• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ロボ部長のブログ一覧

2017年07月17日 イイね!

「吊るし」のフォード

「吊るし」のフォード連休最後も休みだったので、川向こうの都内へ自転車で買い物に出かけたらフィエスタが駐車場にいるのを見つけました。このような、少なくとも外見的には吊るしのまま乗られているフォードを見るのはとても好きです。というのも、日本だと特に欧州フォードはクルマに対してなんらかのこだわり・一家言を持った方が選ぶことが多いように言われ、それはそれで誇らしいのですが、一方でもっと気軽に選ばれる存在であってほしいとも考えているからです。

こういう「デフォルト状態」のフォードは、もしかするとそんなにフォードに特別な思い入れはなくても、ちょっと良さそうな感じがしたので買ってみました・・といった方がオーナーさんかもしれず、そういったオーナーさんが増えていたらフォードもこの国でより市民権を得られるかもしれないーと、いまでも思っています。
このフィエスタは自分の感覚でいえば、近年ではダントツで日本で目にする頻度が高いフォード車(注:エクスプローラー・マスタングを除く)です。サービスやリセールバリューの点で不利とされるフォードでしたが、単にフォード→フォードの代替需要でなく、それ以上の新規ユーザーを引き寄せるに足るだけの魅力を、このフィエスタは確かに備えていたと思います。私が思うその魅力とは以下のようなことです。

・この国で扱うことをちゅうちょさせないサイズ感
・機能とスタイリングに凝縮された充実感が備わり、ダルな余白感がない
・「リッターカー」にして俊敏な動的性能という意外性
・値頃感(安さでなく内容に対する価格の適切さ)
・「良さそうかな?」と思いつつ迷っている人の背中を押してくれるストーリー性(SNSやメディアでの高評価など)

これらのポイントが一定レベルで確保されつつ、もちろんメンテナンスやサービス面での確証が得られれば、たとえそれまでフォードに縁がなかった人からも選ばれる。フィエスタはそんなクルマだったのではないでしょうか。
Posted at 2017/07/17 21:43:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | Fiesta | クルマ
2017年07月16日 イイね!

ようこそ、真紅のGhia様!

ようこそ、真紅のGhia様!昨日は、いつもならアクエリアスのGhiaがいる我が家のカーポートに、それはそれは色鮮やかなコロラドレッドのGhiaが収まっていましたーみん友さんで、同じ6代目フィエスタGhiaオーナーでいらっしゃるghiaさんが市川市の千葉県立現代産業科学館へお越しになったのに合わせて、地元市川でのプチプチオフ開催と相成りました。ghiaさんはすでにご自身のフォトアルバムでもアップされている通り、私たちにとっては共通のご先祖様であるT型フォードに会いに神奈川からのご遠征でした。せっかくmy hometownへのご来訪なので、地元ではよく知られた本場イタリアから材料を仕入れて組み上げられた窯で焼き上げるピザハウスでのランチなど、昨年の箱根でのEFM以来となる楽しいひとときを過ごさせていただきました。

ちなみに、やはりせっかく市川までお越しいただいたのだから・・ということで、少し前まで私のブログで何度か紹介していたフォーカス・エレクトリックが留置されていたTDKの研究所敷地も訪ねてみました。観光名所や著名なスポットをすっ飛ばし、いきなりそういうところをご案内してしまう私もどうしたものかな〜(^^;)と思いつつ、ghiaさんには喜んでいただけたでしょうか?実車がまだそこにいればよかったんですけどね!

実は、いまのフィエスタを選ぶときにはコロラドレッドが第一希望でした。この6代目のフォルムにはそれがもっともよく合っていると思ったからです。外見的にはGLXの半黒バンパー/黒グリル+コロラドレッドが自分にとってのbestアピアランスだといまでも確信しているほど。もちろんアクエリアスもフォードらしいブルーで気に入っているんですけど、やはりコロラドレッドのフィエスタはいいな〜シャキッとした面と線が引き立ち、かつ実用車らしい黒いモール類とのコントラストが効果的に決まって「チャーミングな日々の道具」といった趣が魅力的です。ghiaさんのフィエスタは特にボディ外装の状態が良好なので、なおのことその魅力が際立っていますね。


Posted at 2017/07/16 11:01:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | Fiesta | クルマ
2017年07月14日 イイね!

