• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

しばとらのブログ一覧

2015年04月20日 イイね!

トラックでの神輿巡行

トラックでの神輿巡行今の時代、神輿もトラックで移動する時代となってしまっています。これも様々な経緯があり、自治体の行っている祭りでも神輿を軽トラで運んでいたりと最近は結構あるケースではないかと思います。

さて、京都にございます伏見稲荷大社では4月20日~5月3日にかけ「伏見稲荷祭」が行われます。その前に「神幸祭」なるものが行われまして、稲荷大神を氏子地域までお招きし、巡行をします。その巡行がトラックでの移動となっております。偶然その光景を見かける機会があったのですが、わざわざじっくり見ている方というのも少なく、カメラで撮影しているのも自分一人な状態でした。また目的地である御旅所奉安殿にご到着する際は沢山の方々に見守られるのでしょうが、室町時代の頃は50もの山鉾を連ねる祇園祭と肩を並べるほど盛大な祭りであったということですから、なんだか寂しいものがありますね。


キャラバンも祭り仕様になっています。

神職、氏子らが乗り込んだトラックから雅楽が聞こえてきて華やかなのですが・・・

信号のせいで巡行は途切れ途切れでカオスな様相となっておりました・・・。運行は日通に委託しているようですね。

フェンダーミラー仕様のハイラックストラックの姿も。

これが神輿を輸送しているトラック。雨の影響でかビニールがかけられ、巡行としては物足りなさも否めませんでした。

神輿は全部で5基ほど存在し、巡行も10台以上の車で行われていたようでしたがほとんど一般車と被ったり途切れ途切れなので撮影をし損なってしまいました・・・^0^; フロントガラスに黄色い紙が付いていたのでセンチュリーも巡行のご一行様だったようです。

やはり全部撮影したい方は終着地点に近いところで構えているのがベストではないかと思います。しかし偶然居合わせましたので実際の巡行はこんな雰囲気でした。

やはり京都の駅前となると信号も頻繁に変わるので車での巡行となるとやはり乱れてしまいますね。恐らく先で待機して隊列が揃ってから再び発車するのでしょうが、京都駅前で全体の巡行を収めるのは至難の業ですねぇ・・・。自分はこの巡行を見て伏見稲荷祭がもうすぐなことを思い出しました。噂によれば結構盛大との事で、休みが取れたらの話ですが行ってみたいなぁと思っています。
Posted at 2015/04/20 22:00:04 | コメント(2) | トラックバック(0) | 正しくない旅行(車観察) | クルマ
2012年11月29日 イイね!

オーストラリアの交通事情(正しくない海外旅行)

どうもです。廃墟サイト更新に時間がかかり、さらに草ヒロサイトも更新してたので昨日やっとこさ「ハイゼット550」を紹介できました。

本日紹介したいと思いますのは以前オーストラリアに修学旅行で行った際に撮影した自動車たち。偏見でバスばかりの撮影になってしまいましたが・・・

広大でとても良いところでした。まず空港で見かけたフォワード。やはり何だか異国情緒な雰囲気ですね~




空港を降りた先に早速巨大駐車場が。沢山並ぶホールデン社製の車の中に我が国三菱のパジェロが!!やはり日本車も沢山走っていますね。



しかし移動手段はホールデンでも三菱でもトヨタでもなく・・・・・
スカニア製のバスです!!




オーストラリアは左側通行ですので日本のバスも持っていけば登録はできるものの、やはり大型バスはスカニア、ベンツ、ボルボが大半を占めるようでした。三菱のエアロクイーンや日野いすゞのセレガーラ、そしてヒュンダイ自のユニバースは1台も見かけることはありませんでした。

