• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

マヨイガのブログ一覧

2017年08月27日 イイね!

好きなバイク(*´-`)


さて、今回もネタの宝島や~!!なスズ・・・えっ?何?、いい加減にしろですと?、たまには「Hなバイク」や「YAらしいバイク」もやれよ!!ですと?


【Caution!!、当ブログはスズ菌に激しく汚染されています・・・かゆ・・・うま・・・】


(`ロ´;)バイバイ菌~~~!!

スズ菌クリア!!、Hなバイクでイクぜ!!。
ホンダの本気、見せてあげような一台です。

【HONDA NS250R(F)】
「ホンダ NS250R(F)」です。

スズ菌(オイ、殺菌されていないじゃないか)ガンマが峠を席巻していた1984年、レーサーRS250の直系のレプリカ(というか同時開発)で誕生しました。
というか・・・先代にあたる

【コイツ】があまりにも不評で売れず、何せ正味半年間ぐらいしか生産されなかっただの、ピストン焼き付きマシーンだの煙幕&オイル散布機だの最後の方は(余剰品の)在庫販売だったとかもう散々でした(以前紹介済)。
いや、M(ピー)Xの名誉のために書きますけど速いんですよ本当は、250で3気筒という贅沢なエンジンですし、ただ出過ぎてしまう馬力を抑えこむのに必死になりすぎて抑え過ぎたと、それによりオイル撒き散らしぃの後ろの1気筒が熱暴走で父危篤息していないだのね。本来、レーサーのNS500は前側1気筒後ろ側2気筒で熱対策していましたし、MV(ピー)は前2気筒後ろ1気筒・・・何故?


でも、ホンダは本気だったんです!!【コレ】もここまで漕ぎ着けていたんです・・・・ってあれっ?、なんか「社外秘」って書いてあるぞ?。
(♪ピンポーンコバンワハラショー!!)おや、玄関に誰か来たみたいだは~い


パン!!パン!!パン!!パン!!


・・・・・・・・💃イェーイ(遺影)

ああ、NS250でしたね、スペックを。
水冷2サイクルピストンリードバルブV型2気筒、排気量249cc、最高出力45馬力です。

こちらがNS250R

こちらがNS250Fです。
よくある勘違いで

左右非対称なチャンバーの配置と先代の【アレ】が

ヴィスリャアアァァァァ(V3)だったのもあり、NS250も3気筒だと勘違いされやすいのですがV型2気筒です、3気筒はNS400Rですね(以前紹介済)、ホンダの2スト250レプリカは全てV型なんです、パラ(並列)ツインはありません。
さて、FとRの違いを、FはただRをカウルレスにしただけと思われがちですが
まずフレームから
Rはアルミニウム製、Fはスチール製

ホイール
RはNSコムスター(いわゆる裏コムスター) 、Fは普通のブーメランコムスター(画像参照)

キャブレター
RはTA06、FはTA07

そしてF専用装備でライト下にダブルホーンとリヤスイングアームにスタビライザーが付きます(画像参照)
以上が相違点です、FはRの廉価版と思われがちですがリヤスイングアームスタビというF専用の装備もあり造りこまれているんですよ。
1986年には更に


限定4000台(多すぎだろ!!w)で「ロスマンズカラー」も追加されました。
装備面では低速トルクを稼ぐためのデバイスATAC、アンチノーズダイブ機構である(百害しか無いという結果になりましたが、この時代はフロント16インチホイールと合わせて各社装備していました)TRAC、焼き付き防止のためにニッケルをコーティングしたNSシリンダーなどこの時代の最先端てんこ盛りでした。
正にホンダは本気と書いてマジに気合いを入れていたことが伺えます。
さて、ではさぞかし売れたのか・・・先代の【アイツ】よりかは長く生産され(1986年まで)、先代の【ヤツ】よりかは売れましたのレベルでした。
これだけ気合いを入れていたのに何故か?、それは【名前を言ってはいけないあの人】の呪いです、アバダケタブラです苦しいお(クルーシオ)。
先代があまりにも焼き付きを起こして評判ががた落ちで「ホンダはやはり4スト屋だろ」だの「ホンダの2ストはダメだこりゃ」の烙印を受けてしまったのです。
また、NSもわりと白煙&オイル散布機だったので尚更、この頃のホンダ2ストエンジンは焼き付きを恐れてオイルが多めにシリンダーに行くようにしていたんだそうで、それが仇になって白煙&オイル散布機化したと(ピー)VXはオイル多めでも焼き付きましたけどねw。
まあ、焼き付きに関してはカワサ菌も相当・・・K(ピー)250は新車でも修理をしまくったというバイク屋さんの証言があります。

