• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

koichifunのブログ一覧

2018年11月14日 イイね!

西渓公園の紅葉。

西渓公園の紅葉。11/11日曜の午前中、佐賀市から25kmほど西に行った所にある
多久市の西渓公園へ紅葉を見に行ってきました。

山間部の紅葉が終わり、平野部で見られるようになる前に、
内陸で側に低い山のあるこの公園の近くで紅葉が見頃を迎えます。
他にも用事で寄る場所があったのでLEADで朝8時過ぎに出ました。
バイクだと朝は寒い時期になってきましたが、まだハンドルカバーや
オーバーパンツのお世話になるほどではありません。

最初に、公園の東隣にある八幡神社に入ってすぐの駐車スペースに
バイクを停めて撮影を始めます。
裏手に山があり、境内にも高い杉の木があるので、朝の時間帯は十分に光が差し込まないのですが、
それはそれで独特の景色が楽しめます。

タイトル画像は帰る前に撮った神社の鳥居で、この頃は陽射しが十分になっていました。

こちらは朝の1枚目です。朝日が紅葉を照らすのを下から。
多久八幡神社-1

奥の社殿の前の鳥居。
多久八幡神社-2

境内には樹齢700年の高い杉の木があり、その間にモミジも生えています。
ここはお気に入りの場所で、赤・黄・緑と艶やかな色彩が楽しめます。
多久八幡神社-3

社殿にお参りして、その裏から西隣の公園へ向かいます。
西渓公園を見下ろす

江戸時代の家老の屋敷を、その後、大正時代に地元出身の実業家が私費を投じて庭園に改造し多久村に寄贈したそうです。

まず東の奥の方から見ていきます。
西渓公園-1

奥にある大きめの池の前です。この辺りは陰になっていて、薄暗い背景と朝日が当たる紅葉を。
西渓公園-2

日本庭園らしく、東屋や小さな滝、池、石造りの橋などが点在しています。
西渓公園-3

かなりの数のカメラを持った人がいましたが、西の奥の小さな池の周りには誰もいなくて、風も当たらず静かな水面の
紅葉をゆっくり撮影できました。
西渓公園-4

次第に広がってきた青空と。
西渓公園-5

苔むした石橋の上の落葉です。前日雨は降っていませんが、夜露で濡れていますね。
橋の上の落葉

いろんな形をしたモミジの木が見られます。
西渓公園-6

よく見ると葉っぱも様々な大きさがあり、違う品種のようです。
西渓公園-7

こちらは小さめの葉っぱのモミジ。
西渓公園-8

日が高くなり、10時を過ぎたところで八幡神社に戻ります。
多久八幡神社-4

3枚目の杉とモミジの写真の場所を下から見上げた構図です。
多久八幡神社-5

最後に、逆光気味だった1枚目とは別の方向から鳥居と紅葉を。
多久八幡神社-6

1時間強でしたが、狭いエリアに紅葉が集まっていて十分堪能できました。
Posted at 2018/11/14 20:35:53 | コメント(2) | トラックバック(0) | 紅葉狩り | 旅行/地域
2018年11月11日 イイね!

今週末のサインクリング --- 山間部の紅葉は終わり。

今週末のサインクリング --- 山間部の紅葉は終わり。先週は、近場の山の紅葉スポットを周りましたが、まだ赤い成分が
少なめでしたので、土曜日も再度訪れるコースにしました。
全く同じではなく、前半は先週登った峠ではなく毎年、竹灯りを見に
行っている清水の滝によるコースです。

実は、今年になって開催団体の責任者の資金不正流用が発覚し
残念ながら、開催を見合わせています。
入場料ではなく500円の「協力金」を入口で集めていましたが、
イベントとして成功して多数の入場者によって、小城市からの
補助金の10倍近い額が集まったそうで、それに気を良くしたのか
責任者の個人的な流用をしたと報道されていました。
あれだけの竹灯篭をよういするのだからと、こちらも協力金を
払い続けてきましたが、気持ちの悪いものですね。
早く、再開されることを祈ります。

