• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Thomas@20Gのブログ一覧

2018年05月21日 イイね!

北朝鮮、拘束していた米国人3人を解放

北朝鮮、拘束していた米国人3人を解放北朝鮮に拘束されていた米国人3人が解放された

でも・・・米国人?

凄い違和感ていうか、人質が返されたという実感がわかないw


拘束されていた米国人3人を出迎えに訪れたトランプ大統領(中央)とメラニア夫人(左)=10日、アンドルーズ基地(AP)

産経ニュース北朝鮮解放の米国人3人はどんな人たち? 半島にルーツ、現地でビジネス・教育活動



なんか、仕込みっぽく感じてしまうが・・・w

夕刊フジ5月17日(16日発行)
不肖・宮嶋 コラコラ記
夕刊フジ米朝首脳会談 自ら北へ渡った3人解放で「感謝」 外道相手にオメデタ過ぎちゃうか

まぁでも、米国籍を有する人物には変わりがない。
北朝鮮は米国の圧倒的な軍事力の前に屈したのである。

産経ニュース「特赦」による米国人解放に見る北朝鮮のダブルスタンダード…“弱腰”韓国には解放に応じず



日本人拉致被害者も取り戻したいが、日本の状況では、もっと厳しい。
北朝鮮から見れば、日本には軍事的に報復される恐れがないからである。

結局は、外交や交渉ごとは軍事力の裏付け次第ということだ。
同盟国のトランプ大統領頼りにならざるを得ない。



No.864
Posted at 2018/05/21 00:01:44 | コメント(1) | トラックバック(0) | 時事 | ニュース
2018年05月20日 イイね!

マレーシア、92歳のマハティール氏勝利は「中国との蜜月関係にNO」

マレーシア、92歳のマハティール氏勝利は「中国との蜜月関係にNO」家内はパート、子供達は学校

平日が休みの私は、溜まった産経新聞を読み、時々飼い猫をからかいながら、ぼんやりテレビをみていた。

モリカケではなく、新潟女児殺害と日大アメフット部の殺人タックルが繰り返し放送されていた。

日大の方は、天を仰いでいる状態で後ろからタックルされたら、鍛えていたって危ないわな。
ラグビー日本代表だった阿修羅原(故人)もヒットマンラリアットを確立する前はラグビータックルをフィニッシュホールドに使っていたくらいだ。

新潟の方は、容疑者が前月に少女連れまわしで書類送検されていて、翌日から警察がマークしていたという。
小林容疑者が運転していた乗用車(左)
何をしたのか詳細は不明だが、書類送検ということは、逮捕されずに検察へ書類を送っただけ、つまり、刑が確定していない状態だ。
勿論、不起訴ということも有り得るわけで、未成年者に対する犯罪行為への厳罰が甘すぎると思う。だから、近所にそういうロリコン男が潜んでいることは知らされていなかった。

想像してオナニーするだけでは我慢できずに、例え微罪であったとしても現実の世界において一線を越えてしまった場合は、逮捕拘留の上、強制的に入院させ性障害治療を行う等の措置が必要だと思う。性癖というのは自分ではどうすることも出来ないのである。

ここで左巻きが必要以上に尊重する「人権」というものがネックになるのだが、ロリコン男の人権と、未来ある子供の命そのものとを比較したところで意味はない。比較する必要もない。

さて、前置きが長くなったが、もう一つ、マレーシアで92歳の首相が誕生というニュースも多かった。

夕刊フジ5月15日(日発行)
夕刊フジマレーシア政権交代、92歳のマハティール氏勝利は「中国との蜜月関係にNO」 河添恵子氏緊急リポート
夕刊フジ

どの局だったか覚えていないが、日本の街頭でインタビューして「えっ、92歳?すご~い」といった、どうでもいいただの感想を垂れ流していた。

事の本質は、マレーシア国民が過度に中国に依存しているナジブ政権にNOを突き付けたということである。プライムニュース イブニング

フジテレビプライムニュースとなった、フジテレビの夕方のニュースではその旨報じていた。
また、米朝首脳会談のくだりでは、産経新聞客員特派員の古森義久氏がVTR出演していた。短いインタビューであったが、私は動画の古森氏を初めて見た。
古森義久
ひょっとして、フジテレビは、ウジテレビを脱して硬派に変わったのだろうか?

