• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

quadrifogliospaのブログ一覧

2018年10月14日 イイね!

韓国 国際観艦式で李舜臣の旗掲揚の意味するところ

韓国 国際観艦式で李舜臣の旗掲揚の意味するところ今回は車の話題では無いので興味のない人はスルーしてください。

韓国で行われた国際観艦式で自衛隊に旭日旗の掲揚を自粛するように要請した韓国ですが文在寅大統領が演説した駆逐艦に秀吉軍と戦った李舜臣将軍を象徴する旗を掲げました。

外務省が「通達に反した行為をみずから行ったもので残念だ」と抗議、これに対し韓国海軍は参加国と韓国の国旗だけを掲げるよう求めたのは外国艦船に限られるため問題はないとの見解を示し、韓国と全世界海軍の英雄である李舜臣将軍を称えて帥旗を掲げたとの声明を発表しました。

李舜臣は豊臣秀吉の朝鮮出兵の際、日本軍と対峙した将軍で韓国では伊藤博文を暗殺したとされる安重根と並び、抗日の象徴として称えられている人物でサッカー東アジア杯で「歴史を忘れた民族に未来はない」という大型垂れ幕と李舜臣、安重根の肖像画が掲げられた事もあります。

しかし実際は秀吉が病死したため朝鮮から撤兵する事が決まり、明との休戦協定を結び撤退中であった小西行長軍を追撃したものの救援に駆けつけた島津によって討ち取られた将軍で再三にわたる命令不服従と部下に対する苛烈な扱いで評価は低かった様です。

今回、韓国がこの将軍の旗印を掲げた狙いは、もちろん日本へのあてつけであり、韓国国民に対して「日本にガツンとかましてやった」アピールが最大の目的と思われます。

全く国際協調を謳いながらこのような反日政策を国際的に曝け出してしまう幼稚さはいかんともしがたいですが、文政権の想像以上に日本側の反発は強く、特に軍事面において日本自衛隊側との協調というのはいっそう難しくなったと言えます。

従北親中の文政権にしてみればこれは願っても無いめざましい成果であり、北朝鮮や中国に対して猛烈に尻尾を振るアピールになった事でしょう。

もっとも、当の北朝鮮や中国は文政権を評価しているとは思えず、せいぜい都合よく利用してやろうくらいのものだと思います。

文政権のこの攻撃的なメッセージに岩屋防衛相は「非常に残念」と言いましたが、全く鈍いとしか言いようがありません。

文政権下では北朝鮮との国境付近の地雷撤去を進めていますが対して北朝鮮はソウル攻略部隊を撤退させたでしょうか?全く一方的なラブコールといえます。

北朝鮮の人権問題も制裁では解決しないと難色を示し、制裁解除を次々実施しています。


そういえば韓国では「自分がやればロマンス。他人がやったら不貞」というそうです。

先ごろ韓国では金寛鎮国防部長官が逮捕されましたが、これにより文政権に対して軍が全く発言権を持たなくなったといいます。

北朝鮮の指示によるのか文在寅の独走なのかは分かりませんが穏便に済まそうとする日本に対して益々日韓離間を目論むでしょう。
最終的には米韓の離間、そして北朝鮮の受け入れが目的かもしれません。

それが日本の国益になるのかどうか。日本国民は少し真面目に考える時だと思います。
Posted at 2018/10/14 11:51:38 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年10月09日 イイね!

気仙沼行 三連休

三連休は気仙沼に行っていました。

今回は相続関係で最後まで残っていた東日本大震災で被災した土地の登記のうち、近所と共有になっていた通路部分の買い取り、登記完了の支払いです。

支払いだけなら司法書士の口座に振り込みでいいのですが予想より面倒な依頼になってしまったので挨拶に出向きます。


まぁこういう用事でもないと気仙沼に買い求めた家の方に足が向かなくなります。
家は人がいないとすぐに傷んでしまいますのでなるべく足を運びたいところ。

例によって金曜の仕事上がり、歯医者で治療してから出発します。



高速燃費は前回の帰省で給油した時からなので参考ですが22.2km/L(タイヤ補正23.3km/L)で、その間にO2センサーを交換した事と、タンク残量がギリギリで80~85km/hの燃費走行でしたので、前回の復路と同じくらいになっています。



土曜日。

給油したら司法書士の事務所に出向きます。
登記書類自体は郵送されてきていたのですが、料金は振り込んでも週明けになってしまうタイミングだったので菓子折りと併せて持参しました。

