• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

おぽよんのブログ一覧

2018年04月20日 イイね!

ドライブベルトとリヤショック

通勤快速に用意したAF18ディオ。
早速片道18kmの通勤に使用したのですが
やはり走り出すといろいろと不具合が出てきます。
そのなかでも一番気になったのが
速度の割には回転数が高い気がして
更に最高速もかなり遅い状態。
もちろん燃費も悪かったりします。

ということでこういう症状のときの
定番の部品を交換します。
スクーターを自分で整備される方なら
もうお解りですよね。



ということでドライブベルトを新品に交換します。
純正品ではなく今回は社外品を使用します。
ほとんどのAF18系のエンジンに使用するサイズは
15x650なのですが(G'やDJ-1RRは長い)
今回来たベルトは15.5x650と幅広に。
低速時にどのくらい変化があるのか興味があります。



ガレージにはちょうど良い作業スペースが出来たので
早速作業を開始します(笑)



カバーを外してみるとベルトのカスと
グリースがべっとりこびり付いています。



エンジン側もまっ黒け、ベルトもかなり減っている様子。
これは間違いないでしょう。



ユニバーサルホルダーを使用して
ドライブフェイス、ベルト、プーリーと外して行きます。
外したベルトは遊びが多く、
ノギスで幅を計ってみると約13.4mm。
約一割摩耗していることになります。



グリースだらけだった原因は
プーリー内のグリースの量が多かったため。
ウエイトローラーの動きを懸念しての作業かと思いますが
ローラーへの抵抗やベリトの滑りなどが発生するので
適量に塗布しかつキチンとした箇所へ注油すます。



ホイール側のクラッチスプリングを少し広げて
新しいベルトを取り付ければ
あとは逆の順序に作業すれば完成です。
もちろんケース内はキレイに洗浄します。



最後にかなりヘタっているリヤショックを交換。
恐らく以前解体したAF27スーパーディオのかと。
これで底付きがなくなりました。

ベルト交換の結果は2mmの幅の違いもあって
やはり発進が若干鈍くなって気がします。
しかし通常の巡航速度の回転数が下がり
燃費向上に繋がるのではないか?と思います。

あと残る作業は抜けてしまったフロントショックと
トリップメーターの動かないメーターくらいでしょうか。
Posted at 2018/04/20 17:53:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | ホンダの原付 | 日記
2018年04月18日 イイね!

ウォーターポンプ交換(続編)

先月ポンプ本体の取り付けまで完了し
その後対策を考えるところで止まっていた
ポーターのウォーターポンプの交換作業ですが
ポンプ本体の手配をしてくれた「Iくん」から
スペーサーを製作してくれる工場さんを紹介して戴き
ノギスで測定して前後に付く部品を送り
早速作って戴くことになりました。









製作工程の画像を送って戴いたので貼ります。
(写真提供Iくん)





そして本日完成品を受け取りましたので
早速取り付けることにしました。



はじめにポンプに取り付けて確認します。
ピタリとはまり問題はありません。



次にプーリーを取り付けて
ファンベルトのラインのズレを確認。
こちらも問題ありません。



そしてクーリングファンとカラーを取り付けて
全体の位置関係と取付の具合を確認します。





取り付けのボルトも長くなるので
合わせたボルトを用意しました。



ファンベルトを張り再度ベルトラインを確認。
ズレは目視では見当たりません。



ラジエターとファンシュラウドを取り付け
冷却水を注入していきます。



エンジンを始動する前にクランキングをして
異音や不具合のありそうな動きなどを確認。
問題が無いと判断してから始動します。
冷却水のエア抜きをお忘れなく。



試運転をして最終確認、作業完了です。
今回は自分なりに無い知恵しぼって人柱的に
調べて試した作業でしたので
こんなにすんなり行くとは思わず
正直驚いております。
そしてIくんをはじめいろんな方々の
ご協力を受け本当に感謝しております。
ありがとうございました。
Posted at 2018/04/18 21:49:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | ポーター | 日記
2018年04月14日 イイね!

愛車と出会って1年!

愛車と出会って1年!4月14日で愛車と出会って1年になります!
この1年の愛車との思い出を振り返ります!

■この1年でこんなパーツを付けました!

RS-Rのダウンサスと
ロッソモデーロのリヤマフラー
(L900用)くらいです。


■この1年でこんな整備をしました!

あれこれと(笑)


■愛車のイイね!数(2018年04月14日時点)
44イイね!

■これからいじりたいところは・・・

5MT化はやってみたいけれど
5MTのポンコツ軽と換えたほうが早いかも。


■愛車に一言

今まで乗ってきたポンコツのなかでも
比較的長く乗っているということは
気に入っているのかも。
これからも「壊れたら直す」を基本に
出来るだけ長く付き合って行きたいですね。


>>愛車プロフィールはこちら
Posted at 2018/04/14 18:22:35 | コメント(2) | トラックバック(0)
2018年04月07日 イイね!

