• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

さまさま@愛知のブログ一覧

2020年10月11日 イイね!

いろいろ収穫、秋のツーリング

いろいろ収穫、秋のツーリング昨日(10/10)と うって変わって、きれいな秋空。
今日は、新しく買ったGPSレシーバの性能を見るべく、3台体制で出撃です。
GARMINのGPSmap66s、GPSmap60CSX-J、Touch35J。
ログ採りジイさんと呼んで欲しい。

ただ走れさえすれば良いのですが、せっかくなので栗でも拾いに行きましょう。
栗もギンナンも収穫の時期は終わっていて、道路とか用水路に落っこちているのがあればラッキーってことで。

いつもはついつい林道に入ってしまうのですが、今日は走りません。
その決意の固さが、ヘルメットに表れています。

Araiのジェットヘル
買っただけで、かぶったのは3回だけ。
ピカピカなので、何とかこのコンディションをキープしたい。
ということで、林道抜きです。

6時には明るくなっていますが、起き出した5時はまだ暗かったです。
どんどん夜明けが遅くなりますな。
06:00

気温は18℃ぐらいでしょうか。
メッシュのジャケットでは、長時間はちょいとつらい感じ。

日曜日の朝、交通量は少なく気持ちよく流せるのですが、最近あまり乗らないせいか、小径タイヤの不安定さがちょっと怖く感じます。


名古屋市を北上し、江南市市内へ。
いたる所で街路樹の伐採を見かけるようになりました。

きっと落ち葉の掃除とか、手間も金も掛かるので、経費カットということでしょう。
哀しいと言うか、寂しいと言うか。
07:20

今日は伊自良湖方面ということだけで、特にルートは決めていません。
何となく曲がったり、直進したり。


途中で立派な栗をゲット。
数個ですけど。
大半は、猿にでも食べられてしまったようで、イガと殻が散らかっていました。
07:45

岐阜の高富町にさしかかり、ふと道路脇を見ると、神社らしい景色が見えました。

「鷲見(すみ)神社」
街並みのすぐ際にあります。
お参りしていきましょう。
08:05

ちょうど通りがかった男性に挨拶。
「おはようございます。」
「おはようございます。」

オランちゃんを置いて、社に向かおうとすると、一旦通り過ぎた男性が戻ってきました。
ナンバーを見て
「名古屋から?」
「この辺りは森地区と言って、鷲見の性を名乗るお宅がものすごく多いんですよ。」

「お墓のむこうに古墳もあるから、ぜひ見ていってください。」
歴史にはウトイぼくですが、こうして土地の人の話を聞くことができるのは、とても嬉しいことです。

でも、
あれ?
鷲見、スミ…
どこかで聞いたような名。
若い頃配属された部署に、鷲見さんって女の子がいました。
物静かで上品な可愛らしい子でしたね。
ふだんはあまり話すことはなかったのですが、たまたま
「オートバイで岐阜の武儀や高富って土地へよく行くんですよ。」
そんなことを話した記憶があります。
「父の生まれが高富なんですよ~。」
30年経って、あの時の話が完結したような、不思議な感覚です。
元気にしてるかな?


お参りを済ませ、せっかく教えてもらったので、古墳も見ていきましょう。

200メートルぐらいむこう…
どこか分かりません。

お墓を通過し、再びお墓に戻ってよく探すと、竹林の奥にありました。

これは知らなくちゃ見つからないね。
聞いたとおり、墓石の1/3ほどに「鷲見」の名が彫られています。
08:20

危ないので、入り口から覗くだけです。
幅1メートルほどの石室。
大昔に作られたものと、当時の人々の様子を重ねてタイムスリップ。


田舎の小さな街…というイメージを持っていました。
でも今は、大きな店舗がいくつも立ち並んで、整備された住みやすい所になっています。
自分の住む名古屋の街の方が、はるかに田舎です。


山県市の大桑地区に来ました。
大桑に来るのは5回めだったかと思います。
中に入るわけではありませんが、来る度に立ち止まって 小学校の校舎と校庭を眺めてしまいます。

