• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+


 5月18日(土)超入門稽古inもてぎASTP
 5月26日(日)午前 もてぎフルコース稽古
 5月26日(日)午後 もてぎASTP2時間プレイ
 6月 5日(水)オレ修錬会in筑波ジムカ場
 6月 8日(土)もてぎASTPオーバーステア編初級
 6月 9日(日)もてぎASTPオーバーステア編中級
 7月 4日(木)筑波雨錬
 7月13日(土)サーキットのために其之弐inもてぎ
 7月24日(水)筑波夏之陣
 8月16日(金)~18日(日)クラゴン部屋夏場所
 9月12日(木)鈴鹿稽古 開催予定
10月 4日(金)~6日(日)クラゴン部屋アレ場所
10月16日(水)SUGO幕内稽古4時間 ↓どっちか
11月 9日(土)SUGO幕内稽古2時間 ↑どっちか
11月10日(日)もてぎASTPオーバーステア編初級
11月16日(土)もてぎASTPオーバーステア編中級
11月30日(土)もてぎASTP特上
12月14日(土)鈴鹿稽古
12月28日(土)サーキットのために其之弐inもてぎ

エントリー、詳細はこちらへ⇒ドラテク鍛錬場クラゴン部屋

クラゴン親方のブログ一覧

2018年02月09日 イイね!

ドライビングと挙動変化の実演映像

そうだクラゴン部屋筑波ネタがもうひとつあったんですよ。

親方走見中のドライビング修正というか、ドライビングによるクルマの挙動変化の実演です。



「ちょっと内輪がリフトしているかな」

というのは、ブレーキング時のことで、よく書いているリアの伸びストロークがちょい足りないということです。

そうするとどうなるかというと、旋回制動っぽいときに、リアの内側のタイヤがポンと浮いてしまいます。

ポンと浮くと、そのぶんグリップが下がるから、オーバーステア気味になるということで。ブレーキングのときによりオーバーステアになりやすいというのは、あまりいいことではありませぬ。この場合はちょっとだけど。

直線の真っ直ぐのブレーキングだとここまでは気にならないんですが、サーキットは横力がかかりながらブレーキングするところが多いし、特に筑波は旋回制動っぽくなりやすい。だから仕方ないともいえます。

で、1ヘアと最終の映像は、先の映像が不安定にならないように、あとの映像があまり気にしないでブレーキングしております。

ステア修正が入ってるのわかるべ。

普通はあまり気にしないでブレーキングをしてステア修正→ブレーキングで修正だと思うんだけど、親方は変態ですので、他のコーナーでの挙動から、不安定になるのがわかってしまうのです。

なので先に修正入りのお手本走行をやって、それから内輪リフトが助手席の弟子にわかるように、敢えて気にしないで乗っております。オーバーが出てあーやっぱりってカンジ(笑)。



どんなクルマでも、どんなセットアップでも乗れないことはないです。でないと仕事になりませんので。

なんだけど、ただ乗ってタイムを出せばいいわけではないです。良し悪しをちゃんと実技で見せて、納得してもらうことが、某部屋での上達につながってるんじゃないですかねー。

このインプレッサさんも確かベストラップが出たそうなので、マイカーのいい乗り方をイイカンジに理解してもらえたことでしょう。

無理をしたわけじゃなくて、クルマのことがわかった結果いいタイムが出るのはいいですな。そしてクルマのことがわかると、意味ない無理をしなくなるともいえます。

上達のアプローチのひとつですかね。

関連情報URL : http://kuragon.net
Posted at 2018/02/09 19:29:30 | コメント(1) | トラックバック(0) | クラゴン部屋 | クルマ
2018年02月08日 イイね!

インプレッサで4駆ドラテク

インプレッサで4駆ドラテククラゴン部屋筑波弐千稽古の続きはインプレッサです。

ハッチバックのヤツです。このクルマがまたナイスコーナリングだったんですよ。

FF車と4WDのドライビングで、フロントでひっぱって旋回するパターンがあります。

フロントデフが入ってるクルマは、フロントがひっぱるじゃないですか。そのときにステアリングを切っていれば、切っている方向に曲がるということです。

FF車、4WDで苦手なはずのでコーナリング+加速が同時にできるから、そりゃもういいわけですよ。

1コーナーだけ足カメラつきVer.です。



まずアクセルONのタイミングが早い。そして踏み込んで全開にするポイントも早い。FFと4WDのアンダーを知ってる人は、「なんでコレでアンダらないの?」と不思議なコーナリングやもしれません。

