車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月09日 イイね!
米amt 1/25 The Monkees モンキーモービルども、、

えー、、本日は、FZIROさんのコチラの記事と、久々の勝手連と行ってみましょー
<(_ _)>、どもども

という事で、懐かしの米国TVドラマから「ザ・モンキーズ・ショー」であります。

さて、「ザ・モンキーズ・ショー(The Monkees)」は、米国で1966年9月から1968年3月まで放送されたTVコメディー・ドラマでありました。

製作はコロンビア映画、米NBC系列で放送さた30分番組で、日本でもTBS系列で、昭和42年10月から昭和44年1月まで放映されました。( ̄ー ̄)σ

モンキーズ面々の役柄は、売れないミュージシャン4人組wと云うことで、連中が繰り広げるドタバタコメディドラマでありました。ヾ( ̄  ̄ )





ロケ場所はカリフォルニア州ロサンゼルス市郊外のビーチウッド、お馴染みのヒット曲もご機嫌でして、なかなか楽しい内容でありましたよねー

そして、その彼らの、楽器以外の唯一の財産と云えるのが、この「モンキーモービル」でありまして、真っ赤なボディが印象的なカスタムカーでありますた。

製作は、カスタムビルダーの御大「ジョージ・バリス(GeorgeBarris)」、ベース車は1967年型ポンティアックGTOで、劇中を走り回るその姿は最高であります。





前後フェンダーの処理や、トランク部分に三列目の座席を設けるなど、元車のデザインを活かしたバリスカスタムの巧みさが良く判りますよねー

ということで、写真のモデルは、その「モンキーモービル」のプラキットで、メーカーは米amt社、最近になって再販されたキットであります。

オリジナルは放映当時の1966年に発売されたもので、エンジンやシャーシまで再現された、フルディスプレーモデルとして登場いたしました。( ̄▽ ̄)b





スケールは1/25サイズ、実車に忠実に再現された内装や、ボンネットから突き出したスーパーチャージャーなどなど、とっても素敵でありますよねー

また、パッケージデザインも最高でして、イラストで再現されたキットの内容や、実車フォトをブラウン管に収めたデザインは、とてもカラフルで素敵であります( ̄o ̄ )ノ

ちなみに、当時、日本のイマイでは、勝手にデッドコピー版wのプラキットを発売してしまいましてw、写真の完成品は、そのイマイ版を当方で組み立てたモデルとなります。

今では考えられないことですが、ま、なんともおおらかでw、良い時代だったですよねーw

というわけで、ぼちぼち、頑張って行ってみましょー

でわでわ


※写真はクリックで、ちょっとだけ拡大しますw



Posted at 2016/12/09 12:10:00 | コメント(5) | トラックバック(0) | 海外ドラマ | 音楽/映画/テレビ
2016年12月08日 イイね!
1/24、79&#39;クライスラー・ルバロン タウン&カントリーども、、

えー、、今日も、最近の仕入れ品から、「クライスラー・ル・バロン タウン&カントリー」のモデルカーと行ってみましょー、((o( ̄◇ ̄")o))、、おー♪

さて、初代のクライスラー・ル・バロン(Le Baron)は、1977年に登場したコンパクトサイズの乗用車でありました。

1970年代後半の米国車は、フルサイズボディからのダウンサウジングが進みつつあり、このミッドサイズシャーシー、所謂(いわゆる)Mボディーのモデルは、1977年に新開発となりました。

そんなわけで、この「ル・バロン」も、クライスラー初の、コンパクトボディのセダン・ステーションワゴンとなりましたが、どうしても、寸詰まり感は否めませんでした。

実際、同年に登場した、最後のフルサイズボディと云われた「シボレーカプリス」などと比べても、かなり情けない感じでありますよねー( ̄ー ̄)σ





ま、そうは云っても米国で言うところのコンパクトでして、当時の国産車と比べても十分に巨大なボディは、やっぱりスケールが違うな、って感じでありますw( ・ω・ )ノ

そんな、ちんちくりんwなラインナップの中で、唯一「ステーションワゴン/タウン&カントリー」だけは例外でして、破綻の無いボディラインは、さすがステーションワゴン本場のお国柄であります。

ということで、写真は、その「タウン&カントリー」のダイカスト製完成ミニカーで、スケールは1/24、メーカーはモーターマックス、2015年頃に発売された新製品となります。





元々パッケージの用意されない製品ですが、ステーションワゴンのミニカーは珍しく、精密なスケールモデルの完成品としては唯一の存在で、ほんに嬉しい新製品でありますよねーヾ( ̄  ̄ )

エンジンフード・左右ドアが開閉可能、ハンドルと連動して前輪のステアも可能でして、フロントベンチシートやダッシュボード、計器類もちゃんと再現、思わずニンマリしてしまいます。

限りなくスクウェアーなボディや、側面の盛大に貼られた「木目(ウッドパネル)」も最高でして、やっぱり、米国ステーションワゴンは、コウでなくっちゃ、、って思いますよねー( ̄▽ ̄)b