さて、中古市場ですが、Rはかなり価格の幅が広く下は20万円台からで上は80万円!!も、いわゆる「奇跡の1台」(走行距離500kmほど)でしたが。
Fですが・・・下は9万円台(珍走バンボーオヤヂ仕様でしたw、2ストじゃエンジンコールはしにくいだろうに)、上は40万円前後とお求め易く・・・無いです、売れていなかったのでタマ数が少ないのです。


先代の不名誉を挽回すべく気合い入れまくりで出したものの、その先代の呪縛を受けてしまい販売面ではやや苦戦しましたが、比較的に扱いやすく(Fはジムカーナで活躍)速さは光る物を持っていたバイク、それがNS250R(F)です。
乗るならチャンバー交換とキャブセッティングにとどめて綺麗にして乗りたい所ですね。

ただ、「YAらしいの」が更に本気を出すきっかけになってしまったのですが。
Posted at 2017/08/27 22:10:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | バイク
2017年08月18日 イイね!

好きなバイク( ̄ー ̄ゞ

こちらも久しぶりですね。
今回は皆さん大好き?ネタバイクの宝庫スズ菌からですよw。

【SUZUKI ACROSS】
「スズキ アクロス」です。

はい!!、そこ、アクロスの「A」の前に「M」を付けるの禁止!!、何故ですと?。

♪マクロの視点貫いて 無理矢理付けたメットイン 小型バイクのツアラーに 目覚めてくれと放たれた~~~


♪ア~クロス ア~クロス

Mを付けたらMACROSSで「超時空」が付いてしまいますからヤック!!デッカルチャ!!。
どんなバイクだったか
♪覚えてい~ますかぁ~(しつこい)


そうそう、これこれ!!、昔は「変型の切り替えスイッチ3つを全部下に下げたらどうなるんだろう?」と思ったものですが(答、お米が3合出てきます・・・嘘です)、いや、違うから、引っ張るね、天丼てんやだね。

販売上の名前は「アクロス」ですが、形式的な名前は「GSX250F」となります、まあ、大半の方はこの名前を知りませんが、そして実はもう1つ名前があるんですが後程。

これがアクロスですよ、実はある意味本当に変型?機構を装備して・・・これも後程。
では、スペックを。
水冷4サイクルDOHC16バルブ4気筒、排気量248cc、最高出力45馬力です。
なかなかの高性能、それもそのはずでベースになっているのは


こちら、1988年のGSXR250のエンジンを流用しているからです。人に優しい初代のほうですね、二代目(1989)は天井知らずなカリカリエンジンですから・・・これもそのうちに。

まずは、もう1つの名前とは?。発表されたのは1989年の東京モーターショー、その時の出品名は

「X913」という名前でした、画像の通り試作品にはタンクの部分に「X913」と書いてあったのです。
翌1990年にマクロs・・・しつこい、「アクロス」という名前を与えられ販売開始

でも、しっかりとサイドカウルには「X913」と書いてあるんです、開発コードを販売終了まで引きずり続けたバイクは後にも先にもコイツだけかと。アクロスの名前はシートカウルの両サイドにあります。
では、このバイクの最大の売りである変型機構?を。

タンクに見える部分は実はメットインスペースなんです、ここにお米3合と適量の水を入れて約20分ほど走行すると、エンジンの熱による直火炊きでふっくらと炊き上がり・・・ませんから。フルフェイスのヘルメットがスッポリ入るぐらいの収納スペースがあります。炊飯ジャーじゃなくてメットインスペースの蓋は電磁ソレノイド式でと書くとかっこ良いですが、つまり平たく言えば磁石でロックされています。

