• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

S4s (AL-5ホワイト)のブログ一覧

2018年08月03日 イイね!

エアコン取り付けの準備

有る方から、エアコンを取り付けするならその過程を実況する様に!、との依頼が有りまして・・・・

今朝から開かずの窓を持つ臨家に、電気屋が何かの工事に来ていました。
この暑いのに、窓も開けたのをみたこと無い、暑さに強い方だと感心していました処、やはりこの猛暑には根を上げた様子。

果樹に水をやりに出ましたら、朝から窓が全開しています。
不思議な事もある物だと、良く見たら昨日と同じ電気屋の車が有りました。

ははぁ~ん!成程!昨日はエアコン取り付けの下見と機種選定の為に規定居て、今日は工事に来たのだと、ピンと来ました(笑)

午前8時から工事しています。
其れに触発され(対抗心を燃やし)て、私も負けずに日陰部分だし穴あけ個所の位置出しをやりました。

室内の取り付けスペースは、決めて有ります。
無線機を設置している側の壁で、窓の上に設置するのですが、内壁や胴縁は殆ど影響は無いのですが、外壁は鉄骨作りの胴縁を避けないと、穴を空けることが出来ませんから、外壁の固定位置から胴縁の位置を探りそれを避ける位置を探り、構造物に影響を与えない位置を決めてマークを入れました。

位置出し方法は、中古品なので取り付け説明書や型紙等は有りませんから、現物合わせで行うのですが、室内機の取り付けベース板を利用して、室内の位置から割り出した外壁に取り付けベース板をガムテープで張り付けて置いて微調整しました。

穴開け位置が決まれば、取り付けが完了したのも同然と、ここで本日の作業は終わりにします。

何故か!・・・・・・・・暑いから・・・・・・

窓枠から位置を割り出しました。
上の矢マーク先が、配管用の穴のセンターです。







室内の位置です。



此れで穴開けをするのですが、ホールソーの刃を何処に仕舞ったのか、記憶をたどっていますのと、
リモコンを持って来た記憶が無いので、少し離れた商業用地の倉庫へ探しに行かないと成りません。

室外機は、屋根からつり下げして配管距離を短くして効率化をUP、メンテナンス用のべランダ床面に物を置く事を避ける心算で計画中。
その材料も、倉庫に揃っているはずですから、、明日にでも行って来る予定です。

臨家のエアコン取り付け工事ですが、午前中一杯掛かってました。
普通プロは、半分位の時間でやらないと、合わないはずなんだけれど、売り上げ利益も有るから良いのか?(町の電気屋さん)


Posted at 2018/08/03 14:41:16 | コメント(2) | トラックバック(0) | 設備のメンテナンス | 日記
2018年06月28日 イイね!

暑さ対策で、汗をかいた。

階下の作業場にレオーネが居座っているので、他の作業場にしていた元のレオーネの車庫を、暑さ対策しました。

ポリカネート屋根は、まともに紫外線を通すので、暑くて日焼けもします。
そこで、使用していないブルーシートを被せて重しを置いたので、被災した住宅の屋根みたいになりましたが、この下では快適に趣味が出来そうです。

ブルーシートの4面端を、垂木で巻き付けて重しを置いたので、多分少しの風なら持ち堪えてくれると思う・・・・・・・



元のレオーネ置き場は薄暗く成りましたが、日焼けせずに済みそうだし何よりも涼しい風が入り快適です。(奥の右が空けて有るので、風が僅かですが通ります)
日陰から吹いて来る風は、涼しくて気持ちが良い。



今日は、曇っている割には、暑いです。(28度)

食欲が湧かないし、石運びで汗をかいたのでビールにしようかと思ったが、スイカを腹いっぱい食べて飯の代わり!(爆)

我が家のアントシアニン供給元を見たら、ブルーベリーの完熟がいっぱい有りました。
昨日は雨だったのに、関係なく熟します。



隣に植わっているブラックベリーは、どんどん花と実を増やしている。
如何したんだお前は、と声を掛けたく成るほど勢いが凄い!
昨年は、3個しか実を付けなかったのに、今年はゆうに100個は確実!
植物と話が出来たら良いな、と、想うこの頃でした。
Posted at 2018/06/28 16:40:31 | コメント(1) | トラックバック(0) | 設備のメンテナンス | 趣味
2018年01月18日 イイね!