車窓から見ることのできた日本車たち。

ミラージュですね。オーストラリアでも走っているとは・・・。しかもクーペなのでミラージュアスティという。




これは日本でも未だに人気な40系ランクルではないですか!実は窓に手が届かなかったので彼女に写真撮ってもらいました・・・。



そして鉄仮面も・・・。こんなのも走っているとは・・・。



ペシャンコのオブジェになっていたのはフェスティバでしょうか。



さて、降りて観光です。観光しながら撮影したのは大抵がバスでしたが・・。

観光地はおしゃれな古いバスが沢山走っています。




こちらはレイランド・タイタンでしょうか。違っていたらごめんなさい。イギリスでロンドンバスとして走っていたものを輸入したのかは分かりませんが。



他にも名称不明な2階建てバスが・・。



今紹介したのはなんと全て路線バス。かなり古いバスが今でも走り回っていました。しかし、バリアフリーなどの問題で新型のバスも次々と導入されているのは事実。



こうして古いバスもどんどん犠牲になっていってしまうのは世界共通のようです。。。。。

市内観光バスではこんなバスが運用されていました。屋根が開いています。




そして別の2階バスを追走しながらバスで移動。これはトミカでモデル化された車両。



そうそう、こんなリアデザインだったねww昔持ってたトミカでどっちが前だか分からなくて困ったっけ・・・。

途中で見たエスティマのタクシー。車椅子も乗せれるとのことで尺がおかしいですが日本ではこんな特装車ありませんよね。



休憩中はベンツ製のバスの横に停車。一体何ccあるのでしょうか。これでも結構古いモデルだそうです。



目的地ではエスクードがお待ちでした。現行型は結構人気なようでかなり走っていました。初代もちょくちょく見ましたが2代目は全く見ませんでしたね。



こちらはランサー。



ランエボじゃないですがこれはこれで三菱らしくて素敵。



何この車?。



韓国メーカーの起亜自動車の生産する「リオ」という車。キアの車はパッとしないデザインの車が多いです。オーストラリアでも韓国勢は着々とシェアを伸ばしつつあります。

メーカー不明のツアーバス。塗装が真っ白のバスも結構走っていました。



メーカー不明のバス。どこのバスでしょう?



ボルボ製の大型バスと日本でお馴染み三菱ふそうのローザとの2ショット。



小型バスは大半がローザかコースターでした。空港では日野のレインボーがホテルの送迎バスで使われていましたが少数派ですね。

そしてバスで悪路を走りたい!というバス会社はこんなものを導入していました。





何ぞこれwwwまるでカミオンのような容姿ですが・・・。

トヨタからのOEMのリエッセⅡをぶった切ってレンジャーに引っ付けて溶接した特装車のようです。「川も渡れるぜ~」とドライバーは自慢げでした。


かなり古いバスが入ってきました。メーカーは分かりませんが30年くらい前の車両とのこと。それにしてはコンディションが良いですね。。




日本でもお馴染みハイエース。向こうでも大量に目撃しました。



こちらではほとんど車の写真になっていましたが・・・。きちんと他にも写真撮っていますのでご安心をw向こうではホールデン、フォード、トヨタが自動車御三家のようでした。でもプリウスは高いんでしょうね・・。1台しか見ることができませんでした。
Posted at 2012/11/29 22:51:10 | コメント(2) | トラックバック(0) | 正しくない旅行(車観察) | クルマ

プロフィール

「エルフ検診車で初のイベント参加でした。場違い感w大阪→飛騨高山→大阪まで6回くらい給油!」
何シテル?   05/13 07:14
しばとらと申します。旧車、中途半端に旧いネオクラシッカー、または全く売れなかった珍車、そしてあまり見かけることの無い高級車など変態的な車が好きです。ブログでは主...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/1 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

コースター ローザ シビリアン マイクロバス  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/08 17:49:02
NP300ベース ルノーピックアップトラック  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/10 01:25:09
ケアンズで見た車たち③ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/23 00:55:28

愛車一覧

トヨタ コルサ トヨタ コルサ
トヨタ コルサ(EL41)TXに乗っています。こちらがメイン車です。通勤、通学、旅行はこ ...
スバル サンバー サンバー550 (スバル サンバー)
たもん号と呼ばれています。サンバー550です。2012年3月まで営業車だったのを車検切れ ...
トヨタ コルサ トヨタ コルサ
・・・朝起きたらもう1台コルサが増えていました。 前期型、僕の所に来る前は八王子5# ...
いすゞ エルフトラック いすゞ エルフトラック
元々検診車だったエルフワイドです。 架装はヤナセ。今はダイエット化のために胸部レントゲ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.