• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

マヨイガのブログ一覧

2018年08月15日 イイね!

73 year's ago

終戦の日です。
73年という月日が流れ、人々から太平洋戦争の記憶が消えつつあります。

しかし、かつて


空に(桜花、人間ロケット爆弾)


海に(回天、人間魚雷)


陸に(沖縄戦での鉄血勤皇隊、10代の少年兵たち)

理不尽な命令を強制し、下した上層部は未来永劫に万死に値すると思います。
しかし、その上層部の中にも特攻を「統率の外道」と批判し、終戦の日に「全ての特攻隊員へ、よく戦へり感謝」と割腹し果てた方も少なからず居ます。

そして、全てが無駄ではなかった、米軍の本土上陸を躊躇させ止めたのは、間違いなく特攻隊の身を挺して国を護るという行動、気概があったからなのは間違いないです。
彼等をテロリストなどと批判するのはお門違い過ぎます。宗教から来る結局は私利私欲のためでは無いのですから。

感謝と追悼を忘れてはいけないと思います。

他国にも無かったのか?、人ではありませんが。

地雷犬(ロシア)、エンジンのかかった戦車の下で餌を与え続け、そこに行けば餌をもらえると教え込み、爆薬を体にくくりつけた犬達はドイツの戦車の下で自分自身もろとも自爆するというもの。
ただ、聞きなれたロシアの戦車の音に反応してそちらへ行ってしまった犬達も居たそうですが。

鋼鉄ノ鳥

Posted at 2018/08/15 09:29:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年08月13日 イイね!

好きな車(ФωФ)m

うわっ、好きな車は久しぶりすぎる。

さて、今回はエゲレスイングランド、英国と言えば


砂浜の地雷処理や鉄条網の破壊のためにこんな物を作ってみたよ!・・・(実験したら制御不能になり、爆薬満載のコイツが自分達の方に吶喊してきたそうです・・・・「パンジャンドラム」で検索、動画は爆笑モノ)


と、イギリスの兵士達は日々自分に言い聞かせているという、こんな制式軍用産業廃棄物・・・じゃねーよ、制式軍用ライフルを作ってみたり・・・(すぐに弾が詰まるから「ジャム(排挾不良)おじさん」だの、撃つより直接殴った方が確実だからと「イギリス軍用制式鈍器」だの、マガジン(弾倉)が勝手に落ちるとか、他国のライフルと比べてくそ重いとか、とても高額な照準器がとても取り付けにくい狙いにくいなどなど、とにかくポンコツなのですと言われていたり・・・L85ライフルで検索)。

前置き長いぞ相変わらずw。

そう、イギリスの物作りとは




基本、「変態」なのです。
スズ菌に負けず劣らずレベルのね。


星を見上げるニシンのパイだの。

ウナギのゼリー寄せ(本国人も嫌いという人が多い)などなど、飯も(激しく変態で)不味い模様、あたしこのパイ嫌いなのよね~
(嫌なヤツ嫌なヤツ・・・)。

今回はそんなイギリスが生んだ変態的自動車?をご紹介

【Reliant Robin】
「リライアント ロビン」です。
御兄弟のリーガル、リアルトにも少し触れます。

はい?、皆様何それ珍百景になっているかと。
ご紹介します!これが、リライアントロビンです!。


え~っとぉ・・・・お~い!何かが足りないような?、何かが付いていないような?、何か大事なモノを忘れていませんか?。


いや、それどころじゃないと思うよ大佐w。
前輪が1個しかないようだが?、もう1個何処に隠した?。まさか80パーセントの完成度なの?。
はい、コイツはつまり三輪自動車なんです。日本でいう所のミゼットとかヂャイアントとかのいわゆるオート三輪みたいな感じですね。
しかしまあ・・・・不安定極まりないような形をしていますけど・・・。


あ、やっぱり、そりゃそうだこうなるわな(^_^;)(注、わざと転倒しやすくセッティングした車ですよ、しかし、転倒しやすいのは事実)。
ロビンのスペックはこちら。
水冷直列4気筒OHV、排気量748cc(後の1975年に848ccに拡大)、最高出力40馬力、尚、車重は450kgほど、ボディはFRP製なので軽いのです。駆動方式はFR・・・そりゃ前輪まで駆動したら凄いわ!w。

