• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

naka3051のブログ一覧

2005年05月31日 イイね!

☆私的燃費記録更新

☆私的燃費記録更新11.1km/L 
 ついに、苦節6ヶ月(短かっ!)、ついに、リッター10kmの大台を超えました、でかしたOB!Good Job!
 とか興奮気味ですが、実は前車フォレ君でも10kmを超えたのは1回くらいだったのでしっかり誉めてやりたいと。ご褒美に普段はやらないのに、ピカピカに磨いてやりました。
・・・もちろん、翌日から雨が降ったのは予定通り(泣)

 実は今回は少し狙っていたんですね。先々週は約150km走って「名草巨石群」に行ったし、先週末は350km「金谷ホテル+奥日光」・・・ま、いろは坂とかは結構飛ばしたのですが、高速ではクルコンで最左車線キープしました。
 大体1割強いい数字になる車載燃費計で、11.5km/Lだったので満タン法で10km/Lいけるかと思ったら予想以上でした。ちなみに生涯燃費(燃費計)は9.5km/Lぐらい。今週末も遠出しようかなぁ。

※あと、前回給油以降インフォエコモード解除しています。アクセル開度により自然な(リニアな)反応なので、解除した方が良いような気もしてきました。せっかくトルキーなエンジンですし、何より気持ちいいですから。
Posted at 2005/05/31 13:31:16 | コメント(3) | トラックバック(1) | ☆BP-OB近況報告 | クルマ
2005年05月29日 イイね!

▽我が家のアイシン製品

OBにアイシン精機の部品が使われているどうか知らないのですが、我が家で唯一はっきりとアイシン製と分かっている製品があります。それは・・・ベッド

ジェルベッド(マットレス)と呼ばれるものですが、何故かこれ、アイシンで作っているんですね。いいですよ。背中全体(特に腰のあたり)でじっくり支えられる感じが快適。ウォーターベッドのように揺れないのも良。ヒータ入りなので冬はいつも人肌に暖まっていますし(これ冷え性の方には最高)これにして以来、腰痛とはすっかり縁を切ることが出来ました。最高級スプリングマットレスの機能が手軽な値段で手にはいるし、なんと言ってもスプリングの「へたれ」がないので耐久性もOK。

実は耐久性が一番心配だったのですが、アイシン製と聞いて信用してもいいかと思い購入に踏み切りました。現在4年目、当然、全く寝心地は変わりません。もっと普及しても良さそうなのに、と思うのですが・・・(笑)
Posted at 2005/05/29 23:30:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▽Good! Goods! OMG! | 暮らし/家族
2005年05月28日 イイね!

□北関東グルメドライブ--日光~湯元~加須

□北関東グルメドライブ--日光~湯元~加須我が家からは日光、中禅寺湖、戦場ヶ原方面はアクセスが非常にいいためドライブの定番コース。すでに行っていない所を「探す」状態になっているので、今回は昼ご飯を食べに行くという企画(贅沢です、ハイ)ギャラリーは「日光金谷ホテル」をどうぞ。
 走り出して約90分、快適な高速ドライブであっという間に日光に到着。実は昼食を中禅寺金谷ホテルで、と思ったのですが、残念ながら当日は結婚式が入っているとのことで、日光金谷ホテルを予約しました。こちらはいわずと知れた日本のクラッシックホテルの重鎮、食事もいいのですが建物自体に多く見所があります。一朝一夕では出てこない雰囲気が魅力ですね。ただし有名で観光地にあるため、多少落ち着かない部分もあります。本当に食事を楽しむなら、(こちらを読まれる方は皆さん車で出かけることもあり)中禅寺金谷の方が良いというのが個人的な意見です。お値段的にも中禅寺の方がお得のような気がします(笑)
 昼食後はいろは坂を登り、中禅寺湖→戦場ヶ原→湯元温泉へとドライブ。(ここからは「奥日光~加須」をどうぞ)天気がイマイチだったため一番のお気に入りの光徳牧場はパスしました。湯元温泉は残念ながら寂れて久しい所ですが、まだ行ったことのなかった源泉を見に行きます。湿地帯にある源泉はこぢんまりとしていて、期待していた温泉卵とかはありませんでした。入浴の出来る温泉寺を眺めつつちょっと散歩。そこかしこから湧き出る温泉は硫黄の香りたっぷりで情緒はあります。
 さて、この時点で時間は夕方16:30、あたりですでにネタ切れ(笑)の我々はここから一気に埼玉の加須市大返しを敢行。加須は何故か手打ちうどんで有名(少しだけ有名)なのでナビ検索してうどん屋さんを巡ります。入ったのは「久下屋脩兵衛」というお店。うどんは思っていたより上品でしたがお値段は非常にリーズナブル。機会をみてまた他の店も行ってみようと思いつつ家路につきました。

この日の走行距離 約350km
出会ったOB 6台! (ランカは5台!)
定番化したドライブコースでの新発見--少しだけ
おすすめしたいスポット--沢山!
Posted at 2005/05/29 17:55:45 | コメント(1) | トラックバック(1) | □近場で発見の旅 | クルマ
2005年05月27日 イイね!

▽家族メール

先日妻がやっと、iモード契約をした。で、私はやっと家族メールをすることが出来るようになった。この数日、「今日は徹夜で帰れない」メールから、「週末出かけるぞ」メールまで結構重宝している。
で、妻からすかさず返信「楽しみにしています~」と。文字になるとなんだかドキドキするね(笑)。
Posted at 2005/05/27 18:14:02 | コメント(3) | トラックバック(0) | ▽徒然に車以外の話 | パソコン/インターネット
2005年05月24日 イイね!