依頼した司法書士は外出していたので事務所の人に代金を払って重要事項説明を受けて帰って来ました。

その足で母の墓前に報告に出向きます。

寺に着くと杉の木を伐採しているところでした。
まさか?と思って登っていくと、丁度ウチの墓がある所の杉の木を伐採していました。


先般の台風24号で折れたというよりは、前々から杉の木を伐採していたので丁度順番だったのだと思いますが、接近する台風25号の影響があると月曜の祝日までかかる、という話だったのでそのまま家の補強部材などを買い物して回ります。

気仙沼湾の防潮堤工事。
たぶんここが手違いで堤防が22センチだか高くなる事が判明し、住民が工事に反対している現場。


ニュースだけ聞くと被災者様がわがまま言ってるように聞こえますが、役所から説明が無かったりいろいろ拗れた結果、住民が態度を硬化させたのだろうと思います。

ウチも社会福祉や住宅関係でずいぶん役所と交渉しましたが、担当者が他県から応援に来ている人で事情が分からず原理原則ばかり、何度か足を運んで「では例外的に」と認めさせたら年度が代わって担当者が居なくなり、特例の話も無かった事になっていて自分には連絡も来なかったということで何事も思い通りに運びませんでした。

防潮堤は作り直す事はしないが、地盤をその分高くするか別の方法があるか住民と対話するという前提でとにかく工事を進めるという決定がなされ、工事が再開していました。

夕方くらいから台風の影響で風が強くなってきました。

先週の台風24号は各地に被害をもたらした風台風で、近所のカーポートの屋根が飛ばされたそうです。
ウチも毎回留守の間にそうなのるでは、とカーポートの支柱は立てたままにしてあります。

今回の25号もまだ随分離れているのにかなり風が強いです。
結局翌日まで家がガタガタというくらいの強風でしたので外出せず家に籠っていました。


翌日曜日。

遺品整理でもしようと思ったのですが遺品整理、つまりゴミとして捨てるという事であまり気乗りしません。

気仙沼のゴミ収集日に滞在していることは無いので毎回施設で使うために買った消耗品などを東京に持ち帰って処分しているのですが、そろそろ衣類とかそういった物、取っておいても仕方ない物を処分する事になります。

とりあえず病院などで出された薬や消耗品を持ち帰るよう分類し、書類を少し整頓しました。

夜になって風が収まって来たので友人の家に遊びに行きます。

ここの猫は以前は噛んだリ逃げたリしたのですが、年を取って性格がすいぶん丸くなりました。



翌月曜日。

東京に帰る前に雨風で汚れた窓ガラスを掃除します。

外側はブラシで水洗いしてゴムのワイパーで水分を落とし、内側はガラスクーナーで拭き上げてから乾拭きします。

二階はまだ風が強いので後日にします。

昼食を食べたらまとめた荷物を車に積み込んで出発します。

途中、仙台近郊の従姉の所に寄ろうかと思ったのですが、どうも術後体調が優れない日が多いようで、体調だけじゃなく気分的にも伯父が亡くなり自分はガンになり、実家は取り壊されという状態で人に会いたくないかもしれないので今回はそのまま東京に帰ります。

台風一過の強い日差しで沿道の草が輝いて見えます。
田んぼは黄金色とは言えませんがあらかた刈入れが終わりつつある感じです。






夕方になると定番の渋滞発生ポイントでは渋滞が発生します。


ただ30~40km/hで流れてはいるのでそれほどの時間ロスにはならず、逆に燃費が伸びていきます。

ここまでは連休という事で予想していましたがやはり北関東に入り、宇都宮から先三車線になって渋滞解消という所で事故渋滞に巻き込まれます。


そしてこんな車も。


ウィリス・ジープ。
アイゼンハワーをしてアメリカを勝利に導いた兵器の一つと言わしめた軍馬。

M38A1でもM151でもなく、ひょっとしたら戦時中の生き残りか、戦後モデルや民生モデルを軍用仕立てにしたものかもしれません。

渋滞の中、いかにも昔の戦前の車のようにブズルブズル言わせて走っておりました。

高速の燃費は、給油地がいつものGSではなく気仙沼市内で用事で40キロほど下道を走ったものですが渋滞で幾分か燃費が伸びて25.1km/L(タイヤ補正26.3km/L)


燃費トライアルみたいになってしまいましたがO2センサを交換して燃費が伸びたように感じます。

効果を実感したのは高速より街乗りの燃費やパワー感ですが。
Posted at 2018/10/10 00:18:09 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年10月02日 イイね!

