• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

P.N.「32乗り」のブログ一覧

2016年07月31日 イイね!

今日は7/31、セブンススカイラインの日(笑)

今日は7/31、セブンススカイラインの日(笑)7代目スカイライン、R31型ですからね。

80年代、日産こけたネタのもう一つがコレでしたね(遠くを見る)。
スカイラインは、どの代にもコアなファンがついていて、
31の最近の盛り上がりはサンマルを越えていると感じます(笑)。

でも、発表当時の1985(昭和60)年は ・・・
ぼっろくそ言われましたね、まさにサウンドバッグ状態(笑)。

もともとスカイラインはセダンなのですが、
4代目のケンメリあたりから、2HTモデルが人気となり、
発表時期がトヨタのセリカとほぼほぼ同じだったので、
なぜか、スペシャリティカーのセリカ、しかも4気筒セリカのツインカムモデルとよく比較されるようになりました(遠い目)。
しかも、例の「名ばかりのGT・・・」なんてCMでやられてからは、
トヨタツインカム軍団のターゲットは、スカGになってしまいました(笑)。

元来はコロナマークⅡクラスのクルマなんですよね(汗&笑)。

あ、もう「コロナ」要りませんね(汗)、「マークⅡ」でいいですね(爆)。

しっかし! 世間はそれを認めなかった感じでした(笑) ・・・
「なにがソフトマシーンだ」とか、「なにがやわらかい高性能だ」とかね(はい、画像)。

このことは、当ブログではしつこいほどやっていますので ・・・ 汗。

31は、まさに王道中の王道をいったんだと思います、最近ね(爆)。
でも、私もやっぱり ・・・ 「あんなんスカイラインじゃぁない」って言ってましたね(汗)。
でも、今は ・・・ 「大好物」です、サンイチ・セブンススカイライン(笑)。

きっと、どっかでミーティングがあるんだろうなぁ ・・・ 今日は日曜日だしね(笑)。
坂祝の有名なお店はにぎやかになるだろうなぁ ・・・ まだ、行ったことないですけどね(爆)。



Posted at 2016/07/31 05:26:06 | コメント(16) | トラックバック(0) | 旧車ネタ | クルマ
2016年07月30日 イイね!

コレがこけてなきゃなぁ(シミジミ)

コレがこけてなきゃなぁ(シミジミ)ここのところ、「遺言ブログ」らしからぬ(爆~)、新車ネタで若々しかったですが、また「昭和」へ(笑)。

では、画像をどうぞ ・・・ コレ、わかったらエライですね。

じゃらじゃらじゃらじゃら ・・・ 日産初FFです(爆)。

チェリー&パルサーはプリンス自動車系ですから(爆~)。
合併の効果はありますよね、
70年代初めには、もう日産はFF大衆車(チェリー)を出していたのですから(笑)。
そして、80年代に入って、本流日産自動車系で企画したのが、バイオレットリベルタ・スタンザFX・オースターJXのFF3つ子車です(遠くを見る)。

コイツが大成功していたら、日産もまだまだ販売店の文化を維持できていたでしょうね(笑&涙)。
そして、ひょっとしたら、金看板ブルーバードもFRで残っていたかも(私感です)。
「バイオレット」って、ブルの型式を継いだFR車で、当時の日産の社長さんお気に入りのネーミングだったのですが ・・・ ♪ そんな感じが たまらない~ お、お、おー のね。
そして、このFRバイオレットの2代目から生まれたのが、
♪ 南の風 はれ~ のオースター と「男と女とバラと」スタンザ でしたね(シミジミ)。

社長さんお気に入りは、当然、本家日産店で売られ、
オースターは日産チェリー店、スタンザは日産サニー店で売られ、
日産プリンス店では売られないという、いつもの継子いじめ(爆~、私感ですよ)。

時代が今だったら、売れたのかもしれませんが(なんせ新設計ですからね、気合いの入った)、
当時はまだGG世代が若くて、FFに慎重な方々も健在でした(爆ぅ~)。

オースターJXは「J(飛躍、ジャンプ?)」と「X(未知)」、
スタンザFXは「F(未来)」と「X(未知)」、
バイオレットには「リベルタ(自由?)」 ・・・ 変なのって思ってましたけど、恐ろしくこけましたね。

FFの名車「プリメーラ」が出てくるには ・・・ まだ時間が要りましたね(遠い目)。

しかし、「バイオレットリベルタ」、その後の名前の変遷は ・・・ 私でもわかりません(笑)。
「リベルタ」があって「リベルタビラ」って言うのもあったな(汗) ・・・ 曖昧ぃ。

まだ、カローラ・コロナがFRだった時に、日産はFF車を持ってたんですけどね(シミジミ)。
Posted at 2016/07/30 05:00:40 | コメント(21) | トラックバック(0) | 旧車ネタ | クルマ
2016年07月29日 イイね!

