• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+


 1月28日(日) 筑波弐千稽古
 2月予定 薄い本執筆
 3月 6日(火) サーキットのために其之壱in筑波ジムカ場
 3月24日(土) SUGO幕内稽古
 4月20日(金)~22日(日) クラゴン部屋春場所
 6月 9日(土) もてぎASTP稽古 アンダーステア攻略初級
 6月10日(日) もてぎASTP稽古 オーバーステア攻略初級
 6月20日(水) 筑波雨錬(ジムカーナ場)
 7月 8日(日) サーキットのために其之弐inもてぎ
 7月11日(水) 筑波夏之陣(午前ジムカ場+午後コース1000)
 7月19日(木) 鈴鹿稽古
 8月24日(日)~26日(日) クラゴン部屋夏場所
 9月 8日(土) SUGO幕内稽古2時間
 9月13日(木) 鈴鹿稽古
10月12日(金)~14日(日) クラゴン部屋アレ場所
11月10日(土) SUGO幕内稽古2時間
11月17日(土) もてぎASTP稽古 オーバーステア攻略中級
11月24日(土) 午前 もてぎ東コース稽古
11月24日(土) もてぎASTP2時間
12月 9日(日) もてぎASTP特上
12月15日(土) 鈴鹿稽古
12月30日(日) サーキットのために其之弐inもてぎ


エントリー、詳細はこちらへ⇒ドラテク鍛錬場クラゴン部屋

クラゴン親方のブログ一覧

2014年12月21日 イイね!

2014年のニュル挑戦

2014年のニュル挑戦みなさん今年も1年間大変お世話になりました。

おかげさまでクラゴン部屋の経営もなんとかなって(笑)、レースでもまさかというマシンに乗れて、いい1年になりました。ありがとございました。

ということで、すっかりタイミングを逃していた、今年のニュルブルクリンクの話をしましょうか。

2012年、2013年と、元アウディワークスカーのアウディTT-RSに乗ってしまったのもありまして、今年のニュルは正直どうしようかと考えていました。

惰性でやるものではないし、といってアウディTT-RS以上に楽しそうなマシンなんてそうそうありませんぜ。いい話がなかったら、今年はお休みでいいかと思って。

でもせっかくなので「メルセデスSLS GT3がいいなー」と言い続けていたら、まさかの実現という展開です。

タイミングがよくて、運がよくて、でもやっぱり一度ダメになったところで力を貸してくれた人がいて、レースに出る前が一番波乱万丈でした(笑)。



コレだもんなあ。とても平たいです。

メルセデスSLS GT3はニュルではSP9というクラスで、要するに一番速いクラスです。

例によって事前テストもなく、レース1戦ごとの契約で、ニュル最速クラスまで来るとは思わなかったな。よく向こうのチームがOKを出したもんです。事前にオレのことをかなり調査したらしいですがね。ふふふ。




マシンとしてはとても全うなレーシングカーでした。

速すぎることを除いて(笑)。

あのニュル北コースでも、ちょっとした直線で軽く時速200km越えますから。もう速いなんてもんじゃないくらい速い。それだけのパワーを受け取るキャパが、シャシー側にあるともいえます。

ちなみに日本のスーパーGTだと、メルセデスSLS GT3はGT300クラスなので、ああアレねと思われそうですが、ニュルのは540馬力くらいでむしろGT500クラスです。

ライバルもメーカーのワークスチームだったり、元F1ドライバーがいたり、やはりGT500のカンジです。

予選で瞬間的にですが総合5位、クラス3位のタイムを出したり、決勝も雨の中そんなタイムを出したりして、結果は総合19位、クラス6位。

SP9クラスは14チームもいたので、完全プレイベーターで6位なら最高です。でもリザルトでは、総合12位、クラス5位でゴールでした。誰か黄旗無視かなにかをして、1周減算されているかもです。そうするとちょうど計算が合う。

でももう少しで総合シングルに入るところまで行ったから、まあいっか(笑)。

タイムをキッチリ出して、レースも無事に終わったんだから、それ以上は欲張りすぎですよ。



そんな楽しいニュルでした。

チームはまた今度オレが乗りたいと言ったらいつでもOKだそうで、SP9クラスでの橋頭堡を確保しました。よっしゃー。

まずはそこですよ。いいところを見せようとしてクラッシュしたりするよりも、次回挑戦の権利を得ないと。1回や2回で何とかなるものではないです。今回はかなり何とかしましたが。