8:40


3年前までは、立派なイチョウの木が並んでいましたが、今は見る影もありません。
これも経費削減のためなのでしょうね。


大桑を見渡す位置にある、美濃四国 善性寺。
09:35

田畑のあちらこちらに祠があります。

日々の生活の中にある姿には、大きなお寺や神社とはまた違った人々の思いを感じます。


村道です。
林道?
いぇ、村道です。
今日は林道走りません。


路上に落ちた栗。
シーズン的には収穫時期を終えているので、枝についたまま落ちなかったのでしょう。

日吉山王権現

鳥居の「吉」は「士」、石碑の方は「土」、どちらが正しいのでしょうね。
10:10

スズキ フロンテ LC10

直せるわけでもないのに、見入ってしまいます。
10:20

こんな道をギヤをニュートラルにして、足で漕ぎながら滑走したり。


点在する民家の近くには、必ず神社があります。
南宮神社

ご近所の方が、会釈して通って行きました。
見たことがない不審者と思われたかもね。


手前両脇にあるのは、古いコマイヌでしょうか?
10:30

伊自良地区との境あたり。

一本通り抜けられそうな山道があるので、また今度走ってみましょう。
一面にコケが生えていて、氷のように滑ります。

さて、そろそろ帰るとしましょうか。


ふと山の手を見上げると、巨大な橋がかかっています。
渡れるものならと、工場の守衛さんに入り口を尋ねると、
「あれ、ゴルフ場の敷地内にあるんだよ。」

そう言えば、近くに岐阜国際カントリー倶楽部と書いてありました。
こんなデカイもの作れたのは、バブル期ですかね?
11:05


R256と平行に走る川沿いの道を山県の市街地へ向かいます。
赤い彼岸花が終わりかけてピンクに見えます。
こちらへ来ると好んで使いますが、バイパスか何かの工事で、どんどん景色が変わっていきます。
11:15

長良川を渡る鵜飼い大橋。

その名の通り?混雑する岐阜市街地を「迂回」します。
11:30

帰着~
13:20

今日は大半舗装路を流しただけですが、気持ちもよく満足。
路上の栗とギンナンを拾い集めて、けっこうな収穫となりました。

ついでにウチのムカゴ。

肝心のGPS軌跡は…
どうなってるでしょ。

本日走行:140km
消費燃料:2.1L
とんでもなく良い燃費。
どうして?

全行程


岐阜・山県


大桑地区
Posted at 2020/10/17 15:49:13 | コメント(2) | トラックバック(0) | | 旅行/地域
2020年10月10日 イイね!

出かけたついでに熱田散策

出かけたついでに熱田散策今朝は用事があって、JR東海道線に乗って熱田区の金山に行きました。

台風の影響で本降りだったのですが、今日は雨でも街を歩こうと決めていたので、隣の熱田駅まで歩きました。
普段、車やオートバイで通ることはあっても、いつもと少し違う場所から眺める景色は、ちょっと楽しいです。


学生の頃、たまに歩いた線路脇の細い道を行くのも良かったのですが、歩いたことのない道を。
陸橋で国道19号線を渡りました。
10:15


小さな神社
近隣の人たちに大切にされているのでしょう、キレイに清掃されていました。

どういう謂れのあるものでしょう?
小さな祠がふたつ。

どこにでもあるよと言われればそうなのでしょうけど、すごい発見をしたような気分。
10:30

ときおり雨脚が強まり、スタスタとはいきません。

堀川沿いに30分ほど南下すると、右手に白鳥公園。
左手に熱田神宮公園があります。
何百回と通過してきたのに、初めて入りました。
ここは球技を主にした公園のようで、敷地の3/4はグランドやコートになっているようです。

1/4は古墳。
東海地方最大と書いてありますが、そんなものがあろうとは知りませんでした。
(家内の話では、小学校の社会の授業で習ったそうです。)

遠景でそのつもりで見れば分かりますが、近づいちゃうと山にしか見えません。

熱田神宮公園野球場(現在の熱田愛知時計120スタジアム)

