• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

zakiyama@roadstinのブログ一覧

2019年11月16日 イイね!

ユニバーサルなバケットシート

PARAMOーJAPANさんのブログで、オートテストユーザーは必見 来週の土日は八王子へGO♪ の案内を見て、イイアス高尾 1階平面駐車場に設けられた、八王子いちょう祭りのL会場で南多摩福祉機器展を見学してきました。



概要は、東京都 南多摩保健医療圏 地域リハビリテーション支援センターをご覧ください。

会場ではプロレスをしていたり、様々な体力測定や、地元のプロバスケットボールチームのシュート合戦などもあり、家族連れで一日楽しめそうです。




自分は骨密度測定をしてカルシウムなどの強化された牛乳を飲んできました。(^-^)

PARAMO JAPAN 代表のSさんですが、開会式やセミナーの司会をつとめ、なおかつ、自らが開発した、過酷なモータースポーツの現場から生まれた革新的カークッション・ユニバケを展示しました。
開会式後に、短時間ですが久しぶりにお会いして有意義なお話しが出来ました。

ユニバケですが、バケットシートでなくても背中周りをしっかりとホールドし、日常のドライブでも運転中に身体が左右に揺れてABペダルやステアリングなどの操作に影響を抑えてくれるものです。



詳しくは、明日もやってますから会場もしくは、脱着式バケットクッション ユニバーサルなバケットシート=ユニバケを参照してください。

実は、Sさんが自らのJAF加盟モータースポーツチームで東京におけるJAF公認オートテスト開催に向け、動き始めてくれています。
首都圏にお住まいでオートテストに参加した方などで、ご自分の思いや、ご意見などがある方は、こちらから、お伝えしておいては、如何でしょうか。
https://minkara.carview.co.jp/userid/1830287/nanisiteru/
Posted at 2019/11/16 17:08:54 | コメント(1) | トラックバック(0) | あんなもの、こんなもの | クルマ
2019年11月15日 イイね!

麓は晩秋、てっぺんは初冬のビーナスライン、八ヶ岳

麓は晩秋、てっぺんは初冬のビーナスライン、八ヶ岳ICCオートテストの予定が無くなり、自宅警備のお仕事を出来るので、急きょ、有給休暇で冬季閉鎖前のビーナスラインなど疾走してきました。(笑)

朝の八ヶ岳パーキングエリアにて。



一気に白樺湖へ向かう茅野市内は、まだまだ紅葉が綺麗です。




白樺湖にて。



車山高原でオートテストのあった日は、富士スピードウエイでのオートテスト(風)に参加していたので、秋の車山、ビーナスラインをリベンジ。





ビーナスラインの駐車場から



さすがに、ここまで上がってくるとオープンはちょいと寒いか・・・。でも、子供は風の子、美ヶ原高原美術館までの往路だけ、頑張りました。(笑)



美ヶ原高原美術館駐車場から


ビーナスラインから富士山 頭を雲の上に出している富士山をアップしてみた。(笑)


あちこち、ひっかかりながら、ここまで来たら蓼科第2牧場の売店で、ソフ活です。




お持ち帰りは、ソフトクリームだけだよ。(笑)



お昼は女神湖入り口のお蕎麦屋さんで石挽臼の本日限定、新蕎麦の粗びき蕎麦。

女神セットです。



これで帰るのはもったいない、貧乏性で、高原野菜や牛乳を買いこんでしまいました。保冷バックに乳製品たっぷり。(笑)



さらに、八ヶ岳倶楽部に寄りましたが、平日でも満員なので、まきば公園経由で清里へ。



八ヶ岳まきば公園




清里、清泉寮まで来ると、富士山が大きくなりますね。


清里の清泉寮で再び、定番のソフトクリーム。


やっぱり、濃厚で美味いです!
Posted at 2019/11/15 20:41:28 | コメント(3) | トラックバック(0) | ロードスター | クルマ
2019年11月12日 イイね!

残念無念

参加することにして、人馬一体のコンデイションを調整してきた、ICCオートテスト秋の陣ですが、不受理の通知が来てしまいました。



「ご理解ください。とは、言えません。」のところに、少しは救われたと申しますか、苦渋の抽選結果通知だったことが垣間見えますね。

レギュラークラスで参加出来る幸運の皆さん、楽しく健闘をお祈りします。
Posted at 2019/11/12 22:07:17 | コメント(8) | トラックバック(0) | オートテスト | クルマ
2019年11月11日 イイね!

100人でも大丈夫なICCオートテストに応募者殺到

100人でも大丈夫なICCオートテストに応募者殺到関東地方のJAF公認オートテストでは、唯一の年間3回開催をしているICC(茨城中央サーキット)のオートテストが応募者殺到のようです。
なんと、152名の参加申込みがありました。
どこかの物置ではありませんが、ICCのオートテストは、定員100人まで大丈夫ですけど・・・。
東京や神奈川、埼玉で開催されていないから、一極集中してしまうので、JAFさん、東京などでも開催してくださいよ。

詳細は、ブログに書かれているとおりです。

11月17日開催 茨城GRガレージ・オートテスト参加申込状況について

レギュラークラスが厳しい抽選になると思われます。
粛々と抽選発表を待ちますが、今年最後の関東地方のオートテストなので、参加出来れば良いなぁと期待しています。
Posted at 2019/11/11 16:31:33 | コメント(6) | トラックバック(0) | オートテスト | クルマ
2019年11月09日 イイね!

