• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Sekiaiのブログ一覧

2016年10月27日 イイね!

ポルシェ・ボクスタースパイダーの試乗インプレ(レビュー記事用)

ポルシェ・ボクスタースパイダーの試乗インプレ(レビュー記事用)新型ボクスタースパイダー(6気筒エンジン)に試乗させていただきました。
本当に嬉しいです!どうもありがとうございます。(゜▽゜)



納車直後に助手席には乗らせていただいたことがあったんですが、
その時と印象は変わらずやはり素晴らしい車でした。
お世辞抜きに、これは名車だと私は思います!

オープンカーは車体剛性が劣る場合が多いと思いますが、
ボクスタースパイダーには当てはまりません。
車体全体がもの凄くガッチリしていて、
私が乗った数々の車の中でぶっちぎりトップの剛性感があります。

日本のワインディングに丁度良い車体のサイズ感もいいですね。
ブレーキも素晴らしくて、普通の車の2倍ぐらい効くので
カックンとならないように踏力の入れ方に慣れが必要ですね。

固められたスポーツサスペンションを持ちますが、
ガッチリして塊感のある車体剛性にピッタリ合うようにチューニングされているため、
乗り心地は決して不快ではありません。
スポーツカー好きなら気持の良い乗車フィーリングだと思います。



ボクスタースパイダーの美点は車重の軽さもあります。
911カレラSと同じ375psの3.8リッター水平対向6気筒エンジンを積みながら
1315kgと言う、ボクスターでは最軽量・最大パワーを誇るフラッグシップモデルなので、
全開にするとかなりの俊足を見せます。

軽量であることの恩恵はコーナーでもハッキリ感じられます。
ハンドルの動きとノーズの入り方にタイムラグは無く、
ミッドシップの前後重量バランスも素晴らしく、
良くチューニングされたジオメトリによりリアが自然にステアして、
ワインディングでは非常に軽快な運動性を存分に楽しむことが出来ます。
それは乗っていて本当に楽しくていつまでも走っていたくなります。(゜▽゜)

重い屋根が無く低重心でワイドな車体はロールもほとんど感じさせず、
車体の姿勢は常に超フラットフィーリングですし、
ガッチリ路面を捉え続けてくれるタイヤと足回りは、
ハンドルやシートからタイヤの豊富な接地感が伝わって来て、
車全体が物凄く高いレベルの基本性能を持っていることが良く判ります。

ニュルブルクリンクで徹底的に鍛えられて開発されているだけのことはありますね。
公道でこの車の限界を見るのは一般人では無理じゃないかとさえ思います。



緻密に回るポルシェ・フラット6の心地良いエンジンサウンドと共に、
高回転でもりもりパワーが出てくる自然吸気のスポーツエンジンですが、
わずか1000rpm(5速で40km/h!)でもぐずること無く
巡航可能なことにビックリしました。(^ω^)
超フレキシブルなエンジン特性です。
これなら普段の街乗りや長距離ドライブも難なくこなせますね。

この車の完成度は物凄く高いため欠点を探すのはかなり難しく、
しいて言えば、シートポジションが完全に体育会系のそれで、
背筋がピンと垂直に立ったものなので、リラックスして流す時に
シートバックの角度調整機構が欲しいことぐらいかな?(^-^;)

6気筒のボクスターはこのモデルで残念ながら最後になりました。
フラッグシップなので価格設定は1012万円と大台を超えてますが、
性能を考えるとむしろ安いのかもしれませんね。o(^-^)o

GoProビデオを撮りましたが、例によってスピードを出しているシーンは
全カットしましたのでご了承ください。(^-^;)
https://www.youtube.com/watch?v=L_Q-8Z-W9zs

全開サウンドなどはこちらの動画を参考にしてください。
https://www.youtube.com/watch?v=R_Bmi-2Yk20
Posted at 2016/11/25 13:03:51 | コメント(0) | 車全般の話題 | クルマレビュー
2016年10月27日 イイね!

ポルシェ・ボクスタースパイダーの試乗インプレ(^ω^)

らみいさんが家にいらっしゃったので、
新型ボクスタースパイダー(6気筒エンジン)に試乗させていただきました。
本当に嬉しいです!どうもありがとうございます。(゜▽゜)



納車直後に助手席には乗らせていただいたことがあったんですが、
その時と印象は変わらずやはり素晴らしい車でした。
お世辞抜きに、これは名車だと私は思います!