ここ数日気温が高めだったで、朝の冷え込みも緩く、風も弱いために今の時期としては暖かく感じる気候でした。
いつものように嘉瀬川堤防を走っていると、北の方にバルーンが上がっているのが見えました。
今朝のバルーン-1

春のような霞んだ空です。
先に進んで川を渡ったところで紅白の気球が近くにいたのでツーショットを。
今朝のバルーン-2

北に進んで田園地帯に入る前に振り返ると、南に飛び去る一団が。
今朝のバルーン-3

バルーンを見送って田園地帯を抜け、清水の滝へと登ります。
朝の滝への狭い山道の周りにはモミジが生えていますが、まだ青い葉の木が多い状態でした。
清水の滝への参道

滝の近くでも、一部の紅葉を除いて緑が優勢です。
参道の紅葉

例年の竹灯りの時期は1週間先なので、こんなものなのでしょう。
滝を拝んで折り返します。
清水の滝

先週とは別の峠を登って林道を通り、先週登った峠へ別方向からアプローチします。
その峠からの風景。かなり霞んでいますね。スッキリ晴れたら星撮りにいく予定だったのですが。


この後は先週と同じコースを辿ります。
林道の大モミジは、先週は上の方だけ赤かったのですが、1週間ですっかり葉っぱが落ちてしまいました。
落葉した林道の大モミジ

週半ばの気温の高さとその雨の影響でしょうか。
林道を出た後は、白石神社へ。
杉山白石神社-1

かなり葉っぱが落ちていますが、まだ何とか見られる程度には残っています。
杉山白石神社-2

境内の中は、先週より良い感じでした。
杉山白石神社-3

古湯方面に下ってから、雄渕雌渕に寄りました。
こちらはちょうど見頃でした。
雄渕雌渕の紅葉-1

モミジの向こうに見えている川は、下流でバルーン会場の横を通ります。
旧道の頭上は、見事な紅葉でした。
雄渕雌渕の紅葉-2

これだけ綺麗なのに、見物客は私を入れて3人ほど。
雄渕雌渕の紅葉-3

これからは平野部の紅葉が見頃を迎えます。
また、いくつかスポットを見て周ります。
Posted at 2018/11/11 21:03:56 | コメント(4) | トラックバック(0) | サイクリング | 旅行/地域
2018年11月08日 イイね!

11月の星撮り第1弾 --- ご近所の銀河2つ。

11月の星撮り第1弾 --- ご近所の銀河2つ。新月期に入ってから昼は天気が良かったものの、夕方から
曇る天気が続いていましたが、今週の月曜は陽が暮れた後、
正中を過ぎた火星がくっきり見えていました。
しかも、今の時期としては気温は高めで風も弱く、天体撮影
には好条件。
帰宅後、機材や防寒着、厚いお湯を入れた本ボトルを積み
込んで、天山登山口へ向けてスタートしました。

家を出て1kmほど走った所で、タイヤ空気圧の警告がメーター
に表示されました。パンクか?と思い、タイヤを購入したショップ
が近かったので、そちらに方向転換。
ちょうど閉店した所でしたが、修理を受け付けていただきました。
左前タイヤが木ネジを踏んでいました。
前回の交換から9000km走っていますが、かなり減っていて
来年には交換しなければならなそうです。

山道も様子を見るようにいつもより速度を落として登っていきます。
21時半頃に現地に到着し、外に出て見ると、前回の10月の終わりの時ほど寒くなく、風も弱くて、頭上に星空が広がって
います。東の空にアルデバランが見えていて、1時間もすればオリオン座が見えて来そうでした。

タイトル画像は、そのオリオン座が東の空に高くなった時に撮ったものです。
A45のテールの赤い反射光は、ヒーターのコントローラーのLEDの灯です。機材の準備をしているときに、風が弱いため、
夜露が降りていました。