韓国与党議員、「旭日旗禁止」法案を提出

今回は車に関係ない話題ですので興味のない方はスルーしてくださいね。

さて、表題の件ですが、韓国済州島で10~ 14日に開かれる国際観艦式で海上自衛隊が自衛艦旗(旭日旗)を掲げないように要請されたのを拒否した事に対するあてつけでしょう。

そもそも自衛隊旗は世界中の軍艦が掲げるべき軍旗ですので掲げない方が国際法上問題になります。

事の始まりは2011年のサッカーアジア杯・日韓戦。
猿の物まね差別表現をした韓国人選手が苦し紛れに観客席に旭日旗を見てカッとしてやったと罪を認めて開き直った事に端を発します。

これで韓国世論がヒートアップし旭日旗=戦犯旗という謎の造語で国際的に日本を貶め始めます。

それ以前の自衛艦の訪問などでも軍旗は掲げていましたが、今回のような要請を受けたこと見ありませんでした。

もし日本側が韓国に配慮して旭日旗を降ろすような事があれば、それは韓国が主張する旭日旗=ナチのハーケンクロイツという主張を認めた事になります。

つまり日本による朝鮮統治はナチのユダヤ人にやったホロコーストと同じだったという主張を認める事になり、実は従軍慰安婦問題や最近言い始めた徴用工問題も認めることに等しい、少なくとも諸外国にはそのように解釈される事になります。

軍艦が軍旗を掲げて航行する事はその国の主権の問題でもありますが、日本が断固譲るべきでないのはそのためです。

韓国は立場上正当性が無い軍旗の自粛について国民感情に配慮してほしいと要請してきているようですが、それなら日本は韓国に日本国民の感情に配慮して給料をもらい休暇もあった慰安婦や徴用工を強制連行された被害者のように言うのを止めるように正式ルートで通達すべきではないでしょうか?

この問題で日本が韓国国民に「配慮」したところで相手は感謝する事もありませんし自分たちの要求が通ったのだから日本にもっと吹っかけろとエスカレートするだけなのですから。
Posted at 2018/10/02 21:01:22 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2018年09月24日 イイね!

気仙沼行 秋のお彼岸

この三連休前半はお彼岸で気仙沼に行っていました。

普段なら職場から帰宅して、出発する処ですが今回は仕事でイベントに出かけてから直帰して気仙沼を目指します。


片山右京氏とレースゲームで勝負する企画。


実際のカーレースならGがかかり体力も必要ですから素人がプロレーサーに勝つ事はありませんが反復練習と反射神経のみが問われるのでゲーマーに負けてましたな。まぁ当然でしょう。

ただ、ゲーム業界も課金の次のビジネスモデルを模索しており「eSports」というジャンルではプロチームが賞金を稼ぐイベントが海外ではプロレスやアメフトの中継のように放送されていて巨額の金が動いています。

日本ではゲーマー=無職の半端者みたいに扱われていますがトップリーグのゲーマーの年収がそこらのサラリーマンの生涯賃金を稼ぎ出すような時代が来るかもしれません。

さて少し遅くなりましたが帰宅して荷物を積み込み出発します。

しかし今回は首都高外環に乗ったらもう渋滞しています。


川口JCTでの事故だそうで、東北道にスイッチする川口JCTまでガッツリ渋滞でした。

出だしで1時間余計に掛かった以外はたいした混在も無く深夜2時過ぎに気仙沼の自宅に到着。

高速燃費は20.6km/L(タイヤ補正21.6km/L)



土曜日。

同級生が来るというので午前中に母と大叔母の眠る墓参りに行きます。


先週も来て掃除をしていたので花とお供え物だけ。
線香は線香皿が今朝までの雨で濡れていたので割愛します。

午後になるといつもの同級生三人がやってきました。
まぁ母の事というより、子供の話ばかりでしたが。

子供を迎えに行く時間だという事で送り出したら、今度は自分が親戚の所に出向きます。

2月に亡くなった伯父の墓参り。


晩年は事業に失敗して被災して仮設住宅暮らししていたウチの母に金の無心に来るくらい困窮しており、そのためウチの母とも仲違いしていましたが大叔母の遺産が入った事によって、墓を立派に改修して安心したようでした。

ここの息子は他家に婿に行ってしまい、娘も今は仙台近郊に引っ越しているのでお墓の方はひょっとしたら今年は自分が一番来ているかもしれません。

伯父の家は先週取り壊しが完了したという事でがん治療で来られない従姉から写真を撮って来てと頼まれていました。

なんとか日没前に写真を撮れました。
ピーカンの日中ではなくて写真的には良かったかな。


そのまま川向いの「本家」に行きます。

ただもう夕食前という事で仏壇にお供えをして直ぐ帰って来ました。

懐かないなぁ。


晩に同じく帰省している同級生から電話がありましたが、お互い疲れてるので今回は会わなくていいか、という事にしました。

夜はもうすっかり秋でしたのでタオルケットに毛布を一枚足して寝ます。



日曜日。

三連休ですが先週の三連休では東北道が大渋滞で酷い目に遭ったので今日のうちに東京に戻ります。
道中、仙台近郊の従姉の所に立ち寄る予定でしたが、朝に体調が悪いとメッセージが入っていたので今回はそのまま東京に向かう事にします。