暑中お見舞い申し上げマスタング

暑中お見舞い申し上げマスタング毎日暑いですねぇ・・今日も東京都心は焼けつくような日差しで、昼食どきに外を歩いていても思わずクラッときそうです。そんな中、外苑東通りを野太いエグゾースト音とともに走り抜けていくクラシックなマスタング。リアのコンビランプがコンパクトだからかなりの初期型でしょうか?レストア済みといった整った佇まいゆえ、エアコンだって実はそれなりにアップデートされているのかもしれないけど、あえてサイドウインドウを全開に、三角窓も開け放ち、左腕をやおら突き出して走らせる姿はいかにもアーリー・マスタングにぴったりです。この軽快な印象こそまさしくポニーカー!
まだまだこれからこそが夏本番ですが、皆さま暑さに負けずに行きましょう!!
Posted at 2017/07/14 20:11:07 | コメント(1) | トラックバック(0) | Mustang | クルマ
2017年07月13日 イイね!

シマウマ!

シマウマ!・・・っていうほどシマシマ模様でもないけれど、白地に黒いストライプのお馬さん。
このパターンの逆、ブラックボディにホワイトのレーシングストライプは何度か見たことがありますが、こちらの組み合わせは初めてでした。もともとホイールまでブラックペイントされた50 YEARS EDITIONだけに、ホワイト&ブラックのあえて色数を抑えたモノトーン・コーディネートもクールに決まっていますね。よく見ると、ブラックストライプの縁には細く赤いラインが走っているのがおわかりになりますか?

マスタングも最新型になり、今日の各車と同様、側面衝突対策などの影響でウェストラインが上昇したため、サイドパネル面が縦方向にちょっとボリューム過多かな?と感じることが間々ありました。その点ではドアパネルにブラックのストライプを走らせることで、黒いホイールと連続した前後方向の動感を演出するだけでなく、ボディサイドのボリューム感を効果的に削いでいるのもうまいなぁと感じます。しかしマスタングって、いろいろなモディファイが決まるクルマですね。
Posted at 2017/07/13 22:08:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | Mustang | クルマ
2017年07月11日 イイね!

主(あるじ)を待つ仲間、13台

主(あるじ)を待つ仲間、13台カーセンサーnetにアップされる6代目フィエスタの中古車が、ここへ来てじわじわと増えています。今日(7/11)時点で全国30台のフィエスタ中古車がヒットする中で、6代目が実に13台を占めます。この期に及んでずいぶんユーズド市場に流れてきているなあという印象です。実際には、もうだいぶ以前からアップされたまま動かずにいる在庫車も多いのですが(先日ブログで取り上げた奈良のGhiaは例外的に早いsold outでした)、STの在庫はいまのところなく、大半がGhiaでGLXはごく少数といったところ。

6代目はMC後の後期型国内最終期モデルでもちょうど10年前、前期型のもっとも初期にデリバリーされたモデルだと、悪名高き初年度登録後13年経過対象となり、いま所有するなら諸税が跳ね上がる憂き目にあいます。
強い主張に欠けるスタイル、実用燃費もよろしくないレベル、最新水準のインフォマティクスや予防安全装備も持たないなど、昨今のご時世ではもはや不利な条件下にあるとはいえ、自らもオーナーの端くれとして、このクルマにはいまなお確かな魅力があることを訴えたい。もし、かつてのごくごく普通のヨーロッパ車がたたえていた「ごく当たり前の」感覚を好む方なら、むしろこの時代だからこそ朴訥な味を堪能できるに違いありません。

背伸びせず、飾り立てず、しかし気のおけない信頼感を乗るたびに伝えてくれる存在はもはや貴重になりつつあります。メンテナンス面の課題さえクリアできるなら(実はそれがかなり重要なポイントであるのは確かですが・・)、これだけ手頃なタマの選択肢に恵まれているいま、ぜひ6代目ならではの感覚を一人でも多くの方に味わっていただきたいなぁ、と思うのです。
Posted at 2017/07/11 23:06:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | Fiesta | クルマ

プロフィール

「埼玉の138万初代フォーカスRSがサイトから消えた。売れたかな?それにしても最近、RSと名のつくフォードを見ていない・・たまにはスパイシーなブルーオーバルにも出会いたい。」
何シテル?   07/20 08:42
自然体で気兼ねも気負いもなく付き合えて、けれど愉しいクルマ。Fordを30年以上にわたって乗り継いでいます。 2016年をもってFordは日本から事業撤退しま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ファン

47 人のファンがいます

愛車一覧

フォード フィエスタ フォード フィエスタ
「均整」「端正」「抑制」いまのカーデザインが忘れた3つのSeiを備えた小粋な実用小型車で ...
フォード フォーカス (ハッチバック) フォード フォーカス (ハッチバック)
Ford Focus SE/2003 year model/Zetec 2,000cc/ ...
フォード フォーカス (ハッチバック) フォード フォーカス (ハッチバック)
“出来のよいGTハッチバック”という印象が強かったST170。意思に忠実な走行感覚とレカ ...
フォード Ka フォード Ka
Kaらしからぬバンパーまでフルカラードの仕様。MTのダイレクトなフィーリングは後にも先に ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.