オープンカーは車体剛性が劣る場合が多いと思いますが、
ボクスタースパイダーには当てはまりません。
車体全体がもの凄くガッチリしていて、
私が乗った数々の車の中でぶっちぎりトップの剛性感があります。

日本のワインディングに丁度良い車体のサイズ感もいいですね。
ブレーキも素晴らしくて、普通の車の2倍ぐらい効くので
カックンとならないように踏力の入れ方に慣れが必要ですね。

固められたスポーツサスペンションを持ちますが、
ガッチリして塊感のある車体剛性にピッタリ合うようにチューニングされているため、
乗り心地は決して不快ではありません。
スポーツカー好きなら気持の良い乗車フィーリングだと思います。



ボクスタースパイダーの美点は車重の軽さもあります。
911カレラSと同じ375psの3.8リッター水平対向6気筒エンジンを積みながら
1315kgと言う、ボクスターでは最軽量・最大パワーを誇るフラッグシップモデルなので、
全開にするとかなりの俊足を見せます。

軽量であることの恩恵はコーナーでもハッキリ感じられます。
ハンドルの動きとノーズの入り方にタイムラグは無く、
ミッドシップの前後重量バランスも素晴らしく、
良くチューニングされたジオメトリによりリアが自然にステアして、
ワインディングでは非常に軽快な運動性を存分に楽しむことが出来ます。
それは乗っていて本当に楽しくていつまでも走っていたくなります。(゜▽゜)

重い屋根が無く低重心でワイドな車体はロールもほとんど感じさせず、
車体の姿勢は常に超フラットフィーリングですし、
ガッチリ路面を捉え続けてくれるタイヤと足回りは、
ハンドルやシートからタイヤの豊富な接地感が伝わって来て、
車全体が物凄く高いレベルの基本性能を持っていることが良く判ります。

ニュルブルクリンクで徹底的に鍛えられて開発されているだけのことはありますね。
公道でこの車の限界を見るのは一般人では無理じゃないかとさえ思います。



緻密に回るポルシェ・フラット6の心地良いエンジンサウンドと共に、
高回転でもりもりパワーが出てくる自然吸気のスポーツエンジンですが、
わずか1000rpm(5速で40km/h!)でもぐずること無く
巡航可能なことにビックリしました。(^ω^)
超フレキシブルなエンジン特性です。
これなら普段の街乗りや長距離ドライブも難なくこなせますね。

この車の完成度は物凄く高いため欠点を探すのはかなり難しく、
しいて言えば、シートポジションが完全に体育会系のそれで、
背筋がピンと垂直に立ったものなので、リラックスして流す時に
シートバックの角度調整機構が欲しいことぐらいかな?(^-^;)

6気筒のボクスターはこのモデルで残念ながら最後になりました。
フラッグシップなので価格設定は1012万円と大台を超えてますが、
性能を考えるとむしろ安いのかもしれませんね。o(^-^)o

GoProビデオを撮りましたが、例によってスピードを出しているシーンは
全カットしましたのでご了承ください。(^-^;)


全開サウンドなどはこちらの動画を参考にしてください。
https://www.youtube.com/watch?v=R_Bmi-2Yk20
Posted at 2016/10/27 20:50:56 | コメント(3) | トラックバック(0) | インプレ(レビュー) | クルマ
2016年10月24日 イイね!

KTM 200 EXC初ツーリング[北富士演習場]

北富士演習場は富士山のすそのにあり、自衛隊が訓練のため使う広大な演習場です。
昔から中をバイクで走れるとは噂に聞いていましたが、
調べると日曜祭日は立入日として一般開放されているらしいです。
http://www.vill.oshino.lg.jp/calendar/cal-kitafuji/
そこで、KTM 200 EXCで行ってみることにしました。



行ってみると検問も無く普通に入れました。
日本とは思えないほど広大なフラットダートが楽しめますし、
雄大な富士山の景色も大変良いですね。
一日では全部回りきれないほど広いです。

ただ、どこまで行っても整地された砂利道の直線ですし、
コーナーを攻めて遊ぶような感じでもないので、
のんびりツーリングするのが良いと思います。(^ω^)
ラリー仕様の車なんかだと楽しめるかも。