立ち上がりでヨーレートが出てるんだけど、その手前でリアが滑ってるわけじゃないんですよ。アクセルONでフロントが入って、結果としてヨーが出ているコーナリングです。

しかもフロントに利きの強いLSDを入れれば、必ずこうなるというわけではないです。

そこが失敗しやすいところで、むしろアクセルONで駆動がドンとかかって、アンダーステアになったりもします。

確かこのクルマはデフは全部純正だったと話をした記憶があるので、サスとタイヤのセットアップがかなりいいとこで、デフがちょっとだけ利いてるような気もします。もしくはリアタイヤの減りが絶妙とか(笑)。

スバルはセンターデフとか前後LSDも含めた調整的なアレがあったりするので、イロイロとやってみると面白いですよ。良し悪しは別にして操縦性は変化するから。



1周Ver。全部のコーナーで使ってはいるけど、やっぱり1コーナー足カメラ付きのときが一番わかりやすいな。なんせ全開は2周のみ、時間で10分ちょいしか乗ってないので。

当たり前の話ですが、とりあえずアクセルを踏めばこうなる、機械式LSDを入れればこうなる、というわけではありません。クルマのセットアップ、アクセルの踏み方も関係します。

安全な場所で試してもらうと面白いと思うけど、みんなでコレをやりましょう!というドライビングではありませんので。某部屋の変態親方におまかせいただくと、安全に体感できるかもしれませんが。

インプレッサは比較的できるクルマが多めな傾向です。

ついでに4WDのデフの話を書いておくと、フロント、リア、センターと3つあるじゃないですか。

全部機械式にしてそれぞれのイニシャルトルク、利き方をセットアップしようとするとエライコッチャです。明確な狙いがない限りは、あまり深入りしない方がいいと思われます。

関連情報URL : http://kuragon.net
Posted at 2018/02/08 17:18:45 | コメント(0) | トラックバック(1) | クラゴン部屋 | クルマ
2018年02月07日 イイね!

クラゴン部屋筑波弐千稽古動画2

続いてスバルWRXの動画です。



WRXはいいね。

すごく曲がるとか、すごく速いとかではなくて、平均的に悪いところがない素直な操縦性です。

で、ステアリングインフォメーションがちゃんとドライバーに入るから、クルマと相談できる。エンジンのパワーもあるし実際には速いんだけど、初心者でも安全に乗りやすいです。

とりあえず電子制御を入れておけば何とかなる。昔のインプレッサとはぜんぜん違いますぜ(笑)。

このクルマは確かタイヤがRE71Rだったと思うので、純正タイヤよりもグリップが高くて、挙動がマッタリになっているはずです。純正まんまだともう少しアンダーステアが出たりするかもしれないけど。

で、追いかけてるのは前に出したシビックです。

いやー直線速いなシビック。

と思ってスペックを比較してみました。

WRX 308ps 43kg 1490kg
シビック 310ps 40.8kg 1380kg

WRXの方が少しトルクがあって、シビックの方が110kg軽いのか。やっぱ軽いのはいいな。というわけでもう一度シビック。



なんだけど、ブレーキは不安定だし、アクセルONのコントロールも難しいから、ちょっと上級者向けtもいえます。専門用語でいうとトレース性が低い。

これでVSA(電子制御)入ってるんですよ。VSA切ったらアクセル踏んだ瞬間にフロントがさやうならしてしまいます。

WRXからの映像を見ると、トラクションのかけ方がナイスでいい加速してます。さすが訓練された弟子。

クラゴン部屋では、訓練された弟子が自分で合わせてくれたときだけ、追いかけやりますので。場合によっては車間距離1m以下まで詰めてプレッシャーをかけるから、訓練された弟子じゃないと危ない(笑)。

次は4駆ドラテクの話でもしますか。
関連情報URL : http://kuragon.net
Posted at 2018/02/07 02:15:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | クラゴン部屋 | クルマ
2018年02月06日 イイね!

