• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Sekiaiのブログ一覧

2015年08月17日 イイね!

プリウス空力実験その2

プリウス空力実験その2別ブログに、自作の空力デバイスによる
高速道路での実験(その2)を載せましたので、
興味のある方は是非ご覧ください。(^ω^)
http://sekiai.blogspot.jp/2015/08/blog-post_17.html
Posted at 2015/08/17 19:52:42 | コメント(7) | トラックバック(0) | プリウスG's | クルマ
2015年05月07日 イイね!

簡単に愛車の空力を改善する方法

簡単に愛車の空力を改善する方法空力デバイスを色々自作して高速道路でテストしたところ、
非常に興味深い結果が得られました!(^ω^)

知恵ノートにレポートをまとめてありますので、是非ご覧ください。
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n344053

空力実験その2はこちら
http://sekiai.blogspot.jp/2015/08/blog-post_17.html
Posted at 2015/05/07 19:39:21 | コメント(7) | トラックバック(2) | プリウスG's | クルマ
2015年01月06日 イイね!

プリウスでリッター30kmを超える運転方法に説明図を追加

プリウスでリッター30kmを超える運転方法に説明図を追加私はYahoo!知恵袋に、
「プリウスで燃費リッター30kmを超える運転方法」と言う記事を書いていますが、
分かりやすい説明図を載せておきましたのでご覧ください。(^ω^)
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n150311
Posted at 2015/01/06 09:30:04 | コメント(4) | トラックバック(0) | プリウスG's | 日記
2014年08月21日 イイね!

プリウスのトーインを調整してみました(^ω^)

通常のプリウス標準のトーイン値は2mmなんですが、
プリウスG'sはトーアウトなので高速道路の直進安定性がいまいちなのです。
G'sだけトーアウトに設定されているのは、スポーツタイプとしての
運動性向上のためなのかもしれませんが詳細は不明です。



私は年に数回、帰省のため高速道路での10時間以上のドライブをするので、
直進安定性は非常に重要なんです。
車線をキープするのに気を使うハンドリングだと疲れますからね。(^-^;)


そこで、トーインを自分で調整し直すことにしました。
私のプリウスG'sのトーインを測ってみたところ、2mmのトーアウトが付いていました。

トーインの測定方法は、インテルさんの整備手帳のページを参考にしました。
インテルさん情報有り難うございます。o(^-^)o
https://minkara.carview.co.jp/userid/757612/car/748037/1428010/note.aspx


トーインはハンドルをいっぱいに切ればモンキーレンチ一本で簡単に調整できます。
人目を気にしなければ、コンビニの駐車場でも調整出来ますよ。(笑)
(慣れればハンドルを切らなくてもできます)
ちなみに左右のタイロッドを1/4回転させると、トーインが1mm変わるようです。



1/6回転単位でトーインを設定して何度もテスト走行を繰り返し、
ハンドリングと燃費や走行ノイズを考慮すると、
自分的にはトーイン1mmが一番走行フィーリングが良いと感じました。
今度は直進性もハンドリングもバッチリで、
高速道路100km/hでの車線キープも指一本で楽々ですよ。(^ω^)



スーパーセブンも自分でトーイン調整していますが、色々試した結果
トーインによるハンドリングの影響は大体以下のようになるようです。
-------------------------------------------------
*過大なトーイン
  ハンドルが重くなり、ニュートラル付近の不感帯が非常に大きくなる。
  路面の轍に取られやすく直進性不安定。走行抵抗は非常に大きい。
  タイヤの外側から内側へ向かってササクレが発生する。

*適度なトーイン
  素直でハンドルの戻りも良く、シットリ感があって大変運転しやすい。
  直進性は非常に良好で、高速道路の車線キープもラクラクである。
  轍に取られることもなく、ハンドリングは弱アンダーで長時間でも疲労しにくい。

*トーイン0mm
  ハンドルが軽くなり、操舵感がかなり敏感になる。
  戻りがやや悪くなり、ニュートラル付近の不感帯がほとんど無くなる。
  ロードノイズが減少し、走行抵抗が最小になりどこまでも転がるようになる。
  (プリウスの低燃費記録には最高のセッティングか?)
 
