• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

元Gureのブログ一覧

2018年01月28日 イイね!

信州の旧車ヤード訪問

信州の旧車ヤード訪問
一部旧車マニアには有名なN県S市の旧車ヤードに2008年訪問時の一部画像をUP、60~70年代の今となっては貴重な旧車が中古車店を廃業したまま在庫を並べた状態で時が止まっています。

謎なのは時々在庫?が入れ替わっていたりする点で興味深い一角、管理者は至近におりパーツ盗などに監視の目を光らせている様子

※訪問から時が経過しているので健在か否かは不明です。


信州の旧車ヤード
Posted at 2018/01/28 17:29:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旧車 | クルマ
2014年12月09日 イイね!

保存版・旧車(各社)マニアのプロファイリング!?

保存版・旧車(各社)マニアのプロファイリング!? 皆様お疲れさまでーす…!!

忘年会で“三菱vsスバル”の激論してたらフと思いつきましたので上げてみました!
ただ、最初にお断りしておきますがこのブログも完全お遊び企画、旧車好きのワタクシ、以前旧車屋に勤務していたのは以前のブログでお伝えした通りでこの時に関わったお客さんや関係者の方々、そして現在は完全なる趣味ですがイベント他でお話したりみんカラで絡んで頂く、そして仲間の方々とのお付き合い…
こうした交流からワタクシ個人的に感じた各旧車マニアさんの特徴をプロファイリングしてみました!


勿論、これは単なる個人的感覚、以下の内容にあてはまらないケースも多々あると思いますし「えぇーっ?」と反論も当然あるかと思いますがワタシも全ての旧車マニアさんとお話している訳ではないのは当然!なので分析?は最大公約数!?最小公倍数!?の意見として目くじら立てずに気楽に読んでやって下さいナ(^_^)v

内容ですが全ての旧車を取り上げる訳にもいきません、依ってこれまでの経験から旧車好きの方々は一般の方よりもほぼ熱烈に支持するメーカーさんがあるのが比較的見られる傾向に思いますので各メーカー別ファンの特徴、ある意味旧車だけに関わらず現代車でも支持に繋がっているでしょうね…。

ご想像の通りあくまでイチ個人、ワタクシの独断(と偏見?…笑)ですので違う意見で噛み付くような真似はしないで下さいネ、「そんな見方もあるのね」的に気楽によろしくお願いします、できれば皆様の周囲にいるマニアさんの特徴なんかを聴かせて頂けると嬉しいかも…<(_ _)>

※内容については国産車のみと致します、また、表現の仕方で不快感を持たれる場合もあるかとは思いますがどのメーカーも、車種も、何人も誹謗やバカにする意図はまったくございませんのであらかじめご了承願います。
※トラック専業メーカー(三菱ふそう、UDトラックス/日産ディーゼル及び長期に渡り乗用車生産をしていないメーカー(日野)は除外、ベースを自主生産していないミツオカも対象外としています。
それではやってみたいと思います!

【トヨタマニア】
(別称:トヨタファン、トヨタ派、トヨタ親派、ヨタヲタ…)


国内最大、いや、世界的にも今やNo.1になったトヨタ好きはまるでそれが自分の功績と勘違い?しているように少々鼻が高くなっているヒトもいるかな…!?
60年代から業界1位メーカーだった事もあり長いモノには巻かれろ、寄らば大樹の陰、弱肉強食、資本主義肯定派が多く見られる。
この事から野球は巨人ファン、売れるモノはイイモノ的思想の持ち主多し。

トヨタ2000GTこそ国産1の名車と考えている、“2000GTはほぼヤマハの開発モデル”という耳障りな意見はあえて聞こえないフリをする。
保守的で冒険はあまり好まない、石橋を叩いて渡る的慎重な性格の持ち主多くその分紳士淑女の割合が高く争いは好まない傾向。
同じトヨタファンとしても車種にこだわらず友好的で互いが「同じメーカーのオーナー、ファンである」とう事を尊重している点は大人…

現代車のプリウス/アクアこそが現在の日本では究極のエコカーでありこれを乗る事によって地球環境の保護に協力しているという自己満足から路上でも周囲の交通状況による適切なドライビングよりもエコ意識過剰による唯我独尊的ドライビング傾向あり。


【日産マニア】
(別称:日産ファン、日産派、日産親派、産ヲタ、日産ヲタク等…)


Mっ気傾向あり?長い間万年2位という立場にいたため東京に対する関西人の思いの如く妙にトヨタに反感を持っており未だに60~70年代に評論家から語られた“販売のトヨタ、技術の日産”の言葉をお守りのように大事にしている。