クラゴン部屋 筑波弐千稽古動画

クラゴン部屋 筑波弐千稽古動画セーブポイント、ではなくて復元ポイントに戻ったら動画埋め込みが復活しました。

最近、復元ポイントの設定をしてないような気がしてドキドキしていたら、シグマのレンズ設定ソフトをインストールしたところで自動セーブされていました。

ありがとうシグマ。

ではiQの映像からだうぞ。



ホイールベースがメチャ短いのに意外と普通。

1コーナーでちょっとヨタッとしてるのと、アクセルONのホイールスピンが多いのが、ホイールベースのアレが出てるかな。ホイールスピンはLSDが入ってないのも大きいです。トレッドも狭いから内輪のリフトも多そうだし。

リフトというか正確には荷重抜けか。

でもけっこう普通です。見た目のわりには(笑)。GRMNという特別なグレードだから、普通のiQがみんなこうではないかもしれません。


反対にホイールベースもトレッドも広いシビックはこう。



ブレーキングが安定しているわけでもないのが面白いな。

一般的にホイールベースが長いと安定、短いとコーナリングしやすいというのはご存知やもしれませんが、実際のところホイールベース以外の要素が大きいというか、増えたと思います。

ホイールベースが長くても、フロントのCPを上げて旋回しやすくしたり。

だからホイールベースが短い=スポーツというわけでもないです。今は。

タイヤ&ホイールはインチダウンの18インチ仕様です。鈴鹿で大丈夫だったから心配はしてなかったけど、筑波でも大丈夫でした。ベストのセットアップではないけど、普通の人が楽しく走る練習車としてはこのへんだべ。

純正の19インチだと、限界は高いけどグリップが抜けて、挙動の予想が難しい。

それにしても直線速いけどね(笑)。

続きます。

関連情報URL : http://kuragon.net
Posted at 2018/02/06 19:58:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | クラゴン部屋 | クルマ
2018年02月05日 イイね!

クラゴン部屋 筑波弐千稽古

クラゴン部屋 筑波弐千稽古

モーターをジャーナルする話はいいんですよ。

みんなで話をするのは楽しいけど、基本的にはサーキット以外の出来事には興味ありませんので。でも電気自動車と自動運転の話は書くつもりですたぶん。

では本業のドライビング親方の出番です。筑波弐千稽古やってきましたぜ。

1月末の稽古はじめです。2月は稽古ないので、2ヶ月で1回しかクラゴン部屋を開催しないという。

クラゴン部屋じゃなかったらツブれてますぜ(笑)。

alt
alt
alt
alt

iQ面白かった(笑)。

でも意外と普通です。たまに普通じゃないときがある。ホイールベースが短いから、対角ロールが速いんですよ。でも直線のブレーキングではそんなでもないので、そこが不思議です。

わかりやすく書くと、コーナー進入でいわゆる「ブレーキを残す」をやると不安定になる。

だからブレーキを残すのは間違いだっていつも言ってるべ。

あとアクセルONでフロントが抜けるのも速いので、アクセルコントロールはけっこう難しいです。これはLSDがないのも大きいけど。

動画を埋め込もうと思ったけど上手くいかないな。

またそのうちアレします。

関連情報URL : http://kuragon.net
Posted at 2018/02/05 19:32:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | クラゴン部屋 | クルマ
みんカラセレクト

プロフィール

「500GP フォーミュラ1の記憶 http://cvw.jp/b/450001/43706618/
何シテル?   02/07 03:05
趣味はドライビング鍛練、特技はドライビング指南のクラゴン部屋親方です。 ※「クラゴン/KURAGON」はクラゴンの登録商標です。 主な実績 ■シビ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

リンク・クリップ

kuragonOYAKATA 
カテゴリ:twitter
2010/07/25 16:28:36
 
KURAGON RACING 
カテゴリ:KURAGON RACING
2008/11/01 18:22:32
 

愛車一覧

ホンダ S2000 ホンダ S2000
S耐でもニュルでも大きな転機になったS2000。ここまでいい思いをして買わないのもアレだ ...
ホンダ インテグラ ホンダ インテグラ
ハンドリング、エンジン、最大積載量、全て最高の1台です。安全装備だけなんとかして、このま ...
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
クラゴン部屋デモカーです。親方走見、引っぱり稽古など大活躍! クラゴン部屋スペシャル仕様 ...
ホンダ S2000 ホンダ S2000
2009年ニュルブルクリンクVLNシリーズ最終戦で乗ったチームシュマーザルのS2000で ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.