手前には段夫山古墳のミニチュア。
10:55

古墳の外周は堀になっていて、この雨で水が溜まっています。
堀の中に設けられた堰の石を積み直している人がいたので、何のための堰なのかと尋ねると、
「このまま水を流すると、公園内の大量の落ち葉まで堀川に流れ出るので、この堰で葉っぱを濾しているんです。」
雨の中、ごくろうさまです。

園内にはイチョウの木が何本か植わっていて、多くがメス。
先週に引き続き、銀杏拾いを満喫です。

上から見るのと、しゃがんで見るのではずいぶん違って、地面近くで探すと大きな粒がよく分かります。

風は強くありませんが けっこうな降りで、ずぶ濡れになってしまいました。
10:30

これ、今は気象情報の収集にでも使われているようですが、昔はトイレだったんじゃないでしょうか?

友人が
「熱田神宮公園のトイレの屋根の上に登ってギンナンを拾っていたら、職務質問されて帰してもらえなかった。」
と言っていました。
折も折、堀川を挟んだ向こうの白鳥公園では、2016年の伊勢志摩サミットの協賛行事が行われ、名古屋も交通規制とか検問が厳しかった時。

陸橋でJRのある側に戻ります。


旗屋町、熱田神宮北側の変則交差点。
保育園の頃、ぼくはツンボで、当時はどこの医者でも治せないと言われていたそうです。
親が探し回って、ここにあったお医者さんが治療してくれました。
麻酔無しで喉の奥を切除。
覚えていませんが、大暴れしたそうです。
治してもらわなかったら、今の自分はなかったろうと思うと、いまさらながら感謝の念がこみ上げてきます。
お医者さん、お父ちゃんにお母ちゃん、ありがとう。

JR熱田駅
隣の金山駅が「金山総合駅」となって盛況になったせいで、ちょっとサビレタ感じがします。
実際、利用者も減ったんじゃないでしょうか。

この駅は高校に通う3年間、毎日使わせてもらいました。
あの頃は毎年ストライキ運休日なんてあったので、「毎日」じゃないですが。
当時、国鉄の東海道本線は、貨物か長距離の列車しかなくて、1時間に1本でしたね。
乗れないと、熱田神宮とか近くにある本屋さんで時間をつぶしたものです。
国鉄通学していたのは、全学年で15人そこそこでした。
11:50

持参したタオルで拭いてはみたものの、全身ベタンコ。
幸い列車は空いていたので、ほかのお客さんに迷惑をかけることはありませんでしたが、おめかしして出かける人たちの中で ちょっと恥ずかしい帰宅となりました。

先週、素手でギンナンの実を扱ったら日焼けした肌のようになってしまい、この1週間で手の皮が2回めくれちゃいました。(汗)
今回はキチンとゴム手袋で処理しました。

歩いたのは4キロたらずですが、ナンダカンダでけっこう疲れたらしく、日が暮れるまで爆睡。

今日はモンキーでツーリングするつもりだったんですけどね。
用事ができたので出られませんでしたが、これはこれで良い一日でした。
Posted at 2020/10/10 20:52:31 | コメント(2) | トラックバック(0) | 景色 | 日記
2020年10月04日 イイね!

近所にあるオカシナくるま

近所にあるオカシナくるまジャック・バウアーみたいな名前の。
軍用?らしい。


ピンツガウアー
Posted at 2020/10/04 12:12:47 | コメント(2) | トラックバック(0) | 雑記 | クルマ
2020年10月03日 イイね!

忙しない一日でした

昨晩からソワソワ
月曜日にポチったものが、来週月曜日に配達予定になっているんだけれど、トラッキングを確認したら、既に名古屋の熱田区の営業所に到着していました。
なのに配達は月曜日?
う~~む。
電話で問い合わせたら、
「土日の配達はしていませんが、土曜午前中にお越しになれば受け取ることは可能です。」
うひょひょひょ♪

ちょうど熱田の眼医者でコンタクトレンズの定期検診をしてもらうので、あわよくば一気に片付くゎ。

ところがね、ダメな性分。
オートバイいじったり、車いじったり、まだまだ大丈夫~
なんてやってたものだから、眼医者に到着した頃には患者さんがいっぱい。
受け取りは12時までなのに、11時になっても11時10分になっても呼ばれない。
ソワソワソワソワ。
まぁ、待っている間、キレイな受付のお姉さんたちを眺めていたので、眼科で目の保養をさせていただきました。
もう間に合わないか…
11時20分、ようやく診察。
これならギリギリセーフと一安心。

受付のお姉さんに「ありがとうございました」とお礼を言って、次は配達業者さんトコだ!

