• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

お水汲み当番(30A→20A)のブログ一覧

2019年05月04日 イイね!

北本・旧車まつり

「北本クラシックカーフェスティバル」というのがある、という情報を、おーくま主任の「何シテル」で知ったので、行ってきました。

中には、こんな、

由緒正しいナンバーを背負った車も見受けられましたが、主に並んでいるのは、ふだんよく目にする車たち。

とはいえ、せっかく楽しみに行ったので、足回りフェチの私としては、

な車や、(ワァオ。あの当時は最新鋭のスポーツカーを板バネのリジットアクスルで作ったんだね)

な車や、(おや、ホンダバモスだ。現物を見るのは初めてだ)


な車の足回りの写真を撮って帰りました。
(さすがはNSX。数十年の歴史の進化を感じますが、ふと気がついたら、私が撮影した車はみんなホンダ車だったという……)

天気も良く、いつもの裏道はのどかな春の気配が満ちていて、良いドライブになりました。

おーくまさん、教えていただき、ありがとうございました。
Posted at 2019/05/04 14:15:23 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2019年05月02日 イイね!

分厚い本だけど、休暇をキッカケに挑戦して、ほんとに良かったと思います。

分厚い本だけど、休暇をキッカケに挑戦して、ほんとに良かったと思います。この10連休、「収容所群島(全6巻)」を読んでいるところです。

1970年にノーベル文学賞を受賞したソルジェニーツイン氏は、旧ソ連の陸軍中尉でした。

砲兵中隊を指揮し、ヒトラーと戦っていた時、郷里の友人に書いた手紙の中で、スターリンの名前は出さず、スターリンを軽く揶揄したことがキッカケとなって逮捕されてしまいます。

つまり、「反党組織を結成した反逆者」だという容疑です。
手紙を受け取った友人も、同時に逮捕されました。

取り調べは拷問の連続だったようで、本の中に詳細に載っていますが、最終的に有罪にできるだけの証拠が集まらなかったため、裁判には掛けられず、「行政措置」として強制収容所送り8年を喰らったのでした。(日本版wikipediaには「裁判を受けた」「判決が8年だった」などと記されていますが、この本に記されている内容は以上の通りです)

8年の刑期を終えたあとも釈放されず、引き続き無期流刑に処されます。

流刑先で、彼が一心に調べて文章として残したかったもの。

それはソ連革命の勃発から現在(つまり1973年)までの間、裁判も経ないで虐殺されてきた無数の被害者たちの怨念に応えることだったのかも知れません。
膨大な事件資料を、よくぞ揃え、研究し尽くしたものだと感心しました。

彼自身は、自分が生きているうちに「収容所群島」が出版されることは決してありえないものと覚悟を決めていたようですが、原稿の清書を手伝っていた70歳の老婆が逮捕され、激しい拷問の末に下書きの隠し場所を自白させられ、自筆原稿は押収。
老婆も、釈放された翌日に自殺するという事件が発生します。

しかしタッチの差で原稿の清書は秘密のルートを経由して西側に発送され、お蔭で今、私はこの血の出るような本を読むことができているわけです。

しかしそれにしても、体制が変わるだけで、人間がどのように処されてしまうのか。
まったく他人ごとではなく、近未来の自分と親友や家族を守るためにも、学んでおくべき知識であるなと感じました。

旧ソ連だけでなく、ドイツ第三帝国や中華人民共和国やクメールルージュ(=カンボジア)や北朝鮮など、全体主義を採用したすべての国で、いったい何が起きていたのか。

もしかすると、今まさに全体主義革命が起きつつある韓国で、このあと何が起きる可能性があるのか。

革命という言葉にシンパシーを感じる傾向の強い団塊世代の皆さんや、共産主義マンセーの方々にこそ、お勧めの一冊(実際には6冊)だと感じました。

習近平のことをプーさんと揶揄しただけでも、わたしも強制労働8年に処されるのかも知れません。
刑期が決まるまでの拷問の嵐に耐えられたなら……の話ですが。
取調中に射殺されなければ、の話でもあるのですが。

