• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

kotakunのブログ一覧

2019年06月22日 イイね!

「mazda3」のATシフトノブ

「mazda3」のATシフトノブ「mazda3」のATには、従来とは違う形状のATシフトノブが使われているので、どんな構造かを調べたくて、部品を手配してみました。
(厳密に言うと、「mazda3」にも、「本革仕様」のATノブと「ウレタン仕様」のATノブの2種類ある様ですが、今回は本革仕様のATノブを手配しました)









<新しいATシフトノブの発注経緯>

「mazda3」のホワイト内装がどんな雰囲気か?を知りたくて、MyDとは別の店舗の展示車を見にってきました。



「mazda3」のホワイト内装は、コンソール周りはホワイトではなく、ブラック系でまとめられているのは、意外だと思いました。

他の店舗へ行ったのは、ホワイト内装の視察以外にも目的があったのですが、馴染のサービスの方に部品をお願いしていて、その引取りも兼ねてお邪魔してきました。



手配していたのは、「mazdsa3」の本革仕様のATシフトノブで、従来の(ロードスター以外の)ATシフトノブとは外観がことなるものが採用されているのが、気になっていて、その手配をお願いしていた・・・という次第です。




「mazda3」が発売されるまでの mazda車のATノブは、ロードスター以外は全て共通の形状をしたものでした。(OEM車を除く)

詳しくは、こちら  のブログを見て頂けると、詳細な違いが判るかと思います。

しかし、第7世代となる「mazda3」からは、形状が変わったので、(シフトノブとブーツの革弄りをする自分としては)、新しいmazda3のATノブが気になり、「まだ部品の発注は出来ないかな?」と思いつつ、手配をしてみると、つい最近になって発注できる様になった様で、こないだの日曜には入荷したので貰いに行ってきました。













以前のATノブとこの新しいノブがどちらが良いかは「好みの問題」とは思いますが、個人的には両サイドのメッキパーツ及びレバー部のメッキパーツがそれなりの存在感を出していて、こちらも気になる存在だと思いました。



<「mazda3」のATシフトノブの構造>

パッっと見は、従来品とは全く違いますが、ノブの大きさや底の取り付け部、レバー部を見ると、基本的な「内部構造」や「脱着方法は 以前のものと同じ」に思えたが、構造を調べる為に 早速分解してみました。

一応、mazda3のATノブの分解方法をUPします。

①センター部を上に引き抜く為に、内装ハガシを差し込んで、上に持ち上げると、センター部が外れます。





②サイドは左右に引っ張れば簡単に外れます。



③レバー部の周りの黒い部品は、単に爪部を掴んで引っ張れば外れます。





④レバー部は、上側の四角い穴から精密ドライバで中のツメを押し込むと、外れます。





(この部分の外し方は、以前のシフトノブと同じです)

※詳細は、こちら の整備手帳をご覧ください。

⑤その後、U字金具を精密ドライバーで引き出して、手で抜きます。
(精密ドライバーで強く引き出そうとすると、飛んでいく可能性があるので御注意下さい。)

⑥底のメッキパーツは、精密ドライバーを差し込んで爪を外すと、パーツが外れます。



⑦サイド部のメッキパーツは、裏側の4つ(6つ)の爪を外すと、メッキパーツが外れます。



以上で、以下の写真の状態にまで分解できます。




今回の分解の結果、構成部品は勿論違いますが、シフトレバーからの脱着方法は同じだと判りました。

(U字金具は、従来のデミオ用のものと共通部品でした。)

再度組立てて、現行のATノブとの適合を調べるべく、代車のデミオに装着トライをしてみました。

(私のアテンザはリコールの為に、1泊2日でDに入院中でした・・・。)






すると、思った通り、綺麗に装着でき、新しいATノブと従来のATノブは互換性があることが判りました。

※アテンザとデミオのATノブは、品番や内部構造は違いますが、どちらのノブも装着方法は共通なので、mazda3のATノブが代車のデミオに装着できるという事は、アテンザにもにも装着が可能ということになります。(アテンザだけではなく、CX-8やCX-5、CX-3、アクセラにも装着です。)



<また・・・>

新品のATシフトノブを購入して、1時間もしないうちに分解したという事は・・・、また弄りを考えておりますが・・・、その弄りの報告はまた次回以降に・・・。
Posted at 2019/06/22 21:38:51 | コメント(2) | トラックバック(0) | 車いじり | 日記
2019年05月25日 イイね!