人馬一体マツダドライビングアカデミー

人馬一体マツダドライビングアカデミー昨日、11月8日は立冬で一の酉で、季節が秋から冬へと向かっていることを実感させられます。

今年3回目のマツダドライビングアカデミーに参加する前に、山中湖パノラマ台に寄り道。



3回目にしてようやく富士山が綺麗に見えました。

3回のうち最初の1回はベーシッククラス、後の2回はアドバンスクラスです。アドバンスクラスには、富士スピードウエイの本コースを1時間も走るカリキュラムが組まれているのが魅力です。

2018年までは、希望者のみヘルメット着用のフリー走行タイムがあったのですが、故合って2019年からは、ヘルメット不要の先導車付きで追い越し禁止の走行に変更。

今さらサーキットでタイムアタックでもないし、これで十分です。

さて、カリキュラムは、寺田陽二郎さんや、マツダ社員さんの座学から始まり、ブレーキング、本コースの体験走行などが午前中に行われました。

50年前に寺田さんがマツダオート東京(現・関東マツダ)に入社されて高田馬場店でマツダスポーツカークラブ事務局を担当した時から、同クラブに入会してお世話になっていました。
自分が社会人になって間もなく、時間的にモータースポーツにかける時間が無くなってしまい、いつしか退会してしまいましたが、寺田さん達はルマン24時間レースに参戦を続け、日本車で最初の総合優勝を飾ることになったのは、余りにも有名な出来事でした。
ただ、残念なのは寺田さんが乗った車両ではなかったことですが、それでも、いつしか、寺田さんは、ミスタールマンと呼ばれるまでになり、もはや途中で退会した自分には遠い存在に。



話しを元に戻し、午前のカリキュラムでブレーキングです。



長い直線路をフル加速で80キロを超した辺りに散水したウエット路面のブレーキングポイントがあり、その5メートル正面にパイロンで障害物に見立て、しかも、左右どちらに避けて停止するかを前方で出された旗の方向で見極め曲がり、停止するときは直進方向に向きを整えるのです。
当然、ABSが作動する強烈なブレーキングが必要で、しかも障害物を避けるステアリング操作との組み合わせで、危険回避をする練習が4回ほどでした。
日常の運転では出来ないことをしておくことが、いざと言う時に役立つはず。

午前の最後は、本コースの体験走行と記念撮影。顔出し写真なので、ここではアップしません。



午後は、スラロームや定常円走行と人馬一体体験試乗。
参加者を半分に分けて、それぞれを実施。

先ずは、ヘアピン旋回からスラローム、散水したウエット路面で定常円走行です。

ドラレコ動画をアップ。


人馬一体試乗でアカデミーの講師として人馬一体を熱く語り、実技指導するのは、マツダの社員さん達。

実は、先月のロードスター30周年ミーティングで三次試験場を訪れた際に見学した時の案内をしてくれた方が、アカデミーの講師陣は、三次でも選び抜かれた方々ばかりであることを教えてくださいました。

そんな方々の人馬一体体験試乗では新車のマツダ3で、アクセルワークやブレーキングなど、それぞれのGの変化を滑らかにつなぐ走り方をテスト。



結果は、ブレーキングの入り方が強すぎる傾向が顕著に・・・。コーナーギリギリでブレーキングするよりも余裕を持って緩やかにブレーキングに入ることで、次の旋回、加速にとつないだ走り方を心がけることにします。

夕方になり、薄暮の富士スピードウエイを先導車付き走行。




お時間があれば、ドラレコから幾つかつないで編集した動画で、ナイトセッションをご覧ください。


本コース走行途中で10分間、クールダウンの際のマイスターさん。助手席側のドアミラーからミラーが落下してしまったとのこと。



終了後、係員さんにコースを探していただきましたが、発見できず。(先導車が、何かを踏みつけたとのことで、粉砕され清掃車が片づけたかもしれないとのことでした。)
9日のオートテスト、どうしましたか。さらに、10日は沖縄遠征だそうですが、マイスターともなれば遠征先で車両を用意してくれるようであります。
Posted at 2019/11/09 17:15:25 | コメント(3) | トラックバック(0) | ロードスター | クルマ

プロフィール

「@タイフーン1973 さん、金メダル、おめでとうございます。ロードスターのTJT奥さまの件、有難うございます。道理で報告が出ないと思いました。」
何シテル?   11/17 23:04
セカンドライフ第2ステージの真っただ中。 2017年5月で、運転歴50年。 そろそろ、終のクルマになるかもしれません(笑) 【車歴】 スズキフロンテ(...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/11 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

オートテスト(風) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/10/29 17:58:32
プレゼントキャンペーン予告! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/10/04 18:27:50
トヨタ(純正) ドアダストプルーフシール 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/09/12 17:10:11

愛車一覧

マツダ ロードスター オイボロドスタ (マツダ ロードスター)
三代目ロードスター、NCEC の前期 VS RHT プレミアムパッケージ、カッパーレッド ...
スズキ ワゴンRスティングレーハイブリッド スズキ ワゴンRスティングレーハイブリッド
ついに終のクルマになる予定です(^^;)
アウディ A1 アウディ A1
2011年5月28日に納車。街を軽快にチョイ乗りして、尚且つ高速も安定しているので、この ...
アウディ TTS 陽橙号 (アウディ TTS)
TTSの2010年式、右ハンドルを待っていたところ出てきました。(2009年10月登録、 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.