• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+


 5月18日(土)超入門稽古inもてぎASTP
 5月26日(日)午前 もてぎフルコース稽古
 5月26日(日)午後 もてぎASTP2時間プレイ
 6月 5日(水)オレ修錬会in筑波ジムカ場
 6月 8日(土)もてぎASTPオーバーステア編初級
 6月 9日(日)もてぎASTPオーバーステア編中級
 7月 4日(木)筑波雨錬
 7月13日(土)サーキットのために其之弐inもてぎ
 7月24日(水)筑波夏之陣
 8月16日(金)~18日(日)クラゴン部屋夏場所
 9月12日(木)鈴鹿稽古 開催予定
10月 4日(金)~6日(日)クラゴン部屋アレ場所
10月16日(水)SUGO幕内稽古4時間 ↓どっちか
11月 9日(土)SUGO幕内稽古2時間 ↑どっちか
11月10日(日)もてぎASTPオーバーステア編初級
11月16日(土)もてぎASTPオーバーステア編中級
11月30日(土)もてぎASTP特上
12月14日(土)鈴鹿稽古
12月28日(土)サーキットのために其之弐inもてぎ

エントリー、詳細はこちらへ⇒ドラテク鍛錬場クラゴン部屋

クラゴン親方のブログ一覧

2019年10月14日 イイね!

F1日本GP

F1日本GP今年も鈴鹿に行ってきました。

バルセロナのスペインGPに行ったからいいかなーと思ったんですが、フェラーリ躍進に呼ばれてつい。

バルセロナではじぇんじぇん曲がらなかったフェラーリが、シンガポールの市街地で勝ったんだから、どんなアップデートをしたのか気になるじゃないですか。



見た目の挙動を自分が知る範囲でアレしてみると、フロントサスのジオメトリーが当たったような気がします。

具体的にはロールセンターを変更して、ステアインしたときのロールが早く起こるようになった。その結果として早いタイミングでコーナリング姿勢になる、要するにフロントの反応が良くなるというパターンです。

でも空力マシンのF1ですから、そのままやると空力がダメになるはずなんですよね。

特にフロントの空力だから、リアエンドまで全て影響するから。

その落としどころを見つけたような雰囲気です。だから開発が進んだというよりは、今のマシンの性能の引き出し方がわかったともいえるかも。アップデートにしては変化が大きすぎる。そのくらい違います。

F1は最新のアレですから、オレの知らないビックリドッキリメカがブッ込まれている可能性も高いですが、見た目ではそんな雰囲気です。








マシンの速さ、挙動もそうだし、ドライビングも実はかなり差があります。

フェッテルとルクレール、ハミルトンとボッタスみたいな、どっちも勝てるドライバーの間でも、かなり違うんですよ。

そういうのは映像ではわかりません。

わからなくはないけど、相当な観る修行をしないとわかりません。実際に走ってるところを見るとかなりわかるんだけど。未見のかたはぜひ一度行ってみてください。西コース券なら9000円だし。

みんな世界レベルの変態ドライバーだし、アホみたいに金かかった変態マシンだし、こんなん見たら楽しいに決まってます(笑)。

関連情報URL : http://kuragon.net
Posted at 2019/10/14 00:31:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | レース | クルマ
2019年06月04日 イイね!

スペインでF1観戦

スペインでF1観戦ちょっとエスパニョールでF1をポルファボールしてきたセニョール親方です。

実は去年も行きたいなーと思ってて結局あきらめたんですよ。

そしたら今年で最後かもという話が出て、それなら行くべということで逝ってきました。もうドイツ行きの準備がめんどくなって(笑)。

ドイツ行きがめんどくてスペインに行くとか意味不明ですが、細かいことを考えてはいけない。

ニュルと同じですよ。行きたいと言ってるうちは本当にそう思っていないのです。本当に行きたいと思ったら、チケットの手配は終わっているのです。











ルクレールの初優勝を観る予定だったんだけどなあ。

そこまで都合よくは行かない。それにしてもフェラーリは作戦も上手くないし、マシンも速くない。正確には低速コーナーで曲がらなすぎ&遅すぎ。全体のダウンフォースは増えてるはずらしいんだけど、ステアバランスが悪い。

