車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2006年07月26日 イイね!
 っていっても俺じゃないです。
 出張先の朝、今日も仕事かぁって歩道を歩いていたら、走りすぎたトラックから、拳銃のような(といっても本物を聞いたことはないですが)ものすごい音とともに停車。

 見てみると、左前のタイヤが激しくバーストしています。さらに詳しく見てみると、タイヤサイド半分くらいが黒々としています。バーストしてから20mほど走行しているので、そのせいかと思ったのですが、そうでもなさそう。

 予想するに、スローパンクしたのに気づかないまま走行して、タイヤサイドがよじれてバーストという具合でしょう。

 サーキットを走っているおかげでしょっちゅう空気圧は管理していますが、スタッドレスのようにワンシーズン履きっぱなしの場合は注意しましょう。実際スローパンクは結構ありまして、今までにも数本経験しています。原因不明の一本以外はすべてバルブ不良でした。気がついたら1気圧しかないことも、しかもそれで1000kmは走ってきたという(怖)

 ちなみに、普段はフロント2.3気圧、リア2.0気圧、サーキットでは冷間でフロント1.8気圧、リア1.7気圧です。

 予断ですが、どうも仕事がすべてうまくいかない(涙)
Posted at 2006/07/26 22:10:22 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記 | クルマ
2006年07月24日 イイね!
林道ドライブが大好きですが、普通のドライブは嫌いというか苦手です。オービスや覆面を気にしなければならないし、他人にペースを合わせなければならない。トロトロ走っている車がいてもあおるわけにいかないし、煽られたらゆずらなければならない。渋滞もある。基本的に人に合わせるのが苦手ですねえ。

 林道ならそういうことはないし、自然は豊かだし、走破する楽しみもある。

 ただねえ、林道慣れしていないというか、マナーを知らない方も少なくないです。

①すれ違いもできないような道幅の林道が多いです。待避所に近いほうが譲りますが、林道でバックもできない人や道幅ぎりぎりですれ違うことができない方が多いです。
 もちろんこちらが恐縮するぐらい長くバックしていただいたこともあります。ホント感謝でした。

②たまにですが、林道で立ち往生している車に出会うことがあります。最低限の装備は持ってきてほしいものです。とある林道ではパンクした車にとめられました。スペアタイヤは持っているもののジャッキやレンチも持っていないという。ありえねえ。そういえば林道で土手に突っ込んでいる車もいたなあ。助けてあげたけど。

③林道ではブラインドコーナーが多いです。十分に注意が必要です。これは俺も反省しなければならないことがあります。とある林道で浮き砂利にノーマルタイヤで低速でも面白いようにリアがすべるところで、面白がっていたら、コーナーでオフロードバイクと出会ってしまいました。速度が低かったのでなんとかなりましたが、一歩間違えばあぶなかった。

 久々に知らない長い林道を走ってみたいな。
Posted at 2006/07/24 23:06:57 | コメント(1) | トラックバック(0) | 林道走行 | クルマ
2006年07月22日 イイね!
 SUGO走行会でのおまけ動画のハーフスピンについて不思議だったことがあり、ずっと考えていました。

 リアがスライドするのを感じ、ステアリングをニュートラルまで戻しアクセルを少し入れても、リアのスライドは収まらず、突然スイッチが切り替わるかのように、スピンモードに突入してしまったのです。あわててカウンターを当てて何とか回避しました。

 この普通のスライドからスピンモードへのスライドの間がリニアではなく、スイッチが入るかのように突然切り替わるのが非常に不思議でした。また、スピンモードに入ると非常に安定した状態で、これがドリフトなのかと感慨深かったりして(笑)この安定した状態も不思議なんです。

 でほかの方にアドバイスをもらったり、動画を何十回と繰り返し見たりしてやっとこうではないかなと思われる結論が出ました。もしかしたら当たり前のことなのかもしれませんが・・・

 タイヤのグリップというのは滑り出す直前あるいはほんのわずかに滑っているときが最大だといわれています。それを超えてスライド量が多くなるとグリップは極端に低下してしまいます。この低下をマイルドにするといわゆるコントロールしやすいタイヤとなり、低下する前後の感覚がわかりやすいタイヤもコントロールしやすいといわれます。