森の中に行けばバイクで遊べるエリアもあるのかもしれませんが、
樹海の雰囲気満点ですし、(^-^;)
怪我などで動けなくなった時に危ないので入りませんでした。



演習場は地図が無いのでグーグルマップの衛星写真を印刷して持っていきました。
非常に広大なエリアなので、迷うと出口を見つけるのに大変苦労します。
曇ってきて富士山が見えなくなって方向が分からなくなるし、
同じ景色が続くので帰れないんじゃないかとハラハラしました。
iPhoneが使えたので、GPSで現在位置を確認して出口をやっと見つけました。
結構アドベンチャー気分が味わえます。(^-^;)


(下の写真は交差法で見ると立体的に見えます。)


KTM 200 EXCは結構長距離も走れることが分かりました。(^ω^)
燃費は一度も測ったことがなかったんですが、2ストのレーサーですし
昔所有していたYZ250と同じぐらい(10km/L程度)だろうと思っていました。

ところが、途中のスタンドで燃費を計算したら29km/Lと出てビックリ仰天!( ゚д゚)
道志みちは山中湖までずっとゆるい上りが続きますし、
空気圧も0.6キロにセットしてきたので条件はかなり悪いはずで、
こりゃどう考えても間違えたと思って3回も計算し直したほど・・・。
そう言えばこれだけ走ってきて、2Lぐらいしか減ってないので
計算間違いではないようです。(笑)

昔のモトクロッサーはガソリン垂れ流しでパワーを出していましたが、
今は低燃費性能も考えてあるんでしょうね。
たしかにエンデューロレースでは、
給油回数が減れば順位が確実に上がりますからね。

ただ、この燃費については
以前私がキャブセッティングを全部やり直した影響は大きいと思います。
ノーマルの濃すぎるセッティングのままだと、もっとずっと燃費が悪いはずです。
https://minkara.carview.co.jp/userid/687338/blog/35344519/

9.5Lのタンク容量なので丁寧に走れば275km走れる計算で、
無給油でかなりの距離を走れますが、
ツーリングモデルじゃないので人間のほうが持ちません。
シート幅が狭いので尻が痛いし振動も大きめなので、
3時間以上乗るのは勘弁という感じですね・・・。(^-^;)

GoProビデオはこちら
Posted at 2016/10/24 15:31:31 | コメント(6) | トラックバック(0) | バイク | 趣味
2016年10月19日 イイね!

BMW i8に試乗してきました(レビュー記事用)

BMW i8に試乗してきました(レビュー記事用)こんな車に乗れる機会はなかなか無いですよね。(゜▽゜)
外観はまさにスーパーカー、凝った造形が非常にかっこいいです。



スペック
直列3気筒1500ccターボ+モーター 合計362ps、トルク570Nm 重量1500kg 1966万円



カーボン製のバタフライドアを上に跳ね上げ運転席に乗り込みますが、
上にあるドアに頭をぶつけないように中腰のまま上体を反らしながら乗り込む必要があり、
シートに座るのに少々苦労します。(^-^;)

コックピットのデザインもモーターショーのコンセプトカーを
そのまま市販したみたいに大変未来的です。(^ω^)
液晶画面に表示されるメーターのデザインはかなりあっさりめ。



プラグインハイブリッドなので、
システムをONにしてもエンジンがかかるわけではなく、
Dレンジに入れてもなにも起きません。
そのままアクセルを踏むと、音も無くスルスルと車は動き出します。

モーター走行は非常に滑らかで上質です。
以前所有していたプリウスよりも滑らかですね。
まあ、2千万円の車ですから当たり前か・・・(^-^;)

外観はスーパーカーの形ですが、
視界は良く後方視界もちゃんと確保されていて
2+2の4人乗りということもあり実用に使うのに何の問題もありません。



ハンドル操作は大変軽くて、まるでコンパクトカーのよう。
スポーツカーだと思って乗ると、
ハンドルの軽さに違和感を覚える人が多いと思います。

無音で滑るように走る走行フィーリングはトヨタ・プリウスに驚くほど良く似ていて、
操作に気を使うこともなく誰でも簡単に運転出来ます。
そのせいで運転しているとスーパーカーみたいな外観の派手さは
すっかり忘れてしまいますね。

あと、この車はタイヤの接地感があまりありません。
ハンドル操作が軽すぎるせいもあると思いますが、
フロントに195と言うこの手の車としてはかなり細めのタイヤを履いていますし、
エンジンはリアにありますから、フロント荷重はもともと少ないのでしょうね。