メルセデスはつま先だっていてちょっと危なそうだけど、フロントのグリップが高くて、特にダウンフォースが少ないところでピッピッピッと曲がっていく。ちょっと難しそうだけど。乗るのはフェラーリの方が簡単そうです。

レッドブルホンダもいい走りをしてましたよ。

ホンダエンジンも悪くないです。ただあの結果はタッペンだな。タッペン、ハミルトンクラスのドライバーでなければ、もっと並の結果でしょう。ガスリーとの差は歴然です。

実際の性能でいえば、フェラーリに勝てないのが順当なところです。タッペンすげえ。

実際に見るとわかることは多いので、やっぱり見てナンボですよ。

まだネタはあるので書く時間があったら続きます。
関連情報URL : http://kuragon.net
Posted at 2019/06/04 20:07:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | レース | クルマ
2017年07月02日 イイね!

F1アゼルバイジャンGP

F1アゼルバイジャンGPいやーアゼルバイジャンGPはひどかったなあ(笑)。

最高でした。

F1公式サイトに動画があります。

Vettel vs Hamilton: their controversial Baku clash examined

ローリング中にブッ込むヤツがいて、ブッ込まれてアタマ来てぶつけるとか本当に最高(笑)。

世界選手権でトップを争うドライバーが、人としてこんなにダメなのがモーターレーシングです。コレは若い人の見本にならない。素晴らしい。

ルールのアレでいえば、ハミルトンは何も悪くないです。今回はギリだけど。

スタートのタイミングもローリングのペースも、先頭のドライバーが決めるモノです。

レースで先頭を走るというのはそのくらいのアドバンテージがあって当然です。なので基本的にはオカマ掘ったフェッテルのミスということになります。だってハミルトンがブッ込んで来るなんて当たり前だべ。

ただし、先頭のドライバーには、後続車の隊列を整える責任というのもあります。そのあたりがフェッテルが怒っているところでしょう。

レーシングカートをやっていたドライバーは経験あると思うんだけど、雨の日とか、後続車が全くついて来られないときがあるんだよね。ウエットは差が出るじゃないですか。

それがわかっていてローリングを全開で飛ばして、後続車が来ない状態でスタートするという作戦もあります。

30台の中で10台しか隊列にいないとか。ええ昔よくやりました。

個人的には、F1は品行方正なスポーツではなくて、モーターレーシングというさらに高次元の競争だと思っていますので、スポーツ選手に求めるようなお行儀の良さは不要、競争をつまらなくするものだと思っています。

試合が終わったあとに讃え合うような、ぬるい勝負はオリンピックとかでやっていればいいんですよ。

終わったあとに殴り合うくらいでちょうどいい(笑)。

それで勝つのがニコニコリカルドというのが、またモーターレーシングの面白いところです。全員が悪の限りを尽くして、一番いい形に落ち着くといいますかね。まさに宇宙の意思。

当たり前ですが誰もケガしない範囲で、アゼルバイジャンみたいなひどいレースを見たいな(笑)。

今後のチャンピオン争いが楽しみです。



で、ここからが本題かつ弟子のみなさんに関係ある話です。

加速するところでは加速しないと危ない。

フェッテルはブレーキテストをされたと言ってるじゃないですか。でもデータ上ではブレーキは踏んでいないそうですよ。

つまり、加速すべきところで加速しないのは、後続車からするとブレーキを踏んでいると思うほどの危険な速度差になるということです。

ピットインラップだからといってペースを無意味に落とさない。ウインカーはゆずる(自分が行く)方向の合図と同時に、ペースダウンする合図にもなるということで。

F1ドライバーが間違えるんだから、普通の人は間違えます。

減速する(してる)とわかっているのは自分だけだと思って、人のためにわかりやすい行動を取ると、アゼルバイジャンGPみたいな事故を避けやすくなると思いますよ。

レースは相手にわかりにくいことをわざとやるけど(笑)。
関連情報URL : http://kuragon.net
Posted at 2017/07/02 13:52:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | レース | クルマ
2015年12月24日 イイね!

