車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月19日 イイね!
後ろ向き(to 80年代)の話題で失礼します恵比寿から六本木への移動中、今ではもうめったなことでは見なくなった以下のクルマたちと出会いました。
・初代FFジェミニ ZZ ハンドリングbyロータス
・初代プリメーラ 1.8

どちらも放置車でなく現役感バリバリであったことにかなり感動したので、フォードではないですが写真を貼り付けておきます(^_^
ジェミニは当時特によく売れていた4ドアセダンでなく3ドアハッチバックであること、プリメーラは今もごく稀に見かける、スポイラーを装備した2.0でない、よりシンプルな1.8だったことにも感激!




実は私、今でも80年代中盤〜90年代初頭にかけてのクルマのかたちが好みです。もちろん新しい、いまの時代のクルマのかたちを拒否するつもりはありません。自動車の造形も時代時代の要請で変化が不可避だからです。安全性・経済性・環境保全性・情報化対応・グローバル化対応などなど・・現代は自動車が背負うべきことの多さと重大さがかつての比ではなく、それに適した造形が導かれて当然です。
それでも、おさまりのよいサイズ、広いガラス面、スリムで角度が寝すぎていないピラー、素直な形状の灯火類などが象徴するあの頃のかたちは、時を超えて、ある種の心地よさや自然な感覚を伝えてくれる気がします。特に、自動車が空力性能の向上に本格的に取り組みはじめた80年代初頭以降、より滑らかで無理のない造形となり、そのことが感覚へのなじみやすさとなっているのではないかとも考えています。

そんな時代を象徴するフォードといえば、異論は承知で、私にとってはやはりこのトップ写真の初代フェスティバ!純フォードというよりほとんどマツダの文脈で語るべき一台であっても、この後ろ姿だけでもまんまThe 80’sです。

デザイナーはいつの時代でも、その時にやれることを精一杯やろうとしています。「できるなら、ここまでやりたい」そう意気込んでも、技術的な限界や経営的な判断など、さまざまな制約や条件があって、今回はとりあえずここまで・・カーデザインの歴史とはそうした積み重ねにほかなりません。80年代のデザインも言ってみればその歩みの一幕なのですが、技術の進歩と社会の要請と時代の空気とが実にうまくマッチングした稀有な時期だからこそ生まれえた、健康な印象が変わらない魅力なのです。
Posted at 2017/01/19 15:02:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | Festiva | クルマ
2017年01月14日 イイね!
つながりはGhia近所でよく行くホムセンの駐車場に、最近ではめったに街中で見ることもない洒落た一台が。このクルマと我がフィエスタにはひとつ共通項があるのです・・かなり無理矢理ですが、それは「Ghia」!

ご存知、カルマンギアはVWビートルのコンポーネントをベースに、Ghiaデザインのボディをカルマンが組み立てたヒストリカルな名車です。その車名にもさんぜんと戴かれたGhiaは、イタリアのカロッツェリアではベルトーネに次ぐ古豪で、ジュージャーロも輩出した名門です。このカルマンギアをはじめ、初代マセラティ・ギブリやいすゞ117クーペ、デ・トマソ・パンテーラなど、Ghiaのスケッチから生まれたクラシックは数知れず。70年代以降はフォードの傘下に入り、2000年代初頭までフォード各車のデザイン提案やアドバンスド・デザインなどを手がける一部門として機能していました。
そういった経緯もあり、少し前まで、フォード各車に付けられたGhiaのネーミングは「少し特別なグレード」を意味する称号として親しまれてきました。このフィエスタも基本は小型大衆車であるにもかかわらず、Ghiaバッヂを輝かせ、ささやかなラクシャリー感覚を誇っています。