次期愛車の妄想・・・

次期愛車の妄想・・・現車アテンザワゴンは、購入後 4年と3ケ月が経過し、走行距離も間もなく70000kmに到達するのですが、次期愛車の選定について 少~し妄想してみました。

(写真は全て、ネットからの引用です)










<妄想のきっかけ>

一般的に車検の時期に買い替えを検討する場合が多いと思いますが、私もそのパターンで、

「次の2度目の車検時(2020年2月)に買い換えるとすると、そろそろ考え始めないといけないかな」

と思った次第です。



これまでは、次期愛車について、漠然と、

「次もマツダ車にしようかな」

「エンジンはディーゼルがいいな」


と思う程度でしたが、

「次もマツダで、ディーゼル・・・」


となると、



やはり

「次期アテンザ(mazda6)」

への乗換えを考えるのが妥当かなと思っています。

しかし・・・。




<次期アテンザを検討する上での懸念事項>

①次期アテンザの発売時期

次期アテンザは、ネットの情報を見ていると、 「直6-3.0ℓ-SKYACTIV-X」や「直6-3.0ℓ-SKYACTIVE-D GEN2」「マイルドHV」などが採用される可能性がある様で、それらは非常に魅力的ではありますが、現行のアテンザも 昨年6月に2度目の「ビックMC」により(最後の?)大幅改良が加えられたばかりなのを考えると、次期アテンザ(mazda6)は早くても2年以上は先になりそうですよね。(もしかすると発表は来年辺りかもしれませんが・・・)




②目玉商品の発売時期

次期アテンザ(mazda6)が発売されるのが仮に2年後だとして、既存の「直4-2.5」「直4-2.5T」 は最初から発売されるとしても、目玉商品になるであろう 「直6-3.0-SKYACTIVE-D GEN2」 や「直6-3.0-SKYACTIVE-X」 は、、「mazda3」「SKYACTIV-X」の様に、 最初からは発売されず、少し遅れて発売されますよね、きっと。

そうすると、(私が買うなら直6-3.0-SKY-Dですが) 結局やはり今から最低でも3年は待たなきゃダメだろうなと思ってます。




③大幅な年次改良

最近のマツダは、新型車が出ても、1年もすると大幅な改良を加えてSPECアップし、2~3年もすると 初期型を購入した人が悔しい思いをするくらいの超大幅な改良を加えるのが常となっておりますが、この頻繁に行われる改良やMCが 「買い替えをいつするべきか?」 非常に悩ます要因になっていると思います。

私のアテンザワゴンも(初期型から)大幅な改良を加えられた「中期モデル」を購入しましたが、1年?もすると、「ステアリングヒーター」や「シートクーラー」、「カラーHUD」、「オートホールド付EPB」などの設定が追加され、非常に悔しい思いをしました。



個人的に、 「FMCで大きく改良されるのは”仕方ない”」と思えて、それほど悔しくは感じないが、年次改良やMCでの改良は パーツの転用や流用が出来そうで出来ない物が多くて、いつも悔しい思いをしています。

それを考えると、次期アテンザを購入するとしても、

「新型が出て最低でも2年程経過した後の改良が入った後のモデル(熟成型)を購入した方が良いかな?」

と思ってしまいます。

しかし流石に買い換えをそこまで(約3~4年先まで)我慢できる自信もないので、次期アテンザ(mazda6)以外の他の車を考える必要もあるかなと思っています。




④「ワゴン」があるか否か

私は、ボディー形状として、「ハッチバック」や「ワゴン」が好きなのですが、仮に次期アテンザ(mazda6)が発売されるのを待つとして、現行車の様に「ワゴン」が設定されるかどうか?は微妙ではないかと考えています。

「ワゴン」はアテンザ(madza6)を発売している国の全てで発売しているわけではない様で、日本を始めとした一部の国でのみ発売しているらしいのですが、それを考えると、次期アテンザ(mazda6)では「ワゴン」の設定がなくなっても不思議ではないと思っています。