ワタシの地元、神奈川・横浜に縁の深いメーカーながら実は神奈川にはそうファンは多くなくトヨタ派が多し、このあたりは予断ながら横浜大洋→同ベイスターズ→DeNAのファンが地元に少ないのと共通、依ってオラが街のチームという郷土愛は少なく神奈川県人には巨人ファン多し。

国産車で語り継がれる名車が多く輩出、スカイライン(S54/ハコ/ケンメリ)、ブルーバード510、サニーB110他自慢多し、これの反面ゴーン体制以降のモデルには否定的で名作揃いの過去こそファンにとっては最大の財産!
このためか?車種同士のこだわりが顕著で専門性が強く例えばサニーには非常に深く熱意を持つが他車種は興味なしというケースも多々ある、また同じ車種でも弄りの方向性や考え方の違いから敵対するケースもあり結構複雑…

旧車の傑作はケンメリGT-Rと信じて疑わず高額取引ではもう片方で著名なトヨタ2000GTを「あれはヤマハのクルマ!」と言い切ってしまう。
“ダットサン”“ニスモ”という単語に異様にこだわりがあるのも特徴。

大昔から純潔を好む企業風土のトヨタと違い数多い合併などを経てきた日産、ファンもこれに準じ?保守的、慎重派が多いトヨタファンに比較して新しモノ好き、チャレンジ精神旺盛、他人との交流も積極的だが性格は遊び好きでややヤンチャ傾向ありで「やるならやろうじゃねーか!」的攻撃的な思想の持ち主も散見される。
外の血を入れるのに抵抗は少ないながら最近の三菱との親戚付き合いは三菱の前科にいつまでもこだわり否定的意見多し。


【ホンダマニア】
(別称:ホンダファン、ホンダ派、ホンダ親派、ンダヲタ等…)


内外全てに於いてかつてのF-1での活躍からホンダのエンジンにはどこも適わないと信じており古くはCVCC、近年ではV-TECという世界基準の技術をトヨタファンに対して最大限に自慢する。
特にDOHCエンジンを自慢にするトヨタに対し「内製品でもないくせに…」と蔑む傾向アリ!
オールドマニアは創業者の本田宗一郎氏を盲目的に尊敬、技術屋の魂と崇んでいる。
創意工夫に長けたメーカーであるホンダ、ここのファンはやはり技術好き、機械好きが多くその分理屈っぱい傾向あり。

他の技術も認めつつホンダパテントでないと疑いの目でまずは見るも受け入れれば機械好きとして大いに認める傾向あり。
昔は己の信ずるモノは例え不評でも突き進む(FR全盛時代にFFばかりのラインナップ、水冷エンジンが常識になっている中での空冷搭載等・・・)猪突猛進のカラーが好きなファンが多いも近年では現在のメーカーの生き方通り流行に敏感=代わり身が早くその分頑固さはなくなってきたが八方美人的性格が多い、この事からか?Sシリーズ、N360と名車は多いが他旧車も認める傾向が強く現在旧車ブームという事が関係あるのかは?ながら全体的に時代の風を読む力は非常に優れている。
変わり身の早さ=日産と異なりあまり過去の栄光にはにこだわらず最新トレンドに向けたアンテナは敏感。

同一メーカーでも一時期のチャラさ全面出しモデルを全否定するファンも存在、またスポーツモデルのみの専門性の高いファンも多くファン同士の交流は結構車種によりバラバラな印象。


【マツダマニア】
(別称:マツダファン、マツダ派、マツダ親派、マツヲタ等…)


70年代の“マツダ地獄”が一定世代以上には根強く残るもその世代のマツダファンは盲目的、ローターリーエンジンを開発した功績こそが最高の自慢で燃費や耐久性で疑問符投げかけられようがル・マンでの優勝という最大の武器で応戦してくる。
神奈川とは違い“オラが街”意識の強いファンが多く広島カープファンが多い。

かつては軽~4tトラック、マイクロまで造るフルラインメーカーに近い存在だったマツダ、軽やトラックを諦め高級車市場も撤退とうい憂き目も正しい選択だったと自負、その代わりバブル5チャンネル失敗は自身の最大の恥と捕らえる良識派が多い反面「なかった事」と決め込み取り合わないファンも少なからず存在。

遊園地・ジェットコースター好き?REで大ヒットを飛ばすもOILショックで大降下→赤いコスモで大ヒット→大降下→SA22 RX-7で大ヒット→大降下→赤いファミリアで大ヒット→大降下→DWデミオで大ヒット→大降下と上がったり下がったりのループがあるので現在好調ながらいつまでこの好調さが続くか内心不安で仕方ない。