まず、リライアントという会社ですが、2001年まで存在していて、ロビンや

このリアルトなどを製作販売していました。なんかやけに三輪に固執していますが。展示がこれぐらいなら転けないよと意地になっているような?w。

何故?、リライアントはそこまで三輪に固執するのか?(したのか?)、これには理由がありまして。
その理由とは当時のイギリスの道交法や自動車税制からです。
つまり、噛み砕いて言うと。

1:安価な大衆車を販売したいんだけどさ。
2:なら、車両の価格が安いだけでなく税金も安いほうが良いよね(イギリスは自動車税が高いので、結構各社はあの手この手で安くしています、ロータスやケーターハムセブンがキットカー(自分で組み立てる)なのもそのため、郵便物扱いにしたのですw)。
3:当時のイギリスの車両規程の法律では「車輪が4つ以上付いていないものはバイクな!」となっていて、税金は車よりバイクのほうが当然安いわけで。
4:ならば!とリライアントは「これ、車輪が三輪だからバイクな!、だから税金はバイクの税金にしてよね(当然安い)、あと免許もバイク免許で乗れるようにしろや!と掛け合ったのです。
この目論みは大当たり、バイクの免許で運転できて、バイクの税金で維持できる快適な屋根付きバイク(自動車と言ってはいけない)として持て囃されたのです(特に労働者階級低所得層に大人気)。
ただし、実は当時の大衆四輪車Miniよりかは、車両本体価格は高かったのですが(どんだけ安いんだよMini)。買ってしまえばMiniより維持費は安いので人気となりました。
リライアントが最初に作った(変態)三輪車は


こちらのリーガル。1953年~73年に製作。
よく映画の某「ミスター豆」氏に転ばされていた子ですね、映画のは転けやすいセッティングにしてあったそうですが。尚、あの「豆」氏が作中で毛嫌いしていた理由は、当時のMiniのライバルだったかららしい。
その後1973年に

ロビンMk-1、ボディは画像の2ドアセダン(なのかこれ?)の他にバンもありました。1981年まで製造販売。

次に上記した


こちらのリアルトへ。
い(ピー)ゞの「街の遊撃手」じゃないですよ似ていますが。てか、コイツで街の遊撃手したら転けます!事故りますからw。


そして1989年にロビンMk-2へ進化(そこ!、してないじゃん言わない)、1998年まで製造販売。


最後にロビンMk-3へ。2001年リライアントが無くなるまで製造販売されました、なんかダイ(ピー)ツっぽいですけど。

この車でやってはいけないこと。
特に下りで急ブレーキをかけながら急ハンドルを切ると


はい、こうなりますと。
まあ、それにさえ気を使えばそうそう簡単には転けないそうですけど。仮に転けても人を呼んで


こうすれば良いわけです、軽い車体ですからね。

さて、中古市場ですか・・・。
日本国内にあるの?、状態です。こんな変態車両欲しい人いるんですかね?(私は一度乗ってみたいですがw)。
一応、日本の法規でも登録、所有や公道走行は可能ですよ。上記したオート三輪の扱いになり、ヘルメットは当然不要、免許は普通自動車免許になります。今ならトライクの扱いになりますね。


正直、イギリスでは乗っていたらバカにされる車の1つだったそうですが(某「豆」氏が目の敵にするが如く)、その経済性や手軽さから反面とても愛されていた車、それがリライアント ロビンです。
愛されていた証拠に、リライアントが2001年に会社を畳んだ後も、FRPの型をある人物が買い取り、年間250台限定で製造販売されたそうですから。

所有したら?
とりあえずドリフトにチャレンジしてみたい・・・お前・・・死ぬぞw。

でも、イギリス本国では。


こんな愉快なワンメイクレースが開催されているそうですよ。
ぶつけるのは当たり前、転倒も続出でまさにどったんばったん大騒ぎ(オイーッ!!)なレースだとか・・・ちょっと参加してみたいかも?。
Posted at 2018/08/14 11:43:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | 好きな車 | クルマ
2018年08月13日 イイね!

