• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

P.N.「32乗り」のブログ一覧

2019年09月30日 イイね!

悪銭苦闘のプリンス店(しみじみ~)

悪銭苦闘のプリンス店(しみじみ~)私がクレスタ24バルブを買った頃、
プリンス店は画像のようなことをやってました。

「なるほど・ザ・お買得!」 ・・・
キンキン(愛川欽也さん)の番組が流行っていた頃かなぁ ・・・ しみじみと遠くを見る(笑)。

まずは、スカT(後輪リジッドだよ) ・・・ 
スカイラインにエアコンがついて128万円は、テールランプ(だけじゃないけど・・・)にこだわりがなけりゃ「お買得だ」。

で、ラングレーが新しくなってますよね。
「ミッシェルバージョン」なんて聞いたことなかった(汗&笑)。
ミッシェル・ゴマなんて知ってますぅ?
ローレルに「ジバンシィバージョン」が加わった頃かしらん(曖昧ぃ~)。

で、「第一回スカイライン専用オリジナルカー用品セール」 ・・・
これ、今やったらすっごい値段で取引されるでしょうね。
「ADマッドフラップ」なんて ・・・ ね(爆)。
今じゃ、バイザーなんて付ける人、少ないみたいだけど、この時期は、「ドアミラーバイザー」まであったんですね~♪

コロナマークⅡ3兄弟のトップグレードブームが浸透していく中で、
プリンス店は悪戦苦闘していたんだなーって思いました(しみじみ~)。

Posted at 2019/09/30 11:25:03 | コメント(5) | トラックバック(0) | 旧車ネタ | クルマ
2019年09月29日 イイね!

こっちへ行ってしまった(遠い目)

こっちへ行ってしまった(遠い目)このリヤスタイルに惚れてしまった(画像)。
さすがにツートンは見送ったけど、
ツインカム24専用カラーのパールマイカを選びました。

コレ、昔、ロングノーズドカリーナかとスクープされたヤツですよね(曖昧ぃ~)。
カリーナHTは、セダンの縦テールに対して、横長テール、何となくカリーナHTっぽいですよね。

個人的には、フロントはゴーイチの角目4灯、リヤはロクイチがいいですよね。
この当時、スカイラインのリングテールよりも魅力的に映りました(まぁ、デザインは個人差が出る)。

で、若気の至りの ・・・ ECT(電子制御式4速AT)!
このクラスは、トーゼン、オートマっしょって思ってました。
全長4670㍉、キャリアで最も長いクルマでした(でも、5ナンバー枠)。

今でも、「なんでセリカXX2000GTツインカム24にしなかったかなぁ」って思うことがありますが ・・・
フル装備のクレスタ24バルブの方がお値打ちになるんですよね(XXはエアコンとかopだし)。
XXにしてたら ・・・ 憧れの「ニセンGT」だったのにね。
ロクイチ系はトップグレード(グランデ・アバンテ・スーパールーセント)の追加グレードでした ・・・
もー、どーして、素直に「クレスタニセンGT」にしないかなぁ!

32は「2600GT」なんだなー ・・・
私、いまだ、憧れの「ニセンGT」に乗れてないんですよ~(ははは)。

でも、久方に見直した、ロクイチクレスタ ・・・ 良いですよね。
Posted at 2019/09/29 11:19:46 | コメント(3) | トラックバック(0) | 旧車ネタ | クルマ
2019年09月28日 イイね!

やっぱり ・・・ こっちの方が、ね(笑)

やっぱり ・・・ こっちの方が、ね(笑)1980(昭和55)年春、トヨタビスタ店立ち上げの主力車・クレスタ。

ポール・ニューマンバージョンと同時期には、
マイナーチェンジされ、1G-G・直6・24バルブエンジンも追加されてました。
1984(昭和59)年3月に、
私はもうモデル末期のコレ(画像は5MTですが、私は、根性なしのECT)を選びました。

だってぇー、憧れの直6ツインカム24だもの(偽らざる本音ですね)。
だってぇー、ふつーのルーセントシートより若向けだしぃ~、でも、リヤセンターアームレストだしぃ~(なんであの時、こんなに憧れたんだろう)。
スカGと同じ4独サスだし ・・・
リーフリジッドや4リンクリジッドに飼い慣れされた(笑)、
我が家の住人たちも「良い車買ったね」と ・・・ 乗り心地の違いはわかる。

購入当時のカタログは、もう売り切り特選車「エクシード」のモノでした。
エクシードには、ふつーのルーセント用のラグジュアリーシートになってました(しみじみと遠くを見る)。
この次の代の、マークⅡ3兄弟が馬鹿売れするんですよね(月販3万台!)。

ポール・ニューマンバージョンが良いとはわかっていても ・・・
やっぱりこっちだったなぁ~、なんせ ・・・ トヨタ党(ははは)。
スカイラインの方向性がぶれ始めるのも、仕方なかった気がします。

ゴーイチ(ロクイチ)からハチイチ前期までは、マークⅡの圧勝でしたね。
そりゃ、セブンス(やわらかい高性能の都市工学)になるよね。
でも、サンマル後期ですでにマークⅡの土俵に上がっちゃった気がします。

あ、先日、ネットカフェで某新車情報誌の400Rの試乗記事ながめましたが
なんで4気筒ターボのBMW3シリーズと、
1.4リッターしかないメルセデス(もうベンツと呼びたくない)のCクラスと比較するんだぁ~(1.4リッターターボってランサーフィオーレか)。
同じ6気筒持って来いや! って感じました ・・・ わかってんのかな?