どうしてRRなんだろう? 笑

どうしてRRなんだろう? 笑先日、「てんとうむし」の愛称で親しまれた往年の名車・スバル360が「機械遺産」に選ばれたそうです。
我が家では、祖父が乗っていました(遠い目)。

で、駆動方式は新型トゥィンゴと同じです(画像)。
スバルの独自開発(今はダイハツOEM ・・・ 泣)の軽自動車は後輪駆動レイアウトが長く特色でしたね(シミジミ)。

古くはクラシックミニ、
世間一般的にはVWゴルフの影響で、「大衆車はFF」というのが常識になっていきます。
ゴルフ以前の「がぶとむし」こと空冷ビートルは、RRレイアウトでした。
「チンク」ことフィアット500もRR。

しかし、時代はFFを選びましたね。
フロントにエンジンを置き、前輪が操舵を受け持つFFは、
FRと比べて部品点数も少なくなり(つまり、軽くなり)、居住性も燃費も良くなります。
今のビートルは、ゴルフにあのファニーなボディを載せたモノだし、
新しいフィアット500もFFで登場しました(淋)。

トゥィンゴはルノーのエントリークラスのクルマです(だから、ルーテシアより高くはできない)。
ターゲット層は、おそらく若者だと思われるのですが ・・・ よくRRで企画しましたね。
ルノーらしいと言えばそれまでなんですが(笑)、
このトゥィンゴがどう日本市場で受け入れられるかが、個人的には大変興味があります。
価格もケッコウ挑戦的ですよね? 189諭吉(もちろんエアコン付き、ラジオ付きです)。

GG世代には、後輪が駆動するのはたまらないんですよね~(爆~)。
操舵を前輪、駆動を後輪が受け持つのは、櫻井さん流に言うと「自然の摂理」なんですよね。
FFは前輪が駆動と操舵を担うので、ハイパワーは無理というのが常識でした ・・・
現在はそうでもないようですが(笑 ・・・ タイヤ屋さんとホンダが頑張りましたね)。
しかし、そのホンダでもS660は後輪駆動(ミッドシップだけどね)を選んでいます。

FFに飼い慣れされた若い人には、是非、乗って欲しいです。
動きはじめで、その違いはわかりますよ(笑)、
そして、後輪駆動は乗ってて楽しいんです(あー、言っちゃったよ)。





Posted at 2016/07/29 05:56:31 | コメント(28) | トラックバック(0) | 新車ネタ | クルマ
2016年07月28日 イイね!

こんなん出された日にゃぁ ・・・ ねぇ(笑)

こんなん出された日にゃぁ ・・・ ねぇ(笑)画像は、先日国内発表されたトゥィンゴの本国仕様です ・・・ おぉ~、キャンバストップ! しっかり屋根が開いている(喜)。

我が家の場合、2ドアでも良いのですが、
最近流行の、後ろは隠しドアノブの4枚です(後ろのドアの窓はヒンジ式で、VWのUP!と同じ)。
乗車定員は4名(我が家の場合、4名ならOKです)。
+10諭吉で、この魅惑的な装備がつきます(喜)。

キャンバストップ ・・・
かつてのフィアット500が思い起こされますね ・・・ アレはRRで、エンジン音を逃がすというねらいもありました、ルパン3世はココから射撃してましたね(笑)、あ、次元がかな(爆)。
また、黄金の80年代は大衆車にも多くありましたね、キャンバストップ ・・・
スターレットとかタコⅡなんかに(シミジミと遠くを見る)。

画像をまじまじと見ると ・・・ MTですよね(喜)。
日本向けの右ハンドルは、限定50台で「サンクS」という5MT車がありましたが、
当面は2ペダルの6速EDCのみのようです(まぁ ・・・ そのうち ・・・ ね)。