オイルコントロールバルブ交換

先日スパークプラグと
イグニッションコイルを交換したミラ。
相変わらず温間時の2500rpm付近になると
カリカリとノッキングのような異音が発生します。
当初はVVTのベーンやクランクのメタルなどを疑いましたが
機械的な部分だったら常に異音が発生したりすると思うので
残るは電気的な制御の問題かと思い調べてみると
VVTのバルブタイミングをコントロールする
油圧式のソレノイドバルブがあることを知りました。



早速点検をしてみることにします。
OCVとも呼ばれるこのバルブは
タペットカバーの運転席側に付いています。
OCVに付いているカプラを外します。



カプラを外すともちろんエンジンの
チェックランプが点灯します。
これでソレノイドは正常と判断出来ます。
ソレノイドがNGであればカプラを戻しても
チェックランプが点灯したままになります。
カプラを外した状態で試運転をすると
ノッキング音は消えたので
やはりOCVが疑わしいということになります。



症状の是非を確認するために中古のOCVを用意しました。
EFVEエンジン搭載車でしたらほぼ共通品です。
(ハイゼット系は互換性ありません)
今回はL550Sムーヴラテのモノを使用します。



M6のボルト1本を外して早速交換してみます。
オイルの注入口に古いOCVを刺しているのは
内部に残ったオイルを戻しているためです(セコい)



取り外したOCVはオイル焼けはあるものの
バルブもスムーズに動き
特に大きな問題は無さそうです。



念のためOCVに繋がるオイルラインにある
フィルターも確認しましたが汚れもなく良い状態。
ユニオンボルトとともにパーツクリーナーで洗浄しました。



翌日、通勤を兼ねて試運転。
完全に音は消えませんでしたが
良く聴かないと判らないほとに小さい音にはなりました。
回転数も2500rpm付近だけという訳ではなく
高負荷のときだけかすかに鳴るようになったので
(MT車を高いギヤで低速走行するような)
これは範疇内かと思います。
サンバーのほうがもっとカリカリ鳴ってましたし。。。
Posted at 2018/04/07 16:13:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | ミラ | 日記
2018年03月31日 イイね!

プラグホールシールとイグニッションコイル

年度末になりお仕事も少し余裕が出てきて
今日は入社以来初の土曜日休暇になり
時間が取れるようになったので
面倒な作業から進めることに。



ミラのプラグホールのシール交換を行います。
ただ3つのオイルシールを交換するだけなのですが
そこにたどり着くまでが大変だったりします。
パッキン交換と同じ要領でヘッドカバーを外します。



カバーを外すと裏側はこうなっています。
(1月の作業のときの写真です)
バッフルのような板を外すとシールが見えてきますが
画像の通りリベットで留まっています。



ドリルでリベットを揉んでプレートを外します。



今回交換するのはこの3つのシールです。
完全に硬化していて手で触るだけで
パキっと折れてしまいました。



古いシールを抜いたあとキレイに洗浄をします。
特にリベットを削ったアルミの粉は
徹底して洗浄しました。
画像にはありませんがこの後に
リベットを抜いた穴にタップを立てるのが
今回の作業で一番大変でした。
下穴開けにちょっと失敗したので
今回はM5X1.0で開けましたが
M4X0.7でも大丈夫かと思います。



新しいシールを用意します。
以前購入したタペットカバーパッキンに
同梱されていたシールです。



キレイにしたカバーに新しいシールを打ち込みます。
特に特殊工具も持っていませんので
32mmのソケットを代用して打ち込みました。



プレートを外した時に一応塗ってあったので
カバー裏のリブにコーキング剤を塗布しました。



ネジを留める際にネジロックを塗布。
絶対に外れてはいけないですからね。



ネジを切ったり下穴を伸ばしたり
細かい調整をしながら締め込みます。
不揃いなのはリサイクル精神ということで。。。



仮に取り付けをした後エンジンを始動。
3番のEX側のカムがカバーに当たってしまうので
サンダーで少し削り落しました。



オイル漬けになっていたイグニッションコイルも交換。
L250ミラに装着されていた中古品です。



異常がないことを再確認して作業完了。
しかしまだオイル漏れはあるようで
良く観察してみるとパワステポンプ本体が。。。

また課題が増えました。
Posted at 2018/03/31 18:22:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | ミラ | 日記

プロフィール

「ポーターのウォーターポンプってもう無いんですね。いろいろと調査しております(涙)」
何シテル?   02/12 20:04
いとこの兄ちゃんに洗脳されて ガキの頃から大好きなKP61スターレット。 今までに3台、足掛け20年ちょっと乗っていました。 みんカラのブログでは修理日誌...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

お友達

mixiと並行して書いていて
みんカラにはブログに書いている
車両のことしか基本的に書きませんので
各車の絡みが無い場合や
リアルにお付き合い
させていただいている以外の方は
お断りさせて戴く場合がございます。
申し訳ございませんが
ご理解のほど宜しくお願い致します。
64 人のお友達がいます
toyomarutoyomaru * キャニオンゴールドキャニオンゴールド *
リュートリュート * ななパパ(こうぞう)ななパパ(こうぞう)
KP62VKP62V あっきー.あっきー.

ファン

40 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ポーターキャブ マツダ ポーターキャブ
赤帽を辞めて会社員になっても やはり荷物が積めるクルマが 必要ということが判ったので タ ...
ダイハツ ミラジーノ ダイハツ ミラジーノ
転職を機に我が家に来たミラジーノ。 友人より破格で譲って戴きました。
トヨタ スターレット トヨタ スターレット
3台目となるKP61です。 2011年10月に縁あって関西からやってきました。 2台目と ...
スバル サンバー スバル サンバー
3号車(NAの赤帽車)が450000kmを超え エンジンのパワーダウンをはじめとする老朽 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.