• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

P.N.「32乗り」のブログ一覧

2022年06月22日 イイね!

資料室整理

資料室整理最近、月一回のペースで親睦会をやってます。
お馴染みの焼肉屋さんで夕食をとり、その後、知人のスナックでやもやま噺という感じです(笑)。

で、スナックのスタッフさんに資料室整理で出てきたDVDなんかを差し上げてます。
映画の噺もたまに出るのでね(笑)。

先回は、『ウエストサイドストーリー』を(もちろん、旧作の方)。
で、今回は、『サウンドオブミュージック』(画像)。
インターミッション(中断)が入る3時間近い大作ですね、両方とも。
おそらく、ミュージカルはもう観ないと思うので ・・・ 前に書きましたが、どうもミュージカルは苦手です(汗&笑)。

で、久方ぶりに観た『サウンドオブミュージック』。
あれ、背景はナチス台頭の頃の物語だったんですね、考えさせられました。
ドイツとの併合が進むオーストリアが舞台でした(今さらながら)。
名曲「エーデルワイス」を忌々しそうに聴くナチス将校が印象的です。
「わが祖国よ、永遠に」という歌詞にね ・・・

ヨーロッパも ・・・ ですね。
「戦争」と呼んでいいのかどうかわからない状況が4ヶ月も続いています。
21世紀に現れたピョートル大帝は ・・・ です。
そのうち、21世紀の永楽帝も ・・・ です(自粛)。
こういうのって、「勝者の歴史」になるから、
なんか ・・・ 背筋が ・・・ ね。
両国とも、国際社会で尊敬される(はずの)常任理事国です。

国連が機能しないのは、中学生でもわかりますよね(諦観)。
これまた名曲『花はどこへいった』を久方ぶりに聴き直しました。
また、ノーベル文学賞受賞の歌もね、ボブ・ディラン氏の。

はたして、若い彼女たちには ・・・ わかるかなぁ。
円盤を操作するのもって言ってたから ・・・ あー、嫌な時代だ。


Posted at 2022/06/22 06:36:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画・芸能ネタ | 音楽/映画/テレビ
2022年06月20日 イイね!

串田さんのボーカルが好きだ

串田さんのボーカルが好きだ♪ ほんとにほんとにほんとにほんとに ライオンだー
ずぅ~っと和田アキ子さんが唱っていると思ってましたよ、若い頃(笑)。
串田アキラさんのボーカルが好きなんです。

『キン肉マン』のテーマ曲って傑作ですよね。
キン肉マン、来年でテレビ放送40年ですよね。
♪ あー 心に愛がなければ スーパーヒーローじゃないのさ ・・・ 良いですよねぇ~。
それと双璧をなすのが『太陽戦隊サンバルカン』の主題歌及びエンディングソングです(遠い目)。
戦隊モノは、弟達もはまらなかったようですが(笑)、3人でやってるのは珍しかった記憶です(中味はもうすっかり忘れていますが)。
歌だけは覚えているモンなんですね(笑)。

で、そのエンディングソングが『若さはプラズマ』。
日産がそれを聞いていたかどうかは知りませんが、トヨタレーザー、マツダマグナムに感化されたのか、日産は「プラズマ」って言い出しました。
サンマル後期ぐらいからだったと思うから、1983(昭和58)年ぐらいですよね。
トヨタ・マツダより遅れをとっています(笑)。

日産プリンセスが口ずさんだのは、それ故かな(爆)。
♪ もーえあがる(燃え上がる) も~えあがる 心はプラズマー
そんな鼻歌を唱いながら描いた気がします、今回(爆)。
♪ 行こうぜ 行こうぜ サンバルカ~ン

なんか高揚するんですよね、串田さんボーカル。
日産プラズマよりサンバルカンの方が先でしたよね(曖昧)。

あ、画像ですよね(汗)。
今度の関西舞子で主宰さんに渡そうと思っているイエローカードです(爆)。
先回、苦労されていたようなのでね(爆)。
キカイダーはめんどくさいのでね(爆爆)。

7月は関西舞子って思っているんですが(晴れたらね)、
奥多摩の会と重なるんですね(汗)。
奥多摩でオファーいただいたイラスト2点(ミゼットⅡDATSUN280Z)、描き上がる予定ですが ・・・ お待たせするのはって思うけど(汗)。

Posted at 2022/06/20 06:19:55 | コメント(3) | トラックバック(0) | 映画・芸能ネタ | 音楽/映画/テレビ
2022年05月22日 イイね!