あ、ちょっと釈然としないのは、金山総合駅にある駐輪場。
駐輪券を買おうとしたら、窓口のお父さんが
「ここは自転車と原付しか止まれません。」
え??
「これ原付二種ですけど…」
「色付きナンバーはダメなんです。」
どういうこと?
「じゃ、どこに止めればいいんです?」
「近くにジャスコがあるので、そこの駐輪場を」
いゃいゃ、そこって買い物客用じゃないですか。
そんな所へ無断駐輪を勧めるってどういうこと?
「今日は土曜日で駐輪場が空いていますので、特別に止めていただいてけっこうです。」
いゃ、そう言う問題じゃなくてですね、冗談抜きに、どこに駐輪すればいいんでしょうか?


なんて、ひと悶着ありましたが、慌てなくても間に合う時間…
と思ったら、昔は曲がることができた交差点が通行禁止になっていて、目的地を横目にはるかに通過。
焦りました。
受付終了5分前に滑り込みセーフ。

わかりにくい場所なので、googleのストリートビューで確認していなかったら、アウトでしたね。

あとはウチでゆっくり楽しみましょ。
と走り始めたら、路上に大量のギンナンが転がっているじゃないですか!
もちろん拾いましたとも。
街路樹の大半がイチョウのメスの木で、取り切れないほど。
5分ほどで持ち合わせたレジ袋がいっぱいに。

見上げると、まだまだ鈴生り状態。

思わぬ収穫にほくそ笑んでの帰宅。

ギンナンの臭いが臭くてたまらないと言う人もいるけれど、ぼくは平気です。
ギンナンをバケツに入れて、素手でグシャグシャ揉んで肉とタネを分離。

この作業、3年前から毎年恒例になってます。
これしていると思い出すんですよ、徳山村のこと。
何度も訪れましたが、沈む前の年、収穫したギンナンを湧き水で洗うご夫婦と会いました。
秋の天気の良い日。
それまでギンナンを収穫するなんて縁のないことだったので、興味半分で眺めていました。
「ここで採れたんですか?」
たしか、そんな何気ない話をしたと思います。
ダム湖の湖底に沈んで久しいですが、ギンナンを見ると ふとその頃の景色を思い浮かべるんです。

ギンナンなんて素手で触っても平気だもんね。。
こんな手になりましたゎ。


ところで、ポチったものはコレ。

アメリカからの輸入。
自分でもバカだと思います。
こんな自分がカワイイ。
Posted at 2020/10/03 22:37:40 | コメント(1) | トラックバック(0) | 雑記 | 日記
2020年09月27日 イイね!

秋の気配に いなべ・多賀ツーリング

秋の気配に いなべ・多賀ツーリング昨日はとんだトラブルでツーリングを断念。
そもそも乗り気ではなかったので、一日 オートバイや車をいじって過ごしたのだけど、夜になって急に「そうだ君ヶ畑へ行こう!」と。

何がある土地なのかと言えば、実はよく知らないのですが、過去に3回通ったことがあります。
初めて行ったのは、もう30年ほど前にもなるでしょうか。
まだ未舗装だった林道御池線をモンキーで走り、途中でガス欠になりました。
当時はノーマルの2.5Lタンク。
その上タンクが腐っていて燃料漏れ。
林道を数キロ押して歩いたところに、木の伐採をしているオジサン(当時は)がいました。
「この先、ガソリンスタンドまでどれぐらいです?」
「村まで下って10キロぐらい先かな。チェーンソー用ので良けりゃ入れていきなさい。」
と混合ガソリンを1L恵んでもらい、難を逃れました。

その後、10年ほど経ってから、この近くの犬川ダム近くで またもやガス欠。
休日にガソリンスタンドはやっておらず。
たまたま近所のお宅で、携行缶のガソリンを分けてもらいました。
とまぁ、生涯3回しかしたことのないガス欠を、この近辺でやってしまい、地元の方たちに助けてもらったのです。
そのせいか、なんとなく特別な土地のような気がしているんです。