これでいつでもSP9クラスに出られるドライバーですよ。

来年はどうしよっかな。メルセデスでもう1回やっておきたい気もするし、SP9でもっといいチームと交渉をしても面白そうです。もうSP9のマシンに乗れることは証明したわけだから。

もう自分でも展開を予想できない(笑)。

ニュル挑戦はクラゴン部屋の親方研修ですので、楽しそうな話があればやることでしょう。


また何か思いついたら年内も更新しますが、時間のあるうちに2014年のご挨拶ということで。

寒い日が続きそうですので、お体に気をつけて、よいお年をお迎えください。



関連情報URL : http://kuragon.net
2014年12月18日 イイね!

ヘタな映像を見るとヘタになる?

ヘタな映像を見るとヘタになる?そうだ映像つながりで面白い話があったんだ。

情報通信研究機構、下手な人を見ると自分も下手になることを発見
http://ascii.jp/elem/000/000/951/951419/

「実験では、命中率のよくない素人が投げているダーツの動作をエキスパートに観察させ、どこに当たるかを予測させた。動作から命中箇所が予測できる精度が上がるとともに、エキスパート自身のダーツの成績も悪化することがわかった。」(記事中より引用)

ということだそうです。


科学的に立証されたというよりは、何らかの影響があると考えられる、くらいの話だと個人的には受け取りつつ、非常に興味深いです。

なぜかというと、下手な車載映像を見たあと、どうも口直しの映像が必要だと思うようになりまして。

下手なドライビング映像を見て、人の失敗を参考にする、というのは間違いではないと思います。

が、そこでわかるのは何がダメか、何が悪いかです。

どういうドライビングを目指すべきなのか、自分がドライビングするときにどうすればいいのか、それは下手な人の失敗映像を何回見ても、わかることはないべ。

学習法としても、上手くなりたいなら自分よりも上手い人から学んだ方がいいでしょう。自分より勉強ができない人の間違いをいくら学んだって、問題は解けないわけだし。

あと人の心理として、下手な人を見つけると安心してしまうこともあります。

なので、失敗映像を見てみんなで笑う、というのも大切なことですが(笑)、ぜひ上手い映像もセットで準備をして、口直しをしてもらうといいと思いますよ。

この続きもあるんですが、面白ければアレしましょうか。


関連情報URL : http://kuragon.net
Posted at 2014/12/18 18:43:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーキットに行こう! | クルマ
2014年12月18日 イイね!

クラゴン部屋鈴鹿稽古映像

ブログを書いてアップしようとしたらサーバーメンテナンスが始まっていて手も足も出ない状況に名前をつけるとしたらどんな名前がいいですかのう。

鈴鹿稽古の親方模範映像です。

そういえば今年のニュルの話も書いてなかったような気がするけど、まあいいでしょう。時間があるときに…なんて思ってると書けないか(笑)。



11月の鈴鹿稽古で個人的にちょっとモノ足りない部分がありましてね。

今回はその部分を何とかすべく、イロイロな方面からチャレンジしてみました。けっこう上手く行って、とても気分がいいです(笑)。スリップアングルと摩擦円は多くの方がご存知だと思いますが、そこをちょっとしたアレで試したカンジです。

ドライビング実証探査親方です。

ドライビングは教科書が先ではなくて、実践が先です。だから実践の能力と、解析の能力の両方があると、とても都合がいいんですよ。

具体的にはS字のひとつめと、デグナー2つめは完全にブッ飛んでってるな。

走ってらっしゃる方はご存知のように、実際にはもっとコースが狭くて、Rがキツいカンジがするんですが、この映像だとそう見えないのが面白いです。

マネすると危ないので、参考程度にだうぞ。
関連情報URL : http://kuragon.net
Posted at 2014/12/18 17:31:22 | コメント(1) | トラックバック(0) | クラゴン部屋 | クルマ
2014年12月16日 イイね!