次は『シン・仮面ライダー』らしい

次は『シン・仮面ライダー』らしい昨日ネタのつづきで ・・・

その前に昨日言い残したことを(汗) ・・・
ウルトラマンの顔、ちゃんとド初期型のようなモノもありました(大喜)。
『シン・ゴジラ』みたいに進化していきました。
登場時、まだ銀色まみれのの顔が、懐かしいド初期モノだった気がします(汗&笑)。
だんだん、シュッとした感じの顔になっていきましたね。

で、予告編で『シン・仮面ライダー』が告知されました。
今度は東映絡みでしょうね(曖昧ぃ~)。
でも ・・・ やはり「蜘蛛男」なんですね。
オリジナルを大事にする庵野さんだから(笑)。

でもなぁ~ ・・・ 「蜂女」でやってくれないかなぁ(画像)。
21世紀の初め頃(曖昧ぃ~)に『仮面ライダー ザ・ファースト』ってのがあって、石森原作に沿った感じのが作られたんだけど ・・・ あれも、「蜘蛛男」「蝙蝠男」「コブラ男」だったような(原作に沿ってる)。
ただ、ヒロインは「緑川」まではいっしょだったけど ・・・ 自粛。
今度はちゃんと「緑川ルリ子」のようで、かわゆい浜辺美波嬢(麻雀映画からの軽いファンです)が演じられます。
前作「緑川」のようにはなって欲しく ・・・ じ、自粛(汗)。

で、「蜂女」、はげしく推したいです(ははは)。
どうせWライダーなんだろうから、W蜂女で(あはは)。
キャストは、蜂女1号は、菜々緒さん ・・・ ライダーを思いきり踏みつけて欲しい(ぎゃははは)。
で、蜂女2号は、ドラマーでもあるシシド・カフカさんで ・・・ ライダーをどつき回して欲しい(あっはっはー)。
・・・ 無理だろうけど(ご丁寧に絵まで描いて ・・・ 汗&笑)。

アーティストとかいうのに唱わせて欲しくないな~、エンディングソング。
できたら子門真人さんの声が聴きたいですよね(爆)。

でも、『シン・仮面ライダー』も楽しみにしたいと思います。 
Posted at 2022/05/22 06:01:38 | コメント(2) | トラックバック(0) | 映画・芸能ネタ | 音楽/映画/テレビ
2022年05月21日 イイね!

観てきました、『シン・ウルトラマン』

観てきました、『シン・ウルトラマン』5/18(水)、大高のイオンシネマでね(画像)。
いやぁ~、よくできてました。
『ウルトラQ』世代も大満足ですね。
願わくば「帰ってこない」ように ・・・ 爆。

ネタバレにならないように ・・・ 汗、
怪獣(本作ではなんか難しい文字でしたが)は、CMでもやっているので ・・・ 東宝と円谷のかかわりの深~いモノでした。
『ウルトラQ』の時に東宝からかり出された「地底怪獣バラゴン」を改良した「パゴス(画像)」由来でした。
コレ、『ウルトラマン』で「ネロンガ」に化けます。
そして、「ガボラ」にも ・・・ 着ぐるみの頃です(しみじみ~)。
東宝・円谷にしっかり仁義通してますね(笑)。
後半の宇宙人シークエンスでは、「ザラブ&メフィラス星人」でした。
これも、メフィラス星人のお話しを知ってるオバ還世代には納得でした。
あの時も、科学特捜隊(本作ではなんか難しい文字に)のフジ隊員(桜井浩子さん)が巨大化します(CMでも長沢まさみ嬢がでかくなってます)。