ロータリー撤退を何より哀しい出来事として捕らえる反面、最近のスカイアクティブなどの快進撃は自慢の一つで現在毎日が楽しそうである。
アテンザ、CXシリーズ、アクセラ、ロドスタ、デミオと立て続けの快進撃でその勢いで一気に過去の栄光=ロータリー復活を心待ちにしている。

過去、OILショック時に全否定されたロータリーを造り続けた気概が好きでこのメーカーにホレたOLDファンはやはり偏屈者が多い傾向、レシプロエンジンのマツダ車を認めないモノも一部存在、同一メーカーのファン同士での交流は少ない印象。


【スバルマニア】
(別称:富士重ファン、スバル派、スバリスト、キモヲタブルー、スバヲタ等…)


とにかく頑固で創意工夫と言う名の唯我独尊だったスバルでファンもそんな企業カラーに魅せられただけあり他人の言う事は聴かない傾向、少数でも己の信じるクルマ造りに信念を持ちそのファンである事に誇りとプライドを高く持っている。
このためか?整備性が悪くコスト高のボクサーエンジン、他社がやらぬ中でもこれを古くから突き通し手間かかろうが弄りにくくろうがこれに魅せられたファンには何言っても馬耳東風…

サユリストならぬ“スバリスト”の呼称はその表れでこう呼ばれる事を喜ぶモノもいれば侮蔑と取るのもいる他メーカーファンからすると真にメンドイ性格。
しかしスバリスト同士の結束はこの分非常に強いのは昔迫害されてきた経緯があるからか?車種による差別も皆無でファン同士非常に友好的。
“元飛行機屋”である事が最大の自慢で何かと言うと「航空機技術の結晶!」と口走る傾向アリ。

軽トラの名作であるサンバーを含む軽自動車撤退とトヨタグループ傘下になった事を何より悲しんでいる、その腹いせか?これら犠牲の上でデビューしたトヨタ86はスバルのクルマ!と言い張って言う事聞かない、これによりスバリストは86は認めずもBRZだったら大歓迎の姿勢はこうしたファンの気質から当然である。


【三菱マニア】
(別称:三菱ファン、スリーダイヤ派、三菱親派、菱ヲタ等…)


OLDファンにはスバリスト共通する部分多し、従って三菱好き=スバル好きも数多し、但し4駆のパイオニアを主張するスバヲタとは対立、菱ファンはジープに始まる4駆普及の先駆を譲らない。

やはり元飛行機屋が最大のプライドで過去、大衆迎合せず職人気質のクルマ造りに感銘を受け「三菱でないと造れない!」「ゴツイ」という言葉が大好き!

近年のOEM乱発、ハイパワーモデルの撤退、三菱の真髄であるSUVモデルの消極的姿勢を本気で嘆いている、過去の栄光にすがらずを得ないのは日産ファンより悲壮感が高い。

一時は堂々と“三菱ファン”と名乗れず肩身の狭い思いをしたが例の事件以来、他社ファンからの偏見の目は変わらず肩身は現在でも決して広くはない。

どんなに誹謗中傷されようがかつての新技術や新機構をふんだんに開発してきた自負と誇りを捨てず辛抱強い?ドM?的気質の傾向。
リコール事件に触れられると「あんなのはトヨタはもっとやっていてマスコミに圧力かけたから表面化しない」と思わず口走る傾向強し…。
とにかくスリーダイヤが付いてれば機嫌がいい、鉛筆もエアコンもそのマークの有無で一喜一憂!

同じ三菱でも車種によるナワバリ意識が強く別車種同士での交流はあまり盛んではない印象、ギャランはギャラン、デボネアはデボネア、スタリオンはスタリオンとファンは専門性が強く友好的関係はまり多くない。

ファンの気質は攻撃的?(それはアンタだけとか言わないで…笑)、少なくとも他排的ではある。


【いすゞマニア】
(別称:いすゞファン、いすゞ派、いすゞ親派、いすゞヲタ等…)


乗用車市場復帰を今でも本気で願っている、弱小メーカーファンの悲しい性で控えめな性格のファンが多い、三菱のように悪いイメージはないも堂々「いすゞファン」と名乗らないファンも少なからず存在。

よく言えば日本車離れした斬新さ、悪く言えば市場リサーチ力の欠如が多かったいすゞ製乗用車、これも個人の趣味性がかなり強く一般受けはまずしないながら独特の個性に魅せられている変人?が多い、しかしクルマ同様大人しく紳士的で派手さを嫌う傾向があり自己主張も弱いスバルのように他から?な顔されても堂々「スバルがいい!」という強心臓は持たずひっそりといすゞ車を愛している。
しかし117クーペこそが日本の名作である!という強い信念は持ち続けておりこれはクルマではなく作品!と言い切る者もいる。

