• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

CSDJPのブログ一覧

2024年03月31日 イイね!

<2024年13回目/2023年度53回目(最終)の燃費計測結果>横這い、年度集計しました

<2024年13回目/2023年度53回目(最終)の燃費計測結果>横這い、年度集計しました走行距離 302.9㎞
航続可能   0㎞
給油量  26.14ℓ(ハイオク)
燃費  11.588㎞/ℓ

<前口上>
『過走行&各種パーツ装着済のマイコペン、不具合の予兆が燃費推移の変調に現れるのではという仮説に基づき燃費推移をフォローしています。燃費の改善を目的としているわけではありません。変動が激しいため直近10回の移動平均を赤線(フューエルワン投入後を紫線)で示し、トレンドをモニタリングしています。』

前回小幅上昇の12.800㎞/ℓから下落。トレンドは横這い足踏みです。

年度単位で走行距離/給油量/燃費を集計してみました。


フューエルワンを投入開始した2022年度のみ前年度比改善したものの、やはり全般燃費はがっつり右下がりです。初年度14㎞/ℓ台であった燃費が今や12㎞/ℓ台となってしまいました。経年劣化の現れかと。

季節要因を勘案するために、過去4年の推移とともに月別に示すと下図の通り。

2019年度燃費推移:青線
2020年度燃費推移:赤線(内カミナリ装着中:紫線)
2021年度燃費推移:緑線
2022年度燃費推移:橙線
2023年度燃費推移:濃青線



2023年度53回目(年度最終)、前回比小幅続落の12.065㎞/ℓ。
依然底打ちは足踏みです。

<ご参考:良い子はマネしないでね系>
下図は横軸に給油時の航続可能距離表示を、縦軸にその時点で満タン給油をした際の給油量をプロットした分布図です(今回の給油も航続可能距離0㎞にて行いましたので、そのデータも反映済み)。
赤線は、最小二乗法による回帰直線となり、想像通りの右下がり(傾きは-0.066)、Y切片は25.97ℓということで、航続可能距離0㎞表示時の平均的な給油量は25.97ℓと推測されます。
公称タンク容量は30ℓなので、4ℓ程度のバッファー含みで航続可能距離0㎞表示となるものと思われます。



<各種設定>(GSのスタッフさん曰く”やんちゃ”な設定)は以下の通り。
雨天時以外常時オープン走行withエアコンフル稼働
シフト(CVT):常時スポーツシフト
サブコン(PDX-D1):レベル7
スロコン(PIVOT 3-drive):スポーツモード(レベル7)
アイドリングストップ:未使用(スポーツシフトのため)
Posted at 2024/04/06 08:38:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2024年03月31日 イイね!

【コペン(LA400K)の航続可能距離が0㎞、メンタル鍛えてれば大丈夫(その34)】

【コペン(LA400K)の航続可能距離が0㎞、メンタル鍛えてれば大丈夫(その34)】<所見>燃料警告灯点灯後の走行距離をモニタリングしておけば、航続可能距離のゼロ表示は無視していて大丈夫(はい、個人の感想です)。

タイトル画像は横軸が走行距離、縦軸が航続可能距離をプロットしたものとなります。マイコペンの場合満タン給油後の航続可能距離表示は何故か毎回370㎞となります。その後10㎞走行すればその分航続可能距離表示も10㎞減少することが想定され、その場合赤線上にプロットされることになるはずです。

実際のところ航続距離200㎞程度までは赤線近傍にプロットされていますが、それ以降明らかに走行距離より航続可能距離の減少が大きくなり、赤線の下側にプロットが集中することになります。

緑線が今回満タン給油ラウンドのプロットになりますが、上記傾向が顕著に表れています。



航続可能距離の算出方法は以下の通り。
「現在の燃料残量と過去の燃費から航続可能距離を算出します。」(COPEN取扱説明書より原文のまま引用)
燃料残量4.5ℓで点灯するという燃料警告灯の説明ほどクリアではありません。

直近10回の燃料警告灯点灯時の平均航続可能距離は上表の通り、20.3㎞。
その時点での燃料残量は4.5ℓであるため、実際の航続可能距離は54㎞程度と思われるため平均34㎞程度のバッファーを含んでいる(過小表示をしている)ものと思われます。