ps. ロシアの公式な発表によれば、第二次世界大戦期に旧ソ連の人口は2,660万人も減少したとのことです。(民間の調査では人口減少数が3,000万人を超える可能性も指摘されています。) もちろん戦死した人たちも少なくなかったことでしょうけど、同胞の手によって命を失った者もまた、膨大な数にのぼるはずです。

ps2. 図書館で借りて読んでいるのですが、第5巻まで読破した人はいないみたいで、本を開くとパリパリと音がします。ただ、第5巻で描かれている脱走者たちの脱走活劇(それを著者が書けているのは、失敗して連れ戻された囚人の口から語られたことだからですが)や、著者が(もちろんメモを取れない。反逆に問われるため)、記憶の中に名前やエピソードをどのように刻み込んで行ったのか。
古事記を覚えていた「稗田阿礼」のように、ソルジェニーツインも1万2000件ものエピソードを記憶して出獄したのです。その記憶術を公開する部分など、予想外に興味深く、圧巻の説得力でした。
Posted at 2019/05/02 23:58:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2019年05月01日 イイね!

謹賀新元。令和おめでとうございます。

謹賀新元。令和おめでとうございます。譲位によって新しい時代が始まるのは、
その理由が「ご不例」でないだけに、純粋に
喜ばしいことだと感じています。

そういえば、元号を改元の日より前に
国民に知らせるのはおかしいなんてことを、
頭の固いゴリゴリ保守派が言っていましたが、
日本ってのは本質的に融通無碍の国です。

だってさ。
一人の天皇に元号も一つだけ……という
「一世一元の制」ってのも、明治天皇になってから
始まったばかりの新しいやり方なのだし。

そもそも元号そのものが西暦645年に始まったもので、
「大化の改新」で知られる「大化」ってのが最初の元号ですが、
その時点の皇極天皇は、すでに第35代なんですよね。

(第35代・皇極天皇。もちろん単なる想像画だと思いますが)
一度退位したあと、第37代・斉明天皇として重祚したので、
絵には第37代と記されています)

それ以前、神武天皇以降の1300年間は、
公文書とか歴史書とかラブレターとか「借用書」とか、
いったいどうやって年号を記載していたのやら、
そっちのほうが興味がありますよ。

まさか西暦ではありますまいし、
史実から考えて、皇紀のはずもありません。

中国の元号を輸入していたのかも知れないけど、
それも中国と国交が密接だった時に限られるわけです。

……となると、
中国では改元があって新しい元号を使っているのに、
日本はいつまでも古い元号を使ってやがるワハハハハ
なんていう屈辱も、きっと昔の人たちは
何度も味わったことだろうと思うんです。

これでは弊害が大きすぎるわけで、
だからこそ、日本独自の元号を、
皇極天皇の時代に始めたわけでしょう。

じゃ、それ以前はどうだったのだろうか。
卑弥呼とか親魏倭王の時代はどうだったんだと
考え始めると、少なくとも日付というものが
人間に不可欠である以上は、なんらかの元号は
使っていたはずなのですよね。

というわけで、保守派の皆さんも、
もっとしなやかに、もっとしたたかに
なってほしいと願ってやまないところです。

融通無碍の大和の国。
令和も良い時代になりますように。
あらためまして、謹賀新「元」!!
Posted at 2019/05/01 03:32:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「てなわけでスキーに行き、しょげて帰って来たところです。」
何シテル?   01/15 20:57
インプレッサの1.5NA版に乗っています。 ハンドツールだけで、どこまでDIYができるのか、限界にチャレンジしています。 【年式・型式】 平成15年(2...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/5 >>

    1 23 4
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

愛車一覧

スバル インプレッサスポーツワゴン スバル インプレッサスポーツワゴン
独立懸架で、4WDで、ATの、5ナンバーサイズのステーションワゴン。車中泊が容易ならば、 ...

過去のブログ

2022年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.