焦点距離900mmの望遠鏡にはD810改を付けて、これまで撮ろうとして雲や風に阻まれていた銀河を導入します。
さんかく座銀河(M33)で、天頂付近にいて、赤道儀の姿勢を決めるのに時間がかかりました。
自動導入すると、望遠鏡が赤道儀の西側に来て、それだと1時間もしないうちに望遠鏡と三脚が衝突します。
自動フリップもできますが、その後の構図の調整を省くために、望遠鏡を東にして手動で導入します。
その後、ヒータを望遠鏡の対物レンズの少し前に巻いて夜露対策を。
ISO1600、SS=420sを25枚セットして、撮影を始めます。

撮影を始めたら、次に小型赤道儀と短い屈折鏡の準備をして、こちらはアンドロメダ銀河を導入します。
こちらにはD5300をつけて、35mm換算で焦点距離675mmの画角になります。
ISO800、SS=360sを20枚セットして、こちらも撮影開始。

カメラ用の三脚を出して来て、D810Aに20mmレンズを付けてタイトル画像などの撮影を終えた後、ポタ赤に載せます。
ちょうど日付が変わる頃で、オリオン座が登って来たので、今シーズン初の冬のダイヤモンドを撮りました。
最初の頃は、下の写真のように雲が残っていましたが、1時頃からはスッキリと晴れました。


30枚ほど撮って合成したのが次の画像です。
冬のダイヤモンド_2018.11.06

カペラが上の方で切れています。星の名前を入れると...。


赤い線は「冬の大三角」ですね。
ベテルギウスとプロキオンを結ぶ赤い線の下にある、赤く小さな丸っこい星雲が「ばら星雲」です。

この撮影を始めた1時過ぎから車の中で、赤道儀のオートガイドのグラフを見ながらウトウトしていました。
1時間ほど眠ってしまい、2時過ぎに起きたときにノートPCの画面のオートガイドのグラフが上下に振り切れています。
耳をすますと、ビュービュート風の音がします。セットした撮影が終わった後、画像を確認すると、最後の方はブレまくり
でした。ブレが少ない最初の20枚を合成しました。
M33_2018.11.06

前2回よりは露出時間を稼げたので、随分マシになりました。

小型赤道儀の方も撮影が終わっていて、HDR用にSS=120sで10枚を撮りました。
D5300のダイナミックレンジでは銀河の中心部は白飛びするので、HDR合成しました。
M31_2018.11.05

実は外周部の淡いガスを写したくてSS=480sもセットしましたが、ブレが酷くて使い物いなりませんでした。

この間、ポタ赤のD810Aには35mmレンズを付けてオリオン座周辺を撮っていました。
薄明まで粘ろうと思っていましたが、風がとても強くなり三脚も倒れそうでしたので1時間ほどで終了。
上の冬のダイヤモンドの中の大三角をアップにした構図になります。
冬の大三角_2018.11.06

肉眼ではオリオン座だけがくっきり目立ちますが、その左には冬の薄い天の川が流れています。

オリオン座を撮っている間に、2つの赤道儀は撤収していました。
北風に運ばれた枯葉が機材を入れるバッグの下の方に溜まり、ケーブルを入れる小さなバッグは飛ばされます。
完徹覚悟だったのですが、4時頃に観望地を後にしました。
狭い山道の急な下りでも空気は漏れずに安心して走行できました。

Posted at 2018/11/08 21:05:21 | コメント(5) | トラックバック(0) | 星・月 | 趣味
2018年11月06日 イイね!