Paint it Black!(part 2)

はい、また黒く塗りつぶします。

どこを?、それは。

フロントグリルの真ん中で、夜店の景品の指輪の如く、ペカペカと光る(┣゙)Sマークを塗りつぶしてやるんだぜ。
スズ菌さん、デカすぎですよこれ、正直(┣゙)Sマークが自己主張しすぎですぞ。アオタMk-Ⅱ唯一の気に入らないポイントでしてね。
このマーク、台座自体はグリルと完全に一体化しているので外せませんが、(┣゙)・・・しつこいぞ、Sマーク本体は実は両面テープでただくっついているだけなので、細いマイナスドライバーで少しずつこじるりじゃねぇよ、こじって行くと案外簡単に外せます(最初の画像は外した直後の画像、所要時間は5分もかかっていません)。

こういう細いマイナスドライバー1本でOKです。この通りアッサリと外せるのです。台座は多少傷ついてもまた貼るわけですから、気にしない気にしない。

量販店で伸縮性の高いカーボン(風)シートを購入、附属の透明なクリアフィルムを貼り付けて行きます。なるべく密着させるのがポイント。このクリアフィルムは何?、貼り付ける対象物の形をトレスするための物でして。貼り付けたら油性のマジックカード!

強欲な壷!・・・・いや、にこるんだろ・・・これ、似てるけど。

気を取り直して。

油性ペンで貼り付ける物の輪郭をなぞり線を描きます、多少よれても大丈夫、ラインは大きめにするのがコツですよ。
それをカーボン(風)シートに貼り付けて、ハサミで切って行きます。シートも大きめに切るのがコツであります。
そして、エンブレムに貼り付けて行きます、シートは柔らかく伸縮性があるので引っ張りながら貼って行きます。包むイメージで貼るとやりやすいかと。
余分なシートをハサミやカッターで切れば

カーボン(風)エンブレムの完成です。

裏面に外装用の強欲な・・・じゃねぇよ、強力な両面テープを貼り付けて。

もとの台座へはめ込み圧着すれば、カーボン(風)エンブレムの完成です。うん、グリルが引き締まった!。

あ、リヤのエンブレムどうしよう?。

凧糸や、修理はホルツのステッカー剥がし用の硬い糸で剥がす?、いや、傷つけそうだし貼り付け位置を失敗したら目も当てられんしなぁ。


そのままクリアシートを貼り付けて形をトレス。
後はフロントグリルのエンブレムとやり方は同じです。
剥がしていないので両面テープを貼る行程が無いだけです。
切り出したカーボン(風)シートをリヤエンブレムに貼り付けて圧着、余分なシートはカッターで切除、カッターを使うコツは、エンブレムと本体の隙間にカッターの歯を押し込むように切れば、ボディを傷つける可能性はかなり減りますよ。

リヤエンブレム完成。

正直な所、耐候性や耐久性に不安がありますが、そのうちモンスポあたりからグリルも出ると思いますし、リヤはダメなら引っ剥がす手もありますからね。
あくまで暫定的な仕様ですよ。

Show-Ya
「黒く塗り潰せ」(カバー)

E・YAZAWAの曲のカバーですな、Show-Yaは最近はカバー曲も多いですから。

以上、黒く塗れ(part 2)でした。

追伸
リヤエンブレムは明るくなってから見ると、結構アラが目立っていたので・・・剥がしました。
エンブレム自体を外すかどうか考え中です(^_^;)。
Posted at 2018/08/13 01:02:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2018年08月10日 イイね!

Good luck!アオタマ!


アオタマことZC31S

実はまだお家に居たんですよ(^_^;)。
しかし、いよいよ引き取り決定となりました。
今夜、小樽へと里帰りです(元々小樽のアリーナで購入しましたからね)。
いつもの「ぁゃιぃ」様が引き取りに。桂沢湖を疾走します(いや、失踪したりして?)w。












いろんな所へ行きました、いろんな事がありました。
いろんな事を試しました。
全ては良い思い出です。


そして、乾いたエキゾーストを残して去って行く後ろ姿をお見送り、わが車ながら良い音だなぁ。
惜別感が・・・なんか今更ね。

みゆはん

しっとりと・・・別れの・・・(オイオイコラコラw、でも卒業シーズンにも良さげないい曲かと思います)

でも!。サヨナラでは無いんだなこれが!、代車で出戻る(かも?)しれないのでw。
ぁゃιぃ様と繋がっている限りはね。
えっ?十勝走るってマジですか?、ターボ組み込みぃ?、遂に「カシミールブルーの悪魔のアオタマ」になっちゃうんですか!?
(ヾノ・∀・`)ナイナイ

まあ、また会おうアオタマ。

今はGood luck!とだけ。
Posted at 2018/08/10 20:24:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2018年08月10日 イイね!