以下の表は、その後航続可能距離がゼロとなった時点の走行距離を示しています。



警告灯点灯時から平均10.6㎞しか走行していませんが、航続可能距離は平均20.3㎞減少しました。燃料残量から推測すると平均44㎞程度のバッファー含み(過小表示をしている)と思われます。

その後セルフスタンドで満タン給油を行いましたが、下表の通り、警告灯点灯後の走行距離から推測する燃料残量は平均3.05ℓでしたが、セルフ満タン給油では平均26.31ℓの給油となりました。
オートストップのバッファーが平均0.64ℓ程度あるものと推測(つまりセルフ満タン給油時には30ℓではなく、29.36ℓでストップしているものと思われます)。

Posted at 2024/04/03 03:26:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2024年03月23日 イイね!

<2024年12回目の燃費計測結果>がっつり横這い、春はまだまだ先?

<2024年12回目の燃費計測結果>がっつり横這い、春はまだまだ先?走行距離 337.4㎞
航続可能   0㎞
給油量  26.36ℓ(ハイオク)
燃費  12.800㎞/ℓ

<前口上>
『過走行&各種パーツ装着済のマイコペン、不具合の予兆が燃費推移の変調に現れるのではという仮説に基づき燃費推移をフォローしています。燃費の改善を目的としているわけではありません。変動が激しいため直近10回の移動平均を赤線(フューエルワン投入後を紫線)で示し、トレンドをモニタリングしています。』

前回小幅下落の12.266㎞/ℓから小幅上昇。トレンドは横這い足踏みです。

季節要因を勘案するために、過去4年の推移とともに月別に示すと下図の通り。

2019年度燃費推移:青線
2020年度燃費推移:赤線(内カミナリ装着中:紫線)
2021年度燃費推移:緑線
2022年度燃費推移:橙線
2023年度燃費推移:濃青線



23年度52回目(恐らく年度最終)、前回比小幅低下の12.181㎞/ℓ。
底打ちは足踏みです。

<ご参考:良い子はマネしないでね系>
下図は横軸に給油時の航続可能距離表示を、縦軸にその時点で満タン給油をした際の給油量をプロットした分布図です(今回の給油も航続可能距離0㎞にて行いましたので、そのデータも反映済み)。
赤線は、最小二乗法による回帰直線となり、想像通りの右下がり(傾きは-0.066)、Y切片は25.97ℓということで、航続可能距離0㎞表示時の平均的な給油量は25.97ℓと推測されます。
公称タンク容量は30ℓなので、4ℓ程度のバッファー含みで航続可能距離0㎞表示となるものと思われます。



<各種設定>(GSのスタッフさん曰く”やんちゃ”な設定)は以下の通り。
雨天時以外常時オープン走行withエアコンフル稼働
シフト(CVT):常時スポーツシフト
サブコン(PDX-D1):レベル7
スロコン(PIVOT 3-drive):スポーツモード(レベル7)
アイドリングストップ:未使用(スポーツシフトのため)
Posted at 2024/03/28 16:20:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2024年03月23日 イイね!

【航続可能距離0㎞、メンタル鍛えてれば大丈夫】コペン(LA400K)の航続可能距離が0㎞(その33)

【航続可能距離0㎞、メンタル鍛えてれば大丈夫】コペン(LA400K)の航続可能距離が0㎞(その33)<所見>燃料警告灯点灯後の走行距離をモニタリングしておけば、航続可能距離のゼロ表示は無視していて大丈夫(はい、個人の感想です)。

タイトル画像は横軸が走行距離、縦軸が航続可能距離をプロットしたものとなります。マイコペンの場合満タン給油後の航続可能距離表示は何故か毎回370㎞となります。その後10㎞走行すればその分航続可能距離表示も10㎞減少することが想定され、その場合赤線上にプロットされることになるはずです。

実際のところ航続距離200㎞程度までは赤線近傍にプロットされていますが、それ以降明らかに走行距離より航続可能距離の減少が大きくなり、赤線の下側にプロットが集中することになります。

緑線が今回満タン給油ラウンドのプロットになりますが、上記傾向が顕著に表れています。



航続可能距離の算出方法は以下の通り。
「現在の燃料残量と過去の燃費から航続可能距離を算出します。」(COPEN取扱説明書より原文のまま引用)
燃料残量4.5ℓで点灯するという燃料警告灯の説明ほどクリアではありません。

