車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月11日 イイね!
フォードの「事務的」なインテリアClassic&Sports Carマガジンの最新号にシエラRSコスワースの記事があります。SVE(スペシャル・ヴィークル・エンジニアリング)の初代リーダー、ロッド・マンスフィールド氏が、この不世出のスポーツ・サルーンの生い立ちを語っています。コスワース・チューンのこと、特徴的なリアスポイラーのことなど、開発当事者ならではの発言で興味をひかれる内容ですが、中でも私がいちばん納得したのがインテリアのことでした。シエラRSコスワースのインテリアが車のキャラクターに対して特別さに欠けるとされるのは、「特殊な仕立てであっても、インテリアトリムの専用設定による極端なコストアップは許されず、(標準車にプラスで)採用したのは革巻きステアリングとレカロシートくらいだった」ー特定のユーザーに向けた高価なスーパーカーとは違う、いかにもフォードらしい質実的な面がうかがえます。
昔からフォードのインテリアをして「事務的」と表現されることが多いです。このシエラRSコスワースでさえも例外ではなく、標準のシエラと基本はほぼ同一なグレーな世界。次のエスコートRSコスワースも同様でした。コアなパフォーマンス・フォードフリークなら、かえってそこがいい!と(ギャップ感に?)萌えるポイントかもしれません。近年のフォード車では、もはやそうした水準だけでは世界のユーザーニーズに応えられないことから、ベーシックグレードであっても一定の「華」を感じさせるインテリアになっていますが、必要以上に表層の華美さや派手さを追わない割り切りがフォードの潔いところだと思います。

我がフィエスタも、いちおう豪華仕様のGhiaとはいえ、ご覧の通り硬質なプラスチックをベースにしたツートーンのピースで構成され、部材の表面処理も現行フィエスタのような凝ったものでなく、パーツ割りも大きめと、あまり手が込んだことはしていません。基本はビジネスライクな中に、少し色気を盛ってみました、といったところでしょうか?
Posted at 2016/12/11 08:36:12 | コメント(2) | トラックバック(0) | Ford | クルマ
2016年12月05日 イイね!
ホワイト&ブラックのフォーカスSport環八のフォーカス、現行型のSport。このMC後のEcoBoostモデルを街中で目にする機会はまだまだ少ないです。さて今日のこちらの個体は、ホイールがオリジナルのフィンタイプをブラックペイントしていることで、スタンダードモデルからはちょっと印象を異にしていますね。リアのコンビネーションランプやリフレクターもブラックスモーク化されて、フローズンホワイトのボディとのコントラストを増して精悍さを高めています。
そういえば、このMC後のフォーカスSport EcoBoost はオプションの18インチアルミも光沢仕上げのブラックペイントで提供されていました。MC前のSportのオプションと基本的には同じホイールなのに、色がダークトーンになるだけでずいぶんとイメージも変わるものでした。ちょうど日本でも売られていたマスタングの50 Years Editionが、パフォーマンスパッケージ仕様で、ハイグロスブラックの大径アルミを履いていたのに近い感覚を意識していたのかもしれませんね。
Posted at 2016/12/05 22:55:55 | コメント(2) | トラックバック(0) | Focus | クルマ
2016年12月03日 イイね!
フィエスタ・欧州の薫りを継ぐクルマフィエスタの新型・2017モデルが今週ケルンでお披露目されましたね。いまやヨーロッパのみならず、アメリカやアジア圏ほか広く世界で販売されるフォードの基幹車種とはいえ、ローンチがヨーロッパなのがいかにもフィエスタらしい。スポーツグレードのSTライン(純STは別にある?)をはじめ、ドレスアップ版のヴィニャーレ、ライトクロカン風のアクティブの設定など、まさにいまのヨーロッパにおけるBセグの王道展開といった感じがします。フォーカスと違って3ドアも継承されたのは、パーソナルユースだけでなく、バンなどビジネス用途も見越しているのかもしれません。
写真で見る新型フィエスタは、想像以上に「キープ・コンセプト」。いかにも正常進化で、少なくとも、2008年に現行型が登場したときのような“様変わり感”はありません。フォードのスタイリングはヨーロッパの民族系メーカーなどに比べると、いい意味で変化を恐れない身軽さが身上です。同じブランドでも世代により大きくスタイリングのテーマを変えることがフォードでは珍しくありませんが、2000年代後半のキネティック・デザイン以降は各車とも基本的なテーマが維持されていて、「フォードのカタチ」が確立されている印象もあります。
現行フィエスタはもともとヨーロッパ市場メインであったのが、リーマン・ショックを受けたフォードの経営危機と市場の急速な構造変化への対応策として、アメリカにも追加投入された経緯がありました。その意味では当初からOne Fordだったわけでなく、途中のマイナーチェンジでよりグローバル指向の商品性を与えられたモデルでした。それに対して今度のフィエスタは、真のグローバル・モデルとしてOne Fordに則して初めから開発されているとはいえ、基本はヨーロッパ的な指向性が卓越しているようにも感じられます。いずれヨーロッパ以外のエリアで販売されるモデルも発表されるでしょうから、それらの内容がどうなるかにも興味がありますね。
新型フィエスタについてはさっそく、コアカーズさんが詳しく解説をされています。果たして日本でこのフィエスタを目にする機会はあるのでしょうか・・?