ささ、と云うわけで、やっとこさの木曜日でありますねー

ま、ぼちぼち、頑張って行ってみましょー、、

でわでわ、



※写真はクリックで拡大します。

Posted at 2016/12/08 18:28:01 | コメント(2) | トラックバック(0) | 旧車ミニカー1/24 | 趣味
2016年12月06日 イイね!
サンダーバード・トミカ クラシック版 ペネロープ号ども、

えー、みなさま、なにかと忙しい師走ですが、いかがおすごしでしょうか、
<(_ _)>どもども♪

ささ、と言うことで、本日も最近の仕入れ品から、「ペネロープ号」と行ってみましょー

ここのところ、怒涛の勢いでラインナップを増やしておりますドリームトミカからの一台で、なんとなんとの、ペネロープ号の登場となりますたw(⌒∇⌒)ノ

サンダーバード・トミカシリーズとして新作CG版のモデルは発売されていましたけど、まさかのクラシック版のペネロープ号wが出てしまうんですもの、もうビックリでありますよねーヾ( ̄  ̄ )





ミニカーの大きさは6センチほど、所謂(いわゆる)トミカサイズとなりますが、って、元々トミカなんでそのまんまでありますw( ̄ー ̄)σ

品番はNo.07、 お馴染みのピンク色のボディを始め、垂直に切り立ったロールスロイスグリルの処理など、なかなか良い感じでありますねー( ̄▽ ̄)b





スッキリとした水滴型の風防ガラス周りも素晴らしいものがあり、各ディテールの処理など、さすがに手馴れたものであります。( ̄o ̄ )ノ

それにしてもこのペネロープ号、昭和41年の登場以来、すでに半世紀近く経ってしまったわけですが、未だに新モデルが発売されるなんて、ほんと根強い人気ですよねー(`・ω・´)キリッ

ささ、ということで、なんか忙しいですけどw

ま、ぼちぼちと行ってみましょー

でわでわ、




※ 写真をクリックしていただくと拡大します。

Posted at 2016/12/06 18:33:28 | コメント(7) | トラックバック(0) | サンダーバード | 趣味
2016年12月05日 イイね!
東芝 真空管ラジオ 5ZL-649 かなりやXども、、

えー、本日も、古(いにしえ)の真空管式ラジヲと行ってみましょー
( ̄o ̄ )ノいってみよー!

ということで、東京芝浦電気の卓上式ツースピーカーラジオ「かなりやX」 5ZL-649であります。

発売は昭和38年、東芝の卓上式ラジオの中では最後期のモデルでして、人気の「かなりやQ」2スピーカー版と云った感じでありますよねー( ̄▽ ̄)b

フロント前面をクリアパーツで覆ったキャビネットは直線基調のスッキリとしたデザインで、モスグリーンとホワイトーのツートンカラーも、とても良い雰囲気であります。(⌒∇⌒)ノ

左右に 9センチコーンスピーカーを配した堂々とスタイルなのですが、スピーカーが二個付いていると云うだけでして、当然のようにモノラル再生となりますw

サイズは、高さ(約13cm)×幅(約43cm)×奥行き(約13cm)と、ツースピーカーモデルの中ではかなり小型のサイズとなりまかすが、やっぱり邪魔な横幅ではありますよねーw( ̄ー ̄)σ





あと、面白いのは、左右に装備されたスピーカーが、薄型のトランジスターラジオ用になっていると云うことでありまして、如何にも、真空管ラジオ晩年のモデルと云う感じでありますよねー

人気の「かなりや」シリーズのモデルと云うこともあって、オクなどでは、整備済の美品完動品ともなりますと、平気で諭吉さんクラスで取引されております。(`・ω・´)

そんなわけで、今回もオクで(骨董屋さんの出品でしたけど)格安の 2000円少々で入手、キャビネットもわりと綺麗で欠品や割れも無く、安心のw「動作確認済み」と云うことでありました。

ということで、早々に届いたラジオから、ACラインのコンデンサと電源ケーブルを交換、スイッチを入れてみましたが、どういう訳か、雑音が酷くてほとんど放送が聞き取れない状態でありますた。





「動作確認済み」って書いてあったにー、、と思いましたけど、ま、骨董屋さんの出品物なんて、いつもこんな感じでして、「動く」とか「完動品」って云う言葉を真面に信じちゃダメですよねーww

どうりで、人気モデルなのに、入札も少なく(価格も上がらずにw)格安で落札できた訳でありますw、そうは云っても、届いてしまったものは仕方ありませんw、早々にレストア開始であります。

とりあえず、全真空管をチェック、中間周波数増幅管(12BA6)が不良でしたのでコレを交換、これで雑音が減って、なんとか受信を始めました。

しかし、まだまだ感度が悪くてボリュームが上がりません、どうやら、過去にラジオ少年wが適当に調整したらしく、IFTのコアを無茶苦茶に廻しまくったような不自然な痕跡があります。Σ(゚д゚lll)



そこで、シグナルジェネレーター(SG)とオシロスコープの登場です、455kHzの信号を入れて、オシロで波形が最も振れる位置まで調整してみますた。(普通は真空管ラジオの修理には使わないですけどw)