故障(蛍光灯ランプが不点灯)

我が家では、屋内でまだLED照明を使用していません。
(屋外では、投光器を使っています)

台所で使用中のインバーター点灯方式の蛍光灯照明が、昨夜突然不点灯に成りました。
新築から使用している真似した電気(パナソニック)製で、使い続けて25年経過していますから、まあ!寿命と言えばそれまでですけれどね・・・・・・・

物は、20W×4本のシーリングランプで、2本点灯と4本点灯の切り替え式です。



蛍光管の奥に付いているのが、インバーター点灯装置



そこで、転んでも普通に起きる事が嫌いな私は、有るアイデアが浮かびました!?
グロー式なら使用する事が出来るLED式の蛍光灯管をヤフオクで見た事を思い出しまして、ランプ本体の配線を改造する事に決定です。

改造と言う言葉は、 摩訶不思議に気分が高まる↑ ↑ ↑←私だけか?(爆)

此れがその、LED式蛍光灯管です。



この商品は、多分中国製か?台湾製だと思うが、4本セットで送料込み4600円程です。
可也安いので、コスパは良いのだが果たしてどれ位持つのか?、興味津々!

カバーを外して配線を眺めていましたが、首が痛く成って来ましたので、LEDランプが届いたら考えよう・・・・・・・・
一応嵌め込み(差し込み式)結線方法なので、配線は簡単の様に思えました。

既存のインバーターは寿命まで使用したので、此れで我が家も、省エネ器具に昇格出来るかな?

子供に、お父さん、蛍光灯ってどうやって光るのて聞かれたら、答えられる親はどれ程居るのでしょうかね!

でも、LEDなら簡単だ!
半導体で光る物が見つかり、電気流すと光るんだよ!と簡単ですね!!(笑)

それにしても、我が家では最近よく物が壊れます。
次は、何が壊れるかな?・・・・・??

物が、九州福岡から佐川急便が壊さずに届けてくれるのを、待つの心だ!

Posted at 2018/01/18 19:08:57 | コメント(2) | トラックバック(0) | 設備のメンテナンス | 日記
2017年12月13日 イイね!

暖房の近代化

度々トイレの話で申し訳ありませんが、今回もトイレネタです。

此れから寒さが一段と厳しく成る年末に向けて、トイレの暖房を近代化しました。

心臓疾患を持つ私は、ようを足しにトイレに入ってヒートショックで、あの世に行ったとしたら笑いのネタにされそうで、嫌です!
同じパンツ下げたまま死ぬのなら、腹上死の方がまだ名誉が有る様な気がする!?

と言う訳で、建築当時からパネルヒーターを使用して来ました。



↑のパネルヒーターだと、常時電源を入れて置く必要があり、熱量不足で寒い状況でした。

そこで、ファンヒーター&固定式ドライヤーとして40年以上前に買って有った物を、追加使用していましたが、ようを足した後スイッチを切り忘れて電気代が膨らむ事がしばしばありました。

骨董品のニクロム線ヒーターを使用したファンヒーター(700W)



銘板から見ると、ナショナルの松下電器製です。



型は旧式ですが、熱量は十分で速暖が可能です。
鹿氏、度々スイッチを切り忘れて、中部電力の売り上げに協力しました。

そこで、今年はトイレに予算を追加請求して、最新のセラミックヒーターで人感センサー付きを導入しました。



今度の新鋭機は、1200wの温風ヒーターです。
人間がトイレに入った時だけ運転する為に、無駄が少なく出来ますから、電気代を少なく出来そうです。

おまけに部屋が狭いので、重機や軽トラのエアコンと同じで、すぐに温まり強力に暖房出来ました。

何故、もっと早く導入しなかったのか?我ながら不思議です。
この様な物が有るのは、随分前から知っていました。

設置状況



取り替え前のウォシュレットで使用していたリモコンですが、取り替えたウォシュレットでも同様に使えましたので、反対の壁に設置して使っています。



此れで、トイレで死ぬ確率は下がったかな!(笑)

Posted at 2017/12/13 21:31:09 | コメント(3) | トラックバック(0) | 設備のメンテナンス | 日記
2017年11月10日 イイね!