直近10回の燃料警告灯点灯時の平均航続可能距離は上表の通り、19.1㎞。
その時点での燃料残量は4.5ℓであるため、実際の航続可能距離は55㎞程度と思われるため平均36㎞程度のバッファーを含んでいる(過小表示をしている)ものと思われます。

以下の表は、その後航続可能距離がゼロとなった時点の走行距離を示しています。



警告灯点灯時から平均9.1㎞しか走行していませんが、航続可能距離は平均19.1㎞減少しました。燃料残量から推測すると平均46㎞程度のバッファー含み(過小表示をしている)と思われます。

その後セルフスタンドで満タン給油を行いましたが、下表の通り、警告灯点灯後の走行距離から推測する燃料残量は平均3.16ℓでしたが、セルフ満タン給油では平均26.30ℓの給油となりました。
オートストップのバッファーが平均0.55ℓ程度あるものと推測(つまりセルフ満タン給油時には30ℓではなく、29.45ℓでストップしているものと思われます)。

Posted at 2024/03/27 04:18:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2024年03月16日 イイね!

<2024年11回目の燃費計測結果>底入れ足踏み、春はまだ先?

<2024年11回目の燃費計測結果>底入れ足踏み、春はまだ先?走行距離 321.0㎞
航続可能   0㎞
給油量  26.17ℓ(ハイオク)
燃費  12.266㎞/ℓ

<前口上>
『過走行&各種パーツ装着済のマイコペン、不具合の予兆が燃費推移の変調に現れるのではという仮説に基づき燃費推移をフォローしています。燃費の改善を目的としているわけではありません。変動が激しいため直近10回の移動平均を赤線(フューエルワン投入後を紫線)で示し、トレンドをモニタリングしています。』

前回改善の12.643㎞/ℓから小幅下落。改善トレンドも足踏みです。

季節要因を勘案するために、過去4年の推移とともに月別に示すと下図の通り。

2019年度燃費推移:青線
2020年度燃費推移:赤線(内カミナリ装着中:紫線)
2021年度燃費推移:緑線
2022年度燃費推移:橙線
2023年度燃費推移:濃青線



23年度51回目、前回比小幅低下の12.203㎞/ℓ。
底打ちは足踏みです。

<ご参考:良い子はマネしないでね系>
下図は横軸に給油時の航続可能距離表示を、縦軸にその時点で満タン給油をした際の給油量をプロットした分布図です(今回の給油も航続可能距離0㎞にて行いましたので、そのデータも反映済み)。
赤線は、最小二乗法による回帰直線となり、想像通りの右下がり(傾きは-0.066)、Y切片は25.97ℓということで、航続可能距離0㎞表示時の平均的な給油量は25.97ℓと推測されます。
公称タンク容量は30ℓなので、4ℓ程度のバッファー含みで航続可能距離0㎞表示となるものと思われます。



<各種設定>(GSのスタッフさん曰く”やんちゃ”な設定)は以下の通り。
雨天時以外常時オープン走行withエアコンフル稼働
シフト(CVT):常時スポーツシフト
サブコン(PDX-D1):レベル7
スロコン(PIVOT 3-drive):スポーツモード(レベル7)
アイドリングストップ:未使用(スポーツシフトのため)
Posted at 2024/03/17 13:43:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「[整備] #コペン <4月の半減期は約21日でした>ファブリーズ アクアスカッシュの香り/置き型(その21) https://minkara.carview.co.jp/userid/3178820/car/2829586/7755810/note.aspx
何シテル?   04/17 04:15
CSDJPです。よろしくお願いします。 2018年11月よりオレンジコペンに乗り始めました。2,000km/月のペースで都心を走っています。 コペン...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2024/3 >>

      12
3456789
101112131415 16
171819202122 23
24252627282930
31      

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

ダイハツ 純正オプション アルミスカッフプレート 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2024/04/13 03:31:53
LAILE / Beatrush フロアーパネル 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2024/04/04 03:25:01
AUTOBACS SHC-06 自動開閉ワイヤレス充電スマートフォンホルダー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2024/03/19 08:50:49

愛車一覧

ダイハツ コペン ダイハツ コペン
オープン2シーターの魅力(魔力)に絶賛どハマり中のまま、6度目の春を迎えています。身近の ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
© LY Corporation