★わざわざ名前をつける車なのか?

★わざわざ名前をつける車なのか?久しぶりにマル君登場(笑)。エレベーターで乗り合わせると、やや興奮気味に
「今度出たエアウェイブっていいですよね!」と車の話題の割には珍しく目に生気が満ちあふれています。私には興味のない車なのだけど理由を聞いてみると
「実用的ですし、気持ちよさそうじゃないですかっ!」と明快な答えが。
「試乗してみたの?」と聞くと
「いえ、CM見ただけですけど」と・・・。


 我が家は30代後半の夫婦二人で子供なし(多分この先もつくらないと思う)なので、車の選択に制限はほとんどありません。大抵乗車人数は2名、アウトドア用の道具を積み込むこともあるけど、実際はセダンでも問題はないレベル。車に求める条件として、いわゆるユーティリティーという部分のプライオリティーは低いのです。年のせいか快適性という部分のプライオリティーが高まりつつありますが、やはり一番気になるのは走る、曲がる、止まるという基本的な性能。もちろん安全性にもこだわりますが、基本性能が高次元であることが、安全性の高さの必須条件でもあるとも思っています。(そういう私の個人的な意見として以下をお読み下さると助かります。)

 そういう状況なので車の床が平らであるとか、シートアレンジが自由であるとかはにはあまり惹かれる事がないのです。ましてや天井がガラスであるとかはほとんど興味がないのです。というか、むしろ、一目見て分かり易いそういう部分の評価を重視してはいけない!とアマノジャクな私の中の小人が叫ぶのです。

 多人数が乗れる、ウォークスルーが出来る、というような「必要を満たす要素」(これがまさにユーティリティーと言うことですが)は車の売れ行きを左右する要素なので、各メーカーは血眼になって開発をするし、広告でも大きく打ち出す部分です。それ故、「今必要とされている事(ニーズ)」に沿った形での車は雨後のタケノコのように沢山出てきます。そんなタケノコの中で一寸他から抜きんでるため、屋根をガラス張りにしたりするんでしょうね。本来は他との差別化は、「走る、曲がる、止まる」といった基本性能の高さでつけてもらいたいな、と個人的に思う反面、そういう分かり難い部分って打ち出しにくいだろうなと納得してみたり。(実際のところ、エアウェイブの走りは良いようですしね。)

・・・それでも、私のアマノジャクな小人は声を嗄らして「それでいいのか?」「わざわざ名前をつける車なのか?」と叫んでいます。屋根をガラスにするのは、プジョーが一つの仕様として前からやってるよ。きっと他のメーカーもすぐそういう車を作るよ。その時新たな車種名をつけたこの車はどうなるの?と。訴えるべき所が違うんじゃないか、と。

 私はホンダが好きでした。20年近く前、初めての海外旅行で行ったアメリカ。NYでは見かけなかったシビック(CVCC)がWashington.DC.では沢山走ってました。嬉しかったです。その後アメリカで日本の車の評価が上がっていったその先駆けだったのではないでしょうか。「子供達に青空を」というフレーズには共感できますが、「車の屋根に青空を」という広告戦略(差別化)は安易に過ぎるような気がします。

 ニーズは誰にでも把握することが出来ます。「今必要とされている事」に気が付くのが早ければ、数年ライバルに先んずる事が出来るでしょう。ただし、それはたったの数年のことなのは発表後爆発的に売れたフィットと、後発ながら継続的に売れているヴィッツの例を見れば明らかでしょう。(もちろんヴィッツを後追いで出したTOYOTAを誉める気には到底なれませんが)

 また、ホンダのCMはとても上手です。この数年のファミリー向けCMのBGMの心地よさ、楽しさはあか抜けない某S社とは雲泥の差です。でも、その上手さが仇にはならないか心配です。「気分を売る」CM戦略によって、技術メーカーが窮地に陥る事を私達は最近ソニーの例で知りました。同じく、数多く高い基本性能技術を持っているのに、安易な戦略をとりつづけるとホンダはどうなるのだろうと最近よく感じるのです。杞憂であればいいのですが・・・。

長い独り言になってしまいました(笑)
Posted at 2005/05/24 12:38:14 | コメント(1) | トラックバック(0) | ★マル君との会話 | クルマ

プロフィール

「▽古いスピーカーはどうしよう? http://cvw.jp/b/122372/42279871/
何シテル?   12/10 22:12
アウトドアマンを自負するが、 この数年キャンプをしていないし、 この数年リフトに乗っていない。 釣り師を自負するが この数年ラインを交換していないし、 ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2005/5 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

お友達

よろしければお友達の登録をお願いします。
62 人のお友達がいます
モリヤスモリヤス * くろネコくろネコ *
しろへーしろへー * 覆面える覆面える
ELTENELTEN やせふくろうやせふくろう

ファン

41 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レガシィ アウトバック 小豆色OB (スバル レガシィ アウトバック)
2013年8月21日に発注。 9月23日にラインアウト。 10月5日納車されました。 歴 ...
スバル レガシィ アウトバック スバル レガシィ アウトバック
迷った末に・・・結局スバル車orz 2004年11月~2013年10月05日 エンジン ...
スバル フォレスター スバル フォレスター
2000年9月~2004年10月 良く出来た道具としてとても頼りになった車。 スバル車と ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
1992年~2000年9月 3代目にして生まれて初めての新車。 スバル車としては2台目。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.