どうした自動車メーカー

どうした自動車メーカー今年もイロイロありましたのう。

個人的に気になるのはやはりモーターレーシングのことです。マクラーレン・ホンダ復活、日産がFFレイアウトでル・マンに挑戦。

自分に関係ある話でいえば、ニュルのVLNレースでの日産GT-R NISMOの自損事故もありました。


ホンダ「デビューが時期尚早だったとは思わない」


ニッサンLMP1、16年WEC/ル・マンへの参戦を中止

日産「GT-R NISMO」がニュルでのレース中にクラッシュ、観客1名が死亡

レース以外でいえば、タカタのエアバッグ問題、フォルクスワーゲンの排ガス不正もありました。

よくないニュースばかり抽出して並べているのはわかりつつ、それでも「どうしちゃったんだろう?」というのが正直な心境です。

自動車メーカーみたいな大きな企業で、人の命を預かるモノを作るみなさんが、こんなに目論見と違うことになってしまうのが解せないとは思いませんか。

違うのがダメだというわけではなくて、って違うのはダメか(笑)。

別にそこを問題提起するつもりではないんですよ。そうではなくて、なぜこういう意思決定をしてしまったのか、どういう情報を集めて、どういう経緯でGOを出したのか、その部分がとても興味深い親方でございやした。




もちろん上手くいったプロジェクトも興味深いですよ。

2011年のル・マン24時間レースのときに撮った、パレード中のマツダ787B。ル・マンを走るこのマシンを見るためにフランスまで行っちゃいました。

日本の誇りです。
関連情報URL : http://kuragon.net
Posted at 2015/12/24 05:26:10 | コメント(2) | トラックバック(0) | レース | クルマ
2015年03月15日 イイね!

F1開幕!

F1開幕!今年もついにF1が開幕しましたのう。

やっぱりF1は楽しいな。

メルセデス優勢は変わらないようですが、フェラーリは速そうだし、ウイリアムズも調子よさげです。ロータスは復活ぎみか。

そしてホンダは…。

ホンダは……。

ホンダあああああああああああああああああ!!

関連情報URL : http://kuragon.net
Posted at 2015/03/15 14:01:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | レース | クルマ
みんカラセレクト

プロフィール

「500GP フォーミュラ1の記憶 http://cvw.jp/b/450001/43706618/
何シテル?   02/07 03:05
趣味はドライビング鍛練、特技はドライビング指南のクラゴン部屋親方です。 ※「クラゴン/KURAGON」はクラゴンの登録商標です。 主な実績 ■シビ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/4 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

kuragonOYAKATA 
カテゴリ:twitter
2010/07/25 16:28:36
 
KURAGON RACING 
カテゴリ:KURAGON RACING
2008/11/01 18:22:32
 

愛車一覧

ホンダ S2000 ホンダ S2000
S耐でもニュルでも大きな転機になったS2000。ここまでいい思いをして買わないのもアレだ ...
ホンダ インテグラ ホンダ インテグラ
ハンドリング、エンジン、最大積載量、全て最高の1台です。安全装備だけなんとかして、このま ...
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
クラゴン部屋デモカーです。親方走見、引っぱり稽古など大活躍! クラゴン部屋スペシャル仕様 ...
ホンダ S2000 ホンダ S2000
2009年ニュルブルクリンクVLNシリーズ最終戦で乗ったチームシュマーザルのS2000で ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.