これまで行く機会などいくれでもあったのに、なんで今頃?って自分でも思いますがね。

昨日とうって変わって、青い空。
キャブもOHしたので、今日は大丈夫でしょう。
06:15

気温は20℃ぐらい。
メッシュのジャケットにTシャツで自分にはちょうど良いけれど、寒いと感じる人もいるかな。

国道23号線。
遅い方の車線が70km/h、早い車線は+20ぐらいでしょうか。
けっこう流れが速いです。

揖斐川を越えたらすぐに右折し、いなべ方面へ。
幹線路を外れ、のどかな景色を楽しみながら。


三岐鉄道北勢線の東員駅と大泉駅のちょうど中間にある踏切。
3両編成の列車が、走って追えば飛び乗れそうなぐらいゆっくり通過していきます。

07:10

ついこの前までは、秋が来ないのではないかと思うぐらい暑かった名古屋ですが、この辺りではもうコスモスが満開。

いなべ市郊外。
07:35

彼岸花も



カカシを見つけると、つい立ち止まってしまいます。
梅林公園の近く。
場所によって気温は20℃を下回っています。
07:55


林道大洞線

ゲートには不法投棄禁止のプレート。

ゴミ捨て場にする輩が多いのでしょうね。
ゲートは開けることができます。
08:05

距離は700mほど


林道終点から徒歩で斜面を降りると 鈴養湖湖畔。

湖畔と言っても、全周フラットな場所はなくて、こんな斜面にへばりついて景色を堪能します。
山地図には湖畔に出ることができる道が3本確認できますが、他の2本は入り口で封鎖されているようで、歩きになるようです。
08:20


県道107号線に戻って北上すると、右手の藪の中に小さな看板。
林道川戸線
08:30

藪は一旦開けたものの、70メートルでまた深い笹に阻まれます。
歩いて奥へ行ってみましたが、どこが道なのか分かりません。
この道「林道」とは書いてありますが、山地図にはなし。

ここまで来て思い出しましたが、前にも来て同じことやってました。(^^;
08:40

林道大平線に突入。
草ボーボーになっているので、来たことがある人でも そのつもりでいないと通過してしまいそうです。

この林道にはいつかまた来ようと思っていましたが、ここにあることをすっかり忘れていました。
自分の中では、11月ごろに来るつもりでしたが、来ちゃったものはしかたない。
この道は、コチラ側から入るのがミソです。
08:50

藪になっているのは入り口だけ。
入って200メートルほどは、枯れ草が積もっていてフカフカ。
ズルズルと滑ります。

その後はちょっとした起伏ありカーブあり、展望は開けませんが走りやすい道です。

入って1.6キロの所に分岐があり、左側 林道北川線へ。

09:00


北川線は1.4キロ。

そこから400メートルの所にチェーンが張られています。

そうなんです、コチラから入るのは気が引けるのですが、向こうからだと少し罪悪感が薄れます。(^^;
09:30

ここには「野生獣処理場」があります。
グロいので写真は載せませんが、一度は自分の目で見ておくのも、自分の認識をを変える意味で価値はあると思います。
「可哀想」そんな軽いコトバで済ませてはいけないですね。


国道365号を南下。
途中からR306で鞍掛トンネルを抜け、犬上川沿いに西に向かいます。

多賀市に入って、県道34号で400メートル南下した所に、今日の目的地 林道御池線があります。

滋賀方面からジムニーで来られたお二人としばしの会話。
「御池線は全舗装だけど、途中で下の村落まで抜ける砂利道がありますよ。」
10:00


今日の昼ご飯。(笑)
蒟蒻畑の季節限定「塩スイカ」。
ハマってしまい、15袋も買ってしまいました。
今日は水分補給もなし。

入ってすぐにある聖神社で神様にご挨拶。

10:20


ここが教えてもらった砂利道でしょう。
またの機会に。

御池線も展望が良い林道ではありませんが、雲の作る影が流れていくのを眺めていると、時間が経つのを忘れます。


おぉ、ここだここだ。

ガス欠して長い長い砂利道を押してきて、チェーンソーの燃料を分けてもらったのは。
夕方、もう少ししたら暗くなる時間に、すごく心細かったことを覚えています。
ほんとに助かった。
まだ30代の頃のことだけど、「オジサン」は達者にしているかな。。
「あの時はありがとうございました。」
と独り言。
11:00