「あれがウルトラマン」 ・・・ 平成ガメラシリーズをホーフツとさせます。
「あれが ・・・ ガメラ」 ・・・ 
初々しい水野美紀(真紀の方かな)嬢が言ってましたね。
間の取り方までそっくり(爆)。

音楽も昭和のモノを使っていて、子供の頃に戻った楽しい2時間でした。

私的には ・・・
最後も少年少女合唱団のモノでやって欲しかったな。
まぁ、『エヴァンゲリオン』で当ててるから ・・・ ああなるのかなぁ。
♪ 来たぞ われらのウルトラマン でね(爆&爺だ)。

定番のレッドキングやバルタン星人が出てきてないので ・・・
これは「帰ってくる」のかな(あはは)。
Posted at 2022/05/21 06:07:59 | コメント(2) | トラックバック(0) | 映画・芸能ネタ | 音楽/映画/テレビ
2022年05月14日 イイね!

こんなのも(画像)出てきました

こんなのも(画像)出てきました『シン・ウルトラマン』封切られたようですね。
これは観に行かんとって思っています(笑)。

で、家人から「がらくた部屋」と揶揄される資料室に、『ウルトラQ』のフィルムブックスがありました(全7巻コンプリートです)。
第6巻は、最近他界された、飯島敏宏さんの作品です。
おじさん大好き、ケムール人は飯島さんのなんでしたね。
『2020年の挑戦』というタイトルでした。
オバ還世代は、「ケムール人走り」やりましたよね(遠い目&笑)。

中に入っていた方は ・・・ あの ・・・ 古谷敏さん。
そう、後にウルトラマンの中に入った方で、『ウルトラセブン』のアマギ隊員です(笑)。
ついでに言うと、ケムール人はバルタン星人になったようです。
限られた制作費の中で、いろんな工夫がなされたようです。

今度のウルトラマンは ・・・ あ、CGでしょうね(汗)。
庵野さんらしく、CMのスペシュウム光線のくだりはまるで「ナウシカ」です ・・・ あのオウムだったかな、芋虫みたいなのの殺略シーンにかぶる(遠い目)。

なんかご当地では、名古屋鉄道(いわゆる「名鉄」)が宣伝に協力しているようで、ナナちゃん人形がウルトラマン化しています(笑)。
しかも、「シン」と名の付く名鉄の駅で記念切符が手に入るとか ・・・ まぁ、そこまでファンではないですが ・・・
あ、 シン ・・・ シンマイコ(新舞子)が ・・・
明日の帰りに寄ってみようかな ・・・ 爆。
Posted at 2022/05/14 06:29:02 | コメント(6) | トラックバック(0) | 映画・芸能ネタ | 音楽/映画/テレビ

プロフィール

「FRを残しても良いのではないか http://cvw.jp/b/1590601/46221378/
何シテル?   07/03 05:25
P.N.「32乗り」です。よろしくお願いします。 家族用・仕事用にカングービボップも使い始めました。 2018(平成30)年6月15日、カングービボップから...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2022/7 >>

      1 2
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

愛車一覧

アルピーヌ A110 不二子ちゃん(笑) (アルピーヌ A110)
ピュアです。 みんカラの車種では「タイプ」から選択できませんでした。 「アガリのクルマ ...
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
1991年式スカイラインGT-R ガングレーメタリックの当時モノオプション満載車です。 ...
ルノー トゥインゴ ルノー トゥインゴ
カングービボップからの乗り替えです。 2018(平成30)年6月15日から 32相棒カ ...
ルノー カングー ルノー カングー
家族用のトヨタポルテからの代替えで、どうしてもMTにしたかった。 「おまえの運転はまだま ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.