車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2015年05月03日 イイね!



NBアッパーにする事でダンパー作動音がほぼ車内に入って来なくなり、これで最終仕様かと思いきや...。


NBアッパーは、ゴムブッシュを介してロッドを固定するので、アッパーの首振りを行うとそこでゴムの反力が出てきます。

ダンパーがストロークする際、ロッドは真っ直ぐに伸び縮みせず多少左右に振られますから、特に低速域はバネレートを上げたようになり、細かくピョコピョコ跳ねる感じが出てきました。

音をとるか、ダンパーのフィーリングをとるか...。


やっぱりダンパーのスムーズな動きの方をとるでしょう!

という訳で、フロントはTODAアッパーでピロ受け、リアはCUSCOベースに加工した直受けアッパーに戻しました。






同レートのバネやアッパー形状等、色々試しましたがこれが最終仕様です。

8k-6kにこだわってオーダーしたTGダンパー。
ほぼイメージ通りのものが手に入りましたので、当分ご機嫌なドライビングが出来そう。(笑)


-おまけ-

先日、なんばのファクトリーギアにフラッと立ち寄った時、キャンペーンで少し安くなっていて...
気が付いたらワタシの工具箱に(笑)

Snap-onのF80です。



長年使っていたFACOMの72歯と、ネプロスの剛性を足したような感じで、ハンドルとネック周りの剛性感が絶品です。


KO-KEN・3725Z(Z-EAL)の軽い空転トルクには遠く及びませんが、なんせ締めつけた時の感じがスッゴクキモチイイです。



コイツも新たな相棒となるでしょう~
Posted at 2015/05/03 20:40:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | YZTGダンパー | 日記
2015年04月25日 イイね!



3/25の記事、TGダンパーのインプレの中で、こんな事を書きました。

「ただ、ピストンスピードの極低速域から減衰を発生させる為に、特殊なバルブが追加されているのと、シムの多い構造である事から、低速走行で細かいギャップを乗り越えた時に「コツコツ」という音をこのダンパーは出します。

初めアッパーやスタビのピロが逝ったのかな?と思って色々と切り分けて確かめてみたのですが、この音はTGダンパーが出しているという結果となりました。

ダンパーの音がロッド→ピロアッパーを伝って車内に入ってくるようなので、ノーマルアッパーにしてゴムブッシュを介せば少しはマシになるかも知れません。」


という訳で部品を調達し試してみる事にします。

ピロ受け前提のステム径12mmですから、ノーマルブッシュは使えません。(無理やりねじ込んだら使えるかも?ですが。)

アッパーのゴムブッシュは、石井自動車さんからコニストリート用のモノを部品として出していただけたのでそれを購入。

結構凝った造りのブッシュで、これを使うにはアッパーのロッド貫通部を18→20mmに拡大する必要があります。

スプリングガイドはニーレックスさんのPOM製(ID65用)を用意し、愛用のID63に合わすため、先ほどのアッパーと一緒にウエダパワーサービスに持ち込んで、加工をお願いしました。



部品一式です。



車高を変えず、ピロアッパーからNBアッパーにするには、前後とも15mmのカラーを追加する必要があります。



こんな感じで。



組み上がったら早速試乗。

コトコト音は...


見事に聞こえなくなりました!

中途半端な変化だったらピロに戻すつもりでしたが、劇的と言っていいほどなので、当分はこの仕様で行きたいと思います。

適度にハイアッパーになってたりして、NBアッパーはあなどれませんね(笑)
Posted at 2015/04/25 21:11:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | YZTGダンパー | 日記
2015年03月25日 イイね!



色々考えた末、リアダンパーもTG-bにしました。

ケース長225mm、ストローク105mm。
寸法はラインアップにあるものそのままで、減衰のみオーダーです。

バネは今まで使っていたクラフトの178mm-6k。

届いたダンパーはYZR9H(210mm)に対し、15mmケースが長く、ストロークはほとんど変わりません。



アッパーを含めた全長はこれ以上伸ばしたくありませんから、直受けアッパーとYZR9Hの組み合わせでアームロック時のストローク余裕と全長を確認しました。




結果、ストローク余裕は5mm、全長348mmで、図にするとこんな感じです。



それをTG-bの寸法に当てはめると、全長で1mm長くなる事が分りました。
とはいっても、ほとんど誤差みたいなものなので、OKですね。



ぱっと見た感じ、ピロの位置は変わりません。



アームロックでは底突きまで2mm程しか余裕がありませんね。


ホント、ギリギリです。

リアダンパー発注の際、YZさんからストロークを使い切る為に高さ5mmのPOMで作ったバンプストッパー装着を勧められたんですけど、それじゃ場合によって底突きします。

諸説ありますが、今まで何度もロドスタアシを組んでみて、ストロークさせすぎない方の動きが好印象だった事もあり、今回は40mmのバンプラバーにしてもらってます。


アレコレ考えた甲斐あって、全く何事もなく思い通りの車高で組み上がりました。

外から見て変化が何も見えない極めて地味な結果ですけど(笑)