直進時には常に細かい修正舵が必要で、直進性はあまり良くありません。
これは私が所有していたプリウスG'sのトーアウトの挙動に良く似ていますので、
おそらく2mmぐらいトーアウトのセッティングになっている可能性が高いです。
もしかしたら直進性よりも回頭性を重視しているのかもしれません。
接地感が少ないのはそのせいもあるのかも?
ただ、これは個体差によるものかもしれません。

街乗りのアクセル開度では、ほとんどEV走行なので無音のまま走ります。
半分ぐらいアクセルを開けると3気筒1500ccのエンジンが始動し、
合成されたクオーンと言う6気筒っぽいエンジン音が内外のスピーカーから流れます。

パワーはエンジン+モーターの合計362psありますから、
アクセルをガバッと踏み込むと結構速いです。(ただし満充電ならば)
1500ccの車だと思って踏むと、その速さにちょっと驚きます。

もちろんスポーツカーとして必要十分なパワーを持っていますが、
フル加速中も特に刺激があるわけではないので、
どこか気持ちは冷めてしまっている自分がいるのも事実で、
スポーツエンジンを積むハイパワー車の全開加速のような
「うひょー楽しいぃー!」という感情は生まれませんでした。



どうやらヨーロッパでは、
あと10~15年で内燃機関の車はすべて販売禁止になるらしいので、
近い将来スポーツカーもこういう車ばかりになっていくのでしょう。
ちょっと寂しい感じがしますね・・・。(^-^;)
http://jp.autoblog.com/2016/10/11/germany-ban-internal-combustion-engine-2030/

http://gigazine.net/news/20160424-netherlands-ban-non-electric-vehicles-2025/


BMW i8は派手なスポーツカーの外観を持ちますが、
中身は免許取りたての女性でも気軽に乗れる
プリウスのようなハイブリッド車となっています。
これは人によって利点でもあり、欠点でもあるでしょう。

飛ばして楽しい車ではないですが、外観と値段はスーパーカーなので、
どういう層に向けて開発した車なのかちょっと疑問が残りますね。
ショー用のコンセプトカーを、そのまま市販したらこうなったという感じ?

ポルシェ・ボクスターなどは、乗り込んだら
すぐにでも峠に行きたくなるようなワクワク感が芽生えますが、
i8の場合はそういう気持ちには最後までなれませんでした。
きっと、ビル街をEVでオシャレに流すのが似合う車なんでしょうね。

参考ムービー
https://www.youtube.com/watch?v=GjPbWHZy8gc#t=990.303561
Posted at 2016/11/26 08:23:28 | コメント(0) | 車全般の話題 | クルマレビュー
2016年10月19日 イイね!

BMW i8に試乗したのでインプレ

こんな車に乗れる機会はなかなか無いですよね。(゜▽゜)
外観はまさにスーパーカー、凝った造形が非常にかっこいいです。



スペック
直列3気筒1500ccターボ+モーター 合計362ps、トルク570Nm 重量1500kg 1966万円



カーボン製のバタフライドアを上に跳ね上げ運転席に乗り込みますが、
上にあるドアに頭をぶつけないように中腰のまま上体を反らしながら乗り込む必要があり、
シートに座るのに少々苦労します。(^-^;)

コックピットのデザインもモーターショーのコンセプトカーを
そのまま市販したみたいに大変未来的です。(^ω^)
液晶画面に表示されるメーターのデザインはかなりあっさりめ。



プラグインハイブリッドなので、
システムをONにしてもエンジンがかかるわけではなく、
Dレンジに入れてもなにも起きません。
そのままアクセルを踏むと、音も無くスルスルと車は動き出します。

モーター走行は非常に滑らかで上質です。
以前所有していたプリウスよりも滑らかですね。
まあ、2千万円の車ですから当たり前か・・・(^-^;)

外観はスーパーカーの形ですが、
視界は良く後方視界もちゃんと確保されていて
2+2の4人乗りということもあり実用に使うのに何の問題もありません。



ハンドル操作は大変軽くて、まるでコンパクトカーのよう。
スポーツカーだと思って乗ると、
ハンドルの軽さに違和感を覚える人が多いと思います。

無音で滑るように走る走行フィーリングはトヨタ・プリウスに驚くほど良く似ていて、
操作に気を使うこともなく誰でも簡単に運転出来ます。
そのせいで運転しているとスーパーカーみたいな外観の派手さは
すっかり忘れてしまいますね。