 最初のスライド時はグリップの限界あたりだったと思われますが、しかし、ブレーキを残したコーナーリング、わずかなオーバースピードのために、限界を超えたスライド量となり、グリップが極端に落ちてしまいます。最大グリップからはリニアではなく、突然落ちてしまうので、スライドの感覚がスイッチのように感じられるのではないかと思います。

 落ちてしまったとはいえグリップはある程度ありますし、それと速度とカウンターが合えば安定した状態となります。ドリフト状態なので速度が落ちていき、Gが減っていきグリップし始めたとたん、最大グリップまでもどりますから、強烈なグリップとなり、あのようにガツンといった感じでスライドが停止したものと思われます。

 よりハイグリップなタイヤほどこの傾向は強いといわれますので、コントロールが難しいのでしょう。正しいかどうかはわかりませんが、なんかすっきりしました。
Posted at 2006/07/22 16:40:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーキット走行 | クルマ
2006年07月16日 イイね!
 車載カメラの説明用に林道を走行して動画を撮ってみました。
林道ドライブ

 久々の林道だしノーマルタイヤだし昼間だし、軽く流してブラインドコーナーは安全一番で走行しました。車載カメラステーはバキュームタイプなのでダートの振動に耐えられないみたいで、思いっきりぶれていますし、逆光補正機能がない?ので若干白潰れが出ちゃっています。

 それにしても林道は楽しいです。なんか本格的にダートを走りたいけど、サーキットドライビングスクールみたいにダートスクールが近く(SSパークがベスト)でないかな。

 ロールバーは入れていないけど、ボディ補強してあるし、ラリータイヤもあるし、スクールぐらいなら大丈夫だと思うけど。
Posted at 2006/07/16 18:43:06 | コメント(1) | トラックバック(0) | 林道走行 | クルマ
2006年07月08日 イイね!
8月12日 クラゴン部屋 リンクみちのく巡業(リンクサーキット)
10月1日 POTENZA EXCITING STAGE(仙台ハイランド)
11月4日 クラゴン部屋 りんくみちのく巡業(リンクサーキット)
12月9日 クラゴン部屋 SUGO幕内稽古(SUGO)

 これでオフシーズンかなあ。今年からサーキット走行を始めたので装備などで散財してしまったので、これ以上は厳しいかも。
Posted at 2006/07/08 14:52:35 | コメント(1) | トラックバック(0) | サーキット走行 | クルマ
プロフィール
「無事到着!疲れたーーーーー、体がガタガタ」
何シテル?   06/27 18:28
40過ぎてサーキット走行を始めてしまった、ラリー仕様CJ4A RSに乗っている中年です。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2006/7 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
リンク・クリップ
Facebook 
カテゴリ:Myサイト
2011/05/28 18:59:05
 
クラゴン親方のドライビング鍛錬記 
カテゴリ:サーキット走行関連
2011/01/13 22:47:40
 
RacingViews 
カテゴリ:サーキット走行関連
2010/12/30 22:45:38
 
お友達
いつでも誰でも大歓迎です。
68 人のお友達がいます
Kei SatoKei Sato * コル注コル注
やっし~☆やっし~☆ 団長めろん団長めろん
inabashiinabashi しょうた@あきたしょうた@あきた
ファン
9 人のファンがいます
愛車一覧
三菱 ミラージュアスティ 三菱 ミラージュアスティ
1996年式 14インチオプション仕様
三菱 ミラージュアスティ 三菱 ミラージュアスティ
部品取り車&将来の戦闘車両として検無し中古車を個人売買で購入しました。 現在はエンジン ...
三菱 ミラージュ みらげ会ミラージュSMR (三菱 ミラージュ)
1998年式ミラージュRSです。 もともとはラリー車で、最後はダートラ車だそうです。 ボ ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
1997年式 ミラージュのダートラ車が転倒で廃車になったので、今度はシビックにしました。 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.