でもでも、なんとなくシックリしませんw、不思議に思いながら調べまくったところ、なんと、アンテナコイルに入っているアンテナ線が隣の端子に接続されているではありませんくわw (。・д・)……

妙に新しいアンテナコイルだとは思ってましたけど、多分、過去の修理者が交換した後、間違えて取り付けてしまったのでしょう、、これでは、まともに受信するわけはありませんよねー( ̄^ ̄)b  

そんなわけで、やっと大きな音で受信を始めまして、音声に歪みもなく、とても良い音なのは、さすが、ツースピーカーと云ったところであります。( ̄◇ ̄)♪

ささ、ということで、今週も始まってしまいますた。

ま、ぼちぼち、頑張って行ってみましょー

でわでわ、、




※写真はクリックで拡大します。
Posted at 2016/12/05 18:42:19 | コメント(3) | トラックバック(0) | 古いラジオ | 趣味
2016年12月01日 イイね!
AMIE 1/43  マットカー(マットビハイクル)ども、

えー、本日は、最近の新製品から、帰ってきたウルトラマンマットカーと行ってみましょー
(o`・ω・´)キリッ

さて、帰ってきたウルトラマンは、昭和46年4月から昭和47年3月末まで、TBS系で全51話が放送されました。

ウルトラセブンのモロボシダンが登場するなど、当初は話題になりましたが、主人公の苦悩と成長を延々と描くなどシリアスな場面も多く、当時の子供受けは最悪でした。

そんな中、唯一人気だったのがマットカーでして、アタシら子供は、普通に「マットカー」って呼んでましたけど、最近は「マットビハイクル」と云う名称が一般的になってしまいましたねーw

ボディに改造等は一切なく、MATマークとラインを貼っただけでありましたが、さすがは初代コスモスポーツ、劇中での疾走シーンは、なかなかカック良いものでありますた。ヾ( ̄  ̄ ) ♪





後半になって、坂田が考案したリアスタビライザー(トランク上のウイング)も付けられましたねー

と言うことで写真は、最近になってに登場したバリバリの新製品で、メーカーはアミ(AMIE)、ボディは嬉しいダイカスト製で、スケールは正確な1/43サイズとなります。( ̄▽ ̄*)

いやいや素晴らしいですねー、完全なハンドメイドで、一品づつ丹念に製作されたモデルは細部まで再現され、こんなに小さいのに、とても素晴らしい仕上がりとなっております。( ̄ー ̄)σ





そのスタイリングから「円盤コスモ」wと云われた実車を見事に再現、大きく回り込んだ無線アンテナも象徴的で、とっても良い感じでありますよねー(>∇<)♪

ホワイトの美しい塗装が施されたボディは艶も素晴らしく、シャープなレッドラインに、お馴染みのMATマークがとても映えております。( ̄▽ ̄)b

あとは、丘隊員のフィギアでも乗っていたら、もう言うことなしだったのですが、ちょっと残念でありますたw(´・ω・`)

ささ、ということで、あっと云う間に12月でありますねー

ま、ぼちぼちっと、頑張って行ってみましょー、、

でわでわ、、



※写真は全てクリックで拡大します。



実車フォトなどなどはコチラです。
http://minkara.carview.co.jp/userid/240223/car/147679/2584579/photo.aspx


Posted at 2016/12/01 18:43:20 | コメント(4) | トラックバック(0) | 円谷 | 趣味
プロフィール
「米amt 1/25 The Monkees モンキーモービル http://cvw.jp/b/240223/38977908/
何シテル?   12/09 10:52
ヘタレです。 『ちょっとでも、聴こえたラジオは完動品!』 by骨董屋さんw
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ブログカテゴリー
リンク・クリップ
みくに文具 絶版プラモあり! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/02/26 22:01:05
 
管理人「F」さん、新世代AFV、 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2010/05/01 18:21:39
 
Ponys41さん、1/43cu.in.古きよき時代のアメ車 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2008/04/16 16:49:36
 
お友達
最近、歳とともに退化現象を起こしてしまい、、今は完全なおバカでつ、こんなアタシでよろしければ、お気軽にどうぞ、
141 人のお友達がいます
てつ230てつ230 * Nジャン(N-JUNKIE)Nジャン(N-JUNKIE) *
ek-10stとやまek-10stとやま * ちびーたちびーた *
k___yokok___yoko * アイススケーターアイススケーター *
ファン
91 人のファンがいます
愛車一覧
日産 エクストレイル 日産 エクストレイル
急遽、乗り換えますたヾ( ̄  ̄ ) ♪ FFの二駆仕様だからでしょうか、意外と速いw
トヨタ ヴィッツ 流星号 (トヨタ ヴィッツ)
1.5X H18年式です。 ヨメのくるまです、、型式なんかもRSと同じで、エンジンもまっ ...
日産 エルグランド 日産 エルグランド
3.5VGです。 納車から10年、26万キロ走破目前でしたが、先日の大雪の中、スリップ事 ...
トヨタ ウィンダム トヨタ ウィンダム
エルグランドの前に乗っていました、平成14年式です、 2年10ヶ月で9万5千キロ走破し ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.