とにかく争いは好まず穏やかなファンが多く他メーカーファンに見られる車種にこだわる度合いは少なくどの車種でもいすゞ車であれば和気あいあい、しかし一部徹底した偏屈モノがいるのも事実。


【スズキマニア】
(別称:スズキファン、スズキ派、スズキ親派、スズキヲタ等…)


軽自動車のイメージが強いせいかそれほど“スズキだから!”という熱心なファンはいない印象、例えばアルトワークスの熱狂的信者もいるがこうした者はミラXXでもミニカダンガンでも認める要は軽スポーツマニアとしての立場の者が多い。
しかしジムニーやカプチーノといった名作のファンはやはり芯が強く他排的な傾向があり絶対にパジェロミニやビートは認めない傾向…

所謂下駄代わり的な大衆軽自動車を専業に長くやってきたメーカーだけありクルマに楽しさや走りがどうのという理屈を求めない層が多くテールランプがすぐ切れようがダッシュがすぐビビろうが文句も言わず大人しく温和なファンが多い印象、ライナップモデルからして半分は顧客が女性というのも関係あるか…?


【ダイハツマニア】
(別称:ダイハツファン、ダイハツ派、ダイハツ親派、ダボヲタ等…)


ここもスズキ同様軽自動車メーカーで言わずと知れたトヨタの子会社、このためトヨタOEMの小型車や過去には情勢が許されれば自社開発の小型車もラインナップ、軽自動車についてはスズキ同様"ダイハツでなければ!”というこだわりあるユーザーは少ないもこと普通車に関しては物珍しさもあってか?コアなファンが多くしかもド変態気味でマイナーであればある程自慢する傾向がある。

親会社に頭抑えられているので自社開発と言えどもあらゆる意味で制限された小型車が多いせいもあるのかファンもひっそりと人目を憚るように愛車を愛していたりと…

メーカーの性格上メジャーな国には輸出、生産もなく第3国での国内にはない珍妙なダイハツ車に魅せられるコアさで他社ファンにはとうてい理解できない思想の持ち主も多い傾向。


と、まぁ、こんな感じ?

当然、「そんなヤツはいねーよ」「全然合致しとらん!」という意見も多いでしょうがくどいながらも冒頭申し上げた通りこれはワタシの個人的感覚、なので皆様の周辺におられる各社のファン、マニア、ヲタと照らし合わせてみて愉しんで頂けたらと思います(^O^)/
Posted at 2017/12/09 13:08:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旧車 | クルマ

プロフィール

「この金~土は2代目パジェロミニの引き取りだったし昨夜実際引き渡し場所の埼玉に向けて出発するも3連休前のド・ド・ド渋滞で断念、東京回り(湾岸、横羽、山手トンネル他)東京迂回(圏央道や外環)全て真っ赤っか(*_*;
仕切り直しで2週間後に延期ながらまた3連休!!どうなる事やら…」
何シテル?   09/22 13:20
“元”Gureです、しぶとく再登録、新規ネタ&過去ネタをUP中、過去記事は主に2013/5~2017/3迄、仕事場兼隠れ家?の山梨ヤードでのクルマ弄りや過去シリ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

お友達

以前登録頂いていた方との交流復活が主、新規も拒みませんが趣味嗜好に合わない場合は削除しますしこちらからは滅多に申請、イイね、レスもしません。
新旧問わず解除した方はお断り、過去対立した人物、その人物と友達登録者も方お断り!上からで恐縮ですが趣味の世界、ストレスフリーが理想の為ご理解下さい。
22 人のお友達がいます
ケネス@元ギャランAMGケネス@元ギャランAMG * 白しび#3白しび#3 *
たけまるGTたけまるGT * MAIAMAIA *
●ふくさん●●ふくさん● * LED・HID販売のfcl.LED・HID販売のfcl.みんカラ公認

ファン

265 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ギャラン 三菱 ギャラン
E39AギャランVR-4、3代目になります。 1号機1992~1997、2号機2004~ ...
三菱 ランサーエボリューションIV 三菱 ランサーエボリューションIV
息子との共同所有、エボIVも若い頃乗っておりまだ3歳だった息子が当時憧れていたと免許取得 ...
三菱 ランサーカーゴ 三菱 ランサーカーゴ
業務用、街乗り用。 初の4ナンバーマイカー所持、毎年車検は厄介ながら多量の積載、その気に ...
カワサキ ZZR250 カワサキ ZZR250
2018/4~の所有、4年ぶり2輪返り咲きの相棒になります!20年超で約25000㎞走っ ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.