クラゴン部屋鈴鹿稽古

クラゴン部屋鈴鹿稽古2ヶ月連続のクラゴン部屋鈴鹿稽古です。

今回は年にたぶん1回の土曜開催です。走行会に混ざらせていただくので、自分の日程では組めなくて。クラゴン部屋で鈴鹿貸切にしたら、金額がエライコッチャになりますが(笑)。

クラゴン部屋は「ニュルを走れるドライビングを身につける」というのがひとつの目標です。

特定のサーキットを攻略して、タイムを出せるのももちろんいい目標だと思いますが、本当に上手い人は、いつでもどこでもオールマイティに上手いでしょ。ニュルブルクリンクはその最高峰の目標です。

なんだけど、その途中経過として鈴鹿もひとつの基準になりますのう。



今回は自分でもちょっとやりたいことがありまして、ドライビング指南をしつつ、自分の上達のアレとして挑戦もしてきました。

挑戦する課題があるのもやっぱり鈴鹿サーキットだからでしょう。

しかも挑戦は上手く行きました。ドライビングはいくらでも上達するし、したらしたでよりダメなところがわかります。終わりがありませんのう。ふふふ。



たぶん今年のニュルのときよりも、今の方が上手いな。

いや、オレだけ上手くなっても仕方ないですが(笑)。ちゃんと弟子のみなさんもバッチリ上達してもらえたと思います。

鈴鹿稽古はずっと開催したくて、今年やっとできることになりました。やはりとてもいい稽古になっているので、来年も開催します。早ければ3月かな。

弟子のみなさんはご期待ください。


関連情報URL : http://kuragon,net
Posted at 2014/12/16 15:41:12 | コメント(1) | トラックバック(0) | クラゴン部屋 | クルマ
2014年12月10日 イイね!

クラゴン部屋もてぎASTP特上動画

ではASTP特上の動画をアレしますか。

まず弟子のみなさんから。



なかなか楽しそうでしょ。

楽しいんですよ(笑)。ふふふ。

ヨーレートをガバッとつけて、それでいてスピンしなければ、それは間違いなくドライビングが上手いといえるでしょう。この出し入れ自在のヨーコントロールを身に着けたら、サーキットでも役立つに決まっております。

そして親方走行です。



離島の緑のストレスを発散するような角度です(笑)。

パイロンにヒットしてるのは、ASTPインストラクターさんが本来ない場所にパイロンを設置して、とても難しくしてくれたからです。クルマの物理的限界に挑戦するレベル。

ポイントは、スピンモードに入ったときは躊躇なくフルカウンターまで切ってること、と同時に切り返しではヨーレートを出し過ぎないように、ゆーっくりとコントロールしているところですかね。

クルマの操作は、必要なときに必要な量ですから。ただゆっくり操作すればいいというわけではないです。

でも、こうすればいいというわけではなくて、リアの滑りに応じて操作をするとこうなる、というカンジですかね。

キモはステアリング操作ではなくて、リアの滑りですから。

関連情報URL : http://kuragon.net
Posted at 2014/12/10 14:09:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | クラゴン部屋 | クルマ
みんカラセレクト

プロフィール

「クラゴン部屋もてぎフルコース稽古 ポルシェケイマンS http://cvw.jp/b/450001/41521389/
何シテル?   05/25 01:47
趣味はドライビング鍛練、特技はドライビング指南のクラゴン部屋親方です。 ※「クラゴン/KURAGON」はクラゴンの登録商標です。 主な実績 ■シビ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/12 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

kuragonOYAKATA 
カテゴリ:twitter
2010/07/25 16:28:36
 
KURAGON RACING 
カテゴリ:KURAGON RACING
2008/11/01 18:22:32
 

お友達

クルマ好き、ドライビング好きな方は大歓迎です。
242 人のお友達がいます
キン@爺キン@爺 * タイラップ しめしめタイラップ しめしめ *
おて~~く。(・∀・∩)おて~~く。(・∀・∩) * くらパンくらパン *
yohei nishinoyohei nishino * とっぷりんとっぷりん

ファン

2,924 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ インテグラ ホンダ インテグラ
ハンドリング、エンジン、最大積載量、全て最高の1台です。安全装備だけなんとかして、このま ...
ホンダ S2000 ホンダ S2000
S耐でもニュルでも大きな転機になったS2000。ここまでいい思いをして買わないのもアレだ ...
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
クラゴン部屋デモカーです。親方走見、引っぱり稽古など大活躍! クラゴン部屋スペシャル仕様 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
2009年ニュルブルクリンク24時間で乗ったマトールレーシングのユーロシビックタイプRで ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.