という訳で、前後ともTGダンパーになりボチボチナラシも済んだかな?という感じになりましたので、インプレらしきものを。

フロント、リアともストロークがたっぷりありますから、路面の深いギャップを良い感じでいなします。

コーナー途中、ロールしながらうねりを通っても、スッっと通り越して跳ねません。

また、突っ張る感じが無いのでグリップが増した様に感じます。

高いレート、ハイグリップタイヤの車両から乗り換えると、ロールが大きく不安定に感じるかも知れません。
ただ、ロールしきってからでもそれなりに安定しているので、アクセルを踏みトラクションをかける事が出来るので楽しい。

8k-6kにこだわってオーダーしたダンパーですが、非常に良い結果が出たと思っています。

ただ、ピストンスピードの極低速域から減衰を発生させる為に、特殊なバルブが追加されているのと、シムの多い構造である事から、低速走行で細かいギャップを乗り越えた時に「コツコツ」という音をこのダンパーは出します。

初めアッパーやスタビのピロが逝ったのかな?と思って色々と切り分けて確かめてみたのですが、この音はTGダンパーが出しているという結果となりました。

ダンパーの音がロッド→ピロアッパーを伝って車内に入ってくるようなので、ノーマルアッパーにしてゴムブッシュを介せば少しはマシになるかも知れません。

機会があれば試してみたいですね。


という訳で数カ月にわたって取り組んだTGダンパーですが、これにて一区切り。

早くマイジムで試したい。

あとツーリングも行きたいなぁ。

Posted at 2015/03/25 23:43:40 | コメント(1) | トラックバック(0) | YZTGダンパー | 日記
2015年02月14日 イイね!
何となくですが、同レートでもクラフトよりMAQsバネの方が固い気がする。
ダンパーのなじみが出ておらず、そう感じているのかも知れませんが。

ちょっと興味が出て来たので、比較する為にバネだけ交換してみました。

左からMAQsH180、クラフトH180、クラフトH200で、レートはいずれも8k。
MAQsはクラフトに比べ巻き数が少ないです。


この中で1番当たりが柔らかいと思われるクラフトH200に交換し、少し距離を走ってみると...




全然違いがわかりません (笑)


同レートだと明らかな差ってないのかなぁ...。


あと、クラフトさんに問い合わせ、公開されていない最大許容ストロークのデータを教えてもらったところ、H180の比較で少し面白い事が分りました。


最大許容ストロークは、MAQsの方が有利だと思っていましたが、クラフトの方が長いんですね。



もう少し早く調べておけば良かった(笑)

バネの件はしばらく継続して様子をみていきます。
Posted at 2015/02/14 20:42:25 | コメント(3) | トラックバック(0) | YZTGダンパー | 日記
2015年02月11日 イイね!
スプリングシートはピストンロッドとの固定をより安定させるため、ザグリを入れてもらいました。


これでタイヤ天突き時の余裕も6→11mmと増えますので精神的にも余裕が(笑)


・組み付け

最初、下記のように組みました。この寸法ならFAFとほぼ同じ車高になるはずです。





ぶっちゃけますと、ロッドストロークはプリゼロよりプラス10mm長めでオーダー。
組み付けはバネを遊ばせ、1G時の車高調整時にプリロードが介在しないようにする魂胆だったんですね。

実際組んでみるとバネが新しいからか、思ったより車高が下がらず、希望の寸法にするにはもう5mmスプリングシートを下げないといけませんでした。

そこで、バネの遊び15mmを吸収する方法がないか考え、偶然にもアッパーを換えればうまくいく事を発見。

今までフロントに使っていたピロ受けアッパーと、リアの戸田アッパーでは、スプリングシート高を合わせた場合、ボディー固定面で約14mmの差があります。

要は戸田を使えばハイアッパーになるという事で、見事バネの遊び分を吸収できるのでした。
そうすると、バンプラバーが足りなくなってスプリングの最大許容以上ストロークしますから、追々パッカーを入れた方が良さそう。







リアは先日作った直受けアッパーになりますが、まあ仕方ないですね。

今後YZR9Hを使わず、TGを使う選択をすれば、ケース長の関係でどのみちピロ受けには出来ませんので、その辺りがはっきりするまではこれイキます。








プチネタで、減衰調整ダイヤルにキャップを被せておきました。



・試走

細かい段差、大きなうねり、小さなうねり、ロールさせながら橋の継ぎ目を乗り越えた時など、ダンピングはねらい通りの動きをします。

ナラシは減衰最弱でという事なので、若干バネに負けている感じがしますが、減衰を合わせにかかれば、より理想に近い動きが期待できますね。

来月のマイジムが楽しみです。










memo
サス全長と車高の関係
Posted at 2015/02/11 19:28:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | YZTGダンパー | 日記
プロフィール
【メインページ】 http://gengen.jp   ・エンジンやECU、サスペンションなど「バランスを崩さないチューニング」をモットーにしています。...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
リンク・クリップ
ISC制御 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/24 22:19:36
オイル選び 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/16 21:59:26
海外通販 ≪注文と支払い≫ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/06/26 14:36:05
ファン
101 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
バランスを崩さない仕様変更がテーマです。
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.