沿道の田んぼはまだ黄金色とはいきませんが刈入れも始まっており、次に来るときにはもうすっかり様子は違っているでしょう。

東北道は先週同様に福島の南部、那須のあたりから断続的に渋滞が始まります。


これが宇都宮手前からまた渋滞。


高速燃費は一番稼げる辺りで渋滞していたにもかかわらず22.6km/L(タイヤ補正23.7km/L)


ところが今回は高速を降りてからも渋滞しています。
いつもの環八渋滞とは違う所で渋滞していたので事故でもあったかと思ったら、一車線を規制して道路工事をやっており、これえで20分で来られる所、家まであと数キロに1時間掛かってしまいました。


夕方5時半か6時には到着する予定だったのが夜9時半。

月曜は仙台の従姉の所に叔父へのお供え物を送るついでに昨日の実家跡地の写真を送る事にします。

決して楽しい写真ではないのでさらっと見せようとタブレットのバックカメラで撮ったのであまりよくないですがパノラマもなんとか一枚見せられるレベルの物がありました。


子供の頃は伯父が車で迎えに来て神奈川から泊まりに来たものです。

夜は川沿いの木にカブトムシを取りに行ったり、川に下りて魚取りしたり、まだホタルが川沿いや田んぼに沢山いました。

都会では見られない圧倒的な星空を首が痛くなるまで見上げたものです。

それらも今では記憶の中だけになりました。
Posted at 2018/09/24 11:27:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年09月18日 イイね!

元モー娘。の人の事故

事故の瞬間を捉えたとされるドライブレコーダー映像が公表された事によって、準自首とみなすという寛大な扱いから一転、実刑も免れずそのまま芸能界引退と報じられております吉澤ひとみですが、あのドライブレコーダーの映像を見て見覚えある場所だなぁと思ったら自分の職場から信号数個の所でした。

横断歩道を渡り始めた歩行者を勢いよく吹っ飛ばしたかと思ったら車が急加速して次の交差点まで走り抜ける映像は衝撃的でした。

映像は2、3人が救護している他は平然と横断歩道を渡っていく歩行者、もし事故が1秒違っていれば確実に巻き込まれたであろう歩行者も被害者を一瞥しただけで歩き去っていくという事も非難されていますが、まぁそれにしてもまず責めを負うべきは飲酒運転のひき逃げでしょう。

なんとなく日常的に飲酒運転をしていてついに運が尽きた事故のように思います。

当日深酒したならタクシーで行けばよいものを飲酒運転しているから保身で逃げる事しか頭に浮かばない。

まぁそういう連鎖なんだろうと思います。

ドライブレコーダーや監視カメラがこれだけ発達した現代において、ひき逃げはまぁ無理でしょうし、バレると全く割に合わないと肝に銘じるべきです。

もし不覚にも事故を起こしてしまったら被害者の救護などに努めるべきである理由がまた増えたかと思います。

なんにせよあの事故で亡くなった方が出なかった事だけが不幸中の幸いでした。
吉澤ひとみはその「幸運」に感謝して償っていってほしいと思います。
Posted at 2018/09/18 14:00:00 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「ホイール削らないと収まらないかも、だって。
どんどん納期が延びる。」
何シテル?   10/16 13:08
ネコとキャブを愛でるのが趣味の低年式オッサンです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

TMエキマニに、バンテージを巻いてみた! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/29 00:30:55
日光サーキットに注文あり(笑) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/21 00:11:18
Torque Pro 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/23 22:27:58

お友達

ファン

34 人のファンがいます

愛車一覧

アルファロメオ ジュリア アルファロメオ ジュリア
免許取得後、初めて買ったのが数えで同い年の段付きジュリア。二桁ナンバーを維持しながらサー ...
アプリリア RS250 アプリリア RS250
DUCATI996を事故で失い、以前に乗っていた2stにもう一度という事で柏のバイク屋か ...
ホンダ フィット 二号さん (ホンダ フィット)
助手席が回転するスゴいヤツ。 仙台近辺で走っていたようだけど88,290kmでウチに嫁 ...
ドゥカティ 996 ドゥカティ 996
事故により廃車 親友との排気量競争に突入するように大型免許を取得。 いきなりアガリの ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.