釣り客が多いようで、あちらこちらに車が停まっています。
ハイキングの人も多いのでしょうね。


あぁ懐かしい、君ヶ畑だ~。

なんだろう、この「帰ってきた」感は。
もう、キンモクセイの香りがします。
11:35

懐かしいと言っても、実際にこの集落を歩いたことはないんです。
せっかく来たのだから、歩いてみなくちゃね。

大皇器地祖神社

立派な社です。

君が代に歌われる「さざれ石」がこれなのだそう。


恥ずかしい話だけど、君が代を歌ったことがあるのに、今の今まで「巌となりて」だと知りませんでした。
子供の頃に、『石だから「岩音鳴りて」だ』と思い込んで、、
11:40


朽ちた家屋は少ないけれど、人が住まなくなっただろうお宅がポツリポツリあります。

ここは良質の木材が取れるため、お椀などの木工品の素地を加工していたようです。
木地師の里として、日本遺産になっているとか。(でも載ってませんね)

「君ヶ畑ミニ展示館」を見させてもらいました。

日に焼けた展示品に味があります。

見ている内に、ポツリポツリ…
あらら、本降りになっちゃった。
「もうちょっとゆっくりしていきなさい。」
そういうことですね。

15分ほどで雨は上がりました。
軒をお借りしたので、ホウキとチリトリを拝借して掃除して帰ることにします。
12:10

出かけようとしたら、
あらら、さきほどお会いしたお二人じゃないですか。

例の砂利道を抜けて、また別の道で御池線に戻ってきたそうです。
お二人はもともとオートバイが好きで乗っていて、普段はハーレー。
最近ジムニーを買って遊び始めたのだとか。
しばらく話をして、見送りました。

ぼくはもう少し歩いてみます。


ここに住む人々は、どのような生活を営んできたのかな、
自分の住む街にはない景色を眺めながら、ふとそんなことを思い浮かべます。

雲の合間に青空が見えるようになりました。

ここに民宿でもあったなら、滞在してみたいぐらいだと、後ろ髪引かれる思いを残して帰路につきます。
12:30

県道34号を下り、永源寺でR421に乗り換えます。

今日は多度大社を通って、R258で南下します。

13:35


R23も混雑することなく、スムーズ。

無事に帰着です。
あぁ、いい一日だった。
14:45

本日走行:210km
消費燃料:3.9L

全コース


いなべ近郊


いなべ・多賀・永源寺
Posted at 2020/10/03 19:34:19 | コメント(1) | トラックバック(0) | | 旅行/地域

プロフィール

「[整備] #モンキー エキゾースト化粧カバーを作ってみた https://minkara.carview.co.jp/userid/274638/car/1477141/6048331/note.aspx
何シテル?   10/17 16:44
オートバイ旅行が好きな会社員です。(失業したので、でした、←再就職しました) しょっちゅう車をいじっているせいで、ご近所や友達には『車好き』で通っていますが...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/10 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

趣味の話 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/08/08 17:02:36
自作グランドエフェクター 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/07/02 00:24:31

愛車一覧

三菱 アイ 青色アイ (三菱 アイ)
残念ながら生産終了してしまって、新車を購入することはできませんでしたが、程度の良い200 ...
ホンダ モンキー オランウータン (ホンダ モンキー)
1972型で、オリジナルカラーはオレンジっぽいメタリックでした。 30年前は3台あったの ...
ホンダ XLR125R XL (ホンダ XLR125R)
前のオーナーさんがレースに使っていました。 タンクは凹み、シートは裂けのポンコツを譲って ...
ホンダ TLM50 エムちゃん (ホンダ TLM50)
トライアルなどできもしないのに、デザインがとても美しくて購入してしまいました。 それもず ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.