雲仙の紅葉。

雲仙の紅葉。サイクリングをした土曜の翌日、日曜は5時起きで
雲仙までLEADで日帰りの山歩きに行って来ました。
5月のミヤマキリシマ以来、およそ半年ぶりになります。
その時期と紅葉の時期は、1年で最も混み合うので、
バイクで行くようにしています。

タイトル画像は普賢岳山頂の横にある祠です。
この時は青空が広がっていましたが、仁田峠を
スタートした時には、まだガスっていました。

8時過ぎに仁田峠循環道路に入った時には、
すでに前方に車が数台連なっていて、駐車場も
朝の時間帯にしては混んでいました。
バイクを駐車場の隅にある歩道に停めて、準備をして8時半頃にスタート。すでにロープウェイの乗り場には
行列ができています。

展望台から普賢岳方面を見ると雲に隠れています。
朝の仁田峠から

ロープウェイを横目に見ながら妙見岳へと登ります。その斜面には紅葉がチラホラ。
妙見岳の紅葉とロープェイ

登山道はドウダンやモミジが見られるはずですが、今年の台風の影響が、いつもより少ない気がします。
妙見岳のモミジ

薄くガスが残る山道から駐車場を見下ろすと、かなり車が増えています。


ロープウェイの上の妙見駅の展望台も見物客で賑わっています。
平成新山は雲に隠れているので、撮影を早々に切り上げて次のピークの国見岳へと向かいます。
その途中の尾根筋で妙見岳と天草方面を振り返ります。まだ雲が低く天草までは見えません。
妙見岳と紅葉谷

鎖場のある国見岳の急な登りを登って、山頂でガスが晴れるのを20分ほど待ちました。
この日は風が弱く、中々晴れずに気を揉んでいたところ、下ろうかと思った時に平成新山が姿を現しました。
国見岳から平成新山

国見岳の急斜面を下ったところから、この後通る鬼人谷を。
国見岳の下りから

いつもはこの左側に見える国見岳の斜面はもっと赤くなるのですが、やはり今年は少ないですね。
鬼人谷に下る途中で青空が広がって来ました。青空を背景に赤いドウダンを。
国見分れのドウダン

際ほどまで雲がかかっていた国見岳に陽が射していました。
国見分れから妙見岳

鬼人谷の狭い道では渋滞ができていて、その終盤でようやく渋滞を抜けて、一方通行の急坂を登ります。
その坂が終わる所で、湯気が湧き出る平成新山がトーンと目の前に現れます。
立岩の峰から平成新山

ここから一旦谷を下って、普賢岳の山頂に向かって少し登ります。
登山客でいっぱいの普賢岳の山頂の崖の縁で昼食を摂り、しばし休憩。
山頂から、朝のうちに歩いた妙見岳から国見岳の尾根筋をパノラマで。
普賢岳から妙見〜国見パノラマ

すっかりガスが晴れています。
南側にはまだ厚い雲が残っていて天草諸島を隠していました。
普賢岳から南のパノラマ

晴れている時の見晴らしも良いですが、こんな雲のある景色もそれはそれで有りかなと思います。

山頂の石碑の裏から平成新山を。
普賢岳から平成新山

この後、次の写真の妙見岳の下の方の谷を歩きますが、赤くなくて枯れ木が目立ちます。
その谷の終点がスタート地点の仁田峠になります。
朝にも寄った展望台から平成新山と普賢岳(左端のピーク)を。
昼の仁田峠から

山の中は例年より紅葉は少なめだった分、仁田峠の紅葉が綺麗に見えました。渋滞ができていますね。
仁田峠の紅葉

後半から晴れて来て、気持ちの良い山歩きができました。
次は霧氷の時期に来たいと思います。
Posted at 2018/11/06 21:24:56 | コメント(2) | トラックバック(0) | 山歩き | 旅行/地域
2018年11月03日 イイね!