あれ?じゃあ給油口は?。

こ↑こ↓、シートの後ろが開き、中に給油口があります。
燃料タンク本体はシートの下にあります、うん、マスの集中と言えば聞こえが良いですが、チョッチ危なくね?。
股間がBURRRRRR~N!!なんて事は・・・まあ、シート下タンクは他社の車種にもありますから大丈夫でしょう(多分ね)。
さて、販売面なんですが、まず乾燥重量で159kgと250ccマルチとしてはかなり重すぎ、カワサ菌重厚長大(イズム)じゃないんだから、安全性(つまりライダーの命)を削ってまでw軽くするのがスズ菌必勝の方程式では?。
まあ、ツアラーだからと耐久性重視で遠慮したのかなと。しかし重いな、装備重量だと170を越えるぐらいですかね?。
そして、鳴り物入りのメットインスペースが仇になりました。燃料タンクはシートの下、つまりタンクはどうしても小さくなるわけで(容量は12リットルです)、更に高性能マルチエンジンは燃費がよろしくない、つまりこのバイクの航続距離は正直短いのです。ツアラーでこれは致命的な欠点かと。
更に更に価格がGSXR250より3万円安いだけでした、それならGSXRを買いますわな。
ツアラーとしては航続距離が致命的、スポーツとしては重すぎると、つまり中途半端なバイクと認識されてしまったと。
しかし、生産終了は1998年とわりと息の長いモデルでした、一定の評価はされていたということでしょうか?。
以下が約8年間の全型式名です。
1990年:GSX250F
1991年:GSX250FM
1993年:GSX250FP
1997年:GSX250FU
1998年:GSX250FW
最終型はFW?


これですか?w、まあ、こちらは2バルブなのでGS250FWですが。
さて、中古市場ですが。
だいたい下は25~35万円あたり、初期~中期型が該当します。
上は40万円~最高額は70万円が、最高値のはなんと走行距離が600kmちょいの奇跡の1台でした。後期型がほとんどです。


これが最終型のFW、正直かなりレアなカラーで数も少なく、中古価格もちょっとプレミア価格になりがちです。
所有するならヨシムラのマフラーに交換と、GSXR250のブレーキマスターとフロントホイール流用でダブルディスク化をやりたいところです。


メットインだの色々と新機軸を採用した意欲作でしたが、ちょっと欲張りすぎて比較的に高価で、更に重くなりすぎてツアラーとしては燃費も悪く航続距離も中途半端になっていまいましたが、安定感は250以上の物を持っていて、生産期間が長かったのも一定のリピーターが居たからと言われている、それがスズキアクロスです。
個人的提案!!、スズキさん今でしょ!!(林先生か?)、エンジンを今主流の水冷ツインにして軽量化と燃費向上をはかる、更に現在の技術でせめて乾燥重量140㎏に抑える、どうせ海外生産(東南アジア)なんですから価格も50万円あたりにして出せば売れるような気がしますが?。オプションでクラウザーのパニアケースも付けられるようにして出しましょうよ。
名前はアクロスⅡとかアクロスプラスとかアクロス7とかアクロスゼロとかアクロスFとかアクロスΔとかネタは尽きない・・・・

全部マクロスやないかい!!(´Д`)

Posted at 2017/08/17 23:58:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | バイク | クルマ
2017年08月16日 イイね!

72 year ago

少し遅れましたが、日本の、またそこに住む家族を護るために身を挺した方々へ感謝と、追悼を込めて。


有名な画像ですが、桜を振っている女学生達は、事前まで何の見送りかは知らされていなかったんだそうです。
知らされていたら笑顔で送れないからと。


 
Posted at 2017/08/16 08:22:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月15日 イイね!

彷徨えるアホと弾丸(^_^;) 8(終)、帰路

出発前に稚内の街中で出くわした




「宗の谷のエゾジカ」
思わず「森へお帰り」と鹿笛を振り回し・・・嘘です。
こんな住宅地にまで出てくるんですね、それも集団で。


漁港を抜け


森を抜け


平原を走り


道の駅へ


ステーキ串とフランクフルト美味し!!


