デカールはパネルラインに沿って切れ目を入れちゃったから貼り直しはできなし、これじゃ納得できないので、デカールの追加調達を画策。
タミヤに発注するのは面倒だし、他メーカーのデカールは意外と高くて、結局こんなことに。


あまったキットはどうすっかな。
Posted at 2017/02/15 21:25:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | Toys | 日記
2017年02月11日 イイね!
今週はなかなかハードで、家に帰るのは遅かったしヘビーな仕事ばかりでぐったりだったので、あんまり進んでなかったマスタングの製造。
今日はみっちりできて結構進んだので報告を。


先ずは小物の塗装。

ペラは前回塗装に失敗した物は諦め、一緒についていた別の形状の物で再塗装。
キャノピーは最初に黒で塗装した後、シルバーでフレームを塗装。
こうすることで、内部からは黒の機内色、外はシルバーとなる。
中からはあんまり見えないけどね。
脚やロケットは途中段階。

そしてペラも組み立て。

黄色は隠蔽力が弱くて下地の微妙な違いで影響しちゃうんだよね。
スピナーの先端と後ろ側で若干色味が違っちゃってたわ。

機体の方は排気周辺のパネルだけステンレス製だったようなので、他と違う塗料で塗った後にウェザリングマスターで赤っぽい色にしクリアーで保護しておいた。

一先ずパネル自体の色を変えてみたので、排気のススは全部の塗装が終わってから軽めにつけてみようかと。


で、楽しみだった機体の塗装も実施。
使う塗料はミスターカラーのメッキシルバーNEXTというエアブラシ用の物。
エアブラシ用に希釈済みで、これが結構高い。
小瓶で900円だから、普通の塗料と塗布面積で考えれば10倍以上するんじゃないかな。
低圧で少しづつふんわりとかける感じで塗装した結果がこちら。

思ってた以上に金属感が出て素晴らしい。
ただ、下地がモロにうつるので、ツメが甘いのが丸わかりだわ…
この塗料使うなら、下地も缶スプレーじゃなくエアブラシでちゃんと吹かなきゃダメだな。

全体はツヤあり黒の下地で、翼の機関銃のメンテハッチはサフ下地としたので、普通に塗っただけでかなり仕上がりが違うね。

排気周りと機関銃のメンテハッチ以外は色味を変えなかったけれど、もう少し工夫するとかなり面白い仕上がりになりそう。
クルマのモデルに使っても面白いだろうな。

ただ、実は問題もある。
基本的にクリア塗装ができない、と言うか、クリアを塗るとかなり金属感が薄れちゃうらしい。
この後デカール貼るのでその保護のためにもクリアは塗りたいところなんだよね。
水性のクリアをかるーく塗ってみようかと思ってるけれど、どうなることやら。
Posted at 2017/02/11 22:50:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | Toys | 日記
2017年02月05日 イイね!
マスタング製造の続き。

機体はサフの水研ぎの後、ツヤあり黒で塗装。
#2000のペーパーで磨き、その後コンパウンドで研磨してここまできた。

テロッテロの完璧な表面までやるのは断念…
これで勘弁してくださいな。

塗装の研磨はプラモデルで一番嫌いな作業だわ。


増槽は普通のシルバー塗装でデカールも貼り終わり、ついでなので配管も加えてみた。

このタンクは戦後の払い下げでクルマにしたやつだね。

次、ペラ。
2種類選択できる内のハミルトン製をチョイス。
塗装とデカール貼りが完了し、こんな感じに…

なったんだけど、無理に雨の中塗装した結果、大失敗。。。

デカール貼っちゃってるし取り返しつかないので、もう1種類の方のペラを塗り直そう。


次はいよいよ機体のシルバー塗装をやるぞ。
晴れた日に…
Posted at 2017/02/05 20:47:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「F-51D Mustang 6 http://cvw.jp/b/1868621/39508654/
何シテル?   03/25 11:27
りょです。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
お友達
ファン
5 人のファンがいます
愛車一覧
シボレー シェベル マリブ シボレー シェベル マリブ
1967年のシボレー シェベル。 気持ち的にはファーストカーのポジションにあるけれど、不 ...
シトロエン C6 C6 (シトロエン C6)
BMWのM6からの乗り替え。買い物と長距離移動ユースに購入。 3リッターディーゼル。
スバル フォレスター スバル フォレスター
スバルのフォレスター。 悪いクルマじゃないけれど、趣味的なものはナシ。 あまりの無関心っ ...
BMW M6 クーペ BMW M6 クーペ
BMWのM6。 長距離移動をメインの用途とし、普段のちょっとした買い物にも使用している。 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.