<他の車種・・・>

上記の懸念事項を踏まえて、次期アテンザ(mazda6)を待てずに、とりあえず他の車を考えるとなると、今なら 「CX-8」 かなあ~と思っています。



安全装備は勿論、室内装備もほぼほぼ気に入っているし、強いていえば、

「もう少し 個性を強調して欲しいかな?」

とは思っています。

「CX-8」も年末で丸2年になるから、そろそろ外観にも手を入れて、より魅力的になって欲しいなあ、と思っています。


<マツダのIR資料では・・・>

ネットで知ったのですが、マツダのIR資料には、

・2018年 SKYACTIV-G/D upgrade

・2019年 SKYACTIV-X
      New MAZDA CONNECT
      SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE
      KODO DESIGN 2

・2020年 SKYACTIV-D GEN 2
      MAZDA CO-PILOT CONCEPT

という記載がある様で、2020年の「SKYACTIV-D GEN2」が予定通りだとすると、それを積むのが 次期アテンザ(mazda6) なのか、もしかして 大幅年次改良となる「CX-5」(「CX-8」)なのか、その辺りが 対象車種になりそうなので、早めの発表を 期待したいですね。



<最後に>

以上、勝手にいろいろと妄想してみましたが、私の場合、ある日突然、 「新しい車が欲しい病」 を発症するので、それがいつなのか? 楽しみでも有り、心配でもあります・・・。

(もう一回車検を通すかもしれませんし・・・ね。)



Posted at 2019/05/25 23:41:57 | コメント(4) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2019年04月29日 イイね!

(久々の)自作の「本革巻き替えメーターフード」

(久々の)自作の「本革巻き替えメーターフード」2月に製作した、「ブラック×ワイン」の配色の「シフトブーツ」と「シフトノブ」に合わせて、メーターフードも「ブラック×ワイン」の配色で本革で巻き替えをしました。









過去に、3度程、巻き替えをしていますが、

1回目:「メーターフード」の巻き替え


2回目:「純正然」とした弄り



3回目:内装パネルの本革化 Part.1 「メーターフード」編


今回は、新しい配色の本革で巻き替えました。

詳しい製作方法や巻替方法については上記のブログを参照して頂くとして、今回はその過程を簡単にだけUPさせて頂きます。

①革の準備


②縫製



③ステッチ入れ

 (今回は、レザークラフトの手縫いの技法を使って、手縫いでステッチを入れました。


④巻き替え


⑤設置





今回の「メーターフード」は、「ワイン」の「ブーツ」や「ノブ」とも雰囲気が合っていて、それなりに満足はしていますが、



純正のホワイト内装に対して、「ワイン」がアクセントになっているとは思いますが、ちょっと「ワイン」が浮いている様な気がしないでもなくて・・・。

いつもこの様な内装のイメチェンは、最初は気に入っていても、暫くすると、他の色も試してみたくて・・・。色の選択が微妙に難しいです・・・。

Posted at 2019/04/29 18:26:50 | コメント(4) | トラックバック(0) | 車いじり | 日記
2019年03月28日 イイね!

ドアミラーの接触事故

ドアミラーの接触事故ちょっと前の出来事ですが、ドアミラーの接触事故に遭ってしまいました。







とある週末に、すれ違いにも気を遣う狭い路地を通行していると、前方から軽自動車が向かってきました。

(↓ドラレコ映像より)


私はアパートの駐車場側へ車を1mほど左に寄せて止まりました。

(↓ドラレコ映像より)


すると、その車は全く車を反対側に寄せようともせずに走ってきて、すれ違う際に「ドン!」とドアミラーにブツかってきました。

「オイオイ・・・」と思いつつ、「相手に逃げられるかな?」と思いましたが、相手の車も一応止まってくれて、老夫婦が車から出てきました。



相手:「ごめんなさい・・・」

と謝ってきたので、

私 : 「直してくれればいいですよ。修理代が判ったら連絡します。」

と伝え、相手の免許証の写真を撮って、(警察には届けずに)、帰宅しました。

その日のうちに、マツダで修理の見積りを貰うと、塗装されたドアミラーカバーだけでなく、ハウジング?という黒いパーツにも傷が付いているとのことで、修理見積りは工賃込みで\26000ほどでした。

その見積書のコピーを相手の自宅に送り、電話をすると

相手 : 「なんでこんなに高いのですか?」

と私に絡んでくるんです。


挙句の果てに、

相手 : 「貴方がもっと横へどいてくれていればぶつからずに済んだのに・・・」

とまで言って来たので、「ムッ」ときて”少し”懲らしめてやりました!