今朝のサイクリング --- バルーンと紅葉。

今朝のサイクリング --- バルーンと紅葉。佐賀の秋の風物詩、バルーンフェスタが今週から始まり、
この週末は県外からの来客も多く、会場は多くの人出で
賑わいます。
今朝のサイクリングは、バルーン会場の側を通って、山に
登り、紅葉スポットを周るコースです。
タイトル画像は、そのスポットの1つで撮った写真をいじって
赤以外の彩度を落としてみました。

朝の最低気温が10度を下回るようになり、少し着込んでの
スタートでした。
予定よりスタートが遅れてしまったため、バルーンはもう
見えないかもと思いましたが、ともかく西に進みます。

すぐに渋滞が始まり、歩道を歩く人をも多く、偶に車道にはみ出る人もいるので、速度を落として進みます。

嘉瀬川を渡ったところで、南西の方にバルーンの集団が小さく見えました。
去りゆくバルーン

やはり青空が似合いますね。

北上して会場の前に近づくと、離陸しようとするバルーンが見えて来ました。
飛び立つバルーン

もう少し待てば、完全な逆さバルーンが取れたのですが...。
バルーン会場

会場を後にして山に向かい、峠に向かっている途中で視界がひらけた場所からバルーンが見えました。
山の中腹からバルーン

峠からの眺望です。雲が秋から冬に見られる巻雲ですね。
右の方に1機だけバルーンが小さく写っています。
峠から

峠は吹き通しになっていて冷たい風が吹いていましたが、アカタテハが残り少ないアザミに留まっていました。
アカタテハ

峠から、天山の北側を通る林道に入ります。ここは日陰が多く、夏は涼しいのですが、これからは寒くなり、
冬は最初に凍結します。
その日陰になっている谷で紅葉が見られました。
紅葉の谷

毎年見に来ている、林道の中の大モミジの木。上の方だけ紅葉していて、下の緑の葉までグラデーションに
なっています。来週には下まで赤くなりそうです。
林道の大モミジ

林道を出て天山スキー場から下った後、少し北に移動して、こちらも毎年見に来ている杉山の白石神社に
向かいます。
まだ、下の方や奥の方に緑の葉っぱが見えますが、結構赤くなっています。
杉山白石神社-1

ここはモミジと大きなイチョウが並んでいて、そのイチョウの葉の間から陽が射していました。
杉山白石神社-2

自転車の正面から、日差しを避けるとこんな感じです。
杉山白石神社-3

境内の中も、もう少し先が見頃のようです。
白石神社の紅葉-1

結構、赤くなったところを切り出します。
白石神社の紅葉-2

この後、帰路につきますが、古湯から下ったところにある「雄渕雌渕」に寄りました。
こちらはまだまだ色づきが足りませんね。
雄渕雌渕の紅葉-1

赤の成分より緑の成分が多く、来週末が見頃でしょう。
雄渕雌渕の紅葉-2

午後には20度を超えるそうで、お昼ころに市内に戻った時には暑くて半袖になっていました。
平地の紅葉は今月下旬が見ごろになるので、まだしばらくは楽しめそうです。
Posted at 2018/11/03 21:14:28 | コメント(2) | トラックバック(0) | サイクリング | 旅行/地域

プロフィール

ここ数年、年間走行距離が、自転車>オートバイ>自動車(>>徒歩)、となっています。 高齢になって、少しずつ割合が変わりつつありますが、健康にバイクや車に乗れる...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

ヘッダーを2段にする方法 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/28 21:15:07
PIAA 【欧州車 車種専用設定】SILENCIO X TRM SILICONE 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/29 14:15:34
PIAA 輸入車対応超強力シリコート ワイパー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/29 14:15:19

お友達

ファン

118 人のファンがいます

愛車一覧

メルセデス・ベンツ Aクラス メルセデス・ベンツ Aクラス
19年近く乗ったWRX-STIからの乗換えです。小型、高出力、AWDで気に入る車が出るの ...
ヤマハ YZ250FX ヤマハ YZ250FX
レーサーを認定登録です。保安部品を装着し、リヤサスのリンク変更でシート高をさげました。減 ...
ホンダ リード125 ホンダ リード125
山歩きや日帰りツーリングに使っています。燃費もよく積載量が多くて便利です。
スバル インプレッサ スポーツワゴン WRX スバル インプレッサ スポーツワゴン WRX
スバル インプレッサ SW WRX STi Ver.IIIに18年と8ヶ月乗りました。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.