Paint it Black!


ホイールへのタイヤ取り付けと、ホイールの組み換えをやりに旭川まで。
大体正味1時間ほどで完成。


こうなりました。自然光のもとでの撮影だと、結構黒く見えますね、目視だともう少し灰色です。
まあ、サイドスカートがカーボン風艶消し黒ですから悪くは無いと思いますがいかがでしょうか?。


斜め後方、脚回りが締まって見えるかと。これ、白だとかなり浮いて見えたかも?(個人的感想です)。
ただ、弊害があるとすればホイールとタイヤが小さく見えるかもしれません。
純正と同じ17インチなんですけどね。ただし、幅を6.5Jから7Jに拡大しました。
タイヤは台湾のKENDA KAISER、サイズは215-45-R17です。タイヤも195から幅が拡がりました。純正195タイヤをそのまま引っ張って履かせる手もありますが、私は引っ張りタイヤは嫌いでしてね、害の方が多いですからあれは。
尚、純正タイヤ&ホイールはそのまま売り払い、アップガレージさんでやったのでそのまま買い取りに、純正ホイール&タイヤは2万2千円、結構良い額で引きとってくれました。
ほとんど、タイヤの値段ですwと言っていましたが。走行300km程で純正とサヨナラ、よってバリ山判定&タイヤはコンチネンタルスポーツと高級ですからね。195幅の17インチタイヤってあまりありませんし。

さて、走り出す・・・うん、結構ロードノイズが盛大、色々な場所でレポートされていた通りです。しかし、それぐらいでちょっとコジっても破綻は無し。
ハンドルも軽くなり剛性感も良い感じです。これならアリだな、台湾メーカーさんのタイヤ、次はNankanかな?。


当初、純正のナットで取り付けていましたが、帰りがけにそういえば先日オーディオ等をやってもらったバックスに、アレが売っていたなと思いだし。


黒色アルマイトの防犯ナットにお家でチェンジ、益々黒くなりましたとさw。

The Rolling Stones
「Paint it black」


以上、脚回りを「黒く塗れ」編でした。
Posted at 2018/08/10 17:55:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ

プロフィール

「リアルトトロw(ウォンバットです)。」
何シテル?   08/17 22:17
マヨイガです。出身(実家)は福岡ですが、現在、北の國富良野方面に在住しております。 怖がる事はない、恥ずかしがる事はない、オヂサンと一緒にアブナい世界に行こうね...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

好きな車(* ̄∇ ̄)ノ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/11 23:44:24
MARANGONI(マランゴーニ) ZETA linea(ゼータリネア) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/27 23:58:24
好きな・・・動物(^_^;) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/20 21:56:35

お友達

お気軽にお声掛けの程を!!(^ω^)ノシ
14 人のお友達がいます
creative311creative311 * hayabusa0824hayabusa0824
タケ.ちゃんタケ.ちゃん マシャ雪マシャ雪
もぐ夫もぐ夫 ヒ・カ・ルヒ・カ・ル

ファン

17 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ スイフトスポーツ アオタMk-Ⅱ (スズキ スイフトスポーツ)
納車されました。 夏ホイール:ENKEI NT-03RR(17インチ7J) 夏タイヤ:K ...
スズキ スイフトスポーツ アオタマ (スズキ スイフトスポーツ)
その車は、まるで狂おしく… (私自身がもっと馬力を出せ~!!と運転席で) 身を捩るように ...
ホンダ GB250 CLUBMAN (クラブマン) ホンダ GB250 CLUBMAN (クラブマン)
GB250クラブマン(多分2型)、 通称「蟹男」さん。 中古車の購入で最初からWMのシン ...
フォルクスワーゲン ニュービートル (ハッチバック) フォルクスワーゲン ニュービートル (ハッチバック)
以前乗っていたVWニュービートル。10年近く乗り走行距離は17万になりました。エンジン自 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.