修理代については、見積書のディーラーに自分で聞いて確認して貰うことにし、

相手 :「保険を使うので、保険屋から電話して貰います」

私 :「この金額で保険を使うと勿体無いから、保険は使わずに修理代を振り込んで貰えば良い」

と(親切心で)説明しますが、その意味を理解して貰えず、

相手 :「とにかく保険を使います!」

と言い張るので、説明するのも止めました。

後日、保険屋が連絡があり、(保険屋ともすったもんだがあったのですが)、数日後、無事に修理代も振込まれて、無事に事故処理を終えることが出来て「ホッ」としました。

「事故」は、加害者になれば勿論ですが、「被害者」になっても「嫌な気分」になるから、「事故」はイヤですね・・・。
Posted at 2019/03/28 22:52:08 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2019年02月26日 イイね!

プロ野球春季キャンプ視察 と 沖縄そば巡り 2019春

プロ野球春季キャンプ視察  と 沖縄そば巡り 2019春先週末、いつもの沖縄そば巡りを兼ねて、プロ野球(中日ドラゴンズ)の春季キャンプを視察しに行ってきました。










小学3年の息子は、野球が大好きで、今年から地元の野球チームに参加しているのですが、

「(地元の) 中日ドラコンズのキャンプを見てみたいな!」

との言葉を受け行って来た次第です。

勿論、それに絡めて 「沖縄そば」 も食してきました。

中日ドラゴンズのキャンプは、1軍が「北谷(ちゃたん)」で練習し、2軍は「読谷(よみたん)」でキャンプをしています。

沖縄は、中日以外にも日本のプロ野球チームが 9チーム がキャンプをしているのと、韓国のチームもキャンプをしており、沖縄全体がプロ野球一色に染まっている様な雰囲気でした。




<1日目>

沖縄到着後、レンタカーを借り、早速 1軍の「読谷」に行きました。



周辺も比較的賑やかな街でしたし、メイングラウンド、サブグランウンド、投球練習など、立派な施設で驚きました。

出発の1週間前までは 「松坂選手に会えるかも?」 の期待をしていましたが、例の右肩の故障によりキャンプを離れ沖縄には不在だったので残念でしたが、色んな選手の練習風景を真近で見られて非常に楽しかったですし、息子も大喜びでした。

(↓ 1:京田選手)


(↓ 3:高橋選手)


(↓ 55:福田選手)


(↓ 投手陣)


(↓ 京田選手、松井選手)



息子はグッズ売り場で、「7:根尾」選手のユニホームとキャップを購入しました。





(↓ 息子)




サインも、「12:田島」投手、「40:石川(翔)」投手、「57:ロドリゲス」選手がサインをして頂けました。

(↓12:田島投手)




(↓40:石川(翔)投手)






(↓57:ロドリゲス選手)







<2日目>

2日目は2軍のキャンプ地「読谷」へ行きました。



こちらのキャンプ地は比較的 ほのぼのとした街でしたが、直ぐ横でラグビーやソフトボールチームもキャンプをしており、色んな施設があり、村を上げてキャンプを誘致している雰囲気でした。







(↓ 8:大島選手)



(↓ 6:平田選手)


こちらでは、「7:根尾」選手を目撃し、観客も殆どが「根尾」選手目当てで、「根尾」選手が動くとお客さんも一斉に動く・・・感じでした。











こちらでは、選手がサインをする雰囲気が無い(原則禁止?)の様でしたが、練習終了後に球場出口から「14:谷元」投手、「82:小笠原」2軍監督がサインの為に出てきて頂けて、多数の方にサインをして頂けました。(我が家も 息子と娘の共同作業で何とかサインを頂けました。)

(↓ 14:谷元投手)




(↓ 82:小笠原2軍監督)









