車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月23日 イイね!
香港製、刑事コジャック、9way探偵スコープセットども、

えー、、今回も懐かしの米国TVドラマから「刑事コジャック」と行ってみましょー(⌒∇⌒)ノ、おー♪

さて、「刑事コジャック」は、1973年米国CBSテレビで放映された刑事ドラマで、日本では1975年から1979年までTBS系列で放映されました。

コジャック警部補役の“テリー・サバラス”と、日本語吹き替え役の“森山周一郎”の声が絶妙でして、最高の組み合わせでしたねー

ということで、刑事コジャック探偵スコープセット (detective scope)でして、製造はホンコン、放映当時の1971年の発売で、パッケージサイズは15センチ程度であります。( ̄▽ ̄)b





海外の資料では、メーカーは「コンチネンタル社(hong kong Plastics Continental co.)」となっておりますが、詳細は一切不明であります。( ̄ー ̄)σ

カック良い方位磁石が付いたスコープでして、なんと9種類の使い方が出来ると云う、無暗に凄そうな感じが最高でありますよねーヾ( ̄  ̄ ) ♪





ま、実際の処、なんだか良く分らない怪しい仕様ですけとw、これで男の子のハートもわしづかみでつねーw(ヾノ・∀・`)ナイナイ

でもでも、このあたりのセンスって、日本人の発想では絶対に真似できない部分でありますよねー

ささ、というわけで、すでに月末体制真っ只中ですけど、

ま、ぼちぼち頑張って行ってみましょー

でわでわ



※写真はクリックで拡大します。
ξ^◇^ξオーホホホ


Posted at 2017/02/23 22:12:48 | コメント(4) | トラックバック(0) | 海外ドラマ | 音楽/映画/テレビ
2017年02月22日 イイね!
インド製1/32 ヒンズスターン・アンバサダー タクシーども、、

えー、、本日は、久々に、怪しいインド製プラ玩具と行ってみましょー
( ̄0 ̄) おぉぉー♪

なんと、インドの国民車、ヒンズスターン・アンバサダー タクシーであります。

さて、アンバサダーは、1950年代に英国で製造されていた、モーリス・オックスフォードを、インド国内でノックダウン生産したモデルでありました。

1954年に、インド国営企業のヒンズスターンモータースが発売を開始、、そのままの姿で、半世紀も生産が続けられ、最終型では、いすゞのディーゼルエンジンも搭載されておりました。

なんと2014年まで生産が続けられ、現在でも在庫分が購入可能だと云うことですが、どこまで信用してよいものやらww( ̄^ ̄)b





ということで、写真は、その、アンバサダーのプラ玩具でありまして、今回は、ブラックとイエローのツートンカラーも鮮やかな、インドタクシー仕様での登場となりました。

製造国は当然のことながらインド、メーカーは「CENTY TOYS」の表示がありますが、詳細は一切不明でして、超テキトーな塗り分けも最高でありますwヽ(  ̄◇ ̄)ノ

以前に、同じ「CENTY TOYS」製アンバサダーをアップいたしましたが、まったく別の金型の模様でありまして、彼の地では、意外と人気モデルなのかもしれませんねーw





オールプラ製のボディは全長は13センチ程、スケールで云うと嬉しい1/32サイズ程度でしょうか、英国サルーンの面影を残すボディラインは、なかなか良い感じでありますよねー

後輪にプルバックモーターを装備、後ろにちょっと引いてやると、バビュっとマッハで加速、その他のアクションとして、左右のフロントドアが開閉可能であります。( ̄▽ ̄)b

また、運転席には、怪しいドライバーフィギアも鎮座、どこかで見たことがある運ちゃんなのは、変な帽子と共に、ま、ご愛嬌と云うことでwヾ( ̄  ̄ )





ドアが開くのに、上半身だけの上げ底運ちゃんと云うのも、さすが、マハラジャャャーwって叫びながら走りまわっている、楽しいしいインドの皆さんでありますよねーw

そして、「TAXY」のサインボード付きのルーフキャリアには、ブルーの旅行カバンが二個も鎮座、これだけでも雰囲気を盛り上げてくれております。( ・ω・ )ノ

あと、リアボード部分にも、何やら怪しい原色バリバリ荷物のようなモノが載ってまして、こんなに怪しい玩具なのに、無暗に力(りき)wの入った仕上がりとなっております。

ささ、ということで、イヤな雨が続いておりますねー

ま、ぼちぼちと頑張って行ってみましょー

でわでわ、



※ 写真をクリックしていただくと拡大します。


Posted at 2017/02/22 19:16:18 | コメント(4) | トラックバック(0) | インド玩具 | 趣味
2017年02月20日 イイね!
松下電器産業 ナショナル 真空管ラジオ EA-305 ども、、

えー、本日も、古(いにしえ)の真空管式ラジヲと行ってみましょー
( ̄o ̄ )ノいってみよー!