元々つながりは低いとはいえ、フジサンケイグループなのだから、フジテレビにはそういう方向に向かってほしいと願う。

政権寄りになる必要はないが、フジテレビと日本テレビは中立で硬派であって欲しい。
朝鮮TBS、テロ朝のように、特亜寄りで倒閣一辺倒の反日放送局に正義などない。
一番の問題は犬HKだが・・・

まぁ、一番は電波オークションの実施だね。
保守系のテレビ局は絶対に必要だよ。

現在のように中立を装っての印象操作が最もたちが悪いのだから、思想を明確にしたうえで自由に放送すればよいだろう。テロ朝やTBSはハングルのテロップでもつけて放送したらどうだろうか。

どの局を選ぶかは視聴者が決めることだ。
私はDHCテレビDHCテレビへの地上波割り当てに期待している。


No.863
Posted at 2018/05/20 12:51:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | 時事 | ニュース
2018年05月19日 イイね!

日本に警笛を鳴らすウイグル

日本に警笛を鳴らすウイグル日本は最初の被曝国であるが、唯一の被爆国ではない。
また、最大の被爆国でもない。

中共の侵略で植民地化されているのはチベットだけではない
内モンゴルも新疆ウイグルも同じだ。


日本ウイグル協会設立5周年祝賀会での葛城奈海氏、水島総氏(平成25年6月)

1949年10月、東トルキスタン共和国に人民解放軍が侵攻し、12月には全域に展開され侵略された。
新疆ウイグル
東トルキスタン共和国


1955年に新疆ウイグル自治区となったが、支那帝国に於いての「自治」とは他国とは意味がかけ離れており、占領や弾圧、そして虐殺を意味することのようだ。

東トルキスタンは石油、天然ガスなどの鉱物資源が豊富だ。油田開発が経済を支えているというのは表向きで、中共に搾取され、地元には還元されていない。

それより常軌を逸した人命軽視が問題だ。

Saving East Turkistan Project東トルキスタンの人々に平和と自由を

日本ウイグル協会東トルキスタンで行われた核実験について/日本ウイグル協会

中国が東京オリンピックのどさくさに行った核実験は、東トルキスタン(新疆ウイグル自治区)だった。

大紀元日本新疆地区の人権侵害 広島の1300倍、実験場となったウイグルで核汚染被害 臓器収奪も
中国共産党の「民族浄化」。共産党のイデオロギーに適応しないイスラム文化を持つウイグル民族に、言語制約、人口抑制、働き口や教育のコントロールなど、同民族の人権を徹底的に排斥し、軽視された。

産経新聞4月26日
【葛城奈海の直球&曲球】
産経ニュースウイグルが鳴らす日本への警鐘

やおよろずの森やおよろずの森

ISが台頭していた頃は、ウイグル族の多くがイスラム教徒であるからテロ対策を口実に、新疆ウイグル自治区で、罪なき人の拘留、言語や伝統文化の破壊、そして虐殺などの弾圧が加速したようだ。

ところで、
気になる記事があった。夏目雅子

sharetubeやはりNHKに殺されていた・・・夏目雅子・・・? 中国の原爆実験の最中(昭和53年)に、ウイグルの砂漠に入った女優の夏目雅子
シルクロードは核実験場所と観光地が同居した、世界に類を見ない地獄


NHKは、シルクロードに取材に行きながら、核実験をしている事実を隠蔽した。
おそらく中国共産党の意向と、犬HKの思惑が一致したのだろう。

お馴染みの地図だが、これが本来の支那大陸だ。
一つの中国?


No.862
Posted at 2018/05/19 13:12:07 | コメント(2) | トラックバック(0) | 時事 | ニュース
2018年05月18日 イイね!

なぜ北朝鮮に「したたか」を使うのか

なぜ北朝鮮に「したたか」を使うのか金正恩に親近感???

有り得ないわ


まぁ、メディアによる洗脳か、潜在的に親北派だったのだろう。

北朝鮮は核放棄なんてさらさら考えていない。
融和ムードを演出して、経済支援さえ引き出せれば、あとはいちゃもん付けて逆切れするいつもの手口を行使するに違いない。

産経新聞5月12日
【編集局から】
産経ニュースなぜ北朝鮮に「したたか」を使うのか
産経新聞

小さな記事だが、とても大事なことだ。
拉致問題は解決済み?冗談ぢゃない!