写真は現行フィエスタのデビュー直後、2009年初頭にイタリアで撮影したものです。デリバリーを始めて間もなかった頃にもかかわらず、すでにたくさん街中を走っていたのを見て、そのあまりの変貌ぶりとともに、ユーザーも実直さだけではないものを求めていることを痛感させられたのを覚えています。新しいフィエスタもそうしたユーザーの心理に十分以上に応えられるものを備えているのでしょう。
Posted at 2016/12/03 19:42:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | Fiesta | クルマ
2016年11月27日 イイね!
「匿名系フォード」の並行車中古車サイトをちょこちょこチェックしていて、たまにひっかかるちょっとクセのある?フォード車。こんな一台が栃木に現れました。フォードの並行車といえばシェルビーGTやフォーカスRSなどは、それなりにマーケットが形成されていて流通量もあります。そうした「キャラ立ち車種」でない、もっとスタンダードなグレードがこうしてごく稀に売りに出されますね。先日の2013エスケープSEもそうでした。最近だと横浜のこちらとか、名古屋のこちらとか、フォーカスセダンは徐々に売値が下がっているようですがまだ売れていません。。欧州系よりも北米向けモデルの方が多いですね。
こうした個体がどういった経緯で売りに出されるのかわかりません。もちろん個人で購入して手放されたものもあるでしょう。以前に聞いた話では、大手自動車メーカーに部品を納めているサプライヤー企業が研究や調査目的で購入したクルマがマーケットへ流れてくるようなケースもあるとか。自動車メーカーでも研究用に独自に海外から車輌を輸入することは多く、しかしそれらは用済み後に廃棄されるため、外へ出てくることはまずありません。その点、パーツメーカーの方が縛りが緩いのかな?

私がかつて愛用していたフォーカスSEは、アメリカ駐在から日本へ戻った方が現地からそのまま持ち込んだらしいとも聞きました。日本で乗るにも何ら不自由はなかった反面、たとえばインテリアの仕立てなどは、日本のユーザーに対してアピールできる要素があまりに少ない、それはそれは地味なもの・・でした。今は手元にオーナーズマニュアルを記念に残すのみですが、「匿名系フォード」の並行車情報を見るたび、あのいかにも素な感覚がよみがえってきます。
Posted at 2016/11/27 11:24:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | Ford | クルマ
2016年11月24日 イイね!
寒かろう、白いフィエスタ君今日は午後から仕事で埼玉方面へ。上尾の一角で、ワイパーを立ち上げて時ならぬ降雪に耐えるフィエスタに出会いました。本格的な雪に遭うには早いシーズン、なんだかフィエスタもまだ準備不足?で心なしか寒そうに見えました。
フィエスタって、その快活な響きのネーミング(=祝祭)といい、この現行モデルはケルン製ですが、それまでの国内導入モデルがスペインのバレンシア生産だったこともあって、個人的には“陽光のクルマ”という印象があるんですね。先代にはジャーマンハート・ラテンスピリットのコピーも冠せられていたくらいでしたから・・もちろん「欧州フォード」なのですから、凍てつく北欧だろうが、カラッと乾いた空気の地中海沿岸だろうが、どこでも元気に走れるはずでも、やはり雪よりは明るい日差しを浴びている方がより似つかわしい気がします。
Posted at 2016/11/24 21:24:46 | コメント(3) | トラックバック(0) | Fiesta | クルマ
プロフィール
「フォードの「事務的」なインテリア http://cvw.jp/b/665682/38986663/
何シテル?   12/11 08:36
「人が幸せに生きていくうえで、必要にして十分な内容の自動車を提供する」ブルーオーバルからそのような哲学を感じ取り、30年以上フォード車を乗り継いできました。 ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
お友達
ファン
44 人のファンがいます
愛車一覧
フォード フィエスタ フォード フィエスタ
「均整」「端正」「抑制」いまのカーデザインが忘れた3つのSeiを備えた小粋な実用小型車で ...
フォード フォーカス (ハッチバック) フォード フォーカス (ハッチバック)
Ford Focus SE/2003 year model/Zetec 2,000cc/ ...
フォード フォーカス (ハッチバック) フォード フォーカス (ハッチバック)
“出来のよいGTハッチバック”という印象が強かったST170。意思に忠実な走行感覚とレカ ...
フォード Ka フォード Ka
Kaらしからぬバンパーまでフルカラードの仕様。MTのダイレクトなフィーリングは後にも先に ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.