ということで、松下電器産業(ナショナル)の真空管ラジオから、「EA-305」であります。

発売は昭和32年、なんとアタシよりも4個も年上wでして、当時の定価は現金正価8500円、公務員の初任給が10000円未満の時代ですから、超高級品と云うことになりますよねー( ̄▽ ̄)b

小型ラジオに見えますが、高さ(約175mm)×幅(約350mm)×奥行き(約120mm)と、松下電器産業のツーバンド ルームラジオの中では標準サイズのモデルとなります。w( ̄ー ̄)σ

使用真空管は、12BE6(周波数変換)、12BA6(中間周波数­増幅)、35W4(整流)、12AV6(検波&低周波増幅)、30A5(電力増幅)と一般的なもので、ラウンドネス機能も装備しておりました。





中央部分が逆三角形に落ち込んだ左右対称のデザインは個性的でして、メッキモールで仕切られたダイヤル目盛りとダークブルーの縁取は、なかなか渋い装いでありますよねー(`・ω・´)

また、パステル系のライトグレーのカラーリングも最高でありまして、まさにシックスティーズそのままの雰囲気であります。( ̄ー ̄)σ

キャビネット中央のメッキモールの「NATIONAL」の白文字もワンポイントで良いアクセントでして、当時のナショナルのデザイン陣の質の高さが窺い知れます。( ̄o ̄ )ノ



今回もオクで格安で入手したジャンク品から当方でレストア、キャビネットはひどく汚れて埃まみれでしたが、メカ部分は比較的汚れも少なく、最初から、まったく問題なく受信しておりました。(⌒∇⌒)ノ

そんなわけで、固くなった電源コードと、見た目で劣化したペーパーコンデンサーを数個交換、早々に、エーシング(均し運転w)と思ったところ、問題を発見してしまいますたwヾ( ̄  ̄ )

なんと、パイロットランプの配線コードの皮膜がボロボロになって、所々、中身の銅線が剥き出しになっており、ちょっと触っただけで、アッと云う間にバラバラになって落ちて行ってしまうのです。





修理記などで、当時のナショナル製の一部の真空管ラジオに、そう云うコードが存在するというのは聞いたことがありましたけど、実際に目の前にしてみると、確かに、こりゃ凄いですねーw

心配になって、他の配線コードも調べてみましたが、この状態のコードは、このパイロットランプと、2本のヒューズ線だけの模様でして、早々に交換、一安心となりますたw

あと、プラ製のキャビネットは完全に分解して水洗いを行い、紙を貼ったたけの周波数目盛板背面は湿気でボロボロでしたので、紙を剥がしたあと新しいケント紙を貼って、無事に復活となりました。

ささ、ということで、この土日も、お子の高校バスケでビッシリですた。

ま、ぼちぼちと、頑張って行ってみましょー

でわでわ、、



※写真はクリックで拡大します。
Posted at 2017/02/20 20:27:45 | コメント(2) | トラックバック(0) | 古いラジオ | 趣味
2017年02月18日 イイね!
シャープ 早川電機工業 真空管ラジオ UC-102ども、、

えー、本日も、古(いにしえ)の真空管式ラジヲと行ってみましょー
( ̄o ̄ )ノいってみよー!

ということで、シャープ(早川電機工業)の卓上式小型ラジオ「UC-102」であります。

発売はアタシより1コ歳下wの昭和37年、高性能なトランジスターラジオが増えつつありましたが、まだまだ価格も高かったため、しばらくは安価な真空管ラジオの時代でありました。( ̄▽ ̄)b

シャープのロゴもなかなかオシャレでして、ブラックとホワイトのツートンカラーのキャビネットは、まさにシックスティーズそのままの雰囲気でありますよねー

横長式チューニングメーターや、フロント右前面をクリアパーツで覆ったキャビネットは直線基調のスッキリとしたデザインで、とっても素敵であります。ヽ(  ̄◇ ̄)ノ





サイズは、高さ(約14.5cm)×幅(約39cm)×奥行き(約16.5cm)と堂々としたサイズでして、シングルスピーカーのセットとしては、比較的大型のサイズでありました。( ̄ー ̄)σ