真ん中に巨大なアンモナイトが


別の道の駅にはお花畑が、昼食はごった返していて行列で無理やね。



そして、旭川市内に到着、今の私には現実日常の街なので、旅の終わりです。
たいした旅でもなく、しょーもない日記を見ていただき感謝m(__)m。
総走行距離は700km行かないぐらいでした。



Posted at 2017/08/15 14:55:47 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月15日 イイね!

彷徨えるアホと弾丸(^_^;) 7稚内ズームイン朝

旅オヤヂの朝は早い。


最北端の線路、駅前広場まで出ちゃっています。






稚内駅とその構内、とても綺麗です。車中泊のために構内のトイレを解放してくれていて、頭が下がります。自転車や徒歩旅の方は玄関外で寝ていたり・・・

みんな「長(ピー)川さん」かな?、いや、「マダ(ピー)人生」のレベルなら私も負けませんので(オイッ!!)。


本当の最果ての線路、これがパイレーツオブJRワールドエンド。




朝のお散歩、ハマナスの花と実。




稚内駅(道の駅)の駐車場、停まっている車の9割が車中泊なんですぜ、私もですが。


少し歩くと海が好き!!


たぶん、利尻礼文行きのフェリー。

出港していきました。


更に歩くと海保の巡視艇が、こちらは「もとうら」さん。




こちらの大きいのが「りしり」さんです。後方はヘリ甲板で前にはオットーメラーラ砲らしき物が、これなら「提督」達も納得かな?w。


知る人ぞ知る(特にライダー&チャリダーさん)「稚内北防波堤ドーム」、業界?では有名な場所






全盛期なら「稚内難民村」と呼ばれたぐらいにライダー&チャリダーのテントがズラリと、私もバイクの時に利用しました。今は減りましたがやはり宿泊組が居ますね。 


朝ごはん、道民のソウルコンビニセイコーマート!!、これだけ買っても516円ですぜ兄貴、道民&道内観光の強い味方であります。


そして「カツゲン」コアップガラナと並ぶ道民のソウルドリンクさ。


高台の稚内公園から望む稚内市。


公園内にある修羅の・・・違っ、氷雪の門


あの・・・私の朝ごはんは?
はいよ、給油して帰路につくよ。目標!!旭川!!、帰りは内陸部を通って名寄経由ね。
お家に着くまでが遠足・・・旭川で遊びそうだけど。


Posted at 2017/08/15 08:27:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「先日ディーラーへ行った時、来客のほとんどがジムニー目当てでした。現時点では契約の比率はシエラに軍配が上がっているそうです。オーバーフェンダーが仕事をしていますからね(トレッドも拡大されています)。私なら軽にしますけど。画像はシエラです、新型は1500ccなんですね。」
何シテル?   07/09 23:34
マヨイガです。出身(実家)は福岡ですが、現在、北の國富良野方面に在住しております。 怖がる事はない、恥ずかしがる事はない、オヂサンと一緒にアブナい世界に行こうね...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

好きな車(* ̄∇ ̄)ノ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/11 23:44:24
MARANGONI(マランゴーニ) ZETA linea(ゼータリネア) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/27 23:58:24
好きな・・・動物(^_^;) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/20 21:56:35

お友達

お気軽にお声掛けの程を!!(^ω^)ノシ
14 人のお友達がいます
creative311creative311 * マシャ雪マシャ雪
もぐ夫もぐ夫 hayabusa0824hayabusa0824
タケ.ちゃんタケ.ちゃん ヒ・カ・ルヒ・カ・ル

ファン

17 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ スイフトスポーツ アオタマ (スズキ スイフトスポーツ)
その車は、まるで狂おしく… (私自身がもっと馬力を出せ~!!と運転席で) 身を捩るように ...
スズキ スイフトスポーツ スズキ スイフトスポーツ
Coming soon(^ー^) 静岡を出るのは来月の半ばとディーラーから連絡がありまし ...
ホンダ GB250 CLUBMAN (クラブマン) ホンダ GB250 CLUBMAN (クラブマン)
GB250クラブマン(多分2型)、 通称「蟹男」さん。 中古車の購入で最初からWMのシン ...
フォルクスワーゲン ニュービートル (ハッチバック) フォルクスワーゲン ニュービートル (ハッチバック)
以前乗っていたVWニュービートル。10年近く乗り走行距離は17万になりました。エンジン自 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.