ところで、この写真でカルマンギアの反対側に駐車されているクルマも何やら意味ありげです。まったく今まで見たことのない車種で何だか全然わからなかったのですが、エンブレムによるとトライアンフのドロミテ?ドロマイテ??スプリントというサルーンでした。トライアンフってクーペやオープンばかりじゃなかったんですね。
Posted at 2017/01/14 21:45:15 | コメント(2) | トラックバック(0) | Fiesta | クルマ
2017年01月13日 イイね!
puzzle carラージサイズのエアスクープが穿たれたボンネットフード、フォグランプ組み込みの大型フロントバンパー、リアデックのSHELBYロゴ、そしてボディ各所に配されたコブラエンブレムなどなど、一見するとシェルビーGT500のようでも、おそらくこれはそうではない。AT車で、ホイールとその奥に見えるBremboなどから、5.0GTをベースにシェルビーGT500風に仕立てられた一台であろうと推測されます。国内のアメリカ車販売ネットワークであるASDNルートなどがこうしたlook a likeなモデルを供給していて、V6/V8/AT/MTなどベース車を問わず、それこそ各種パーツをパズルのように組み合わせることで、見た目には“スーパー・アメリカン・マッスル”シェルビーGT500とほぼ同一なモデルが完成されます。
これは、初代のマスタングが、ベースモデルに対して豊富なオプションやチョイスで自分好みの一台を仕上げるシステムをいちはやく打ち立てて好評を博した、まさにそのスピリットを今風に解釈したかのような、マスタング伝統の愉しみ方といえるのでしょう。
Posted at 2017/01/13 00:38:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | Mustang | クルマ
2017年01月08日 イイね!
Fordデミオ以前に何シテル?にもちらっと書いたことがあり、その後にも路上ですれ違う機会のあった、Fordバッヂを付けた先代デミオが、なんと自宅からほど近い場所に駐車されているではないですか!キャー愉しい!
ご覧ください、あのやや大型のMのエンブレムがブルーオーバルに置き換えられています。リアも然り、いたって自然にブルーオーバルが収まっていますね。いっぽう、さすがにステアリングホイールだけはマツダオリジナルのように見えました。

Speedlineのホイールを履いたり、なかなかこだわったところを見せるこちらのデミオだけに、オーナーさんはマツダとフォードのアライアンスのことを百も承知のうえで、こうした「バッヂエンジニアリング」に挑んだのでしょう。フォードの潜在的ファンなのかな?けど、わけあって乗れないからデミオでせめてフォード気分を味わっているのかな??いろいろ想像が膨らみますが、ぜひ本家のフィエスタなどにも乗ってみてほしいな〜
Posted at 2017/01/08 14:19:56 | コメント(8) | トラックバック(0) | Ford? | クルマ
2017年01月05日 イイね!
悪条件で撮影してわかる、エコスポーツの美点ふだん使っているコンデジは最新スペックではないため、広角寄りの画角があまりカバーできません。昨日見たこのエコスポーツは、すぐ前に駐車場のフェンスがあったため(写真の左下にちらっと写っていますね)それを車体に被らないアングルまで十分な引きを取ることができず、これがフェンスを逃げつつ車両全体を収められるギリギリでした。しかし、このくらいの画角でどうにか全体が収まるということは、逆にいえばそれくらいエコスポーツがコンパクトであることを物語っています。これがクーガ、ましてやエクスプローラーならこんな画角では絶対にフレームにクルマ全体が入りきらない。やはりエコスポーツ、幅はそれほどコンパクトではないけど、なんといっても全長が短いのが効いていますよね。

ところで、この写真の後方に見えるランクル?のピックアップも妙に気になる一台です。
Posted at 2017/01/05 08:50:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | Ecosport | クルマ
プロフィール
「後ろ向き(to 80年代)の話題で失礼します http://cvw.jp/b/665682/39197746/
何シテル?   01/19 15:02
自然体で気兼ねも気負いもなく付き合えて、けれど愉しいクルマ。Fordを30年以上にわたって乗り継いでいます。 2016年をもってFordは日本から事業撤退しま...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
ファン
44 人のファンがいます
愛車一覧
フォード フィエスタ フォード フィエスタ
「均整」「端正」「抑制」いまのカーデザインが忘れた3つのSeiを備えた小粋な実用小型車で ...
フォード フォーカス (ハッチバック) フォード フォーカス (ハッチバック)
Ford Focus SE/2003 year model/Zetec 2,000cc/ ...
フォード フォーカス (ハッチバック) フォード フォーカス (ハッチバック)
“出来のよいGTハッチバック”という印象が強かったST170。意思に忠実な走行感覚とレカ ...
フォード Ka フォード Ka
Kaらしからぬバンパーまでフルカラードの仕様。MTのダイレクトなフィーリングは後にも先に ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.