使用真空管は、12BE6(周波数変換)、12BA6(中間周波数­増幅)、12AV6(検波&低周波増幅)、30A5(電力増幅)、35W4(整流)と一般的なもので、5球mT管式トランスレスラジヲとなります。

現在でも人気のモデルでありまして、オクなどでも頻繁に目にしますが、整備済の美品完動品ともなりますと、平気で諭吉さんクラスで取引されておりますねー



そんなわけで、今回もオクでボロボロのジャンク品を落札、当方でレストアとなりましたが、出品ページの説明では、一応、受信は出来ると云うことでありますた。

とりあえず、ACラインのコンデンサと電源ケーブルを交換、スイッチを入れると、ちゃんと受信を初めてくれたのですが、どうやってもボシュームが絞り切れませんw( ̄^ ̄)b

ボリュームを目いっぱいに下げても、家じゅうに響き渡るような大音量でありまして、完全にボリュームスイッチの寿命でありますた。(´・ω・`)ヨメの目がww





この場合、ボリュームスイッチの交換しか方法がありませんので、手持ちの新品のスイッチに交換してやりました。( ̄▽ ̄)b

しかし、現在入手可能なスイッチは軸が短い製品だけですので、アルミパイプで軸を延長、先端部分は不良スイッチから切り取って移植、なんとか使用に耐えるようになりますたw

最後に、ブラ製のキャビネットは、経年変化で表面の劣化が激しかったので、やもおえず、ブラックを吹いて仕上げております。ヾ( ̄  ̄ )

ささ、ということで、えらい暖かい一日ですねー

ま、なんとか頑張って行ってみましょー、、

でわでわ、、




※写真はクリックで拡大します。
Posted at 2017/02/18 09:44:39 | コメント(4) | トラックバック(0) | 古いラジオ | 趣味
2017年02月15日 イイね!
ピタゴラスイッチ  ピタゴラゴール1号ども、

えー、、突然ですが、ピタゴラ ゴール1号です。

( ̄0 ̄) おおっー♪

なんか、勢いでプチっとしてしまいますたw
( ̄^ ̄)b

ピタゴラスイッチに登場するゴールを1/1スケールで商品化。ボールがゴールするとロゴ旗が立ち、おなじみのゴールサウンドが鳴る!裏面は透明なので、ロックが外れて旗の立つ仕組みを見ることができる。

だそうでしてw、ま、動画も手抜きですけど、

ぼちぼち頑張って行ってみましょー

でわでわw

Posted at 2017/02/15 20:36:08 | コメント(3) | トラックバック(0) | その他のモデル | 趣味
プロフィール
「香港製、刑事コジャック、9way探偵スコープセット http://cvw.jp/b/240223/39362634/
何シテル?   02/23 12:45
ヘタレです。 『ちょっとでも、聴こえたラジオは完動品!』 by骨董屋さんw
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
ブログカテゴリー
リンク・クリップ
みくに文具 絶版プラモあり! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/02/26 22:01:05
 
管理人「F」さん、新世代AFV、 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2010/05/01 18:21:39
 
Ponys41さん、1/43cu.in.古きよき時代のアメ車 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2008/04/16 16:49:36
 
お友達
最近、歳とともに退化現象を起こしてしまい、、今は完全なおバカでつ、こんなアタシでよろしければ、お気軽にどうぞ、
143 人のお友達がいます
蘭蛮蘭蛮 * どどまいやどどまいや *
Tetta@KAC202Tetta@KAC202 * JR120XEJR120XE *
MLpoloMLpolo * 高山の(秋)山さん高山の(秋)山さん *
ファン
88 人のファンがいます
愛車一覧
日産 エクストレイル 日産 エクストレイル
急遽、乗り換えますたヾ( ̄  ̄ ) ♪ FFの二駆仕様だからでしょうか、意外と速いw
トヨタ ヴィッツ トヨタ ヴィッツ
1.5X H18年式です。 ヨメのくるまです、、型式なんかもRSと同じで、エンジンもまっ ...
日産 エルグランド 日産 エルグランド
3.5VGです。 納車から10年、26万キロ走破目前でしたが、先日の大雪の中、スリップ事 ...
トヨタ ウィンダム トヨタ ウィンダム
エルグランドの前に乗っていました、平成14年式です、 2年10ヶ月で9万5千キロ走破し ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.