あと、この車はタイヤの接地感があまりありません。
ハンドル操作が軽すぎるせいもあると思いますが、
フロントに195と言うこの手の車としてはかなり細めのタイヤを履いていますし、
エンジンはリアにありますから、フロント荷重はもともと少ないのでしょうね。

直進時には常に細かい修正舵が必要で、直進性はあまり良くありません。
これは私が所有していたプリウスG'sのトーアウトの挙動に良く似ていますので、
おそらく2mmぐらいトーアウトのセッティングになっている可能性が高いです。
もしかしたら直進性よりも回頭性を重視しているのかもしれません。
接地感が少ないのはそのせいもあるのかも?
ただ、これは個体差によるものかもしれません。

街乗りのアクセル開度では、ほとんどEV走行なので無音のまま走ります。
半分ぐらいアクセルを開けると3気筒1500ccのエンジンが始動し、
合成されたクオーンと言う6気筒っぽいエンジン音が内外のスピーカーから流れます。

パワーはエンジン+モーターの合計362psありますから、
アクセルをガバッと踏み込むと結構速いです。(ただし満充電ならば)
1500ccの車だと思って踏むと、その速さにちょっと驚きます。

もちろんスポーツカーとして必要十分なパワーを持っていますが、
フル加速中も特に刺激があるわけではないので、
どこか気持ちは冷めてしまっている自分がいるのも事実で、
スポーツエンジンを積むハイパワー車の全開加速のような
「うひょー楽しいぃー!」という感情は生まれませんでした。



どうやらヨーロッパでは、
あと10~15年で内燃機関の車はすべて販売禁止になるらしいので、
近い将来スポーツカーもこういう車ばかりになっていくのでしょう。
ちょっと寂しい感じがしますね・・・。(^-^;)
http://jp.autoblog.com/2016/10/11/germany-ban-internal-combustion-engine-2030/

http://gigazine.net/news/20160424-netherlands-ban-non-electric-vehicles-2025/


BMW i8は派手なスポーツカーの外観を持ちますが、
中身は免許取りたての女性でも気軽に乗れる
プリウスのようなハイブリッド車となっています。
これは人によって利点でもあり、欠点でもあるでしょう。

飛ばして楽しい車ではないですが、外観と値段はスーパーカーなので、
どういう層に向けて開発した車なのかちょっと疑問が残りますね。
ショー用のコンセプトカーを、そのまま市販したらこうなったという感じ?

ポルシェ・ボクスターなどは、乗り込んだら
すぐにでも峠に行きたくなるようなワクワク感が芽生えますが、
i8の場合はそういう気持ちには最後までなれませんでした。
きっと、ビル街をEVでオシャレに流すのが似合う車なんでしょうね。

参考ムービー
https://www.youtube.com/watch?v=GjPbWHZy8gc#t=990.303561
Posted at 2016/10/19 08:09:32 | コメント(6) | トラックバック(0) | インプレ(レビュー) | クルマ

プロフィール

「モトクロスタイヤ X30に交換するも、激しく後悔する・・・ http://cvw.jp/b/687338/42281348/
何シテル?   12/10 09:47
レース用カーボン加工屋です。モーターショーのコンセプトカーを作る仕事をしていたこともあります。ワインディングまで家から5分の距離なので、スーパーセブンやNSR2...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/10 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

シートカバー選び!🤭 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/17 08:10:34
Sekiaiさんのケータハム スーパーセブン 1700BDR 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/22 10:45:21
Sekiaiさんのホンダ NSR250R 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/22 10:39:33

ファン

214 人のファンがいます

愛車一覧

ケータハム スーパーセブン 1700BDR ケータハム スーパーセブン 1700BDR
コスワースBDRエンジン搭載モデルです。公道を走れるフォーミュラーカー。91年式の古い車 ...
シボレー コルベット クーペ シボレー コルベット クーペ
C7コルベットは、このクラスでトップレベルのコーナーリングマシンです。 昔のコルベットは ...
ホンダ NSR250R ホンダ NSR250R
懐かしい2ストレプリカですが、バブル期の膨大な開発費をかけた完成度と戦闘力には驚くばかり ...
KTM 200EXC KTM 200EXC
KTMの200ccエンデューロレーサー。オフロードコースではフルサイズのレーサーを追いか ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.