冬へ向けてのの準備

昨夜から、寒く成りました。

昨夜寝る前に、外気温時計を見ると2.4℃まで下がっていました。
早朝には、1.5℃です。

冬季の暖房設備であるFF式灯油ファンヒーターに灯油を供給するホームタンクは、作業場などで使う灯油ストーブへの給油に使うポリタンクへの小口分けをする供給タンクでも有ります。

ホームタンクは、400リットルタイプと、500リットルの2タンク体制で準備しますが、メインタンクは400リットルを使っています。
2階の生活空間への灯油供給は、オイルサーバーと言うポンプで持ち上げ、高低差を利用して3台のFFヒーターに直接給油しています。

その小口分け口に、オートストップ機構付きの自動バルブをセットしていましたが、トラブルで動作がおかしい為、修理を試みました。

自動停止付き小口分けバルブ





先ずは、分解から





中身制御基板は、表面実装の基板です。
デスクリュートパーツは、コアにまかれたコイル類と、1つのダイオードと、2個のケミカルコンデンサーのみでした。
もう25年以上も前の製品なので、まずはケミコン2個を交換して見ますと、動作を始めました。
ソレノイドバルブを、正常にオープンしたりクローズしています。
コネクター端子の足を半田修正したり、各部を点検しましたが、目視では問題無い様に見えました。

基板からケミコンを取り外すのには、スルーホール(両面基盤の部品取り付け穴に
金属メッキで裏表を導通させた穴)基板なので結構手間取りまして、外した穴は半田で埋まっています。
半田で埋まったスルーホール穴を、ウィックワイヤー(半田吸い取り線)で挑んで見ましたが、歯が立たず、秘密兵器を投入です。(笑)

その秘密兵器です。



バキュームポンプ付き、半田吸引装置をつかいまして、無事穴が完通出来ました。
穴が空かないと、ケミコンのリード足を差し込めませんので半田出来ません。

ケミコン(電解コンデンサー)を交換して、動作テストをして見たら、動き始めました。
正常に動作しています。
此処までは”!です!



元通り組み立てて、タンク下の配管へ取り付けをしなければ、正常に操作するかは、分かりません。

先ずは、手持ちのパーツで、転ばぬ先の杖を施工して置きます。



自動小分けバルブがダメでも、手動式のバルブを手前に設けました

ホースを付けたバルブが、転ばぬ先の杖成らぬ、予備の小分け口です。

その先に、自動小分けバルブを組み付けて、いざテストです。



灯油の小出しは、正常に動作して修理が旨く行ったと思えたのですが、油面検知が利かずに、ポリタンクから溢れそうになりました。

残念ですが、治っていません。(泣)

転ばぬ先の、何とかが威力を発揮します(爆)

で今回の作業に使った工具



まるで、設備屋さんの様ですね!
さて明日から、転ばぬ先の杖をっ無駄にする為に、努力します(笑)

寒中に、寒い所でポリタンクが満タンに成るのを待つのは、嫌ですから・・・・






Posted at 2017/11/10 20:01:04 | コメント(2) | トラックバック(0) | 設備のメンテナンス | 日記

プロフィール

「アンテナ・アナライザー http://cvw.jp/b/1493884/41960873/
何シテル?   09/18 19:15
AL-5ホワイトです。よろしくお願いします。 S4sのハンドルに変えました。 (LOTUS・ESPRITの車種グレードが、オーダーモデルS4sです)
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

嘘つき? 知ったかぶり? 自慢?。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/06/16 13:42:48

お友達

お友達のお誘いに、応じられない場合も有ります。
6 人のお友達がいます
五条銀吾五条銀吾 garcia-78garcia-78
みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認 hirodenthirodent
シェットランドシェットランド BetaBeta

ファン

49 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レオーネツーリングワゴン スバル レオーネツーリングワゴン
スバル レオーネツーリングワゴンに乗っています。
スバル フォレスター エアブレーク (スバル フォレスター)
普通に気に入り買いました。
ダイハツ ハイゼットトラック ダメハツ・ハイジェット(ハイゼット) (ダイハツ ハイゼットトラック)
ツーシーター 縦置きエンジンセンターフロントミッドシップ フロント→マックファーソン・ス ...
スバル アルシオーネSVX スバル アルシオーネSVX
ジョルジットジュージアロー(イタルデザイン)のアルシオーネSVXの最高級グレード 最も ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.