金と文にノーベル平和賞とか言っているアホは誰だ。

米朝首脳会談に応じた理由は、アメリカの斬首作戦にビビった。
ただ、それだけだろう。

夕刊フジ5月12日(11日発行)
夕刊フジ正恩氏“斬首”に脅えて屈服 米は世界最強軍事力と経済制裁駆使 約束反故で即時攻撃も 6・12シンガポール全真相
夕刊フジ夕刊フジ
▼2面
夕刊フジ

今まで習近平のメンツをつぶし続けた引きこもりの金豚が、二度も訪中した。
来る米朝首脳会談に備えてとか憶測があったが、やはり後ろ盾を求めてのことだったのだろう。

それが、早くも表面化した。

「米朝会談中止を示唆 北、一方的核放棄に反発」
と、17日付産経新聞の朝刊で報じられた。

今般も、金正恩が理解すると言っていた米韓軍事演習に対してのいちゃもん付けだ。
外務次官の談話ではあるが、中国の後ろ盾を得て強気になり駆け引きを試みたのか、中国の入れ知恵なのか、いずれにせよ理不尽極まりない話である。

でも、案外、ホントにシンガポールまで飛べないのかもw

夕刊フジ正恩氏専用機はシンガポールまで飛べるのか 航空評論家・秀島氏「そもそも安全基準をクリアできるのかが懸案」
夕刊フジ


No.861
Posted at 2018/05/18 00:53:51 | コメント(1) | トラックバック(0) | 時事 | ニュース
2018年05月17日 イイね!

フランス車 存在感増す

フランス車 存在感増すおフランスかw

まぁ、欧州への憧れみたいなものはあるかもしれない。
コンプレックスかなww


CITROËNCITROËN C3

フランスのメーカーはルノー、プジョー、シトロエンか。
小型車が中心で好感が持てるね。
だけど、アメ車よりは台数が出ているだろうけど、日本でフランス車なんてそんなに売れているのかなぁ。

未だに故障が多いというイメージは払拭できないけど、質は兎も角、デザインはいいと思う。
乗ったことが無いのでわからないけど、走りもよさそう。

フランス車の販売台数の推移
▲フランス車の販売台数の推移

年間で2万台に届かないので、月販1,500台程度か。
まぁ、不人気車レベルだがw

産経新聞5月1日
産経ニュースフランス車、ニッポンで急加速…個性的なデザイン、SUVなど品ぞろえ拡充で2ケタ成長
産経新聞

記事中に出てくる車種がよくわからないので調べてみた。

シトロエンC3はタイトル写真。
全長は4m未満だが、幅が1,749mmもある。

ルノー・トゥインゴ。カワイイw
トゥインゴトゥインゴ
サイドは2ドアなのかと思ったら、ピラーのところにドアハンドルがある。

内装はおしゃれだが、ちょっと安っぽいかな。
トゥインゴ
100円ショップで揃えられそうなイメージだw
それでも、マーチと比べたらトゥインゴの方がイイかもね。

それから、DSってなんだと思ったら、シトロエンから独立した高級車ブランドだそうだ。
DS

レクサスやギャランとの違いがわからないw
コンパクトの方はヴィッツかww


No.860
Posted at 2018/05/17 00:21:40 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ | ニュース

プロフィール

「2年4か月ぶりに機種変更。シャープを見限ってXPERIA XZ1。
大きすぎるかなと思ったけど、薄いので、意外と片手でサクサクいけたw

何シテル?   04/19 01:11
Thomasです。(@以下は無視してThomasと呼んで下さい) ラフェスタの購入時ではなく、一回目の車検の半年後にHID化したのが最初でした。 そ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

テールランプLED化 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/26 01:49:27
ユアーズ セレナ C27 専用 LED デイライト ユニット システム 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/19 01:50:42
NHKが悪い!官邸・宮内庁のせい?それとも女性週刊誌?【眞子様破談】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/08 18:05:09

お友達

車種問わず気軽に誘ってくださいね(*^^*)
特に愛国心のある方は大歓迎ですが、趣味嗜好が違う方のブログ等も興味あります(謎)

でも、左折大回りする方、歩行者妨害する方、凶悪犯罪者に人権云々を語る死刑廃止論者の方、そして反日・売国奴の方はご遠慮ください(笑)
65 人のお友達がいます
マリアローザマリアローザ * axispartsaxisparts *みんカラ公認
かずなりんかずなりん * セキュリティーのプロテクタセキュリティーのプロテクタ *みんカラ公認
全力ジューシー全力ジューシー * 彰さん彰さん *

ファン

73 人のファンがいます

愛車一覧

日産 セレナハイブリッド 日産 セレナハイブリッド
2月22日、雨男らしく、小雨の納車となりました。 ハイウェイスターVセレクションで、今 ...
日産 デイズハイウェイスター 日産 デイズハイウェイスター
前期型ハイウェイスターJから乗り換えしました。 同じモカブラウンで、前車同様メッキ武装の ...
日産 セレナハイブリッド 日産 セレナハイブリッド
ボデイカラーは茶系が好きなので、新色インペリアルアンバーの魅力と、日産の販促キャンペーン ...
日産 デイズ 日産 デイズ
仕事用ですが、ハイウェイスターを選択しましたw 色はモカブラウン。 アイドリングストッ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.