新車情報にとんと疎い私でした(ははは)。


Posted at 2019/09/28 11:30:20 | コメント(4) | トラックバック(0) | 旧車ネタ | クルマ
2019年09月27日 イイね!

ハード&リッチ ・・・ ポール・ニューマンバージョン

ハード&リッチ ・・・ ポール・ニューマンバージョンサンマル後期は、ゴージャスへ舵を切りましたね(しみじみと遠くを見る)。

超ハードの「RS」にすら「X」の付くグレードが新設されます(まぁ、金バッジエッセンスを加えた感じ? 笑)。
で、直6「GT」にも、ついに、ついに、
ターボGT-ESにポール・ニューマンバージョンが追加されます(画像)。

スカイライン金バッジの伝統、パワーウィンドゥの操作位置はセンターコンソールに(コレ、憧れたんですよね~)。
さらに、RSでは本革巻き「風」であったハンドルが「本革」に。
シートは「パサージュ」までとは言わないものの、ケッコウ、豪華版に(笑)。

ジャパン以降、赤バッジ・ESは、走りの装備を盛っている分、
内装・アクセサリー面では簡素という、昔ながらの味を出してましたが、
コロナマークⅡ3兄弟の「グランデ」シンドロームが起きてくると、そうハード・簡素だけではという感じになったようです。

で、日産車としては「ジャック・ニクラウスバージョン」に次いで、名前の付いたクルマがスカイラインに設定されるワケです。
ちなみに ・・・ 「お初」はターセル・コルサの「百恵」セレクション(爆)。

ちなみに ・・・ これは欲しかったんですよ、でもね ・・・
明日につづくのだー(これこれ)。
Posted at 2019/09/27 11:46:33 | コメント(4) | トラックバック(0) | 旧車ネタ | クルマ
2019年09月26日 イイね!

当時のカタログは、今と違って味わい深い

当時のカタログは、今と違って味わい深いサンマルスカイラインのマイナーチェンジは、1983(昭和58)年。
日産がV6を次々と発表していく年です。
しかし、スカイラインは「直6命」で、その搭載を拒みます ・・・ 21世紀までV6搭載を拒否しました(しみじみ~)。

サンマルは、L20、古~い直6ですが、
そのカタログには ・・・
「・・・ 高名な自動車評論家から型式名を変えなさい、と助言されたほど現在のエンジンは原形をとどめず改良に改良をかさね ・・・」とあり、
「エンジンに高出力を求めるなら、2.8リッターや3リッターのパワーユニットに頼るのが、何よりも安易です。しかし、設計者(もちろん、櫻井さん)はそれを頑強に否定しました。」
「あくまでも5ナンバーという枠の中で最高の性能を求め、3ナンバーにすることにより、オーナーにその負担を求めるべきでない、・・・」

現日産は、トップの不祥事(というか犯罪)で、車種整理も行っているようだけど(生産終了車次々)、もう一度、このカタログに記された志で車を造ってほしいものです ・・・ もっとも外様プリンス系車種には興味ないでしょうが。
「スカイライン」は ・・・ 外様でも ・・・ 残すようですが、
そのカタログも、このサンマルカタログに比べると訴えるものが ・・・ ねぇ。

今では、排気量だけで5ナンバー・3ナンバーが決まるので、自動車税の負担も当時とは違いますが ・・・
スカGは、サンマルでは頑ななまでのクルマ造りが施され、
レースはRSに託すにしても、後期の「ツーリング魂」に引き継がれます。
Let’s go for long drive(drivingかな).

スカGは、走ってナンボのクルマなのです。
Posted at 2019/09/26 06:55:02 | コメント(1) | トラックバック(0) | 旧車ネタ | クルマ

プロフィール

「32の令和仕様、Gマガハンドル装着 http://cvw.jp/b/1590601/44143994/
何シテル?   07/02 05:56
P.N.「32乗り」です。よろしくお願いします。 家族用・仕事用にカングービボップも使い始めました。 2018(平成30)年6月15日、カングービボップから...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/9 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

愛車一覧

ルノー トゥインゴ ルノー トゥインゴ
カングービボップからの乗り替えです。 2018(平成30)年6月15日から 32相棒カ ...
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
1991年式スカイラインGT-R ガングレーメタリックの当時モノオプション満載車です。 ...
ルノー カングー ルノー カングー
家族用のトヨタポルテからの代替えで、どうしてもMTにしたかった。 「おまえの運転はまだま ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.