< DeNAベイスターズ:筒香選手に遭遇 >

初日に、とある沖縄そば屋さんに行くと、息子が

息子: 「今、歩道を(DeNAベイスターズの)筒香選手が歩いていった・・・」

と言うんです。

(↓ ネットからの画像)


慌てて、後を追ってみると、ホントに筒香選手がみえまして、

息子: 「筒香選手ですか?」 

筒香選手: 「はい。」 

息子: 「一緒に写真を撮らせて貰えませんか?」

筒香選手: 「いいよ。」

私がスマホを構えると、

筒香選手: 「(私に向かって) 写真をSNSで使わないでくださいね」

私: 「判りました。」


という会話になりましたが、笑顔で息子との写真を撮らせて頂けました!!(^^)!


筒香選手とお約束した通り、今回の写真はUPを控えさせて頂きますが、意外なところで大物選手に遭遇し、ビックリしました。

突然の撮影のお願いにも気持ち良く応じて頂けて、(ライバル球団の選手では有りますが)、

「筒香選手には頑張って欲しいな!」


と思いました。(^_-)




< 沖縄そば巡り >

いつもは北部の沖縄そば屋さんを巡っていましたが、今回は中日ドラコンズのキャンプ地周辺(北谷・読谷)を巡ってきました。


① 「浜屋」 沖縄県中頭郡北谷町宮城2-99 TEL:098-936-5929



ビーチの近くにあり、周辺には多数の飲食店があり、とても賑やかな場所にある店舗でした。



お肉もスープも非常に美味しくて、店員さんの対応も非常に良いお店でした。



② 「みはま食堂」  沖縄県中頭郡北谷町美浜1丁目-210  TEL:098-936-8032



とても大きなお肉が入った「骨そば」を食べたかったのですが、(数量限定のため)売り切れで残念でしたが、「中味(ホルモン)」・「軟骨(あばら)」・「三枚肉」の3種類のお肉が入った「みはまそば」を頂きました。

軟骨や三枚肉が美味しかったのは勿論ですが、「中味(ホルモン)」も臭みが無く、非常に美味しかったです。





③ 「田舎 読谷店」  沖縄県中頭郡読谷村字上地359-3   TEL:090-9786-0501



非常に感じよい店員さんが一人で切り盛りしているお店でした。





お肉は勿論、宮古そばのはんぺんも非常に美味しく、あっさりながらも美味しいスープでした。


④ 「番所亭」  沖縄県中頭郡読谷村字喜名473   098-958-3989



国道沿いにあるお店で、タクシーの運転手さんも訪れていたので、地元の方にも評判のお店の様でした。

店内は非常に綺麗で、落ち着いて食することが出来ました。





お肉やスープも勿論ですが、「自家製麺」らしく、麺の触感も非常に良かったです。


⑤ 「みよ家」  沖縄県中頭郡嘉手納町嘉手納463-13 新町2号館  TEL:098-957-3434



自家製麺がウリのお店で、生姜がたっぷり載って、定食物もあるメニューが豊富なお店でした。








<ブルーシールアイス>

北谷のお店を2回訪問しました。

旅先で食べるアイスは、より一層美味しく感じますよね。










以上、長々と失礼しました。

Posted at 2019/02/26 05:43:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行 | 日記

プロフィール

「[パーツ] #アテンザワゴン 本革シートクリーナー「LC-7」 http://minkara.carview.co.jp/userid/1010070/car/1861019/8313589/parts.aspx
何シテル?   03/11 14:33
2015年1月4日に アテンザワゴン・AWD・Lパケ(白内装)・ソウルレッド を契約し、3/1に納車されました。 皆様と情報交換させて頂きながら、充実したカーラ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/6 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

ヤフオク 本革巻き替えシフトノブ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/06/22 17:40:08
シフトノブ&シフトカバー変更 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/06/15 08:50:13
オリジナル マツダ純正シフトノブ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/06/15 08:47:06

愛車一覧

マツダ アテンザワゴン マツダ アテンザワゴン
2015年1月4日に アテンザワゴン・AWD・Lパケ(白内装)・ソウルレッド を契約し、 ...
レクサス CT レクサス CT
2011年2月19日の契約で4月20日納車予定でしたが、震災の影響で遅れに遅れて、6月2 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.