*少しトーアウト
  ニュートラル付近の不感帯は0mm設定に比べると少しあるが、
  コーナーリング初期の反応が多少早くなる。
  直進性はやや悪くなり、高速道路100km/hでの車線キープに気を使う必要がある。
  公道走行でメリットはあまり感じない。(スポーツ走行用のセッティングか?)

*過大なトーアウト
  直進時でも非常にフラフラした不快感のあるハンドリングになる。
  ハンドルが激しく轍に取られる。走行抵抗は非常に大きい。
  タイヤの内側から外側へ向かってササクレが発生する。
-------------------------------------------------



トーイン測定はタイヤ左右の縦溝の距離をメジャーなどで測るだけなので、
簡単ですから一度やってみることをお勧めします。
ちょっといじるだけでハンドリングがかなり変わります。

プリウスの燃費を重視する方なら、
トーイン0度設定を一回試してみる価値があると思います。
走行抵抗が減って凄く転がるようになりますよ。
ややハンドルが敏感になりますが、走行安定性にも特に問題はないです。
ロッドに印をつけておいて気に入らなければ元の位置に戻せばOKです。

-------------------------------------------------
追記

トーイン調整の方法



もしプリウス標準設定のトーイン2mmになっていると仮定すると、
左右のロッドを半回転ずつ短くするとトーイン0mmになるはずです。

調整し終わったら、元通りロックナットをしっかり締めて固定してください。

20度ぐらいゆるゆる動くのはタイロッドエンド内のボールジョイントの遊びなので、
どの位置でも問題はないですが、真ん中(10度)ぐらいに合わせておくといいでしょう。


正確なトーインの測定手順はこちらをご覧ください。
http://4.bp.blogspot.com/-y3KTkYMB3gk/VE2uxxNfPXI/AAAAAAAAHUI/-g-rtcFaNq4/s1600/unnamed.jpg
Posted at 2014/08/21 19:06:46 | コメント(8) | トラックバック(0) | プリウスG's | クルマ
2014年08月14日 イイね!

理想的な完全平坦地での燃費走行実験

理想的な条件でプリウスがどの位の燃費で走るのか実験してみました。
場所は非常に広い港の岸壁。完全平坦路で他に走っている車はありませんでした。



40キロまでエンジン加速して、20キロになるまでニュートラルで滑空すると言う走行を
何度も往復して検証したところ、メーター読みでリッター65~70キロの走行が可能であることが分かりました。

普通の道路でこのような走り方は迷惑になるのでとても出来ませんが、
あらためてプリウスって凄い車だなぁーと思います。(^ω^)
クローズドコースの燃費競技であれば参考になるかも?
Posted at 2014/08/14 18:15:02 | コメント(5) | トラックバック(0) | プリウスG's | クルマ

プロフィール

「モトクロスタイヤ X30に交換するも、激しく後悔する・・・ http://cvw.jp/b/687338/42281348/
何シテル?   12/10 09:47
レース用カーボン加工屋です。モーターショーのコンセプトカーを作る仕事をしていたこともあります。ワインディングまで家から5分の距離なので、スーパーセブンやNSR2...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

シートカバー選び!🤭 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/17 08:10:34
Sekiaiさんのケータハム スーパーセブン 1700BDR 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/22 10:45:21
Sekiaiさんのホンダ NSR250R 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/22 10:39:33

ファン

214 人のファンがいます

愛車一覧

ケータハム スーパーセブン 1700BDR ケータハム スーパーセブン 1700BDR
コスワースBDRエンジン搭載モデルです。公道を走れるフォーミュラーカー。91年式の古い車 ...
シボレー コルベット クーペ シボレー コルベット クーペ
C7コルベットは、このクラスでトップレベルのコーナーリングマシンです。 昔のコルベットは ...
ホンダ NSR250R ホンダ NSR250R
懐かしい2ストレプリカですが、バブル期の膨大な開発費をかけた完成度と戦闘力には驚くばかり ...
KTM 200EXC KTM 200EXC
KTMの200ccエンデューロレーサー。オフロードコースではフルサイズのレーサーを追いか ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.