最近の若い方々の多くが、AT限定免許のようですので(甥っ子もコレです)、
どうです? 「後輪駆動」が乗れますよ(笑)。
提携関係で言うと、日産車で「後輪駆動」だと、スカイラインからになっちゃいますね。
お値段はトゥィンゴの倍ですがね(笑) ・・・
スカイラインは「高級車」のようですので、電動サンルーフが選べますがね(爆~)。

最近、この手の快適装備は大衆車クラスにはないですね(怒!)。
オープンの軽だと200諭吉超ですよね? ・・・ 曖昧ぃー。

なんか ・・・ 息苦しい時代になりましたね(シミジミ)。

Posted at 2016/07/28 05:29:45 | コメント(11) | トラックバック(0) | 赤いクルマ | クルマ
2016年07月27日 イイね!

しれ~っと追加されていました(笑) ・・・

しれ~っと追加されていました(笑) ・・・カングーの1.2ターボの2ペダル(画像)。
6速EDC(エフィシェントデュアルクラッチ)って呼ぶようです(笑) ・・・ 今までは6MTのみでした。

キャプチャー(1.2ターボ+6速EDC)を試乗したことがあるのですが、とてもスムーズで乗りやすかった印象でした。
エンジンはカングー用に味付けがなされているようですが、115psでトルクもりもりです(笑)。
ちなみに、ウチのビボッピーはテンロク4バルブDOHCで105ps(最近のダウンサイジングターボは凄いですね)。
カングーは ・・・ 全長4280㍉ × 全幅1830㍉ × 全高1810㍉。
商用「エクスプレス」との関係で、全幅1830㍉は欧州フォークリフトのパレットを1発でどんと入れる要望があって、致し方ないですが ・・・ 汗。
全長がわりかし短く、あのスタイルなので、国産ミニバンよりは扱いやすいかもしれません(笑)。
もっとも、パワースライドドアなんて装備されていませんけどね(爆~)。

カングーのお値段は ・・・
テンロク4ATの「ゼン」(豪華仕様 ・・・ 笑) 241万5千円(税込み)。
※ 5MTはラインナップから落ちました(ビボッピーは5MTです)。
1.2ターボ「ゼン」6MTは247諭吉、6速EDC「ゼン」は259諭吉です。
そして、簡素仕様(?)の「アクティフ」6MTがあり、235諭吉です。

おむかいのプリンス店のセレナに比べると素っ気ないですが(笑) ・・・ なにしろ向こうは「自動運転」の「やっちゃえ日産」だからなぁ(爆) ・・・ 「クルマ」って感じで良いですよ。

ココは、日産の試乗車も豊富にルノー西春ロイヤル(RNRの)前に鎮座していますので、乗り比べてみてはいかがでしょうか(爆~)。
私感ですが ・・・ 所有した喜びはセレナよりもカングーの方が上のような気がします(笑)。

もっと日産とルノーは販売展開を密にすれば良いのに ・・・ と、個人的には思います。
日産マンはルノーのクルマ知らないし、
RNRスタッフは日産車のこと、おそろしく(笑)知りません ・・・ 
37スカイラインが出たこともわかってなかったな(爆~)。
 「え? スカイライン、変わったんですか」って ・・・ 日産プリンス名古屋所属とは思えない発言。

昔はサンタナなんて売ってたのにね(爆~) ・・・ コレ、わかる方はかなりのクルマウマシカですね。  
Posted at 2016/07/27 05:12:41 | コメント(14) | トラックバック(0) | 新車ネタ | クルマ

プロフィール

「9月のまいこサン ・・・ 心機一転32で(笑) http://cvw.jp/b/1590601/43279333/
何シテル?   09/19 11:34
P.N.「32乗り」です。よろしくお願いします。 家族用・仕事用にカングービボップも使い始めました。 2018(平成30)年6月15日、カングービボップから...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/7 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

愛車一覧

日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
1991年式スカイラインGT-R ガングレーメタリックの当時モノオプション満載車です。 ...
ルノー トゥインゴ ルノー トゥインゴ
カングービボップからの乗り替えです。 2018(平成30)年6月15日から 32相棒カ ...
ルノー カングー ルノー カングー
家族用のトヨタポルテからの代替えで、どうしてもMTにしたかった。 「おまえの運転はまだま ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.