• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

凌志のブログ一覧

2017年11月23日 イイね!

豊田佐吉生誕150周年記念特別展 豊田佐吉と喜一郎~受け継がれる「研究と創造の精神」~を見てきた

豊田佐吉生誕150周年記念特別展 豊田佐吉と喜一郎~受け継がれる「研究と創造の精神」~を見てきた標記の回顧展を見に行ってきました。
豊田佐吉は静岡県湖西市の生まれであることは知っていましたが、その長男喜一郎も同郷とは知りませんでした。
豊田佐吉・喜一郎に連綿と受け継がれた堅実さと技術者魂は、近代日本の実業家としての矜持(ほこり)が感じられます。(同時に三井家や髙島屋・飯田家等との縁戚関係、いわゆる閨閥(けいばつ)を造り上げました。)


有名な「障子を開けてみよ、外は広いぞ」は佐吉が上海進出の際に語った言葉。




自動織機で業を成した佐吉は、「一代一業」として、長男喜一郎に「日本人の知恵と腕で世界に通用する自動車」の開発を命じたとか。喜一郎は、純国産エンジンの開発に大変な苦労をしたようです。



TVドラマ「ヒーローズ」でもあったように、喜一郎は経営危機の後自ら社長職を降り、夢に見ていた純国産乗用車の普及を目にすることなく世を去りました。その思想を伝えるものが、昭和30年(1955年)に登場した初代トヨペットクラウンで、今に至るクラウン、そしてトヨタ-レクサス車のルーツなのです。


おまけ JPN TAXIのご先祖様は、これより以前にはないと思います。この時代はトヨ「ダ」だと思っていましたが、トヨ「タ」のエンブレムのように見えますね。


「豊田」のモチーフが見事な、G1型トラックのエンブレム。

「産業技術記念館でもみられるじゃないか」「実車はトヨタ博物館にあるじゃないか」と言われるかもしれませんが、このような催しが生誕の地で開かれたのは実に意義があることだと思います。
同じ血を引くひ孫が現経営者であるという事実もあわせて、日本人の1自動車ファンとして、トヨタ自動車のルーツに思いを馳せました。

閑話休題。
佐吉生誕151年を迎える2018年、ついにこの車とこの車がモデルチェンジします。


賛否両論の2車ですが、私は割と好意的に見ています。
センチュリーは基本的フォルムを変えないのが正しい。(3代で50年!)
クラウンは、伝統を積み重ねる一方で、歴代を振り返ると挑戦と創造(的破壊)の歴史だったことが分かります。(60余年で15代!)
初代(観音開き)-2代(フラットデッキ)、
3代(ハードトップの追加)-4代(クジラクラウン)、
10代目150系(ロイヤル系もペリメータフレームの廃止)、
12代目180系(直6からV6への切替。通称ゼロクラウン)、
14代目210系(直4ハイブリッドと直4ガソリンターボの主流化)
等々。∴次期クラウンはこれでいいのだと思っています。市場は縮小傾向にありますが、これであと5-6年は命脈を保つでしょう。問題はその次の展開だと思います。私はアジアや欧州への輸出再開、もしくは北米アバロンとの統合しかないと思いますが、いかがでしょうか。あくまで日本のクラウンにこだわり抜くのでしょうか。
Posted at 2017/11/23 22:02:26 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年11月15日 イイね!

小説「トヨトミの野望」が面白い

小説「トヨトミの野望」が面白い読書の秋、まだ途中までしか読んでいませんが、これは紛れもなく日本を代表する製造業、T社の内実を描いた作品です。

武田剛平のフィリピン武勇伝が最高に面白いです。左遷人事の末に社長、財界のトップにまでのし上がった人物と言えば、あの方しか思い浮かびません。
御子柴宏はあの人、豊臣統一はあの人、とイマジネーションが拡がります。

日本の自動車産業ウォッチャーとしては、滅法面白い本です。

読み終わるまで、どうかエンディングは明かさないでください(笑)

2017.11.18追記
欧州の各国、各メーカーでEV化の推進が叫ばれている。2040年までに全車EV化する、ガソリン車の生産は止める云々。本当か?と思いつつ世間の情勢を見ている。
そして国産メーカーからはすそ野産業への影響を危惧してか、未だ何もコメントは無し。このままでは製造立国である日本の立場やいかに?
新型日産リーフの乗車体験が脳裏によみがえる。本当に100%電気自動車や、自動運転の時代は来るのか。1ウォッチャーとして、冷静に、時に熱く観察していきたいと思う。
(おしまい)




Posted at 2017/11/15 23:11:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2017年11月13日 イイね!

子どもとバスを見に行った週末

子どもとバスを見に行った週末バス大好きなわが息子のために、今週末はバス営業所に行ってきました。
色とりどりのバス。


アンパンマンの威力はもの凄いものがあります。


さくらももこ画伯による、静岡市は良いねぇ。ラッピングバス。ロープウェイのラインがガーラのJライン?とマッチしているのがGoodです。


あ、バス、バスと指差す息子。眼差しは真剣です。


最近、「ハーイ」もできるようになりました。


途中、見かけたオペルGT。5ナンバーサイズで、最終の1973年モデルと思われます。レア車です。


みん友のキドニーパイの商人さんご推奨の漢(おとこ)の車BMW M2 Coupe。
男が選んだ男の車~♪とくれば、扶桑Truckを連想するのは私だけでしょうか?

PS ACCを稼働すると距離計が見られなくなるのが最近のVW車の特徴。∴キリ番ゲットができません(^_^;)
27700km、ますます快調です。
Posted at 2017/11/13 22:38:13 | コメント(3) | トラックバック(0) | 身の周りのこと | 日記
2017年11月12日 イイね!

ジュリア・スーパー試乗~久々のFRアルファはどうなのか~

ジュリア・スーパー試乗~久々のFRアルファはどうなのか~街乗り、バイパス程度の低中速域では、この車の真のポテンシャルが分からなかった。
ゆえに、Cクラスで感じたキビキビ感と安定感の両立、ジャガーXEディーゼルで感じたスポーティ感と上質感の両立には迫っていないと感じた。
悪くない車だが、アルファロメオという名前以外、傑出した良さもないと感じたのも事実。クアドリフォリオは全く違って最高という意見もあるが、個人的にはエントリーグレード好きなので、今後のリファインを期待して★4つ。
PS 最もベーシックなジュリア(受注生産)は今頼んでも5月納車とか。
Posted at 2017/11/12 19:35:44 | コメント(0) | 試乗記 | クルマレビュー
2017年11月12日 イイね!

東京モーターショーの帰りに東京散策

東京モーターショーの帰りに東京散策東京モーターショーの帰りに、先日オープンしたアストンマーティン東京とドイツフェスティバルに行ってきました。

まずはTMS未出展のアストンマーティン。



最新のDB11。どこから見ても隙のない美しさ。



いにしえのDB5。ザ・アストンマーティンというべきビンテージカー。


ヴァンキッシュザガートクーペ 新車価格8510万円!(発表時点で限定99台すべて売約済み。日本に2台導入されたうちの1台とのこと)
参考URL http://carislife.hatenablog.com/entry/2016/05/20/204856


サーキット専用に開発したスーパースポーツモデル『ヴァルカン』
参考URL https://e-nenpi.com/article/detail/274485

これだけでもお腹いっぱいですが、別棟のブランドセンターにはこんな車がいました。


ヴァンテージ


DB2ドロップヘッド・クーペ


1937年 15/98 2.0リッター ロングシャシーツアラー
参考URL
https://www.silverstoneauctions.com/1937-aston-martin-1598-20ltr-long-chassis-tourer


ホンダ本社で待機していた黒塗りのレジェンド。ハイヤーだから818? 



ちょっと足を延ばして、都立青山南公園のドイツフェスティバルを訪問。

途中、こんな車を見かけました。911のタイプ930カブリオレ、いいですね。日本で乗るオープンカーにとって、秋は最適な季節だと思います。



会場は大盛況。AMG GT RとVWアルテオンがお出迎え。



VWブースの抽選会で手拭いとステッカーを貰いました。


会場内、アルコール度は80%以上。体感値です(笑)


雑貨屋ブースはこんな感じ。


VWビートルのキーリングが3,000円でした。お高めですが、質感高かったです。オンラインでも販売している模様。ポチろうかな~


会場では、ブレッツェルと一度食べてみたかったカリーブルストを食べてみました。ブレッツェルは塩味の効いたモチモチした食感のパン。安定の美味しさ。


カリーブルストは…ソーセージにカレー粉をまぶした代物。味はまあまあでした。B級グルメにしても、もっと美味しいはず。VWのアウトシュタットでは名物とされていますので、本場でぜひ食べてみたいです。。


そして歩いて六本木の「メルセデス・ミー東京」を訪問。





カフェの図書にはこんなものが。自動車の不思議、自動車のしくみという本も。こーいう文化の香りに弱い(笑)



Gクラスの45度ヒルクライムを見たりして、帰途につきました。

車三昧の、きままな一人ショートトリップでした。

(おしまい)
Posted at 2017/11/12 10:20:48 | コメント(3) | トラックバック(0) | カーウォッチング | 日記

プロフィール

「ヤフージャパンのトップバナーによく出てくる、腕時計の人が運転している車は何?実在するのでしょうか?日本車ではないと思います。豪州、英国等々当たってみましたがよく分かりません。どなたか教えてください。」
何シテル?   11/16 20:04
ミニチュアカーや車のカタログ収集と国内・海外旅行、読書が好きな40代です。 マイペースで更新していきますので、お付き合いくださいませ。よろしくお願いします。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

【動画】歴代ゴルフと搭載ラジオを振り返る 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/11 19:39:01
オートモビルカウンシル2017 - その2(イギリス車編) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/20 20:50:40
お決まりなんてアウトオブ眼中!チェッカーモータースのカタログがナウい! 後編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/13 11:23:42
 

お友達

※お友達申請は、何度かコメントのやり取りをした後で、気の合いそうなお方とのみとさせていただきますので、ご了承ください。
15 人のお友達がいます
クロポロクロポロ * パワードついんパワードついん *
大熊猫@大熊猫@ * みやーん@みやーん@
セフィローセフィロー GentaGenta

ファン

34 人のファンがいます

愛車一覧

フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
2015年2月に買い替えました。限定車のPremium Editionです。約300万円 ...
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
3年落ちの試乗車上がりを135万円で購入、6ATのスムーズさや乗り心地の良さが気に入って ...
フォルクスワーゲン ポロ フォルクスワーゲン ポロ
もらい事故にあったため買い替え。プジョー206やMINI、国産高級車を検討するも、ナビ、 ...
フォルクスワーゲン ポロ フォルクスワーゲン ポロ
初の新車+ドイツ車。 日本車との違いを良い部分も悪い部分も知りました。 買った当初はゴワ ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.